エルヴァートとその他の世界との相関

以下は、エルヴァートを含む多元宇宙の位置づけである。oD&D®公式設定と異なるものであることに注意。

注)公式多元宇宙内のヌーベルアヴェロワーニュはX2モジュール「アンバー家の館」およびMark of Amberの世界(クラーク・アシュトン・スミスが「イルーニュの巨人」The Colossus of Ylourgneで描いた世界と関連)。ティバーサティンは高校時代の先輩S氏の世界である。エルヴァートにはこの世界出身のキャラクターが3人ほど存在する。

エルヴァート多元宇宙内のラナラントはアルフの故郷、ローケンハイムはドワーフの故郷、ライトールはライトネア王族の故郷の設定である。エルヴァート以外、ルーンワールドその他のアルフやドワーフについても、基本的にはラナラントとローケンハイムから旅立った者たちの子孫である。ハーフリングのみ、人間同様各世界の固有種である。このため各世界において若干の差異が存在する可能性がある。

設定の解説

oD&Dの公式設定では、星界を起点としてその「内側」にある主物質界および希界精霊界で構成される内界、「外側」にある外界を配置する。エルヴァートも当初このモデルをそのまま採用していたが、エルヴァート独自のイモータルの詳細を検討する際に大きな問題に気づいた。主物質界が(その名のとおり)ひとつしか存在しないことにある。

公式ルールでは各自のキャンペーンを主物質界に、つまりミスタラ世界あるいはその世界と並列の世界に配置することを想定しているが、エルヴァートのように「最初のイモータルからの歴史」および「各領域のハイエラルク級のイモータル」を構築していると、ミスタラのイクシオンやタナトスら「自分がモータルだった頃のことを覚えていない」イモータルたちとの整合性が取れない(無限に存在する外界と異なり星界および内界は単一であるため、主物質界を基準にイモータルを考えると彼らとエルヴァートのイモータルたちが先輩後輩の関係にないとは考えられない、ということになる)。すなわちエルヴァートを公式の多元宇宙に挿入することはできない。ただし、ミスタラ世界とエルヴァートとを行き来したプレイヤーキャラクターが存在する以上、公式の多元宇宙を「存在しないもの」とした独自の多元宇宙という位置づけにもできない。

※公式ルールでは主界

このためエルヴァートにおいては、公式の多元宇宙論をそのまま利用するのではなく、拡張することで、無理矢理にこの整合性を取ることにした。

すなわち、公式ルールと同様の多元宇宙をもう一組用意し、イモータルにさえ不可知の結節によって紐づけたのである。そしてこのような多元宇宙は公式とエルヴァートのもの以外にも無数に存在し、連結している。どの多元宇宙でも、<古き者>(Old Ones)となるとこの「超多元宇宙」の構造を知覚することができ、産まれ育った多元宇宙を出て行くことができる。ミスタラのイクシオンらもエルヴァートのル・ソレイユらも、どちらも(彼らが属する多元宇宙においては)「最初のイモータル」である。また、公式にある

といった記述とも矛盾せず、さらに

というブルース・ハードの示唆とも親和性が高いと考えている。

ル・ソレイユらはプレイ当時、「法のプール」「混沌のプール」から直接生まれたという設定であったが、上記の決定に基づいて修正した。「直接生まれた」のは彼らの改竄された記憶であり、実際には別の多元宇宙でイモータリティを得た存在であり、<古き者>によってエルヴァートの多元宇宙に配置された最初のイモータルであるという設定に置き換えた。

ある意味でマックス・デグマークの主張する多元宇宙観(数学的宇宙仮説)にも適合できるのかもしれない。イモータルはモータルの持つ概念・行動の限界を超え、時間さえも可逆的なものとして扱う。同様に<古き者>はイモータルの持つ概念・行動の限界を超越することができる。

なお、公式の多元宇宙はジェームズらによるものをベースとしてムアコックを始めとした作家がイメージを与えたものだが、内界外界という概念を作ったのはoD&D®だと考えられる。