生命の樹

現在エルヴァート各地に存在する生命の樹のオリジナルは、大白妖精王国セレドリムにあった1本である。製作者は<炎の妖精王>ヴァンガード・クロイエン。そのモデルは妖精郷ラナラントで一般的に生えていた木々である。このオリジナルツリーは現在でもグラム島に残っているが、深い針葉樹の中にあってひと目に触れることはなく、現生のアルフたちにもその存在を覚えている者はいない。

シヴィルスク(ブラーンシュ)、サスタス(テイル)、アイアンハルト(ライエル)にある3本はこのオリジナルツリーの魔法的クローンで、能力的にはオリジナルと完全に同一である。マイエル・ブラーンシュ、ラメル・クロイエン、そしてセントリー・フェルサンがこれらを作成した。なお、ラメルが最初に居を構えたのはソルティウス森であり、その後ソルティウスを放棄する際にテイルの祖先がこれを移設した。仮にオリジナルの存在が知られればアルフにとっては非常に大きな意味を持つ。ただし、今現在存在しているアルフたちの中に、創始の大白妖精たちのような巨大な魔力を持つものはいない。つまり、この樹のコピーを作ることはできない。移植することは可能であるが、そうなれば氏族間に大いなる不和をもたらすことになろう。

これらに対し、シヴィルスクの他の氏族を始めその他世界に散らばったアルフ氏族の持っている樹は、いずれもこれら3本から得た種からできた子か、あるいは孫かであり、オリジナルを含めた4本の親木と比較してやや力が落ちる。ひ孫の樹は存在しない。たとえばグレイリー・マレイリーにある樹は、ブラーンシュが親木である。自らの選択として樹を持たない氏族も多い。その最たるものがシルヴァーピークであり、シドリス、そしてロングッドの沼アルフなどもこれに該当する。またランリュートやイルゾニアのように、当初から外界と隔絶されたために生命の樹の存在と無縁だった者たちもいる。

エルスルムは現在でも生命の樹を守護しつつ、同時にこれを制御し、彼らの魔法空間からは慎重に隔離してもいる。生命の樹はこれを保持する氏族にある程度の繁栄をもたらす役割を担うが、同時に抑制装置としても働く。エルスルムに莫大な数のアルフ(他のアルフ氏族と比較して)が住んでいるのは、生命の樹の庇護から離れて独自に人間たちの有り様を研究した結果である。

なお、別の世界からの移住者たちの持つ聖宝は生命の樹と直接的には関係がない。たとえばドールのシューリムル氏族は、故郷リンデンヴェイルの太古のアルフが生み出した聖宝を保持する。同様に刻のアルフもまた、故郷エリモイゼル・ヘンの太古のアルフが生み出した聖宝を保持する。これらのアルフたちも同様にかつてラナラントを旅立った者たちの子孫であり、共通する部分もないことはないが、すでに6,000年以上も昔のことである。