ティアンナ・マークレット

20フィートを超える雪が降り積もり、なおその高さを増しつつあったある厳寒の冬の日、彼女は生まれた。インファス山脈の山あいにある、首都エトーから遠く離れた小さな村だった。浅黒い肌に茶色の髪、茶色の瞳を持つ人ばかりの小さな村にあってその肌は白く、また髪は紫色だった。これだけならまだ、風変わりな赤子が生まれたというだけだったが(ただし、この地方では紫は死の色とも言われていた)、問題はそんなことではなかった。赤子は重度の障碍児として生まれた。両腕と左脚、左の眼球がなく、右脚は捻れ、口唇は割れていた。片方だけの瞳は赤かった。両親は家の奥に隠して他の村人たちから見られないようにしていたが、すぐに見つかった。「悪魔の子」と怖れられ、忌諱され、やがて両親までもが近寄ろうとしなくなった。当然、名前すらもらうことはなかった。彼女を見捨てなかったのは、一回り年の離れた兄のクロムただ一人だった。

3歳になっても精神は希薄で言葉らしい言葉も出なかった。さらに視覚、嗅覚、味覚もないことが分かった。母親は娘の存在を単に無視することに決め、食事も用意しようとしなかった。いつも兄が自分の食事を分け与えていた。父親からは毎日のように「いつ捨てに行くんだ」と責められた。この時代、このような子は生まれてすぐに山へ捨てられたり、埋められたり、川へ流されたりするのが当然だった。しかし兄はそうせず、自分が育てる、いつか立派な身体を用意してやる、それだけを考えていた。

そうして5年が過ぎた。兄は15歳になっており、数年前からは自ら狩りをしたり魚を採ったりして不足しがちな食糧を補った。どんなに疲れていても、怪我をしていても、病気で苦しくても、一日たりとも妹の世話を放棄しようとしなかった。その甲斐あって妹は何とか生き延びていた。ある春の朝、思い詰めた顔をした兄が、歩くことができない妹を腕に抱いて何も言わずに家を出て行った。両親は、「やっとだ…やっと三人だけの平穏な生活に戻れる」と疲れた笑顔を見せて窓へ駆け寄り、息子の背中を見送った。しかし午後になっても、夜になっても、次の日になっても、息子は戻って来なかった。両親は息子が崖から足を踏み外しでもしたかと嘆いた。

兄は家を捨て、自分一人で妹を育てる決意をし、山を降りたのだった。戦士になれば妹を食わせてやれると考えたが、それはすぐに諦めることになった。彼は決定的に非力だった。代わりに頭脳には自信があったので、ある街で魔術師のギルドに入って魔術を学び、そしてメキメキと頭角を現した。様々な雑事をこなしていくうち、獣や野盗、時には魔物退治を街や周辺から依頼されるようになった。腕の良い魔術師という評価を急速に確立して行った。彼が常に背に負っているのが何なのか、あえて聞く者はなく、見ようとする者もいなかった。

妹の肉体および感覚の欠損は、そうした日々の中で少しずつ補われて行った。兄が、大抵の魔術師が優先的に得ようとする攻撃のための魔術のほとんどを後回しにし、高度な治癒魔術を学んだのはそのためだった。顔は街を駆け回る元気な少女たちを参考に、彼女たちよりも美しく作った。神々に見放され最低の身体を押し付けられた妹を、自分の力でできるだけ素晴らしい少女にしてやりたかった。そうして妹の身体が完成に近づいてくると、次に目指したのは精神を完全にすることだった。このような魔術は、ギルドでも、その親ギルドでも、彼らと付き合いのあるアルフたちですら、誰も知らなかった。しかし半ば諦め掛けていたある日、自身の属するギルドの書庫で、彼は意識を増幅させるという失われたアルフの魔術を見出した。兄は昼夜を問わず研究に没頭し、6年を費やしてその古代魔術を復活させた。その時妹は既に13歳になっていた。13歳にして初めて自分で考え、自分で動くことができるようになった。ついに自らの意思で目を開いた妹を見て、ふと頭に浮かんだ名前で呼んだ。「ティアンナ」。妹は淡い笑みを浮かべた。兄は自身の成したことに初めて満足感と充足感を味わい、泣いて妹を抱きしめた。

妹が魔術を組み合わせた地道な訓練を重ね、何とか自力で立てるようになったのはさらにその1年後だった。だが、まだ始まりに過ぎなかった。兄は妹をこの世で最高の少女にしたいと考え、容貌は言わずもがな、四肢を始め全身のスタイルを絶えず微調整し続けた。妹は途中で仕事を投げ出したらしい神々の代わりに、自分の身体と精神を作り上げてくれる兄を無条件で信じるようになった。

考えることができるようになった妹は兄とともに魔術を学びはじめ、ともにギルドで仕事を引き受けるようになった。兄妹でギルドの仕事をこなすうちに、作り物の腕は生まれた時から持っていたのと変わらないくらいに馴染んで来た。しかし、両脚はなかなか言うことを聞かず、妹は自分のものとなったはずのその脚を魔力の助けを借りて動かす日々を、何年も続けた。魔術のための触媒を買うお金が必要になり、そのためにギルドの仕事を続ける必要があった。逆にそのために、毎日人の何倍も消耗していた。ギルドの者たちは兄の成したことに気づいており、様々な評価が生まれていたが、少なくとも批難する者はいなかった。兄の卓越した魔術の才が、彼らには必要だったためだった。そしてまた、日々美しくなる妹の姿は彼らの目と心を捉えずにはおかなかった。

お金も少しずつ溜まり、触媒や仕事道具だけでなく妹を着飾らせる良い服を買ってやれるようにもなった。ただ、彼女はいつも質素な濃紺のローブで過ごし、「これでいい」と言ってめったに華やかな服を着ようとはしなかった。また基本的に兄以外と口をきくこともなかった。

兄は、彼らに村を捨てさせるに至らしめた両親や他の村人を深く恨んでいた。忙しい日々の中でもそれは薄れるどころか逆に日を追うごとに強まった。ある夏の日、妹が力と体力を付け、そこそこの距離を歩くことができるようになったことを見て取った兄は、彼女を伴ってあの山あいの村へ帰った。視覚を持たずに産まれてきた妹にとっては、初めて目にする自分が生まれた場所だった。兄はまっすぐに生家を目指すと火球を放って玄関を破壊し、さらに力の手で中にいた両親を彼らの前に引きずり出した。両親は少し怯えつつも乱暴者の魔術師に怒鳴り散らしたが、その背後にいる少女にふと目を留め、その紫色の髪を見て取った瞬間、事態を理解して言葉を失った。そして、息子が深い憎しみの色に染まった瞳で自分たちを見下ろしていることに気づくと、唐突な帰郷の意図をもはっきりと悟った。母親は金切り声を上げて泣き出した。父親は妻を守るように抱きながら大声で叫び、ついで滝のように汗を吹き出しつつ会話を試みた。「ゆ、許してくれ!父さんたちは…」「言い訳は不要だ」とにべもなく息子に遮られ、言葉を飲み込んだ。目視できるほどの赤い魔力の揺らめきを手のひらに集めて腕を上げ始めた息子を、父親は震えながら絶望的な面持ちで見上げた。母親は相変わらず彼の胸の中で泣いていた。

すると、それまで何の動きも見せなかったティアンナが、振り上げた兄の腕を後ろから取った。首だけで振り向きつつ「どうした?」と尋ねる兄に、ティアンナは首を横に振った。兄は驚くと言った。

「だがこいつらが俺たちを…お前を捨てたんだ」。

ティアンナは腕を離そうとせず、言い募った。「でもこの人たちには、なんの力もない」。

兄はその言葉で急に視界が晴れたように感じた、憎んできたはずの者たちを再度見下ろした。そこには、汗と涙と泥にまみれた弱くて脆い人間が二人、抱き合って震えているだけだった。彼らは理解の及ばぬものを盲目的に恐怖するだけの、ちっぽけな存在だった。彼らとて、何も好き好んでティアンナのような子を産んだはずはなかった。四肢の揃った普通の赤ん坊ならば、多少見目が悪くても慈しんでくれたろう。すると自ら手を汚して復讐することに、何ら意味がないように思えてきた。復讐すべきは別にいるではないか。

兄は練り込まれた魔力を周囲に拡散させ、腕を下ろした。そして踵を返すと来た道を帰り始めた。数歩進んだところで立ち止まると空を見上げ、「15まで育ててくれた礼だけは、言っておくよ…さよなら」と言った。そして肩を震わせながら、再び歩き始めた。ティアンナはちらと兄を見、そして改めて両親に向き直ると、まだ不自由な脚を慎重に折って地面に両膝をついた。彼女は自分を産んだ人たちを真っ直ぐに見、二人の顔を心に焼き付けた。「父さん、母さん。私を産んでくれてありがとう。産んでくれなければ、兄さんと出会うこともなかったもの。さようなら」。父と呼ぶのも母と呼ぶのも、最初で最後だった。そうしてティアンナもまた両親に背を向け、びっこを引きながらよろよろと兄の後を追った。二人がその村を見ることは二度となかった。2ヶ月後、ギルドの書庫で二人して調べ物をしている時、村がにわかに噴火した山からの火砕流に呑まれたという噂を聞いた。もはや何の感情も沸き起こらなかった。

ティアンナが特別に意識をせずに歩けるようになるには、さらに5年の歳月を要した。

兄はそれ以降、妹の姿を最高のものに仕上げようとする一方、神々すらも文句の付けられぬ存在にすることを考えた。彼自身の適齢期は過ぎていたが、結婚するつもりはなかった。両親も村人も、もうどうでも良かった。憎むべきは妹にあんな身体を押し付け、彼と両親に苦悩を与えた「神」とやらいう連中だった。それならば、神を超える存在を自分の手で作ってやる…それは神々への挑戦だった。兄は世界中のありとあらゆる魔術を研究し、吸収し、その粋をすべて妹の身体に注ぎ込んだ。そうした実験を実に80年に渡って続けた。二人はエーヴリングでもライトールでもなかったため、若さの水を絶えず生成しては若返りを繰り返した。ティアンナの身体の半分は魔導の産物であり、そして彼女はエルヴァートのあらゆる魔術を行使できるようになった。また武器は限定されたが魔術の力を上乗せした剣術もまた、並大抵の剣士では相手にならぬほどの腕となった。

この頃のティアンナがとくに関心を示したものが、風紋だった。砂や雪を風が撫でることで浮き上がるこの予測不可能な紋様を、兄が声を掛けるまで時間を忘れて眺めていることがあった。とくに雪面にできた紋様には強く興味を惹かれた。何も持たず、何もせず周囲に流されるまま生きている自分に重ねていたのだろうと、後にティアンナは語っている。

その後、求める高みに到達しうる知がエルヴァートにはないことに気づいた兄は、ティアンナを伴って魔導の源泉であるルーンワールドへ移住した。その時のティアンナは26人衆に属していたが、移住に際して何の通達もしなかった。他のメンバーはメロスを通じて彼女がエルヴァートを去ったことを知った。元々26人衆に属したのも自らの意思ではなく、外界との接触とティアンナの力を測る場が必要だと考えた兄によるものである。

セイリアンとティアンナの26人衆在席時期は重なっているが、26人衆がランカスト・フォレンディスに同時に現れることは少なく、互いに存在を知ってはいたが直接相対したことはない。

ペシフェを求めているのはティアンナではなく兄である。ルーンワールドで魔導の深奥を垣間見ることになった彼は、その知のすべてを吸収し、そして妹の身体に注入するのだと、決意を新たにした。それからおよそ80年が過ぎ、妹は本職の戦士の用いる大きな剣を振るえるようになり、また僧侶のもつ力をも植え付けられた。魔力もさらに大きくなり、ルーンワールド最強の魔導師となった。その過程において、<偉大なる書>ペシフェこそが求める知識の結晶であると突き止めた兄は、今度はそれを追い求めるようになった。彼は知られているすべての世界で最強の人間を作り上げながら、さらにその上を目指している。モータルのまま、イモータルを凌駕する力を。

どんな赤子が生まれるかは両親の持つ遺伝子や環境、そしてほとんどはただの運であり、イモータルの影響が(特段の関心が払われない限り)非常に限定されたものであることも、二人はとうに知っていた。しかし、兄にとっては同じことだった。イモータルという大いなる知性を持つ存在は、悲惨な生まれ方をした妹に何もしてくれなかったのだから。

今の彼女に、兄の望みを叶えようとする以外の意思はない。望みどおり、自分が神々を超える存在となること。それだけである。


一部の能力者が持つ、「高濃度魔力精製回路」と呼ばれる体内器官がある。外界に満ちる魔力を常時無意識に、かつ効率的に体内に引き入れて蓄積するもので、これによって通常の術者を超えた魔力を行使することができる。ほとんどは先天的に備えているものだが、稀に後天的に獲得する者もいる。ただし、後者は突然手に入れた莫大な魔力に溺れて自滅したり、限界を見極められずに回路を摩滅させてしまったりして、有効に活用できた者は極めて稀である。

ティアンナは後者である。彼女は幼い頃から兄(彼は前者である)の魔術実験台となっていたが、その中でこの器官が発生した。これは、古の大白妖精が器官を持たずに生まれてきた子に施していた古代魔術を偶然に再発見したものだった。彼はこれをどこにも残していない。


ティアンナの設定

ティアンナ・マークレット(Tianna Marclet)

1,441.7.11生, 188歳(見掛け10〜19歳). 身長4'9" 体重88 lbs(15歳時).

ユリフィア・ティルクラマネイト(Yurifia Telcramannait)、エリリーヌ(Ellirine)、ディアナ(Diana)とも。

現在エルヴァートを含むすべての世界で最強の人物。生まれはエルヴァートだがルーンワールド在住。その当時は<赤き超導師>セイリアン・ダルスに次ぐエルヴァート第二位であり、ルーンワールドに移住してから巨大な力を手に入れた。現在は<偉大なる書>ペシフェを探し求めている。短剣使いの剣士ユリフィア・ティルクラマネイトとして知られている地方もある。また僧侶のエリリーヌ、盗賊のディアナとしても名を残している。

その力は絶大で、<二剣要らず>と称された剣士としての腕もさることながら、彼女には近寄ることすら並大抵のことではない。彼女にそのダガーを抜かせることとて容易ではない。かつてアーサー・フェルナンド(現フェルナンド帝国皇帝)は彼女に不用意に近づいて魔術により瞬殺されている。

彼女の両腕、両脚、左目は生来のものではなく、兄の魔術によって精製され、縫合されたものである。魔術を用いて生成された完全な人の肉であるため、仮にディスペルが成功してもこれらが消滅することはない。常時微量な魔力を通わせて機能を維持しているためディスペルすれば一時的に彼女の動きを鈍らせることは可能であるが、その気になれば呪文の詠唱無しに空を飛ぶ彼女にはあまり意味がない。

兄の精製するロンゲヴィティ・ポーションを多用しており、見掛けは10〜20歳の間のどこかにある。身長は4'3"〜4'11"、体重は69 lbs.〜94 lbs.といったところである。

ティアンナの周囲に存在する魔術の代表例は以下である。

これらは希界に常時展開されており、ティアンナの意思で瞬時に主物質界にシフトして彼女を取り囲む。不意打ちを除き常に相手の行動に先んじて発動する。アーサーを瞬殺したのは踊るダガーである。

ティアンナが持つ主な戦闘系魔法物品は以下。

なお、使用するのはユリフィアでいるときだけだが、1秒間で1回程度の高速な攻撃が可能である。

濃紺のローブ内側には乱反射の魔法が付与されていて、下からはぼやけた塊しか見えない。ティアンナの魔法を解除できるのは生者ではカレンティシアスのニアラシェールくらいであり、<愚者>にもわずかながらチャンスはあるが、何れにしてもそのようなことに魔力を使おうとは思わない。ローブには他にも複数の防御魔術が施されており、大抵の攻撃ではびくともしない。ただ、これはあくまでティアンナがいちいち対応するのが面倒だから付与されたものであり、必要性からではない。

かつて倒した二頭の古龍、ライルガリウスとフィルミ・アムナルギスから、それぞれ知識と魔力、詠唱なしの飛行能力を譲られている(ドラゴン種参照)。ティアンナは空を飛ぶのに一般的な魔術師たちのように呪文や道具を必要としない。

クロビュールの設定

クロビュールの方は、子供の頃からほとんど容姿を変えていない。ただロンゲヴィティで若返りを繰り返しているだけで、徒弟時代左肩と脇腹にできた大きな傷はそのままだし、顔や手足の多くのホクロもとくに手を入れていない(ティアンナは肉体改造魔術によってホクロができることはない)。行動としては食事、睡眠、研究くらい、他は強いて言えば情事だけであり、よほどのことがなければ外出しない。

ルーンランド地方にあるクロビュールとティアンナの屋敷は、外見ではそこそこの大きさの手入れされていない古びた建物に見える。エントランスホールもそれに準じる。ただし、ホールと両側の階段以外は訪問者の視覚に強制的に植え付けている虚像であり、入口から20フィート付近から向こうの本当の姿を見られるのは特別な許可を得た者だけ。そこは屋敷の中ですらなく、ある地底空間に作られた空間と魔法で接続したものである。そこにはルーンワールド最大規模の巨大な研究室がある。2階の奥は真の1階との吹き抜け構造で、階段もなく切り立っている。真の1階は二人の寝室や浴室であり、中央に巨大なベッドが置かれている。寝具はすべて魔法で作り出したもので、羽毛では得られない心地良さと快適な睡眠を生み出す。魔術で睡眠を圧縮することは可能だが、現在のところまったく必要のないところまでは至っていない。ロンゲヴィティで寿命を延ばしている二人にとっては、そこまで時間を絞り出さねばならない理由もなく、魔術による睡眠作用を研究する意味も薄い。

全周囲が魔術による完全防音であり、外の音が内側に入ることはなく、内側の音が外に漏れることもない。窓は外の風景を映しているが、外から同じ窓を見るとまったく別の場所の家の中が見え、ただの空き家に見える。これも魔術によって造られた超硬質なガラスであり、ウィッシュを除くいかなるモータル魔法でも破壊することはできない。

家の周囲5マイルには至るところに魔法の目や耳が配置されており、二人は新室内からすべてを探知することができる。これらはよほどの魔術の使い手でなければ存在に気付くこともなく、発見しても常人には傷一つ付けることはできない。

ティアンナとクロビュールは徒弟時代からずっと2人で暮らしており、身寄りのない者や真に困った者を一時的に保護して同居させたことはあるが、それ以外は他人と生活したことはない。まともに知っている異性もお互いくらいであり、知るつもりさえない。

クロビュールとティアンナは、長い探索の末に「口」という無秩序の領域のアーティファクトを入手した。<黒き鹿角の王>と呼ばれる混沌の神ラウドロップの作と伝えられているこの漆黒の玉は、異なる場所、星、に存在する兄弟玉との間にゲートを開く力を持つ。「ルーンワールドは様々な世界のうちもっとも魔法が発展した世界であり、様々な魔力の結節点でもある」というのが魔術師たちの間では定説だった。もちろん、エルヴァートで得られる情報はごく限られたものであり、「もっとも」という形容自体が事実ではない可能性もあった。それでもエルヴァートのあらゆる魔術を研究し尽くしたクロビュールにとって、移住先は他に考えられなくなっていた。そのため、このアーティファクトの入手が不可欠と考えたのである。

このアーティファクトで形成されるゲートと通常のゲートとの差は、ラウドロップの知識の中に接続先となる点の情報があれば、使用者自身は名前を知っているだけで結節を構成できる点にある。チャージがあるため多用はできない。チャージは100年にひとつ回復する。ただしこの玉は入手した瞬間と、その後の所持している間不定期に、何かしらの凶運が降りかかる。それは大規模な自然災害であったり強力なモンスターであったりする。所持し続けるためにはそれらを払いのけるだけの実力も必要とする。

なお、ルーンワールドとエルヴァートを結ぶ恒久ゲートは「口」を使うまでもなく存在する。クロビュールらは最近までその存在を知らなかった。これは過去に特殊な計画のため<永劫の炎>メロス神が設置したものである。事実1,613年にはアーサーが、1,629年にはアンドリューやアザワイズ(ジアザー2世)がここを通ってルーンワールドを訪れている。アーサーをこのゲートへ招いたのはティアンナ自身である。

クロビュールとティアンナの屋敷は、内装を含めてエルヴァートで住んでいた屋敷そのものである。「口」で開いたルーンワールドへのゲートを一旦恒久ゲート化し、周辺地域を入念に調査した上でテレポートで移動させた。予定地へ直接転送することはできなかったが、ゲートのすぐ向こう側の地面へは転送できたため、そこからさらに予定地へと転送した。ゲートの恒久化は解除されており、既に存在しない。

1,613年にティアンナがエルヴァートからアーサーを召喚して戦わせた理由は以下である。まずクロビュールが留守にしていたため、家を離れるわけには行かなかった。そして鏡像のアーサーが特殊な魔術によって作られた存在であり、それを倒すにはティアンナといえども危険を犯す必要があった。つまり、倒すことでイモータルの注意を引きかねないと。究極の力を手に入れていない今はまだ、イモータルには敵わない。結局アーサーに倒させるのが一番労少なくして利益を得られると判断した。

クロビュールもまた、飛行能力、魔力、そして寿命を倒した古龍から得ている。


ティアンナ・マークレットのイラスト

ティアンナは30年弱前のD&D®プレイ当時にNPCとして作ったキャラクターで、当時から割と思い入れがありました。PC相手のプレイでもシナリオを作って登場させたのですが(上述アーサー・フェルナンドのくだり)、ビジュアルも性格ももやっとしたままで使用し、それからPCに絡ませるシナリオを作ることもなくプレイ自体終了してしまいました。そのため結局絵を描くことはありませんでした。既に自分では描くことができないため、他の方に描いてもらおうと思ったのが以下です。

画: 想悠

想悠女史がイラストを描いてくれることになり、最初にお願いしたのがティアンナでした。「髪は紫色」「瞳は赤」等々の元々あったイメージにプラスして「FGOのエレナっぽいの」と伝え、描いてもらったものが上記です。

というわけで、紫色の髪はエレナからではありません。これは当時から考えていたもので、元ネタは「若紫」(源氏物語)です。

Avatar Maker: Witchesにて作成

最初に試してみたアバター作成ツール。いかにも「魔術師」。ただ操作はとてもシンプルで間違うこともないのですが、如何せんパーツ数が少なく、バランスや絵柄、雰囲気でも良いとは言えず。さくさくっと作りたい人には良いアプリだと思います。

Factory for Avatarにて作成

同じくパーツ数の制約で元イメージに寄せられないのはともかく、品の良い絵柄で背景ともマッチしており、良い絵になりました。まずまず良いアプリだと思います。残念なのは胸のサイズが変えられないこと、色つきパーツに色がうまく付けられないこと、服が少ないこと、背景がプリセットだけであること。

きゃらふとにて作成

魔法少女系アニメっぽいです。絵的に可愛すぎて逆に離れてしまいました。とはいえ、パーツの種類や数、品質は、この手のアプリの中ではピカイチだと思います。同アプリで作ったダム・ブラーンシュはまずまずイメージに近いです。

VRoid Studioにて作成

3Dモデルに挑戦した第一弾。プリセットのテクスチャをいじって、 想悠女史のコスチュームに近づけました。髪の毛から目から四苦八苦して作っているだけに、元イメージには近いかな。しかし動かすとすぐに下着が丸見えになるのは、どうにかならないのか…(使いこなせていないだけです)。

自由度が高い分他のアプリより作業量が格段に多く、衣装も完全に自分で作る必要があるため、第二弾はなさそうです。ただ、予備知識ゼロの人間が数日でここまで作れる(しかもフリー)のだから、ものすごいツールであることは確かです。.vroidファイル/.vrmファイル提供可能です。というより手伝って欲しいくらい。

カスタムキャストにて作成

スマートフォンでも3Dモデルが作れると知って、試してみたもの。「きゃらふと」同様、これもちょっと可愛すぎてイメージとはずれてます。顎のラインのカスタマイズがいまいちうまく行きませんでした。衣装は結構ありますがアイドル的なものが多く(バーチャルユーチューバー等を作るためのアプリだからでしょう)、個人的に使いたいものが少ないのですが、このコートはなかなか。ポーズを付けると本当に可愛く見えます。同アプリではアリス・リーの満足度が高いです。

Vカツにて作成

髪型のバリエーションや目の調整範囲がいまいちで、かつ衣装も現時点では満足いくものがありません。カスタムキャスト以上に体型を微調整できますが、肘や腰のラインがイマイチだったり髪長の微調整もなさそうなのが残念です。右は後ろ髪と髪色を変更し、目をいじってみたものですがやはりイマイチ。

リボンを含むアクセサリの設定方法が判ったので、合わせて髪と服の色を再度調整してみたもの。後ろ髪も変更。やっとそれっぽくなりました。何れにしても現バージョンはUIの悪さと重さとでカスタマイズ以前に操作が厳しい。

結び髪を見つけたので追加で付けてみたもの。

Picrew「街の女の子メーカー」にて作成

これはまあ、一応使ってみるか程度で作ったものです。

REALITYにて作成

Androidで新しいアプリが出たので試してみたもの。しかしカスタマイズ性が低く、また衣装の選択幅も狭くまったく雰囲気出せませんでした。

VRoid mobileにて作成

同じく新しいアプリが出たので試してみたもの。現時点ではPC版と比べるとカスタマイズ性はかなり低く(PC版最大の特徴である髪を描く機能もない)、とくに胸のサイズが固定なのが致命的でした。髪型も全然違う。

カスタムキャストとVカツの個人的な比較


ティアンナ・マークレットのイメージ曲

イメージ曲を作曲していただきました。彼女のイメージに合う美しい響きの曲を頂けて、本当にありがたく思います。主題の不思議な旋律は設定者ながら興味深く感じましたし、静かな序盤から中盤の盛り上がりは、短い中に騎士の方の構成を反映していただけたように思います。もっと長い尺で紡いでいただけたら、どんな風になるだろう…と思っています。

作曲:SHIMAKAZE様(WebサイトYoutubeチャンネル