エルメラン教

概要

エルメランは、俗に「光の神」と呼ばれる善の神の一柱である。エルヴァートでそのように呼ばれた神はエルメランが最初ではなく、他にも光に結び付けられている神はいるが、現在表エルヴァートではもっとも広くそう認識されている。その教義で最重要とされる一節は、「光の名のもとに正しくあれ」である。エルメランは善を奨励し、秩序だった行動を求める。信徒は常に善行を積まねばならない。それは一般信徒にとっては例えば「人を欺くな」「暴利を貪るな」「貧しき者に施せ」などといった行動指針であり、どちらかと言えば努力目標である。しかし、こと聖騎士(神の騎士)や僧侶といった仕事を選ぶ者には、彼らの行動を大きく縛る言葉足り得ており、叙階にも影響する。

彼らは常に善を助け、悪を挫かねばならない。自身の力を凌駕する敵を求め、(即座に滅せよ、ではないにせよ)常に自己を鍛錬し、力を付け、いつの日か克服できるように努めねばならない。エルメランが彼らに与える神性呪文もまた、治癒術や発光などのものが多く、敵に直接打撃を加える力を与えるものは非常に少ない(暗闇を投射する程度のものでも、エルメラン神は忌むべきものとする)。

エルメランは、古代アリーシア帝国の僧侶だったエルメラン・ロートリアヌスがイモータリティを得て神となったことで成立した宗教である。エルメラン自身はホーメルト北島の出身であるが、現在は南北ホーメルトを中心にオージャス大陸にも広がる。信仰の中心はエルメランがモータルの頃にとくに多くの説法を行い、正義を行ったとされるロングッド島にあり、その総本山はかつてのロングッド王国首都ヨーンの教会である。ヨーンは現在フェルナンド帝国の中で自治区となっているが、その理由自体がエルメラン教会の独自性を保持するためである。皇帝アーサー自身エルメランの信徒であり、帝都バレラスの大司教でもあるため、その教会を完全に自身の支配下に置くことを避けている。第二キングスパーティはリーダーであるブラックホースをはじめ多くがエルメラン教徒である。ラムサダスの移住も手伝って現在はスメル大陸にも信者がいるし、前世紀の半ばにドール地方に伝わった形を変えたエルメラン教(ラディン教)も存在する。裏エルヴァートにはいまだ伝わっていない。ラムサダスはアルフとしてタキウスはじめ太古の大白妖精を信奉しており、ヴァレールに滞在する間もそれは変わらなかったが、第二キングスパーティと行動を共にする間にエルメランにも仕えるようになった。

位階

エルメラン教の位階は基本的に以下のようになっている(現実世界のカトリックの位階を借用している)。地域によって若干の差がある。教皇は常に、ヨーンの教会にいる一人だけである。また大司教は街ごとに一人、司教は街の中の街区ごとに一人である。村落では司教ひとりであることもある。1,630年現在その位階にある設定のあるものも同時に記す。僧職が男性に限定される規定はない。このため、過去に例はないものの、今後女性教皇が誕生する可能性はある。

教皇Popeマーシャス・ケイダントヨーン
大司教Archbishopアリティア・セレナートニーナ
アーサー・フェルナンドバレラス
ナミー・エルキュンシルサダス
エルザ・フォン・ヴェストヴァルトメルヴィル
司教Bishop
司祭Priest
助祭Daecon
侍祭Acolyte

聖人とその洗礼日

下記のようにエルメラン教には聖人と呼ばれる存在がある。彼らは生涯を通じてエルメランに奉仕し、神の御業で敵と戦い、その禁欲的な振る舞いと功績とを知られた存在である。そのうちの三人が、エルメラン自身の助力でイモータリティを得て主神を補佐している。彼らもまた、エルメラン教における信仰の対象である(エルメラン教は現実世界のカトリックの要素を使っているが、一神教ではない)。

これら聖人は、それぞれの生涯をエルメランに捧げ、何らかの偉業を成し遂げた者たちである。とくに※のついた聖人は、八大聖人と呼ばれる。両親がエルメラン教徒である子供の誕生日がこれら聖人の誕生日と同一の場合、その子は聖人の加護を得ていると考えられ、15歳になるまでには必ず洗礼を受けねばならない。こうして洗礼を受けた者は、週に一度治癒の技を使用することができる。ただし、これは自分と、善良な存在に対してのみ効果がある。また、僧としての修行をすればその位階に関わらず年に一度だけ神に質問をすることができる。ただし、実際に答えがあるかどうかは判らない。

フェルナンド帝国の八星衆は、八大聖人と対応させた存在である。またアマリス帝国白色騎士団レオン・ヴォージア・リカードゥは、聖ベスパシアヌスの洗礼日に誕生し、治癒の御業を使うことができる。彼は白色騎士団として得た旗艦に、聖ベスパシアヌスの<贖罪者>の名を付けた。

八大聖人の洗礼日は、主にロングッドでは祝日として扱われ、安息に過ごすことが推奨されている。

聖人洗礼日本名イモータル名備考
聖アウグスティヌス※1月6日
聖ステファヌス※1月29日シャデラクオクリム
聖アリアヌス※2月1日アベデネゴラクリム
聖アルトリウス2月4日
聖グレゴリウス2月30日
聖ファン3月11日
聖フラニウス3月14日
聖マルコ3月25日ウィリアム・フェルナンド
聖ドミニコ4月6日
聖アウグストゥス※4月18日
聖イグナティウス4月29日
聖マリア※5月30日
聖ペテリウス6月4日
聖マルティウス※6月16日メシャクマクリム
聖ヘロドシウス7月11日
聖アドリエ8月14日
聖ベスパシアヌス※8月19日贖罪者
聖フェルナンデス9月15日
聖クリスチーヌ9月16日
聖ヨゼフ10月4日
聖パウロ10月14日
聖ラファエル11月2日
聖ヨハニウス12月7日
聖ピラトゥス※12月18日
聖アンブリエル12月30日

七つの美徳

現実世界のキリスト教同様、教義として務めるべき7つの美徳を定義する。

美徳代替対応色
勇気勤勉
正義公正
忍耐不屈
節制品格
慈愛博愛
誠実謙譲
知恵分別

左の列がヨーンの総本山としての見解である。中央の列に用いられるもので、教派により異なり、これ以外例えば「寛容」が入ることもある。しかしエルメラン自身があまり寛容とは言えない存在のため、そうした教派ではしばしば文献上の教えとの矛盾を指摘される。

かつて南ホーメルト出身の宗教家ナターリヤ・チマシェーンカが、ピアノの7音とこれら7つの美徳、そして虹を関連付けたことで、ロングッドを中心としたエルメラン教圏では一般に虹を七色と認識している。ジアザー・テレビジョンが七色の騎士団(虹の聖騎士団)を創設した遠因でもある。ヘレネスでは一般的に五色とされることが多く、ジアザーの騎士団に違和感があると答える者もまだまだ多い。逆に北部に多いエルドレス教やフレイム正教圏では九色と定義されているため、そちらでも違和感を与えている。