妖精王

現世において古代大白妖精の力を顕現せし力あるアルフたち。

彼らは、精霊界の強い加護を受けたモータルであり、通常のアルフの魔力を持つと同時にそれぞれのエレメンツに対して絶大な力をもつ。

初代、二代はいずれもイモータルあるいはそれに準じる存在となっており、マイエルはエルリス神、ラメルはティアル神、ヴァンガードはタキウス神、サラディーナは赤のラ・リューン神である。ペルニーナはモータルのままモータルを超える存在となり、<暁の旅人>、<時空の旅人>と呼ばれる永遠の存在になったとされる。<氷水><空風><大地>の二代目以降は未設定だが存在し、現在まで続いている。

<炎>(あるいは<火炎>)は「炎の運び手」ともいわれ、闇のものを除くいかなる炎でも自在に操ることができ、またいかなる炎からも(闇のものでさえ)害を受けない。彼らは、一時イルゾニアの森を出たラムサダス(ラムサロース・フィン)がその地位に見合うのではないかと話しあっていたのだが(ラムサダスの魔術は基本的にタキウスから行われている)、彼があまりにも人間と関わりすぎたため、見送りになってしまった。現在では、代わりにラムサダスの甥であるフォリムに注目が移っている。まだ赤子ながら、創始の大白妖精に近いイルゾニアアルフの2氏族の血を引いているためである。

周囲のワールドで、妖精王が四人揃っていないのはエルヴァートだけである。彼らは混沌に対抗し、世界に守りの力を与える存在であり、一人でも欠けるとその力が弱くなる。今はまだヴァンガードとサラディーナの魔力が生きているが、それすらいつまで持つのかわからない。現にエルヴァートは最近二度までも混沌の介入を受けている。