航空機

エルヴァートにおける航空機とは、大小の筒状の部品内に座席を取り付け、両側に翼を付けたものであり、航空魔法その他の魔法を付与した魔法の物品である。魔法の介在なしには飛行しない。逆に魔法に依存した飛行能力であるため、ディスペルやアンチマジックフィールドに突入すれば推力を失って自由落下する。高速で飛行しているためディスペルを投射することは極めて難しいが、不可能というわけではない。また、停止中は無防備であるため各国ともその格納庫には通常の兵器以上の防御を施している。

また大抵の国では胴体や翼の下部に「魔法の矢」や「火球」などのチャージアイテムを設置し、指令語により射出可能とした軍用機が一般的である。これによって、訓練さえ積めば魔術の使い手でなくても上空からの攻撃が可能となる。こうした複合魔法具は作成自体が難しい上に多額の費用もかかるため、作成できる国家はそう多くない。形状はどこの国家も当初は形成の容易さから円筒形から出発するが、力学の導入によって流線型に近いものが多くなっている。翼を含むフォルムの詳細は、それぞれのデザイナーや技術陣が知恵を凝らしたものである。

平均的に言って、離着陸だけなら2ヶ月、戦闘まで含めれば1年、一人前と呼べるようになるには5〜6年が必要である。もちろん、現実同様乗員には適性があり、数回で戦闘をこなす天才もいれば、なんらかの魔術の補助なしには離陸もできない者、旋回すると失神したり最悪死亡してしまったりする不適合者もいる。

兵を空にあげて三次元の軍行動を可能とする観点だったため、当初はすべて単座だった。しかし、人員・物資輸送という観点が生まれたことから複座型が開発され、さらにここ10年ほどで30〜50程度の座席を持つ大型のものも開発されるに至った。こうした大型機はその目的から武装を施されていないのが一般的である。さらに各国は、この大型機を一般人にも解放する流れになっている。クルート、アルセン、アマリス、フェルナンド、ファームズ、ラムサダスの6カ国が、旅客便を運営している。旅客機の運営主体は基本的に国家であるが、アルセンとアマリスは民営である。とはいえ、旅客運賃は高額であり、現状では限られた富裕層しか利用できない。また、魔法力学的な問題によって今以上の大型化は見送られている。

搭載できる武装は限られており、現実世界の戦闘機のような働きが期待できるわけではないが、上空からの魔法攻撃はごく一般的な人々にとってはそれだけで脅威である。

最大の旅客機はフェルナンド帝国の所有するフェルナンド808である。この808は乗員等を表すものではなく、単純に響きだけで付けられたものである。

現在、航空機を所有する国家は以下のとおりである。フェルナンドなどいくつかの国家は、軍事のページで形式番号や名称をリスト化している。また、各国航空路のページでは旅客機の運営者と航路の概略を示している。

以下の国家は、現在存在していない国家である。

また、以下の国家は独自開発ではなく、ライトネア連合王国から貸与された旅客機を運営している(ライトネアは国内の移動のみに使用し、国際線は運航していない)。軍用機は所持していない。

現実世界と異なり、エルヴァートの空には鳥や虫といった一般的な生物以外のものも多く飛翔している。たとえばグリフォンやドラゴン、ロック鳥などである。現実世界でのバードストライクのように、こうした飛行生物と航空機が激突してしまうことはある。1,630年現在ではそうした事故の記録は記録はないが(ドラゴンのような高等生物は、自身の知能で衝突を回避していることもある)。