エルヴァートの宗教

設定のある宗教の一覧。

(アズ・ズフリ)

ホーストヘルン帝国にあるアズ・ズフリ砂漠の民が信仰する。

ノーリ

流砂の神。カンスラ密教流砂神ノーリス。

アディン聖印教

ファームズ帝国、ミュンハイム王国とその周辺。エルドレス教を母体としているが、信仰する神も変わりまったく関わりがなくなっている。アディンは沿岸地帯で信仰されていた神シャリル。

アディン

<大海を統べるもの>。本来シャリルという名だったが、アディン聖印教として形作られる際にシャリルが描くという文字アディンをそのまま神の名とした。カンスラ密教海洋神としては元に近いシャリスという名で信仰される。

ヴァーミリオンバード(ゴッドバード)

四神あるいは四聖獣。南の神。

アズールドラゴン

四神あるいは四聖獣。東の神。

ブラックトートイズ

四神あるいは四聖獣。北の神。

ホワイトタイガー

四神あるいは四聖獣。西の神。

アトリス教

アトランティス王国。アトランティス王家は初代がアトリス神から島の統治を託された存在とされ、代々国王と同時に神官の一人となる。

アトリス

雷を司ると言われる。

アリアノル霊界教

ウイレヌ、ファームズ(サリトル)、アリアノルなど。

ネス・アリアノル

<草原の冷気>、ウイレヌの神。ウイレヌの前身ドゥサイで史上唯一大ハーンとなった女ハーン。

ホーキン

<速き者>。ネス・アリアノルの後を追って神となった者。アリアノルには信者はいない。

(アルカレティアス)

大商業国家だったアルカレティアスとその周辺。

レティア

商業の神。カンスラ密教におけるワルサリス。

イリア教

北ホーメルト、元イリア神王国周辺。歌と踊りを尊ぶ平和的な宗教。

イリア

歌と踊りの神。

歌の神

馬具笊地方で信仰される神。歌は和歌のこと。リベローク教は大陸側に伝わったものであり、世代を経て神の名もその示すところも変わった。

名吏和良

あらゆる物事を自在に歌に詠むとされる神。カンスラ密教ではレイアリス。リベローク教では鷹狩りの神リベローク。

エルドレス教

アマリス帝国エルドレス方面、ローラン、ファームズ帝国ミュンハイム方面。旧エルドレス神国の国教。すべては星により導かれるという宗教。

シュテルンフルス

星の神。カンスラ密教ではエトリス。

エルメラン教

ロングッド島、フェルナンド、ドバヌール、アマリス、ラムサダス各国。エルメラン教はホーメルトを中心に教会も信者も多く、地域によって教義に細かな差異も存在する。ラムサダスによってスメル大陸にももたらされたが、馬具笊には先にラディンの名で伝わっている(ラディン教)。

記念日:1/6、1/29、2/1、4/18、5/30、6/16、8/19、12/18(八大聖人洗礼日)

エルメラン

善の主神、光の神。

オクリム

エルメランの八大聖人の一人が神となったもの。

ラクリム

エルメランの八大聖人の一人が神となったもの。

マクリム

エルメランの八大聖人の一人が神となったもの。

カイナル教

かつてのカイナル神国、リングコースト周辺。

カイナル

輝ける神

オージャス北方、フレイア島にあった信仰。対立する悪魔としてワイルドが描かれる。

ライヤキサス

輝ける神。まったき輝きで人間は直視することができないとされる。

ワイルド

闇に棲む悪魔としてライヤキサスと対立する。

風の神

ファームズ、ロングッド周辺。

アルト

<青い鳥>。「ミーホーンの青い鳥」と呼ばれることも。

カリュプス教

アルセン、ライトネア、ジェト-ル方面。

モルドリウスあるいはカムリス

金属の神。古代ライトネアの英雄。カンスラ密教でも信仰される。

カンスラ密教

ドール、セミルセシア地方、ライトネア(オージャス全域)等々。31の神がおり、それぞれの神により固有の「」(Mantra)を与えられる(「呪文」(Spell)とは呼ばれていない)。この宗教は太古の昔にヴァリスへの信仰から発生し、その後各地の信仰を取り込む形で発展してきた。すべての神が他教からの借り物であるが、元となった宗教は現存しない場合もある。

(*は七大神)

アシュリス

烈火神。<浄化の火>フレイム正教の神。

ヴァドリス

戦士神。ドンバラス教の神ドンバラス。

ヴァリス*

太陽神。馬具座教における最高神日光。最初の信仰対象。

ヴェンクリス(N)

小人神。ハーフリングに信仰される神ヴェントリス。

ウラリス

文字神。かつて人間たちにはクローリアンと呼ばれた。

エトリス

星辰神。エルドレス教の主神シュテルンフルス。

エルリス*

大空神。空の神として信仰される。<白き翼>。<極黒の翼>と呼ばれる闇の神エルヴェイルの対抗者。

オラカトリス(N)

性愛神。シュマイン教の副神リィニー。

オラリス

大気神。ミラード教の神オリアス。

オルサリス

僧侶神。テレジーナ教における副神オルサリア(テレジーナの妻)。

カトリス

音響神。ペンタトニック教の神カクトリン。

カムリス

金属神。カリュプス教の神モルドリウス。

シェントリス

鉱物神。炭鉱夫の神ルドニーク、スメルドワーフの神シャクトラ。

シャリス

海洋神。アディン聖印教の主神アディン(シャリル)。

シーリス*

森林神。ドリュアドとトレントの神。

タムリス

色彩神。シャイツ家の守護神。

テュリス*

河川神。ローレック教あるいは「水の神」として信仰される神。

デリス

闇神。かつて存在したラクパル教という宗教の神ラクパル。

トリス(N)

霧神。ユイタン山脈に住む「霧の民」の神ニエブラ。

ナリス*

月明神。ルナ教銀のラ・リューン、ムーン二神教セルナ。馬具座教における最高神月読

ノーリス

流砂神。ホーストヘルンのアズ・ズフリ砂漠で信仰される神ノーリ。

パンリス

草神。バラカンスの守護神パン。

ファマリス

妖精神。フェアリーやピクシーの神レッセンサルシア。

ファリス*

大地神。地の神あるいはラ・テールという名で信仰される。

マリス*

岩石神。ドワーフの神。

ムーリス

塵神。ラスケット教の神パーティクル。

メリス

盗賊神。ホーストヘルンの一部で信仰される神ファンダーオルフ。

ヨリス

情報神。ゼルヴィスで信仰される神ヨーフォルマ。

レイアリス

形状神。歌の神として信仰される名吏和良、あるいはリベローク教で信仰される鷹狩りの神リベローク。

ロリス

時空神。デヴァス教で信仰される神。

ワルサリス

商業神。アルカレティアスで信仰される神レティアの俗名。もっとも最近、カンスラに加えられた神。

(霧の民)

ズィドラス大陸ユイタン山脈に隠れ住む「霧の民」が信仰する神。

ニエブラ

彼らの先達の一人が神となったと言われる。カンスラ密教霧神トリス。

グレン教

ポラリス

<法の絶対者>

ケミグルス教

かつてのケミグルス人民共和国とその周辺。

ケミグリ

ウルゴリン山に住むと言われている神。

ケルマド教

ケルマド教国(かつてケルマーと呼ばれた地)。古代のヴァイキングであるバトラスとウォーニスの双子神への信仰。

バトラス

<戦争の神>

ウォーニス

<戦争の女神>

(コリント)

いずれもコリントで信仰される神。特定の宗教名はなく、貴族家の守護神という位置づけ。

レキシュ・ナーダ

フェット・チェイ

グラスマカール

ザラスター・メカ

ザリシュ・ティアルキ

アフリハフリ

ナグ・ケルシュ

クッキー

エヴィアン・ダイナー

タビ

リンデンホフ

メーメンダール

ヤイヤー

シュー・メルディオン

サムドーラ教

北ホーメルト・セイアン地方&ライトネア南部。聖戦士は存在しない。

ソグ

魔術師の神、赤の神

ヤムド

ドワーフの神、橙の神

アフリン

戦士の神、黄の神

ハーンズ

アルフの神、緑の神

シーラ(N)

僧侶の女神、青の神

ドマルカン

ハーフリングの神、藍の神

ヘレス

盗賊の神、紫の神

シェレナス

リアノの神あるいは全体を司る神、白の神

ジブリール教

南ラムサダス、スニルナ。終末の天使ジブリールを信仰する。

ジブリール

<赤き瞳の天使>と呼ばれる。死の直前に彼または彼女があらわれ、あらゆる苦痛から解放されて楽園へ連れて行ってくれると信じられている。

シュマイン教

フェルナンド山中、シリア。愛を重んじる。

ミアン

愛と美と性と農業の女神、古代においてエルメランの妻だった人物。

リィニー

カンスラ密教でもオラカトリスの名で信仰される。

ジョルツ教

ラムサダス帝国。元々はダークアルフの教え。ジョルツ・シャイダーを信仰。副神に<天空の覇者>モーゼットがいる。非常に混沌としているが邪悪な存在ではない。しかし、元々が邪悪なダークアルフだけでなく人間もこの教えの中で邪悪に堕す者が多い。

ジョルツ

スメルの守護神。彼の僧侶は、アルフに対して攻撃呪文の効果が倍に、治療呪文の効果が最低になる。ジョルツがホーリックのダークアルフであったためである。反対に、ダークアルフに対する攻撃は最低効果となり、治療は倍になる。位階が上がれば眠りの呪文、透明化の呪文、飛翔の呪文を得られる。

モーゼット

<天空の覇者>。信仰すると空気を操る呪文が使用できる。

スター・ウォッチャーズまたは星見人

かつてのファームズ帝国皇女カロリーヌ・フィシスへの信仰。星見人馬具笊での呼ばれ方。

メテオール・リム(星見人

帝国一の美女あるいは美少女とされたカロリーヌ・フィシス姫は、星の専門家であり、カロリーヌ・ザ・スターシンガーと呼ばれる歌い手でもあった。その彼女が神格化した存在。

スレム教

オージャス大陸、ホーメルト北島、ロングッド周辺。

ハドラム

太古から信仰される神。あらゆる物質を形作り、消滅させ、また再生させると言われる。

ゼルアンド教

かつてのゼルアンド神国、現在のアマリス帝国ハリル州周辺。

ゼルアンド

(ゼルヴィス)

ゼルヴィスで信仰されているが国教にはなっていない。

ヨーフォルマ

<怒れる神>と呼ばれる。カンスラ密教のヨリス。

空の神

ロングッド周辺。

エルリス

白き翼を持つ天空の神。翼を持つあらゆるものの守護者とされる。

太陽教

ロングッド・ヴァレール森林。<太陽の子>ソルの信仰。ヴァレールアルフのみの神。なぜアルフがタキウス以外の存在を信仰するようになったかは不明であるが、現在、ヴァレールのアルフがタキウスというイモータルをまったく知らないのもまた事実である。ヴァレールアルフ以外の入信は(基本的にその必要はないが)非常に困難とされる。

ソル

ヴァレールアルフの神。元々はヴァレールアルフの聖宝守護者だった人物が神になったとされる。

地の神

ロングッド周辺。土地の豊饒を願う大地母神への信仰。

ファリス

大地を慈しみ、植物や森を育て、土地を豊かにする女神。

ダーム教

主にホーメルト北島。厳しい自己節制を通じてダームに近づくとされる。ダーム一刀流はこの宗教で伝えられる剣術。

ダーム

万物に通じるとされる神。偏在。

デヴァス教

<時空神>ロリスを信仰。フレンダーノ辺境王国周辺。

ロリス

<時空神>。車椅子に乗った姿で描かれる。かつてはアキピテリウスと呼ばれていたが、カンスラ密教への導入と同時期にこちらもロリスとなった。

テシアス教

<勝利の女神>として知られるテシアスを信奉する。リアノの中にも同じ女神を信仰する者がある。

テシアス

<勝利の女神><光をもたらす者>。シャインレッドの美しい長髪を持つ女神。

テルトテラン教

セイアン地方、元イヴァン帝国地方。人間最高の精神「仁」の心を司るラグラステラン。宗教戦士。剣が使用できる僧侶のようなもので、多少の神の力を使用可能。アンデッドへの対処能力はない。

ラグラステラン

知識の神。仁の神とも。

テレジーナ聖教

元テレジナスアート地方〜アルセン地方。すべての魔法(及び魔法使い)を否定する。「聖戦士」あるいは「聖騎士」という身分は、基本的にある程度の経験を積んだ戦士のことで、教会の所属して神の御業を扱うこともあるが、この宗教では最初から聖騎士として訓練を始める者がいる。叙階最上位は総主教。ただしフェルナンド併合後は総主教を置かず、大司教がかつての中心都市ドルドムラを統べる。アルセン方面の管区には独自の大司教がいる。

テレジーナ

<僧の父><白き癒し手>

オルサリア

テレジーナの妻で共に神となった存在。カンスラ密教僧侶神オルサリス。

天の神

ロングッド周辺。

ラクス

黄金色をした完璧な真球の姿とされる。

ドンバラス教

ホーストヘルン、キルクザルト。

ドンバラス

カンスラ密教でも戦士神ヴァドリスとして信仰される。

ニュートラル教

全世界。時の領域に属するニュートラルの神々を信仰する。時の領域以外の呪文は使用出来ない。「万物に対し中庸なれ」、これがニュートラル教の教えの根本である。信者はこの教義に基づいた行動をしなくてはならず、また、<緩化者>の信者は、それぞれの性格のものをさとさねばならない。

ヴァンディオーム(N)

<究極の中立>

ソマリア(N)

<法の緩化者>

アソリア(N)

<混沌の緩化者>

トリビッヒ(N)

<時の管理者>

パブロ教

スメル南部。1,376年にオクサーの乱に参加し戦死した魔術師パブロ・パトロ・デ・ポルテーノを信仰する。

パブロ

勇気を最上とし、敵に立ち向かい、死んだ者を天界に導くとされる。

フレイム正教

拝火教。単に「火の神」というとアシュリスのこと。その信徒はリューナーと呼ばれる。オージャス中部から北部にかけて信仰される。

ブラックモウ

<死の竪琴の弾き手><魔界の異端児>

タキウス

<創始の炎> 長征者 <炎の妖精王>

アシュリス

カンスラ密教では烈火神として信仰される。

ペンタトニック教

エルドレス、ファームズ方面。音楽を愛し、国は音楽によって栄えるべきだと考える。5柱の神を信仰するが、最上はハルモニクスである。

ハルモニクス

<調和者>。「パレス」と呼ばれ、天上の音を司る。リアノの中にもこの神を信じる者がある。

デルフィーヌ

「ヴァサル」と呼ばれ、宮廷人の音を司る。

カクトリン

「フォーク」と呼ばれ、民の音を司る。カンスラ密教でも信仰される。

グリマルディ

「シング」と呼ばれ、事象の音を司る。

イザヤ

「マター」と呼ばれ、物質の音を司る。

馬具座

ラムサダス帝国馬具笊地方。兄妹夫婦神日光月読を信仰する。最高神官は天皇。

日光

最高神。カンスラ密教太陽神ヴァリス。

月読

最高神。カンスラ密教月明神ナリス。

不離弩馬

最高神。フリードマンとも。

妙見

三大神(菩薩)。

地蔵

三大神(菩薩)。

虚空蔵

三大神(菩薩)。

孔雀

五中神(明王)。マラク・タウスとも呼ばれる。

不動

五中神(明王)。

軍荼利

五中神(明王)。

愛染

五中神(明王)。

烏枢沙摩

五中神(明王)。

マティス教

パルグン山脈を中心にルーザンベルク、トルールイ、ハルヴィン方面。ノーヴィット山脈に住むと言われる神マティスを信仰する。

マティス

慈悲の神、あるいは創造の神。

水の神

ロングッド周辺。

テュリス

清らかな水と、それによってもたらされる癒やしを司る。髪の毛のように水が止めどなくあふれている、全身が水色のアルフ女性の姿で描かれる。ローレック教と同じ。

緑の森の教え

基本的にはアルフの宗教。ガイラック〜アルヴァーナが中心だが、その他の地のアルフにも少数信者が存在する。

ティアル

銀の剣<偉大なる星><緑の妖精王>

ミラード教

ミラード帝国。古代ミラルトで見られた多神教のうち、信仰が強かったエンクヴェイとメルカアトラーがそのまま引き継がれ、その後ミラルト由来でないオリアスへの信仰が混じった。

エンクヴェイ

古代ミラルトのファラオ、イングビ1世が神となったもの。主神、守護神と位置づけられている。

メルカアトラー

古代ミラルトで至上の神と呼ばれた存在。<執行者>とも呼ばれる。ミラード教では副神とされている。アルカトラスはミラード外での名で、ミラード内でそう呼ぶ者は少ない。

オリアス

カンスラ密教では大気神オラリスとして信仰される。

ムーン二神教

ムーンクレア教国その他。太陽の扱いを不適当と考えた僧侶によりルナ教から分派した。ムーンクレアはこの宗教を奉じ広めるために建設された国家。

セルナ

ルナ教では銀のラ・リューン、カンスラ密教月明神ナリス。

ニルヴァ

ルナ教では黒のラ・リューン。

白のラ・リューン

四天使。

赤のラ・リューン

四天使。

青のラ・リューン

四天使。ラ・メール教の神カトリネルと同一の存在と言われる。

緑のラ・リューン

四天使。

メルヴィン教

ミラード帝国、クルート連邦、永世王国、ラムサダス帝国コルコランド地方その他。二人目の光の神、メロスは他の神のすべての恩恵を与えるとされる。ただし、それを得るための経験は通常の倍を必要とする。

メロス

<永劫の炎>。原初に生まれた光の神とされる。

マグロニエル

<万物の人>。副神。永世王国にはその名を冠した騎士団がある。

モンゴル大連道倫教

モンゴル大帝国。

ザクサクス

モンゴル大帝国初代皇帝が神になった姿とされている。

山の神

ロングッド、エルスルム周辺。ドワーフの信仰が多い。

カダルドス

エルヴァートで最初のドワーフとも言われる。今も地上のどこかの深い山に住むとされる。

ラスケット教

業火ですべてを浄化するとする宗教。スメル大陸のサリール山脈とアルディア山脈の間の諸民族に信仰される。

パーティクル

炎をまとった神。カンスラ密教の<塵神>ムーリスでもある。<塵が山になることはない>

ラディン教

馬具笊に伝播して名前が変わったエルメラン教。

ラディン

近年ラムサダスがこの地を治めるようになり、エルメランと同一の存在であることが確認された。

ラ・メール教

カトリネル

巨大な海竜と言われる海と月の神。ルナ教、ムーン二神教の教義に類似点が多く、これらにおける青のラ・リューンと同一の存在であると考えられている。

ラルクス正教

ロングッド。ロングッド史に現れるポリマス・ラルクスへの信仰。

ラルクス

あらゆる力を修めた禿頭の老人と言われる。

リベローク教

コルコランド東部。馬具笊地方で信仰される歌の神の信仰が、コルコランドに伝わり武の部分が主になったもの。

リベローク

鷹狩りの神と呼ばれる鷹使いの神。歌の神(名吏和良)、カンスラ密教のレイアリスと同一。

ルミスデン教

ノブルランドの一部、セイレイ地方、シリア。副神は<天界の美王>ハイリアンがいる。神は教えを9人の美しい天使のいずれかに託し、人間に広めるとされる。

金属を身に付けてはいけない(金銭のみ許される)。身の汚れを嫌い、あるものは浄化の炎にさらされるといわれる。牛と馬が神聖な生き物とされており、信者はこれらの肉を用いた料理を口にしない。また豚は混沌の力を帯びた生き物であるため同じく口にしない。彼らに許された肉料理は羊やウサギである。その厳格な戒律のため、最近信者が減少しつつあるものの、ラムサダス帝国僧団アンナ、ティナ姉妹の移住でスメル大陸にもわずかに信者ができた。

5年に一度、「聖処女」と呼ばれる巫女が教会の女僧から選ばれ、その5年間の一切を神に捧げる。これはもちろん、その名の通り身に一片の汚れもない処女のみがなる。

ルミスデン

金属を否定し、清浄を至上とする神。

ハイリアン

<天界の美王>

ルナ教

表エルヴァート各地。太陽を月のひとつとして数え上げている。ムーン二神教はこの解釈が元で分派した。

金のラ・リューン

古代の太陽神ル・ソレイユ(ヴァリスではない)。

銀のラ・リューン

カンスラ密教月明神ナリス、ムーン二神教ではセルナ。

白のラ・リューン

赤のラ・リューン

青のラ・リューン

ラ・メール教の神カトリネルと同一の存在と言われる。

緑のラ・リューン

黒のラ・リューン

ムーン二神教ではニルヴァ。

ローレック教

エストメスランド連邦。

テュリス

「水の神」も同じ。カンスラ密教では河川神として信仰される。

ローレンス教

極稀(ブラバント地方、シリア王国など)。善神ローフヌス、悪神カイオス、そしてもと人間のネウトロシウスの絶え間ない戦いと会議を信じる。他の宗教を否定する。

ローフヌス

善の神。黄金の竜の姿で描かれる。不動で物事の落ち着きを教える。

ネウトロシウス(N)

中立の神。人間の姿をしており、人は善にも悪にも偏るべきではないとする。

カイオス

悪の神。よこしまなアルフで、自由さを説く。


以下は闇の神への信仰。

アナーティア教または暗黒教

アナーティア王国。その他多くの混沌の神を信仰する。

アナーティア

「魔界の公爵」と呼ばれる半人半馬の悪魔。

デモス

「魔界の帝王」と呼ばれる、翼ある黄金の頭蓋骨の形をした大悪魔。

スペリアル

半馬半魚の悪魔。

ジェルバン

漆黒の全身鎧の形をした悪魔。

アポカリプス

この世の終わりに空からジズが、大地からベヒモスが、海からリヴァイアサンが現れ、あらゆる生命を食物として食べ尽くすという教えを広める教団。三柱を信仰することでその犠牲者の列から外れ、選ばれた者だけの理想郷に生きられるとする。

ジズ

白色に輝く巨鳥の悪魔。

ベヒモス

オレンジ色の角を持つ4つ目の獰猛な獣で、常に空腹であるとされる。

リヴァイアサン

海の色をした細長い海竜と言われる。

グレスビ教

シェイズリー

緑色の巨大なキメラ。犬、ドラゴン、人間、鳥の4つの頭を持つ。

ゴーリン教

この世の清浄な大気は毒され、生命は滅びるべきだという自滅的宗教。

ゴーリン

<暗黒の空>。あらゆる世界の大気を毒に変えるとされる悪魔。

サタン教会

クルート、ミラード他。

ワイルド

<暗き夜の悪魔>

ケイズ

<有翼の悪魔>

シャーハン教

セイレイから南ホーメルト。堕落したアルフの姫リリスを信仰する。人は欲望のまま邪淫に、婬靡になるべきだとする。

リリス

<夜の女王>。太古の昔、光のアルフから堕し、闇の女神となったとされる存在。

セリアス教

北ホーメルト。

セリアナリクト

<魔界のプリンセス>。かつて同名の悪魔崇拝国家があった。フェルナンド王国滅亡後に再度悪魔崇拝が行われたが、アーサー・フェルナンドにより復活した王国によって再度滅ぼされる。信者は今も山中に住む。

人間らしさを捨てる会

すべての人間は獣のように生きるべきだとする悪魔教。ホーメルトにわずかな信者がいる。

ペル・ルシフェル

人間の性質そのものを嫌悪すべきであり、人間性や善なるもの、とくに光の宗教の宗教家たちを攻撃すべしと教える。この宗教の特質をもっとも良く表す悪魔。

バルグーン

バルグーン教でも信仰される海の神。クラーケンと同一。

バルグーン教

海の深淵に落ち込むべきだと説く宗教。

バルグーン

<海の恐怖>。人間らしさを捨てる会でも信仰される。クラーケンと同一。

冥王教(ニブル教)

ニブル教は冥王教からの分派でさほどの違いはない。フレンダーノ辺境王国とその周辺。

カロン

燃える尻尾を盛った狐の悪魔。

ンド・ヴァージュ教

ンド・ヴァージュ(ティアマト)

<空の神竜>