エルヴァートにおけるデミヒューマン

デミヒューマン(ヒューマノイド)のうち現在断片的にでも設定あるいは構想のある居住地と、氏族名。シヴィルスク等は決定事項だが、小規模なところは暫定のものが多い。

アルフ

アルフはわずかな例外を除き、森林の中で氏族単位で居住地を構成している。ある程度の規模があれば、そして不浄の力に広く汚染されていなければ、大抵の森林に住むことができる。中でも自然のままの姿で古代の力が色濃く残る森を好む。ほとんどが太古に別世界からエルヴァートを訪れた大白妖精の子孫である。

アルフの亜種としては、ブラックアルフ(スメル大陸ダスト・カルミナ)、ダークアルフ(スメル大陸ホーリック谷地下)、シャドウアルフ(スメル大陸シャドウランド)、シーアルフ(何カ所かの海底)、そして天空都市に住むネリールアルフがいる。シャイアン洋エールリン島に住むメロウも、シーアルフの仲間である。ブラックアルフは肌が黒い邪悪な民族。寿命は300年程度でアルフの中では比較的短命。ダークアルフは肌が濃緑色の、同じく邪悪な種族。一族の者がかつてスメル帝国シャイダー朝の皇帝として君臨していた。シャドウアルフは陽炎のように揺れて見える神出鬼没なアルフ。これら2つと比較して邪悪なところがなく、外への関心も薄いが、一部いたずら好きの者はいる。シーアルフは海に棲むことを選んだ者たちであり、性格は陸のアルフに似ている。ネリールははるかな昔に天空都市を築き、外界との関わりを絶った者たちである。

太古には大白妖精という存在があった。並行世界ラナラントからエルヴァートに移住してきた民。現在生きているほとんどのアルフたちの祖先である(一部他の並行世界から訪れた者もいる)が、その光の魔法の力は現在のアルフたちとは比較にならないほど強かった。現世のアルフの中でも、オージャス大陸シヴィルスクのアルフと、ホーメルト大陸イルゾニアのアルフは、古くから外界との接触が少なく、比較的強い魔力を残している。

スメル大陸

ドール

スニルナ

オージャス大陸

ホーメルト

セイレイ大陸

エストメス大陸

ズィドラス大陸

シドリス島

ドワーフ

ドワーフの主な居住地は山岳地帯や丘陵地帯であり、しばしば地下の大空洞(自然でも、天然でも)を整備して住んでいる。ほとんどが太古に別世界からエルヴァートを訪れた大黒妖精の子孫である。

ドワーフの亜種としては、カオスドワーフ(オージャス大陸ノルアート山脈)、ダークドワーフ(ホーメルト地方ブラング)が知られる。カオスドワーフは混沌の神の力を受けた邪悪な種族であり、南のシヴィルスク森の破壊を狙っている。ダークドワーフはブラングにある外界との魔導門から噴出する瘴気の影響を受けながら正気を保っている特殊な種族であり、やや好戦的ながら性格は通常のドワーフとそう変わらない。

スメル大陸

スニルナ

オージャス大陸

ホーメルト

セイレイ大陸

エストメス大陸

ズィドラス大陸

ハーフリング

ハーフリングは開けた丘陵地帯を好むものの、基本的にはどこにでも住むことができる。アルフのテリトリーである森林やドワーフのテリトリーである地下も、好んで住む者は少ないがとくに支障はない。環境適応能力は人間を上回る。ハーフリングは主物質界生まれである。

南ホーメルトのアルフリード高地東西にある2つの丘陵地帯は、ホーメルト地方のハーフリングが多く集う場所である。ハーフリングは東丘を東庄、西丘を西庄と呼ぶ。それぞれ複数の氏族の街がある。またアルフリード高地に住む氏族を含めた一帯をヒンランドと呼んでいる。

スメル大陸

オージャス大陸

ホーメルト

セイレイ大陸

エストメス大陸

ズィドラス大陸

ノーム

ノームはドワーフの遠い親戚であり、居住地も類似しているが、ドワーフと異なり地下に住むことはない。地の精霊界に属するノームが、主物質界に居住して世代を経たものである。

スメル大陸

オージャス大陸

エストメス大陸

ズィドラス大陸

リアノ

リアノはごく限られた特定の場所に住んでいる。それは人間の居住地と重なることが多い。後述の詳細も参照。

スメル大陸

オージャス大陸

ホーメルト

エストメス大陸

リザードマン

リザードマンの居住地は数多く、ある程度の大きさの湿原なら大抵それに見合った規模の集落がある。以下は大きな湿原や沼地で大規模な集落があるものを上げているが、これ以外でもとくに制限はない。後述の詳細も参照。

スメル大陸

オージャス大陸

ホーメルト

セイレイ大陸

エストメス大陸

ズィドラス大陸

パキダミオン

パキダミオンあるいはパミダーミオンは、直立した像のようなデミヒューマンである。基本的には熱帯のジャングルやサバンナ地方で見られるが、温帯地域でも生活可能である。現在特異な個体を除いては、ズィドラス大陸の一部にしか生息が確認されていない。ジャングルに石造りの街を持っている。ハルマヘラ公国群では、国内すべてのパキダミオンを戦士として雇用する契約を持っている。

ズィドラス大陸


デミヒューマンたちの信仰する神

あくまでその種族での信仰のサマリーであり、地域によっても異なるし、個人としてはそれ以外の信者もいる。

アルフ

ドワーフ

ハーフリング

リアノ

パキダミオン

リザードマン

ジャイアント

リンシェル

ドリュアド

ミノタウロス

ゴブリン

オーク

コボルド

ウンディーヌ

シルフ

サラマンダー

ノーム、グノーメ

フェアリー

ピクシー

スプライト

グリトニル

トレント


アルフの亜種

シャドウアルフ

シャドウアルフはスメル大陸西方、テルドア大山脈の一部であるシャドウランドに住むアルフ種である。肌の色はモノトーンに近く暗い色であり、髪は半透明の黒である。瞳は白く虹彩がない。常にゆらゆらと揺れるように見え、虚ろな印象を与える。

周辺からは邪悪な民と言われているが、平均的には外界とそこに住む者たちへの興味は希薄である。外界へ出る者も少なく、また外界の者がシャドウランドに踏み込んでも、彼らにとって意味を持つ場所を破壊しようとでもしない限り単純に物陰に隠れて関わろうとしない。「皇帝の命を狙っている」という話も、実のところホーリック谷のダークアルフの噂がいつしかシャドウアルフの話と混じってしまったものであり、ラムサダスやフラニオスに害を成そうとする者は存在しない。まれにこうした平均的な枠から外れる者が領域を出て外界を旅することがあり、そのような少数の者たちの所業によって現在の評価が生まれた。ただし、そういった例外でさえ、皇帝とはまったくの無縁である。

初等レベルの魔術は彼らにまったく影響を与えないが、光の呪文だけは例外である。光の呪文を浴びせられた者は、悲鳴を上げて逃げ惑う。また、外界の者の影に入る能力を持つ。

バサ・ディヒルールという独自の王を立てる。彼はおよそ250年間この地の王である。ただし他者への興味の薄い彼らにとっては王と言ってもさほど重要な存在ではない。

シャドウランドは樹木らしい樹木もない荒れ果てた土地である。森林に対する親近感は完全に消失している。シャドウアルフは一般的にグレンディアの信徒である。


リアノ

概要

リアノはエルヴァートとルーンワールド、それにリンデンヴェイルにのみ生息する直立猫族である。キャットマンと呼ぶ地域もある。D&D®公式ルールのラカスタに似ているが、基本的には魔術師であり、戦士は少ない。争いごとは好まず、思索に耽ることを好む。ただし敵意を向けられれば徒党を組んで魔術で対抗する。アルフと仲が良いがハーフリング、ドワーフとはあまり反りが合わない(アルフとドワーフの関係ほど悪くはない)。

言語

リアノは独自の言語を持ち、世界的にぶれは少ない。第二の言語としてはその地方のアルフ言語を学ぶ者が多い。

歴史

一切によれば、元々はルーンワールドのある魔術師が、飼っていた猫と会話したいがために編み出した魔術が暴発、周囲の猫集会を丸ごと改変してしまった(あるいは神々がそう仕組んだ)もので、その後知性を得た猫たちは人里離れた山間部に移り住み、独自の社会を構築した。徐々にテリトリーを拡げ、また様々な魔術の影響でエルヴァートとリンデンヴェイルにも広まったとされている。

生息地

エルヴァートでの生息地はロッキルムスター、バビロン、ダッキニ、キルカ、ファーランド(ここだけ、人間の都市で人間に混じっている)、タラダス、ノースフォート。ズィドラスにはいまだリアノの集落は発見されていない。

宗教

リアノは音楽に親しむ者が多く、音楽の神でもある<調和者>ハルモニクスや<音響神>カクトリンを信仰することが多い。「ハルモニクスの23弦琴」はある初期のリアノ(吟遊詩人だった)が与えられたものであり、リアノ族最大の聖宝とされる。現在はクラナ湖の南山中にある王都タラダスにあると言われている。

シェレナスは不死性を得た唯一のリアノであり、広くリアノ社会で信仰を集める。モータルの頃はクリニテルスと名乗っていた。またレッセンサルシア(ファマリス)、<勝利の女神>テシアスを信仰する者もそれなりにいる。

ゲーム内ステータス

ゲームステータスとしてはすべてアルフと同一のテーブルを使用する。よって使おうと思えば戦士用のすべての武器防具を使用可能だが、もっぱら革鎧を着ており、武器はワンドを持つくらいで大抵は何も持っていない。またアルフと異なり爪も攻撃手段である。噛みつきでも攻撃できるが、「知的ではない」という理由でめったに用いられることはない。


リザードマン

概要

上位のリザードマンは、トカゲというよりもワニのような顔つきになっている。牙も大きい。相当な知能を持ち、種族の言語以外の言葉を解する者も多い。基本的に寿命は300〜500年で、成長するに従って身体が大きくなる。

ひとつの集落にはその規模に応じた支配階層が存在する。最小のものは隊長と部下と言ったところである。1,000程度になると、彼らの言葉で王と呼ばれる者が治めている。場合によっては周囲のいくつかの集落の王を従えている。王の序列は集落の規模によらず、王の個体の強さによる。

表エルヴァートの個体は緑系が多い。裏エルヴァートの個体は茶色や黒で大柄が多い。裏エルヴァートの大型種、とくにエストメス大陸の種族は、自らをゼグルス・ジビルと呼ぶ。彼らの大半は表エルヴァートの同胞の存在を知らないが、わずかに知っている者たちはゼグルス・アッハと呼んでいる。それぞれ「真の龍族」「龍族に似たもの」という意味である。

オージャスのリザードマン王は、レガス・フーシュ・オブ・ブラッドクロウと呼ばれる存在である。エストメスのリザードマンに匹敵する濃緑色の体躯を持つ。紫色の入れ墨のように見える模様が、頭や四肢に入っている。普段は長大な槍を得物とし、その技倆も並大抵ではないが、その槍が折られたり、落とされたりした場合は噛みつきや爪、尻尾による戦いに切り替える(魔法を使う能力はない)。その爪は体内に半分以上を収納可能な長い特別なものであり、彼はその特性を効果的に用いて敵の油断を誘う。

彼は特殊な盟約を持ってライトネアと同盟している。それは五竜将軍に兵員を提供する代わりに、その強化魔術を自身の近衛兵にも適用させるというものである。それが彼の部族の、強さの源である。

言語

リザードマン語は祖語としてはほぼ単一である。ただしスメル、オージャスとホーメルト、セイレイ、エストメス、ズィドラスの各大陸でとくに発音が大きく異なり、ほとんど互いに意味が通じない。そして大陸の中でも多くの方言が存在する。人間やドワーフ、オークなどからの借用語も多く、それらは地域によって大きく異なる。ただし、彼らの発声器官は人間とその近種ほど発達しておらず、舌も長いため、刷るような音の語が多い。

生息地

リザードマンは多くの湿地や沼沢地に棲んでいる他、水中に棲んでいる者や、地下の洞窟に棲んでいる者もある。各種の蜘蛛と共生していることも多い。リザードマンはこれらの蜘蛛の毒に耐性がある。なお、集落のある付近が瘴気に包まれていることも多いが、常にそうなっているわけではない。瘴気に包まれているのは、基本的には闇の神の下僕となった氏族である。

宗教

リザードマンにもっとも信仰されているのは、ザラマンディーアである。ザラマンディーアは基本的にサラマンダーの王であるが、モータルの頃はサラマンダーをその身に宿したリザードマンの戦士だった。その戦士はザラマンディーアの恩恵により、水に関係する生物として水に強いのと同時に、火にも強かった。

他にカーソルティック(ナーガ)、ミジャリエル、そして一部にエンクヴェイ(イングビ1世)を信仰する者もいる。

リザードマンには2つの聖宝がある。緑の壷と、始源の骨と呼ばれるアーティファクトである。いずれもザラマンディーアの作成したものである。緑の壷は治癒効果のある水が無限に湧き出す壷であると同時に、周囲の土地を湿原に変える力を持つ。始源の骨も接触により同様に治癒効果を発揮し、またリザードマンの持つ力(肉体的あるいは精神的)をゆっくりと強める効果がある。いずれも一日ごとの治癒効果には限りがあり、重ねがけすることもできない。骨の成長効果も無条件ではなく、ある程度の戦闘を経験した後にしか力を与えることはない。

原典はそれぞれオージャスの最大部族(ブラッドクロウ)とエストメスの最大部族が所有しているが、それぞれ他方のコピーを所有している。またそれ以外のある程度の部族でも、両方のコピーを所有している。コピーはリザードマンの僧侶の中でもとくに力ある者が作り出す。ただしいずれも原典の半分程度の魔力しか保持しておらず、コピーのコピーはさらにその半分になる。


パキダミオン

概要

一般的に戦士として優秀で、金属鎧をまとう。すべての個体は両手で1本ずつの剣を用い、半数程度はさらに長い鼻でも一振りの武器を持つ、いわば三刀流の使い手である。知能が高いため魔法を使う者や、彼ら自身の神ゼルディアンの御業を行使する神官も存在する。姿かたち以外は人間とそれほど差はなく、性格のばらつきも大きい。ただし他種族に対してやや優越感を覚えているのは、ほぼすべての個体に共通する特徴である。このため同様にやや優越感を抱くアルフ種とは、そりが合わないことも多い。

文字を持たず、すべてを口承によって伝えている。ほとんどの構成員は大変な記憶力を持ち、こうした口承を一字一句違えることなく数千年間守り続けている。パキダミオンの寿命はおよそ200年である。彼らは自分たちのことをプロボシディアンと呼ぶ。

言語

彼ら自身の言語(パキダミオン語)を用いる他、高い知能を生かしてハルマヘラ語をはじめとした人間語や、オーク語やアルフ語などを習得する者も多い。基本的にハルマヘラにしかいないため、方言はない。また象とは言葉を用いずに意思疎通が可能である。

生息地

集団は常にジャングルの深いところに石造りの街を作って住んでいる。個体は岩砂漠やサバンナ、草原や温帯の農作地帯に住んでいる場合もあるが、あくまで例外である。

宗教

パキダミオンのもっとも有名な神はゼルディアンである。ゼルディアンはパキダミオンからイモータリティを獲得した唯一の個体である。個々人の信仰がゼルディアンに縛られることはなく、仲間内で奇異な目で見られつつも他の神を信仰する者もいる。ただし、主として信じる神が異なってもゼルディアンへの敬意は種族全体に共通する。

詳細

厳密にいえば、パキダミオンは直立象族(プロボシディアン)とイコールではない。パキダミオン族の中で支配的なものが、直立象族である。パキダミオンはプロボシディアンの他、オルディナリアン、アングランに分けられる。このうちアングランは過去に存在しただけで現在は滅亡している。オルディナリアンはさらにトットー、アダーに分けられる。それぞれ直立カバ、直立サイという存在である。前者はスニルナやスメル大陸の沼地に、後者はスメル大陸やオージャス大陸の湿地帯に暮らしているが、数が少ないために人間にはほとんど知られていない。プロボシディアンと同様戦士としては優秀だが、象の親類ほど知能が高い者は非常に少ない。

パキダミオンはそれぞれ類する動物(プロボシディアンなら象)と言葉によらないコミュニケーションが可能であり、大抵その動物たちを保護し、権利を守るよう行動する。ただし、例えばボーデンドルーカー(<踏みならすもの>)はその存在自体が通常の生態系にとって驚異であり、プロボシディアンにとってその対象ではない。