エルヴァート世界の概略

  1. あいうえお順に記す。またアルファベット表記はホーメルト語準拠想定としている。
  2. 一般的でない情報は百科事典に譲る。
  3. 見出しをクリックすると右の枠にElvert Map等を表示する。クリアは枠外をクリック。

あ)

アイスヴァレー(Ice valley)

世界楯山脈の西部にある谷。全体が氷の世界である。

アイス海(Ice sea)

アイスラント島、ローディッヒ島、ブランジ島に囲まれた海域。

アイスラント州(Region of Eisland)

アマリス帝国の州。アイスラント州はアイスラント島とハイリール諸島で成り立っている。1,630年現在の州知事は、グラス・ヴォル・アーバイン。軍事司令官クレイアーの推薦があってこの地位についている。熟練した戦士でもある。

アイスラント島(Isle of Eisland)

北緯80゚ほどに存在する土地で、アマリス帝国の領土。北部のアイス山脈から北(北緯67°以北)はいわゆる北極圏であり、夏には一年中太陽が沈まず、冬には一日中太陽の昇らない季節となる。

アイルベルト(Isle belt)

ザードラ王国カカ・ササ島からファンドランドに至る一連の島々の総称。

アガラッシュ島(Agarash's isle)

南極大陸に近いところに浮かぶ島。名前のついている島としてはもっとも南に位置する。

悪魔の海(Sea of devil)

中海のうちアルファ人民共和国の東の部分。暗礁海域になっていて、多くの危険なモンスターが棲息している。

アスカタン山脈(Askatan mountain range)

ズィドラス大陸中央南部、ジュンデル王国の東の国境を形作る山脈。

アズ・ズフリ砂漠(Az-Zfri desert)

エストメス大陸、ホーストヘルン帝国内の砂漠。ダン首長国、ウルギッド首長国が大半を占めている。元々は砂漠の民のうち北側の者がアズ、南側の者がズフリと名乗っていたことに由来し、言語もそのままアズ語、ズフリ語と呼んでいる。果てしない砂の土地で、流砂神ノーリ(カンスラ密教のノーリス)を信仰する。

アック峡谷(Ach canyon)

世界楯山脈の南西にある峡谷。

アデル(Adel)

ホーストヘルン、ホースト王国の「刻のアルフの森」にあるアルフの小国家。現支配者はファリサル・シェリオス・ミ・アデル。

アトランティス王国(Kingdom of Atlantis)

シャイアン洋に浮かぶ島の王国。首都アトランティス。現支配者はジャードル四世。王が神官の長である神聖政治であることがわずかに知られるているが、ほとんど謎に包まれている。

アドリル(City of Adryl)

ランス半島の西、アドリル湾に面した都市。エミリア・ヤンカ・ハイゼンフィールドを市長とし、一応の支配構造はあるが、国家的な側面は持っておらず、国際的にもミラードとの若干の交易がある程度でほとんど孤立している。その周囲は永久氷壁で囲まれており、東と南にある門、そして港の三箇所の出入り口は分厚い金属製の扉で閉鎖されている。この扉は伝説の金属とされるオリハルコン製と言われる。大量の木材調達以外のほとんどの必需品は自給自足が可能である。木彫りや宝石細工などが諸国で珍重される。

アドリルはスノーヒル神の別名であり、この街はかつて戦禍を逃れた信者の祈りに答えてスノーヒル神が作った街とされている。

アドリル氷河(Adryl glacier)

アドリル市の南にある大きな氷河。アドリルは過去、この氷河によって外敵から守られ、また孤立することにもなってきた。

アナーティア王国(Kingdom of Anertia)

スメル大陸の西辺にある王国。首都アナーティア。現在の国王はリカルド・コエントロ。アナーティア教(暗黒教)を国教とし混沌神崇拝となっているが、現実としては半数以上の国民が混沌神への信仰を形式的なものとしている他、他教の信者も増えている。

1,630年現在、亡国アルファティウス(現在はアルファ人民共和国)のフリット・ラウディス皇太子が亡命し、復讐の機会を待っている。フリットは同じ混沌神崇拝ということでアナーティアを亡命先に選んだが、故国とは比較にならないほど「堕落した」状況にやや幻滅を覚えた。リカルドは彼を適当に扱って大きな権利を与えぬようにしている。

アマリシア(Amaricia)

クリーム半島付け根の湾にある白で統一された美しい港湾都市。アマリス皇帝の居城があり人口も大きいことから、周辺を含めて「アマリシア特別区」そして「アマリシア州」として管理される。旧ヘレネス王国の首都であり、ジアザー帝国に占領され、ヘレネス領となる。ハマルレアシル・カイドスネスマスが長官となり、善政をしいた。その後フェルナンドとのアイスラント・ノブルランド交換条約でジアザーが移ってくると、帝国首都となった。1,622年の国際会議の発足の際、ここに本部がおかれる。現在引き続いてアマリス帝国の首都。

アマリシア州(Region of Amaricia)

アマリス帝国の首都アマリシア周辺(およびジアザーランド…ムーライズ島)だけを1州にしたもの。他の州は州-県-区という区分けだが、アマリシア州のみ州-区となっている。1,630年現在、州知事はワッペラン・ハーヴェスト。実質的には皇帝直轄である。

アマリシア特別区(Amaricia D.T., Distinct of TheOther)

アマリス帝国アマリス州を成す帝国首都。

アマリス帝国(Empire of Amaris)

オージャスにある世界有数の強国。首都アマリシア。1,629年までは、建国者からジアザー帝国となっていたが、現皇帝(建国の父ジアザーの長男アザワイズ、即位と同時にジアザー2世と号した)の正式即位に際して改名した。ジアザー帝国当時は、まず地域的に領としてヘレネス領、エルドレス領、アイスラント領に分け、それぞれに長官を置く。その下に州を配して知事を置いていた。アマリス帝国となってこの領という概念は廃止され、それぞれの州における知事の統治となった。

アラドキア平原(Aradokia plain)

バラカンス首都の東側の平原。1,097年、フリーゼル王国軍はバラカンスに対してこの地で決戦に挑み、大敗する。そして5年の後にはアキロスの戦いで滅ぼされる。

アリアノル王国(Kingdom of Arianor)

ウイレヌ汗国の1氏族ボトフが1,542年に神の背に建てた王国。首都ケル・アリアノル。彼らの信じる神、ネス・アリアノルの名を冠する。基本的に故郷ウイレヌと同じだが、諸外国と同様に支配者を「王」と呼ぶ。現在ウルデル・ボトフ王が支配しているが、同族間での権力争いが激しく、ウルデルの前の代までは長くても9年で王が交代していた。

ウイレヌ汗国では他にホーキンという神が信仰されているが、ボトフ族がウイレヌを去った1,361年、ホーキンはまだイモータリティ探求の途上にあった。このためアリアノルでホーキンを信仰する者は稀である。

アリ・ヘル島(Isle of Ari-Her)

ホーストヘルン帝国、アリ・ヘル湾に浮かぶ大きな島。西側をアリ・ヘル海峡、東側をタンタラス海峡と呼ぶ。ただしアリ・ヘル海峡は航行可能な幅が狭く、潮の流れも急なために船舶はタンタラス海峡を通ることが多い。

アリ・ヘル湾(Ari-Her sound)

エストメス大陸で、ナッサ海がヘルン王国に深く入り込んだ湾。メルガス帝国との国境線が走る。湾の入り口から南北にアリ・ヘル島がある(この島はヘルン王国領)。また最奥部には港町フレギアがあり、首都ヘルネスやタディンからの、または諸国からの大量の物資を扱っている。

アルヴァーナ地方(Region of Alverna)

オージャス大陸の西半分。「アルフの地」という意味。東半分はオージャス地方という。森が散在しており、少数のアルフたちが散らばっていることからこう呼ばれるようになった。さらに北側(クルート方面)はガイラック地方と呼ばれる。

アルヴンランド(Alvenland)

南ホーメルトにあったアルフの王国。現在でも名称は残っているが、あくまでフェルナンド帝国の一部である。クレモント・オッフェンバックが数百年の間氏族長を務める。彼らはオッフェンアルフと呼ばれ、少々特殊な力を持っているが、人間にはあまり知られていない。

この地の中央付近にある山には「鳥の里」と呼ばれる鳥類の多く集まる山に囲まれた区域がある。

アルセン王国(Kingdom of Althen)

ライトネアの西にある王国。首都ダッキニ。かつてライトネアに服属していたが独立した。現国王はマドラム・カバス。

アルセン岩地(Althen rock)

アルセン王国の北西部にある、岩山地帯。アルセンでは神の宿る聖なる土地とされている。麓にはアルセンという街があり、アルセン王国は元々ここから始まり、北東部のアシュレルク森のアルフたちと協力したことで、国家を形成した。

アルディア山脈(Aldia Mt. range)

ラムサダス帝国の中央部とその北のコルコランドを分割する山脈。かつてコルコランド(王国、諸国分割時代、共和国)は、ここを不文律の国境線としていた。東側、ドール地方に近い付近はザイクロ山脈と呼ばれる。

アルファ人民共和国(People's republic of Alpha)

中海に浮かぶ島国。首都イスロン。1,616年、前身アルファティウス帝国での皇帝の圧政を廃し、共和民主政へと移行した。現在の支配者ベルン・セルナンデスはその革命の指導者である。

アルファティウスは混沌の神々が建てた帝国であり、とくにシルヴァー神とその5匹の将軍(ケイオス、ティアマト、リッチ、ナーガ、クラーケン)の恩寵篤き国であった。代々の支配者(ディンロミンナルア=アルファ語で王)はシルヴァーから常以上の恩恵を受け、数百年を生きていた。

ティアマトらが次々とキングスパーティによって倒され、混沌戦争で守護神シルヴァーがゴール神に食べられるとディンロミンナルア7世は瞬時に年老いて塵となり、教会の僧侶たちも大半が死んだ。そこでベルン・セルナンデスは民衆を立ち上がらせ、軍隊を掌握して王城を襲撃し、残っていた無力な僧たちをあっという間に排除した。

ディンロミンナルア8世は捕らえられ、後処刑されたが、息子の9世(本名フリット・ラウディス)はアナーティア王国に亡命して存命である。

アルファ海(Sea of Alpha)

アルファ人民共和国の、アルファ島の南側の海。

アルフォレスト(Alforest, Forest of the Alves)

ラムサダス帝国中部にある森。その中心地はシュタルハイムで、シュタルアルフが住む。

アルフリード高地(Alfreed highland)

フェルナンド帝国南島、オウ州にある高地。その東西の丘に住むハーフリングたちは、冒険を好み、社交的で陽気な性格をした一般的なハーフリングであるが、アルフリード高地に住む1氏族は他との関わりを避ける閉鎖的な特徴ある氏族である。

アルリア島(Alria isle)

ドール島の南に浮かぶ島。ラムサダス帝国領。

暗黒の領域(Sphere of Darkness)

エストメス大陸、ホーストヘルンの北東の活動限界。崖を挟んでその向こうはグレートアイスとなる。闇のモンスターの巣窟。

地底王国(Underground kingdom)

イモータルの活動拠点のひとつ。クレン・シルザンド山地に存在するという。詳細不明。

海底王国(Undersea kingdom)

ロングッドの東方の海底に位置する王国。とはいえ、そこの住人はこの世の人々にあらず、神(時間の領域の神々)とそれに付き従うものたちである。

アントラリア河(Antraliya river)

預言者の森を南北に走り、ナッサ海に注ぐ大河。ウルギッドおよびダン首長国を潤すオアシスが、その水源。預言者の森の首都テミルは、この河の中州にある。

い)

イアワッド王国(Kingdom of Iawad)

スメル大陸最西端にある連合国家のひとつ。首都イアワッド。

イアワッド及びジャワッド連邦(Federal of Iawad and Jawad)

スメル大陸最西端にある連合国家。イアワッド王国とジャワッド王国に分かれる。1,607年まではハン王国であったが、建国王が死去して兄イアワッドが即位すると、弟はこれに反発して分離独立した。とはいえ、現在でも双方自給自足には遠いために緩やかな連合国家となっている。連合としての首都は兄の国のイアワッドとしている。

イウヅ(Iuz)

ホーメルト北島中央、エイラスト活火山帯の西にある村。エイラストの神々を信奉する少数民族の村である。

イシュ・ヴォー(Ihsh Vgho)

ズィドラス大陸にある大湖、ザス・トラスの別名。

イーストフェリア帝国(Empire of Eastferia)

地底世界の国の一つ。ナイトメアと同じく連合国家である。現在ナイトメアと断続的に戦争が行われている。

イスロン(Isron)

アルファ人民共和国の首都。

イルゾニア森林(Forest of Illusonia)

フェルナンド帝国、ホーメルト北島の東部にある深い森林。ラムサダス皇帝の故郷であり、今でも妹のフロリアーナ、義弟のフレリシアが暮らしている。森の外からはハスハント森と呼ばれる。近年まで、この森はいにしえの魔術により外界と隔絶されていた。ラムサダスが森を出られた理由は判然としていない。

エルヴァートの創初期より存在する。古えの聖魔対戦の終わり妖精王センリニールは、滅びさるラナラントの一部をその残るすべての力をもちいて空間転送し、エルヴァートのこの場所に配置した。その時の空間重複による魔法衝撃エネルギーは、ラナラントにいたビッボオルゥに向けられた(ビッボオルゥは消滅こそしなかったが、大打撃をうけた)。ヴァンガードに率いられた仲間達の内、サイアノル・フィンとエステリア・ニヤーミャは知らずしてここに入った。

イルソンデル島(Isle of Ilsondel)

ホーメルト南島の西に浮かぶ小さな島。ベナン王国がある。

イルダ領(Dominate of Irda)

フェルナンド帝国、ホーメルト南島の西岸にある町。大変な商業地で、かつてはファームズ、アルカレティアス、馬具笊ギルドと共に世界を席巻したが、フェルナンド帝国に支配されるようになって一定の自治権を持つだけの港町となった。頭取(商人頭)のペーター・モーパッサンが代表を務める。

イングヴィン山脈(Engvin Mt. range)

ミラード帝国の山脈。イモータルであるエンクヴェイが住むといわれる。このため、帝国やその近辺で活力の領域のイモータルを志す人々が急所を訪れることがある。神エンクヴェイとなった古代ミラルトの王イングビの名にちなむ。

インゴル森(Forest of Ingol)

ライトネア連合王国内にある大きな森。アルフ氏族が住む。

インシュヴィの地(Land of Inshvi)

ライトネアとアルセンの間にある大きな土地で、アルセンの首都ダッキニの近くにまで迫っている(ダッキニは東国境に近い、という意味でもある)。大半はインシュヴィ山脈とも呼ばれる山地と荒野である。山脈西側の荒野は、アルセンではハグザス荒地と呼ばれる。ヒューマノイド系のモンスターは住んでいるが、人間に近い種はほとんど住んでいない。

インファス山脈(Infass Mt. range)

ホーメルト南島の西端にある山脈。ドラゴンマウンテンやソードピークなど高山もある。

う)

ヴァレール森(Forest of Varale)

ロングッドのニーナ近郊に広がる森。レストール、エドリテナス、ベラタンの3つの氏族と、いくつかの小規模氏族が住んでいる。

過去にはラムサダス皇帝がここに逗留し、現在の皇后アルファナの看護を受けた。また、エドリテナスの氏族長長子であったファナスがロングッド王子カール(後のメルメトン2世)を含む人間の冒険者たちと冒険をし、またロングッド男爵の称号を受け、人間とアルフの橋渡しをしていた。アルファナの祖父にあたるグルアーク・レストールが、現在でも長老である。

彼らはタキウスやティアルといった世界の他のアルフたちが信仰する神の信者ではない。かつての森の英雄ソル(ソラリス・レストール)を信じる太陽教が、彼らの信仰である。

ウィザードランド(Wizardsland, neutral magic field of Wizardsland)

セイレイ大陸中程にある都市国家。ニュートラルの魔術師の都であり、「赤きルーンの都」とも呼ばれる。現在の支配者はマウレリアス・レテルナーという高レベルの魔術師。なお、白はホーメルト南島のファーランド、黒はホーメルト北島のデスヴァレーの中心都市であるエントロピー(無秩序の意味)である。

ウィゼル湿地(Wizeyl swamp)

スメル大陸の東側にある大きな沼地。冬になると表面が凍り付き、水温は零下にまで下がる。毎年のようにここで遭難者が出る。

ヴィディ湖(Lake Vidi)

エストメスランド連邦にある3つの大きな湖の内、一番東のもの。クラナとも。

ウイレヌ草原(Uirenu steppe)

ファームズ帝国の北西、アマリス帝国エルドレス領の南西に位置する、広大な草原。ウイレヌ汗国がここを治める。

ウイレヌ汗国(Khanate of Uirenu)

ウイレヌ草原を統べる騎馬民族国家。首都はハジクタイ。1,486年建国。現在の支配者は大ハーンであるエクデル。地球でいうとモンゴルや中央アジアの遊牧民に似ている。彼らは遊牧の民であり、一族単位で草原内を移動して過ごしている。これは一箇所に定住すると家畜の羊が草を食べ尽くしてしまうためでもある。デュール内海沿岸にまで勢力範囲となっていて、沿岸路も襲撃注意地帯であるのの、実際にはその付近にウイレヌ人がいることは稀。ハジクタイもまた年初の集会の場所でしかなく、大ハーンの城も普段はもぬけの殻である。現在騎馬戦法の強化に専念しているらしい。

火山王国(Volcano kingdom)

エイラスト活火山帯の火口内にあると言われる活力の領域のイモータルの殿堂。

海の王国(Kingdom of the sea)

中海東側、シロル・ロゼッタ海の西にある群島の国家。首都はアゴラス。支配者はハルシャ・ウル・ネール。地球でいえばインド風。

かつて裏エルヴァートのタンジャハッドから来た者達が建国したと言われ、首都のあるマユリ島の名は故郷タンジャハッドにある湖から取ったとされる。マユリ湖岸にアゴラスという村が存在しているため、この説は信憑性が高い。

裏エルヴァート(Hidden Elvert)

東方、エストメス大陸およびズィドラス(フィンディル)大陸のこと。通常の方法では入ることができないのでこう呼ばれている。入る方法は2つ。ファンドランドから島伝いに行く方法と、北極を通過してグレートアイスを行く方法である。それ以外、バルン海やシャイアン洋を越えて行こうとすれば、経度にして約140度分シフトさせられ逆側の海(シャイアン洋、このためNoSTOはアマリスなども含まれる)に出てしまう。知識のある者たちは、この境界線を「神の」と呼ぶ。

ただし北極まわりはグレートアイスがほとんどの箇所で踏破不能のため、実質的に道は1つといえる。だがファームズ帝国は、グレートアイス経由の道で裏エルヴァートに進出し、ホーストヘルンのあるエストメス大陸を通過することを許可され、ズィドラスにマンダナグル社を設立している。

ウラディミスク帝国(Empire of Vladimisk)

スメル大陸最北部に位置する帝国。首都ウラディミン。1,610年建国。元キングスパーティのウラディミール・バルドックが興した国家であり、ある程度の速度で成長を続けている。現在は息子アレクセイに位を譲っている。

え)

エイラスト活火山帯(Eilast volcanoes)

ホーメルト北島、地獄の谷の北西に当たる、ハムート山脈の一部の名。広範囲に活火山が集まり、代わる代わる噴火を繰り返している。付近には硫黄も充満しており、ふつうの人間にとっては、分け入るだけでも死に至る場所。

エールリン島(Aerlyn isle)

シャイアン洋に浮かぶ小さな島。この島には「メロウ」と呼ばれるウンディーヌの親類の種族が住んでいる。

エカトリノ(Ecatrino)

アマリス帝国、エルドレス方面の中心都市であり、中央エルド州の州都。神聖幾何学に基づいた重層な外観。人口160,000。かつてエルドレス神国の首都だった。

エステラストの地(Land of Este-Last)

ズィドラス大陸中央部、シルヴァーピーク領の北西にある、山中の台地。その上にはエス・ヘルデナド(別名、高地の国)という伝説に彩られた都がある。

エストア森(Forest of Estoa)

スメル大陸北部、ミトランド湖に面する森。ミア・ラマルクはこの中。

エストメス大陸(Continent of Estmeth)

裏エルヴァートの北の大陸。ホーストヘルンやエストメスランド、いくつかの小国家がある。

エストメスランド連邦(Estmethland confederation)

裏エルヴァートにある巨大な国家。9の州からなる多民族連邦国家である。首都ドーリアス。大統領(支配者)はロード・グレッサン。

前身となるベドロイ王国から北のグレートウォーター(ミラー)を挟んだホーストヘルンと戦争が絶えなかったが、現在では「友好」条約が締結されている。

エストール自由都市(Free city of Estor)

スニルナ群島の1島、エストール島の都市が独立したもの。スニルナ連合には入らないとしている。ただし、当然ながらラムサダスの保護域となっている。現在の代表はマグラフ・シャイデル。一時ラムサダスに留学していたこともある。

エスメラルダ(Esmeralda)

ラムサダス帝国にある美しい湖と草原。過去には、ガルガンテュアがここに住み着き、スメル帝国を騒がせている。

永世王国(Eternal kingdom)

スルタン洋に浮かぶいくつかの島を統べる国家で、世界最強の軍26人衆を擁する。創始のイモータルであるメロスが建国した国家。それから代々26人の戦士や魔術師たちが、この国の中核となっている。ただし、26人すべてが揃っていることは稀である。表向きは宰相サヨコ・サララ・イデナリおよび26人衆のリーダー、エール・ブラーンシュの統治となっているが、実際には現在でもメロスが統治しているのだろうと考えられている。

エトワール(Etoir)

フェルナンドにある街。997年にシヴィルスクの一団が、教義の解釈の違いから森を出て、建設した街。現在では彼らの数は1割程度であるが、長老議会はなお彼らの子孫の手にある。現在の代表はリュオル・エリアザル。

エミル湖(Lake Emir)

スメル大陸、サリール山脈の北側にある湖。ほとりにはタニという要塞がある。

エルヴァート(Elvert)

この世界の名前。あるいはこの星(マルス)をそう呼ぶときもある。

創初期の頃、この世界には名前がなかった。名付け親は、<炎の妖精王>のヴァンガード・クロイエンである。この世界の英雄の名をとってつけられた。

エルスティ森(Forest of Elsty)

フェルナンド帝国の北島中央付近にある森。帝国には友好的なアルフの1氏族がおり、一定の自治権を得ている。現在の代表者はミルカ・エルスティ。アルフの街としてはテリア・フェルがある。かつては「地獄の谷」の南側でオルドレスティとつながっていた。

エルスルム王国(Kingdom of Elthroom)

オージャス大陸の西の端に存在するアルフの国家。首都ペリクレナ。現在国王はクリューガー・エネルスで、約320年間在位している。

アルフ人間そしてドワーフが共存する国家であり、数世紀前までは抗争状態にあった。前身はペリクレナ王国と呼ばれる人間の国家(もちろんこれは、この地域に栄えた一連の王国の通称であり、実際には何百という王朝が存在する)で、アルフの関与は暁の戦士のひとりであるペルニーナ・エネルスがこの地に留まったことから始まる(B.C.3,006年)。

ペルニーナが国内の混乱終結に尽力したことからアルフによる指導が始まり、彼が時空の旅人となってこの世界を去った(B.C.2,527年)あともアルフ主導で動いてきた。

だが、人間に関ったことからこの地のアルフたちは変わってしまった。紀元前のあいだはそれでも平穏な状態が続いたが、彼らの子や孫の世代になってこの状況は一変した。629年に国名をエルスルム王国(アルフのための国家)と改めると、人間とアルフの共同関係を崩し、アルフを上、人間を下とする二層構造の国家へと変貌させた。貴族はアルフしかなることができず、アルフのもっとも貧しいものでも人間のもっとも富めるもの以上の政治的権力を有するようになって人間側は激憤し、内乱が相次いだ。ことに領土拡張欲が起こったことで、その後数世紀におよぶ南にあるクレン・シルザンド山地のドワーフとの流血時代に突入することになる。

このアルフとドワーフの戦闘は、最初に起こったグランホールの戦い(559年)から最後のスターヒルの戦い(885年)と、約330年の間続くことになる。

この年、アルフのなかでも最強硬派であるグラーニシュ・ディリアンが倒れ、後を継いだフォーリッシュ・エネルスが単独でドワーフたちと講和を結ぶ。実際に友好関係がはじまるのは、彼の息子クリューガーが即位してからであるが、ともかくもここでアルフとドワーフの間の数世紀にわたる戦闘が表向き終結した。

フォーリッシュは病身であったゆえ30年ほどでグラーニシュの甥ハーリックに譲位する。ハーリック王の治世にあって、アルフと人間の関係は回復したが、アルフの優位な状態に変わりはなかった。

1,303年にクリューガー現国王が即位する。ドワーフと本格的な有効関係を作り上げ、また貴族制を人間ドワーフにも拡張、宮廷を開放して6部会(アルフドワーフ人間それぞれの貴族と平民)を創設した。

1,327年のエルスルム内乱は、厳密には未解決ではあるものの、即位間もないクリューガーが一応の決着を図っている。

エルド氷河(Eld glacier)

エルドレスの地の南西あたりにある高山地帯で、巨大な氷河が存在する。

エンカン山脈(Encan Mountain Range)

ブランジ島中央を形作る山脈。

エントロピー(Entropy)

ホーメルト北島、デスヴァレーの中心都市。黒の魔術師たちの集う街。

エンペラーズアイル(Emperor's isle)

パルマ(セボ)湖にある島。この西側をアイル海峡と呼ぶこともある。竜の洞という洞窟があり、さまざまな秘密がある。

1,289年に26人衆のゾーリフとグロード・ナルサンがこの島を訪れた折、これを見とがめた時の皇帝ファニアン・シャイダーがこの後を追って竜の洞に入った。洞窟から出てきた時には病気になっており、程なくして死んだ。

お)

オージャス大陸(Continent of Orjus)

表エルヴァートの東大陸。アマリス、ファームズ、ライトネアなどの強国が林立する。東部をオージャス地方、北西部をガイラック地方、南西部をアルヴァーナ地方という。

オージャス地方(Region of Orjus)

オージャス大陸の東半分を指す。西側はアルヴァーナ、その北はガイラック。

オスメリア森(Forest of Osmeria)

スメル・アルディア山脈の間の大森林。過去、この森に住んでいたアルフはスメル帝国によって大虐殺され、全滅の危機に瀕したが、現在ではある程度の数に回復していることがラムサダス帝国の調査で判明している。また、かつてエルスルム王国で聖宝守護者を務めたリンナ・リマーク・エネルスが剣術・魔術双方の師範として逗留している。

オリアルド(Oriald)

アマリス帝国オリアルド州の州都。人口20,000。世界最大の花市場があることで知られる。

オルドレスティ森(Forest of Oldresty)

フェルナンド帝国北島中央付近にある森林。エルスティと同じく帝国に友好的な1氏族が住んでいる。現在の代表者はミルファリン・オルドレスティ。アルフの街としてはテリア・ウェルがある。かつては「地獄の谷」の南側でエルスティとつながっていた。

か)

海賊の海(Sea of the Pirates)

ラウドス海の、ラウドス島より西の海。いくつかの島が海賊の根拠地となっており、南下してカカ海まで進出して頻繁に船を襲っている。

ガイラキス草原(Guylukis Steppe)

ガイラック地方、神の背のある草原地帯。北端にアリアノル王国がある。

ガイラック地方(Region of Guyluck)

オージャス大陸の北西部。クルート連邦やミラード帝国など。中心にはムーンクレア教国がある。

カカ海(Sea of Kaka)

トーンダス半島南側の海。

カカ・ササ島(Isle of Kaka-Sasa)

トーンダス半島の南にある島。

神の背(God's back)

アルヴァーナ地方の一部。草原地帯であり(ガイラキス草原)、ゴール神が封じられていた。

アリアノル王国もここの一部である。

神の(Curtain of the Gods)

平面地図ではバルン海〜死の海とシャイアン洋〜スルタン洋にある、表裏エルヴァートを隔てる巨大な魔法の幕。陸地に掛かっている箇所は存在しない。裏エルヴァートの項も参照。一方に触れた瞬間、強制的にもう一方にテレポートさせられる(経度ほぼ140度分。モータルは100%例外なくその影響を受ける)。自らがテレポートする場合、出発地と目的地を結ぶ直線がこれを跨ぐ場合は対象となり、魔法が発動しない。つまり、裏エルヴァートの特定地点を目指してテレポートする場合はこの魔法の対象にならない。

南側は南極大陸を囲うようにつながっており、この範囲に触れた者はその円弧上のランダムな場所へテレポートする。北極大陸(グレートアイス)と虹の島々付近のみ穴が開けられており、自由に行き来できる。

表裏エルヴァートを行き来する道は基本的のこの2つのみ。ただしグレートアイスは踏破自体が極めて困難であり、ファームズ帝国がどのようにここを安定的に通過しているのかは謎に包まれている。

カルカドネ(Kalkadone)

旧セミルセシア国の首都。カミザ湾を扼する戦略上の要衝である。無論現在のフェルナンド帝国もここに設備投資を行っている。

カレンティシアス王国(Kingdom of Karenticius)

北極大陸に近い島々にある王国。マルドークランドの東に当たる。首都はカレンティ。現国王はリーン・シルリア。

氷のただ中に存在することを含めてすべてが謎に包まれており、コリントでさえ一目を置く存在である。また地下世界にも同名の国が存在するが、その関係は一般には知られていない。地下世界自体の知名度が低いのだから、当然ではあるが。

カンムーリ王国(Kingdom of Kanmoori)

ホーストヘルン、メルガス帝国内にあるゾ・ソ森内の小国家。首都カンムーリ。現国王はミーリアル・アシャ。

き)

消えたアルフの島(Isle of the lost alves)

シドリス島の別名。

北の手(North hand)

ドール島東端の北側。2つに割れていて南側はもちろん「南の手」。

キュート国(State of Cuet)

ラムサダス帝国の北西、フレナリック海に面した民政国家。首都ノイエ・リュート。支配者はファイ・モポレプ。政治のスタイルは諸国で高く評価される。新興のノズミー共和国と緩やかな連合を形成しており、貨幣制度はノズミーのものを採用している。

キルクザルト民族共和国(People's republic of Kilkzalt)

フェルナンドとアマリスの間、ネアー海に浮かぶ小さな島国。ブランカイント王国で革命があり、共和国となった。フェルナンドとアマリスの軍事力に押された朝献国になっている。現支配者(議長)はサクソン。国名は「キルクラクトの地」を意味する。王国そして現在の支配者層が、キルクラクトから来たことを示す。

く)

クヴァ(K-va)

フレナリック海の現地名。

クラウスの森(Forest of Claus)

ラムサダス帝国の<常緑の平野>(もと<死の荒野>)の南にある森。その昔、アマリス帝国のクラウス・リーンフェルン男爵が住んでいた。しかしこの名の由来を知るものはほとんどいない。

雲上王国(Cloud kingdom)

<天駆ける者>ランナスクによって統治されるイモータルとその信徒たちの王国。

北テルドア山地中央付近の山に隣接して浮遊しており、山の頂上付近とは半透明の空中回廊で接続されている。この回廊は3,000人の嵐の巨人族に護られており、許可無く通ろうとする者は彼らによって容赦なく排除される。路面から3mの高さまでが完全な魔法中和領域であり、モータルの使う如何なる魔法も完全に無効化する。外側からディスペルすることは可能だが、効果範囲外だった領域が意思があるかのように即座に伸長して欠損を埋め始める。また回廊自体が1km以上あるためどれほど効率よくディスペルを繰り返しても、奥にたどり着くことはまず不可能である。

回廊の材質はランナスク自ら創造した超硬度物質であり、エルヴァートではここにしか存在しない。モータルのいかなる魔法攻撃でも傷一つつけることはできず、どれほどの魔法が施された武器であっても攻撃すれば粉々に砕け散る(アーティファクト武器を除く)。

中に入る唯一の方法は、回廊前で丸三日になる正しい儀式をして貢物を置き、一ヶ月間待つことである。そうすると、ランナスク自ら回廊の入り口に現れ、奥へと誘ってくれる。このとき畏怖による麻痺は発生しない。すべての巨人たちは土下座をして額を路面に付けたまま、畏怖により麻痺している。

ランリュートと誤解されることがあるが、ランリュートは精霊(ネリールアルフ)の王国である。

クラゲイガイ(Krageigai)

スニルナ、ローセルフ島にある地名。

グラスティース(Grastiese)

パルマ海にしたラムサダス帝国の1,624年までの首都。かつてはツバリといい、スメル帝国の首都であった。その巨大さは世界一であり、南北約8マイルにもなる。約1マイルの中心街には、ヘレネス区画、アイスラント区画、ド・トゥ区画などがあり、国際色も豊かであった。

中心街にはもちろん皇帝の城や聖魔術団のサンクチュアリ、中央工廠、闘技場などがあった。このうち工廠は現在でも稼働中である。

現在帝国首都はヤースへ移されている。遷都直後にこの街を地震と、それに続く津波が襲った。

旧市街の一角にある穴から、地下の大ダンジョンに入ることができる。この大ダンジョンには、地下世界への入り口が存在する。

クラナ(Krana)

ヴィディ湖の別名。

クラルカメイコ砂漠(Kralkameiko desert)

アマリス帝国本土(ヘレネスの地)西部にある大砂漠。砂漠の民が暮らす。

クラルカメイコ州(Region of Kral-kameiko)

クラルカメイコ砂漠を中心とした州。あまり親交はなかったが南西ノーントレイク山脈(およびその南のヘンリクスなどの街)も、この州に含まれることになった。1,630年現在の州知事はゾロハイド・マーカーで、砂漠の街ハジェルナウリの太守。この特殊な地域を治めるために、ジアザーは砂漠の遊牧民の長をそのまま州知事に据えた。州都もハジェルナウリに置かれる。他の州知事の多くはその地方の名士である。

グラントール河(Glanntorl river)

ヘレネスの地の中央を南北に流れる大河。水源はシヴィルスクおよびハーランド山脈にあり、港町アブラートでネアー海に注ぐ。

グリ・シタ(Gri-Sita)

預言者の森中央にある山。中緯度域にありながら、この山とその周囲だけは常に氷に閉ざされている。それだけではなく、この山は凍った岩と氷河を吹き出す。噴火(火ではないが)は純白の噴出であり、霧状の氷が一帯を覆う。

グリミディア王国(Kingdom of Grimydia)

ライトネア北方にある新興国家。1,620年にシド・グリミディアが現首都グリミディスで建国。グリミディスはグリミディアの街という意味。グリミディアはクルートのヘンドリクス同様一族の名前で、家族としての名前はない。したがって彼の周囲には同じグリミディアを名乗る者が数多くいるが、近縁とは限らない。

クリーム海峡(Cream strait)

アマリス帝国クリーム半島と、ブランカイント島の間の海峡。

クリーム山脈(Cream mountains)

アマリス帝国クリーム半島の西側を形作る山脈。それほどの高山はないが、じめじめして通行には向かない。北側中央には巨大なジャングルも存在する。この地下に、クリームドワーフという1氏族が住んでいる。

クリーム半島(Cream peninsula)

アマリス帝国本土からホーメルトのある南側に突き出た半島で、帝国の南端。アマリシアはこの半島の付け根の湾にある。最南端は灯台の街クリームタウンであり、フェルナンド(ホーメルト)への船が出ている。

グリュンヴァルト(Grunewald)

フェルナンド帝国南島にある森林。広葉樹の美しい原生林。様々な生物が棲息する。またアルフが4氏族存在する。サイ森(あるいはエヴァーグラン)の南部がこう呼ばれる。北部にはアルフは住んでおらず、北西部にはルーリ、ドルキネン、カーンといった林業の街がある。

クリル湖(Lake Kril)

エストメスランド連邦にある3つの大きな湖の内、一番西のもの。ゼレーとも。

クーリル諸島(Isles of Kuril)

海の王国の存在する島々。かつてはアルファティウス帝国の領土だった。

グリン半島(Grin peninsula)

ラムサダス帝国の南端〜ボース王国の半島。湿地の名を取ってマンダス半島とも。

クルート連邦(Federal of Clute)

ガイラック地方の西側、新海と面している連邦国家。首都シルメリン。シルメリン共和国、ティンフィル共和国、マスキス共和国、ポールウォウン共和国の4つで構成される。北にミラード帝国があり1,629年の始めまで戦争状態にあった。現在の指導者ハンス=ミュラー・ヘンドリクスはミラードとの間の戦闘状態を交渉によって解決し、加えて軍縮をその目標としたNoSTOに同時加盟を行った。

クレア湖(Lake Crea)

サリール山脈の北側にある湖。エルヴァートでも屈指の美しい景観と静水が有名。著名な都市フェーブルはこの湖の畔にある。

グレイウッド(Graywoods)

裏エルヴァート、ズィドラス大陸にある小国家。イモータルの主物質界における活動拠点の一つでもある。支配者のミュンフィル・ザ・ダークはイモータルあるいはイモータルの代理人とされる。森の東側にヤマルという小さな街がある。森自体にはアルフやピクシーも住んでいるが、ヤマルに近づくことはない。ヤマルはイモータルのすみかと言われる。

グレイマウンド(Greymound)

ラムサダス帝国の中央付近の荒れ地。北はローランド丘陵、東はアルフォレスト。

グレイランド(Gray lands)

ダスト・カルミナの別名。

グレイリー森林(Forest of Glayree)

フェルナンド帝国のブラバント地方にある森林。アルフたちが住んでいる。現在の代表者(氏族長)はシャロン・シュル・マルヌ。古代からこことマレイリー森林は人間の国家の一部になったことはない。現在帝国での書類上の扱いは「自治領」だが完全に相互不可侵である。ただしシャロンはこの森の氏族長では珍しく外へ出ることも多く、ある程度知られている。

クレストス(Crestos)

アマリス帝国の港町。クレストス州の州都であると同時にザントリス伯爵の街でもある。カザル半島の付け根にある。人口480,000。南北からの商業漁業船がひっきりなしに行き来し、また地上においても南北、そして西のリューブルク他へ走る街道を通じて一年中さまざまな品物が入っては出、買われては売られる。

住民の大半は漁民あるいは商人であり、おおむね善良ではあるが、商才に長け、あこぎなことを平気でするような人間も多く存在する。

クレストス州(Region of Crestos)

アマリス帝国の本土にある州。州都クレストスを中心として栄える商業地区。帝国の流通の半分がこの州で行われる。

1,630年現在の州知事は、元剣士のノード・ミッション。優れた商才をもつ大商人でもあり、東西の珍品を集めてはさばく。アルカレティアス連合との交易をいち早くストップさせ、フェルナンドとの交易を拡大させたのも彼である。連合がフェルナンドに攻め滅ぼされたのを期に、フェルナンドとの交易が以前にも増して重要となった。

クレスト半島(Crest peninsula)

フェルナンド帝国北島、テレジーナ州の半島。エトワールの街はこの中程にある。

グレートアイス(Great ice)

裏エルヴァートのエストメス大陸北部は、凍土に覆われ(氷床)、その氷はそのまま北へとのびて北極大陸に直結している。ただしグレートアイスと呼ばれる近辺の下には陸地がない。北極大陸とエストメス大陸が、いわば巨大な氷の橋で接続されている。ここはどんな人間の居住にも適さぬ極寒の地であり、さまざまな氷の魔物が巣くっている。

意志を帯びたように伸縮し、過去これによって滅ぼされた国家も多い。ホーストヘルン帝国は魔力によってこれを押し止めている。

神のが設置されておらず、裏エルヴァートに至る道の一つであるが、その過酷さ故にほとんどの者は踏破することができない。ファームズ帝国のみ、ここを経由してエストメスやズィドラスと交易を行っている。

グレートヴァレー(Great valley)

ラムサダス帝国の首都ヤースの南にある巨大な谷。

グレートウェイスト(Great waste)

裏エルヴァートにある乾燥地帯。地名としてはラバコル砂漠。遊牧を行う多種の民族の十字路。特定の首都は持たない。現在はバンダーラ・ガハンのもとに集合しているが、いつ離散してもおかしくないほど各部族は多様性をもっている。

グレートクリフ(Great cliff)

グレートアイスとホーストヘルンを分ける、大陸の東西を走る崖。最大で30mほど、グレートアイス側が高くなっている。また崖全体がアンチマジック領域である。基本的に人間には、踏破することはできない。唯一、テリオンと呼ばれる地にある巨大なエレベータで通行可能である。

グレートミラー(Great mirror)

エルヴァート世界で最大の湖。ホーストヘルン帝国(メルガス帝国)、エストメスランド連邦、マウリア王国が隣接している。過去何度もこの湖でホーストヘルンとエストメスランドの艦隊が衝突していた。しかし、現在ではこの2国が不安定ながらも友好を結んでいるので、戦闘は久しく発生していない。

この湖はその位置のために表の世界で知られておらず、そのため表のエルヴァートでは最大の湖はクヴァ(フレナリック)湖になっている。

クレン・シルザンド山地(Cren-Silzand mountains)

エルスルム王国南部の山脈地帯。クレンドワーフが多数住んでいる。エルスルム王国の地勢は、シルヴァニア森林とクレンシルザンド山地のみであるといっても過言ではないほど、二つの地勢は大きい。

クロノワ湖(Lake Cronoix)

シヴィルスク森林内にある大きな湖。

け)

ケルマド教国(Holy Celmadd)

アマリス帝国、エルドレスの地の北東沖にある島国。首都カリアト。神権国家であり、神官の長である教皇が統治する。現教皇はシュリンデール。

10世紀以前はケルマーと呼ばれ、ヴァイキングとなってオージャス全体の港町や川の中流域を荒らし回った。戦闘意欲の高い国民たち(これは彼らの信仰する神による)が有名であったが、ジアザー帝国との戦争により海軍が壊滅し、かつ3つの都市を租借するに到り往年のイメージは消え失せようとしている。ケルマドはケルマーの中心、寄り合い、集団などといった意味である。

こ)

コティナ山脈(Kotina mountain range)

ズィドラス大陸東部、フレンダーノ辺境王国の南西部を分ける山脈。

コリント王国(Kingdom of Colint, Colint the star kingdom)

スメル大陸の北にある島国。首都フラクタンス。現在の国王はハレスガード・ダンクノック。

彼らは古代エルヴァートに飛来した異星人の子孫である。彼らの祖先は、エルヴァートのあるマルス星へ来てすぐに、高高度文明の利器を用いて侵略を開始した。マーティナル、ファロンティアルなどの王国が滅ぼされ、またホーメルト地方にまで侵攻した。だが、しだいに力を増してくる反乱を押さえるためのコストを維持できなくなり、ついには現在の一島まで後退した。彼らの母星にある王国はまだ健在であるが、同様にコストをかけてまでここを維持する必要を認めず、既に彼らを見離している。彼らもそれを承知していため、下手な真似をするよりも大人しくエルヴァートの民となることを選んだのである。

1,630年に至り、ハレスガード王唯一の子であるエリシエル姫と、フェルナンドの皇子アンドリューが国際会議で顔を合わせ、その場でお互いに恋に落ちた。

ゴール河(Gohl river)

サリト河のスメル名。究極の神ゴール神とは関係ない。この河ははるか南の中央台地・パルマ海を水源として北西へ流れ、アルディア山脈をうねって北へ流れ、ミトランド湖を水源とするミトランド河(メイスン河)とカイオーンで合流、さらに北西へ流れてアルディア山脈とハイネルカ山脈の境を抜け、ローブ海へ注ぐ。しかし、本来はアルディア山脈湧水は南へ流れるはずである。実際、ゴール河と呼ばれている付近とカイオーン付近の標高を比べると、カイオーン付近の方が高い。この河が南から北へ、さらには山脈を突き抜けて流れている理由は定かではない。アルディア山中でこの河がどうなっているのか正確に知っている者もおらず、山越えの道は河に沿っていない。一説には古い神々のなせる業とも。

コルコランド地方(Region of Corcholand)

ラムサダス帝国の北辺、ローブ海に面した地方。現在はアルディア州、コルコランド州とサレフビー州に分かれる。スメル帝国の時代には何度となく独立と征服が繰り返された。狭義の「コルコランド」はミトランド湖周辺からローブ海沿岸に至る地域とナスク半島、クラストファナ諸島を言う。この地域はミトランド湖岸の大都市ミトランドを除いて人口50,000を超える都市がなく、いくつかの都市と多くの街、膨大な集落とで構成されている。超大都市が生まれやすい他の地域と比べて特徴的である。

現在のフェルナンド帝国空将軍ジャック・シュナイダー元帥はここの出身で、最後のスメルとの戦争である第一次第二次コルコランド戦争では<コルコランドの英雄>と呼ばれた存在。アーサー皇帝はその名声に目をつけて、彼を迎え入れたのである。その逸話は「三顧の礼」として名高い。

ゴールドコール湖(Lake Goldcall)

ラムサダス帝国中央南西の湖。付近には太古の人間たちの遺跡がある。

さ)

サイアミル共和国(Republic of Syamir)

地下世界の一国。首都キルナイ、元首はルマンド首相。山脈を越えた半島にあるため他国からの避難所になっている。西側はシディル海で危険が大きいが、東側の海は比較的穏やかである。

サガルマート(Sagalmart)

テルドア山脈もしくはその一部の尾根のこと。高地の部族の間でこう呼ばれ、「世界の頂上」を意味している。

サクラメス湖(Lake Sakrameth)

ラムサダス帝国、ホーリック谷にある大きな湖。テルドールとも。

ザクルース内海(Inner sea of Zacroose)

ザクルース半島と大陸の間の海。

ザクルース半島(Zacroose peninsula)

ラムサダス帝国の一部、西海岸線にカリフォルニアのように出っ張った半島で、かつて先端から半分ほどは、ザクルース王国だった。ラムサダスが建国当初に滅ぼしたのである。この戦役は、「ザクルース戦役」としてよりも「ザクルース焼き討ち事件」として名高い(実際に焼き討ちを行ったのは、首都だったアンジェラに対してのみ)。

サーザン諸島(Surzan isles)

アルファが1,628年に新たに領有を宣言したアルファ島南の島々。人が住むにはあまり適さないが、海洋資源が豊富である。

サザンハイランド(Southern highland)

ラムサダス帝国の中央高地、パルマ海の南側。海抜2,000m程度にはなるが、概して緩やかであるためにさほどの苦労もすることなく登ることができる。高地を登ってみると、北のパルマ海、そしてそこから流れ出るバッカス河とサリト河がよく眺められる。また遙かにアルディア山脈の尾根も遠望できる。

ただ観光名所としてはなかなかのものではあるが、いまだこの地域は未開であることも忘れてはならない。オークやノールの集落がいくつか存在しているのである。

ザス・トラス海(Zas-Toras sea)

シトカ王国にある大きな湖。イシュ・ヴォーとも。

サダラン山脈(Sadaran mountain range)

ズィドラス大陸東南部にある山脈。南側はマルダン山脈と呼ばれ、またこの中央にミュアと呼ばれる地がある。

サタル湾(Satur gulf)

地方によってはサテュロス湾というところもある。ド・トゥ教国の西側の湾である。教国東はハイト湾。首都ニルブランドはサタル湾に面しているが、湾の急流が天然の要害になって長い間外敵から守られている。

ザードラ王国(Kingdom of Zerdra)

裏エルヴァート、エストメス大陸の王国。トーンダス半島のなかばを領有する。首都アルトマルド。現国王はヴェルト。

建国者のエベードは、航海に出たまま戻らなかったフェルナンド第5代国王アルバートその人であるという説が出始めているが、定かではない。これは近年発見されたアルバドの碑という遺跡にあったもので、西から現れた戦士アルバドが民を苦しめていた魔法使いを倒し、村長の娘と結ばれ、その後周辺を平定したとある。アルバドがエベードに転じたという説である。また「ザードラ」が西を意味する単語であることも確かである。

サバト山脈(Sabat mountain range)

ホーストヘルンの北、マザド七王国の東端となる山脈。カゼンタイル山脈の北側の名称。

地下世界(Subroam)

エルヴァートの地下にある世界のこと。その存在は一部の賢者や冒険者にしか知られていない。地下の天井には発光物質(コケの一種)があり、ほの暗いながらも視界が効く程度の照度を保っている。地上で知られている情報としては以下の通り。暗黒大陸とナイトメア大陸という2つの大陸がある。前者は別名をサンレール大陸と言い、全土がアンデッドの巣窟である。後者はナイトメア連合王国やイーストフェリア帝国、サイアミル共和国、フレッドジャー王国、ジャンダル王国という国家がある。女王としてセトリエラという人魚が知られているが、彼女は地下世界のすべてを支配しているわけではなく、海の生き物たちの主と言われる。

サリト河(Sarito river)

中央台地のパルマ海を水源として常緑の平野の西を北上、アルディア山脈を越えてミトランド河(メイスン河)と合流し、ローブ海に注ぐ大河。内地まで川幅が広く、地上には危険地帯が多いので、昔から交通によく使われてきた。アルディア山脈より南側(旧スメル帝国領)はゴール河とも呼ばれる。ゴール河も参照。

サリトル王国(Kingdom of Saritol)

ファームズ帝国の中の1つの国。ライトネアに近い。首都はサリトルで、1,630年現在の国王はヒアンヤ・サリトル。

サリトルは諸侯12家が相争う戦闘意欲旺盛な戦士の国である。1,341年に帝国に併合され、今に至る。諸侯の力関係に応じて頻繁に「王家」が変わる。サリトルは「全体」程度の意味合いの言葉であり、姓ではなく「王家が名乗るもの」である。街としてのサリトルもまた「その時点での首都」であり、本来はオーストンという街である(ヒアンヤは本名ヒアンヤ・オーストン)。

帝国による併合まで王に当たる地位はなく、その時点で他の諸侯をねじ伏せるだけの力を持った(つまり帝国と手を組むことにした)家の当主が初代の王となった。他家は対外戦争で帝国軍として戦う条件を飲む代わりに、サリトルの地における権力争いにの仕組みには干渉しないことをファームズ15世に認めさせた。併合時の諸侯はルナフを除いて残っている。帝国としては現在ゴーランド、ミルトン、ワイズメルの三男爵があり、領土を持ち帝国軍としてこの三軍を提供するが、3家ともこれら諸侯の一つである。「男爵領」もまた帝国に対してだけのもので、サリトル王国内では意味を成さない。

サリュート山脈(Salute range)

フェルナンド帝国、ハムート山脈の北へ延びる支脈。北側はレイテル山脈とも呼ばれる。セイアン地方を通ってセイアン半島の背骨となっている。

サリール山脈(Sareel mountains)

ラムサダス帝国の北東の境界線となる山脈。高山も多く踏破は難しいが、ブラックトーンの街から北西のノーヴィスクへ抜ける山道は比較的利用されている。

サンレール大陸(Continent of Sunlair)

地下世界の大陸の一つ。ナイトメア連合王国での呼び名。それ以外および地上では暗黒大陸と呼ばれている。その住民がすべてアンデッドであるという事実は、これを如実に現していよう。その支配者は、ローリングデーモンまたはリッチであるとされる。

し)

ジアザーランド(TheOther land)

ムーライズ島、クライア島、またはバルン島とも。アマリス帝国は政治的には領土としていないが、ジアザー前皇帝はここに別荘をおいてジアザーランドと呼んだ。王族の保養地となっている。また、村落をひとつ改造してホワイトシティという名前の街を造っている。

かつて、アマリス帝国の前身であったジアザー帝国の、さらに前身であったホーメルトの国の名前。カプルカント共和国の国土を引き継いだものであり、現在のフェルナンド帝国ブラバント州西半分にあたる。

シヴィルスク州(Region of Sivilsk)

アマリス帝国の一州。シヴィルスク森林を中心とする。もちろん森林としてのシヴィルスクは、正式にはアマリス帝国の領土ではない。

1,630年現在、州知事としてルーク・ハズウェルが赴任している。彼はシヴィルスクに住む人々の中で、一番そこでの経歴が長く、またよそ者を嫌うアルフたちから一定の信頼も得ている人物だった。50代なかばの戦士である。

シヴィルスクタウン(Sivilsk town)

シヴィルスク森で唯一人間に解放されている街。おおむね人間の住む街を模して作られている。アルフと人間、それに若干のドワーフやノームなども暮らす。人口530,000。その頭上にはスカイパレスという名の、シヴィルスクアルフだけが入ることのできる空中都市がある。

シヴィルスク森(Forest of Sivilsk)

アマリス帝国にある森。魔法的性質の強い森で、シヴィルスクアルフが住む。人間たちの間では、ここがエルヴァート世界に偏在するすべてのアルフの発祥の地であると言われている。

鬱蒼と繁るこの古い森はそれ自体が生命を持っているかのように、彼らを包み込んで護っている。森のいくつかの場所(魔術的陽気が固まった場所)に氏族の町があり、巨大な樹上に木と草、綱などによってつくられた家がある。巨大な木々は蔓や縄で繋がれ、そこに住むアルフたちは決して地表に降りることなく、同じ氏族の家々を廻ることができる。

公式にはシヴィルスク州となって帝国の一部と扱われているが、実質的に帝国の人物が森に入ることはほとんど不可能である。アルフたちはよそ者を好まぬからである。シヴィルスクアルフは排他的な集団であり、自らが暮らす森の中へ部外者が立ち入ることを許していない。シヴィルスク以外の者は、同族のアルフでも厳しいチェックの後にやっと入ることを許される。人間の定めた「シヴィルスク州」は、地図上ではこの森全体を囲んでいるが、現実としては点在する小さな人間の集落を統治しているに過ぎず、州都の「シヴィルスクタウン」も、森の中で唯一入ることを許された場所であって、アルフの住まう場所ではない。森としてのシヴィルスクは人間と交易することもなく、税を納めることもなく、ともに冒険することも、また戦うこともなく、太古から独自のルールで生き続けている。唯一シヴィルスクタウンが、わずかに共通する利害についての会談を持つ場所である。

各氏族の町からは「人間の」シヴィルスクタウン上空にある同様の空中都市(「スカイパレス」と呼ばれる)へ、幾筋かの道がつながっている。よそ者がスカイパレスに入ることは、決して許されていない。下界のシヴィルスクタウンで他の種族との会議が行われる際、上空では氏族長を始めとした賢人がその様子を遠視し、平行して会議を行うことがある。氏族長が下界に降り、人間の前に現れることはめったになく、とくに現在の妖精王の一人であるダム・ブラーンシュは、生まれてから一度たりとも森を出ていない。

シヴィルスクアルフには森を出て外界をさすらう者もいるが、極めて稀である。無論、そうであっても人間やドワーフと関わりをもつことはまずない。氏族長などの高位のものはさておき、一般のシヴィルスクアルフは基本的に、外界のものと関わると「汚れる」と考えている。

かつて、シヴィルスクから袂を分かって移住した一団がいる。彼らは現在、フェルナンドのエトワールという街に暮らしている。

近年では一度だけ、スカイパレスに入るのを許された人間の集団がある。ブラックホースやジアザー・テレビジョンら、キングスパーティの面々である。闇の神から力を得たノルアート山脈のドワーフが、大挙して森に押し寄せ、木々を焼き払い、シヴィルスクアルフたちを震撼させた。預言者の言葉に従い、ダムはブラックホースらを森に招じ入れた。その事件を無事に解決したことで、ブラックホースらは感謝されているが、それは「いつでも森に入ることを許された」ことを意味しない。彼らがこの地を裁縫したとしても、夢のような空中都市を再び間近に見ることは決してない。

地獄の谷(Gehenna valley)

フェルナンド帝国北島バレラス州の中央に南北に走る巨大な亀裂。恐るべきモンスターたちの巣窟で、いまだに生還を果たしたパーティはほとんどないが、知られている中ではキングスパーティなどがある。

アンデッド、爆発する岩や地獄からの戦士たちなどさまざまなモンスターが存在する。また地獄の谷の付近には、エルドバブーンという魔法的な存在も生息してる。彼らは魔法あるいは魔法のかかった武器では一切傷つかない。

エントロピーという、黒の魔術師達が集まる街がある。キングスパーティが訪れたのはこの街とはだいぶ離れた地点である。

シディル海(Sidilic sea)

地下世界の南洋。危険な巨大生物が数多く棲息し、屈強の冒険者たちでも航海を避ける。

シトカ王国(Kingdom of Sitka)

裏エルヴァート、ズィドラス大陸の国家。首都ネイサン(表エルヴァートではグリーンベイ)。北へ侵攻中であり、ハルマヘラ公国群と戦闘状態にある。現国王はジュジンカ・ラーヴェイ。

シドリス島(Sidris isle)

ケルマド島の北東、グレートアイスと中間付近にある島。高緯度にもかかわらず、常緑樹が茂る。また島の周囲には嵐が頻繁に発生し、海は荒れているため近寄るのは困難である。「消えたアルフの島」と呼ばれることもあるが、その由来は知られていない。

死の海(Sea of death)

南ホーメルトの東側、ファンドランド付近の海をいう。ここにはマリンリヴァイアサンなどの恐るべきモンスターが棲んでいるほか、波も荒い。

死の氷原(Ice cap of death)

<常雪地帯>参照。

死の森(Forest of death)

北ホーメルト西側にある森。この森はアルフでさえ避けている。中心付近に闇の魔力に染まった場所があり、そこから漏れ出す瘴気によって、森に入った者が命を落とすためである。

シャイアン洋(Shyan ocean)

スメル大陸の西側の大洋。北側がこう呼ばれ、南側はスルタン洋と呼ばれている(主に土地によるもの)。また、裏エルヴァートの存在を知らない者は、バルン海を東に進むとシャイアン洋に至ると考えている(実際、<神の>によってその通りになるのだが)。

シャドウランド(Shadowland)

テルドア大山脈のスルタン洋側の一部。シャドウアルフの住む場所である。彼らは形式上ラムサダス帝国に組み込まれたことになっているが、実際には無関係である。それどころか皇帝の命を狙っているとさえ言われている。

シャナ(Schanna)

シヴィルスク森に入るシルヴァー峠に至る道の最後にある、小さな村。旅人はここで十分な休養を取り、荷物を整える。

シャマトル山脈(Shamator Mouintain range)

セイレイ大陸を形作る山脈。西半分がシャマトル、東半分がデラインと呼ばれている。

ジャワッド王国(Kingdom of Jawad)

1,607年にイアワッド王国と分裂してできた国家。首都ジャワッド。今でも形式上緩やかな連合国家を作っている。

シュタルハイム(Starheim)

シュタルアルフの都。ラムサダス帝国中部、アルフォレストの中にある。町の長はアストラルスターといい、<エルヴァートの生き字引>と呼ばれる存在である。

シュール(Shule)

セイレイ大陸西南部にある湖の多い地形。

ジュンデル王国(Kingdom of Jundel)

裏エルヴァート、ズィドラス大陸にある国家。首都ポーゼス(表エルヴァートではブルーサファイア)。現国王はヴィリスト・ドリアン。南のメンデル共和国とはもともと一つの国家だったが、南側が民主制を選んで独立した。

常雪地帯(Permanent blizzard zone)

アイスラントの中央平原。<死の氷原>とも。超広範囲なアンチマジック地帯であり、かつつねに雪に覆われ、一年中で降雪のない日は100日もない。死の氷原とも言われ、ほとんどの生物は死んでしまう。

常緑の平野(Evergreen)

ラムサダス帝国の北辺であるコルコランドと、帝国中央部はアルディア山脈によって分かれている。その山脈のうち東側をザイクロン山脈と呼ぶが、その南側にある広大な平野が<常緑の平野>である。素晴らしく肥沃な土地であり、ラムサダス皇帝はここに国営大規模農場を新設することで失業者対策とし、かつ対外輸出用するほどの農作物を生産できるようになった。

スメル帝国の時代、795年に皇帝アシュレール・シャイダーの命令によりこの平野は超大規模魔術兵器によって一瞬で焦土と化し、<死の荒野>と呼ばれるようになった。かつて住んでいた遊牧の民たちの代わりに、恐怖のモンスターたちのうろつく場所となった。混沌戦争より前、1,613年に前皇帝ラムサダスは強力な望みをひとつ叶える機会に恵まれ、そこでこの土地の再生を請願した。これは受け入れられ、<死の荒野>は以前の緑を取り戻した。

平野の北辺にハトランタと呼ばれる遺跡がある。かつての遊牧民族共通の聖地であった。遺跡そのものは破壊されたが、その周囲にあった森は強力な魔法結界によって破壊を免れている。たまたまこの森にいたわずかな者たちだけが、大破壊の生き残りである。再生されたのは土地のみであり、そこに住んでいた人々は復活されていないし、ハトランタ遺跡も破壊されたままである。

西はレンド草原やオスメリア森などがあり、南にはクラウスの森がある。

シーラン州(Region of Seelan)

ノルアート山脈の西、ハイレアール河とクラムス河に挟まれた地域。両河からもたらされる沃土は昔から有名であり、ここをめぐっての争いは絶えない。もともとファームズ帝国の地であったが、イルビジア峠の戦いに敗れたファームズはジアザー帝国にこの地を割譲した。国際会議議長だったジェローム・ル・ミュラの出身地であることが知られている。

州都はマイアード。1,630年現在の知事はウルドメイ・ドロップ。また議長を引退したル・ミュラも州議会に名を連ねている。

シリア湾(Syrian gulf)

セイレイ大陸の大きく開いた湾。中央にあって湾全体を扼するロッツ島を押さえているシリア王国はこの制海権を完全に持っていたが、シリアが滅んだ(フェルナンドに対抗するため、ホーストヘルンを頼って自滅した)後はフェルナンド帝国のものである。

シルヴァー峠(Silver pass)

シヴィルスク森に南から入るのに使用するハーランド山脈内の峠。北のノル・マシュ経由からの道のほうが平坦であるが、遠回りであるため、こちらを通る者もある。この2つの道以外は急峻な峰や崖、不安定な足場、山賊やモンスターなどのために現実的に踏破できない。

シルヴァーピーク領(Silverpeak dominates)

裏エルヴァート、ズィドラス大陸中程の山中にある自治領。高度に魔法的存在であるシルヴァナルフェン(シルヴァーアルフ)が治める小国家。首都ミッドショール。現支配者はヘル・ナリム・スィトゥラン。ヘルは男爵などの爵位の意味。

シルヴァナルフェンは魔法で自らの肉体を強化したアルフで、森との結びつきは精神的にもほとんど失われている。

シルヴァニア森(Forest of Sylvannia)

エルスルム王国を覆う巨大な森林。首都ペリクレナやクレンシルザンド山脈以外は殆どがこの森である。シヴィルスクほどではないが、古代の魔力が今も息づく森。

シロル・ロゼッタ海(Sea of Siror-Rosetta)

ホーメルト南島とセイレイ大陸の間の海。セイレイ大陸の街シロルと、南ホーメルトの港町ロゼッタに由来する。かつてシロルは今のゼルナードの付近にあった港町であり、最初に結ばれた定期航路がこの2つの街を結んでいた。その後シロルは街全体の移転があって今の位置になった。なお、セイレイにはシルロという街もあるが、偶然であり両街に特段の関係はない。

南緯60°以南は荒れ海として知られており、不慣れな船乗りはすぐさまあらぬ方向へ流されてしまう。

新海(New sea)

スメル大陸とオージャス大陸の間の海。モールド王国が浮かぶ。

す)

ズィドラス大陸(Continent of Zydlus)

裏エルヴァートの南の大陸。別名はフィンディル大陸。ハルマヘラ公国群、フレンダーノ辺境王国などがある。「ズィドラス」はシトカ王国で「大地」の意味である。最初にこの地に至ったミストルの兵が、現地の人々に大陸の名を聞いたところ、その概念がなかったため答えられなかった。そこで近い意味合いの「大地」を意味する単語が使われることになった。その後フレンダーノで「フィンディル」という語を用いていることが分かったが、あえて変更はしなかった。

スカーミッシュ・ルーン(Skirmish Ruin)

ラムサダス帝国の南部にある丘陵地帯を言う。その昔この辺りでは遊牧民族が小戦闘(スカーミッシュ)を繰り返していたらしい。スメル建国者のカーブ・ドレックスは、彼等に集団戦闘のコツを教わったとされている。

スタイン島(Isle of Stein)

コリント北東にある島。昔はコリント領であったが、人口減少と資源枯渇によって本島へ引き上げ、領土としての意味を失った。

スードレントラント(Sood-lent-lant)

フェルナンド帝国オウ州の州都。人口130,000。過去にはオウ連合国家の首都になったこともあり、またドバヌール王国時代には第二の都市としてフリンキアに続いてフリンキア級巨大戦艦に名前もつけられている。

スニルナ雨林(Snilnian jungle)

スニルナ、アルファレイン島にあるジャングル。ジャングルの例にもれず一年中蒸し暑く、またマラリヤなどの病原体が充満している。過去にスニルナに攻め込んだスメル帝国軍の兵士の多くがここでマラリヤに感染して撤退に追い込まれた。

スニルナ諸島(Isles of Snilna)

ラムサダス帝国(スメル大陸)の南に散在する数千の島々。スメル帝国の時代にはここから盛んに奴隷徴用が行われた。このため現在でも大陸の住人に対してはただならぬ感情を抱いている。たとえば、ラムサダス帝国のブジュンブラ大将などは、帝国生まれだが両親はスニルナ人である。

主な島は、スニルナ島、アルファレイン島、アレストン島、クレタイン島、ミュルン島、フェスローム島、クレイン島、マシェル島、ローセルフ島、トーリン島、エッファーベイン島、フォルヘイム島、エセント島、エミュイン島、アルフアイル、ソリア島、およびリュクルネルセン島である。本島スニルナ島を除く島々の名前は、旧スメル帝国時代につけられた名前であり、島の人々は別の名前で呼んでいる。

スニルナ島(Snilna isle)

スニルナ諸島群内で最大の島。現在ではスニルナ連合がここにあり、かつて栄えたスニルナ千島帝国の後継となっている。首都ルーナカルトも、かつての帝国首都である。

スニルナ連合(Union of Snilna)

旧千島帝国の首都ルーナカルトにできた新興国。数年でアン・サロニン派と、帝国王子だったシオヌール・ダルハッキニー派の二つに分裂する。

1,628年にはこの二派は連立政権を樹立し、スニルナ復興を目指すこととなったが、連立内にはいまだに不和が残る。その上、この状況を見た大陸のラムサダス皇帝はスニルナ全域を「保護域」とした。スニルナ艦隊という特別な艦隊が組織され、それに従って「安全保障税」が適用された。スニルナの人々は「再び帝国の足下にひれ伏すのか」という感情を抱いているが、かつてほどの牙を持っているわけでもなく鬱屈としている。

スメル山脈(Smeli Mountain range)

テルドア大山脈の支脈のひとつ。過去にはオークやトロールといった怪物の巣窟だったが、アシュラブレイにより掃討され、今では表向きにはスメルドワーフのみが住んでいる。

スメルスタン(Smellstan)

スメル民族が生まれたとされる場所。太古、スメルスタンはアルフの治める場所であったが、北部の人間との戦争で滅亡した。そのとき残った人間の男とアルフの女が異種交配を行った結果生まれたのがスメル民族の祖であるとされている。なお、ここにいたアルフは西のアルフォレストに住むシュタルアルフと近い種だったと考えられる。

スルタン洋(Sultannic ocean)

スメル大陸南西の大海。北に行くとシャイアン洋と呼ばれている。

スレイマ魔王国(Sorcery kingdom of Slaima)

ウイレヌの西にある魔導支配の王国。首都スレイマ。現支配者はマジェル・ラドレフ。

スロン地方(Region of Thron)

コルコランドの北西、アルディア山脈の南側に位置する地方。人口はまばら。

せ)

セイムズ湿地(Seims swamp)

コルコランド、ニーチャ河とフェルサイン河が合流し、キュベット河と名を変える湿地。

セイレイ山脈(Saylay Mountain range)

大陸のほとんどを覆っている山脈。深い谷が散在し、踏破は非常に危険である。

セイレイ大陸(Continent of Saylay)

ホーメルトの南にある大陸。かつてシリア王国が栄えた。1,629年にはここもフェルナンド帝国の支配地になってシリア州、サーマイト州の二つとなっている。大陸の大半が南緯67°、いわゆる南極圏に属しており、夏(北半球では冬)には一日中太陽が沈まず、冬には一日中太陽の昇らない季節を迎える。シリア王国の旧王都クルスピリアはぎりぎりで極圏に入っていない。

ただし、この緯度に比して大陸の北半分は極度な寒冷地帯ではない。はるかな昔、北岸中央のアイアンハルト森に偉大な魔力を持った大白妖精の王国が存在していた伝説があり、往時の力を今に留めていると言われている。

セボ湖(Lake Sevo)

パルマ海の別名。

ゼルヴィス王国(Kingdom of Zelvis)

バルン海とヘディン海の中間に浮かぶ(というより、ひとつの海ではあるが、ここの住人が東をヘディン、西をバルンと呼んでいる)、裏エルヴァートの島国。首都ピガン。現国王はサラ・カラ・カーラ。

ジャングルへの親近感、容姿や衣服からはどちらかといえば未開の民族という印象を受けるが、かなりの文明を持ち、周囲のいくつかの島も統治している。

セルフスク岩(Selvsk rock)

ロングッドの南にある、東西1マイル程の島。良質の水産物が集まっており、ロングッド王国時代から開発されていた。これに続いてフェルナンド帝国でもここを漁港扱いしている。

ゼレー(Zereh)

エストメスランド連邦、クリル湖の別名。

そ)

ソードカイト(Swordkyte)

ラムサダス帝国の最南部の都市。1,618年まではリリュー帝国の首都.アシュラブレイ率いるラムサダス帝国軍の侵攻で陥落した。ソードカイトの興亡戦は、リリュー帝国戦役中最も苛烈な戦いだったとされる。皇帝ハイゼル13世の住んだ城郭などは、一度は破壊されたがその後ラムサダス皇帝の指令でほとんど当時の姿に修復されている。

ソミルヘン森林(Somilhen forest)

アマリス帝国にある森。シヴィルスクに匹敵する大きさを持つ。同じく力のある森であるが、シヴィルスクのように神秘的なアルフが住んでいるわけではなく、歩いたからといって不可思議な死が訪れることもない。

ゾルイン島(Zoluin isle)

ローブ海の西端に浮かぶ小さな島。

ソロモン海道(Solomon sea)

ロングッドのある海道で、ロングッドを挟んで東ソロモン海、西ソロモン海と呼ばれる。

た)

ダイアモンド・ヴォルケイノ(Diamond volcano)

ラムサダス中部にある休火山。その周囲には様々な遺跡とそれに紐付く謎があり、かつて何度も探検隊が送られている。

大洋(Great ocean)

アルファ人民共和国では、中海のうち自分たちの西側をこう呼ぶ。スニルナの一部でもそう呼ばれている。

ダークスワンプ(Dark swamp)

ラムサダス帝国の首都ヤースの南西にある沼。さまざまなモンスターが生息している。

ダスト・カルミナ(Dust Calmina)

ドール島のバックランディア海に面した土地。悪しきブラックアルフの住みかであり、常にラムサダス暗殺の計画を練っているとされている。ブラックアルフはホーフェイライトルという独自の王を立てている。

ダブルデザート(Double deserts)

ラムサダス帝国東の、崖によって二段に分かれた砂漠。それぞれハイ砂漠、ロー砂漠と呼ばれる。

ターマン島(Turman isle)

ドール島の南に浮かぶ島。ラムサダス帝国領。

タンジャハッド森(Forest of Tanjahad)

ホーストヘルン帝国の一部。インド風の文化を持っており、太古に南にあるハルマヘラ公国群周辺から移住した人々が暮らしている。ここからさらに移住した人々が、ホーメルトの西にある海の王国を建国したと言われる。現支配者はマハ・ハザイ。

ダンヒル海峡(Strait of Dunhill)

ホーメルト北島とブランカイント島の間の海峡。

ダンヒル皇国(Imperial land of Dunhill)

フェルナンドの北端の荒れ地。かつては謎めいた王国があり、皇帝アーサーにより滅ぼされた(ことになっている)。その始祖はフェルナンドの建国王ジョージと争った闇の王ヴェルツィールである。

ち)

中海(Middle sea)

スニルナとホーメルトの間にある海。小さな島々が散在しており、アルファ人民共和国やモンゴル大帝国、海の王国などが浮かぶ。

て)

ディアボーン(Dearborn)

トライア山脈の南面にある土地。過去の盛んな造山運動の影響で、鏡のような面を持ったほぼ垂直な谷が複数存在する。またその谷底には、鉱物やガスによって着色された七色の川が流れている。この川は合流して濃緑色になるが、さらに進んで地面の下に入り込み、その間に特殊な濾過が働いてクランロック川に合流する際にはほとんど透明になっている。このため、下流域から七色の川の在り処を特定することはまずできない。

デイトナ連合州(United shires of Daytona)

デュール内海ランス半島の南を領土とする国家。首都ディセンジャー。勃興は1,623年。現支配者はパジェリス・ウィルフットという名の強力なハーフリング。

ティルナ湖(Lake Tirna)

ドール島、南の手にある湖。ラプノールとも。

ディンロイデ島(Dinroide isle)

バックランディア海に浮かぶ島のうち最大のもの。海賊の根城であり、ここを通過する者たちを襲っている。

テクトテティカン王国(Kingdom of Tektotetican)

スメル大陸西方に浮かぶ島国の小国。島の名前はレクサカン。首都はヘクトテラン。現在の支配者はテスカコアトル。成立は1,349年に遡る。王国の民は有史以前からこの島はテクトテティカンという名の王国だったと信じている。国王はこの島を作った神の子孫であるとも。レクサカンは現地の言葉で「太陽の島」。

デスヴァレー(Death valley)

フェルナンド帝国北島、地獄の谷の中にある黒の魔術師の都市国家。都はエントロピー。現支配者はダーム・ルートヴィヒスバーグ。

デュール内海(Dulian inner sea, Inner sea of Dule)

ガイラックとオージャスを分けると言っていい、ライトネア北方の巨大な入江。

もともとは湖だったのだが、伝説に名高いB.C.4,009年の<の戦い>の折、ラメル・クロイエンとシヴィルスクの始祖の一人スレイアーン・ブラーンシュの放った大呪が暴発し、直下の地を丸ごと引き裂いて、湖とアイス海をつなげてしまった。現在ではすでに海と同化し、発祥を知る者は神々のみとなっている。

テラドナ島(Isle of Teradona)

ラウドス海の北側、シャイアン洋に抜けるところにある島。南東にあるキマリ島、セイモン島、ヤクサ島などと同じ島嶼群だが、これら三島とは異なりハルマヘラには属していない(人間の大きなコミュニティも知られていない)。

テリオン(Terrion)

ホーストヘルンのマザド7王国、ロロー王国にある、グレートクリフを踏破可能な門。踏破といっても、実際には巨大なエレベータが存在し、上と下とを行き来できるようになっている。王国首都のカル・エマンに近い。もともとは北西にある淡水湖、サナリナ湖への漁業のために作られた。

理由は不明ながら、ファームズはこの門を使用する許可を得ており、裏エルヴァートにマンダナグル社を設立して交易によって巨万の富を得ている。

テルドア大山脈(Teldoor Mountain range)

西方(スメル)大陸の西の端を形成する巨大な山脈。4,000メートルを越す山々が隣接し、K2(現地名アイレリー)という8,296m超のエルヴァート最高峰がある。そこここに底の見えない谷が走り、さまざまな生き物が住んでいる(人間が住むにはまったく適さない)。オークやゴブリンがそこいら中の洞窟に住み着き、その数たるや、屈強の戦士でさえ避けるほどである。見た目は、地球でいうならロッキー山脈を想像するといい。

テルドール湖(Lake Teldoorl)

ラムサダス帝国、ホーリック谷のサクラメス湖の別名。

テレジーナ高地(Teledina highland)

ホーメルト北島、フェルナンド帝国テレジーナ州にある高地で、テレジーナ降臨の地といわれ、さらにその教えを受け継いでいたテレジナスアート神聖教国(1,616年フェルナンドに併合)終焉の地でもある。

地下にドワーフの数氏族が暮らしている他、高地の南半分にはハーフリングの氏族の住む街もある。

と)

トーキスイヒ(Torkswith)

ド・トゥ教国の南、ナーダス山脈内にある峡谷地帯。過去、ド・トゥは南方遠征を企図したが、ここを通過しようとして大損害を受け、撤退したことがある。

刻のアルフの森(Forest of the Chrono-alves)

ホーストヘルン帝国、ホースト王国内にある森。首都ホーストヘルンの北西にある。ここに住むアルフは刻(時間)の魔法を操るとされ、ホーストヘルンも基本的に干渉しないようにしている。中心地としてアデルが知られる。

ド・トゥ教国(Matriarchy of D-tho)

スメル大陸最北の国家。首都ニルブランド。女王(最高司祭)による一系統治であり、現教皇はアルフミリエル・マーデミル。女神サトカを信奉し、日々を明るく生きることを旨とするド・トゥ教を国教とする。

王女の兄弟が右大公・左大公のいずれかに就任し、そのいずれかの息子が次の女王である王女の夫(形式上の王)となる。このため、王と女王は基本的にいとこであり、右大公および左大公は常に王の親類となる。

現在の王ノードルニはマーデミルの従兄弟ではあるが、それまでと異なり母系ではない。これまでは常に女王の兄弟の子を王としていたため、その例に倣えば王はハランド前左大公の子サージュのはずであった。しかしメイヤー前右大公が謀略によってサージュの正当性にけちをつけ、息子ノードルニを王とし、またその弟ジェミルを次の右大公とした。前女王エストールの早期引退ですら、メイヤーの謀略によるとも言われる。次代女王フェイミールの夫も、同じようにジェミルの子カッサンである。またマーデミルの兄ケイダがハランドに代わって左大公に就任している。このように現在はジェミル右大公(の影にいるメイヤー前右大公)に権力が大きく傾いており、心ある貴族は胸を痛めている。

ジェミルの娘ジュリアとマーデミルの次女プリル、それにサージュの娘ジェインとメイアは、それぞれ騎士団マンスリーナイトの一員である。彼女ら本人には親同士の確執は影響していないが、彼女らを利用しようとする勢力は確実に存在する。

トライア山脈(Treia mountains)

ラムサダス帝国、パルマ海の北東、バックランディアに面したところから内側にのびる山脈。常緑の平野、クラウスの森の南。かつてドールが陸続きだった頃は、ドール山脈の西端だった。

ドライデラ山(Mountain Dreidera)

アイスラントの南東部、迷いの森に隣接する火山。氷原のただ中にあって、常に火炎を吹き上げている。

トリアイデ島(Triaide isle)

ローブ海に浮かぶ島。クラストファナ諸島に属する。

ドリガル湖(Lake Drigul)

エストメスランド連邦にある3つの大きな湖の内、真ん中のもの。リヴァとも。海とつながっていないにも関わらず、ここは塩水湖である。ワニの一大生息地としても(裏エルヴァートでは)有名。

鳥の里(Bird's home)

南ホーメルト、アルヴンランド内にある鳥類の集まる場所。中心地はヒミンビョルグ。サングリーズルという王がいる。エルドレスの地にあるバードランドとの関係は不明。

ドリュアドの森(Forest of Dryad)

エストメス大陸、マウリア王国にある森(一部はエストメスランド連邦)。裏エルヴァートではドリュアドの故郷と言われる。

ドール海(Dorlian sea)

ドール島の北側の海。

ドール山脈(Dorlian range)

ドール島の中央を走る山脈。バックランディアができる前は、大陸河と接続した山脈だった

ドール島(Dorl isle)

新海に浮かぶ大きな島。かつてはスメル大陸と陸続きであった。

トルーパー森(Forest of Trooper)

北ホーメルト西側にある大きな森。

ドルドムラ管区(Diocese of Doldomura)

フェルナンド帝国テレジーナ州内にある半独立都市。ドルドムラ市がテレジーナ聖教の独自性を守るために自治を認められた場所。大司教であり騎士団長であるローリー・ミルトン卿が代表となっている。政治的な権限は基本的に有さず帝国に税も納めているが、現在でもテレジーナの騎士団や僧団がある。かつてのテレジナスアート神聖教国の首都で、当時は総主教が元首となっていた。なお、テレジーナ聖教はアルセン方面にもある程度の信者がおり、独自の大司教を置いている。

トーンダス半島(Tonedus peninsula)

エストメス大陸の南側。ザードラ王国がある。

トーンレディン山脈(Toneredin mountains)

トーンダス半島を形作る山脈で、これによってザードラ王国は東西に大きく分割されている。

な)

ナイトメア大陸(Continent of Nightmare)

地下世界の大陸のひとつ。ナイトメア連合王国の存在が著名であることから主に連合王国でこう呼ばれているが、それ以外の呼び名も多数存在する。

ナイトメア連合王国(United kingdoms of Nightmare)

地上にあるライトネア連合王国と同じ王族によって治められている国家で、すなわち王であるサドヴァン4世をはじめとしたすべての「王族」はディアボラスである。イーストフェリア帝国と戦争状態にある。

娜雅郷の地(Nagasato lands)

ホーストヘルンの北端、グレートアイスが細長く突き出たところ。馬具笊ギルド風の名が付いている理由は不明。

ナスク半島(Nask peninsula)

ラムサダス帝国コルコランド地方から北にのびる半島。かつてはナスク公国とアリカメン共和国の領土。ナスクは元々この地方にいた豪族であり、昔からナスク半島と呼ばれていた。1,565年のいわゆる「コルコランドの年」でスメル帝国から独立、東に建国されたデランナ帝国の1公爵となり、さらに1,588年に独立したのがナスク公国である。ナスク公国は第二次コルコランド戦争で再びスメル帝国の領土となり、その崩壊後にコルコランド共和国・コルコランド王国を経てラムサダス帝国に併合された。

ナーダス山脈(Nerdas mountains)

ド・トゥ教国の南部にある山脈で、半島の付け根に位置する。氷結した地帯も多く、山中は危険である。半島より南からは北の果てと呼ばれる。

ナッサ海(Nassa sea)

ホーストヘルン南西の海。ヘディン海の北側。

ナリア湾(Narian gulf)

フェルナンド帝国セイアン州の北側の湾。

南極王国(Kingdom of Antarctic)

南極の中央にある王国。外界との接触はほとんどない。首都はタールミシアで、元国王はフェリル。

南極半島(Antarctic peninsula)

南極大陸からのびる半島。

南氷洋(Southern ice sea)

セイレイ大陸のさらに南側で、セイレイと南極大陸とを分けている海。

に)

虹の島々(Rainbow islands)

フェルナンドの東方にある島で、昔からこう呼ばれているが、その由来ははっきりとしない。

フェルナンド王国第5代国王、<航海王>アルバートが六度目の航海で訪れたとされている。裏エルヴァートに至る島伝いルートにあり、裏エルヴァートへの玄関口である。神のはちょうどこの島々の北と南で途切れている。

ニストル森(Forest of Nistor)

アナーティア王国の北側にある大きな森。うっそうと茂る太古の姿を留めており、アルフの姿は確認されていないにもかかわらず、突然谷が出現したり、磁石が狂ったりなど、不思議な事象が報告されている。

ね)

ネアー海(Sea of Nare)

ライトネアと北ホーメルトの間にある海。現在、フェルナンドとライトネアが文字どおり水面下でその制海権を争っている。この名前はかつてのライトネアでの名称がそのまま国際標準として定着したものである。

ネアヒルズ(Nare hills)

ライトネアの東部国境(アマリスとの境、バグラニュー川)にある丘陵。

の)

ノーヴィット山脈(Norvit mountain range)

南ホーメルトにある山脈。南側はリフリット盆地と呼ばれ、かつてルーザンベルク大王国、その前にはノーヴィット王国があった。マティスという神が住む場所と言われる。

北の果て(Northern reach)

ナーダス山脈の別名。山脈より南側ではこう呼ばれる。

ノズミー共和国(Republic of Nozmy)

キュート国と国境を接する共和国で、純真な国民性と活力が評価される。首都パインフォール。成立は1,616年である。1,630年現在、キャミー・ドレスコートという貴婦人が大統領となっている。彼女は建国者の娘である。

キュート国とはいくつかの政治機構共通化により深く結びついており、キュート国では現在ノズミーが採用した貨幣名称を取り入れている。

ノブル(Noble)

フェルナンド帝国ブラバント州の州都。人口480,000。古くはノブルランドの首都。ジアザーの帝国になった時も、栄えていたこの都を選んだ。メルヴィル河の河口に位置し、街の半分(おもに旧貴族の家や図書館など)は水上にある。ジアザー自らがさまざまなものの建設を命令した。この時代、ノブルはホーメルト地方の中心であった。そしてフェルナンド帝国がアイスラントの地と引き替えにこの地を得た後も、バレラスに次ぐ第二の繁栄を誇っている。

ノルアート山脈(Norl-art mountains)

シヴィルスク北にある大山脈。東側はブラックピーク山脈。ドワーフたちが住む。シヴィルスクとはお互い不信感を持ちつつも、長老同士の交渉によって戦いは避けている。

かつて闇の邪神の力によって凶暴化したこれらのドワーフが、シヴィルスク森を襲撃したことがあった。妖精王ダム・ブラーンシュは神々に伺いを立て、部外者であるブラックホースらキングスパーティを招き、事件の解決を依頼したことがある。

は)

ハイト湾(Hyte gulf)

スメル大陸の北部、ド・トゥ教国の東側の湾。西側はサタル(サテュロス)湾という。

ハイネルカ山脈(Hinelca range)

ラムサダス帝国の北辺、コルコランド地方のナスク半島の背骨となる山脈。アルディア山脈の支脈である。現地の者たちはラグロンと呼ぶ。

ハイリール諸島(Highreal keys)

アイスラント島の南端からブランジ島へ向かって延びる数千の島嶼群。

ハイ湾(High gulf)

南ホーメルトの北岸中央の湾。

ハスハント森(Forest of Hasshant)

イルゾニア森を参照。

バックランディア海(Backlandian sea)

スメル大陸とドール島の間の海。かつては地続きで、バックランディア峠と呼ばれていた付近でスメルの大陸軸破壊機という魔法兵器が暴発、大地が大規模に沈降し、現在のようになった。多くの人間、デミヒューマン、モンスター、動植物が失われた。現在ディンロイデ島、エローツ島、エヴァンズ島という3つの名前つきの島があるが、いずれもその付近にあった土地の名を取っている。

バードネルド諸島(Bardneld isles)

「大小バードネルド島」。ドバヌール王国が領有を宣言し、その後1,629年の滅亡によってフェルナンド領となる。かつて<航海王>アルバート・フェルナンドが六度目の航海で訪れたという説がある。

バードランド(Birdland)

アマリス帝国北エルド州の街。太古から様々な鳥の集まる都市として世界的に有名である。南ホーメルトの鳥の里との関係は不明。1,609年にはエルドレス神国とローラン王国の間でここで会談が開かれ、条約が結ばれた。現在はノブルランドから移住したグイン・アプニーズ男爵領。

ハムート山脈(Hamoot mountain range)

フェルナンド帝国北島の背骨となる山脈。東ではプルーム山脈、パルス山脈、ハイアーチ山脈などとも呼ばれている。多くのバーバリアンの巣窟となっている。

バラカンス王国(Kingdom of Ballakance)

スメル大陸の東はしの細い半島に位置する王国。首都バラカンス。現在の王はバラカンス4世である。5つの大氏族の無数の少数氏族の同居であるが、各氏族とくに大氏族間は仲睦まじいとは言いがたく、もっぱら王の権力によってのみ保たれているといった風である。各氏族は王国内の方々に散らばっており、また頻繁に移動を繰り返すため特定の街は首都のバラカンスと、南のサイノサイドのみである。定住する民族ではないために小競り合いは絶えない。

エルスルム王国とは、かつてエルスルムでの民族対立の余波を受けており、仲が良ろしくない(触発的に戦闘に発展するほどではないが)。サイノサイドはこのときエルスルムから移住した者たちが住んでいる。

ハリル湾(Haril gulf)

アマリス帝国の北東部、北洋が入り込んだところ。最奥部には港町(軍港街)ゴーニッヒがある。湾の入り口は島嶼群によって入り組んでいる。一番西側の海峡をクラウトハマー海峡、一番東側をサルガン海峡と呼ぶ。ハリル州と東エルド州の州境はこの島嶼部の中央付近を通るが、海が荒いために船舶は基本的にこれらのいずれかの海峡を通過する。

パルマ湖(Lake Palma)

パルマ海参照。

パルマ海(Sea of Palma)

ラムサダス帝国の旧首都であるグラスティースはこの巨大な湖に面している。表の世界の公式には世界で二番目に大きい。湖の東側ではセボ湖と呼ばれている。

ハルマヘラ公国群(Principalities of Halmahera)

裏エルヴァート・ズィドラス大陸の大国家群。31の公国の集合体。トーンダス半島をその領土としている。首都クート・アル・イマラ。現在の支配者はイマラ公国の公主パチアラ・ススマン・ハルマヘラ。

文化はインド風であり、象神ゼルディアンを信仰する。南部を除いて大抵の公国の民は穏やかな性格ではあるが、侵略者に対しては容赦しない。さらに恵まれた地勢が、長い間この国を侵略の手から守ってきたのである。

現在タンジャハッドに暮らすのは、かつてここから移住した者たちの子孫であるとされる。

バルン海(Burroone sea)

アマリス帝国(オージャス大陸)東方の海であり、裏エルヴァートを人々の目から隠している大きな存在である(<神の>によって、途中でシャイアン洋・スルタン洋にテレポートさせられる)。ゼルヴィス王国から東側はヘディン海と呼ばれる。

バレラス(Barelus)

<光の都>と呼ばれる、フェルナンド帝国の首都であり、バレラス州の州都。皇帝アーサー・フェルナンドが直接治める。軍用道路を高架設置した階層都市。人口1,250,000。州人口の実に半数以上がこの周辺に暮らしており、中心部を除く居住区はかなりの過密である。このため、近年はアマリス帝国に倣ってバレラスを特別区としてバレラス州とは別扱いの行政区とすることも検討されている。

前身となる王国でも首都であり、当時はロウトアーという名前であったが、混沌戦争によって破壊された。アーサーがオークから奪回した後に再建し、現在の姿となった。アーサー自らが全体設計のチーフとなり、近代化に務めた。大学、図書館、中央病院、天文台、博物館、セントラルホール、総合病院、遊戯場、コロセアムなど、さまざまな大型建築物がならび、また市外地には巨大な軍事演習場や空港がある。踊り子のラフィニエルのための演劇場(ホール)も設営した。盗賊ギルドはアーサーの第一の従者のクラウド・ファルマスがその長となっており、情報局として機能している。ホーメルト一美しく、きらびやかな都である。

ハンム島(Hammu isle)

フェルナンド帝国、ナリア湾に浮かぶ小さな島。

ひ)

ピエモンテ海(Sea of Piemonte)

地下世界、ナイトメア大陸とサンレール大陸(暗黒大陸)の間の海。

ヒトトビ砂漠(Hitotobi Desert)

ファームズ帝国サリトル王国にある砂漠。全体を諸侯のひとつテピシキ家が押さえている。

ビー半島(Bee peninsula)

オージャス大陸、エルスルムの北東に当たる半島。蜂の尻尾に擬せられている。付け根の東側にはジャイブル、西側にはダイブルという人間の街があり、交易が行われているが多くは分かっていない。また、半島の南に浮かぶ島はビー・ソーン島と呼ばれる。蜂の棘である。

ふ)

ファームズ王国(Kingdom of Farmes)

ファームズ帝国の中核をなす国。首都は帝国首都でもあるルートクロス。

ファームズ帝国(Empire of Farmes)

アマリス帝国にはさまれた形の帝国。首都ルートクロス。ファームズ王国、ミュンハイム王国、サリトル王国の3つの国で構成されている。議会を設置していたが、諸問題により解散させられている。現在国内も不安定となりつつあるのである。

ライトネアと仲が悪いがアマリスとも悪い。目下この3か国は不安定な共存の上に成り立っている。

現在の皇帝ファームズ26世は博学者であるとともに、優秀なコートボール選手であることも知られている(コートボールはテニスのこと。ファームズではテニスが非常に人気を集めている)が、近年の暴政により評価を落としている。

ファーランド術者都市(Spell-caster's city of Farland)

南ホーメルトにある魔術師の都。とはいえ、ここにいる(住むことを許される)者は秩序だった性格をしている者だけであり、白いローブをまとう魔術師も多い。現在の市長はかの<赤き超導師>セイリアン・ダルスの弟子、セルミアス・ミルフである。

ファーランドがいつからそこにあるのか、はっきりとしたことは誰にも分からない。学者の説では、少なくとも3,000年の歴史があるともいう。

ファリエル湖群(Lakes of Falier)

スメル大陸西方、オスメリア森の中にある湖の総称。北からダルジャン湖、ニルセン湖、エルナト湖の3つ。場合によっては西のアルディア山脈内のクリック湖、エリュアール湖、スメリア湖も含める。ただしエリュアール湖のみ、川は西へ流れてオスメリアを潤す水とはならない。

ファンドランド島(Fandland Isle)

南ホーメルトの東に浮かぶ島。かつてロングッドが領有していたことがある。一時はそのロングッドから独立したドバヌールが根拠地としていたが、現在は1,629年にドバヌールを滅ぼしたフェルナンドが領有する。裏エルヴァートへの島伝いの道は、ここから始まる。

ロングッドがこの島の領有を宣言したのは1,610年のことであり、それまでは長く無主だった。とくにこの島を沖合と認識していたアイオリスは神経をとがらせ、ホーメルト会議の開催を要求した。当時の国王メルメトン2世がアイオリスへの資源輸出を約したためそれ以上問題にはならなかった。ドバヌールはロングッド男爵として1年後にはこの島全体を与えられているが、これは他の貴族たちと比べて破格の扱いだった。本土から遠く離れた土地であることで反発を招くことはなかったが(実際、メルメトン2世がドバヌールを煙たがって遠くへ追いやったとの見方もある)、同時にドバヌールおよびその雇い主であるリサ・アーミンが、本国の目の届かぬところで軍を揃え、独立するに足る力を得るのに十分な環境だった。

フィルボルデ丘陵(Filbolde hills)

ラムサダス帝国の北側、プレナキア山脈〜フィル山脈間の丘陵。

フィンディル大陸(Continent of Fyndil)

→ ズィドラス大陸

フェルナンド帝国(Empire of Fernand)

ホーメルト両島とセイレイ大陸を擁する大国。首都バレラス。博学で政軍両略巧みな皇帝アーサー・フェルナンドの治下にあって国民は繁栄し、また軍隊も強力。建国十数年という短期間に世界有数の国家となっている。

政治機構は皇帝下に上下両院と各省庁を配している。政治関連の実質的権限は彼らに託されている。また皇帝直属として最高情報部を設置してあり、この機関の有する情報網も世界有数である。

軍事面はそれに比して権限委譲はない。将官の任免はすべて皇帝が自ら行うことにしている。これは国家の最大の暴力機関である軍隊の暴走を留めるという意味もあり、また皇帝不在の間の民政においても軍隊を権力者が抑圧できるようにする下地ともなっている。

ニュートラルグッドの国民性。産業は農業中心であるが都市部に行くに連れ工業が盛んとなり、またバレラスやギルフォードなどの大都市では軍需産業を中心とする重工業化政策を実施中である。

1,629年には朋友スロリクトラ・ドバヌールの王国を滅ぼし、その余勢を駆りセイレイ地方のシリア王国をも滅ぼした。連戦によって厭戦気分に浸る国民も少なからず存在し、皇帝は当面の軍事行動を控えようと考えている。

フォートアイル(Fort-isle)

ラムサダス帝国の首都、ヤース市から、バッカス川を渡ったところ(河口)にある島。一見地形を無視すれば三角州に見える。昔から難攻不落の要塞といわれ、歴史的には、<内乱の二世紀>の末期、覇権闘争に敗れたメルセット・シャイダーがここに立て篭り、反撃の準備を整えていた。実際には、ファンドリアの軍師ドラフ・オトラクの「早馬の計」によって陥落し、メルセットはドール半島を逃げ回った挙げ句、大岱市で病死する。

ブラウドル(Browdol)

セイレイ大陸の南東端、氷原のただ中にある都市国家。存在がほとんど知られておらず、このためシリア大陸を掌中にした皇帝アーサーも、ここを見落としている。現支配者はガロギアス。

フラクタンス(Fractance)

コリント王国の首都。整然としているが、やや暗い雰囲気に包まれている。王宮は一般的な城のではなく、円筒形を横にしたような形に脚が付いており、そこに外付けの階段が付いている。表面は苔むしたり錆ついたりしており、かなり古いものだと思われる。

ブラックピーク山脈(Blackpeak mountains)

ノルアート山脈の海側の呼称。北に延びる支脈はフィードランド山脈といい、ファームズ帝国ランセス男爵領の西の守りとなる。北東はシュベンツァー山脈と呼ばれる。

ブラング(Blangue)

フェルナンド帝国テレジーナ州、ベルク湖の南にある山地。かつてのネスアハン王国首都リョーケンの西。謎めいた場所であり、かつて<遠征王>ハロルドがここへ出兵して変わり果てた姿で帰ったことがある。皇帝アーサーは公式には領土としているが、実際には調査段階である。

ブランジ海(Sea of Brunge)

ブランジ島の南の海。

ブランジ州(Region of Brunge)

アマリス帝国の1州。ブランジ島よりなる。州都はアーニスト。1,630年現在の州知事は、ワイプ・ロー・アーケイド。壮年の、明敏な政治家である。

ブランジ島(Brunge isle)

アマリス帝国の島。全体でブランジ州となっている。

ブーランド砂漠(Booland desert)

フェルナンド帝国アイオリス州にある砂漠。アイオリスの民は、王家エーヴリングを含め元々はここで暮らす砂漠の民であった。純血種で生存者は現皇后エリカのみ。皇帝アーサーはウィッシュの力により同族となっている。

ブランファイ(Branfai)

デゴノス近郊の町。スメル帝国ドレックス朝の初期、ここに帝都が存在したことで知られるが、現在は人口20,000に満たない。

フリージング湾(Freezing sound)

ホーストヘルン北の湾。一年中氷に閉ざされている。最奥部に、レインボーフィヨルドがある。

ブリザードの大地(Land of Blizzard)

南極大陸の一部。南極半島の付け根の部分。

フリンキア(Frinkia)

フェルナンド帝国南ホーメルト島の最東端に位置する都市。人口130,000。旧ドバヌール王国の首都であり、現在はフェルナンド帝国アイオリス州都。巨大な「黄金城」がそびえ立つ。王国時代に軍事的色彩が強かったせいか、商業面での発達遅延が現れている。その名を冠した巨大戦艦が存在する。

また混浴の露店風呂でも有名である。

フレイア島(Isle of Freya)

アマリス帝国ハイラーク州、メラルド半島の南に浮かぶ島。神殿の廃墟が点在している。人は数えるばかりしか住んでいない。200年ほど昔、「輝ける神」に仕える神秘的で美しい巫女たちがいたという伝説が残る。そのうちの7人は位が高く、さらにその1人が長として代々「教母フレイア」という名を受け継いでいたといい、島の名はここから取られている。「輝ける神」の真の名は伝えられていない。

フレイム草原(Flame steppe)

フェルナンド帝国イルゾニア森の西にある草原。かつてはルヴァル汗国などが栄えた。

プレナキア山脈(Prenakia mountains)

ラムサダス帝国のダブルデザートやレンド草原の北西、アルディア山脈の南にある独立した山脈。

フレナリック海(Flenaric sea)

表のエルヴァートでは最大の湖、クヴァのラムサダス帝国その他での呼び名。キュート国やノズミー共和国が隣接している。裏エルヴァートにあるグレートミラーが知られていないため、ラムサダス帝国のみならず、フェルナンド帝国などの地勢図を参照しても、ここが世界最大の湖ということになっている。

場所によって多少の塩分が含まれているようだが、一応淡水湖である。

フレンダーノ辺境王国(Frendanno the frontier kingdom)

裏エルヴァート、ズィドラス大陸にある国家のひとつで、コリントと同様他の惑星からやってきた者たちである。首都バルザーリ。彼らが後にしてきた星の名を取っている。現国王はローザネロという名の暴君。

コリントの誇り高い民族性と比べ、彼らはどちらかというと粗野であり侵略を旨としていた。しかし彼らの故郷の星は数世紀前に滅ぼされてしまっており、迎えは期待できない。彼らは残留組であり、また、コリント同様太古の技術は失われてしまっている上にコリントにはわずかに残されている祖先たちの記録や記憶も残っていない。

へ)

ヘイゼクス王国(Kingdom of Hazex)

ウラディミスク帝国と国境を接する王国。新興で成立は1,614年。首都はカナルガド、国王はウェイク・トラックス。

ベタ・ラス海(Beta-Ras sea)

ズィドラス大陸にある大きな湖。グレートウェイストの一部が接する。

ヘダル海(Hedulic sea)

ズィドラス大陸の南側の海。

ヘディン海(Hedin sea)

バルン海の東半分の呼び名。というより中間に浮かぶゼルヴィス王国で東側をこう呼んでいるのである。

ベナン王国(Kingdom of Benin)

南ホーメルトの西、海の王国の北にあるイルソンデル島の島国。首都ベナレス。現国王はベナン3世。

ペルタニグレ半島(Peltanigre peninsula)

スメル大陸最東端。バラカンス王国のある半島。

ヘレネス(Herenes)

現在のアマリス帝国本土で、かつてのヘレネス王国。ジアザー帝国に攻め滅ぼされた。現在では行政区が細かく分割され、アマリシアあたりから北、クラルカメイコやソミルヘンの南を指す名前となっている。

ヘンリクス断層(Henrix cliff)

アマリス帝国シヴィルスク州にある崖。クラルカメイコ砂漠の南西で、プーピル河の南側を走る。

ほ)

ホゴル王国(Kingdom of Hogol)

オージャス北方、グラム島を領有する国家。国王の名を冠する。首都グラムタウン。1,613年勃興の新興。グラムタウンは元々グラムという名の伝説的な戦士が建てた街とされ、島の名前もそれに依っている。ホゴルはグラムの子孫を自称している。

ボース王国(Kingdom of Boes)

バラカンス西方にある王国。首都ボース。現国王はドーランド。丘巨人の魔法戦士である。ラムサダス帝国の次の目標とも言われていたが、バラカンスがラムサダスと険悪な状態となったことによりその危険性は遠のいたとも。ただ、もちろん帝国の力は、この二国を合したよりもなお大きい。国土の北側がカラト山脈によって護られており、侵攻は西からあるいは南の海からとなるが、西の森には非常な力を持った森巨人の兄弟がおり、兵が撃退されたことがあるため、帝国は慎重になっている。

ホーストヘルン(HorstHern)

裏エルヴァートのホーストヘルン帝国ホースト王国の首都。本来はホーストのみだが、国名と同じホーストヘルンと呼ばれる。その壮麗さ、巨大さはラムサダス帝国のグラスティースを除いて比肩し得るものはない。

世界中の建築家を集めて作らせた大理石作りの家々が並び、地上50mにもなる王城がそびえる。しかし、その内情は繁栄とは正反対であり、死がすべてを支配する陰鬱な都市である。

ホーストヘルン帝国(Empire of HorstHern)

裏エルヴァート最大の国家。首都ホーストヘルン。連合国家群であり、帝国としての支配者はホースト王国のモーラ・バラドンであるが、純粋に政治的には、メルガス帝国が実質的に支配している。その歴史において、メルガスの政治体制(元老院)がホーストを支配したのである(メルガスの皇帝ナールザト1世に権力はない)。

ホーストヘルン帝国の構成は、ホースト王国、ヘルン王国、メルガス帝国、タンジャハッド(タンジャハッドの森)、ウルギッド首長国、ダン首長国、キルクラクト帝国、バリアル北方王国群、マザド7王国、そしてアルケイナのワールドオブタローである。

エルヴァート世界最大の人口と強大な軍事力、そして虎の子の大呪術師団「アルケイナ」をかかえることにより、永世王国を除けば世界最強の国家である。ただし、アルケイナは営利目的からホーストヘルンに参加しているに過ぎず、その間柄は非常に不安定である。そのため過去には何度となく本土とワールドオブタローとの間に戦争が発生している。

穂高森(Forest of Hodaka)

馬具笊地方にある森林。特異なドルイド(修験者)の一団が暮らす。馬具笊風の表記では穂達嘉となる。

北海(Norzee, Northern sea)

エルドレスの北、アイスラントの北東の海。

北極大陸(Arctic continent)

グレートアイスによって、エストメス大陸とつながっている。ただしグレートアイスの半分はただの氷であり、下に地面はない。グレートアイスが接合する海岸付近は、マルドークランドと呼ばれる。

カレンティシアス王国はこの大陸に隣接する島国である。

北氷洋(Northern ice sea)

アイスラントの西側の海。

ホーメルト地方(Region of Hormelt)

現在フェルナンドが占めている地方。フェルナンド地方といってもよい。ほかの大陸からはひとつの名称で呼ばれることが多いが、ここに住む人々にとっては大陸は北と南に分かれており北ホーメルト、南ホーメルトである。その中間の海(ソロモン海道)に浮かぶのがロングッド島。

1,000年以上も前に、北島に住んでいたホーメルト人は爆発的に地方へと散っていった。現在この地方で、ほとんどがホーメルト語を標準語としているのはそのためである。

ホーリック谷(Horlic valley)

スメル山脈とテルドア山脈の間の渓谷。深い森があり、ダークアルフたちの住みかとなっている。スメル帝国のシャイダー朝の皇帝たちはもともとここの出である。サクラメス湖(テルドール湖)という大きな湖がある。

ホーリック森(Forest of Horlic)

ホーリック谷にある魔法の森林。ダークアルフの住みか。ここに入ったものは一生出て来られないと言われる。ダークアルフたちはこの森の地下に棲む。

骨丘(Bone hills)

オージャス大陸、エルスルムの北東、アルセンの南西に当たる丘陵地帯。人を寄せ付けぬ地で国家は形成されていない。一番近くの人間のコロニーは、南のビー半島の付け根にあるダイブルだと考えられる。

ボンゴールホール(Bonghole hole)

地下世界への入り口となる穴で、アイスラントの常雪地帯に存在する。その他はシャドウランドのラドマラーンホールと、グラスティースの地下大ダンジョンである。

ま)

マウリア王国(Kingdom of Mauria)

ホーストヘルン帝国と隣接する王国。首都マウリア。何故この国が未だにホーストヘルンに吸収されないのかは不明。現国王はサドウィ・ラ・カナス。首都はマウリア。

馬具笊海(Maxal sea)

ドール半島南側の海で、ターマン島やアルリア島との間を言う。かつてドールの南岸には馬具笊ギルドという国家が栄え、世界を股に掛けた商業国家として名をはせた。

迷いの森(Maze forest)

アイスラント島の東中程にある森。巨大な迷路と化しており、決して生きて出ることはないと言われる。南東端にドライデラと呼ばれる活火山がある。

マルス(Malce)

エルヴァート世界がある星の名前。

マルダン山脈(Maldan mountain range)

ズィドラス大陸東南部にある山脈。北側はサダラン山脈と呼ばれ、またこの中央にミュアと呼ばれる地がある。

マルドークランド(Maldork land)

北極大陸の一部で、グレートアイスとの接合部に当たる。

マルマン海峡(Strait of Marreman)

ズィドラス大陸最南端の半島と沖合の島の間の海。ヘダル海とスルタン洋の水面の差をダイレクトに受けている。南緯72〜73°になるこの付近は年中暴風雨が吹き荒れ、波が荒く、海流も一定しない。危険な海。

マレイリー森林(Forest of Malayree)

フェルナンド帝国ブラバント地方にある森林。ここにもアルフたちが住む。現在の代表はフォジア・マレイリー。古代からこことグレイリー森林は人間の国家の一部になったことはない。現在帝国での書類上の扱いは「自治領」だが完全に相互不可侵である。

マンダス湿地(Mandas swamp)

マンダス半島を広く覆う湿地。古代の魔法が色濃く残り、植物は致死性の瘴気を吹き出している。足場が悪いこともあり、踏破は極めて危険。ボース王国の南西の防壁となっている。半島は本来グリン半島という名前だが、湿地の名前がいつしか半島の名前としても使われるようになった。

マンダス半島(Mandas peninsula)

グリン半島の別名。大半を覆うマンダス湿地の名が半島に転化された。

み)

ミア・ラマルク(Mia Lamarck)

ラムサダス帝国北部(もとコルコランド王国)の、エストア森のなかに存在する小国。女王アリス・リーはエルヴァート最強の魔術師と言われる。

ミストフェアルカ島(Mist-Faelca isle)

エルスルムとフェルナンドの中間に浮かぶ未開島。1,622年、フェルナンドがミストフェアルカ島に軍隊を調査に出した所、同じく調査に来ていたエルスルムの軍隊と鉢合わせとなり、丸3日間に渡って激しい戦闘を繰り広げた事件。国際会議の調停によって終了し、双方とも軍を引くことで解決。

ミスリオ湖(Lake Mythrio)

ライトネアの北西部国境近くにある大きな湖。かつてこの一角にミストルという王国の首都があり、ライトネアに滅ぼされている。

ミトランド(Mitland)

ミトランド湖に面するラムサダス帝国コルコランド州の中心都市。この地方では随一の人口の多さを誇る。湖で行われる漁業により反映している。かつてのメイスン共和国やコルコランド共和国、コルコランド王国では首都。ここからクルート連邦まで航空便もある。フェルナンド帝国の空将軍ジャック・シュナイダー元帥の出身地。

ミトランド河(River Mitland)

メイスン河とも。ミトランド湖を水源としてローブ海へ注ぐ大河。途中カイオーンで南から来たゴール河と合流し、以降はサリト河と呼ばれる。

ミトランド湖(Lake Mitland)

コルコランドの街ミトランドが面する大きな湖。ミトランド河(メイスン河)、アルク河の水源となっている。世界でも有数の澄んだ水であり、淡水系の魚類が豊富。

南の手(South hand)

ドール半島の最東端。南北の半島の一対の南側。

ミヤカランザ地方(Region of Miyakaranza)

デュール内海に面した地域で、ライトネア連合王国の一部。また、その中心地としてミヤカランザの街がある。1,615年まではファームズのもので、さらに1,588年までミストルという国の一部だった。

ミュア(Myr)

ズィドラス大陸南東部、サダラン山脈とマルダン山脈に囲まれた土地の名前。

ミュンハイム王国(Kingdom of Munheim)

ファームズ帝国の中の1つの国。北方系のエルドレス民族が多い。首都テリントン。信仰心は篤いがエルドレス教は基本的に信仰されていない。またフレイム正教は信者も多いが国教ではない。1,002年にファームズ7世により併合されたことで、ファームズは帝国になる。7世は自分の妹をミュンハイム王に与えて姻戚関係とした(さらにこの後、9世の妹がミュンハイムに嫁ぐ)。9世がシュヴァルツノイマンに殺されて王家が断絶した後、ミュンハイム王家のヴァンがシュヴァルツノイマンを駆逐してファームズ10世となった。その後24世まではミュンハイム王家がファームズの皇帝だった。リアン・ファームズ24世には男子がなかったため、クレナンテ・セレネ姫がステイン・ファームズに嫁いで彼が皇帝となった。ステインは公爵だったイングヴァルを新しい王とし、現在はイングヴァルの長男ハイムゼルが国王。

ミラード帝国(Empire of Milard)

オージャス大陸、ガイラック地方の北辺にある帝国。首都ミラード。太古に栄えたミラルトという一連の王国の王たちの子孫であり、この地を支配したシェリンヒからの独立運動を指揮し、初代皇帝となったミラード・レオフリックの名を冠する。ミラルト時代の王墓などが残っている。現在の支配者はグランバート・レオフリックで、数十年に渡る南のクルート連邦との間に和平を成立させ、ラムサダスやアマリスらのNoSTOに同時加盟を果たした。

む)

ムーンクレア教国(State of Mooncrea)

ガイラック地方中程を領土とする宗教国家。「月の作り給いしもの」を意味する。ムーン二神教(セルナ、ニルヴァおよび4色のラ・リューンを信仰)を国教とする。勃興は1,610年。首都はシャロウ川の曲がりに作られたシャロウイング。現在の支配者は聖エムロンド2世。

め)

メートルリンク島(Isle of Matorink)

シャイアン洋に浮かぶ大きな島。アトランティス王国がここにあることは分かっているが、謎に包まれている。

メラルド海峡(Merald strait)

メラルド半島とブランジ島の間の海。メラルド半島とフレイア島の間を含むこともある。

メラルド半島(Merald peninsula)

ハイラーク地方から西に突き出た半島。

メルガス帝国(Empire of Melgus)

ホーストヘルン帝国のなかの一国。首都メルギア。ヘルン王国を占領したホースト王国は、次にこの国に侵攻。しかし、メルガスの軍は粘り強く、思うようにことは進まなかった。百年の戦いの後、2国は休戦条約を結ぶ。そして、ホースト王国の王子がメルギアに留学し、その官僚主義を目の当たりにする。彼はそこで力のある将軍となり、多くの兵士たちの信望を集めた。

数年後、メルガスに帰郷して反乱を起こし、自ら帝位につく。メルガスの軍のほとんどが彼に味方し、加えてホーストの軍も乱入。皇帝である父が降伏して統一がなった。キルクラクトやマザド7王国が占領されるのは、この後のことである。現在の皇帝はナールザト1世。ただし現在の皇帝は、途中でホーストヘルン皇帝によりすげ替えられている。

メンデル共和国(Republic of Mendel)

裏エルヴァート、ズィドラス大陸にある国家。北のジュンデル王国から独立し、民主国家となった。当初はラボルデ共和国という名だったが、建国者ジリバルディ・メンデルが独立3年で死去すると、残った者たちがその名を冠して国名とし、首都もメンデルと名を改めた。現代表者(首相)はライト・ウッダー。

も)

モクレイン(Mokrein)

ズィドラス大陸、ジュンデル王国とメンデル共和国の間の陥没地帯にある風光明媚な国家で、別名「音楽の国」。ハーフアルフとアルフが中心である。支配者はレイン・ラス8世という女王。

三頭の巨大なドラゴンが国家を守護しており、不用意に入る者があれば無条件に排除する。

かつて禁忌を犯してジュンデルを追われた兄妹が建国し、現在の王族はその子孫に当たる。このため、世界中で故郷を追われた者たちの避難所ともなっている。

モールド王国(Kingdom of Moald)

ドール地方南の手の南東に浮かぶ島国。島の名前はフィグ島。首都ジャミウス。現国王はファラント・モールド。

モーレイ王国(Kingdom of Morlay)

ズィドラス大陸、フレンダーノの南にある国家。首都モーレイ。近年フレンダーノから独立したとされている。

モンゴル大帝国(Empire of great Mongor)

中海に浮かぶ小さな島国。文明とは無縁の隔絶した生活を送っている。島の周りには常時巨大な渦潮があるため、船でこの島に近づくことは困難である(ごく一部の緩衝海域を絶妙な舵裁きで突破することは、不可能ではない)。

や)

ヤース(Jarth)

ラムサダス帝国の首都。1,624年にグラスティースから遷都した。そのときすべての町並みを計画的に整備し、美しい景観を誇る都となった。遷都直後、グラスティースを大地震とそれに伴う津波が襲い、非常なる災害となったが予定されていたオリンピックは開催された。

1,620年にはジアザーとの軍縮会議も開催されるなど、国際行事にも使用されることが多い。かつてはコラフトンという名前だったが、ラムサダスにより名前が変わった。

ヤスナー諸島(Isles of Yasner)

オージャス大陸南岸中央付近、オーリエンの街の南に広がる島嶼群。この島々付近をヤスナー海峡とも言う。

ヤース湾(Jarth gulf)

バッカス河の河口、フォートアイルの南側のこと。バッカス河とも呼ばれる。

ゆ)

ユイタン山脈(Yuitan mountain range)

ズィドラス大陸西部、ジュンデル王国の北の国境を形作る山脈。山深くに「霧の民」と呼ばれる人々が住んでいることが知られる。

ユニコラス半島(Unicorus peninsula)

スメル大陸の北西はしの半島。その形が一角獣の頭に似ていることからこう呼ばれている。

よ)

預言者の森(Forest of the diviners)

ホーストヘルンの西にある半国家。アントラリア河の中州に形式上の首都テミルがある。予知能力に優れた者達が数多く住んでいるとされる。支配者はヴァ・ラグレスという名の力ある魔術師(預言者)。<空と瑠璃の巫女>と呼ばれる。

ヨーン自治区(Yorn autonomous region, or Free city of Yorn)

フェルナンド帝国ヨーン自治区。過去にはロングッド王国の首都。その昔、ローム人によって立てられたヨーナストという都。王国時代に市長だったダマール・オニクスが現在も街を治める。

ヨーン講和条約によって誕生した自治区で、フェルナンド帝国の中の5つの自治区のうちの一つ。自治区とは言え、その統治システムは男爵領などのそれと大差はなく、集められた税のうち4割は帝国へと支払われる。

ら)

ランカスト・フォレンディス(Lankust Forendis)

永世王国の首都。最も古い法の神であるメロスが名付けたもので、「天に近き所」を意味する。

ライトクル王国(Kingdom of Lightkul)

ライトネア連合王国の中の1国で最南。首都ヴァリアグ。現在の国王はバシレウス6世。

ライトネア王国(Kingdom of Lightnare)

ライトネア連合王国の中心となる王国。首都ディルゴ。現在の国王は連合と同じくシラカン8世。

ライトネア連合王国(United kingdom of Lightnare)

オージャス大陸中央にある連合王国。大魔術国。ライトネア、ライトマイ、ライトクルそしてライトハイの四つの王国が連合している。首都はディルゴ。国王シラカン8世はジアザーやアーサー・フェルナンドと何度もつばぜり合いを演じている。

もともとは同一の王家であったが、数百年前からすでに何親等にも隔たってしまっており、すでに彼等本人同士にも「親族」という意識はない。

王族はライトール族と呼ばれ、500年ほど生きる。先祖は通常の人間ではなくディアボラスと呼ばれる存在だったが、現在では長寿以外の特徴はほとんどなくなっている。

ライトハイ王国(Kingdom of Lighthai)

ライトネア連合王国の1国。首都アルジェロ。現在の国王はアレウス4世。

ライトマイ王国(Kingdom of Lightmai)

ライトネア連合王国の中の1国。首都ヘディウス。現在の国王はクレタミソス3世。唯一王族に魔術師以外がいる。1,609年以前はもっと小さな領域であり、首都はパディスに置いていた。ライトハイのミスリオ湖から北岸のミラカント、そしてヘディウス、ミヤカランザ付近はすべてミストルという国だった。

ライネル王国(Kingdom of Lynel)

1,614年、屈強な戦士であるエドワード・ライネルがデュール内海沿岸を領土として興した王国であり、一代で版図を拡げた。現在南の大国ライトネアの注意を引いている。また西のムーンクレア、北のグリミディア王国とも不穏な噂が流れる。首都エカダイン。

ラヴィンエルト(Lavinn-elt)

北極大陸の一部で、コリントの北東に当たる。かつてここにカレンティシアス王国の前線基地が存在した。1,024年にコリントとの海戦が発生したのはその沖合である。現在では放棄されており、テレポータは健在ながら魔法による防御機能も削除されており、ほとんどの区画が氷付けになっている。

ラウドス島(Isle of Loudos)

裏エルヴァート、ラウドス海に浮かぶ大きな島。いくつかの人間の集落が確認されているが、未開であり国家と呼べるものではないと言われている。

ラウドス海(Sea of Loudos)

裏エルヴァートの2つの大陸、エストメスとズィドラスの間の海。ラウドス島の西側は、海賊の海とも呼ばれる。

ラドマラーンホール(Raddmalearn hole)

地下世界に通じる穴の内の一つ。ラムサダス帝国テルドア山脈の東の一部、シャドウランドにその入り口がある。その他は、アイスラントにあるボンゴールホールとグラスティース地下の大ダンジョンである。

ラバコル砂漠(Rabacol desert)

裏エルヴァート、ズィドラス大陸中央付近の砂漠。周辺の荒れ地を含み、グレートウェイストと名乗っている。

ラプノール湖(Lake Lapnorl)

ドール地方、ティルナ湖の別名。

ラムサダス帝国(Empire of Ramthadas)

ラムサダスが創始した帝国で、前身はスメル帝国ラムサダス朝。首都ヤース。現在の皇帝はラムサダスの息子フラニオス。

その国土は世界一であり、経済基盤も一応安定している。また軍需にも力を注いでおり、さまざまな新兵器(魔法兵器)を開発していることでも有名である。近年はアマリスやド・トゥなどと共に軍縮に力を入れている。

東は新海に面し、ドール島をもその領土とし、西はテルドアの高峰が鉄壁となり、北はローブ海にまで広がっている。首都ヤース。計画整備された町並みが自慢である。

ランス半島(Lance peninsula)

ガイラックの西端、デュール内海に面する海岸から北に延びた半島。

ランリュート(Ranlute)

世界楯山脈上空200'ほどにある精霊(ネリールアルフ)の都。「天空の都」とも呼ばれる。不浄なる者を拒む流れ昇る滝によって周囲を護られており、人間は入り込むことができない。

り)

リヴァ湖(Leva)

エストメスランド連邦にあるドリガル湖の別名。

リグリジット砂丘(Riglijitte desert)

フェルナンド帝国バレラス州、カルカドネ半島にある砂丘。

リッケンマイヤー州(Region of Likkenmeyer)

アマリス帝国(アイスラント領)の1州であり、リッケンマイヤー島からなる。1,630年現在の州知事は、ブラグスト・ミッチェラン。20代なかばで抜擢された。魔術を修めており、統治にもこの能力をよく用いる。ただ、リッケンマイヤー島は人口が極めて少なく、ブラグストが初の州知事として任命されたのも1,629年である。

リッケンマイヤー島(Isle of Likkenmeyer)

アマリス帝国(アイスラント領)の1島。リッケンマイヤー州を形成する。

リファイル諸島(Refile archipelago)

中海にある島々。

リフェルスベルク諸島(Refelsberg archipelago)

北極に近い島々。

リューザー海峡(Luser strait)

ガイラック地方の海岸線とピン半島の間。リューザー湾を外海と隔てる。もっとも隣接する場所でおよそ24マイル程度。

リューザー湾(Luser gulf)

クルート連邦の首都シルメリンが隣接する内湾。ピン半島が凹字に曲がって海からの入り口は狭く(リューザー海峡)、船舶の航行でも難所となっている。これが天然の要害となり、シルメリンへの船舶からの攻撃を完全に防いでいる。

リューブルク(Luburg)

アマリス帝国・クレストスの北にある町で、リューブルク州の州都。人口84,000。漁業の他、様々な工業が盛んであり、また帝国における盗賊の一大拠点となっている。

リングコースト州(Region of Ring coast)

リングコースト平原を中心としたアマリス帝国の州。州都はカイナル。1,630年現在の州知事は、ネアグスト・ホープ。フェルナンドからの移住者。

リングコースト草原(Ring coast grassland)

アマリス帝国のカザル半島の南に広がる草原。

る)

ルヴァル内海(Inner sea of Lval)

フェルナンド帝国北島の中にある内海。

ルートクロス(Lootcross)

ファームズ帝国の首都。人口は120万を数え商業も盛んである。建築様式は中世イギリス風であり、美術的に価値のある建物も多い。

ルーナカルト(Lunacalt)

スニルナ連合の首都。過去にはスニルナ千島帝国の首都として栄え、最盛期の人口は60万を数えた。その地理的な位置によって、古くから自然に島々の盟主となってきた。

ルーレント森林(Forest of Rulent)

アルディア山脈の南にある森林。

れ)

レインボーフィヨルド(Rainbow fjord)

エストメス大陸、フリージング湾の最奥にある小国家。現支配者はオルキウス・シャリンダー。首都はクリスタルベイ。クリスタルベイ内のある場所から、北西「暗黒の領域」方面に巨大な地下空間が存在し、街の本体はそこにあると言われている。

レヴァンド砂丘(Revand sands)

フェルナンド帝国テレジーナ州、クレスト半島にある砂丘。

恐怖地帯(Realm of Horror)

クルート連邦の北にある荒れ地で、恐るべきモンスターの巣窟である。過去さまざまな屈強な戦士や魔術師が挑戦し、帰還しなかった。

レンド草原(Lend grass)

ラムサダス帝国<常緑の平野>の西方にある草原。

ろ)

ローザランド地方(Region of Rosaland)

南ホーメルト・ビスカーヤ付近。以前ローザランド首長国という国もあった。

ロシェール王国(Kingdom of Rosher)

ガイラックの北端、ミラードの東にある小国。首都ロシェール。現在、エリエール・ドゥ・ロシェーリアという名の美しいシーアルフの女魔術師が支配している。

かつてはエリエールの夫だった王が支配していたが、悪辣な反対派の手に掛かり、地上で水分を絶たれて絶命した。

ローズササン半島(Rosesasan Peninsula)

ズィドラス大陸の北側。ハルマヘラ公国群がある。

ロスティア王国(Kingdom of Rostia)

セイレイ大陸の南中央にある、えぐれた地形のなかにある国家。首都ロスティア。一般には知られていない。現支配者はオーレイン・アルカードというヴァンパイア。

分かりづらいが、ロスティア王国はかつてブラウドルという名前だった。現在南東にあるブラウドルは、オーレインに攻められて国外逃亡を図った王が建てた国である。

ロスモリル湿原(Lothmoril swamp)

フレナリック海に面した巨大な湿地帯。中程にリザードマンの大集落がある。

ローディッヒ州(Region of Rodich)

ローディッヒ島よりなるアマリス帝国の州。1,630年現在の州知事は、マイ・ガルド・ターチェック。60歳を越えた敬虔なフレイム教徒。

ローディッヒ島(Isle of Rodich)

アマリス帝国アイスラント領の一島。ローディッヒ州。

ローブ海(Lorb sea)

ラムサダス帝国コルコランド地方の北、コリントの南にある海の名前。北洋漁業の盛んな海であり、「キングサーモン」は世界的な美食といわれている。

ローム地方(Region of Roam)

南ホーメルト地方の一部。かつてのリルガム都市連合の存在した周辺をいう。ローム民族がここから急拡大したことで知られる。

ローラン王国(Kingdom of Rolan)

ウイレヌの西にある王国。首都ローラン。ベルンハルト・ローランが治める。かつて東の地を治めていた大国エルドレス神国から属州が独立したもの。ベルンハルトはその建国者の孫にあたる。

ローランド丘陵(Roland hills)

ラムサダス帝国中央部にある丘陵地帯。ハーフリング(ヒンと呼ばれる)が多数住んでいる。

ロングッド州(Region of Longood)

ロングッド島よりなる州。フェルナンド帝国ロングッド州。州都はニーナ。州知事はクリストフ・エゲルセジ。15年前に併合されるまで、ロングッド王国が数百年に渡って栄えた。王国首都のヨーンだけが、自治を認められて往時の面影を残している(州には含まれない)。

ロングッド島(Isle of Longood)

ホーメルト南北島に挟まれた、ソロモン海に浮かぶ島。ロングッドとは古代ホーメルト語で「永遠不滅の島」を意味するといわれる。また、588年にこの地に王朝を開いたアストロフ・ロングの名にもちなむ。第二キングスパーティの多くはこの島の出身者である。

わ)

ワールドオブタロー(World of Tarot)

ホーストヘルン帝国の中にある自治領。「アルケイナ」の住みかである。

世界楯山脈(World shield mountains)

エストメスランド連邦の南を形作る山脈。太古、踏破不可能の山脈といわれこの名前がついた。