エルヴァート百科事典

  1. 数値、アルファベット、あいうえおの順。他ページにある名詞や過去に設定した語を順次追加しているが、抜け漏れは多数存在する。
  2. 1,630年時点で現存する国名や地名はOverviewに、同じく1,630年時点で生存している主な人物はWho's Whoに譲る。ただしいずれも一般的でない情報は基本的にこちらにだけ記す。
  3. 大小や濁点、長音有無('A' 'a'、'や' 'ゃ'、'は' 'ば' 'ぱ'、'アーサー' 'あさ')は区別しないが、それ以外がすべて同じときには記載順とする。
  4. 「第二次○○」などは、○○にまとめて記す。仮名、二つ名、あだ名、敬称などは、基本的に本人を参照先として示す。
  5. 漢字の見出しについて、→でルビつきの漢字を示している場合は、通常その読み方をしているため参照先を示す。
  6. アルファベットはホーメルトで使用されている想定で記載しているが、地域によりそれ以外の綴りもあり得る。

数字(Numbers)

1艦よく100艦を屠る(A ship destroys 100 of others)

コリント王国の標準戦艦リアノ級を評したもの。他の国の戦艦百隻分の戦力に相当するというものだが、コリントには現在この艦は数隻しかない。

1等星(First magnitude star)

エルヴァートから見える星空の中で一等星(国債天文会議による)は18。明るい順にロック座α(ロケイル、-1.63等)、黄金のドラゴンα(リテンサー、-1.34等)、ペリウス座α(ノア、-0.31等)、貴婦人座α(エル・アルフェン、0.27等)、孤高の星(0.42等)、ミノタウロス座α(ニューマス、0.44等)、不死鳥座α(モルディス、0.51等)、青い鳥座α(ネージュ、0.70等)、暗黒の女王座α(カイラー、0.77等)、ペガサス座α(ヒポルクス、1.13等)、グレートドラゴン座α(ライキューム、1.19等)、ジン座α(ヤルバサール、1.19等)、暗黒の女王座β(リムラー、1.24等)、ハープ座α(ワリスタルス、1.26等)、十字座α(シャクセー、1.28等)、グレートドラゴン座β(ヘスティール、1.38等)、山座α(ダイナスト、1.48等)、グレートドラゴン座γ(ディバイヤード、1.50等)。

1なるもの(The Only One)

エルヴァートを含むすべての世界の創造主。ただしそのような名のイモータルもしくは<古き者>が存在するわけではない。

世界大戦前の創世神話では、彼の心が二つに割れ、法と混沌が発生したとされている。またこの法と混沌はそれぞれプールを生み出した。ル・ソレイユやオルクマルドらの始原の8古代神たちは、みなこのプールから生まれたと考えられているし、神自身の記憶でもそうなっている。しかし、実際にはこれは<古き者>が彼らの記憶を改竄した結果である。法と混沌のプールは純粋な思念のみを生成し、生命体を生じることはない。

2剣要らず(No need to attack twice)

ティアンナ・マークレット

2者(The two)

始めの2者

2の打ち要らず(No need to punch twice)

署聞

3国同盟(3 nations' union)

コルコランド史。ミトランド湖の周りの国、メイスン、ナッポア、ガリーの3国の同盟。1,580年に独立した三国が、2年後に同盟を結んだ。

3国不可侵条約(3 nations non-aggression treaty)

フェルナンド、ジアザー(現アマリス)、ラムサダスが1,615年に結んだ条約。

3次元航法(3-dimensional navigation)

フライあるいは潜水による立体航行のこと。戦艦同士の戦いにおいては非常に有利であるが、やはり艦艇では常時大空を飛翔する戦闘機には敵わないことが多い。

3次元戦闘(3-dimensional battle)

3次元航行を使用した戦闘。戦闘機や潜水艇による攻撃がこれに含まれる。

3大神(3 major gods)

地蔵虚空蔵妙見

3魔都(3 magic cities)

ファーランド、レッドシティ(ウィザードランド)、エントロピー(デスヴァレー)という3つの魔術師の都を合わせて言う言葉。

4強(4 greats)

ドバヌール4強

4国教育会談(4 nation's talks of education problem)

フェルナンド、ジアザー(現アマリス)、ラムサダス、ファームズ帝国による会談。

4国同盟(4 nation's union)

ランカスト4国同盟

4色の智天使(4 Cherubim)

ムーン二神教における赤、青、緑、白のラ・リューンのこと。

4聖獣(4 saint beasts)

ファームズ帝国で信仰されているアディン聖印教の教義に説かれる4頭の聖獣。ヴァーミリオンバード、ホワイトタイガー、アズールドラゴン、ブラックトートイズ。この4つの名は、そのまま皇帝直属騎士団である聖獣騎士団の4隊の名になっている。

4戦士(4 knights)

正確には、「王国王女守護4戦士」。コリントの王族に王女があるとき、剣士としての修業を行い、17歳までに一流の戦士となっていなければならない。この修業は6歳くらいから始まる。14〜16歳の少女がこの期間、王女を守護し、補佐する立場に置かれる。王女以上の厳しい訓練によって、彼女たちは21〜24歳ころには戦士としての限界に達し、次代にその席を譲る。

現在の戦士はティシアラ・ファルティアン(聖騎士)、ヒアナ・ホーランス(魔術師)、カリミア・レイフィス(聖騎士)、ミズキ・フォーブラック(僧侶)。

4つ目のメモル(Memorr of 4 eyes)

メモル・モルニス

4面鬼(4 knights)

ヘレネス王国に仕えた4人の戦士。カルマック・スルサーンを隊長とし、ガンドック・ラーディン、アルシーン・ネイマルト、アバルック・ゲーラスムの4人。全員がジアザー帝国のアマリシア奇襲時に死亡している。

4門(4 gates)

アナーティアの4門

4立体(4 solids)

宇宙の聖4立体

5中神(5 gods)

不動孔雀愛染軍荼利烏枢沙摩

5竜将軍(5 dragon-generals)

ライトネア王国(連合王国ではない)の特別兵団の長たち。以下にそれぞれ500人前後がついており、こちらはドラゴンナイトと呼ばれる。いずれも広く知られた存在ではない。

ドラゴンナイトの実体は、ライトネアの特別な魔術師によって育てられ、肉体を強化されたリザードマン、ホブゴブリン、トロール、オーガ、ミノタウロスの戦士である。人間並みの知性を持ち性格は基本的にニュートラル。ライトネア語で会話する。連王から竜をあしらった専用の鎧を下賜される。それぞれの兵団で一番優れた者が将軍となって同種族の者を率いているのが五竜将軍である。ただしリザードマンのみ、シディス沼の優秀な戦士を多く含んでおり、将軍は沼の大王レガス・フーシュ・オブ・ブラッドクロウの元側近である。

5連王(5 united kings)

エルドレス神国の王たちのこと。五人の王がまったく同列にたち、またすべてのことがらに対して5人すべてが立ち会う、というもの。ただし対外的にはそのうちの最年長のものを代表とした。B.C.2,000年頃、ファーザーズ・ファイヴと呼ばれる5人の神官が国を作った。エルドレス神国の前身である。エルドレスとは、この地方の名前。

7橋(7 bridges)

アナーティアの7橋

7賢人(7 wiseman)

ロングッド史。突如現れたジャマイルドラゴンという混沌竜に、たった7人で立ち向かった勇者たち。名前はエルク・ノンハルド、エイミ・サンロルカス、ファンドア・キィカリー、ポリア・マクシュルツ、アンナ・サザンフェル、ティルド・ナイスゲイト、ラッセル・バリノーフ。生き残ったのはエイミとポリアのみであり、彼らはこの後イモータルとなっている。

ラッセル・バリノーフは「時の旅人」とも呼ばれる存在であり、様々な時代を旅した後にたどり着いたのがこの討伐劇である。

7神将(7 divine generals)

フレイア島の巫女たちのうち7人の武に優れた者たち。

7大航海(7 voyages)

フェルナンド王国の航海王アルバートによる7つの航海。アルバートは1,259年の航海ではるか東を目指し、ついに帰還しなかった。彼がたどり着いた先でザードラ王国を建国した。現在ではこれはただの一仮説となっている。

7大神(7 major gods)

カンスラ密教の上位7柱。世界大戦前からイモータルであった古代神ヴァリス、ファリス、ナリス、シーリス、テュリスに大戦後にイモータルとなったマリス、エルリスを加えた当初の7柱。本来特段の意味はないが、そのときの導師が「カンスラは完成を見た」と言う発言をし、教義の一部となったため、後に神が増え始めてから「七大神」という新しいカテゴリを設けることになった。

7つの門(7 gates)

地底王国に至る隧道にある七つの門。一つ通るごとに被服を一つ、強制的に剥がされる(鎧類は含まない)。門自体がイモータル級クリーチャーであり、モータルには破壊はおろか、傷つけることさえ容易ではない。

7都(7 cities)

愛と夢と幸福の7都

7年戦争(7 years war)

  1. B.C.6,600年頃に始まるエルタニアとアルドレスの戦争。
  2. 民主ロングッドがシリア王国に対して起こした戦い。シリアの持久戦、ゲリラ活動により弱体化したロングッド軍はヴァルジの会戦(現地名ではスサの戦い)に大敗して撤退する。これより民主ロングッド崩壊がはじまるのである。

8弦琴(8 harp)

アルフの楽器。11弦琴から抽出されたもの。いわゆるペンタトニック音楽を奏でるものであるが、高度な技術を持つものはフレットの加減によって通常と比較しても遜色ない多彩な音楽を紡ぎ出すことも可能。しかし、その弾き手は現在絶えてしまったようである。

8星衆(8 star-generals)

アーサー・フェルナンド皇帝の近衛部隊。強力な剣の使い手のみで構成されている。この8という数字は、エルメラン教会八大聖人に由来する。

「真空斬り」ダルス・ゴッドリィ、「噛み砕く剣」レガレイラ、「音使い」イスマイル・カルバラー、「音速剣」ジョルディ・マコーネル、「流星」ラファエル・カルネイロス・バレアレス、「居竦み」ルイス・サッチャ、「天の御手」エーニア・リッツバーナ・リーバイン、「千手斬り」フレイ・ド・カーテルノーズ。剣士と聖人の紐付けはとくにされていない(唯一の女性であるエーニアが聖マリアというのは、巷で言われることはあってもアーサーが考えたものではない)。

8大聖人(8 greater saints)

エルメラン教会の聖人の中でとくに著名な8人。聖アウグスティヌス、聖ステファヌス(シャデラク)、聖アリアヌス(アベデネゴ)、聖アウグストゥス、聖マリア、聖マルティウス(メシャク)、聖ベスパシアヌス、聖ピラトゥス。八星衆の名の由来となっている。ただし、聖アウグストゥスは存在自体が当時の創作であり、実在しない。

9天使(9 angels)

ルミスデンの9天使。クレイオ、エウテルペ、タレイア、メルポメネ、テルプシコラ、エラト、ポリュヒュムニア、ウラニア、カリオペ。

10個艦隊・10個師団計画(Project of 10 fleets and divisions)

196年、スメルのカーブ2世によって発せられた計画。内容は読んで字の如くである。

10者

始めの10者

11弦琴(11 harp)

アルフの楽器。8弦琴のもととなったもの。8弦琴同様、現在これを奏でられるものはいない。

12湖(12 lakes)

アルセン王国の南西部、オスニングと呼ばれる高地に十二の小さな湖があり、その一つ一つのほとりには一人ずつの賢人が住んでいる。その湖群のことも、賢人たちのことも、いずれも十二湖と呼ぶ。クラガン、ズムワルト、スラフニキ、ヌルガリエフ、パイラックス、ハナナースト、ヘテゴー、ミリバンド、メルベル・ギブス、セラヤ、アリス・ミリア、タンサー。彼らは何事にも合議制を採り、周囲の人々を形式上支配している。彼らは皆卓越した力を持つ存在であるが、そのうちの最年長クラガンを議長とし、多数決で決まらない場合は彼の判断を仰ぐことにしている。

土地としてはアルセン王国内であるが、王国に属しているつもりはなく、王国側も不用意に争いを起こすことを恐れて今のところ近づかないようにしている。

12使徒(12 apostles)

魔界の十二将軍

12術師(12 magicians)

  1. 聖魔術団のこと。
  2. マリーナウィザーズのこと。

12将軍(12 generals)

魔界の十二将軍

12星座(12 constellations)

エルヴァートでも、誕生日を表すのに12の星座を用いている。

4月メデューサMedusa
5月グレートドラゴンGreat Dragon
6月Cat
7月青い鳥Bluebird
8月ケルベロスCerberus
9月ジンDjinni
10月Fish
11月Shield
12月銀のランスSilver Lance
1月クローヴィスClovis
2月メロスMeross
3月ロックRoc

13家(13 families)

ラムサダス帝国南東部の旧都市国家群の支配者一族のこと。アトキ、ムート(ヌルメラ)、リベラ、アルテール、ソートス(リューベック)、アルマ、マルタラ(ミランドラ)、シュレーン(ラッチェリーニ)、パセオ(レイストック)、オクサー(マルシーモ)、ナトラムス(パガニーニ)、ラグマルテ、アルテマルテ。旧帝国時代は貴族扱いで権勢を誇っていたが、現在はまだ支配層ではあるものの、その権益は大きく制限されている。

14個艦隊(14 fleets)

ラムサダス帝国の最初の艦隊。この頃はスニルナ、近衛の両艦隊は存在していない。当時まだ軍隊は、「トリオ」という名前で一元化されていた。これが現在の陸海軍に分割されるのは1,616年のことであり、また軍級ができるのは1,620年になる。その1,620年、艦隊は10個+近衛になっており、その後はNoSTOに従って順次数を減らす。現在では5個+スニルナ+近衛である。

15師団・10隻海軍計画(Project of 15-divisions and 10-ships navy)

スメル帝国史。196年にカーブ2世が軍国主義政策に転じて出したもの。

15色の騎士(Fifteen colored knights)

カレンティシアス王国国王直属騎士団。大いなる闇を払うとされる存在で、全員が長命。1,000年前に伝説のアルフ、ニアラシェール・イ・カイルハラスによって創設された。琥珀、漆黒、蒼、碧、葡、淡、紅、紺、橙、桃、山吹、黄土、紫雲、白虹、草。明確なリーダーの取り決めはなく、通例ではその時点でもっとも剣技の優れたものが務める。当代のリーダーは白虹の騎士ニア・タラス。

16個艦隊計画(Project of 16 fleets)

ライトネアの中期海軍構成計画。実際にはその前にNoSTOに加盟し、逆に6個艦隊に減じた。

16武将(16 Generals)

<解放帝>ことラムサダス帝国初代皇帝ラムサダスが、選り抜きの者たちで構成した部隊。総長を近衛団のドロップ・マクシミリアンが務め、また参謀総長には情報局長のイアン・トルネイオスが就いている。組織頭上は軍務尚書、統合作戦本部の下にあるが、実質的に皇帝の直属であり、他の実戦部隊への連絡はすべてここを通じて行われる。そもそも国軍(雷光魔術団、強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)等)の代表者がすべて含まれているので、支障をきたすことはない。ラムサダス皇帝はとくにこの組織を意識しておらず、普段は近衛と同様に扱っている。

20年戦争(20 years war)

  1. B.C.6,600年ころに始まるアカダルとディアルゴの戦争。ベースアルドラ市での軍隊の衝突をきっかけに、一触即発だった両国は全面戦争に入る。
  2. スメル帝国史。ティアマト暦335年に、ドレックス朝第十代国王アスノル1世はオスメリアの焼却作戦を敢行する。アルフたちが黙って見過ごすわけはなく、帝国軍と戦争。アルフの反抗に対してアスノル1世は正規軍6個師団を出撃。途中339年にプレナキアで反乱が起こり、オスメリアは救われたかに見えた。だが帝国軍はこれをわずか6ヶ月で鎮圧、さらに355年には「オスメリアアルフ撲滅令」が発令され、スメル・アルディアの間の土地をすべて占領したため、オスメリアに対する攻撃はさらに苛烈を極め、オスメリア森は焼かれ、多くのアルフが犠牲になった。この作戦によりおよそ2,000人のアルフが森の中で死に、5,000人が奴隷として本国へ送られた。第一次大侵攻はこの年をもって終了する。

26人衆(Twenty-six)

永世王国の実戦部隊で、世界最強といわれる(実際にはカレンティシアス王国15色の騎士やホーストヘルン帝国アルケイナと同程度となる)。<赤の賢者>セイリアン・ダルスもこれに属していた。26という数字はアルファベットの数であり、それぞれの名の頭文字が対応している。もし同程度の力を持つ者が現れた場合、戦わせるかあるいはどちらかに引かせるという形で一人に絞る。

しかし、26人すべてが揃うことは極めて稀で、この人数によって時代の暗黒の濃さが判るともいわれる。無論、たとえばQの頭文字を持つ名前などは存在自体が珍しいので、揃いづらいということもある。

48星座(48 constellations)

シャンメリーの48星座

50年戦争(50 years war)

民主ロングッドによる、イヴァン王国との長期戦。983年から1,034年のメルメトン朝創始による撤退まで。

66星座(66 constellations)

国際天文会議(IAC)で定められた全天の星座の数。

888box(888 box)

コンピュータPC-99801Az(Skylight)上で動作する、PC-88801SR/MRエミュレーションソフトウェア。Skylight上での後継ソフトを揃えるのが数年後になることが考えられ、またゲーム系を移植する予定はないことから、ひとまずエミュレーションによってSkylightへの移行を進めようとしたもの。

99ヶ年無戦闘宣言(Declare of non-battles for next 99 years)

ラムサダス皇帝が、アシュラブレイの乱鎮定の後に発した宣言。国土回復の戦闘によって多くの人命が失われたことによる。いわく、「我が国は、この後99ヶ年のあいだ、他のいかなる国家をも侵害せず、また干渉もしない。この宣言は、自らを国家と認める、あるいは自治を営むすべての人々に適用され、また通用する。ただし、利権の獲得願望を持って我が国の領土あるいは臣民を著しく害するものは、国家であろうとも、自治権を得ていようとも、この限りではない。この場合の用兵行為は『戦闘』にあらず、『自衛』であると信ずるものである。」

帝国ではとくに言及していないが、アルファ人民共和国樹立時の永世中立宣言を一部参考にしたと言われている。

150年戦争(150 years war)

スメル帝国史。1,455年〜。

7,700の計(7,700 tactics)

アシュラブレイがラムサダスに対して反旗を翻した折、正規軍に用いて彼等を苦しめた戦術の総称。

100万の星の図書館(Library of the million stars)

ルーンワールドにあるとされる図書館。

A(Alphabets)

AB

アフター・バーナー・ルーフ

A-B-C

PC-88801SR用の表計算ソフト。

AG

アルヴンガード

AM-Cities

1,625年からラムサダス帝国で開発が進められているマジックコンピュータ。PC-99801Azのような後方互換の制約を考えずに基本から練り直したものとする予定であるが、技術的な問題のため実現に至っていない。当初はオペレーティングシステムなし、あるいは独自OSを考えていたが、1,630年のSkylightの登場によってむしろSkylight用ハードウェアとして設計する方が様々なメリットが得られるという考えになり、その方向での開発に切り替わっている。

AUTO ZORN

アマリス帝国の誇る天才少女である窈湖がPC-88801MR上で制作した、非強制縦スクロールシューティングゲーム。16ウェイショット、3ウェイショット、スーパーバーナー、スーパーボールを駆使して「デカキャラ」と戦う撃ちまくりものである。

A艦隊(A Fleet)

フェルナンド帝国の皇帝麾下艦隊。通常の艦隊より小規模。

B1

ラムサダス帝国で製造されたPC-88801SR/MR用ワープロソフト。

BRASS ALPHA

同じく、PC-88801SRのシューティングゲーム。自機カーマイン・プリルを、プロペラ、ジェット、ヘリコプタに変化させ、「デカキャラ」を倒す。最終ボスは、88801では最大の大きさを誇る。

CityMUX

ラムサダス帝国のマジックコンピュータAM-Citiesに搭載予定のグラフィックコントローラ。

Connect

PC-99801Az/Skylight専用データベース。1,631年提供予定。

Dissolve

PC-88801SRのテキストのみの横スクロールシューティング。

F.F.

ファーザーズ・ファイヴ

FKP

キングスパーティ

F.P.

撃墜姫

F.W.M.C.

強化有翼魔法中隊

GROTIUS

窈湖の開発したPC-88801SR用シューティング。横スクロールシューティング。自機ビックバイパーを操る。パワーアップは、スピードアップ(3段階)、ミサイル、ダブル(上方直線軌道ミサイル)、レーザー、オプション、シールド。クリアするためにはほとんどノーミスで行かなければならない。

この後進化発展型のGROTIUS II、同III、PAROTIUS(パロディ版)などがつくられた。GROTIUS IIIはPC-88801MR用である。

GC

銀河暦

GU

銀河連合

Haley the (flighting) eagle

ハリー・ラズベルト

HEART RANK

PC-88801SRの縦スクロールシューティング。Refiteと同じくテキストのみを使った超高速処理が売り。

HORSE WARS

PC-88801SR用の競馬ゲーム。1,617年にリリースされた。ジアザー・テレビジョン元皇帝のお気に入り。

How to Politics

アーサー・フェルナンドのHow toシリーズ第2弾。彼がロウトアー王立学院の卒業に際して著した本。ツボを押さえた諸解説、巧みな比喩や凡例は各地で絶賛され、18か国の元首が購入したともいわれる。

How to War

アーサー・フェルナンドのHow toシリーズ第1弾。全三巻構成で、それぞれの内容は、戦術・戦略の基礎的内容、応用・心理戦術、グローバルな戦略思考法、となっている。実際に出版されたのは一巻のみで、第二、第三巻はフェルナンド皇室の秘蔵の品とされている。皇子は幼少からこれを学ばねばならない。

IAC

国際天文会議

IC

国際会議

ICC

国際暦法委員会

IN条約

アイスラント・ノブルランド交換条約

JET-88801A

PC-88801SR用のワード・プロセッサアプリケーション。その他にラムサダス帝国などで「B1」や「エーカラ」などが開発されたが、操作感覚、処理速度、マクロ群の豊富さ、画面の見栄えなど大半の面で窈湖の開発したこのアプリケーションには及ばず、結局こちらが各国で使用されている。

JJJ

ジャン・ジェン・ジェマエン

K2

エルヴァートで最高の高さを持つ山。ラムサダス帝国テルドア山脈にある。現地の呼び名はアイ・レリー(「天の山」の意)で、海抜8,333メートル。正確な測量がなされておらず、「世界地勢大全」には「8,296+メートル」と記されている。

KP

キングスパーティ

LaMiT

軍縮条約

LED MIRAGE

ラムサダス帝国第一実戦部隊である強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)の専用プレイトメイル。白銀に輝くベースに、真紅のマーキング。その特徴あるとがったヘルムを見ればドラゴンを彷彿させられる。

LIDEEN

PC-88801MR用の超難易度を誇る縦スクロールシューティング。全8面構成だが、いまだ一周できるのは開発者たる窈湖のみである。一般部門での最高エリアは、ジアザー・テレビジョンの5面である。

LW

リトル・ウィッチズ

NoSTO

北シャイアン洋条約機構

NUTS&STUN

マジックコンピュータPC-88801SRのディスク解析ツール。

OOC

オリンピック開催委員会

PAROTIUS

PC-88801MR用シューティング。GROTIUSのパロディ版。自機はビッグバイパー、トインビー、ヘンスローの3種類から選ぶ。

Pictur

PC-88801SR用グラフィックエディタ。改良版のIIも存在する。

Pictur II

PC-88801MR用グラフィックエディタ。

PC-88801SR

旧アイスラントで開発されたと言われる(実際には発掘された古代コリント帝国の教育用マシン)マジックアイテム。いわばマジックコンピュータである。

1,630年、アマリス帝国ではこの上位機種にあたるPC-99801Azが開発された。さらに1,631年にはマイナーチェンジ版のPC-99821Azが登場予定である。

PC-88801MR

1,622年にPC-88801SRを一旦回収し、処理速度を上げメモリ空間を増大させたもの。完全に別個のマジックアイテムではない。フェルナンド、ラムサダス、永世王国では現役。アマリスでは既にPC-99801Azで情報を取り扱うようになっており、機能停止している。

PC-99801Az

アマリス帝国で開発された、PC-88801SRの上位互換マシン。XGDCを搭載したことにより画像処理性能が飛躍的に向上したが、いまだにメモリ問題などを引きずっている。

PC-99821Az

PC-99801Azのマイナーチェンジ版。1,631年に公開予定。

PPP

民政党

Prophecy

PC-88801SR用データベースソフト。

R&R

ラムサダス

R2

北極大陸の高山。7,182+m。詳細な観測データはない。

R3

北極大陸の高山。7,114+m。詳細な観測データはない。

R4

北極大陸の高山。6,321+m。詳細な観測データはない。

REAS-888Y

PC-88801SR用高速エディタアセンブラ。アイスラント王国で開発されたもの(REAS-888)を窈湖が改良した。Z-R8CPUをフルコーディングでき、未定義命令(CB、DD、ED、FDライン)もサポートしている。

Refite

PC-88801SR用のテキスト機能のみを使用して開発された高速シューティング。

RFX-001

ラムサダス帝国の最初の戦闘機。正式名称ではなくコードネーム。皇帝の命で製造されたもので、ラムサダスはじめ大いに期待するところであったが、外観にこだわった設計主任(センスから異常、などとトルネイオス元帥は酷評する)によっておよそ戦闘機とはほど遠いデザインとして生み出された。建国一周年記念の御披露目時、その機体を見たラムサダス皇帝は一瞬で落胆したという。

このとき、旧スメル帝国の生存者でもっとも操縦に秀でたシオン・エスリークがテストパイロットに選ばれてこれを飛ばせたが、途中で空中分解を起こして命を落とす危険にみまわれた。彼は記念すべき日に失態を演じたことで厳罰を覚悟したが、皇帝は「飛ばぬものを飛ばすことはだれにもできない」といって逆に彼に労った。エスリークはこれに感動して生涯を帝国と皇帝にささげる決心をしたという。

R艦隊(R Fleet)

ラムサダス帝国皇帝直属艦隊。艦隊とはいっても旗艦リベレイターを含めて計4隻、通常艦隊の1/4の規模。RはラムサダスのRだったが現在はラムサディの略とされる。フェルナンド帝国のA艦隊を模して作られた艦隊。

SALU(Super Arithmetic and Logic Unit)

PC-88801SRおよびMRに内蔵されている。グラフィック画面の重ね併せ(プライオリティ)機能や、同時書き込み/読み込み、同時ビット論理演算、マスク処理、ラスター処理、画面分割スクロール、半透明、回転・拡大・縮小などの機能をもった最高水準のチップ。MRではこのチップの使用するワークメモリの増強も図られたが、機能はそのままである。

窈湖の作るシューティングは、これらを効果的に使用したものが数多く存在している。

上位機種にあたるPC-99801/21Azでは、さらに高速・強力になったXGDCを搭載している。

SBKO

社会秩序維持機構

SBLL

ヴァ・ラグレス

SFOD-T

第一特殊作戦部隊、トライフォース

SKP

キングスパーティ

Skylight30

1,630年に発表されたSmallSoftの開発したグラフィカルなオペレーティングシステム。現在はPC-99801Azの専用となっているが、スムーズな設計かつ機種依存部分がほとんどないため、ラムサダス帝国のAM-Citiesは独自のOS開発をやめてSkylight仕様に合わせての開発が進められている。窈湖はさらなる改良をすでにいくつか思いついており、1,631年にSkylight31を発表する予定である。

Skylight31

1,631年に発表予定のSkylight30の改良版。

SmallSoft

アマリス帝国。窈湖が中心となって設立された、PC-99801Az用のソフトを制作する研究所。現在すでに技術者が幾人か育っており、窈湖は名目だけになっている。

SOUND 888

PC-88801SR用のサウンドエディタ。

SRU

スニルナ解放同盟

SUU

スニルナ統一連合

TATUJIN

PC-88801SR用のゲーム。開発当初、最も難易度の高いシューティングとして注目され、ジアザー皇帝を一週間不眠に陥れたほどだったが、LIDEENの登場であっけなくその地位を追われた。全5面構成。現在でも人気は高い方で、唯一1,000万点プレイヤーの複数存在するゲームである。

TKP

キングスパーティ

TW

雷光魔術団

UHG

聖銀河連邦

V8サブちゃん(V8 Sub-chan)

ロングッド王国。青瓢箪曜変の妻。戦士。

Visual Workspace

PC-99801Az/Skylight用ソフトウェア開発ソフト。Skylight上で動作する。

WAR

世界考古学研究会

WAPP

世界美術保存会

WESIF

世界教育科学国際基金

WG

ホワイトガンナーズ

WK

白色騎士団

WW

白色魔術団

XGDC(eXpanded Graphic Display Controller)

μPD77220

X-X

「エックステン」と読む。1,630年発表予定のPC-99801Az(Skylight)用の縦スクロールシューティング。

Yz

PC-88801SR用の美しいヴィジュアルとBGMが売りのRPG。BGMの作曲者がジョディ・イングリスであることが知られている。

ZSR-71

ブラックフェニックス

ZSR-76

スーパーフェニックス

μPD7654A

マジックコンピュータPC-88801SRのFDC。メインCPUとは独立して動作する、サブCPUとして機能する。ただしI/Oはディスクに固定されている。最大4台のリムーバブルディスクをサポートする。MRではメモリ増強が図られたが機能はそのままである。ラムサダス帝国のAM-Citiesでも採用予定で、こちらはリムーバブルディスクのうち1系統を無理矢理固定ディスクに割り当てた。

μPD7654AC

マジックコンピュータPC-99801AzのFDC。μPD7654Aの改良型。動作クロックが向上し、最大64台の大容量固定ディスクをサポート(装置セレクタ(PDA)の上位ビット)した以外は、機能には特段の変更はない。

μPD77220

アマリス帝国で開発された新チップで、従来のSALUの完全上位互換で、かつ処理速度が平均8倍になっている(高速アレイモード転送)だけでなく、動画エンコード・デコード機能も内包し、SmallSoftのSkylight30の要求を満たす設計になっている。XGDCとも呼ばれる。

また99801Azでは廃止されたテキスト画面を再現するため、マップ仮想画面をサポートしている。

「あー!!」(Arrgh!)

アナザー・テレビジョンが自分に内緒でアルデザリアにお菓子をあげるのを見て、窈湖が思いっ切り叫んだ言葉。もちろん、百科事典の先頭のために持ってこられたものである。

アイアイア熱(Aiaia Fever)

<妖精の呼び声>とも言われるエルヴァート特有の病気。「妖精の声を聞いた」と、どこかへ歩いていこうとし、四六時中見ていないとすぐに行方不明となってしまう。感染者のうちの半数近くは夜中の内にどこかへ行ってしまい、さらに半数はそのまま二度と見つからない。

焼けるような発熱を伴うのも特徴であり、こちらが先行することから、高度な発熱を患ったときには病院へいくのがよろしい。高位神官(僧侶)による治療は可能である。

アイアスキネス(Aiaskines)

かつてのライトネア王国海軍提督。1,617年死去。

アイアン・エクストレーム(Eienne Ekström)

アイアン・トリス

アイアン・トリス(Eienne Toris)

かつての永世王国26人衆のE。聖騎士。バトラスの信徒で回復術も使えた。同じ26人衆のゼルディス・シュレーディンガーとは恋人同士とみなされ、その連携は他の追随を許さず「ペアダンスのようだ」と評された。赤髪赤鎧で、青髪青鎧のゼルディスとの組み合わせは「青と赤の剣士」と呼ばれた。本名はエクストレームで現在のデイターの伯爵家。

アイアンハルト森(Ironhalt forest)

シリア大陸、シリア湾に面したあたりにある森林。かつてアルバート・フェルナンドが来訪してここに住むアルフたちの元に逗留したことがある。古くは古代アルフ王国<上代の世>も、この森にあった。当時の気候転換魔術が現在でも機能しており、このためセイレイ大陸の北半分は極度の寒冷地帯にならずに済んでいる。ただしこの魔力は数千年の時を経て徐々に弱まって来ている。

アイアンリング(Ironring)

ロングッド王国のブルック・サイト男爵領にあった闇組織。王国では非合法とされた奴隷も扱っていた。フェルナンド帝国によるロングッド併合時に解散を余儀なくされている。

アイヴォリウス・フィン(Ivolius Fynn)

イルゾニアアルフの一人でラムサダス(ラムサロース)とフロリアーナの父。プレスティアの子。

アーヴィン・ワーリー(Arvin Weree)

グリュンヴァルトアルフ、ワーリー氏族長。

アイオリス救済作戦(Operation Aioris rescue)

1,615年のドバヌール王国によるアイオリス併合作戦。混沌戦争とロングッドによる侵略で指導者を失い、疲弊したアイオリスを救済するという名目の元、ドバヌールは全軍を動かしてアイオリス帝国を席巻し、占領した。

アイオリス州(State of Aioris)

フェルナンド帝国の一州。州都フリンキア。州知事はヨハン・グリルベル。

アイオリス首長国(Emirate of Aioris)

ブーランド砂漠のエーヴリング首長国が周辺部族を統一した後に名乗った国名。さらにシュワルナゼ沿岸を傘下に収めた後にアイオリス帝国となる。

アイオリス帝国(Empire of Aioris)

ホーメルト地方南島の東端の砂漠の国。1,614年まではヨールトン7世の治める豊かな国だったが、混沌戦争で甚大な被害を受けた上に翌年マーク・クレイトン(ジャバウォック)と結託したロングッドの女王マリアに攻め滅ぼされた。ケンタイアの城は壊滅的に破壊され、王族はフェルナンドに嫁いでいた王女エリカを除いて全員死亡した(既に国を捨てて久しいロングッドの盗賊ギルド長、アヴァロン・アメルフスを除き)。

この事件は、フェルナンド王アーサーにロングッド占領を正当化する絶好の口実となり、この直後ジアザーと戦端を開いたロングッドは、フェルナンドおよびドバヌールに滅ぼされる。その折、スロリクトラ・ドバヌールは「救済」と称して旧アイオリス領を占領、首都をアイオリス第二の都市フリンキアへ移転する。以降この地はドバヌール本土となって、1,629年のフェルナンドによる王国占領併合にいたるまで、砂漠の民は侵略者に統治され続けた。

歴史的に見ると、ブーランド砂漠の一氏族であったエーヴリングが前アイオリス首長国を建て、部族を統一した。ヴィラノーヴァ王国・ロングッドによる占領期を経て再びエーヴリングが周辺部族を統一、アイオリス首長国となる。さらにシュワルナゼ方面を併合してアイオリス帝国となった。このときはタラス、スランター、ファルツ、チルスの各属州およびホルツファルト島が領土だった。1,527年、セリオード3世はライゼル・フェルナンド王とともにホーメルト会議を設立した。

部族は、それぞれエーヴリング、アズガグ、エウグラゼ、ハラドそしてリドルといい、エーヴリング健在の頃はその力で対立を抑えられていたが、それがなくなり、さらにドバヌール王が「自由にやってくれ」といった内容の発言をすると、抑圧分を含めて一挙に表面化し、1,626年にはアズガグがハラドとリドルを滅ぼす寸前まで追いやるといった事件も起こった。このとき、エウグラゼ族がアズガグの支配階層を全員殺害し、それ以来彼等が実質的に部族間のリーダーとなった。

だがそれも、3年後のフェルナンド侵攻によって、部族の地位は一律平等、帝国の一州のそのまた一部分ということになった。

アイオン・エル・ファリド(Aion El Farid)

かつてのシリア王国の全軍司令官、兼第一艦隊司令。1,617年のフェルナンド侵攻で(このころは第二艦隊司令)、空軍の力を借りてその軍を撃退したことで中将から大将となり、その後1,624年に王国史上最年少の元帥に昇進している。

戦術面ではかなりの才を誇ったが1,629年の第二次フェルナンド侵攻で戦死している。

アイゴス王国(Kingdom of Aigos)

アルファ史。BC180年にアルファ島で最初に興った王国。初代王はイルベリオス1世。

アイザック(Eisack)

アマリス帝国白色騎士団、ウィスタンリー大将の旗艦。

アイザック・コーネリアス(Isac Cornerius)

ラムサダス帝国情報局。

アイシングスティール(Icing Steel)

レインボーフィヨルドの工房でのみ製錬される、氷のように冷たい鋼鉄。あるいはそれで作成された武具のことをそう呼ぶこともある。製法はレインボーフィヨルド工房長とごく限られた人物のみの秘伝。

アイスアレス(Aisuares)

ライトハイ王国の将軍。1,627年に任じられた。

アイスヴァレー(Ice valley)

Overview参照。

アイス海(Ice sea)

Overview参照。

アイスクリーム(Ice-cream)

ヨーンの発明家カルドレア・アサハルデルンの開発した氷の菓子。その製法は秘伝であり、ほかの人間がどのようにしても、その味を出すことはできないとされている。現に、アーサー・フェルナンドが部下たちを使って何度となく実験を繰り返したが、ついには諦めざるを得なかった。それでもカルドレアがエルヴァートを去ってから、アーサーはこの実験によって生み出されたそれを世界最高のアイスクリーム「レディ・ベレンガリア」として不動の人気を誇っており、つとに知られている。

1,629年の終日にエルヴァートに帰還したアサハルデルンは事態に撫然とし、アーサー皇帝に対して良い接し方をしなくなってしまった。

アイスバード・グードセン(Icebard Gudesen)

ミラード帝国シェリンヒ侯爵。

アイスラント(Eisland)

アイスラント王国、アイスラント州、アイスラント島、アイスラント領

アイスラント王国(Kingdom of Eisland)

北緯60〜70゜付近の寒冷な気候の国。ジアザー・ドバヌール・フェルナンドの連合との戦争で滅亡。200名以上の魔術師を擁する強力な国だったが力及ばなかった。最後の王は、ヴィルヘルム・クルーザス。

アイスラント王国会戦(Battle of Kingdom of Eisland)

  1. 1,613年のフェルナンド、ジアザーによる共同アイスラント攻撃。これは、北方連合を滅ぼしたアイスラントがスニルナに派兵し、同じく調査にやってきたラムサダスと対立、アイスラントが帝国の住民を洗脳し、非暴力非服従運動を展開させたことに端を発する。あまり知られていないが、ラムサダス皇帝および数人の強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)も、この戦いに参加していた。
  2. イェン・ヴェルディによるフォーモスト沖での王国復活反対派艦隊の総滅戦。フォーモスト沖海戦。

アイスラント島(Isle of Eisland)

Overview参照。

アイスラント州(Region of Eisland)

アマリス帝国の州。アイスラント島をその土地とする。州都はライア。州知事はグラス・ヴォル・アーバイン。エンディール侯爵領を含む。

アイスラント常雪地帯

常雪地帯

アイスラント島(Isle of Eisland)

Overview参照。

アイスラント・ノブルランド交換条約(Exchange treaty of Eisland and Nobleland)

フェルナンドとジアザーの間で結ばれた領土交換の条約。本来は調印式の行われた街の名をとってノブル条約だが、両国ともこの名(またはIN条約)で呼んでいる。これによってジアザーは、ホーメルトの地盤を失なう代わりに仇敵ファームズ帝国を挟むという、好条件をえる。かたやフェルナンドは、寒冷な北方を払い、北ホーメルトの大部分を掌中に収める。いずれの側にも有利な条約であった。

低緯度帯のノブルランドに比べ、極圏に近いアイスラントは平面地図と実際の大きさの差異が大きい。また土地資源的にもノブルランドの方が圧倒的に有利である。現に、皇帝ジアザーは初めて土地を見聞した際に(皇帝アーサーに)「騙された」と感じたという逸話も残っている。ただし、その後の調査でアイスラントの地下には様々な資源があることが判明している。

アイスラントの雪解け水(Thawed water from Eisland)

アマリス帝国が1,629年から特産品(というより特製品)の列に加えた、純水に近い水。単にアイスラント地方の万年雪の内側を削って溶かしているに過ぎないが、澄んだ水のため喜ばれ、また美容にもよいとのコピーがあるので女性にも人気である。

アイスラント領(Eisland area)

アマリス帝国の領土で、エルドレス北西に位置する島々の集合体。領という区分は1,629年のジアザー2世即位にともなって廃止されている。旧アイスラント王国の土地である。アイスラント(州都パニアのあるアイスラント島、ハイリール諸島)、ローディヒ(ローディヒ島)、ブランジ(ブランジ島)、リッケンマイヤー(リッケンマイヤー島)の各州に分かれている。その文化はドイツ〜北欧に似ている。

ブランジ島を除けばほとんどが凍土に覆われた土地であり、通常の居住可能域は海岸線に限定される。ただし、州都パニアに関しては旧アイスラント王族の天候変換の儀式によりステップに近い気候になっており、周りには青い草原が広がっている。

人々はカオティックニュートラルが多く、どちらかというと排他的である。アーサー・フェルナンドがフェルナンド公国としてこの地を支配していたときにも、人心を掴むのには相当苦労した。やがてアイスラント・ノブルランド交換条約が発効し、ジアザー帝国の領土となると今度はジアザーに対して同じことが起こり、長官であったジョン・クレイアーは人心獲得に腐心することになる。

アイゼル・シェルスキー(I'sel Schelsky)

かつての永世王国26人衆のI。攻撃力が高い上にそれ以外の魔術をもそつなくこなす魔術師だったが、イルリック・カーサリアンとの勝負で敗北し、引退に追い込まれた。

愛染(Aizen)

馬具座教五中神の一柱。イモータルとしては存在しない。

愛と夢と幸福の7都(7-cities of love and dream and happiness)

カレンティシアス王国の7つの都のこと。すべての人々が幸福に暮らすこれらの街のことを、吟遊詩人ジェミリア・リンドルがこういった。

アイネス・エルディオレ(Ines Eldiole)

フェルナンド帝国陸軍だった、ゼロス・エルディオレの娘。同じ陸軍のウルヴィヒ・セスラーと結婚した。

アイネルス(Einels)

イーストフェリア帝国陸軍第六部隊長(マインフェリア)。

アイヒラー(Eichler)

かつてスメル大陸中央部北側にあった街。ゴール河とフィルバレー河の合流地点にあった。クラウス・リーンフェルンが帝国男爵だった頃の領地。住民の発言が皇帝シュメール・シャイダーの逆鱗に触れ、聖魔術団によって廃墟となった。クラウスは帝国を出奔し、流浪の末ヘレネス王国のスロウズに至った。

アイユール・スノール・セルセラニ(Eiure Snor Serseranni)

元ジアザー帝国白色騎士団第八師団長。退役時の階級は中将。

アイル海峡(Strait of isle)

パルマ海に浮かぶエンペラーズアイルの西側。

アイル・サザーン(Ille Sussern)

かつての永世王国26人衆のI。戦士。ハイランドの双子の兄。

アイルベルト(Isle belt)

Overview参照。

アイ・レリー(Eyes Lalliet)

K2

高山であるK2の現地の呼び名。正式に認定されていないため、もっぱらこう呼ばれる。

アヴァロン・アメルフス(Avaron Amervse)

Who's Who参照。本名はアロン・エーヴリングと言い、エーヴリング族の一人であるが、そのことは親しい友人にも隠している。アイオリス帝国最後の皇帝ヨールトン7世の父、セリオード3世の弟にあたる。魔術師ギルド長イスカルド・アルヘルムスだけはこのことを知っているが、本人の意思を尊重して誰にも口外していない。1,525年、27歳のとき、王族の地位を捨てるとともにアイオリスを出て、以後一度も祖国の地を踏んだことはない。兄セリオード3世がライゼル・フェルナンドとともにホーメルト会議を創設した1,527年から現在の名を名乗っており、1,541年にはこの名でヨーンの盗賊ギルドのトップに上り詰めた。

1,615年にロングッドが祖国を襲い、親族のヨールトン7世、マーゼル、ザナックが相次いで戦死した際はさすがに無心ではいられなかったようだが、結局なんの行動も取れなかった。彼はこのことを多少悔いているようで、その後(自身を除けば)一族唯一の生き残りとなったフェルナンド皇后エリカと、その子供たちへ危害を加えようとする者を人知れず闇に葬る行動を取っている。例えば、1,625年初のエリカ誘拐事件は、一般にはエリカが自力で誘拐犯の元を脱出したとされているが、実はこれを察知したアヴァロンが誘拐犯の中の魔術師と首領を暗殺したことで、実質的に彼女の脱出を阻むことができなくなっていた。

アヴァン・ケルヒ(Avan Kelhi)

ホーストヘルン帝国、ヘルン王国国王。1,618年即位。

ア・ヴィー(Ak Vih)

騎士ルーファス・エンヴィオールがティアンナ・マークレットの助力を得て倒した巨大な魔獣。

アヴェターニャの大虐殺(Massacre in Avetagna)

ミストル史。キクラーク西方アヴェターニャの街で、国教だったテシアス教の信者が多数のフレイム教徒を殺害した事件。リューナー戦争の発端となった。

アヴォルドリオン1世(Avoldorion I)

かつてホーメルト南島に存在したクルランダ帝国最後の皇帝。本名フィルミスト。ヴィセンザ2世の長男でツヴェンの兄。

アウカイ・ネトキ(Aukai Netoki)

ウッティ帝国最後の皇帝。1,615年末のラムサダス帝国介入時に死亡。

アウグスティヌス(Augustinus)

エルメラン教の八大聖人のひとり。

アウグストゥス(Augustos)

エルメラン教の八大聖人のひとり。実在しない。

アウグスト・ゲオルク・ヴェーバー(August Georg Waber)

アマリス帝国白色銃化兵長。中将。

アウグスト・ジョージ・ノエル・ラ・モーゼ・ドゥ・マイエル(Augusto George Noel La Morse de Meier)

元ジアザー帝国白色騎士団師団長。結成メンバーの一人。1,615年のロングッド戦役で戦死し、大将号を諡号。彼の家族は複数の国の有力貴族が絡んでおり、分かりづらく長い名前になっている。

アウトバーン(Outburn)

フェルナンドロード

アーサー皇帝はフェルナンドロードをこう呼ぶ。

アウフェルシュテヘン(Auferstehen)

1,300年頃、クリストファー・エル・ギルフォード作曲。

青い鳥(Bluebird)

  1. 黄道十二星座の一つ。
  2. ミーホーンの青い鳥

蒼き流星のイリオン(Irion the blue shootingstar)

イリオン・フェイト

青死病

青死病

青のハール(Herl the blue)

ハール・レッシェル

青のラ・リューン(Blue La Lune)

ルナ教、ムーン二神教の一柱。思考の領域のイモータル。モータルの頃の名はカトリネルまたはイスミエルダ。ルーンワールドの出身であり、ルーンワールドでは神としての彼のこともカトリネルと呼ぶ地域もある(ラ・メール教)。エルヴァートに彼の名が知られるようになったのは、ルーンワールドからエルヴァートへ転移した僧侶がルナ教を創始したことによる。その後ラ・メール教もエルヴァートにもたらされている。

青瓢箪曜変(Ao-Byotang Yoheng)

ロングッド王国に住んでいたエルメランの僧侶。V8サブちゃんの夫。

赤き髪のフィンドレー(FIndlay the red hair)

フィンドレイ・ジーディアス

赤きルーンの都(Red rune city)

レッドシティ

赤きロッド(Red rod)

活力の領域のアーティファクト。

アガス・ドレックス(Agas Drex)

ティアマト暦元年頃のスメル王国の国王。カーブ・ドレックスの父。

アカダル(Akadar)

かつてエルヴァートに存在した大国。ディアルゴとの20年戦争が知られる。エルヴァート世界大戦の張本人の一国。

暁のイリオン(Irion the Dawn)

イリオン・フェイト

暁の戦士たち(Dawn fighters)

上つ世、混沌の軍団に立ち向かったアルフや人の子の戦士たち。<炎の妖精王>ヴァンガード・クロイエンや<銀の剣>ラメル、エルヴァートらを指す。

暁の旅人

暁の旅人

アカドリア(Akadoria)

バグラニュー文明に起こったミタロニアを滅ぼしたとされる、北方民族。出自は分かっていない。

朱のオーブ(Scarlet orb)

活力の領域のアーティファクト。

赤の神(Red god)

ブラックモウ

赤の賢者(Red wise)

セイリアン・ダルス

赤の伝説(Legend of the red)

ナイトフレーム

赤のラ・リューン(Red La Lune)

ルナ教、ムーン二神教の一柱。活力の領域のイモータル。モータルの頃の名はサラディーナ・カールス。ゼルディアンをパトロンにイモータリティを得た。

赤のレオン(Leon the Red)

レオン・ヴォージア・リカードゥ

アガラッシュ島(Agarash's isle)

Overview参照。

アカラット1世(Akarat I)

アカラット王国の初代国王。

アカラット王国(Kingdom of Akarat)

かつてセイレイ大陸に存在した国家。現在のリコーン湿地付近から南へ広がっていた。首都イグノス。アカラット共和国になった後、シリア王国に併合された。

アカラット共和国(Republic of Akarat)

かつてセイレイ大陸に存在した国家。アカラット王国が共和制に移行したもの。首都イグノスの戦いで敗れ、シリア王国に併合された。

アーキ・サンウ(Ahki San-u)

山雨

秋津(Akitsu)

裏エルヴァートにあった耶甫内の首都。<愚者>の大規模魔法攻撃で破壊されている。

アキピテリウス(Accipiterius)

イモータル ロリスのモータルの頃の名。先天性の不具者だった学者。デヴァス教では当初彼の名前がそのまま用いられた(ロリスが当初そう名乗った)が、カンスラ密教への導入後ロリスが自ら神名を改めたため、現在ではデヴァス教でもロリスとなっている。

アキロス(Akiros)

ペルタニグレ半島東部にある街。かつてフリーゼル王国の首都だったが、バラカンスに滅ぼされた。いまでもその子孫たちは住んでいるが、ごく少数である(バラカンスは遊牧の民のため、街に留まることがない)。

アキロスの戦い(Battle of Akiros)

バラカンス史。1,102年、5年前のアラドキア平原の戦いでバラカンスに大敗したフリーゼル王国首都における最後の抵抗戦。すでに軍団という体を成してはおらず、戦闘は一方的かつ短時間だった。

アキン法(Akin Law)

古代ミラード(ミラルト)、サンダラン王朝群の法。第11王朝第3代のイムホテップ王が作らせた。

アクアマリンドラゴン(Aquamarine Dragon)

裏エルヴァートの海に棲んでいる海竜。水の精霊界からやってきた。身体は大きいが力はそれほど強くなく、屈強な戦士であれば一人で倒すことも可能。

アクセラ(Accela)

  1. 古代神。「赤の女王」「赤き夢の主」と呼ばれる活力の領域のイモータル。この領域で知られている中ではもっとも古い神の一柱(女神)。法のプールから生まれた、と彼女自身は記憶している。これは<古き者>による記憶の改竄であり、実際には別の宇宙でイモータリティを得た存在である。
  2. エルヴァートのある星マルスが属する星系の第五惑星。視等級は最大で-4.67になり紀元前から認識されていた。

「悪党に墓標はいらん」('It need not make a grave for villains')

ラムサダス帝国においてリンダ・タルシスと相殺したウェルナー・ケインにラムサダスが墓石を立ててやったところ、突如ジアザー・テレビジョン皇帝がテレポートしてやってきた。ジアザーは裏拳で墓石を打ち崩し、ひとことこう言ったという。ラムサダス帝国で語られる伝説であるが、史実かどうかは本人が死んでしまっており、ラムサダスも語らないため定かではない。

アーグナ(Argna)

活力の領域のイモータル。モータルの頃の名はクライエル・ビーンコート。

アーグナの投げ矢(Argna's darts)

レイピアのアーティファクト武器。投げつけると弾かれない限り確実に敵に命中し、身体を刺し貫く。

アーク・ラッフルズ(Arc Raffles)

ラムサダス帝国外務尚書。現在は宰相オーギュスト・ラマルティヌに近いと言われるが少年時代は義賊であり、アトキにいた頃は奴隷だったブジュンブラに食糧を差し入れていた。

百科事典一番になるためだけに生み出された名前。しかし当然長くはもたなかった。

<悪魔>

悪魔

悪魔の海(Sea of devil)

Overview参照。

悪魔の剣(Devil sword)

無秩序の領域のアーティファクト。

アグラ公国(Principality of Agra)

ハルマヘラ公国群の一国。

アグラフォス(Agurafos)

ライトハイ王国の将軍。1,628年に任じられた。連合王国の将軍の中で現在一番新しく任じられた将軍。

悪霊(Teufelchen)

1,500年代にヘルマン・フォン・ヴァースベルクが作曲。

アクレス・シュトース(Acres Shtorse)

かつての永世王国26人衆のA。戦士。1,613年の危機に際し、操られたタムサルスを相手に苦戦しながらも押しとどめた。半神にとりついたイモータルが倒されたことによってタムサルスは解放された。1,625年に死亡している。

アクロス・フォトラスト(Across Fotolust)

ノブルランド〜ジアザー帝国でステングリッツを治めた伯爵。アイスラント・ノブルランド条約発効でジアザーに同行し、リソアニアを新しい領地とした。

アケルトス(Akeltos)

アマリス帝国リングコースト州の街。人口42,000。ミシェル・エルヴィナド伯爵が治める。

アケルナー・モールド(Achernar Moald)

モールド王国の王子。リルル・カノープスの母違いの弟。

アゴラス(Agoras)

  1. 海の王国の首都。タンジャハッドの村の名をつけたと言われる。1,386年の独立後に、それまでのヒアザイを改称した。
  2. タンジャハッド、マユリ湖岸にある村。

アゴラス攻防戦(Battle of Agoras)

アルファ史および海の王国史。699年。アルファティウス帝国がクーリル王国を滅ぼした戦い。ただし、アゴラスという名は1,386年の海の王国独立後の名前であり、当時はヒアザイの戦いと呼ばれた。

アゴリ公国(Principality of Agoli)

ハルマヘラ公国群の一国。

アゴルリアス・マーグ(Agolrias Marg)

アルファティウス帝国末期の騎士団、シルヴィスの結成当時の一員。

アーサー(Arthur)

フェルナンド公国騎士団の一員。

アーサー・ティンタジェル(Arthur Tintergel)

ペル・ルシフェルを信奉する邪教「人間らしさを捨てる会」の教祖。当然のことながら非常に力のある神官であったが、キングスパーティによってペル・ルシフェルが倒され、神力に頼むことができなくなり、自害して果てた。1,542-1,615。

アサ・テグバラスカン(Asa Degbalaskan)

アルファ帝国史。反乱を起こし鎮圧された。

アザド(Szad)

エストメスランド連邦の一州。州都アティン。

アサノイス・ロデリカノス(Asanois Rodericanos)

Who's Who参照。

アーサーピストル(Arthur Pistol)

アーサー・フェルナンド皇帝の持つ魔法のピストル。ジアザー・テレビジョン制作の一品物。38口径で小型の弾を発射する。射出機構は魔法だが、弾丸は本物の火薬であり、アーサーはしばしば火薬量を増やした弾(マグナム弾)を装填している。装弾数6。魔術師が使う「魔法の矢」のように自動命中することはないが、代わりに当たり所が悪ければ大半の生物を即死させることができる。

アーサー・フェルナンド(Arthur Fernand)

Who's Who参照。

アーサー・フェルナンド王国(Kingdom of Arthur Fernand)

一部の歴史家が使用する表記。混沌戦争によって王国が滅亡し、中断したため、1,615年にアーサー・フェルナンドがサミで王国復活を宣言した後の時代をこう呼ぶ。

アーサー・マクスウェル(Arthur Maxwell)

フェルナンド帝国商務長官デヴィッド・マクスウェルの息子。皇帝アーサー・フェルナンドの名をつけた。

アザーリア・ディファイン(Azerlia Difine)

ファーランド術者都市に暮らすシルヴァニア(エルスルム)アルフ。

アーサー・レキシントン(Arthur Lexighnton)

フェルナンド王国でルヴァルを治めた男爵。無カミザ時空では亡国ルヴァル王国の男爵。

アサミ・ソルーワート・フォーブラック(Asami Thoroughwort Forblack)

コリント王国守護戦士ミズキの姉。本名黒羽凰藤袴朝美

アサリアム(Athariam)

スメルスタンアルフの王。アルデザリアの兄。B.C.1,500年の人間との戦闘で死亡してしまう。

アザワイズ・テレビジョン(Otherwise Television)

ジアザー・テレビジョン2世

アーシィ・ドライアー(Earthy Dryer)

ラムサダス帝国相談役セオドア・ドライアーの次女。

アージェッド王国(Kingdom of Erjed)

かつてスメル大陸に存在した国家。ファンドリア・シャイダーが直接指揮を執って下した。1,127年に滅亡。

アジェンド・ウル・ネルヴィ(Ajend ul Nelvi)

イモータル ゾクヴァルオンのモータルの頃の名。海の王国の国王だった。馬にしか興味を示さず、延臣の選んだ妃も放置して馬と共に寝食を共にした。

アシックス・ブランド(Asix Brand)

アーサー・フェルナンドがアレックス・グラントの偽名でロングッド王国男爵となったとき、名前が似ているというだけの理由で仕官し、採用してもらった人物。

アジノ要塞(Fort Ajino)

フェルナンド帝国アイオリス州、スランター山地とトゥルース森の間にある要塞。スロリクトラ・ドバヌール王によって建設された。

アジノ要塞の戦い(Battle of Fort Ajino)

フェルナンド帝国のサンダーストーム作戦によるドバヌール王国攻略戦のひとつ。

アシャス(Ashas)

ファームズ8世

アジャスキンス(Adjuskins)

シルメリン共和国の街。人口700,000。市長はミルクロス。

アシャドリア(Ashadoria)

古代カート文明において、統一国家ダディスの衰退期にメネア、ヴィデアドを含めて覇を競った国家。首都メ・カ。ヴィデアドと連合してダディス、メネアを滅ぼすが、ヴィデアドの裏切りにあって滅亡する。

アジャドル(Ajadol)

ラムサダス帝国の街。

アシャハーン(Ashaharn)

史上初めてホーメルトを統一した王国(B.C.7,200年ころ)。もとはオージャスからの流浪の集団であり、やっと青銅器の恩恵を受けつつあったホーメルト全域に、鉄器の威力をもって統一王朝を創始した。

アジャン・エウグラゼ(Ajan Eugraze)

ホーメルト南島、ブーランド砂漠エウグラゼ族の前部族長。彼自身知勇に優れた聖戦士として名をはせたが、息子ラフィアの高い能力を認め、50歳にならずに位を譲った。

アシュラハーン(Ashraharn)

シリア王国海軍アル・アッブール提督の旗艦。

アシュラブレイ(Asrabrei)

マアト・ソルレディ

アシュラブレイの乱(Rebellion of Asrabrei)

自らの務めを果たしたと感じたアシュラブレイが、1,620年に皇帝ラムサダスに対して反乱を起こした。軍人のうち、アシュラブレイに皇帝位を受けてもらいたいもの、あるいは単に取り入りたいものなどが参加して、大規模なものとなった。アシュラブレイはいわゆる7,700の計略を使用して皇帝及び正規軍を苦しめたが、最後にラムサダスの一騎打ちの申し出を受け、数時間の激闘の末に敗北、反乱は集結する。彼女の真意が奈辺にあったのか、今となっては神のみぞ知る、であろう。

アシュリー(Ashley)

フェルナンド公国魔法部隊の一員。

アシュリス(Æshris)

<烈火神><浄化の炎><体現者>と呼ばれるフレイム正教、カンスラ密教の神。活力の領域のイモータル。ロングッドでは「火の神」として一部信者がいる。カンスラ密教への導入は1,396年。

アシュリスの化身(Incarnation of Æshris)

ヴィクトリア・レスティン

アシュレール・シャイダー(Ashrel Shyder)

スメル帝国シャイダー王朝の初代皇帝。406年の即位。505年の高度魔法兵器開発令などが有名である。また658年には同じダークアルフのジョルツの興した教えを国教とする。

795年、帝国への参加要請を拒んだ<常緑の平野>付近の住民に対して地殻爆裂波砲を使用、一帯を<死の荒野>へと変貌させる。

894年に死亡するが、いまだ彼は500年程度しか生きていなかったはずであり、弟であったメルセットの毒殺ではないかとも囁かれている。ともあれ、メルセットが直後に第二代皇帝として即位、10年を経ずしてファンドリアの挙兵となって内乱の二世紀に突入する。

アースウィザーズ(Earth wizards)

<死者の王>リッチに仕えていた魔術師達。シーザー、エルザのシュナイダー兄妹によって全滅させられた。

アスカ(Aska)

スニルナ特産の紅茶のブランド。

アズガグ族(Azzgagg)

ホーメルト地方、ブーランド砂漠に住む氏族のひとつ。中心地はメルク。

アスカタン山脈(Askatan mountain range)

Overview参照。

アスカラス1世(Askaras I)

ロングッド王国メルメトン朝第二代国王。本名はシモン。

アスカ・ユラン・フォーブラック(Asuka Yulan Forblack)

コリント王国守護戦士ミズキの妹。本名黒羽凰白木蓮明日香

アースグリム(Ahsgrim)

ファームズ帝国、ファームズ王国、キールマン男爵領の街。人口160,000。支配者はキールマン2世。

黒の矢(Ahzzgrgf)

上つ世、現在のアイスラント(セレドリム)にいた創始の混沌竜。ラ・ドラコと呼ばれる創時の力を持った種で、多くの人間、アルフが命をおとした。B.C.4,489年、<銀の剣>ラメル・クロイエン、スレイアーン・ブラーンシュ、アストルリークに倒される。弟竜は茶の矢で近世まで生き延びる。

アズ・ズフリ砂漠(Az-Zfri desert)

Overview参照。

アスティニア(Astinia)

エルヴァートの並行世界のひとつ。フレンダーノ辺境王国のトリカッセスは元々この世界の生まれ。

アステリア(Asteria)

物質の領域のイモータルで、<星の管理者>と呼ばれる。モータルの頃の名前はステリス。元26人衆タムサルスの姉であり、シュタルアルフ。

アステル(Astel)

ムーンクレア教国の巫女、銀の教母

アストラッド・ファームズ(Astlad Farmes)

Who's Who参照。

アストラルスター(Astralstar)

Who's Who参照。本名はネヴュリアルス。

アストラルランチャー(Astral launcher)

ラムサダス前皇帝が開発を指示している、フレームランチャーを超える最強の破壊魔法兵器。皇帝はセレスティアル・パレスにこれを3門載せることを考えているとされる。運が悪いとアストラルプレーンへ転送されるほど、時空にゆがみを引き起こす。

アストリル・デルスター(Astril Delstar)

コリント王国第四艦隊司令。中将。ミリバンド・デルスターの甥。

アストール朝(Astor dynasty)

588年にアストロフ・ロングが開いたロングッドの王朝。ロングッドという名の起こり。

アストルリーク(Astolreec)

神々の気紛れにより、永遠に時空を旅するように運命付けられた戦士。エルヴァートにおいては、B.C.4,489年ラメルの黒の矢退治に、1,015年にタイムスリップしたラムサダスのガルガンテュア退治に、1,614年の第二キングスパーティのスメルスタン行などにそれぞれ同行した、と伝えられる。実際にはさらに様々な場所に出現している。

アストロフ・ロング(Astorov Long)

588年、ロングッドに王朝を開いた人物。このロングを元にロングッドという名称が生まれた。なお、ロングッドは造語でもあり「永遠不滅の島」を意味する。

アスノル1世(Asnol I)

スメル帝国ドレックス朝第十代皇帝。ホーリックアルフによって暗殺される。

アスフィティモ(Asfitimo)

カレンティシアス王国の街。人口22,200。

アスフォール(Asfort)

聖銀河騎士団の一人。<青の魔術師>アスフォールと呼ばれる。

大地の胎動(Athminor Leter)

ラメル・クロイエンの大呪。B.C.4,009年のいわゆる<星の戦い>では、ラメルのこの呪文と、スレイアーンの<天の轟雷>がぶつかりあい、その反動は大地と天空を引き裂いた。

アズラドル帝国(Empire of Azradol)

外宇宙から現れた宇宙帝国。G.C.378年のコリント戦役で聖銀河連邦と戦った。

アスリアノル(Asri-Anor)

アルファ語で「女王」。最後の女王はアスリアノル7世。守護神シルヴァーがゴール神によって消滅させられると、神の力を失って死亡した。

ディンロミンナルアは初代からだが、アスリアノルの号は魔女ディストリアがディンロミンナルア4世の妃となった後に作られたもので、1〜3世は遡って与えられたもの。

アスリアノル1世(Asri-Anor I)

アルファティウス帝国のディンロミンナルア1世(フラビオ)の最初の妃であり、第二代マルセロの母。本名は伝わっていない。ただしアスリアノルは4世が最初であり、1〜3世はその後遡って送られた号のため、長寿は得られていない。

アスリアノル3世(Asri-Anor III)

ディンロミンナルア3世の側室であり、ディンロミンナルア5世の母。本名はイボリア・ウルディンで、ヴァリク・ウルディンの孫。ただしアスリアノルは4世が最初であり、1〜3世はその後遡って送られた号のため、長寿は得られていない。

アスリアノル4世(Asri-Anor IV)

ディンロミンナルア4世の妃で、魔女ディストリア(ディストリア・アフラ)。アスリアノルの号は彼女がディンロミンナルア4世に進言して成立した。ただし体質と信教の問題で、彼女自身はシルヴァーの力を得ることはできなかった。このため第五代ルメットとその弟イスミトはディストリアの子ではない。5世〜7世が、ディンロミンナルアと同じ寿命を得た。

アスリアノル5世(Asri-Anor V)

ディンロミンナルア5世の妃。

アスリアノル6世(Asri-Anor VI)

ディンロミンナルア6世の妃。

アスリアノル7世(Asri-Anor VII)

ディンロミンナルア7世の妃。1,614年の混沌戦争の末、シルヴァーがゴール神に喰われて消滅したため、夫とともに老化し、死亡した。

アスリアノル8世(Asri-Anor VIII)

ディンロミンナルア8世の妃。フリット・ラウディスの母。ただし正式に与えられたものではなく、あくまでフリットがそう呼んでいるだけである。

アズールドラゴン(Azure Dragon)

  • ブルードラゴンとも。アディン聖印教で信仰される獣神の一柱。東の守護者とされる。
  • ファームズ帝国聖獣騎士団のひとつ、あるいはそのリーダー。現在のリーダーはラグリオン・モズライト。

アスロ・フォーレ(Asro Forre)

ラムサダス帝国海軍第二艦隊幕僚。

アスロン・テルノール(Atholon Telnor)

騎士

アスワン(Aswan)

ミラルト文明の第一王朝群。サンダラン、アメンラーと続く。第2王朝の始祖イングビ1世はミラード帝国に至るすべてのこの民族の守護神であり、現在はイモータル・エンクヴェイとなっている。

アスワン・ラー(Aswan Lah)

ミラード帝国のコーヒーのブランド。

アソリア(Asoria)

ニュートラル教の一柱。時間の領域のイモータル。<混沌の緩化者>。モータル時代の名はフェルティミネル。

アダー(Adder)

サイ型のヒューマノイド。パキダミオンのひとつ。

アダム・シャールン(Adam Sherlun)

エルスルム王国シャールン市長。

アタラ公国(Principality of Atalah)

ハルマヘラ公国群の中の一国。

アダ・ヨシュニス(Ada Yoshnis)

嘉那須熱海

アタランテ・ステュアート(Atalante Stewart)

ファームズ帝国クライソン侯爵の妻。エデン・ステュアート伯爵の娘。

アーダルジェット(Erdaljet)

活力の領域のイモータル。<空の乗り手>と呼ばれる。モータルの頃の名はモデル・カサル。

アック峡谷(Ach canyon)

Overview参照。

アッサブ(Assub)

ハルマヘラ公国群の紅茶のブランド。ファームズ帝国のマンダナグル社を通じて表エルヴァートに少量がもたらされている。多くはファームズ帝国で消費されるが、ラムサダス帝国の先帝ラムサダスも、自国のアッサブと甲乙付けがたいと評している。ただし、表の世界では産地はファームズ帝国内と考えられており、ラムサダスもそう認識している。

アッジャール・ザンドルディン(Assahr Sandordin)

かつての永世王国26人衆のA。戦士。

アッセル(Assel)

ホーメルト南島、ブーランド砂漠の1部族エウグラゼの中心地。

アップビーター(Upbeater)

ラムサダス帝国で製造されるピーナッツバターの銘柄。イアン・トルネイオス他、宮廷にも何人か好んでいる者がいる。ピーナッツはラムサダス帝国では常食になりつつあるが、他の国ではあまり食べられていない。

ピーナッツの生産は8割が挲坏瀝南部に集中している。バター化する前に乾燥が進むと毒性が出るため、輸送・製造が難しいとされる。魔法で保存したり毒性を中和することは可能であるため、組織に中位の僧侶や魔法の使い手が数人配置されている。

アディア・ケイガン(Addia Keigan)

イモータル・リザベルのモータルの頃の名。エルスルム動乱においてエルスルムの地を追われたサイノズ族の一人。クリューガー王を強く憎んでおり、それは300年を経た現在でも変わらない。イモータルとなる前の厳しい鍛錬や挑戦さえ、クリューガーに復讐するためという、その一点を目標として耐えた。

アディアン・ノートリス(Adian Nortris)

Who's Who参照。

アディマール(Edimar)

ルーンワールド、ルーン帝国第14代皇帝。屈強な魔法戦士。ルーン続暦2,133-2,179。

アティン(Atin)

エストメスランド連邦の一州アザドの州都。

アディン(Adin)

  • シャリル
  • アディン(海洋神シャリル)の用いる神秘的な文字。

アディン聖印教(Religion of holy symbol of Adin)

アディン(海洋神シャリル)への信仰。シャリルは元々は沿岸地帯で信仰されていた神で、アディン聖印教成立時に神の描く文字アディンをそのまま神名とした。カンスラ密教でもシャリスの名で信仰される。ファームズ帝国の国教であり、ミュンハイムおよびその周辺で信仰される。皇帝直属騎士団である聖獣騎士団のヴァーミリオンバード、ホワイトタイガー、ブラックトートイズ、アズールドラゴンは、アディンとともに信仰される四柱の獣神である。

アデリーヌ(Aderene)

エルドレス神国ヴォーテルジー王国王女。最後の国王オーリエックと妃イルレンローエの娘。1,613年のアイスラント侵攻時に逃げ延びて存命。1,594-。

アデル(Adel)

Overview参照。

アデレイド・キャスル(Adelaide Castle)

アデレイド・サナリオン

アデレイド・サナリオン(Adelaide Sanalion)

スメル帝国史。9世紀の著名な生物学者。とくに植物。ジョルツ教の僧侶。旧姓のキャスルで呼ばれることもある。ラクナティス・ファルティアンは定期的に彼女の残した著作に頼っている。

アデン・イッサ(Aden Issas)

かつてホーメルト北島にあったセミルセシア国最後の代表。

アドヴィリス2世(Adviris II)

ジャンダル王国の国王。隣国であるフレッドジャー王国を征服しようと計画を練っている。

アトキ(Atoki)

スメル大陸東岸、バックランディアに近い新海に面した都市。アルフ・人間戦争時代はグレゴリー・シャイツの帝国首都。

アトス・ラ・フォール(Atos la Fore)

カプルカント〜ジアザーランド〜ジアザー帝国でプロルシルヴァナを治めた伯爵。ヘレネス移転に随行せず、そのままフェルナンドの平民となった。

アドニス・イルダネス(Adonis Illdanes)

アルファ人民共和国海軍卿。43歳。

アドマール1世(Admarl I)

メルメトン朝ロングッド王国第五代国王。本名はローランド。

アドマール2世(Admarl II)

メルメトン朝ロングッド王国第八代国王。本名はポール。フェルナンドの<流血王>ヘンリー・フェルナンドによる服属命令を無視した。

アドマール3世(Admarl III)

メルメトン朝ロングッド王国第十四代国王。本名はレナンド。

アトランティス(Atlantis)

アトランティス王国の首都。

アトランティス王国(Kingdom of Atlantis)

Overview参照。「アトランティス」は「アトリスの娘」を意味する。

アドリエ(Adorie)

エルメラン教の聖人のひとり。

アトリス(Atlis)

バート

アトリス教(Atlis religion)

アトランティス王国で信仰される。主神はアトリス(バート)。

アトリアン(Attorean)

アマリス帝国東エルド州の街。人口140,000。アトリアン伯爵領の中心都市。現在の支配者はサイス・アトリアン。

アトリエル(Attoriel)

ライトネア王国潜水艦隊の提督。1,623年に任じられた。

アドリムール(Adorimool)

クルート連邦陸軍第六師団長。中将。

アドリル(Adryl)

スノーヒル

アドリル(City of Adryl)

Overview参照。

アドリル氷河(Adryl glacier)

Overview参照。

アトルスの戦い(Battle of Atols)

スメル帝国史。内乱の二世紀でファンドリアがメルセットに対して完勝した戦い。

アドルフ・アンドレアス・ハイデッガー(Adolf Andreas Heidegger)

かつてのドバヌール王国海軍艦隊司令。中将。旗艦はヴェルレーヌ。

アドルフ・フィルソル(Adolf Firsor)

エルドレスの作曲家。1,300年頃、「ポニア」を作曲。

アド・レーミック(Ad Lamick)

フェルナンド王国の政党集会、「民主連合」の党首。穏健な性格で、リチャード王にもそれなりに認められていたが、アーサーの集会結社の弾圧(制限)によって党が解散に追い込まれ、その後は故郷であるフェザーナイトへ帰って菜園を営んでいる。

アナクシメネス(Anaximenes)

かつてのライトハイ王国将軍。1,622年引退。

アナザー・テレビジョン(AnOther Television)

Who's Who参照。

アナザー・レイディオ(AnOther Radio)

アナザー・テレビジョン

アナーティア(Anertia)

  1. <魔界の公爵>と呼ばれる混沌の神。無秩序の領域のイモータル。アナーティア王国の建国者、守護神である。
  2. アナーティアの名を取った街で、アナーティア王国の首都。アナーティア王国の都市は、混沌の神の名をそれぞれ戴いている。

アナーティア王国(Kingdom of Anertia)

Overview参照。

アナーティア教(Anertian religion)

アナーティア王国で信仰される宗教。宗教としての主神は<魔界の公爵>アナーティアだが、他の混沌の神々も等しく信仰される。

アナーティアの4門(4 gates of Anertia)

アナーティア市へ入る4つの門のこと。オメティクレ、ピュセル、ギョームトレック、モヴリスという混沌の神の名前がついている。混沌の加護を受けたものか、そのとき許されたものにしか通過できないとされる。

アナーティアの7橋(7 bridges of Anertia)

アナーティア王国の中にある主な7つの橋。同じように混沌神の名前があるのだが、あまり知られていない。

アナーティア暦(Anertian Calendar)

黒い月ニルヴァをもとにしたカレンダーで、ひと月45日、1年12か月である。ティアマト暦との回帰は6年ではなく18年。これはアナーティア暦で、閏をまとめて6日付け足すためである。

アナトール・ルチャナルスキ(Anator Luchanarski)

ラムサダス帝国海軍中佐。

告知者(annunciator)

ロエリア・キャシディ・ハーゲンベック

アーナンダ(Ananda)

Who's Who参照。

アーニスト(Ernist)

アマリス帝国ブランジ州の州都。人口60,000。現在の支配者はワイプ・ロー・アーケイド。かつてはラヴァンジ王国の首都。

アニタ・ドライアー(Anita Dryer)

ラムサダス帝国相談役、セオドア・ドライアーの妻。旧姓ライト。

アニタ・ライト(Anita Light)

アニタ・ドライアー

アーネスト・ラフィーヴァー(Ernest Lefever)

フェルナンド帝国政策運営・予算局局長

アネット・モア(Anette More)

アマリス帝国虹の聖騎士団β、赤の将。虹の聖騎士団としての名前はムーン・プール・ファジック。騎士団に任命される前に仕官していたスノウ・エルヴェ男爵領にて、男爵の甥マレットと結婚している。またその前後、26人衆にも所属したクウェント・グストリアーニと対峙し、彼を斬り付けたことがある。

アノルザ・レイディオ(Anortha Radio)

アナザー・テレビジョン

アーノルド・フェルナンド(Arnold Fernand)

アーサー・フェルナンドの遠縁にあたるが、頭脳の出来は比較にならない。亡きイヴァン帝国のパラリアーナ姫、ドレンアーク皇子に乗せられてアーサーと対峙した。病気がちの母と同居。

アーノルド・モリスン(Arnold Morrison)

かつてのラムサダス帝国海軍提督。現在は相談役。艦隊司令だった頃の旗艦はウィックロー。

アバ(Abha)

かつて南ホーメルトに存在したローザランド首長国の最後の首長。

アヴァドル・ファイア(Avadol Fire)

スメル帝国史。ホーリックアルフ。アスノル1世を殺害。

アブー・アフマド・アラスター(Abu Ahmad Alastar)

シリア王国の海軍卿で、アイオン・エル・ファリドを見出す。

アファン(Afan)

ライトハイ王国の街。人口125,000。

アフェンディア(Affendia)

ロングッド・ヴァレール森林内にあるヴァレールアルフの集会所。

アフター・バーナー・ルーフ(After Burner Loof)

Who's Who参照。

アブダラ・ハージャク(Abdrah Herjak)

亡国シリア王国海軍艦隊司令官。大将。

アブダルガヤ(Abdal-Gaya)

アマリス帝国白色騎士団、クリュシッポス中将の旗艦。

アブドゥル・アル・ムスリ(Abdul al Musli)

シリア系奴隷商人。かつてビスカーヤの街で、ジョンおよびミレナのクレイアー兄妹を商品として売っていたところをセイリアン・ダルスが通りかかり、兄妹を買った。直後に、ミレナが顔を汚していただけで本当は割と美しい顔をしていたことに気づくと、もっと高く売れるはずだと考え、私兵に追わせる。私兵がセイリアンにより撃退されたので、今度はお抱え魔術師のセリアを戦わせようとする。しかし、セリアは相手が誰だか分かると降伏した。逆上したアブドゥルはセリアを殺そうとして、逆にセイリアンに粉々にされる。

アブドゥルは欲を掻いて命までも手放すことになった。しかもミレナよりもセルミアスの方が何倍も美しかった(のを隠していた)とあっては、まさに踏んだり蹴ったりだったろう。

しかし、彼も根っからの悪人というわけではなかった。セリアに出会う前の彼は、売れないごく普通の商人であり、扱うものもたかが知れていた。孤児室を出て行き場のなかったセリアを雇ったのも、純粋に人助けのつもりだった。当初は二人で食うや食わずの生活をしていた。あるとき、とある富豪に珍しいものを売って久しぶりにまとまった金が入ることになったが、富豪は難癖をつけて代金を踏み倒そうとした。セリアに富豪を怖がらせるために魔法を使ってくれと頼んだところ、セリアは目の前の壺をディスインテグレイトで粉々に破壊した。富豪は息を飲んで呆然とし、先に衝撃から回復したアブドゥルに詰め寄られると倍払うから許してくれと縮こまってしまった。それを機にアブドゥルの商売はうなぎ登りになり、いつしかたがが外れてしまった。

アブドゥル・エル・クリン(Abdul el Crin)

アルカレティアス連合の商人頭。

アブラクサ・ダルマティク(Abraxas Darmatique)

シヴィルスクアルフダルマティク氏族長。

アブラソリィ(Abrasory)

フェルナンド帝国に住む力ある魔法使い。100歳を超えてなおリント山脈に建てた塔で研究を続けている。国家に対しては基本的には距離を置いているものの、有事の際には助力を惜しまない、としている。実際、王国復活の折に王国軍がプルーム山脈を越えてホンスルを奪還しようとした際には助力している。

アブラート(Ablart)

アマリス帝国リーン州の街。人口90,000。現支配者はブレーク・バインツェル男爵。

アブ・ラルダル・ハルク・サブリエル(Ab Raldal Hulk Subriel)

ザンブェッソドリー・バンクルワッセ

アフリハフリ(Afrihaffri)

コリント王国ハネルス家の守護神。イモータルとしては実在しない。

アフリン(Aflin)

サムドーラ教の戦士の神。イモータルとしては実在せず、何らかの事情で実際の助力が必要な際は主にマリスが担当する。

アベデネゴ(Abednego)

エルメラン教徒。イモータル・ラクリムのモータルの頃の名。聖アリアヌス。

アベル・フォルスター(Abel Folster)

かつてホーメルト南島にあったキャンシー民国最後の指導者。

アポカリプス(Apocalypse)

終末にジズ、ベヒモス、リヴァイアサンの3匹の悪魔が現れあらゆる生命を食い尽くすと説く悪魔教。このうちジズはイモータルとしては実在しない。

天駆ける荒鷲(Flighting eagle)

ハリー・ラズベルト

天駆ける者(Skywalker)

  1. ランナスク
  2. デュリファス・デ・ナウル・イ・カザムロッツ

天津風

天津風

アマテラス(Amaterasu)

  1. ブラックホースらの初期の冒険に同行にしたエルメランの僧侶。ロングッド国王であるメルメトン2世によって同行を命じられた。ブラックホースらの経験レベルからすると彼はかなり格上であった。数度の冒険のあと、別の僧侶であるエル・ミハイロブナにその役を譲って王城付に戻った。1,586-1,628。
  2. ラムサダスのこと。

アマーリエ・モートン(Amarie Morton)

ラムサダス帝国空軍総司令ウィリアム・モートンの妻。旧姓はルエンカシフォン。

アマーリエ・フォン・ルエンカシフォン(Amarie von Luencashvon)

アマーリエ・モートン

アマリシア(Amaricia)

アマリス帝国首都。Overview参照。

アマリシア軍縮会議(Disarmament treat of Amaricia)

1,622年1月にラムサダス、ジアザー、ド・トゥ、ライトネアの4国によって開かれた軍縮会議。1ヶ月超の交渉の末、各国の協調軍縮を定めた北シャイアン洋条約を締結。これによる4カ国共同体制を北シャイアン洋条約機構、略してNoSTOと呼ぶ。

アマリシア航空(Amarician Airways)

アマリス航空

アマリシア国立大学(National college of Amaricia)

ヘレネス王国時代から存在する、帝国最高学府。

アマリシア州(Region of Amaricia)

Overview参照。

アマリシア地下連合(Underground alliance of Amaricia)

アマリシアにある地下組織で、多数の盗賊やサグなどによって構成されるもの。要人テロや誘拐、そして奴隷売買を主としており、皇帝の権力も及んでいない。帝国では公式には奴隷制度が廃止されているのだが、この組織を通じ現在でも残っている。かつてハリエットが入っていた組織も、これだと言われる。

過去にはロングッドの女性販売連合やアイアンリングとのつながりもあり、双方で奴隷などを行き来させていた。

アマリシア特別区(Amaricia D.T, Distinct of TheOther)

Overview参照。

アマリス航空(Amaris Airways)

アマリス帝国の民間会社が運営する航空会社。1,625年にアマリシア航空として設立、1,629年の国号変更後にそれに会わせた。

アマリス帝国(Empire of Amaris)

Overview参照。

アマリスの鷹(Hawk of Amaris)

アンドリュー・フェルゼン

アマール(Ammarl)

フェルナンド帝国の街。かつてはフロンド王国の首都。

アマロン王国(Kingdom of Amaron)

かつてホーメルト北島にあった国家。1,596年にジャストア・アマロンがアマロンを首都として建国を宣言。1,616年のフェルナンド侵攻で滅亡。ジャストア・アマロン1世の一代限りの王国だった。

アマンダ・クレリア(Amanda Crelia)

アマリス帝国のブランドの創始者。

アーマン・ドロシィ・ティルセイン(Ermann Dorothy Tirsane)

かつての永世王国26人衆のE。盗賊。

アミル・エキス(Amir-Ekis)

ホーストヘルン帝国、北方バリアル王国群、ミッカスの首都。

アミル・デン(Amir-Den)

ホーストヘルン帝国、北方バリアル王国群、ランゼルの首都。デン湖に面する。

アミル・ヌーア(Amir-Nua)

ホーストヘルン帝国、北方バリアル王国群、カミアの首都。

アミル・バリアド(Amir-Bariad)

ホーストヘルン帝国、北方バリアル王国群およびその主国ケセルの首都。

アムリタ(Amrita)

不死を得られると呼ばれる神々の飲み物。

アムリトサル公国(Principality of Amritsar)

ハルマヘラ公国群の一国。

アメジスト・エルセロード・クードリア(Amesist Erselord Kudoria)

エルセロード・クードリア

雨の招来者

雨の招来者

アーメル(Armel)

ド・トゥ教国史。アーメル師団の長。武力に優れていたが、計略に弱かった。

アーメル師団(Armel Division)

ド・トゥ教国史。教国で最強軍と名高かった。ヒュリン右大公の反乱に際して出撃するが、計略により壊滅させられる。

アメンラー(Amen-la)

ミラルト文明第三王朝群。イムホテップで有名なサンダランの次の王朝群。現在のフェーベ付近で栄えた。

アーモリー・ショウ(Ermory Show)

ラムサダス帝国海軍幕僚。

アヤカ・リング(Ayaka ling)

エリカ・エーヴリング(現エリカ・フェルナンド)が、エリモイゼル・ヘンで名乗った名前。

アユタヤ・ローリン(Ajutaja Rolin)

スメル帝国史の人物。戦士。467-562。

アライ(Arai)

モク・アライ7世

アラス流(Aracian Swords)

ホーメルト地方のランディ・アラスの興した剣術流派。同地方で最も盛んな流派である。そのため様々な派が存在し、その数は他の剣術流派とは比べ物にならない。キングスパーティの面々の剣術もこれ。

流派として大きな者は、真古派、トラーティ派、マリティ派、ティローム派、雷鳴派など。

アラドキア平原(Aradokian plain)

バラカンスの平原。Overview参照。

アラドキア平原会戦(Battle of Aradokian plain)

バラカンスがフリーゼルを滅ぼす直接の原因となった戦い。実際の最後の戦いは、1,102年のアキロスの戦いだが、フリーゼルの軍は1,097年のこの戦いで既に壊滅状態にあった。

アラート・サイクス(Alert Sykes)

Who's Who参照。魔力はそれほどではないように思われているが、実際には団長ロニー・ペンローズをはるかに凌ぐ力を持っている。このことを知るトルネイオス元帥は、彼にキャシー・トレイルの名で情報局の特別席についてもらっている。他にエキス・エイトレルの名でも活動している。

幼い頃少年好きの男に監禁陵辱され、その後ユイ・サンサーラ・クルーザスに出会って共に旅をし、その中で彼女を抱くようになったこと、そして彼女が焼死する瞬間を見てしまったことで、少女しか愛せないようになっている。

アラハン(Arahan)

半神

アラミス・ブルゴーニュ(Aramis Burgogne)

元ジアザー帝国白色騎士団師団長。結成メンバーの一人で1,619年に引退しており、退役時は大将。

アララット山脈(Aralat range)

フェルナンド帝国ヘイワー州にある山脈。

アララット山脈の戦い(Battle of Aralat range)

フェルナンド帝国史、1,620年。反乱を起こしたモーリンが敗れた戦い。

荒鷲のハリー(Halley the eagle)

ハリー・ラズベルト

アラン・クリアンストン(Alan Chrianston)

アマリス帝国公爵ロビン・クリアンストンの長男。

アラン・ザ・スキンヘッド(Alan the Skinhead)

アルカレティアス連合初代商人頭。

アラン・セルナンデス(Alan Cernandes)

アルファ史。ベルン・セルナンデスの父。1,568-1,614。

アラン・ヒルバード(Alan Hilberd)

フェルナンド帝国の戦士。1,608-。

アラン・プレストン(Alan Preston)

かつてラムサダスがロングッド男爵だった頃、領内の教育尚書に任命した人物。

アラン・リューゲン(Alan Lugen)

フェルナンド帝国海軍第一艦隊司令分艦隊司令官。少将。

アーラン・レッドスカイ(Urlan Redsky)

かつての永世王国26人衆のU。現在の宰相サヨコ・サララ・イデナリは彼がランカストの町中で見つけた。彼はその才を見抜いて当時の宰相に報告した。その後のサヨコの活躍ぶりを非常に楽しんでいた。彼はかつて4歳の娘をスメル兵に殺された過去があり、サヨコは彼にとって娘も同様であった。彼がアルディア山脈の廃屋で一人死にゆこうとしていた時サヨコが訪れ、彼が死ぬまでの数日間居座った。それくらい、彼女はアーランに感謝していた。

アリアス・ダウミー(Arius Dowmy)

ヘール・クリアンストン

アリアスリーンの誓約(Telling in Ariasleen)

1,086年、ファームズ帝国で皇帝が諸侯をアリアスリーンの町に集め、忠誠を誓わせた行事。ファームズ帝国の絶対王政の絶頂期とみることができる。

アリア・ディファイン(Aria Difine)

エルスルム王国ディファイン氏族長。「気高き鷹」と呼ばれ、優れた剣技を持つ女戦士でもある。聖宝守護者であるシャーリースは姉。

アリアトス・モセルフェノン(Ariatos Moselfenon)

古代アリーシアのリッチ、アサノイス・ロデリカノスに従う4リッチの一人。1,620年にファーランドを襲撃し、失敗した。市長セルミアス・ミルフと将軍リア・フィースティマルへの復讐の策を練っている。

アリアヌス(Arianus)

エルメラン教の八大聖人のひとり。

アベデネゴ

アリアノル(Arianor)

ネス・アリアノル

アリアノル王国(Kingdom of Arianor)

ウイレヌを出た1氏族が神の背に立てた王国。Overview参照。

アリアノル霊界教(Religion of Arianor)

ウイレヌ、アリアノル王国で信仰される。ネス・アリアノルを信奉。ウイレヌではこの他に<速きもの>ホーキンを信仰している。

アリアルロ・マレイリー(Ariarro Malayree)

マレイリー森林出身のアルフ。

アリアン・セーマリオン(Arian Saemarin)

カプルカント〜ジアザーランド〜ジアザー帝国でクルースの街を治めた伯爵。白色騎士団フランツ・メーリンクとは友人と言って良い間柄だった。混沌戦争で死亡している。

アリーシア帝国(Empire of Ariesia)

今から2,000年ほど前に北ホーメルトからオージャスにまで伸びる巨大な版図をほこった帝国。シルヴァー率いる地獄の軍団により滅ぼされる。

アリエッタ・ホーランス(Arietta Horlance)

コリント王国ファルティアン伯爵家。ラムサダス帝国のラクナティスの母。ホーランス男爵家現当主ネルマンの伯母であり、守護戦士ヒアナから見ると祖父の姉となる。類い稀な容姿に恵まれ、幼い頃から美少女魔術師として有名になって良い人物だったが、むしろ「残念美人」として有名だった。性格に大きな問題があり、口より先に手が出たり、言い争いの末に大の男を涙ぐませたりして始終トラブルを引き起こしていた。ファルティアン分家の当主レイハルトの妻となったことは、それだけで王国中の話題となるほどだった。

1,607年に事故に遭い、赤子になってしまう。彼女を見つけた騎士とその妻に育てられ、現在はシルヴィア・タランティスを名乗っている。

シルヴィア・タランティス

アリオン(Alion)

ド・トゥ教国史。アルフミリエル・レストラルの夫(王)。左大公の息子でエストールとハランド前左大公の父。

アリカメン共和国(Republic of Arikamen)

かつてコルコランドに存在した国家。首都アリカ、最後の支配者はフレデリック・ディー。

アリザ(Aliza)

シリア王国シリア4世の妹。魔術の心得がある。彼女の師は、現ラムサダス帝国雷光魔術団主席、ロニー・ペンローズの弟子に当たる。1,613年に海軍サダム・マリニ准将と結婚、1,629年のフェルナンドによるレッドストーム作戦を生き延びて健在。

アリサ・ファストフォード(Arisa Fastford)

早瀬亜里沙。ドール地方に住む半神。永世王国のヴェダイ、ヴィドワと異なり混沌の神ヴァルカナによるもので邪悪な存在。ファーランドのリノ・ファストフォードの祖母の妹にあたる。

アリシア・エネルス(Alicia Enerus)

エルスルム王国国王クリューガーの妃。

アリシア・セレナート(Alicia Serenade)

ニーナに住むエルメラン教徒の少女。1,612〜。

アリス(Alice)

ロングッド王国の盗賊。ジアザーからスリを働こうとして殺される。1,595-1,612。

アリス人(Arisian)

太古エルヴァートにおいて、バグラニュー分明に北方から侵入して原住民を放逐した民族。この後彼らは青銅器をもって世界中へ散らばる。原スメル人やホーメルト人、ファームズ人、コルコランドなどがこの遠い子孫にあたる。

アリスティリス(Alistyris)

アマリス帝国軍事司令官ジョン・クレイアーの愛刀。

アリス・ミリア(Alice Mirria)

12湖の一人で紅一点。腰まで伸びる透き通るような銀の髪と白い肌を持つ。容貌はとくに美しくないが、見る者すべてを引きつける独特の雰囲気を持ち、その声にはチャームの魔法と同じ効果がある。薬草学に精通する。

背中には若い頃に負った大きな裂傷がある。特殊な魔法によるもので、モータルの魔法ではウィッシュのみ除去できる。既に彼女は自身でそうできるが、「若く愚かだった頃の自分を忘れないための戒め」だと、傷を残している。

アリス・リー(Alice Rie)

Who's Who参照。

エルヴァートでは第二位(ニアラシェールがいるため)、リンデンヴェイルでは最強の魔術師。かつてのセイリアン・ダルスを凌ぐ力の持ち主であり、ニアラシェールを除けば現在単独でホーストヘルンの<愚者>を倒すことができる唯一の存在であるが、彼女は自身の王国以外への興味が薄いため、実質的に敵になっていない。

専門は防御系統の魔術であり、攻撃魔法も苦手というわけではないにしろ、積極的に使うことは少ない。

リーの一族はリンデンヴェイルで創造された人間同等の魔法生物である。男性は存在しない。心臓の隣に魔法の生命核を持っており、魔力の消費による枯渇または生命核の破壊により死亡する。意思のみによる単性生殖であり、さらに子供は子宮内でできるものの前面から魔法的に摘出される。子供の生命核はその時点での母親のコピーであり、消耗した状態でコピーされるが、5歳頃までは魔力を増加することができる。このためリー族は子が自分を超える魔力を持つことを期待して魔力を消耗しないうちに子を産むことが多い。

アリゼ(Alise)

かつてのアイスラント王国のグレイウォーロック。カールの妻。魔術師。ラムサダスのフレイムランチャー砲撃により死去。1,495-1,613。

アリティ

アリテュリアルミィ・クロイエン

アリティア・セレナート(Alitia Serenade)

ニーナ大司教。

アリテナリア・リトス・スィア(Aritenaria Letoss Syr)

ファンドランドアルフ、スィア氏族長。

アリテュリアルミィ・クロイエン(Arituriarmy Croyen)

セレドリムの白き歌姫。ヴァンガードやラメルの妹。その声には魔力が宿っており、花々は喜びを表して開いた。ラメルとスレイアーンは彼女をめぐって対立し、最後には彼女がラメルを選んだので、スレイアーンはラメルに挑戦して破れ去り、彼女はこの戦い(の戦い)で死亡する。スレイアーンはこれ以後、無秩序の領域を目指すようになる。

アリドキア(Aridokia)

ライトクル王国の街。人口100,000。

アリナ・タルトランド(Arina Taltoland)

ロングッド王国史。エリシャの妹。ルイ・ハンス・アルフレットの婚約者。

アリフレタ・ルビアン(Arifreta Rubyan)

アマリス帝国大番頭。グリフィンとあだ名される。

アリ・ヘル海峡(Strait of Ari-Her)

エストメス大陸アリ・ヘル島の西側。幅が狭く潮も急なため、船舶が航行することは少ない。東側のタンタラス海峡を通る。

アリ・ヘル島(Isle of Ari-Her)

Overview参照。

アリ・ヘル湾(Ari-Her sound)

Overview参照。

アリュア・サティス(Alua Satis)

400年前のコリント王女。漁師の男と駆け落ちするという、王国史上他に例のない醜聞を作った。サティス家には他に子がなく、父王は失意のうちに死去してサティス家は断絶した。

アリューク・エッセンドルト(Aluke Essendolt)

ジェトール王国テンプルナイツ。フェルナンド・ジアザー連合との戦いで戦死したが後に復活し、父の伝で大商人ルンガ・デバルを頼ってヌーフの街に移る。そのままヌーフ連合の守護役となった。

アーリン・セーレントゥス(Aalin Celentus)

古代アリーシアのリッチ、アサノイス・ロデリカノスに従う4リッチの一人。第二キングスパーティとの戦闘で破壊された。

アリントン3世(Alington III)

ミストル王国の王。1,589年に暗殺されてローア朝は断絶した。

アリントン4世(Alington IV)

ミストル王国の王。1,589年に暗殺されたアリントン3世と直接の血縁はないが王となった。ローヴン朝と呼ばれる。

アル(Al)

モク・アル2世

アールアンドアール(R & R)

ラムサダス

アルヴァーナ地方(Region of Alverna)

オージャス大陸の西半分。Overview参照。

アルヴァス・マルク(Alvas Malk)

アマリス帝国陸軍第五兵団長。

アルヴェヌ(Alvenu)

アルファ人民共和国の街。人口2,100。

アルヴンガード(Alvenguard)

旧ロングッド王国の持っていたヴァレールアルフ選りすぐりの中隊。初代の隊長は、(アルマシアト・)ファナス男爵であり、第二代はラムサダス男爵であった。ラムサダスは1,612年のスメル入りに際し、主君のメルメトン2世と条約を締結した。それは、相互防衛と帝国内資源の優先輸出に関してであり、その代わりラムサダスはこのアルヴンガードを譲り受けたのである。これが、現在の強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)である。

アルヴンソード(Alvensword)

ヴァレールアルフの種族武器。個々の戦士のために特別に調整された魔術が施されており、使用者以外のものが触れると魔力が失われる。とくにアルフ以外、ローフルでないものが触れると瞬時に砕け散る。

アルヴンランド(Alvenland)

Overview参照。中心にある山には二足歩行する鳥類グリトニルが棲んでいるが、外界からは絶滅した種だと考えられている。

アルカディア(Arcadia)

ロングッドのバレンランドにある廃虚。デスデーモンの巣窟である。ごく稀にリフレクターなどの高度生物すら現れる。

アルカディル(Alcadil)

コルコランドで<大いなる娘>と呼ばれ、古くから恐れられている無秩序の領域のイモータル。常に少女の姿をしているが、破壊と殺戮だけに興味を示す。地方によっては「メフィストフェレス」として知られる。古代神オルクマルドの娘。

オルクマルドがモータルだった頃の実の娘であり、オルクマルドがイモータリティを得た後に弟たち(ラウドロップ、アルドヴェア)と前後してイモータリティを得た。<古き者>によってオルクマルドがエルヴァート最初のイモータルとされることになった後、自ら願い出てエルヴァートのイモータルとなった。

ハルマヘラ方面でリンフートという名で呼ばれる金の毛並みを持つ雌狼の悪魔はアルカディルのことである。宗教的にゼルディアンと対峙する存在として描かれる。

アル・カド・モーレイ

モーレイ王国の国王。

アルカトラス(Alcatrazz)

メルカアトラー

アルカレティアス王国(Kingdom of Alcaretias)

セイレイ大陸・サーマイト州にあった国家。首都スロウアン。1,629年にフェルナンド帝国に滅ぼされている。体質は商人による利権国家であり、王は商人頭の中から順に選ばれるだけの存在でしかない。最後の国王はブリッケン。

王国として成立したのは1,530年ころと言われている。これはホーメルトではセリオード3世とライゼル王によるホーメルト会議設置の直後であり、それまで連合としていたアルカレティアスはこの国家連合の成立を鑑みて王国と名を変えたとされている。

アルカレティアス連合(United Alcaretias)

かつてセイレイ大陸に存在した国家。アルカレティアス王国の前の国家名。首都スロウアン。ただしその長の名称が異なるだけで、実質的にはとくに変化がない。この頃は、隣国で最大の交易国でもあるシリア王国以外の存在は単に交易相手というだけであったため、商人の間で誰が一番かということ、対外的な連合的交渉などはあまり意味のない事柄だったようである。

成立は1,333年で、王国となったのは1,530年ころと言われる。元々はこの地の大成功者であるラーイダ・ザフィーラ・シファーにあやかって商業的な成功を収めようという者たちの寄り合いだった。そのためラーイダがイモータルとなった姿であるレティア(ワルサリス)への信仰を国教としていた。

ある騎士のお話(A tale of certain knight)

皇帝アーサーが自分のためにバレラスにホールを建設してくれたことに対し、ラフィニエルが6日で書き下ろした舞台劇。ラフィニエル・ホールで公演された。ラフィニエルはハインスリッター将軍にゲスト出演を依頼し、これが縁となって結婚している。

歩く事典(Walking dictionary)

マハ・ハザイ

歩く情報事典(Walking information bank)

デヴィッド・アッテンボロー

創始(Arche)

はじめの瞬間、あるいはそこから間もない時間。はじめに生まれたメロス、ル・ソレイユ、オルクマルドらを<創始の神々>といったり、ヴァンガード、ラメルら、太古の力を持ったアルフを創始の<大白妖精>と言ったりする。創時とも書く。

アルケイナ(Arcana)

裏エルヴァートのホーストヘルン帝国に仕える大魔術師団。ただし、服従しているわけではなくそれぞれの利益のために互いを利用しているに過ぎない。26人衆を除けば世界最強の軍団。アルケイナとアルケイナに分かれ、それぞれの名前は現実世界のタロットのそれ。その最高位はもちろん<愚者>である。大アルケイナ22人、小アルケイナは56人であるが、全員が揃っているとは限らない。

愚者>は、100マイル離れた法の加護厚き都市を10秒で灰にすることが可能であるといわれる。

ワールドオブタローを根拠地としているが、その地は1,145年に根拠地として改造したものであり、アルケイナ自体はさらにその200年ほど前から存在している。1,010年には現在イモータルとなっているリル・ミアが、イモータルクエストの一環として当時のアルケイナと対決し、これを全滅させた。アルケイナの全滅は過去この一度のみ。

アルゲバル(Algebar)

思考の領域のイモータル。巨人の姿をして現れるが、真の姿(顕現体)は少女の姿である。モータルの頃の名はクルス・ヴァンピア。元々はリンデンヴェイルの神であり、エルヴァートにはミア・ラマルクを通じて信仰が広がった。リンデンヴェイルではライジェルあるいは白の神と呼ばれる。

アルケントの獅子(Lion of Alkent)

シーザー・シュナイダー

アル・コバイラ公国(Principality of Al-Khobaira)

ハルマヘラ公国群の一国。

アルコル(Alcor)

無秩序の領域のイモータル。ミザールと合わせ、<虚ろう二神>と呼ばれる。モータル時代はジェトール王国の盗賊だった。1,614年の混沌戦争時に消滅している。

アルザンヒ(Arzanch)

キュート国、カールライヒの支配者。

アルシーン・ネイマルト(Alseen Naymalt)

ヘレネス王国<四面鬼>の一人。ジアザー帝国のアマリシア奇襲時に死亡している。

アルジェロ(Algero)

ライトハイ王国の首都。人口640,000。

アルジャストレル帝国(Empire of Aljustrel)

かつてコルコランド西方にあった帝国。1,565年のコルコランドの年にミズラ・ギールが独立を宣言したが、実際にはスメル帝国の衛星国家だった。ミズラ・ギールの娘カーマンが帝位を継ぎ、さらに1,602年にカーマンの娘プレルビーが帝位に就いた。プレルビーは共和軍に通じてスメルからの真の独立を図ったが、失敗して粛清対象になり、第二次コルコランド戦争において首都キュベットを占領され、終戦を待たずに死刑となった。

アル・ジャハン(Al-Jahan)

セイレイ大陸、クルスピリア近郊の村。アイオン・エル・ファリドの生誕地。

アルス・セイム(Alce Same)

セイム1世

アルスター(Alster)

ファンドランド、ミラド山脈の高山。3,015m。

アルスタン(Ulstan)

ラムサダス帝国のコーヒーのブランド。

アルス・サンダーソン(Alce Thunderson)

アマリス帝国に住むエルメラン教の司教。

アルス・ベク(Alss Bek)

ヘルトーイ村長。

アルス・ロスティルスト(Alse Rostilst)

亡国ロングッド王国の騎士団第四団長だった人物。

アル・セトム(Al Setom)

オウ国スードレントラント市長(最後のオウ代表)。戦士。1,569-1,622。

アルゼル・エーヴリング(Alzel Avering)

かつてのアイオリス皇帝ヨールトン7世の兄。皇太子だったが、1,551年の部族間抗争で戦死した。なお、彼を含め弟のヨーゼル(ヨールトン7世)、マーゼルの名は、1,521年にフェルナンド王国を復活させたライゼル・フェルナンドにあやかって父のセロン(セリオード3世)がつけたものである。末弟のオズヴァールについては、部族間抗争でアルゼルを失った後だったこともあり、それに続かなかった。

アルセン王国(Kingdom of Althen)

Overview参照。

アルセン航空(Althenair)

アルセン航空の民間企業が運営する航空会社。1,624年設立。現時点では自力で機体を開発できておらず、ライトネアからの貸与機体を使用している。

アルセン岩地(Althen rock)

Overview参照。

アルゼンディラ(Ersendyrra)

知られている中で最古の古龍。稀少種のラピスラズリドラゴン。「瑠璃の女王」と呼ばれる。穏やかな性格。かつては世界中飛び回っていたが、今は深い谷にいてあまり動かない。

アルティア・エーベルト(Altia Aebert)

Who's Who参照。

アルディア山脈(Aldia Mt. range)

Overview参照。

アルディア州(Province of Aldia)

ラムサダス帝国の州。州都はキュベット。現在の州知事はラディマン・ダランカン。

アルティオキアの海戦(Naval battle of Altiokia)

B.C.906年、オルネイオがアリーシアを破った戦い。アリーシアはオージャスにおける足場を失い、オージャス大陸から撤退する。

アルティマ(Ultima)

アマリス帝国白色騎士団、レッシンク中将の旗艦。

アルデザリア(Aldesalia)

アマリス帝国初代皇帝のジアザーが過去にタイムスリップした際、スメルスタンから現代に連れ帰ったダークアルフの少女。スメルスタン王アサリアムの妹だった。皇后アナザーによって養育される。

アルデラ・モルディン(Alderra Moldin)

かつての永世王国26人衆のA。僧侶。

アルデリーヌ・ラファイエット(Ardeline Lafayette)

ノズミー共和国文部長。

アルト(Alt)

数年後にパブロ・トレンツィーノによって描かれる絵画で、<グレーデンの5花>のうちグレース・ティアットを除く4人を描いた。トレンツィーノが訪れたとき、たまたまグレースが留守にしていたため、彼は5花をすべて描くことができなかった。ただ、事後に友人たちから事の顛末を聞いたグレースは、「残念には思いますが、そこにいたとしても辞退しました」と答えた。これは、彼女が4人と異なり貧家の出身であるためで、4人とともに描かれることにより、見る者に与える影響を考えてしまうからである。

アルト(Aruto)

思考の領域のイモータル。<(ミーホーンの)青い鳥>とも呼ばれる。ロングッド周辺では「風の神」。星座のひとつにもなっている青い鳥は、アルトの定命写像である。ファーザーズ・ファイヴの開闢神の一柱でもある。

アルテュ・ドゥ・ミューレ(Arthu de Mulait)

かつての永世王国26人衆A。僧侶。ホーメルト出身でシャルル・ドゥ・ミューレの祖先。

アルデラーン(Alderaan)

ホーメルト地方、ロングッドにある街。かつてアーサー・フェルナンドがアレックス・グラントの名でロングッド男爵になったとき、この街を与えられた。

天の轟雷(Alt Admeir)

スレイアーン・ブラーンシュの大呪。創始の名に於いて、リンボの生物に命じ、風の精霊を使役させる。

アルドヴェア(Aldvea)

混沌の王オルクマルドの次男で、残虐な地獄軍総司令官。<死の将軍><残虐なる司令官>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。古えの聖魔大戦の際には長男であるラウドロップが総司令であったが、彼がエルヴァートとの戦いで相殺したため、この時から代わって総司令となった。しかし、現在までに彼が直接指揮をしたという記録は残っておらず、どれほどの力量を持っているのかはまったくの不明である。

アルドヴェアはオルクマルドがモータルであった頃の実子であり、オルクマルドの後にイモータリティを得た。オルクマルドがエルヴァート最初のイモータルとなることになったとき、自ら願い出てエルヴァートのイモータルとなった。

アルトマルド(Altmald)

ザードラ王国の首都。

アルドリア・メッカード(Aldria Meckhard)

(アルマシアト)ファナスやマーシャス・ケイダント、イスカルド・アルヘルムスらの冒険仲間。エルメランの聖騎士だったが戦死している。

アルトリウス(Altorius)

エルメラン教の聖人のひとり。

アルドレス(Aldress)

現在のエルドレスの名の元になった国家。かつてのエルヴァート世界大戦の張本人の一国。紀元前7,400年紀に勃興し、南進してヴィデアドに侵入する。またドール半島のエルタニアの侵入を受け、7年戦争となる。

アルナ・イブン・アル・ミカル(Alna b. Al Mical)

Who's Who参照。

アル・ナディブ(Al Naddhib)

シリア王国の戦闘機。

アルノ・モーセネガン(Arno Morsenegan)

かつてのドバヌール王国海軍艦隊司令。中将。旗艦はクルムバッハ。海の王国出身。無能な者の多い末期の王国海軍にあって、シルクシア・ムライトルークに認められ、後事を託された才能を持っていた。しかし性格が災いし、変節してフェルナンドに付いたシルクシアを許すことができなかった。フリンキア海戦において艦隊を率い、ヴェルディ艦隊と渡り合ったが、抗し得ず敗退、戦死する。

アルバ(Alba)

フェルナンド帝国ロングッド州の街。

アルバック・ゲーラスム(Alback Gaerasum)

ヘレネス王国<四面鬼>の一人。ジアザー帝国のアマリシア奇襲時に死亡している。

アルバート(Albert)

フェルナンド公国パニアゼミナール数学担当。混沌戦争を生き延び、現在はバレラス大学で教鞭を執る。1,586-。

アルバド(Albad)

アルバドの碑で、ザードラ王国の建国者エベードと同定される存在。

アルバート・サマディ(Albert Samady)

ロングッド在住のエルメランの僧侶。教皇マーシャス・ケイダントの娘シンシアの夫。

アルバドの碑(Albad Stele)

ザードラ王国で近年発見された遺跡の中の碑文。魔法使いが民を苦しめていると、西から現れた戦士アルバドが対峙した。アルバドは村長の娘と結ばれ、軍隊を組織して周辺を平定した、というもの。

アルバート・フェルナンド(Albert Fernand)

<航海王>と呼ばれるフェルナンド王国第五代の王。生涯を通じて多くの航海をする。<アルバートの7航海>といわれる遠出がある。戴冠前にアイオリスに赴いて国交を樹立させたり、シリア王国でクラウドドラゴンを倒したりと、語るに困らぬほど伝説を残した。二度目の航海の途中で父フィリップが服毒死したため、帰還直後に慌ただしく戴冠式を迎えた。なお、このときはイヴァン帝国で捕虜となっており、脱出してイルダの港で船を奪って帰還するというおよそ王族らしからぬ行動力を発揮した。アイアンハルト森ではアルフに魔術の教えを請うた。

最後の航海は「新大陸探査行」といわれ、まだ見ぬ新大陸を目指したと言われる。彼は皆に宣言し、かつ自らに課した「5年内の帰還」を外し、ついに帰らなかった。彼は裏エルヴァートに渡ってアルバドと呼ばれ、ザードラ王国の祖となった。

アルバート・マクラレン(Albert McLaren)

ラムサダス帝国の側近のひとり、シルヴァレスト・マクラレンの息子。皇帝フラニオスやフランク・グランドスターとともにオーギュストに師事している。

アルバルド(Albard)

<航海王>アルバートの、シリア王国方面での名。かつてこの地を訪れたアルバートがクラウドドラゴンを退治し、倒したことで<ドラゴンキラー>と呼ばれるようになった。

アルヒンビルト(Alhinbilt)

ドバヌール王国海軍ラ・ヴェルニュ少将の旗艦。

アルフ(alfr)

  1. 一般的に言うエルフのこと。エルヴァートではアルフあるいはリョースアルフ(リョースアールヴ)という。リョースアルフは、どちらかといえば古代の大白妖精(神々に近いほどの力をもった存在)を指すことが多い。エルヴァートやルーンワールドに住むアルフたちはその世界の生まれではなく、元々は外界フェランドにあるラナラントという星で作られたものである。アルフたちはそこから各世界へ旅立ったが、古の聖魔大戦においてラナラントは滅亡している。最後の大白妖精の一団でエルヴァートを訪れたのが、妖精王センリニールの子ヴァンガードやラメルらである。
  2. 1,400年頃に、イオニッヒ・ビーチャウゼンが作曲した曲。

アルファ海(Sea of Alpha)

Overview参照。

アルファ人民共和国(People's republic of Alpha)

中海に浮かぶ島国。Overview参照。

アルファティウス帝国(Empire of Alphatius)

混沌の神シルヴァーを崇拝していた国。キングスパーティによる襲撃や、ゴール神のシルヴァー殺害後、市民革命によって倒れ、アルファ人民共和国となった。

アルファナ・ラムサディ(Alphana Rampthady)

Who's Who参照。

アルファナ・レストール(Alphana Lestorl)

アルファナ・ラムサディ

アルファレイン島(Alpharein isle)

スニルナ諸島でスニルナ島に次ぐ大きさの島。ラナス、ヴィールマンといった街がある。

アルファレイン島の戦い(Battle of Alpharein)

ヴィールマン郊外での戦闘。アン・サロニンとシオヌール・ダルハッキニーが初めて直接相対した戦い。

アルフィオン(Alfions)

エルヴァートの極北でしか自生しない針葉樹。非常な硬度があり、耐久度も高い。

アルフォス・カバス(Alfos Cabas)

1,000年頃のアルセン王国の王。

アルフォミール(Alfomille)

ラナラント

アルフォレスト(Alforest, Forest of the Alves)

Overview参照。

アルフスター(Alfstar)

エル・アルファ

アルフ人間戦争(Alf-man war)

スメル帝国・内乱の二世紀後半面。ファンドリア・シャイダーとグレゴリー・シャイツの戦い。人間とアルフ(ダークアルフ)がその覇権をかけて戦った。

アルフの道(Alvenroad)

その昔、セレドリムや上代の世のアルフたちが、その力をもって創造した。ゲイトといっても、この世界の中だけに限られていたが。門をくぐると道が続いており、終端にもうひとつ門がある。この道は別のを通るために実際の距離とは無関係な長さを持っており、大概500mから3kmくらいの範囲である。

知られている中で最長はマレイリーの中心都市マレイリサスとグレイリーの中心都市ネラスをつなぐものである。長さが規格外でおよそ570kmにもなる(内部空間での距離はおよそ50km程度)。また、ごく一部の者しか知らないが、イルゾニア森の中の小池からフレーム草原の小池に通じる道もまた、アルフの道と同等のものである。ただしこの道は大白妖精の誰かが作ったものではない。

アルフのワイン(Le Vin de la Alfen)

紀元前5,000年紀。アルフの11弦琴で奏でられたとされる音楽だが、現在は伝承のみ。

妖精郷(Alfheimr)

ラナラント

アルフミリエル(Alphmirier)

ド・トゥ語で「指導者」を意味する。代々の女王(最高女祭)に冠せられている。

アルフミリエル・アルビール(Alphmirier Albier)

ド・トゥ教国第五代女王。夫はキャメラン初代右大公の子スヴィンダル。

アルフミリエル・イェステール(Alphmirier Yester)

ド・トゥ教国第六代女王。夫はカナヴィット右大公の子ヴィカム・ヴァン。兄であるヒュリン右大公の反乱に際して、リルリット・マシェジョールに射殺される。

アルフミリエル・エストール(Alphmirier Estor)

ド・トゥ教国第十一代女王。女王としての在位期間は8年しかなく、存命だが夫バイロンとともに引退している。実はメイヤー前右大公の策謀によってバイロンとの性の営みに溺れ、正常な判断力を狂わされたのである。引退後は山間のサールニックにある宮殿で乱れた生活を送っている。公式の子供はケイダとマーデミルだけだが、他に1ダース以上産まれているとされる。この宮殿にはメイヤーが足繁く通っているという噂も一部にあるが、実際に通っているのは甥のジェミルである。

アルフミリエル・キルドール(Alphmirier Kirdor)

ド・トゥ教国第九代女王。夫はオリーボレン右大公の子ネルポーザ。

アルフミリエル・クルーエル(Alphmirier Kruer)

ド・トゥ教国第二代女王。夫はバルモ。

アルフミリエル・サンクラル(Alphmirier Sanclar)

1,037年、ド・トゥ教国を建国。降臨した女神と人間の男の子供と言われている。圧倒的な力を持ち、人間の使うあらゆる武器や魔法を無効化したと言われる。また長寿で300年以上生きたとされる。ド・トゥ教国の女王は彼女の子孫である。夫はイノハーレンとされる。

実際には、女神サトカの教団における当時の最高司祭である。歴史上最高ランクに達した僧侶が彼女のみのであるため、彼女のような能力は他に現れていない。

アルフミリエル・ドーズール(Alphmirier Dorzur)

ド・トゥ教国第四代女王。二大公制を採用し、自身の二人の弟を初代右大公および左大公とした。これはサンクラルから受け継がれた神性が代を追うごとに薄まっていたからであり、母方の従兄弟を夫とするシステムによって(彼女の二代後のイェステールから)この減衰は停止した。夫はザンドリアス。

アルフミリエル・フェイミール(Alphmirier Feymir)

Who's Who参照。

ケイダ左大公の息子ノルドンと幼少の頃から惹かれ合っていた。しかし母マーデミルと伯父ジェミル右大公に逆らうことはできず、強引に結婚させられた。カッサンはフェイミールをなかば奴隷にように扱い、営みも性的暴行とも言えるほどである。フェイミールは可能な限り彼を受け入れるのを避け、子を作らないようにしている。母の厳しい躾に加え、このことで母とジェミルを深く恨むようになった。妹ピュリアールのことは羨ましいと感じてはいるが、負の感情を抱いてはいない。

アルフミリエル・ヘルツール(Alphmirier Hertur)

ド・トゥ教国第三代女王。夫はデルボスケ。

アルフミリエル・マーデミル(Alphmirier Mardemyr)

Who's Who参照。

夫ノードルニは父方の従兄弟であり本来であれば王となれないが、メイヤーによって母方の従兄弟サージュとその父が失脚したことで、強引にことが進められた。幼い頃から伯父メイヤーと従兄弟のジェミルに教育された彼女は、それに何の疑問も抱かなかった。この婚姻によってドーズールの採用した二大公制の効果は切れ、娘フェイミールとピュリアールは減衰した神性しか持たなかった。

王は一度決定したら代替の利かない存在であるため、仮にマーデミルが本来の相手であるサージュと再婚し、子供を設けても神性は引き継がれない。

アルフミリエル・メーデール(Alphmirier Meder)

ド・トゥ教国第八代女王。夫はロイツル左大公の子グローバー。南方遠征を行い、トーキスイヒで壊滅的被害を受ける。

アルフミリエル・リンティール(Alphmirier Lintir)

ド・トゥ教国第七代女王。ヒュリン右大公の息子ランドールが嫁ぐはずだったが、ヒュリンが反乱を起こして王位に就き、そのとき自分の妃とした(リンティールは姪にあたる)。ヒュリンはこれが元でウェルナー・ケインに暗殺される。なお、ヒュリンは彼女にマイオスという子を産ませたとされたが、実際にはポリモーフの魔術によってリンティールに化けさせた別人の子である。その後予定どおりランドールと結婚し、国を継承した。

アルフミリエル・レストラル(Alphmirier Restlar)

ド・トゥ教国第十代女王。夫はサンベック左大公の子アリオン。エストールとハランド前左大公の母。スタント前々右大公の姉。

アルフラート(Alflaat)

かつてホーメルト北島にあった国家。ラファロニー森林一帯。1,616年のフェルナンド侵攻で滅亡。最後の女王はエスティモネ。

アルフリーサ・ドレスコート(Alfreesa Dresscourt)

コリント王国ドレスコート伯爵ジェレミーの娘。

アルフリード高地(Alfreed highland)

Overview参照。

アール・ブルー(Earl Blue)

ファームズ帝国の紅茶のブランド。70年ほど前に、ブルー伯爵が開発に携わった。

アルフルト(Alflt)

ブランカイント王国で艦隊司令、最高司令官だった人物。バイスト卿と計って民主革命を成功させる。キルクザルトでも引き続き最高司令官。王国時代前任だったサクソンは現在の国家元首で、かつアルフルトの伯父。

アルフレット・フォン・フーセネガー(Alfred von Fuseneger)

ラムサダス帝国陸軍。1,591-。

アルブレヒト・エスリーク(Albrecht Esreec)

ラムサダス帝国空軍シオン・エスリークの父。

「アルフを森へ」('Expel alves to forest')

1,602年に発生したグランアースの暴動で掲げられたスローガン。

アルベの令(Declare of Arbet)

ミストルにおいてフレイム正教を公認することにした王令。フレイム正教徒による大反乱(リューナー戦争)が終結した。

アルベルト・シーラッハ(Albert Schirach)

フェルナンド帝国緊急計画局局長。

アルベルト・フォン・ファイゲル(Albert von Feigel)

フェルナンド帝国陸軍、カーテローゼ・フォン・ファイゲルの養子。数年後に<グレーデンの5花>すべての思慕を集めることになる。

アルベール・マルヌ(Albert Marne)

1,600年過ぎに「男たちのタペストリー」を作曲。

アルペンローゼ(Alpenrose)

エルドレス神国ミールテン教皇の最初の妻。身分が低く妃とはなれなかったが、第一王子オーリッヒを生む。19歳の若さで死去。1,571-1,590。

アルマシアト(Almaciat)

ファナス・エドリテナス

アルマーナ(Almarna)

フェルナンド帝国空軍オラージュ少将の妻。美女と名高い。

アルマ・フォン・モーデンケルン(Arma von Mordenkern)

元コルコランド侯爵ラインハルトの妻。ラインハルトが死を賜ったため、後追いで自死する。

アル・ミゲル(Al Migel)

スメル山脈の高山。6,008m。

アル・ミッシェリア(Al Mitchelia)

リンデンヴェイルの国家。ペトロ・クラリーノはこの国の出身。

アルメル・ルシオン(Almel Lucion)

クリームタウン侯爵マイヨール・ルシオンの妹。4歳の頃、兄のエルダール(マイヨールの弟)と遊んでいるときに死亡する。父であり前侯爵だったエサールが気力を失い始めたのは、この事件による。

アルリア島(Alria isle)

Overview参照。

アルル・インクール(Alre-Incourt)

アマリス帝国の紅茶のブランド。フェルナンドの皇帝アーサーやヴェルディ提督が愛飲している。

アレーアス(Areias)

ライトハイ王国の将軍。1,622年に任じられた。

アレイス・ファームズ(Aleis Farmes)

ファームズ帝国リューファイオン公爵の息子。ピアノやハープなどをこなす芸術家。男爵。

アレウス(Areus)

かつてのライトマイ王国将軍。1,618年に任じられ、1,625年に死去した。

アレウス4世(Areus IV)

ライトハイ王国国王。

アレクサンダー・サティルス(Alexander Satirus)

ノブルランド〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の男爵。アイスラント・ノブルランド交換条約発効でエルドレスの地へ渡り、クラウトハマーの街を新しい領土とした。

アレクサンダー・リチャード・カール・デヴィッドソン(Alexander Richard Carl Davidson)

<内乱の2世紀>さなかの、タロス・シャイツの軍師。通称アレックス・デヴィッドソン。若くして才能を見出され、シャイツに仕えたが、1,067年に彼がアレックスの進言をよしとせずに警護を怠ったため、西方諸都市の反乱軍に急襲される。彼の46才の誕生日であったこの日、タロス軍は総力の75%と有能な軍師を失い、翌年のファンドリアによる奇襲で壊滅する。

アレクサンダー・フンボルト(Alexander Fumbolt)

ラムサダス海軍中佐。

アレクサンドラ・エーベルト(Alexandra Aebert)

フェルナンドのサルキア・エーベルト提督次女。

アレクサンドラ・ファームズ(Alexandra Farmes)

アレクサンドラ・マイクロフト

アレクサンドラ・マイクロフト(Alexandra Microft)

ファームズ26世の姉で、カール・マイクロフト公爵の妃。女戦士。シルフィン、クロリス、サンガリオスの母。シルフィンは夭折している。

アレクサンドル・イワノヴィチ・ニコライ・ケレンツキ(Alexandor Ivanovich Nikolai Kerentski)

元ジアザー帝国白色騎士団師団長で中将。結成メンバーの一人。1,621年に死去し、大将を諡号されている。

アレクサンドル・ジューコフ(Alexandor Jukhov)

かの色欲ドワーフ、ドオルギー・ジューコフの弟。兄と違い非常なるローフルグッドな性格なため、兄の行く先々を回っては「兄が大変なご迷惑をお掛けしまして…」と謝しているのだが、人間の目にはドワーフの兄弟など判別は不可能である。そのためすぐさま「ジューコフが来た!」ということになり、まともに取り合われないばかりか生傷が絶えない。非常に不幸なドワーフである。

仲間内の呼び名は「アレク」。

アレクサンドル・ディルマレオス(Alexander Dirmareos)

元ジアザー帝国白色魔術団副長で、1,620年に引退。元帥号を授与されている。

アレクサンドル・フレネルスキー(Alexandre Frenerski)

1,615年に「疾風怒濤」を作曲した、オウ出身の作曲家。

アレク・ドルデューク(Alek Dolduke)

亡国ロングッド王国で、陸軍第五師団(および第九大隊)長だった人物。大将。

アレクシス・ド・リヴィエル(Alexis de L'Iviel)

元ジアザー帝国白色忍者。解散後に白色騎士団第三師団へ配属。

アレクセイ・イオシフ・デミトリオス(Alexei Iosiv Dmitrios)

ブラックホースの実父。エルメラン教会の騎士だった。1,570-1,594。

アレクセイ・サドウィ(Alexei Sadwi)

フェルナンド帝国オウ州知事。

アレクセイ・バルドック(Alexei Baldok)

Who's Who参照。

アレステッケル(Arresteckel)

ヘイゼクス王国の街。人口35,000。

アレス・ミルコロス(Ares Milchoros)

ラムサダス帝国近衛であるクルスクロードの兄。魔術師。

アレックス・グラント(Alex Grant)

アーサー・フェルナンドが第二キングスパーティに参加する際に用いた仮の名。彼はこの名前でロングッド王国の男爵となり、領地をも与えられていた。

仲間が死んだときなど、「星に祈ってみよう」などと言って仲間を先に寝かせてレイズデッドを唱えたり、という一面を見せた。

ドバヌール王の黄金城にあるアーサーの部屋は、当初においては当然「アレックスの」部屋であった。

また、一度エリモイゼル・ヘンの世界へ転移したときにもこの名で通した。

アレックス・デヴィッドソン(Alex)

アレクサンダー・リチャード・カール・デヴィッドソン

アレックス・トリファー(Alex Triffer)

ラムサダス海軍大佐。「白き剣」。戦士。

アレフ・ゼロ(Aleph Zero)

フェルナンド帝国第二艦隊司令。中将。

アレル・ラ・ヴェルニュ(Arel La Verne)

Who's Who参照。本名はサン・アレル。並行世界ミネスからの移住者。ドバヌール王国のサン・アンリは従兄。

アーロイ王国(Kingdom of Erroi)

907年、挲坏瀝を滅ぼす。1,333年、馬具笊(ドライ王朝)を滅ぼす。

アロウ・ミサイル(Arrow-missile)

アマリス帝国で開発が進められている新型追尾ミサイル。厳重な管理体制のため詳細は不明であるが、同国戦闘機であるウイングファイターからのサイドワインダー型のミサイルと推測される。現用のチャプリ、カルプトンはもとより最新鋭グァンザにも装備されておらず、これからの新型機に装備されるものと思われるが…。

アーロエン・フォーパイル(Earloen Forpile)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。

アロン・エーヴリング(Aron Avering)

アヴァロン・アメルフス

アロンダイト(Aroundight)

ブラックアルフの姫ベッテル・スターンのあだ名。

アングラン(Unglan)

かつて存在した馬形のパキダミオン。

パキダミオン

アングリット・ローズ・クリアンストン(Angrid Rose Chrianston)

アマリス帝国公爵ロビン・クリアンストンの妃。旧姓セーマリオン。第二妃にあたるが第一妃チハヤは30年前に若くして死亡している。

アングリット・セーマリオン(Angrid Saemarin)

アングリット・クリアンストン

暗黒教(Religion of the darkness)

アナーティア教

暗黒大陸

暗黒大陸

暗黒の領域(Sphere of Darkness)

Overview参照。

アン・サロニン(An Salonin)

Who's Who参照。

アンジェロ・イェルト(Angello Yelt)

コリント王国イェルト公爵マジュロの長男で、次期公爵。

アンソニー・ヴィス・リンレー(Anthony Vis Lindley)

ロザリィ・ファルマスの恋人とされた人物。

アンソニー・ピアズ(Anthony Pears)

かつてのアマロン王国男爵。1,597年に男爵となった。現フェルナンド帝国イヴァン州知事ダニエルの父。パシューズの祖父。

アンソニー・フォン・マイヤー(Anthony von Meyer)

ジアザー帝国初代福祉省大臣。

地底王国(Underground kingdom)

Overview参照。

主はイモータル、カダルドスである。クレン・シルザンド山地、クレノラン付近の地下にある。入り口はそこからさらに離れた山深い切り立った壁面に隠されており、ドワーフやノームも知らない。

海底王国(Undersea kingdom)

ロングッドの東方の海底に位置する王国。Overview参照。

かつてアーサー・フェルナンド皇帝が王国の王子だった頃、正体不明の軟体動物に付いて海に入り、訪れたことがある。

アンターセン(Antersen)

アルファ人民共和国の街。人口1,100。

安荼留平原(Andaru plain)

南の手、ティルナ湖の西側に広がる平原。かつて、馬具笊ギルド史において北軍天政田佐宗と南軍嘉那須熱海がここで決戦を行い、天政田は敗死して南北朝時代が終わりを告げた。アンドワルー平原とも。

アンテア(Anthea)

アントニン・リエル・ハリエット・シャンメリー

アンディ・カープネス(Andy Curpness)

アマリス帝国海軍第三艦隊司令。白色騎士団第一師団長スコット・ウォーラスの娘リモーネを妻とする。

アンティ・ルーラン(Anty Roolan)

ジェトール王国テンプルナイツ。フェルナンド・ジアザー連合との戦いでからくも生き残った。王家への忠義は持ち合わせていないが単純に国を滅ぼしたフェルナンドとジアザー(現アマリス)を憎んでおり、ティロンス森内に居を構えて復讐の機会を探っている。しかし、フェルナンドやアマリスがどれだけ強大な力を持つに至ったかを理解できていない。元は多才な魔術を自在に操る人物だったが、恨みが彼の目を曇らせ、現実を直視しようとしていないのである。

元々彼の性格には難があった。その魔術の優秀さを鼻に掛けた自信家で、同僚にはよく嫌みを言っていた。そのことで仲間内でも嫌われていたが、彼自身はとくに気にしていなかった。王国崩壊でそうした負の面が一気に増幅され、表面化した形である。

アンデュイナ・ストール(Anduina Storl)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。1,629年の第二期入隊。

アンデリサ(Anderissa)

モクレイン、はなれ山付近に住む魔女。ズィドラス大陸には魔術に精通した人間が少なく、アンデリサはその中でも特筆すべき力を持つ存在である。

アントゥーン(Antone)

ド・トゥ教国の街。人口210,000。ジェミル右大公が治める。

アントウェルペ(Antowerpe)

ラムサダス帝国相談役リヒャルト・アドラーが海軍提督だった頃の旗艦。

アントニオ・ファーガス(Antonio Fergus)

アマリス帝国皇帝府長。初代自治大臣でもある。

アントニオ・フェッティーニ(Antonio Fettini)

アマリス帝国の高級洋服商(すでに隠居)。息子ケヴィンと共にスメル帝国の圧政を逃れて亡命した。ケヴィンはノブルランドで洋服商を始め成功した。1,563-。

アントニン・リエル・ハリエット・シャンメリー(Antonin Riel Harriet Shammerry)

12世紀スメル帝国の著名な天文学者・魔術師。大地の魔術師、あるいは緑の貴婦人といわれる。エルヴァート史上最高の美女といわれることもある。有名なシャンメリー48星座は、彼女が1,135年に発表した図入りの星図。この絵図には、5等星までの星約4,000が描かれており、その量と精確さは比類ないものである。80数歳で突如行方不明となり、そのまま見つからなかった。

素顔の彼女は気立てよく、誰とでも打ち解けることができる人物であった。また容姿が非常に端麗であったことが知られ帝国貴族の若君の3人に1人が彼女に求婚したとさえ言われている。求婚が絶えなかったが、彼女は通じて独身だったと言われている。80歳を越えてなお20前後の肌の艶を持っていたと伝えられ、現在の通説は彼女がライトネア王族(すなわちライトール族、ディアボラス)であったというものである。48星座の大半が古代ライトネアの星座であることも、ライトネア王族であることの傍証となっている。

彼女の母親は、シラカン5世の妹である。ライトネア風の名前はアンテア。母親はスメル帝国の内情を探るために派遣されたが、アントニンの父と知り合ってからその任務に疑問を抱くようになり、少しずつ放棄するようになった。母親はそのまま死亡する。アントニンは1,181年にライトハイのテセウス2世の部下により強制送還され、当時テセウス2世を殺害して登極しようとしていたアレウス1世の后とされる。アンテアと記録されたため、現在モータルで彼女がシャンメリーであることを知っている者はほとんどいない。従ってライトハイだけが現在でもライトネアとの血縁を維持していることを知っている者もまた、ほとんどいない。

アントラリア河(Antraliya river)

Overview参照。

アンドリュー・フェルゼン(Andrew Ferzen)

Who's Who参照。

アンドリュー・フェルナンド(Andrew Fernand)

Who's Who参照。

アンドル・サーマイト(Undle Sermyte)

サーマイト王国最後の国王。

アンドレ・フレデリクス(Andre Flederics)

フェルナンド帝国ヘイン州知事。

アンドワルー平原(Andwaloo plain)

安荼留平原

アントン・ボフハウゼン(Anton Bofhausen)

ファームズ帝国第二師団長。中将。男爵。ファスハイムの街の支配者。

アントン・マイクロフト(Anton Microft)

作曲家トールにピアノを手解きした人物で、こちらも作曲家である。その他レオナルト・ファームズ22世にもピアノと音楽理論を教えている。「エレメンタールフィル」などの曲が知られる。母はファームズ20世の妹レジーナ・シャーロットであり、帝国侯爵の地位を継いだ。なお、現在大臣の一人であるカール・マイクロフトはアントンの弟の子孫。

アンナ・カレーン(Anna Carane)

アンナ・マクシミリアン

アンナ・サザンフェル(Anna Southernfell)

ロングッド史。7賢人の一人。

アンナ・マクシミリアン(Anna Maximilian)

Who's Who参照。

アンナ・マフピオタ(Anna Mafpiota)

ルーンワールドに住むハーフアルフ。地精の血が混じっている。

アンナ・ミーシャ(Anna Misha)

ノブルランド〜ジアザー帝国の子爵。戦士。

アンナ・ミレーズ・テレビジョン(Anna Millays Television)

アマリス帝国皇帝の妹。先帝ジアザーの四女。家族名は

アンヌ・トリビュート(Anne Tribute)

元ヘレネス王国〜ジアザー帝国侯爵。女性。優秀な聖騎士だったが大病を得て他界しており、爵位は娘のマイカが引き継いでいる。現皇后ローラはマイカの双子の妹である。

現在のマイカの性格を形作る上で、もっとも影響を与えた人物。正義感が強く、アマリシア王宮に自ら赴いて貴族や軍の不敗を告発したことは一再ではない他、自ら剣を手に怪物の一団を駆除することも多かった。ときにその舌鋒は国王ヘレネス13世や王子に向けられたこともあり、激怒した国王により投獄されたこともある。

ジアザーによる王国併合に際し、ファームズやライトネアに隙を見せないためにいち早くその軍門に降った。もう一人の侯爵であるエサール・ルシオンもこれに続いたため、ほとんどの貴族は戦わずしてジアザーの元で再集結することになった。

トリビュート家は女系というわけではない。彼女の先代の父親は彼女が19歳のときに崖から脚を踏み外して死んだ。一人っ子だったために彼女が継ぐしかなかった。その彼女も1,625年に34歳の若さで死に、爵位は13歳になるやならずのマイカに引き継がれることになった。一応、マイカの2つ下にエルメルという弟はいるのだが、才能に差がありすぎて現時点でも譲位の話は出ていない。

彼女が爵位を継いだ直後、首都から帰還したウォルター・コーラスと恋に落ち、結果生まれたのがマイカとローラだという噂がある(恋に落ち、の部分は色々とバージョンがある)。これは真実ではなく、二人は引かれ合ったが指一本触れることはなかった。それでも、彼女の死に際してウォルターがわざわざ首都から舞い戻って見舞ったのは事実であり、侯爵閣下の顔などろくに知らぬ遠方の人々の話の種にはもって来いのものだった。マイカとローラは、親同士の取り決めとはいえ彼女の夫となったイナクレス伯爵次男ラフィーの子で間違いない。

アンブリエル(Anbriel)

エルメラン教の聖人のひとり。

アンブリエル・ティテス(Anbriel Tithes)

元フェルナンド王国情報部。クラウドの部下で中佐だった。王子たるアーサーに恋心を抱き、彼がエリカ・エーヴリングと結婚したことで彼の元を去った。混沌戦争で死亡。

アン・メアリ・ファームズ(Anne Mary Farmes)

ファームズ帝国の皇女。4歳。

アンリ・バルビュス(Henri Balbuss)

ラムサダス帝国海軍。

アンリ・リンクシュトラーセ(Henri Ringstraße)

シーラン地方の画家。ジェローム・ル・ミュラの友人。1,575〜。

イアイス・リヴェイン(Iais Revain)

アルファ史。トーリス・リヴェインの父。アイゴス王国軍に徴兵され、フラビオ・ラウディス(後のディンロミンナルア1世)軍との戦いで戦死している。

イアドラス・ノースフォード(Iadrus Northford)

アマリス帝国海軍第一艦隊司令。中将。元々予備軍の長だったが、ジアザー二世の組織改編で昇格。

迩杰(Yi Er Jie)

八破拳におけるマリーン・セーレーンの兄弟子。

イアワッド王国(Kingdom of Iawad)

Overview参照。

イアワッド及びジャワッド連邦(Federal of Iawad and Jawad)

Overview参照。

イアン(Ian)

フェルナンド公国パニアゼミナール音楽担当。混沌戦争を生き延び現在パニア国立大学の講師。

イアン・エネルス(Ian Enerus)

エルスルム王国クリューガー国王の王子。

イアン・トルネイオス(Ian Tolnayoth)

Who's Who参照。

イヴァ(Ivva)

モクレイン前王レイン・ティア7世の兄で、影のモク。

イヴァン1世(Ivan I)

イヴァン帝国初代皇帝。イヴァン王国国王ハル・イヴァンだったが、1,207年に帝国となった際に名乗った名。

イヴァン10世(Ivan X)

イヴァン帝国皇帝。かつて赤龍ナイトフレームと契約を結ぶことに成功し、帝国にもしものことがあったら助力を得られるようにした。その後子孫のパラリアーナ、ドレンアークはこの契約に基づいてドラゴンマウンテンに匿われたが、ナイトフレームはアーサーの目的を知ってウォーターミラーに尋ね、二人が今回守護するに値しないと判断してアーサーに差し出した。

イヴァン26世(Ivan XXVI)

イヴァン帝国最後の皇帝。本名はメステオス。カランハ、パラリアーナ、ドレンアークの父。スメル侵攻時に戦死する。

イヴァン王国(Kingdom of Ivan)

現在のフェルナンド帝国イヴァン州付近に存在した王国。首都エトー。1,001年に民主ロングッドに敗れて滅亡するが、その後も王国残党は散発的に抵抗を続け、1,036年にロングッドがメルメトン1世によって王国になり、南島から撤退した後、王国を復活させる。またその後イヴァン帝国になる。

イヴァンサニア・セイン(Ivansania Sein)

コリント帝国の1,000年紀の女王(第十四代)。彼女には子が生まれなかったためセイン家は1,050年に断絶した。セイン家の断絶により、建国当初からの古い家はサティス、イェルト、ダンクノックだけになった。セイン家は6公爵家の独立以降女系で成り立っていたため男子に当主を継ぐ資格はなく、女子も他家へ嫁いだ段階でその系は断絶と見なされた。このため当初からセインに傍系は存在しない。

イヴァン州(State of Ivan)

フェルナンド帝国の一州。州都はエトー。州知事はダニエル・ピアズ。

イヴァン帝国(Empire of Ivan)

1,207年にイヴァン王国国王ハル・イヴァンがイヴァン1世を名乗って帝国制に移行したもの。首都エトー。1,612年、イヴァン26世の治世にスメル帝国の侵略に遭い滅亡する。最後の国王はイヴァン26世。第一皇子カランハは共に戦死したが、皇女パラリアーナと第二皇子ドレンアークは健在であり、アーサー・フェルナンドとの対決を経て彼の配下となっている。

イヴェリタルヴ(Iveritarv)

無秩序の領域のイモータル。1,614年の混沌戦争時に消滅している。

イウヅ(Iuz)

フェルナンド帝国のハムート山脈内の村。Overview参照。

イェーガー・ステッド(Eagar Steadd)

アルファティウス帝国末期の騎士団、シルヴィスのリーダー。ウィンスゲイルの戦いまで生き延び、戦死している。ステッド流という剣術の家であったが、流派は弟が継いだ。

イェール(Yale)

1,000年頃のロハス王国国王。

イェールティア(Yeltia)

イェルト

イェルト(Yelt)

  1. コリント王国二公爵家のひとつ。当主はマジュロ。かつてはイェールティアといった。
  2. コリント王国の街。イェルト公爵家の領地。

イェステル・ファルティアン(Yestel Faltian)

コリント王国伯爵。ティシアラの弟。

イェナンス・オブ・テシアス(Ienanse of Tesias)

<シーカーズ>の一人で、勝利の女神テシアスの加護を受けたといわれる僧侶。<使徒>とも。

イェニ公国(Principality of Yeni)

ハルマヘラ公国群の一国。

イェノラ海峡(Strait of Yenora)

ズィドラス大陸西側、イェノラ島との間の海。

イェノラ島(Isle of Yenora)

ズィドラス大陸西側にある大きな島。

イェメ(Yeme)

ダディスの首都だったとされる街。現在の正確な場所は不明。

イエメン・セルフィス(Iemen Celfis)

アルファ人民共和国海軍第五艦隊司令。

イェラーラ公国(Principality of Yellala)

ハルマヘラ公国群の一国。

イェルゲール(Yellgale)

イーストフェリア帝国陸軍第三部隊長。

イェルメレス(Yelmeres)

マレイリー森林

イエローエンペラー(Yellow emperor)

挲坏瀝方面の古代国家タタンの始祖とされる伝説的な人物。伝説によれば、母があるとき池で龍神に出会ってイエローエンペラーを身ごもったとされているが、別の伝説では天の大君の息子であるとされる。またこうした伝説はドール地方からスメル一帯にも広がっており、竜ではなく鳳凰であったとする説もある。

イェン・ヴェルディ(Ien Verdi)

Who's Who参照。

イオド・サロニン(Iod Salonin)

アン・サロニンの父。スニルナ千島帝国で帝室侍従長を務めた。

イオドシア・マーティン(Iodocia Mertin)

1,500年代に「長征者ヴァンガード」を作曲。

イオドシウス(Iodosius)

クレタミソス3世

イオドシウス・エンテリアノス(Iodosius Enterianos)

Who's Who参照。その正体はライトマイ王国国王クレタミソス3世である。イオドシウスがクレタミソス3世の本名。

イオドスキル(Iodskil)

ミラード帝国陸軍第五師団長。中将。

イオシフ・シュガシヴィリ・ガリロヴィチ・ドブロリューボフ(Iosiv Shgasiviri Garirovich Doblorubov)

元ジアザー帝国白色騎士団師団長。1,629年に引退し、最終階級は中将。

イオニス(Ionis)

ライトマイ王国の将軍。1,626年に任じられた。

イオニッヒ・ファルケンハイン(Ionich Falkenhein)

ラムサダス帝国海軍准佐。

イオニッヒ・ビーチャウゼン(Ionich Beechausen)

1,400年頃、「アルフ」を作曲。

イオレ・ファームズ(Iore Farmes)

ファームズ帝国アレイス男爵の子。

怒れる神(Angry god)

ヨーフォルマ

イギル王国(Kingdom of Igir)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国の一国。首都はカル・ヌーイ。国王はセ・イギル。

イグナッツ・アウアー(Ignaz Auer)

スメル帝国史。600年前のラムサダスの冒険に同行。盗賊。

イグナッツ・トライチュケ(Ignuts Treituke)

ラムサダス帝国海軍。アシュラブレイの乱ではアシュラブレイに味方し、第二次エンペラーズアイル海戦で捕虜となるが、反乱鎮圧後に許されて現役復帰。1,629年に死去。旗艦はツム・シュヴァーネン。

イグナティウス(Ignatius)

エルメラン教の聖人のひとり。

イグニス・レストール(Ignis Lestorl)

ヴァレールアルフの一人。氏族長グルアークの次男でアルファナの父。

イグノア・ラーケン(Ignore Laken)

アマリス帝国の初代環境保護省大臣。

イグノス(Ignos)

セイレイ大陸中部の村。かつてはアカラット王国、アカラット共和国の首都だった。

イグノスの戦い(Battle of Ignos)

シリア王国がアカラット共和国を滅ぼした戦い。917年。

イーグル・ショット(Eagle shot)

アラス流の型。ラムサダスが得意とする。

イサク・ヘレネス(Isak Herenes)

ヘレネス王国最後の国王シュマインの王子。1,612年のジアザー帝国侵攻時に父とともに死亡。

イザベラ・ラッチェリーニ(Isabella Lacellini)

南東ラムサダスの港町シュレーンの支配一族の出で、港町ソートスの実質的な当主ヴェーブル・リューベックの妻。

イサベラ・ローリンクス(Isabella Rolinks)

フェルナンド王国・シクロライトの女男爵。

イザヤ(Isaiah)

ペンタトニック教で信仰される神。「マター」と呼ばれ、物質の音を司る。イモータルとしては実在しない。

イサマン(Isaman)

エストメスランド連邦の一州。州都ラザン。

イシク・ウラジスキー(Isik-Vradiski)

フェルナンド帝国の紅茶のブランド。

イジクニフ・ゼドロヴィチ・モストキン(Ijikuniv Zedrovich Mostkin)

フェルナンド帝国陸軍第五師団長。中将。並行世界ティバーサティンからの移住者。弓の腕はエルヴァートでも上位に位置する。

イシュ・ヴォー(Ihsh Vgho)

ザス・トラス

イシュタル・モドラス(Istar Modras)

ダスト・カルミナのブラックアルフ。かつてイスカンダラス・タルモトスの名で永世王国26人衆に参加していた。

イシュトヴァーン・メイザー(Istvan Mazur)

元コリント王国伯爵。ハレスガード王即位時に不正蓄財の罪により一族郎党国外退去処分となった。

イシュラス・メルク(Ishras Melk)

フェルナンド王国のマヴェルキュルス伯爵。

イスカルド(Iscardo)

失われた魔法王国の首都の名。セイリアン・ダルスがイスカルド・アルヘルムス(ランディス・トランザート)に名を与える際に語ったもの。イスカルドは自身の名の由来になったこの都市について、いまだに原典を発見できていない。

イスカルド・アルヘルムス(Iscardo Alhermus)

Who's Who参照。

この名前はセイリアン・ダルスから送られたものである。

イスカンダラス・タルモトス(Iscandras Talmotos)

イシュタル・モドラス

イスタニア・ラムサディ(Istania Ramthady)

ラムサダス帝国現皇帝フラニオスの弟。ラムサダスの次男である。限り無く銀に近い金髪は波打って美しいが、兄のようにショートにしている。瞳は父母よりも濃い。ソフィアによく可愛がられている。まだアルフとしてはほんの子供であり、無邪気なものである。

兄同様、父のように強くなりたいと思っているが、兄がどちらかというと国政を志向しているのに対して、イスタニアは冒険者を志している。父の若いころのほうが、彼にとってはきらびやかに映るのだ。いずれ帝国にはびこる邪悪なモンスターを、自身の剣によって倒していきたいと考えている。それがさまざまな意味で帝国のためになる、というところまで考えられるほど、まだ大人になってはいないのだが。

しかし、政治に無関心である割にはオーギュストに学ぶ兄をうらやましく思っている面もある。よく兄の隣にやってきては、ちんぷんかんぷんのオーギュストの講義に耳を傾けることがある。もちろんすぐに根を上げてしまう。また歌うことも好きだが、それはかなり適当なものである。

イスターニャスの戦い(Battle of Istanias)

アルファ史。243年にナイクルソン・モンレ率いる革命軍が、王子ピラチト・ラウディス率いる帝国軍に完勝した戦い。ピラチトの無能によるものだったが、モンレと革命軍は過信してイスロンへ突入、皇太子エミット・ラウディスの計略により壊滅、モンレも戦死した。

イスタロス・エドリテナス(Istaros Edritenus)

ロングッド島ヴァレール森のエドリテナス氏族長。現氏族長ミルディスの次男で、故ファナス男爵の弟。

イステニア(Istenia)

クルート連邦の支配者ハンス・ミュラー・ヘンドリクスの娘で、ミラード帝国皇子サラノスに輿入れした。サトリアナの僧侶。

東庄(Eastshire)

南ホーメルト、ファーランドの南にある東丘の、ハーフリング名。ハーフリングの氏族が複数暮らしている。

イスト・ノイル2世(Ist Noile II)

ミラード帝国ノイル男爵。ノイルの街の支配者。

イス・ドノーヴァ(Ith Donova)

紀元前、コリント帝国を支配した将軍家の一人。

イーストフェリア帝国(Empire of Eastferia)

地下世界の国の一つ。Overview参照。首都はコートフェリア。皇帝サザーランド1世が支配する。ポールフェリア王国、マインフェリア王国が従属国。

イスマイリア(Isma-Iria)

フェルナンド帝国の街。「イリア神の愛でし場所」を意味する。かつて存在したイリア神王国の首都。なお、イリアという神は存在しない。

イスマイル・カルバラー(Ismail Karbala)

Who's Who参照。

アマリスの窈湖の元を訪れるのは単に数学的興味を満たすために過ぎない。彼が会いたいのはクリアンストン公爵領に暮らす少年ヘールである。彼は同性愛者であり、自宅には小間使いに雇った身寄りの無い少年たちが暮らしている。ヘールに何か申し出ることで国際問題を引き起こし兼ねないことは理解しており、とくに何かするつもりはないが。アーサーは彼の趣味を快く思ってはいないが、強制がない以上個人の問題だと考えている。

イスミエルダ(Ismyelda)

青のラ・リューン

イスミト・ラウディス(Ismito Loudis)

アルファ史。王子だったが、1,138年ドロニク・ウルディンによって冤罪を着せられ、自害を強要される。

イスラミル・レストール(Islamir Lestorl)

ヴァレールアルフ、レストール氏族長グルアークの長男。次期氏族長。アルファナの伯父。

イズレド・ガルゴム(Ysled Gulgom)

かつての永世王国26人衆のY。魔術師。

イスロン(Isron)

Overview参照。

イスロンの戦い(Battle of Isron)

アルファ史。243年のモンレの乱を鎮定した首都決戦。油断した革命軍は、皇太子エミット・ラウディスにとってイノシシ狩りよりも簡単な相手だったと言う。

イセリア・エドリテナス(Etheria Edritenus)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。

偉大なる書(Great book)

ペシフェ

偉大なる星

偉大なる星

イチュード(Itude)

かつてミトランド湖沿岸にあったナッポア国の首都。

イットー・カガスミー(Ittoh Kagasmie)

Who's Who参照。

イデア(Idea)

ライトクル王国の将軍。1,624年に任じられた。

イ・デルニ(y Delni)

亡国シリア王国海軍艦隊司令官。大将。ロスティア王国出身。

イ・デン・フロート(I Den Flote)

ノブルランド〜ジアザー帝国の男爵。フェルララを治めた。混沌戦争で死亡。

イドハルド(Idhard)

ファームズ帝国、ドライヘルスブルク町長。戦士。1,580-。

イドフェリア(Ihdferia)

イーストフェリア帝国の首都。皇帝ザールモンド2世が支配する。

イドリアヌス(Idorianus)

ライトマイ王国の将軍。1,621年に任じられた。

イナクレス(Inacres)

ヘレネス王国〜ジアザー帝国でクレストスの街を治めた伯爵。混沌戦争で死亡。現在は長男のザントリスが引き継いでいる。次男ラフィーはトリビュート侯爵アンヌの夫となった。

古のしじま(Ancient silence)

オルクマルド

古の聖魔大戦(Ancient armageddon)

B.C.5,500年頃に発生した、法と混沌の神々の戦い。発端は、<黒の預言者>ビッボオルゥが、法の女神の一柱シリニスを殺したことによる。このとき、人間やアルフは挙って法に味方した。その中で、人の子のエルヴァートと、アルフの王子ヴァンガードが冥府へ下った。そこでかれらは混沌の主力軍を掃滅し、混沌の神を幾人も倒した。しかし、かれらが地上へと戻る際、闇の皇帝オルクマルドの長子、<黒き鹿角の王>ラウドロップに追いつかれる。ラウドロップはエルヴァートに対し、<黒蛇の戒め>を用いる。エルヴァートは、自らの命が長くないことを悟って、ヴァンガードに戻るようにいった。エルヴァートは<月光の激流>大呪をもってラウドロップと相打ちになった。オルクマルドは女神ラ・リューンの<月光の封>によって虚無の底へと封じられる。その間ビッボオルゥはラナラントにはいり、センリニールを屠る。時を同じくして、<死の竪琴の弾き手>ブラック・モウが闇を裏切る。

こうして闇は敗れ、世界に法と秩序が回復する。ひとりラナラントに帰還したヴァンガードは、そこにすでに魔力が無いことを知り、仲間を引き連れて長い時空間旅行にでる。そしてエルヴァートの世界を訪れ、世界に英雄の名を与える。

この事件については、偉大なる書ペシフェに記されている。

イノハーレン(Innoharen)

ド・トゥ教国史。初代女王アルフミリエル・サンクラルの夫とされる人物。

イプセン(Ipsen)

フェルナンド帝国海軍セスラー中将の旗艦。1,629年のサンダーストーム作戦において、ドバヌール王国軍総司令官ゼバスティアン・ユーゲン・シェーンベルクの旗艦マルメラードフからの砲雷撃で撃沈された。

イブレシア・カインズ(Ibresia Kines)

ヘレネス王国〜ジアザー帝国でリソアニアを治めた子爵。混沌戦争で死亡。リソアニアにはその後アクレス・フォトラスト伯爵が封じられている。

イボリア・ウルディン(Iboria Urdin)

アスリアノル3世

イマラ公国(Principality of Imara)

ハルマヘラ公国群の主国。首都クート・アル・イマラ。現在の藩王はパチアラ・ススマン・ハルマヘラ。

忌み地(Abominable place)

ロングッド、ヨーン中心街の北西にある池の周りの地で、古代の呪術が残る。アンデッドが出没しては街に侵入していたが、大司教級の僧侶でも浄化することができなかった。このため特別に清められた砂利で池の周囲に道を作ってある。アンデッドはこの道に入ることができない。

イムホテップ(Pharaoh Immhotep)

古代ミラード(ミラルト)の第2王朝群サンダランの第11王朝第3代の王。現存する最大のピラミッドを建てさせたことで知られているほかに、アキン法という慣習法を作らせたという業績もある。ミラード帝国では神々の仲間になったとされているが、定かではない。

イーモ・ズルシッキ(Imo Zursikki)

アマリス帝国のコーヒーブランド ホワイトマウンテンの創設者とされるが、近年オリジナルをメナハム・ハルディスターと争っている。

イモータル(Immortals)

不死なる存在。D&D®ゲームの最終到達点。基本的には「神」と同一の存在だが、厳密には異なる。「神」は地球でいう神と同様のもので、信仰する対象のことである。実在しない神もいる。エルヴァートで信仰されている神々は大抵がイモータルだが、信者を持たぬイモータルもいる。エルヴァート世界の動静に関与を持つイモータルは、法と混沌それぞれ40〜50人である。

なお、エルヴァートおよびその周辺世界においては、イモータルは子供(イモータル同士、イモータルとモータル)を作ることができない。古代神はこれが能力によるものではなく、<古き者>による戒律によるものであることを知っている。

イモータルの破砕日(Crush day of the Immortals)

1,630年1月3日に発生した、エルヴァート各地でほとんどの魔法が破壊され、詠唱しても効果が現れなくなった日。詠唱については翌日には効果を取り戻したが、当日多くの魔法使いが殺害された他、破壊された魔法はそのままだったため各地が大混乱となった。

イモータルの目(Immortal's eyes)

メロス、ゼルディアン、ル・ソレイユ、ハドラム、オーデルゾーロの5人が管轄する5基の監視衛星。マルス星上空を高速に回転して各地を観測している。高度は20,000マイルほどであり、<神の帳>を超えることができる唯一の存在。5基は互いに微妙にずれた時間軸に存在しているため、衝突することはない。ほぼ重力のみの運用であり、その速度は14,241.17km/h。

イャッド・ヨージャー(Ijad Yorjer)

ベルン・セルナンデスの友人で、博士と呼ばれた。アルファの新憲法策定に携わった。

イラシウス・クバイト(Irasius Kubaito)

アルファ史。セルナンデスの革命に参加。

イリア(Iria)

かつてイリア神王国の国教だったイリア教の神。イモータルとしては存在しない。

イリア(Irias)

ライトクル王国の第一師団将軍。1,623年に現軍務事所エミュニオンの後任として第一師団将軍となった。

イリア教(Irian religion)

かつてのイリア神王国の国教だった宗教。歌と踊りの神イリアを信仰する。現在でもかつての王国周辺に信者が残る。エリン・フォン・ハインスリッターの芸名「ラフィニエル」は、イリア教で「天の恵み」を示す言葉である。

イリア神王国(Holy kingdom of Iria)

かつてホーメルト北島にあった国家。首都はイスマイリア。1,616年のフェルナンド侵攻で滅亡。最後の国王は神聖王ウォルフスベルク3世。

イリアル(Irial)

ド・トゥ教国陸軍第四部隊長。

イリオン・フェイト(Irion Fate)

おばかさんの戦士。ピクシーのピリスに「馬鹿」を連発され、更にブラックホースと比べられたことを非常に根に持っている。現在の目標はピリスを「ぎゃふん」と言わせることである。ただし、ピリスは移り気で忘れっぽいため、既にイリオンのことは記憶に残っていない。

<暁のイリオン>や、<蒼き流星のイリオン>、<閃光のイリオン>、<天界の皇子イリオン>などが存在するが、いづれも彼自身が考案し、広めた名前である。

イリニア・デューゼンバーグ(Ilinia Duesenberg)

イリニア・ファームズ

イリニア・ファームズ(Ilinia Farmes)

ファームズ26世の后。元々は先帝ファームズ25世が後宮に収めた下町娘であったが、彼女を招くことがないまま皇帝が没したために26世が即位時に自分のものとした。ザンベルクとアン・メアリを産む。元々はヘッツェンであったが、婚姻に際して問題となり、形式的に一旦ラルス・デューゼンバーグ侯爵の娘となった。

イリニア・ヘッツェン(Ilinia Hötzen)

イリニア・ファームズ

イリヤ・クリスティーン(Ilya Christine)

ラムサダス帝国ムーンテテラに住む寡黙な醸造家。小規模な家族経営で畑も小さく、元々は地元の者が購入する程度だったが、彼の醸造する蒸留酒「プレッシェル」が永世王国宰相のサヨコ・イデナリの舌にマッチし、彼女が大々的に触れ回ったことで突然注目が集まるようになった。それまでは他所と比べてやや良心的な価格であったが、需要が急増したことで流通不足が発生、価格高騰を招いた。ただ、サヨコが「飲めなくなった」とボヤいていることを伝え聞いたイリヤは妻に相談し、ランカスト・フォレンディスのサヨコ御用達の酒場による買い付けにのみ特別に以前の価格で卸すことを決めた。

不入斗(Iriyamazu Matoi)

忍者の里に住む女忍者。幼い頃から寝所での暗殺用に身体の特定部位に毒を繰り返し塗布されている。空木綾鳥とは相思相愛ながら、そのことを告げられずにいる。

イル(Il)

ニュークリスト

イルクツク(Irkutsk)

アマリス帝国白色騎士団、オスフルスク中将の旗艦。

イル・クレイス(Ir Crace)

エルヴァートの並行世界の一つであるが、いまだ文明レベルが低く、1つの大陸しか知られていない(設定もない)。

イルメリア・ベラタン(Ilmeria Beratan)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)No.2であり、軍級は大将。十六武将の一人。ベラタン前氏族長コーネリアスの姪。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。短期間行政官を担当したこともある。ディアーク・エドリテナスの伴侶。

イルク・ペリアスト(Irk Periast)

ノブルランド〜ジアザー帝国の男爵。マッジタウンを治めた。エルメラン教の僧侶。

イルケ渓谷(Irke valley)

マユリ島にある渓谷。

イルケ渓谷の戦い(Battle of Irke Valley)

1,384年にナーランダー率いる抵抗組織が、アルファティウス帝国軍を打ち破った戦い。これにより帝国はクーリル諸島に足場を失い、2年後の海の王国独立になる。

イルゾニアの森(Forest of Illusonia)

Overview参照。

イルソンデル島(Isle of Ilsondel)

Overview参照。

イルダ(Irda)

フェルナンド帝国イヴァン州にある中海に面した港町。人口40,000。かつてはメガデス王国の街。現在はイルダ領として一定の自治を認められている。

イルダ領(Dominate of Irda)

Overview参照。

イルナ・ガリロヴィチ・グリューシコ(Irna Garirovich Grusicko)

アマリス帝国白色魔術団。中将。

イルビジア峠(Ilbisia pass)

ブラックピーク山脈とノルアート山脈の境の一部。1,613年年初にジアザー帝国とファームズ帝国の戦闘が発生した。

イルビジア峠の会戦(Battle of Ilbisia)

アマリス帝国(当時はジアザー帝国)とファームズ帝国の初の会戦。1,613年のはじめにおこっている。戦後ファームズは戦略の要地であるシーラン地方を割譲している。ここは過去、ライトネアとファームズとの間で幾度もやりとりされた地であった。

イルベリオス1世(Ilberios I)

アルファ史。B.C.180年にアイゴス王国を興す。B.C.200-B.C.151。

イルミナ・ストラヴィア(Illumina Stravia)

グレーデン女子学院において、クリスティア・フェルナンドらと同窓となる人物。王国時代は伯爵家であり、現在でも貴族意識が抜けていない。父は非常に厳しい人物で、娘が農民出身のグレース・ティアットに学力で負けていると知ると暴力を交えた態度でイルミナに接するようになった。

イルヤーナ・デミトリオス(Ilyana Dmitrios)

ブラックホースの実母。

イルリック・カーサリアン(Ilric Cursarian)

かつての永世王国26人衆のI。聖騎士。男性名だが女性であり、本名はフェデリカ。14歳から16歳まで26人衆に参加した。感情を顔に出すことのない美しい少女。その剣技はマリー・ルーンに匹敵するほどであり、前任アイゼル・シェルスキーを左腕一本を犠牲にして降伏に追い込むほど(左腕はその後修復)。生まれつき痛覚がないことで、激痛によって動きが鈍ることがないのが特徴。ただし実力について自ら語らなかったため、マリーやエール・ブラーンシュとは一度も手合わせしたことがない。

現在はマリオット・ワトニーと名を変え、ファーランド術者都市に移り住み、市長セルミアス・ミルフの側近となっている。

イルレンローエ(Irrenlohe)

エルドレス神国ヴォーテルジー王国最後の国王オーリエックの妃。ソーディッヒ王国国王ライスの叔母、ライヒの父バナッハの姉、アデリーヌの母。1,613年のアイスラント侵攻時に死去。

イロン・エーヴリング(Irron Avering)

かつてのアイオリス皇帝セリオード3世の弟。アヴァロン・アメルフス(アロン・エーヴリング)の弟。1,551年に部族間抗争で戦死している。

イワティコナ(Iwaticona)

1,349年にテクトテティカン王国を建国した人物。1,307-。

イワノフ・デミトリオス(Ivanov Dmitrios)

ブラックホース

イワノ・マルキュイル(Iwano Malcuil)

かつてのドバヌール王国海軍艦隊司令。少将。旗艦はリルケ。

イワン(Iwan)

フェルナンド公国パニアゼミナール歴史担当。

イワン・イワノヴィチ(Iwan Iwanovich)

かつてのドバヌール王国海軍艦隊司令。中将。旗艦はランゼルム。

イワン・オスフルスク(Ivan Osfrsk)

アマリス帝国白色騎士団第十一師団長。中将。かつてはカーレイン騎士団に仕えていたがノブルランドのメルヴィルに移住、ノブルランドを併合したジアザー帝国で志願した。

イワン・ヨレフスキー(Ivan Jorvski)

アマリス帝国白色魔術団団長。上級大将。

印王朝

タタン王朝

印鑑(Seal)

別名は「玉璽」。ラムサダス帝国のものを指している。ラムサダス皇帝は、アシュラブレイがいた頃、毎日印鑑押ししかしていなかったので、現在も常に印鑑を所持しているのだ、といわれている。

インギー・ランスフェール(Ingy Lancefale)

かつての永世王国26人衆のI。ルミスデンの僧侶。セイレン・アックレルヒとは親友同士。ミルファリン・オルドレスティとミルカ・エルスティのブラッドリンガー退治に同行した。

イングヴァル(Ingval)

ファームズ帝国ミュンハイム王国の前王。ハイムゼルの父。元は公爵の三代目で、リューファイオン・ファームズが総督だった頃、マンダナグル社の副総督だった。リアン・ファームズ24世(ミュンハイム)の死去に伴ってファームズのステインが帝位に就いた時、彼を新しいミュンハイムの王に据えた。このため彼が王にならなければハイムゼルは男爵のままだった。混沌戦争で死亡。

イングヴィン山脈(Engvin Mt. range)

ミラード帝国の山脈。Overview参照。

イングビ1世(Engvi I)

エンクヴェイ

エルヴァートの夜空にある星座、魔術師座は、ミラード方面でイングビ1世と擬せられている存在である。ただ、歴史上のイングビは純粋な戦士であって魔法を使うことはなかったと言われており、このためこの同定に異論を持つ学者が多くいる。

イング平原の戦い(Battle of Ing plain)

オワト平原の戦い

インシュヴィ山脈(Inshvi mountain range)

インシュヴィの地の中央にある山脈。

インシュヴィの地(land of Inshvi)

Overview参照。

インティ(Inti)

Who's Who参照。

インファス山脈(Infass Mt. range)

ホーメルト南島の西端にある山脈。Overview参照。

ヴァイパー・ハインド(Viper Hind)

アルファ史。反乱を起こしたライガース・ハインドの父。シルヴァーの司祭だった。1,550-1,616。

ヴァストラダン・クレミアン(Vastradan Cremian)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。1,629年の第二期入隊。

ヴァドリス(Vadris)

ドンバラス

ヴァニス・カハスト(Vanis Kahast)

アルファ史および海の王国史。733年にクーリルの乱を起こしたが、3ヶ月ほどで内部闘争で殺害され、乱も鎮定された。

ヴァネクサル・エリミル(Vanexal Erimir)

フェルナンド王国のユトラトピーク市長。公的には市長だったが実際に治めていたのはヘレフォード家である。妻のリフシアはヘレフォード家の出で、メアリの祖母の妹にあたる。

ヴァーフェ(Vafe)

モンゴル大帝国の村。人口7。村長はオーギャ。

ヴァミリエ(Wamilier)

ローラン王国国王ベルンハルトの妃。エルドレス教僧侶。エルドレス神国(エカトリノ王国)王女でオーリッヒの妹、シャクシャインの姉。

ヴァーミリオンバード(Vermilion Bird)

  • ゴッドバードとも。アディン聖印教で信仰される獣神の一柱。南の守護者とされる。
  • ファームズ帝国聖獣騎士団のひとつ、あるいはそのリーダー。現リーダーは皇帝の従兄弟アストラッド・ファームズ。

ヴァームベルト(Varmbert)

<魔界の公爵>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。並行世界エリモイゼル・ヘンの悪魔であり、基本的にエルヴァートには関心を示していなかったが、かつてアーサーとエリカを、エリモイゼル・ヘンへ転移させたことがある(この件でヴァームベルトは敵であるイモータル・ラダカインの計画を我知らず助けてしまった)。1,614年の混沌戦争時に消滅している。8世紀頃にホーストで信仰されていた記録は残っているが、これはエリモイゼル・ヘンから移住した一団によるもの。

ヴァ・ラグレス(Va Lagres)

Who's Who参照。

ヴァリアグ(Variag)

ライトクル王国の首都。人口159,000。

ヴァリアス・アンドレ・メツァート(Warias Andre Mezart)

1,620年に「小さな朝の歌」を作曲した天才作曲家。

ヴァリアナ・フェルナンド(Valiana Fernand)

フェルナンド王国史。<流血王>フェルナンドの二度目の王妃。ソーカンリーの姫。1,334年に睡眠中のヘンリーを殺害して自殺。<血の3/4世紀>を終わらせた。

ヴァリウス(Valius)

フェルナンド帝国ブラバント州の街。港町のシーリスとノブルを結ぶ道(フェルナンドロード、かつてのノブルロード)の中間にある。

ヴァリウス大学(University of Valius)

各種機械や工学を扱い、「機械化の先駆」とも。

ヴァリク・ウルディン(Valik Urdin)

アルファ史。ディンロミンナルア3世治世下で宰相となり、娘を次々と皇帝の側室として権勢を振るった。

ヴァリス(Varis)

時間の領域のイモータル。<太陽神>。カンスラ密教七大神の一柱。カンスラ密教は初めにこの存在への信仰から始まった。モータルの頃は、世界大戦前のエルタニア帝国に住んでいた僧侶であった。太陽のようにあまねく光をもたらすことを教えたため、イモータリティを得た後、いつしかル・ソレイユに代わって太陽神と呼ばれるようになった。月明神ナリスはモータル時代の妹であり妻。「太陽と月」と崇められた。馬具座教の日光

ヴァルカナ(Valcana)

<極冷の火炎>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。

ヴァルジ会戦(Battle of Verdgi)

1,015年。ロングッドのシリア王国占領を阻んだ戦い。この少し前から戦線は膠着していたが、この戦いでの敗北がロングッドにとって致命傷となった。シリアでの呼び名は、スサの戦いである。

ヴァルティーザ(Valtieza)

ヴィセンザ2世

ヴァルド王国(Kingdom of Vald)

かつてホーメルト北島にあった国家。首都ヘイン。フェルナンド王国に併合された。

ヴァルナ・ズィトミール(Varna Zhytomir)

かつてホーメルト北島にあった国家南セイアン王国最後の国王。魔術師。

ヴァールベルガー(Wallberger)

アルディア山脈の高山。5,038m。

ヴァレドニウス(Valednius)

ファイアウィザーズの長。

ヴァレールアルフ(Varale alves)

ヴァレール森林に住むアルフたち。レストール、ベラタン、エドリテナスが主な氏族。

ヴァレール森林(Forest of Varale)

Overview参照。

ヴァンガード・クロイエン(Vanguard Croyen)

創始の炎を内に持った大白妖精。ラナラントの妖精王センリニールの長子にしてラメルやスレイアーンの兄、そしてセレドリム妖精王。その内なる炎の比類なさゆえ、<炎の妖精王>と呼ばれる。現在は活力の領域のイモータルとなり、タキウスを名乗っている。フレイム正教の神々の一柱。ラムサダスの交渉神であり、アルフの神の中ではに最大の数の信徒をもつ。サラディーナ(赤のラ・リューン)の父。

唯一ヴァレールアルフだけは独自の神ソル(ソラリス)を崇めており、またラムサダスが紹介するまでタキウスの存在すら忘れ去っていた。

ヴァーン州(State of Virn)

フェルナンド帝国の一州。州都はトルールイ。州知事はゴール・クリスティ。

ヴァンダル・サン・カリマンタン(Vandal San Carimantan)

元ラムサダス帝国陸軍。1,629年に引退している。

ヴァンディオーム(Vandioam)

ニュートラル教の一柱。時間の領域のイモータル。<究極の中立>と呼ばれる。

ヴァンディオームの流れる螺旋階段(Vandioam's flowing spiral stair)

ヴァンディオームがつくった、時間の領域のアーティファクト。アーサー・フェルナンド皇帝のイモータリティ探索行で発見したアーティファクトである。

ヴァンバドグル(Vanbadogl)

<流血王>ヘンリーが登用した祈祷師。

ヴァン・ファームズ10世(Van Farmes X)

ファームズ10世

ヴァン・ミュンハイム(Munheim)

ファームズ10世

ヴァン・ラヴュー(Van Raview)

アマリス帝国のバッグ等を扱うブランド。フレア・ラビューが創始。

ヴァン・ロークト(Vann Roakt)

亡国ロングッド王国において第八師団第十四大隊長だった人物。大将。

ウイ(Oui)

挲坏瀝の字では「背」。古代挲坏瀝文明における初の統一国家リン(榛)の君主で、「皇帝」と称した。

ヴィヴィウナ(Viviuna)

海の王国の紅茶のブランド。ヴィマナとも。

ウイエ・スピール(Oeillet Soupir)

フレンダーノ辺境王国の傭兵部隊隊長ランス・スピールの妻。

ヴィオル(Viole)

挲坏瀝地方の茶(暴暴茶)のブランド。

ヴイカム・ヴァン(Vicum Van)

ド・トゥ教国史。アルフミリエル・イェステールの夫(王)。

ヴィクター・ランドマン(Victor Landman)

かつての永世王国26人衆のV。戦士。

ヴィクトーリア・フォン・ルエンカシフォン(Victoria von Luencashvon)

コルコランド侯爵クラウス・フォン・ルエンカシフォンの妻。ザーネヴィルデやヴィルヘルム・オットーの母。

ヴィクトリア・レスティン(Victoria Lestin)

かつての永世王国26人衆のV。戦士。ゼネシア・セミスキアレスの同性パートナーで現在ファームズ帝国に暮らす。26人衆に参加する前は<炎の騎士><アシュリスの化身>などと呼ばれた。フレイム正教の信徒。

ヴィクトル・デューラー(Victor Duller)

ラムサダス帝国。国民議会長デヴィッドの父で画家。スニルナへ派兵させられたおり、「スニルナの日々」(バビロン美術館, 1,610)を描く。

ウィザードランド(Wizardsland)

セイレイ大陸中程にある都市国家。Overview参照。

ウィザー・ド・ロフ(Wizzar de Rof)

亡国ロングッド王国において第八師団および第十二大隊長だった人物。大将。

ヴィジル流(Visir)

マウリア王国に伝わる剣術。

ウィスティ(Whistie)

アマリス帝国の装飾品ブランド。エルセール・ウィスティが創始。ジアザー・テレビジョン2世がここのバックパックを持っている。

ウィゼル湿地(Wizel swamp)

Overview参照。

ヴィセンザ(Vicenza)

ヴィセンザ1世

ヴィセンザ1世(Vicenza I)

かつて存在した国家クルランダ帝国の初代皇帝。本名ヴィセンザ。1,589年にアイオリス帝国からの独立を勝ち取った戦士。

ヴィセンザ2世(Vicenza II)

かつて存在した国家クルランダ帝国の皇帝。本名ヴァルティーザ。ネーザル2世の長女で最後の皇帝アヴォルドリオン1世の母。戦士。1,611年に即位したが1,615年に死去したため、2年後の帝国滅亡を見ることはなかった。

第二皇子ツヴェンはアイオリスのエリカ・エーヴリングを后とする予定であったが、後から名乗りを上げたアーサー・フェルナンドと決闘し、自滅して死亡した。

ウィックロー(Wicklaw)

ラムサダス帝国相談役アーノルド・モリスンが海軍提督だった頃の旗艦。

ヴィック・ローダーズ(Vic Roders)

アルファ人民共和国軍シティ・ガーダーの第二部隊長。34歳。レヴィアン在住。

ウィッシュボックス(Wish box)

いわゆる目安箱のこと。ジアザー・テレビジョンの設置したものをこう呼ぶが、フェルナンドのものは要望函、ラムサダスのものは直訴箱である。ここに投函された文書は、その書き手如何によらず(無記名でもよい)、皇帝が直接に目を通し、専門家と協議することが約束されている。

ヴィーシュリーナー・シューリムル(Vieshliener Shuerimle)

シューリムル氏族のかつての氏族長。

ウィッソテルジル(Wissoterdgil)

かつてロングッドに住んでいた魔術師。ヤクト島の近くにある洞に対しての、知られている限り唯一の生存者。

ウィッソテルジルの洞(Cave of Wissoterdgil)

ロングッドのヤクト島の近くにある、半分が海水につかっている形の洞窟。ウィッソテルジルとは、唯一人この中に入って出て来ることができた魔術師の名であり、現在でもこの洞は名のある冒険者たちの間ですら恐れられている。ホーメルトでは地獄の谷と並んで知名度の高い場所。

ヴィデアド(Videado)

古代カート文明において、ダディスの衰退期に現在のアマリスの地に起こった国家。ダディス、アシャドリア、メネアと覇を競った。初めにアシャドリアと組んでダディス、メネアを滅ぼした後、不意を突いてアシャドリアをも滅ぼし、オージャス大陸で広大な統一国家となった。その後ティリンスの侵入を受けて新興国メッサルと結んで対抗したが、さらにアルドレスの侵入を受け、紀元前7,300年紀のうちに滅亡する。

ヴィディ湖(Lake Vidi)

Overview参照。

ヴィドワ(Vidwa)

永世王国の半神の一人。ヴェダイとは双子であると考えられている。

ヴィナルト(Winard)

アマリス帝国北エルド州の街。かつてはヴィナルト王国の首都。

ヴィナルト王国(Kingdom of Winard)

かつてのエルドレス神国、北の王国。首都ヴィナルト、最後の支配者はヘイエルダール。

ヴィマナ(Vimana)

ヴィヴィウナ

ヴィラノーヴァ王国(Kingdom of Vilanova)

南ホーメルトに存在した国家。前アイオリス首長国を滅ぼす。1,007年にロングッド王国に滅ぼされて滅亡する。

ヴィリアド・ノールエルド(Viriad Norleld)

元ジアザー帝国フレームランチャーズ長。最終階級は中将。

ウィリアム(William)

  1. フェルナンド帝国に住む力ある魔法使い。
  2. フェルナンド公国パニアゼミナール流通経済担当。

ウィリアム・クラーク(William Clark)

ラムサダス帝国隠し第二艦隊司令。中将。表向きは海軍総司令部幕僚。

ウィリアム・ジェファーソン(William Jefferson)

フェルナンド帝国上院議長。ジュディスの父。

ウィリアム・フェルナンド(William Fernand)

フェルナンド王国第三代国王。<神聖王>と呼ばれる。ロウトアーのエルメラン教会を設立した他、ロングッドで大司教フェンミル・ケレンドスによって洗礼を受けた。洗礼名マルコ。誕生時に天使が降臨し、「神の祝福を受け、数々の偉業を残すが、そのために身内に殺される」と告げられる。預言どおりジョージの長男筋にあたるフィリップにより暗殺される。

ウィリアム・フォレスト(William Forest)

アイオリス帝国軍事顧問。後継者としてアドルフ・アンドレアス・ハイデッガーを見出し、育てた後天寿を全うした。

ウィリアム・モートン(William Morton)

ラムサダス帝国空軍総司令。軍級は上級大将。妻はルエンカシフォン家のアマーリエ。

ヴィリスト・ドリアン(Villist Dorian)

ジュンデル王国の国王。40代半ばの戦士。1,614年に混沌戦争で死んだ父ミラガの後を継いで即位した。

ウィリバール・ヨハン・フォン・メールッツ(Williwar Johan von Melutz)

かつてのフェルナンド帝国陸軍師団長。1,627年に退役している。最終軍級は大将。カプルカント〜ジアザーランド〜ジアザー帝国でシャルミノートを治める男爵だったが、1,615年に移住した。息子のユリウスは同じ陸軍のカーテローゼ・フォン・ファイゲルを妻としている。

ヴィルジニー・デ・マルル(Virginie de Marle)

フェルナンドを荒らし回った盗賊団、黒き円卓の騎士団の女首領。

ウィルソン(Willson)

フェルナンド公国魔法部隊の一員。

ヴィルヘルミ・モーデンケルン(Wilhelmi Mordenkern)

コルコランド貴族(侯爵)。息子に侯爵を継ぎ後にラムサダス帝国に反乱を計画したラインハルトと、帝国へ移住してティナ・カレーンと結ばれたジョニーがいる。妹は後にマードル・リューベックの母となるマルグレーテ。

ヴィルヘルム・オットー・フォン・ルエンカシフォン(Wilhelm Otto von Luencashvon)

ゲオルクの父。

ヴィルヘルム・クルーザス(Wilhelm Krusas)

亡国アイスラント王国の最後の国王。

ヴィルム・アスロン(Virm Athlon)

影騎士

ウイレヌ草原(Uirenu steppe)

Overview参照。

ウイレヌ汗国(Khanate of Uirenu)

Overview参照。

ウィレム・トーリィ(Wirem Torley)

フェルナンド帝国海軍A艦隊分艦隊司令官。少将。

ウィロフ(Wirof)

エストメスランド連邦の一州オイセルの州都。

ウィーン・アザンクール(Ween Azincourt)

1,400年代、「フォン・デア・ユーゲント」を作曲。

ウイングアタッカー(Wingattacker)

ウィングファイター

ウイングキャリー(Wingcarry)

アマリス帝国で実用化されている魔法戦闘機。ジアザー2世が父の航空機全廃の直後から極秘に開発していたもののひとつである。

ウイングファイター(Wingfighter)

アマリス帝国で実用化されている魔法戦闘機。ウィングキャリーの後継。かぎ爪型の武装を持ち、俗に「ウイングアタッカー」と呼ばれる。

ウイングブーツ(Winged boots)

思考の領域のアーティファクト。

ウィンスゲイル(Winsgale)

アルファ人民共和国の村。騎士団シルヴィスの、最後の戦いの地。

ウィンスランド(Winsland)

ドバヌール王国海軍トーリア中将の旗艦。フリンキア海戦で撃沈。

ウィンディ・ドライアー(Windy Dryer)

ラムサダス帝国相談役セオドア・ドライアーの長女。

ウィンテルク(Wintelk)

ロングッド王国メルメトン朝第七代国王。本名はマーク。

ヴィント(Wind)

ファームズ帝国の戦闘機。

ウィンドウスティック(Window stick)

アマリス帝国で開発が進められているウィンドウロッドのコンパクト版。

ウィンドウロッド(Window rod)

旧アイスラントで開発された強力なマジックアイテム。一度見た場所には、その場所をイメージすることができれば瞬く間にゲイトを開くことができる。しかし、かなり中途半端なアイテムで、ディスペル・マジックをかけられると一瞬でゲイトは無条件で消滅してしまい、通過中だったものは何であろうと真二つとなってしまう。また半年間使用しないと魔法が切れてしまう。ラムサダス帝国が没収したものは、事実使用ができなくなってしまった。

近年アマリス帝国ではウィンドウスティックを開発しようとしているようだが、経過は思わしくない。

ウィンドラス(Windrus)

かつての永世王国26人衆のW。神官戦士。リーフィア・シモノフ・ヴィスカラ討伐に派遣されたが、果たせなかった。リーフィアはその後混沌のイモータル・フィリニオンとなる。

ウィンバルク国(Winbalk)

かつてスメル大陸に存在した都市国家。現在のウィンベルク。

ウィーン・ハルドゥーン(Ween Hardoon)

ノウンワールドダロキン共和国。アルフ。アルビノで瞳は赤、緑や青を好む。。

ウィンベルク州(Province of Winbelk)

ラムサダス帝国の州。州都はウィンベルク。

ウェイク・トラックス(Wake Tracks)

Who's Who参照。

廃棄物(Waste)

ザ・サードマン

ウェイリアム2世(Weiliam II)

300年代後半のメッセル王国国王。

ヴェイル(Veil)

ブラッドリンガー

ウェイン・ソルトラス(Wein Soltlas)

バラカンス王国第三軍団長。オーガルカ族。

ウェイン・ラース(Wain Larth)

フェルナンド王国軍小隊長だった人物、混沌戦争後にその言動により急速に支持を伸ばし、ヘインの領主を自負するまでに自惚れてしまった。翌年の王国復活時にラインハール・フォン・ハインスリッターと対することになる。決断が遅かったためにギルフォード・ヘイン間での野戦となり敗北、ヘインに戻るも、その後側近によってラースは暗殺された。ギルフォードを支配したダグ・バートンの友人ではあったが、彼と異なり能力がない善人だった。

ヴェスタフィルモの戦い(Battle of Vesta-Firmo)

スメル帝国によるクレーブル王国併合に至る戦い。1,601年。

ウェスタル・ミーンディア(Westal Meandia)

かつての永世王国26人衆のW。

西庄(Westshire)

南ホーメルト、アルフリード高地西にある西丘のハーフリング名。ハーフリングの氏族が複数暮らしている。

ウェストファリアン(Westfalian)

アマリス帝国白色騎士団、シャストゥール中将の旗艦。

ウェスリー・ギブスン(Wesley Gibson)

フェルナンド帝国エネルギー長官。バレラスサット画像解析ソフト開発の中心人物。

ヴェセーラ・ライオネルス(Vescera Lionels)

コリント王国男爵アディアン・ノートリスの妃。ワイアー・ライオネルス男爵令嬢。

ヴェダイ(Vedai)

永世王国の半神の一人。ヴィドワとは双子であると考えられている。

ヴェッド・ハリストーク(Ved Harristalk)

かつての永世王国26人衆のV。戦士であり盗賊、かつ暗殺者。アルフでかつ暗殺者は歴史上でも彼のみ。背教者と呼ばれる。グレイシルヴァーの師。

ヴェテロ(Vetero)

弁天

ヴェーブル・リューベック(Vebre Lubeck)

ラムサダス帝国陸軍マードル・リューベックの弟。ロクリシアーナ(ロクリス)の兄。

ヴェラ・ヒュールベルク(Vera Huleberg)

ニコ・リーゼロッテ・ヒュールベルクの母。

ヴェルヴェ(Velve)

ダスト・カルミナの中央にある火山。ブラックアルフはこの山を中心とした土地を生活圏としている。

ヴェルギリウス・ジェトール2世(Velgirius Jetool II)

ジェトール王国第2代国王。戦士。ブルータスの父。

茶の矢(Verghrgh)

第一キングスパーティの光の殿堂探索の最後に倒された創始の混沌竜(ラ・ドラコ)。ハムート山脈中に棲んでいた。ローリングを殺害する。太古に滅ぼされた混沌竜黒の矢の弟に当たる。最初のドラゴン種であるラ・ドラコは、茶の矢をもって絶滅した。

茶の矢はラ・ドラコでほとんど最後に生まれた個体であり、この頃には現生のドラゴンたちと比較しても格段に強大な力を有していたわけではない。黒の矢は滅するのに大白妖精二人(およびアストルリーク)の力を必要としたが、茶の矢は人間だけのパーティで倒すことができた。

ヴェルツィール(Veltzeel)

フェルナンド建国王ジョージと争ったとされる魔人で、ダンヒル皇国の祖。ジョージの腹心オリヴァー・ビーンセントに殺される。

ウェルトリング王国(Kingdom of Weltring)

かつてスメル大陸に存在した国家。1,165年にスメル帝国により滅ぼされる。

ヴェルト(Verto)

ザードラ王国の国王。妖術師。

ウェルナー・ケイン(Welner Kane)

かつての永世王国26人衆の魔術師。生まれたときの名はヴェルナー・リーヴンであり、またハリィ・リーヴンと名乗ったこともある(後に26人衆に入隊するヘディ・リーヴンは、彼の姓を拝借したものである)。1,612年のジアザー・ヘレネス戦争の折り、鉛に閉じ込められたジアザーらを助け出したのがよく知られている。1,485年にド・トゥ教国で反乱を起こしたヒュリンを暗殺している。1,613年の王国危機で半神に操られ、ラムサダスを殺そうとしたことも知られているが、このとき同じ26人衆のリンダ・タルシスに阻まれ、壮絶な相打ちとなる。

ヴェルナー・ゾンバルト(Welner Zomwald)

スメル帝国史。ラムサダスの600年前の冒険に同行。魔術師。

ウェルナー・マルクス・ヴィンデルヴァルト(Welner Marx Winderwald)

かつてのドバヌール男爵領陸軍師団長→ドバヌール王国海軍艦隊司令提督。中将。旗艦はフォントネル。僧侶。ドバヌールがファンドランド男爵となった直後に創設した私設軍で師団長になり、その後の王国軍の中核となった。ドバヌールはあまり陸の軍人を好まなかったようで、ヴィンデルヴァルトとフォイエルバッハは王国独立時に海軍少将とされて中将どまりであり、唯一陸軍のままだったシュティルナーも中将のままだった。

ヴェルナー・リーヴン(Welner Leaven)

ウェルナー・ケイン

<ヴェルモット卿>

ヴェルモット卿

ウェルリウン・ヤルミール(Welriun Yarmir)

かつての永世王国26人衆のW。ハーフアルフ。ファンドランドのヤルミール氏族長を務めた。現在は息子オリックが氏族長。

ヴェルレーヌ(Verlaine)

ドバヌール王国海軍ハイデッガー中将の旗艦。

ウェレン・ソートラス(Weren Sortras)

バラカンス王国陸軍将軍。戦士。

ヴェロニカ・ラカンカラス(Veronica Lakankaras)

ラムサダス帝国空軍シオン・エスリークの妻。

ウェン(Wen)

ダブルドラゴンズ。パル共和国元首。魔術師。

ヴェンクリス(Vencris)

ヴェントリス

ウェンディル(Wendil)

イーストフェリア帝国密室議会の議長。

ヴェントリス(Ventris)

<小人神>と呼ばれるハーフリングの神。物質の領域のイモータル。カンスラ密教の一柱でもあり、こちらではヴェンクリスと呼ばれる。

ウェンヤン・リー(Wenjan Lee)

新王国人。次元の裂け目からドール半島ファル・エシルに落ちてくる。ドラフ・オトラクに教えを授ける。「不可視の可視の計」によりメルニボネ人を脱出させる。聖魔術団の力で新王国へ帰還。

ヴォイドハンド(Void hand)

空手のこと。馬具笊地方で盛ん。

ヴォイル(Voil)

フェルナンド王国。ルヴァル丘陵のトロール首領。混沌戦争後の混乱期にルヴァルの街を占領していたが、ギルフォード方面に向かうカーテローゼ・フォン・ファイゲルに倒される。

ウォーターミラー(Watermirror)

Who's Who参照。

彼の生まれは正確にB.C.3,000年1月1日である。ドラゴン種を含めてエルヴァート最長寿だが、アルフではなく特殊な人間である。

ヴォーテルジー(Wartersee)

アマリス帝国中央エルド州の街。人口26,000。トニオからの雪解け水が作る湖で取れる淡水魚で有名。かつてはヴォーテルジー王国の首都。

ヴォーテルジー王国(Kingdom of Wartersee)

かつてのエルドレス神国、西王国。首都ヴォーテルジー、最後の支配者はオーリエック。

ウォーニス(Warnis)

ケルマドの「戦争の女神」。バトラスとは双子の兄妹でであり、同時に活力の領域のイモータルとなった。現在でもほとんど同じ力を持つ。

火山王国(Volcano kingdom)

Overview参照。

炎と溶岩に囲まれた超高熱の国。強烈な硫黄臭その他が渦巻く。活火山帯全体が人間には居住不可能な地帯。このためフェルナンドの調査も行われておらず、火山王国の存在は知られていない。住民は火の精霊界もしくは赤龍のような火に近しい存在のみである。人間だけでなくアルフ、ドワーフ、ハーフリング、リアノ、オークやゴブリン等も一切住んでいない。

ウォルター・コーラス(Walter Corlus)

Who's Who参照。

マイカとローラの父であるという噂は事実ではない。彼らはお互い惹かれ合ったが、指一本触れることはなかった。

ウォルター・デ・ラ・クレール(Walter de La Clair)

元ジアザー帝国白色騎士団特務部隊長。1,625年に引退し、最終階級は中将。

ウォルター・ホーキンス(Walter Hawkins)

ラムサダス帝国運輸尚書。

ヴォルティース・リムペット(Voltice Limpet)

シャリル

ウォルト(Wolt)

ロングッド王国にある街。ラムサダスが男爵位を受けた際に治めた。現在ラムサダスで海軍軍人となっているクラリウス(クラリール・ブラーンシュ)は、シヴィルスクからロングッドに移住してこの街の近くの森で暮らしており、ラムサダスが兵を募ったのに応じた。また陸軍ロビン・カートレルは元々カプルカントにいたが、ここに移住して士官学校に入った。

ヴォルフガング・フォン・ヴァルトシュタイン(Wolfgang von Waldstein)

キュート国内務議会長。もとはコルコランドの侯爵息であった。

ウォルフスベルク3世(Wolfsberg III)

イリア神王国神聖王。僧侶。1,612年にノブルの踊り子エリン・フィルニスを招聘し、その芸に感動したことで、イリア教で「天の恵み」を表す言葉である「ラフィニエル」を彼女に贈った。

ウズ(Uzu)

ミタロニアの首都とされた街。現在の正確な場所は不明。

烏枢沙摩(Ususama)

馬具座教五中神の一柱。イモータルとしては存在しない。

ウスマン・ロマナ・カーダ
Usuman Romana Kada

ハルマヘラ公国群のひとつファリコット公国の藩王

歌の神(Poem god)

馬具笊地方の神名吏和良への信仰。大陸へ伝わったものはリベローク教と形を変えている。

宇宙の聖4立体(Holy 4 solids of the universe)

古代ライトネアの数学者、アウレリクスによる宇宙を構成する4元素の具現であるとされ、すべての事象はこの4立体の組合わせで説明可能であるという(もっとも彼が説明し得た事象はほんの幾つかに過ぎないのであるが)。現在の魔法力学界では、これに正12面体(光)を加え、さらに闇の不完全さを示すのに30面体(正立体ではない)をもってしている。

正4面体
正6面体
正8面体
正20面体

美しき人へのパヴァーヌ(Pavane for beauty)

1,500年代にシャルル・フランソワ・トールが作曲。

ウッティ帝国(Empire of Utty)

かつてドール地方に存在した国家。1,439年に馬具笊ギルド帝国から独立した。首都ボルン。1,615年末からラムサダス帝国に介入を受けあっさりと瓦解。最後の皇帝はアウカイ・ネトキ。

虚ろう2神(Hollowing double)

ミザール、アルコル

空木綾鳥(Utsurogi Ayatori)

忍者の里に住む女忍者の一人。不入斗とは相思相愛ながらお互い言い出せずにいる。過酷な境遇のを救うべく情報を集めている。

ウヌガバス・ダルハッキニー(Unugabas Dalhakkiney)

かつてのスニルナ千島帝国最後の皇帝で、スニルナ連合の支配者の一人、シオヌール・ダルハッキニーの父。1,609年に即位したが、翌年のスメル侵攻でほぼ1年後に戦死する。戦士。

ウーパー(Ooper)

第二キングスパーティの初期にパーティに加わっていた魔術師。戦利品を巡って言い争いになった挙げ句死亡した。アフター・バーナーは元々彼の友人であり、アフターはウーパーが死んでからパーティに加わった。

ウフララ・ポリノール(Ihlara Pollinorl)

ファームズ帝国マンダナグル社のかつての副総督。現地採用のシトカ人。

海の王国(Kingdom of the sea)

Overview参照。

海の神(God of the sea)

クラーケン

ヴューズリン・ロムデュイル(Vuzlyn Rhomduil)

ダスト・カルミナのブラックアルフ。魔術は不得手だが、剣の力量はベッテルに次ぐとも言われる。剣士専門の暗殺者で奪った剣をコレクションしている。

裏エルヴァート(Hidden Elvert)

東方(あるいはエストメス)およびズィドラス(フィンディル)の2つの大陸こと。Overview参照。

ウラカスト(Urakast)

アマリス帝国アイスラント州ハイリール諸島にある街。かつてはハイリール王国の首都。

ウラカット・ダルトンソース(Ulacut Daltonsource)

ウラシティア・ダルトンソース

浦志伊(Urashee)

耶甫内国陸軍第三師団第八連隊長。戦士かつ暗殺者。ホーストヘルンとの戦闘で死亡。

ウラシティア・ダルトンソース(Ulacitia Daltonsource)

かつての永世王国26人衆のU。聖騎士。ハイデルラーディアンの妹。

ウラディミール・イリイッチ・ウリヤノフ(Uladimir Iriich Urianov)

ラムサダス帝国海軍。少佐。

ウラディミール・バルドック(Vladimir Baldok)

Who's Who参照。

ウラディミスク帝国(Empire of Vladimisk)

スメル大陸、ユニコラス半島からローブ海沿岸に至る領土をもつ帝国。Overview参照。

ウラディミン(Vladimin)

ウラディミスク帝国の首都。

ウラニア(Urania)

ルミスデン9天使のひとり。

天空図(Uranus)

1,603年にヨハン・ベーテルが出版した全天星図。

ウラマントー(Uramanto)

アルファ人民共和国の街。人口1,500。

ウラリス(Ularis)

カンスラ密教の一柱。思考の領域のイモータル。<文字神>。もとグリュンヴァルトアルフの魔法戦士、ナルミーサ・クローリアン・シロリア。盲目。オージャスの人間にはクローリアンの名で伝説となっており、彼女への信仰も存在する(信仰自体はこちらの方が先である)。パトロンはカティン。

ウラル・グリエフ(Ural Griev)

1,617年に滅亡したライオット共和国の首相。僧侶。

ウリヤス・アルホニエミ(Uljas Alhoniemi)

ミスカスの騎士。故人。メルヤの子でネストリの弟。

ウルヴィヒ・セスラー(Ulvich Sesler)

フェルナンド帝国海軍の提督。1,616年にアーサー皇帝に見出され、提督にまでなった。非常に生真面目で理論を重んじる傾向があったが、とにかくも指揮の秀逸さが認められた。同じ海軍のゼロス・エルディオレの娘アイネスと結婚した。

ヴェルディ提督のことを、「戦争は達人、私生活は最低」と酷評したりもしていたが、1,629年のサンダーストーム作戦において、ゼバスティアン・ユーゲン・シェーンベルク提督率いるドバヌール艦隊との壮絶な戦闘(タラス沖夜戦)にて命を落とす。作戦における唯一の高級将校の死だった。死後元帥号を授与されている。

ウルヴェヌ(Ulvenu)

アルファ人民共和国の街。人口6,200。

ウーリウス・レストール(Oolius Lestorl)

かつての永世王国26人衆のO。アルフ。

ウルギ(Ulgi)

ホーストヘルン帝国、ウルギッド首長国の首都。

ウルギッド首長国(Sultanate of Ulgid)

ホーストヘルン帝国内にある砂漠の国。首都はウルギ。現在の首長はミブ。

ウルサ・ツヴェイル(Ursa Zweill)

ファームズ帝国第四師団長。中将。男爵。ムルクヤップの支配者。

ヴルソ・ラウヘンバッハ(Vrso Reuhenbach)

ドバヌール王国で軍務大臣をしていた人物。元帥であり伯爵。

ヴルチェク(Vlchek)

バラカンス軍の元帥。1,629年にラムサダスに侵攻しスメルスタン会戦で死亡。魔術師。

ウルデル・ボトフ(Urudel Botof)

アリアノル王国第20代国王(ハーン)。戦士。

ウルド・メイドロップ(Uld Maydrop)

アマリス帝国シーラン州知事。

ウルトラスーパーフライ(Ultra-super fly)

アーサー・フェルナンドのオリジナル呪文の一つ。限り無く光速に近い速度で飛行する。実際の速度を換算したければ、光速に99.999…(レベルと同じ回数続く)%である。もちろん時間の延長効果を免れることはできないので、使用しても30秒程度である。実際には火急の場合を除いては使用されていない。

セイリアン・ダルスにより複製されたものはハイパー・フライと呼ばれる。航空魔法でも最高度に位置し、魔法物品(戦闘機など)にかけることは不可能。

ウル・モスク(Ul Mosk)

シリア王国海軍エル・ファリド提督の旗艦。

ウルリッヒ・フェアドスキー(Ulrich Feadski)

南ホーメルト系のエルドレス人。1,618年に「港」を作曲。

ウルリヒト(Urlight)

1,120年、ハロルド・リンカシャーが発表した曲。

ヴレンヤーヴ(Vrenyarv)

ティバーサティンに住む魔術師。

ウロボス・ブステンバール(Urobos Busrtenburl)

メーデルラント・ブステンバール王。古き狼。始めなる者。1なる者。ドワーフ。

雲上王国

雲上王国

ウンディーン(Undeen)

時間の領域のイモータル。ウンディーネの女王。元々はルーンワールドの存在であり、エルヴァートには精霊界を通じて伝わった。

ウンデラッハ(Underach)

コルコランド北西スロン地方にある村またはその村人たち。元永世王国26人衆ゼルディス・シュレーディンガーの出身地。表向きは世界的道化師集団の村、裏の顔は暗殺者集団の村だった。

運輸省(Ministry of transport)

アマリス帝国の省庁。大臣はハーリー・コマス・レット。

エア・ウィザーズ(Air wizards)

ティアマトに仕えていた魔術師達。26人衆のフレイミア・サリスファネルによって全滅。

エアタイガー(Air tiger)

ラムサダス帝国の爆撃機。

エアリアン・レストール(Aerian Lestorl)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。

エイザ・ハラド(Eiza Harad)

ホーメルト南島、ブーランド砂漠のハラド族長。盗賊。道楽者と思われたが、父ドーリがアズガグ族の罠で殺されると改心し、評判の悪かった父に代わって部族をまとめることに成功した。

エイシャ(Eisha)

アマリス帝国白色騎士団、タルトランド中将の旗艦。

衛星爆撃

衛星爆撃

英祖(real founder)

ベフライ・ボトフ

叡知の寄りし処(Place of wisdom and intellegence)

マリスネール大学

エイドリス・ケンプファー(Adoris Kempfer)

かつての永世王国26人衆のA。魔術師。

エイマン・アレクニノヴィチ・ゾレフキン(Eiman Alekninovich Sorevkin)

オウ国代表。エレイン市長。

エイミ・サンロルカス(Eimi Sunrolcus)

ロングッド史。7賢人の一人。僧侶。ジャマイルドラゴンとの戦いを生き延び、永世王国26人衆を経てイモータル・ミミアとなった。

エイミス・カルストリン(Eimis Kalstrin)

ロングッドの騎士団の団長だった人物。若いながら英気と覇気に富んだ人物だった。アレックス・グラント(アーサー皇太子)がカルドレア・アサハルデルンの家を訪ねた時、空き巣泥棒と勘違いして彼を逮捕するなど先走ったところもあったが、純然たるローフルグッドであった。

ロングッド興亡戦争のおり、敗戦を確信して割腹自殺をしている。一説によると、マリア王女に命を捧げていたとも。

エイミ・リンナ・ヴェルディ(Eimi Rinna Verdi)

Who's Who参照。

エイミ・リンナ・バリノーフ(Eimi Rinna Barinorpf)

エイミ・リンナ・ヴェルディ

エイモス・キャンベル(Eimos Campbell)

Who's Who参照。

エイラスト活火山帯(Eilast volcanoes)

Overview参照。

エイリマリル・ラールトノン(Eirimaril Larltonon)

元ジアザー帝国白色賢者長で大将という号を受けていたが、元よりドルイドは国に属するものではないため実質的には独立していた。1,617年に解雇ということになっている。

エイン・アリアドル(Aine Ariadol)

かつての永世王国26人衆のA。盗賊。

エインハルト森の戦い(Battle of Einhalt forest)

ザウランド帝国がセイレイか撤退することになった戦い。現在のアイアンハルト森。

エイン・ヤンゲル(Eign Yanghel)

ファームズ帝国、ファームズ王国、ヤンゲルの街の支配者。

エヴァーグラン(Evergrun)

サイ森

エヴァ・デーニッツ(Eva Dönitz)

フェルナンド帝国厚生長官。

エヴァルノ族(Evalno)

バラカンス王国の主要民族であり、現在の支配層。

エヴァンズ・シュニテリス(Evans Shniteris)

700年代中盤のホーメルト王国国王。

エヴィアン・ダイナー(Evian Diner)

コリント王国メイスター家の守護神。イモータルとしては実在しない。

エウグラゼ族(Eugrazes)

現在ホーメルト地方のブーランド砂漠(もとアイオリス)で一番力のある部族。中心地はアッセル。ただしここでいう力とは単なる人口や、活力に過ぎない。フェルナンドに於いては、部族各々の武装は原則として自衛の範囲しか認められていない。現在の部族長は、23歳のラフィアであり、優男で美形、弓勢として非常に強力ときては、部族内外を問わず若い異性に非常に人気があるのは当然とはいわずとも自然であり、年中結婚希望が絶えない。しかし未だこの部族長は結婚願望を持っておらず、それどころか気の合う仲間と共にしょっ中冒険へと出ている。

エウテルペ(Euterpe)

ルミスデン9天使のひとり。

エーヴ・バラド(Ave Balad)

前アイオリス首長国の本来の名前(彼らが主張していた集団としての彼らの名前)。エーヴリングの名はこの集団の支配層だったところから付けられた。そうした記憶はヴィラノーヴァおよびロングッドによる占領期に失われており、現在この名前を記憶しているのはイモータルだけである。

エウリトファネス(Euritofanes)

アリーシア帝国の戦士。「アルフの友」。

エウリュメドン(Eurymedon)

かつてのライトクル王国将軍。1,623年死去。

エーヴリング首長国(Emirate of Avering)

ブーランド砂漠のエーヴリング族による国家。強力なアーティファクト「勝利の鍵」を手に入れたことで抜きん出た存在となり、1,098年から5年をかけて周辺部族を統一、アイオリス首長国となる。

エーヴリング族(Averings)

アイオリスの先住民族で、ブーランド砂漠に住んでいた氏族。かつてはアイオリス帝国の支配層とその一族だったが、現在ではフェルナンド皇后のエリカおよびロングッドの盗賊ギルドの長、アヴァロン・アメルフスが、最後の純血種である。皇帝アーサーはウィッシュの力で彼女と同等となった。彼の子供たち(アンドリュー、エドワード、クリスティア、レオフィアル)は、基本的にはまったく変わらないが、子供に引き継がれるかどうかは異なる(後述)。

長命種で、普通200年ほど生きる。中には300年以上生きた者もいる。ただしライトネアの王族(ライトール族)の平均寿命はその上を行く500才である。

歴史的には1,200年代のアイオリス首長国(アイオリス帝国の前身)の王セリオード1世が、ケンタイアの女性100人以上に自身の子を産ませたことでケンタイアの民がほとんどすべて長命になった。ただ、セリオード1世は単に「王族の血を引くこと」を長命の条件と考えていたが、正確には「初代王の血を引いた者およびその3親等以内同士の婚姻であること」であり、エーヴリング以外との婚姻なら「アーティファクト『勝利の鍵』から半径1マイル以内での妊娠であること」である。アーサーの4人の子供はみな長命であるが、孫たちは無条件で長命とはならない(「勝利の鍵」が埋もれているケンタイアでの妊娠でない限り)。これらの正確な条件を解き明かしたのはエリカの祖父セリオード3世であり、王族の秘とされた(アーティファクトから精神感応で知ったとされる)。アーサーはこれを腹心クラウド・ファルマスには知らせようとしたが、穏やかなエリカがこのときだけは絶対に首を縦に振らなかった。現在は純血種であるエリカとアヴァロン、アーサー、そしてアンドリューだけがこれを知っている。

エーゲリアン(Egerian)

ファームズ帝国の経済学者トーマス・ムーアの著。

エカダイン(Eccadine)

ライネル王国の首都。

エカテリナ・シュレストスキー(Ekatherina Shresthski)

オウ国代表。アルトジン市長。

エカトリノ(Ecatrino)

Overview参照。

エカトリノ王国(Kingdom of Ecatrino)

かつてのエルドレス神国の中心。首都エカトリノ、最後の支配者はミールテン。

エキス・エイトレル(Ekyss Atrel)

アラート・サイクス

エグザイル(Exile)

いわゆる「島流し」。アマリス帝国で、政治的な罪人に課せられる罰。もともとはジアザーが職権を乱用したある延臣を島流しにしたことに起因する。

エクサス(Exas)

Who's Who参照。

現実としては、エクサスはテュフォーの子であることに間違いはない。ただ祖先のどこかに入った魔術師以外の血が現れたか、あるいは単に突然変異というだけである。

エグザナイロン・アリフラリッツ・エンティオリア(Exaniron Ariflaritz Entioria)

ラムサダス帝国ドール地方に住む強力なアルフ氏族長の一人。現在エルヴァートに住むアルフの中では、ニアラシェール、<影騎士>(ワイエス・ディリアン)に次ぐ剣技を持つ。エール・ブラーンシュよりも強い。その名はドールアルフの始祖エクサナトル・フェリオンにちなむ。

エクサナトル・フェリオン・エンティオリア(Exanator Felyon Entioria)

太古の大白妖精の一人。始めにペルニーナ・エネルスに従ってペリクレナ方面に居を構えたが、すぐに旅路を再開してスメル大陸中部アルフォレストに至り、さらに北東ドールアルフの始祖となる。エグザナイロンは彼の子孫にあたる。

エクスカリバー(Excalibor)

<帝王剣>、<白き剣>などと呼ばれる神の剣の一振りで、エルメランとタキウスが力を併せて作りあげたと言われる。現在、エクスカリバーを使用できるのはブラックホースのみである。時間の領域のアーティファクト。

実際には現在知られているイモータルの制作物ではなく、<古き者>の誰かが作ったものである。

エクスナルド・ウラディミル・イワノフ・デミドリオス(Exnard Uradimir Ivanov Demitrios)

ブラックホース

エクスプローディングロック(Exploding Rock)

通称「爆弾岩」。非常に耐久力が高い。また攻撃されるとランダムで爆発することがあり、身体中にうちみ打撲、切り傷を被り、最悪死に至る。

エクセクトラント(Exectrant)

ヘレネス王国〜ジアザー帝国でプリツビークを治めた男爵。戦士。ジアザーによって男爵位を召し上げられた。プリツビークにはその後ジョージ・ジャクソン子爵が封じられ、娘のベルジェはジョージの妃となった。

エクデル(Ekderu)

ウイレヌ汗国の現在(16代目)の大ハーン。マジャヒト族の戦士。

エグレ族(Egrian)

約300年前のエルスルム内乱により、居住権を認められた民族。このため対立していたサイノズ族はエルスルムを捨てて海を越え、バラカンス王国へと移っていった。大きな問題となってはいないが、両国間の問題事項のひとつである。

エサリオス・ベラタン(Etharios Beratan)

ヴァレールアルフ、ベラタン氏族長。

エサール・ルシオン(Essar Lucion)

かつてのヘレネス王国〜ジアザー帝国侯爵。魔術師。クリームタウンを治めた。死亡して現在は息子のマイヨールが継いでいる。ジアザーによる王国併合時、戦闘がファームズやライトネアといった隣国を利するだけだと気づき、アンヌ・トリビュートに続いてジアザーに恭順を申し出た。

エス・アリス(Es Alice)

アマリス帝国白色騎士団、コンドルセー中将の旗艦。

エズケイ(Yesukei)

ウイレヌ汗国の15代目の大ハーン。マジャヒト族の戦士。先代オクタイの子で、現在の大ハーン、エクデルの伯父。

エスケティオ(Escetio)

フレンダーノ辺境王国の正規軍の将軍。

エスタヴァン・コエントロ(Estavan Coentro)

アナーティア王国の国王。現国王リカルドの曾祖父。前王メルチョルの祖父。かつてラムサダスが王国を訪れたときの王。

エスター・ギュナス(Ester Gunus)

かつてラムサダスがロングッド男爵だった頃、領の議会長に任命した人物。

エスター・コーリング(Ester Calling)

バラカンスに亡命中のリリュー帝国軍第二部隊将軍。生粋のリリュー人ではなく、大陸西部からの流れ者。

エスティシュ・ディリアン(Esstish Dylyan)

エルスルム王国史。リアリシュの息子。ラディッシュ・ディリアンの父で対ドワーフ強硬派の氏族長(国王)。グラーニシュの祖父にあたる。ドワーフとの戦闘で死亡。

エスティモネ(Estimōne)

かつてホーメルト北島にあったアルフラート最後の女王。アルフラート氏族長。メロリクルは弟。

エステニア(Estenia)

セイリアン・ダルス

エステラストの地(Land of Este-Last)

Overview参照。

エステリア・ニヤーミャ(Esteria Niamya)

古の大白妖精の一人で、イルゾニア森に住み着いた存在。ニヤーミャ氏族の祖。サイアノル・フィンの妻。

エステル・シュパン(Ester Span)

ラムサダス帝国海軍総司令マックス・シュパンの妻。旧姓リヴァンクール。1,606年、まだ17歳の士官学校候補生だったマックスが野戦病院で働く13歳の彼女に惹かれ、その後大岱方面に配属になるも10年間思い続け、1,616年に結婚している。娘を二人産んでいる。

エステル・リヴァンクール(Ester Rivancourt)

エステル・シュパン

エステロン(Estteron)

物質の領域のイモータル。モータルの頃の名はエルク・ノンハルド。ラスタールとも。

エストア(Estoa)

アマリス帝国ブランジ州の街。かつてはエストア王国の首都。

エストア王国(Kingdom of Estoa)

かつてブランジ島に存在した国家。首都エストア。1,613年のアイスラント侵攻で滅亡。

エストア森(Forest of Estoa)

Overview参照。

エストメス大陸(Continent of Estmeth)

裏エルヴァートの北の大陸。Overview参照。

エストメスランド連邦(Estmethland confederation)

裏エルヴァートにある巨大な連邦国家。Overview参照。

エストール(Estor)

スニルナ群島の1島にある街で、現在エストール自由都市として都市国家になっている。

エストール自由都市(Free city of Estor)

スニルナ群島の1島にある都市国家。Overview参照。

エストール肌(Estoric flesh)

エストール自由都市とその近辺で流行する病気。肌がひび割れる。

エス・ヘルデナド(Es Heldenad)

エステラストの地にある都。特殊な魔力を持つ一族が支配しており、現在の支配者はインティという名の少女。

エスベルト・コードア(Esbert Cordoa)

かつての永世王国26人衆のE。僧侶。

エス・ミアコール(Es Miacall)

エス・ヘルデナドの宮殿の名前。街の脇にあるミアコール湖の名を取っている。

エスメラルダ(Esmeralda)

Overview参照。

エスメリム(Esmerim)

カレンティシアス王国の街。人口24,500。

エセリア・シューリムル(Etheria Shuerimle)

ラムサダス帝国シューリムルアルフ氏族長。動物の肉を食べることを嫌う。

エセリー・ヘイソン(Etherie Heyson)

ミネス王国。メリルの姉。/フェルナンド帝国。

エゼロ・カブール(Esero Cabur)

ラムサダス帝国相談役。戦士。

永世王国(Eternal kingdom)

孤島にある国家。Overview参照。

エッセルキアの戦い(Battle of Esselkia)

ミラード帝国史。1,310年。

エディアール・エス・ライトフォール(Ediar Es Lightfall)

カレンティシアス王国15色の騎士の、碧。白虹のニア・タラスが現れるまでの天位であり、強大な剣技と魔術を併せ持つ存在。常に公明正大、弱き者の味方として万人に慕われていたが、その実彼は権力欲にとりつかれており、リーン・シルリアは国王にふさわしい存在ではなく、自らが取って代わるべきだと考えていた。ニアラシェールは彼の目に危険な光を見たことでニア・タラスとして15色の騎士に参加し、彼を排除するために行動しようとして逆に一時的とは言え彼の奸計にはまることになった。

ニアラシェールは彼の計画を明らかにしたばかりか、彼がひた隠しにしていた少女愛好という事実までを国王や他の騎士たちに知らしめることになった。エディアールは処刑されることになったが、リーンは彼が異常者として処断されることを哀れに感じた。リーンは長年に渡るその功績に免じ、自分を含めた関係者の記憶を消して欲しいとニアラシェールに頼んだ。このリーンの願いによって、彼は単に国家の行く末を案じるあまり王家に叛意を抱いた、ということになった。

エディ・シモンズ(Eddy Simons)

ラムサダス帝国雷光魔術団No.4。

エティス・イングリス(Etis Engliss)

エティス・マクラレン

エティス・マクラレン(Etis McLaren)

イングリス家の令嬢で、スメル帝国の提督カーライヒ・イングリスの娘。ラムサダス皇帝の側近のひとり、シルヴァレスト・マクラレンの妻。

粗暴な父の元、兄に護られておびえる日々を過ごしていた。1,612年、16才で母に死に別れ、父カーライヒがその母の代わりをさせようと彼女を寝室に連れ込んだ。彼女が悲鳴を上げたことで兄ジョディ・ファリアルが乱入、魔法で父を殺害した。その後彼女は兄以外の男性を正視することすらできず、家に閉じこもりがちになっていた。

しらばくして、兄と彼が尊敬するマックス・シュパンが、シルヴァレストを伴ってイングリス家を訪れた。シュパンは女性に対し非常に礼儀正しく接する性格だったため、例外的に彼女の信用を勝ち得ていた。彼はジョディ・ファリアルからエティスのことを聞いて非常に心配し、1歳下の友人で正義感の強いシルヴァレストを引き合わせることにした。始めは警戒していた彼女だったが、徐々に打ち解けて会話が弾むようになり、それとともに生来の明るい性格も徐々に表に現れるようになった。彼女は最初から、シルヴァレストに恋していた。3年後に求婚された際、彼女は大粒の涙を流してそれに応えた。

エディ・メル・マックス(Eddy Mel Max)

Who's Who参照。

エデル(Eder)

ウイレヌ汗国内の1氏族の国。現在の支配者はバカン。

エテロニムス(Eteronimus)

ライトハイ王国全軍総司令。1,619年までの第一師団将軍。

エデン・ステュアート(Eden Stewart)

ファームズ帝国の伯爵で、自然長官。ファームズ23世の皇女フェリシアを妻として、伯爵になった。クライソン侯爵の妻アタランテの父。

エドウィン・ホーリー(Edwin Holly)

フェルナンド帝国文部長官。

エトー(Etto)

フェルナンド帝国イヴァン州都。人口120,000。古くはイヴァン帝国、イヴァン王国の首都。西ソロモン海にの小湾にある港町。

エドガー・サイドラス(Edgar Sidlus)

アルファ人民共和国初代軍務卿。ベルン・セルナンデスの娘ロビンを妻とする。

エドガー・ランサム(Edgar Rantham)

ラムサダス帝国陸軍。

エドガー・ランベルト(Edgar Lambelt)

ファームズ帝国、サリトル王国、ゴーランド男爵領ランベルトの支配者。

エド・クリストフ(Ed Christov)

ラムサダス帝国陸軍総司令。以前の陸軍第一師団長。軍級は上級大将。モーデンケルンの乱鎮定に参加。

エド・スタンリー(Ed Stanley)

Who's Who参照。

エドマンド・バートン(Edmund Burton)

ラムサダス帝国海軍第一艦隊幕僚。少佐。

エドモンド・プラット(Edmond Platt)

ラムサダス帝国典礼尚書。

エドラスティン(Edrustin)

クルート連邦、ティンフィル共和国、コーリンソン市長であり、海軍第四艦隊司令。中将。

エトリス(Etris)

シュテルンフルス

エドリテナス族(Edritenus)

ロングッド、ヴァレール森林のアルフ氏族。かつてミルディス・エドリテナスが氏族長を務めていた。現在は次男のイスタロス。長男ファナスはスメル帝国の来襲時に王国の兵として戦い、戦死している。

エドローム(Eddroam)

クルート連邦空軍第二空戦隊長。中将。

エドワード・インファナド(Edward Infanad)

ロングッド王国モウル男爵カールの長男。パテシアの兄。戦士。

エドワード・カーライル(Edward Carlyle)

Who's Who参照。

エドワード・ジョンソン(Edward Johnson)

聖テレジーナ騎士団員。かつてテルスリート城の城主だったが、フェルナンド侵攻時に戦死している。父はフレック。

エドワード・フェルナンド(Edward Fernand)

フェルナンド帝国第二皇子。アーサーの次男であり、クリスティアの双子の兄。魔術師。魔法に夢中になっており、その傾倒ぶりはかなりのものである。同じく魔術師でアーサーの弟であるジェフリとも気が合うようだ。ただし、細かいところでの性格の違いもあって、彼のように俗世を完全に離れるようなことはない。

髪は茶色に近いくすんだ金、顔はアーサーゆずりと言えようか。クリスティアと双子であるため、彼女と比べられたくないと内心考えている。

エドワード・ライネル(Edward Lynel)

Who's Who参照。

エドワード・ランク(Edward Lank)

かつてのフェルナンド帝国全軍元帥。すでに引退している。敬意を込めて<ロード>エドワード・ランクと呼ばれた。

エトワール(Etoir)

Overview参照。

エドワル・ヴァリス・ヘドリアヌス(Edwar Varis Hedrianus)

古代アリーシア帝国の神官で、音楽の才もあった。「セルナの光」の作曲者と言われる。

エーニア・リッツバーナ・リーバイン(Ehniah Ritzburna Levine)

Who's Who参照。

正体はシュミンドラスト霊国最後の王エル・ミンヤの第四王女エル・リリエ・白燃花で、生まれたのは首都ヘイワー。彼女以外の王族はすべてフェルナンド侵攻時に死亡している。当時6歳だった彼女は乳母だった人物に救い出され、隠し通路で脱出した。その後は乳母とその夫に育てられた。滅亡は運命だったと考えており、国を再興しようとは考えておらず、アーサーらに負の感情も抱いていない。むしろ拾った命を毎日を楽しく生きるために使うべきだと考えている。これは養父母の教えが大きい。同性愛者。

彼女を発見したアリヒュートおよび皇帝アーサーのみが、彼女の真の姿、そして素性も把握している。

エネス(Enes)

ミラード帝国シェリンヒ侯爵領の街。エネス湖に面する。

エピアレス(Epiares)

ライトネア王国の将軍。ライトネア随一の猛将と言われたルイコラスの一番弟子で、その突撃力は類を見ない。1,620年に引退したルイコラスの師団をそのまま引き継いだ。

エピクレシアス・タルシス(Epicresias Talsis)

亡国ロングッド王国の男爵。ペリクレスとリンダ(26人衆)の兄。フェルナンド併合後は平民として存命。

エ・ファクド(E Fakd)

不惑斗

エベード(Ebed)

ザードラ王国の建国者。

白き剣(Epees de Blanche)

ラムサダス帝国のリーグニッツが所持するシミターの銘。

エマドール(Emadorl)

ライトマイ王国全軍総司令。1,626年に任じられた。

エミ・エドリテナス(Emi Edritenus)

フェルナンド帝国ヴァレールアルフ。

エミット・ラウディス(Emit Loudis)

ディンロミンナルア3世

エミターヤ・エクサノフ(Etitaya Eksanov)

フェルナンド帝国ヨーン近郊のサリトフ村長。ミーシャ・デミトリオスの育ての親。

エミドリアヌス(Emidrianus)

1,400年代のライトネア人で、「メルヒェン」を作曲。

エミラダス(Emiladus)

イーストフェリア帝国中央評議会議会長。

エミリア・ディリアン(Emilia Dylyan)

エルスルム王国ディリアン氏族長。赤みがかった金髪が特徴で「赤銅のエミリア」と呼ばれる。

エミーリア・フォン・ルエンカシフォン(Emilia von Luencashvon)

エミーリア・マガラス

エミーリア・マガラス(Emilia Magalas)

カールハインツ・マガラス伯爵の妃。コルコランド侯爵クラウス・フォン・ルエンカシフォンの娘。コリント亡命貴族ロベルト・フォン・ルエンカシフォンの母。

エミリア・ヤンカ・ハイゼンフィールド(Emilia Yanka Heisenfield)

Who's Who参照。

エミリィ・キャルシィ(Emily Calcey)

アマリス帝国白色魔術団。魔術師。

エミリィ・クレイアー(Emilie Clayer)

アマリス帝国軍事司令官ジョン・クレイアーと皇后妹リプルの長女。

1,630年で16歳になるが、先天的な代謝異常で成長が10歳程度で止っており、20歳まで生きられるかどうか分からないと言われている。妹のサリー(12歳)の方が既に見た目は上になってしまっている。その代わりに頭脳は通常以上に優秀であり、この年齢で既に中級の腕を持つ魔術師となっている。ジョンと同じ茶色の髪、肩に掛からないくらいのショート、瞳の色は紫、肌は白い。

身体が弱く、魔力によるフィールドを一日中展開して病原菌を寄せ付けないようにしている他、防御重視の軽装備を用いている。この装備の調達は父の友人であるフレイミア・サリスファネルが行っている。

自身の肉体の異常を認識している。ウィッシュの魔術で本来の姿になれると考えて魔力を高めて来たが、最近は周囲の驚く顔が面白く、このままの姿で死ぬのも悪くないと考え始めている。

エミーリエ・ジークリット・ヒュールベルク(Emilie Siegrid Huleberg)

ニコ・リーゼロッテ・ヒュールベルクの姉。

エミュニオン(Emunion)

ライトクル王国軍務事所所長。1,623年までは第一師団将軍。後任は現在のイリア。

エミル湖(Lake Emir)

Overview参照。

エムルス(Emurus)

セイリアン・ダルス

エムロンド1世(Emrond I)

聖エムロンド1世

エムロンド2世(Emrond II)

聖エムロンド2世

エメラルド・イサ・ロドミュロス(Emerald Issa Rodomuros)

ルーンワールドの魔術師。

エメラルド・ミルコロス(Emerald Milchoros)

1,626年に生まれたクルスクロード・ミルコロスの三女(ルビーと双子)。

エメリー・ヴァギ(Emerie Vaggi)

ラムサダス帝国雷光魔術団。コルコランド出身。ラムサダス帝国の魔法部隊員。仮名はリギ。

選ばれし者の学び舎(School for choosen)

ファーランド大学

エラト(Erato)

ルミスデン9天使のひとり。

エラトリー18日(18th of Erratory)

農民の日

エリ(Eri)

レイン・エリ2世

エリア・フィードランド(Elia Feadland)

エリア・ランセス

エリア・ランセス(Elia Lances)

ファームズ帝国ランセス男爵の妻。元の姓はフィードランドで、男爵領都フィードランドを収めた一族の末裔。

エリー・アンディル(Ellie Undyle)

ロングッド王国。

エリー・アンドリュース(Ellie Andrews)

アマリスに住むお嬢様。ステファンの妹。きれいな服とアイスクリームが大好き。ピアノとバイオリンを得意とする。一時期ケイト・ホルディングから指導を受けたが、魔術に関しては才能がなくまったく身につかなかった。1,598-1,625。

エリエール・ド・ロシェーリア(Elleair de Rosherrier)

Who's Who参照。

エリカ・エーヴリング(Erika Avering)

エリカ・フェルナンド

エリカ・フェルナンド(Erika Fernand)

Who's Who参照。

彼女は知られている兄ザナックとのエピソードの数年後、イモータル・ヴァームベルトによって並行世界エリモイゼル・ヘンへ飛ばされた。そこで同じように飛ばされていた現在のアーサー皇帝と出会い、協力してエルヴァートへ戻る(「砂塵の記憶」)。その出来事が切っ掛けで、以来エリカは21まで結婚せず、再びアーサーと出会うことを考えていた。

実をいえば、クラウド元帥(当時大佐)が彼女をアーサーに紹介したのはこの経緯を知っていたからである。エルヴァートから来たことは判っていたから、彼が彼女を特定するのにそう長い時間はかからなかった。今でこそ皇帝に明かしているが、最初は驚かせる意味からこれを伏せていたのである。

さらに言えば、エリカはイモータル・ラダカインによって計画的に因子を仕込まれた存在である。ラダカインは近い将来のエーヴリング滅亡を予感し、それを回避するために同じく近い将来ホーメルト統一皇帝となるアーサー・フェルナンドが彼女に興味を抱くように仕組んでいた。ヴァームベルトは知らずにこれを手助けしてしまった。

エリーザ(Eliza)

フェルナンド公国騎士団の一員。

エリー・サーガ(Errie Saga)

ジアザー帝国男爵ガディ・サーガの娘。父の実験でヴァンパイアとなり、キングスパーティに倒された。

エリザベス・グレイフィールド(Elizabeth Grayfield)

フェルナンド王国の伯爵令嬢。生来の盲目だがそれをなんら苦にしていなかった。その気立ての良さは貴族の間でも評判であり、リチャード王によりジェフリの妃候補にあげられた。ジェフリと親しく接していたため、混沌戦争で彼女が死亡した後、ジェフリは打ちひしがれた。

エリザベス・スティングレー(Elizabeth Stinglay)

エリザベス・ファームズ

エリザベス・ファームズ(Elizabeth Farmes)

ファームズ24世の正室。クレナンテ・セレネの母。元はスティングレー。

エリーザベト・クリムフォード(Elizabeth Crimford)

ラムサダス帝国軍務尚書ジョン・エドワード・クリムフォードの妻。コルコランド出身。

エリザベート(エリザベス)・フォン・ブラバント(Elisabeth von Braband)

もと26人衆のエルザ・シュナイダーの本名。Who's Who参照。

エリーザベト・フォン・モーデンケルン(Elizabeth von Mordenkern)

ラムサダス帝国コルコランド。元コルコランド侯爵ラインハルト・フォン・モーデンケルンの娘。

エリーザ・リーン(Eliza Lean)

ヘレネス王国〜ジアザー帝国でリーンを治める男爵。戦士。領地経営に非常なる際を発揮し、リーンの街を一代で一人では手に余るほどの大都市へ育て上げた。ティナ・リーンの伯母。

エリシエル・ダンクノック(Ericiel Duncnoc)

Who's Who参照。

エリシャ・タルトランド(Erisha Taltoland)

ロングッド王国史。ヨーンの富豪。メイ・スペンサーおよびデイヴの父。アリナの兄。

エリス・ダウミー(Eris Dowmy)

アマリス帝国皇帝報道官補佐。メルホンデス・アイソトレッチに登用された。マルフェッジに生まれ、混沌戦争を逃れるためにノル・マシュに一時移住したが、その途中弟とはぐれている。状況から言って助からなかったろうと考えている。

実際には彼は助けられ、現在はヘール・クリアンストンを名乗っている。

エリスタ・ペルニス(Elista Pernis)

かつて北ホーメルトに存在した西セイアン王国最後の国王。

エリタリア・イェルト(Elitaria Yelt)

コリント王国の二代前の国王(第三十五代)。子はリスクで共に賢王と呼ばれた。1,599年末でリスクに位を譲って退位した。

エリタリア宮(Palace Elitaria)

エリタリア・イェルトが退位後に作った、イェルトの街にある小さな庭園。

エリタリア・ザ・ワイズ(Elitaria the Wise)

エリタリア・イェルト

エリック(Eric)

フェルナンド公国パニアゼミナール音楽担当。

エリック・シェンカー(Eric Shenker)

ラムサダス帝国雷光魔術団。魔術師。

エリックドーン(Ericdawn)

ラムサダス帝国ホーリック谷付近にある村。

エリックドーン事件(Case of Ericdawn)

1,623年にラムサダス帝国のホーリック谷でダークアルフが大挙して現れ、エリックドーン村一帯を占拠した事件。国軍が招集され鎮圧に向かったが、彼らが見たのは大量の死体だけだった。その後ホーリック砦の兵員が増員された。

ダークアルフを虐殺したのは永世王国26人衆のテールである。テールは死地を求めていた。

エリック・ブラント(Eric Blant)

ラムサダス帝国空軍第二空戦隊長。軍級は中将。娘のラルガは陸軍ロビン・カートレルに嫁いでいる。

エーリッヒ・カディン(Erich Kadin)

オラリス

エリッヒ・シェルザート(Erich Sherzard)

かつての永世王国26人衆のE。戦士。

エリッヒ・レッシンク(Erich Lessing)

かつてのドバヌール王国陸軍師団長。中将。

エリトリアス(Elitorius)

ライトネア連合王国シラカン8世の王子。魔術師。

エリナー・マルクス(Eleanor Marx)

ダブリン立法共和国のケント・マルクスの娘。「タッシー」と呼ばれた。クラウド・ファルマスの初恋の相手だが、キンメリアにてロミナの父に殺された。

エリニュエス(Erinues)

ライトマイ王国の将軍。1,626年に任じられた。

エリモイゼル・ヘン(Erimoizer Henn)

エルヴァートの並行世界の一つ。かつてアーサー・フェルナンド皇帝とエリカ(当時はエーヴリング、アイオリス皇女)が転移したことがある。アーサーはアレックス・グラントと名乗り、エリカはアヤカ・リングと名乗った。

エリリーヌ(Ellirine)

ティアンナ・マークレット

エリン・フィルニス(Errin Filnis)

エリン・フォン・ハインスリッター

エリン・フォン・ハインスリッター(Errin von Heinslitter)

Who's Who参照。

芸名のラフィニエルは、イリア教で「天の恵み」を表す。かつてエリンを招聘し、その芸に感動したイリア神王国国王ウォルフスベルク3世が、「用意していた報酬では彼女から受け取ったものに見合わない」と彼女に贈ったものである。

エル・アルフ

エル・アルフェン

エル・アルフェン(El Alfen)

貴婦人座α星の固有名。アルフの星とも呼ばれる古来よりのアルフの守り星。世界の各地で、アルフたちは信仰する神にこの星を重ねている。当初は大白妖精たちが、故郷たる星ラナラントを重ねていたと言われる。国際天文会議でも、アルフのこの星に対する感情を考え、この名前を固有名として採用している。

視等級0.27等で全天では4番目の明るさ。絶対等級は-5.34等。

エルヴァート(Elvert)

  1. この世界あるいは星の名前。Overview参照。
  2. 古の聖魔大戦の折、<炎の妖精王>ヴァンガード・クロイエンと共に冥府へと降り、闇の将軍と相打ちとなった人間の英雄。

エルヴァートがリングだ(The ring is Elvert)

1,626年に策定されたゴーレムファイト国際条約第7条。ゴーレムファイトにおいて「リング」というものは存在せず、都市部以外でリングアウトになることはない。

エルヴァート史(Elvert history)

1,627年の国際会議において、各国の歴史家を集合させて編纂することが決定した書籍。数十年はかかるとされる大事業。

エルヴァート世界大戦(World war of Elvert)

太古エルヴァートの滅亡に至った戦争。アカダル・ディアルゴという大国の起こしたベースアルドラ事件からすべてが始まり、エルタニアとアルドレスの争いも絡んで大戦争に発展した。

エルヴァートの生き字引(Walking dictionary of Elvert)

アストラルスター

エルヴェイル(Elvail)

<極黒の翼>と呼ばれる混沌の神。無秩序の領域のイモータル。古くは天空神エルリスの友であったというが、現在は<対抗者>である。ちなみに、モータルの時の名前は、カーブ・ドレックス。スメル帝国ドレックス朝の建国者である。

エルヴンガード(Elvenguard)

アルヴンガード

エルク(Elk)

セイレイ大陸西部の街。

エルク上空戦(Aerial battle of Elk)

シリア王国史。スメル帝国来襲を4年耐えたシリア王国が戦史に残る一方的大勝利を収めた戦い。損害はシリアが約100機中2機、スメルが約300機中220機と伝えられる。

アーサー・フェルナンド皇帝は当初、この戦史をあまり重視していなかった。このことが1,617年の第一次シリア湾海戦における敗退を生むことになった。その後1,626年に八星衆に加わったイスマイル・カルバラーから多くの情報を得ることになる。

エルク・ノンハルド(Elk Nonhald)

ロングッド史。7賢人の一人。イモータル・エステロン。

エルコフ(Elkov)

フェルナンドの数学者。

エルコフ連鎖(Chain of Elkov)

マルコフ連鎖のこと。

エルザ・シュナイダー(Elsa Schneider)

エルザ・フォン・ヴェストバルト

エルザ・フォン・ヴェストバルト(Elsa von Westwald)

Who's Who参照。

ドバヌールに陵辱されたという噂は真実ではない。そんなことをしていれば、現在ドバヌールは命を長らえていないだろう。

エルザ・フォン・ブラバント(Elsa von Braband)

エルザ・フォン・ヴェストバルト

エルサリス・レストール(Elsaris Lestorl)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。No.1ディアルン・レストールの妻となっている。

エル・サワジ(El Sawaj)

アマリス帝国白色騎士団、カシム中将の旗艦。

エルシート・カムラン(Elseet Camran)

フェルナンド帝国陸軍第四師団長。中将。

エル・シリア(El Syria)

シリア王国が開発した、一般に知られている中では世界最強の戦闘機。スメル帝国の来襲中に完成して即座に実戦投入され、スメル帝国の戦闘機を蹴散らして敗走せしめた。この敗戦によってスメル皇帝シュメール・シャイダーの権威は大きく失墜し、キングスパーティのツバリ奇襲を許す遠因にもなった。1,629年にいたるまでフェルナンド帝国がシリアを未だ攻められなかったのは、一重にこの輝かしい記録のためである。アーサー皇帝は技術の吸収に腐心しているが、経過は思わしくない状態である。記録ではMk-IIIまで開発されているのだが、現存している(発見されている)のはMk-IIまでである。

エルスティ森(Forest of Elsty)

Overview参照。

古い言葉では地の森を意味するテリアフィルス。

エルスルム王国(Kingdom of Elthroom)

オージャス大陸西端のアルフの大型国家。Overview参照。

エルスルム内乱(Inner-war of Elthroom)

約300年前に起こった、一大内乱。エグレ民族(弱冠アルフの血が混じっている)が、正当な扱いと居住権を求め、対立していたサイノス族と戦闘状態となり、その他の民族も加わったもの。クリューガー王により、エグレ族は居住権を認められ一応の解決を見たが、それを不服としたサイノス族は海を渡ってバラカンスへと移住してしまい、今に至っている。

エルセール・ウィスティ(Ersair Whistie)

アマリス帝国の装飾品商ブランドの創始者。同じ装飾品を扱うディヴァールとはあまり仲が良くないようである。ジアザー2世の用いるバックパックはここの特注ものである。1,590-。

エルセロード・クードリア(Erselord Koudria)

ルーンワールド。アメジスト・エルセロード・クードリアとも。アルフ。

エルゼント(Ersend)

アマリス帝国中央エルド州、ロークヒートの街の古名。

エルゾナ(Elsona)

フェルナンド帝国ロングッド州の街。かつてロングッド男爵だったラムサダスが開いた。

エルタニア(Eltania)

古代挲坏瀝において、統一国家リン(榛)を滅ぼし、長く続く統一国家となったもの。「寛」王朝とも。初代国王はルン・パオ(柳奉)と呼ばれている。女神エルタニスを信仰したと言われる。

オージャス方面にも進出してアルドレスと7年戦争を戦い、その後のエルヴァート世界大戦の張本人の一国ともなる。

エルタニス(Eltanis)

エルタニアで信仰された女神。現在そのような神は知られていないため、詳細不明。

エルダール・ルシオン(Eldarl Lucion)

クリームタウン侯爵マイヨール・ルシオンの弟。幼い頃、妹のアルメルを誤って死なせてしまう。父であり前侯爵だったエサールが気力を失いはじめたのは、この事件が発端。

エルデルン・ファンガル(Erdeln Fangul)

バラカンス王国第二軍団長。オーガルカ族。

エルド・バブーン(Eld Baboon)

地獄の谷の周辺に住んでいる猿。魔法の武器、呪文などが一切通用しない。これはセイリアン・ダルスが創造した生物で不死である代わりに生殖能力もない。

エルドムーア(Eldmoor)

エルドレス大湿原

エルドレス(Eldress)

エルドレス神国、エルドレス領

エルドレス教(Religion of Eldress)

エルドレス神国の国教だった宗教。現在でもエルドレス方面には信者が多い。シュテルンフルスを信仰。

エルドレス神国(God Eldress)

現在のアマリス帝国エルドレス領。首都エカトリノ。最後の支配者はミールテン教皇。823年に建国、853年にファーザーズ・ファイヴの首都エカトリノを陥落させ滅亡させる。1,613年にアイスラントに滅ぼされるが、アイスラントがジアザー・フェルナンドに敗れ、ジアザーに編入された。

エルドレス神国は5王国の連合体であり、それぞれエカトリノ王国(首都エカトリノ、最後の王はミールテン)、ヴォーテルジー王国(同ヴォーテルジー、オーリエック)、ヴィナルト王国(ヴィナルト、ヘイエルダール)、ネルザン王国(ネルザン、マルクヴァルト)、ソーディッヒ王国(ソーディッヒ、ライス)である。

エルドレス大湿原(Great moor of Eldress)

エルドムーアとも呼ばれる。エルドレス地方中央にある大湿原。中心都市エカトリノと港町ゴーニッヒはここが存在するために直線的に行き来することができない。

エルドレスの乱(Rebellion of Eldress)

ジアザー帝国支配からの解放とシュテルンフルス信仰体制への回帰をうたって起こった暴動。1,617年。前皇帝ジアザーは摂政のジョン・クレイアーと協議、フェルゼン元帥に対し白色騎士団2個師団をもって鎮圧にあたるべしと打診。これによりマッキィヴァー、トインビー両中将が出撃、鎮圧した。

エルドレス領(Eldress region)

現在アマリス帝国の一部となっている、オージャス大陸の北辺、北海に面する土地。国土の多くは針葉樹に包まれている。州の構成はハイラーク、東エルド、中央エルド(州都エカトリノ)、北エルド、ハリルである。

なお、領という区分はジアザー2世即位にともなって廃止されている。

エール・ハミルトス(Ale Hamirtos)

フェルナンドの政党である民政党(PPP)の党首であった。しかし、1,614年のアーサー王の強制解散により、処断されている。罪状は国家反逆罪。プレイングでフェルナンド王国が成立していなければ、すでにカミザ国を革命によって滅ぼしており、このことを知っているアーサー王が、事前に強制的に解散させたのである。

エールヒの戦い(Battle of Ehluh)

761年、ライトネアがオルネイオ王国を滅ぼした戦い。オルネイオは元々集団移動国家であり、特定の根拠地を持たなかった。それまでも各地で戦闘し、敗北することもあったが、国王や数人の将軍(貴族)が命を落とす程度では集団としては揺らがなかった。しかし、このときはライトネア魔術師部隊による広域魔法によって文字通り殲滅された。生き残った者もいたが、方々へ散り散りに逃亡し、オルネイオという集団を維持できるほどではなかった。ジャコメッティの街はそうした小集団の一つによる村が母体になったと言われる。

エル・ファリド(El Falid)

アイオン・エル・ファリド

エール・ブラーンシュ(Aile Blanche)

Who's Who参照。

エルフルト・ルカッチ(Elfuld Lukach)

ドバヌール王国海軍中将。

エルベルト・フォン・レッシンク(Elberd von Lessing)

アマリス帝国白色騎士団第十師団長。階級は中将。戦士。

エルベール・ヨル・サン・ミラール(Elbert Jor Saint Milar)

ラムサダス帝国海軍。

エルベン(Elben)

フェルナンド帝国ロングッド州の街。かつてはロングッド王国ブルック・サイト男爵領の街。非合法組織アイアンリングの拠点もあった。

エルマー(Elmer)

エルスルム王国のアルフ氏族。エルミシアに集う。現氏族長はロメオ・エルマー。

エル・ミア・ニュー(El Myr Nhu)

世界楯山脈の高山。6,433m。

エルミシア(Elmysir)

エルスルム王国エルマー氏族の街。人口29,000。

エルミー・スチュアート(Elmie Stuwart)

モノカンの戦士。

エルミタル1世(Elmital I)

コルコランド王国(1,565年から1,580年の第一王政)国王。コルコランド独立戦争時の将軍の一人。建国当初までは周囲の信望が篤かったが、その後心許せる友がいないと苦悩し疑心暗鬼になり、15年目の王国分裂を招いた。ラムサダスの戦友でもあった。メイスン初代議長ローマン・アイスにより刑死。本名はエルミタル・ヘルツォグ。1,525-1,580。

エルミタル2世(Elmital II)

コルコランド王国(1,613年から1,615年の第二王政)国王。戦士。メナビーの長男でエルミタル1世の孫。1,606年のコルコランド併合時には、エストア森に難を逃れたとされている。コルコランド共和国独立時に議員の一人となる。1,613年に旧貴族系により担ぎ出され、第二王政コルコランド王国の国王となる。1,615年末のラムサダス帝国への編入である程度の財産は保証されて再び平民となった。本名はハント・エルミタル・ヘルツォグ。1,575-。

エルミタル・ヘルツォグ(Elmital Herzog)

エルミタル1世

エル・ミハイロブナ(Elle Mikhailovna)

第二キングスパーティと冒険を共にした一人。ヴァレール森林でセシル・クラファレストの教えを受け、現在はファンドランドでドルイド僧となっている。ジアザーに惹かれていたらしい。

エル・ミンヤ(El Minya)

南ホーメルト島にあったシュミンドラスト霊国最後の王。戦士。現フェルナンド帝国八星衆エーニア・リッツバーナ・リーバイン(エル・リリエ)の父。リリエ以外の子供はフェルナンド侵攻時に全員死んでいる。

エルム・サンプソン(Elm Sumpson)

コリント王国ドレスコート伯爵ジェレミーの妻。

エルム・ビシェット(Elm Bishet)

コリント王国フローナ・ホーランスの夫。

エル・メラト(El Merato)

エル・メラトはかつて一部で使用されたエルメランの別名。AC300年頃、グスタフ・ヴォルツォークが作曲した。

エルメラン(Elmeran)

法の神々の一人。時間の領域のイモータルであり、また善の主神も呼ばれている。ロングッドでの呼び名は光の神。徹底した不殺生主義であり、他人を傷つけることをなによりもの罪悪としている。僧侶は一部の例外を除いてローフルかニュートラルな性格のみであり、人を傷つけるような呪文は一切得られない。もともとはアリーシアの聖人である。

シルヴァーが5体の僕を引き連れてエルヴァートに現れたとき、法の神々のリーダーとして立ち向かった。この際彼はまだセレスティアルレベルになったばかりだったが、ハイエラルク会議の決定でありメロスおよびアクセラの助力を受けていた。

エルメラン教(Elmeranist religion)

不殺生と相互扶助を旨とする宗教。単に「光の神」とも呼ばれる。主にロングッド、フェルナンドで信仰されている。教義は「光の名のもとに何人も潔白であるように」。現在の教皇はマーシャス・ケイダント。1,620年まではロングッド・ヨーンの大司教であった。

他者を傷つけるために神の力を用いることを許しておらず、例えばカースを使うとそれだけで破門となる。

エルメラン教会(Elmeranist Church)

エルメラン教の教会はホーメルト各地にあるが、おもにバレラス、ヘイン、そして教皇のいるヨーン、ニーナなどが大きく、有名である。

エルメラン教皇(Elmeran)

  1. マーシャス・ケイダント
  2. トリスタン・ラトリアル

エルメランの楯(Shield of Elmeran)

時間の領域のアーティファクト。

エルメラン美術(Art of Elmeran)

ティアマト暦元年のエルメラン降臨以後、ロングッドを中心に栄えた美術。

エルメラン・ロートリアヌス(Elmeran Rotorianus)

エルメランのモータルであったときの名前。ミアン・ハラホーンと恋人同士であり、アリーシア帝国にあって、メロスの僧侶であった。

エルメル・トリビュート(Elmel Tribute)

アマリス帝国貴族、マイカ・トリビュートの弟。

エルモア・ドゥ・ロシェーリア(Elmore de Rosherrier)

ロシェール王国の王子。

エルリス(Elris)

「空の神」と呼ばれるイモータル。<白き翼><大空神>とも呼ばれる。カンスラ密教の一柱、天空の神でもある思考の領域のイモータル。空を飛ぶものはすべて彼の庇護を受けている。モータルの時の名前は、マイエル・ブラーンシュ。カンスラ密教では大戦後にイモータリティを得た二人のうちの一人で、同教では初のアルフである。(もう一方はマリス、ドワーフ)

エルリスの翼(Wing of Elris)

エルリスの作った思考の領域のアーティファクト。自由に空を飛び、また鳥に変化できるといわれている。

エル・リリエ・白燃花(El Lilieh Marso)

エーニア・リッツバーナ・リーバイン

エルンスト・ショウペンハウアー(Ernst Schopenhauer)

かつてのドバヌール王国海軍艦隊司令。中将。戦士。旗艦はライヘンバッハ。

エレア・ダブリン(Elear Dublin)

ダブリン立法共和国の建国者。「金は天下の急ぎもの」。サミ市長。

エレオノーラ・ラッチェリーニ(Eleonora Lacellini)

南東ラムサダスの港町シュレーンの支配一族ラッチェリーニ家の当主フィリッポの姉。姉はソートスの当主ユース・リューベックの最初の妻ビアンカ。幼い頃から評判の美少女姉妹だった。ビアンカが早世した後、フィリッポの父ガルツィアはエレオノーラをユースの後妻に据えることを考えたが、実行に移す前にマルグレーテ・フォン・ルエンカシフォンがソートスを訪れ、ユースの妻となってしまった。

エレマスター(Elemaster)

精霊において、支配イモータルから特別な力を与えられて半神化した精霊の個体。現在の個体名はそれぞれ火:ラハシュキン、風:サイ・イェルム、地:ボーナカウスト、水:テレンダム・エス・ラ。

エレメンタール(Elementarl)

亡国ロングッド王国の陸軍第二師団第三大隊第三中隊長だった人物。中将。

エレメンタールフィル(Elementarlfil)

1,500年代にアントン・マイクロフトが作曲。

エレンベルク(Erenberg)

アルディア山脈の山。2,948m。

エロデン・カーブ(Eroden Kurb)

カーブ2世

エンカン山脈(Encan Mountain Range)

Overview参照。

エンクヴェイ(Encvay)

活力の領域のイモータル。<スイーパー><龍神>と呼ばれる。ミラード帝国で広く信仰される。モータルの頃はミラルト王朝アスワン王朝群第2王朝のイングビ1世。イングヴィン山脈は、彼の名を取っている。リザードマンの信仰する神でもある。

エンクリスト・ディンロット(Enkrist Dynrot)

グリュンヴァルトアルフ・ディンロット氏族長。

エングレンダー(Engländer)

400年頃のファーザーズ・ファイヴの五連王首座。

エンケドテレス(Enchedoteres)

ライトマイ王国の将軍。元々は1,615年に任じられたライトネア王国の提督だったが、1,624年の艦隊数削減により転属となり、ライトマイの将軍となった。

エンゲルス(Engers)

コルコランド史。メルヴェット公国公王。僧侶。元はデランナ帝国の公爵だったが1,588年に独立した。代替わりはなく一代で終わった。

エンジェルウィッチ(Angel-witch)

リル・ミア

エンジェルソン(Angelson)

ミラード帝国空軍第二飛行士団長。中将。

エンタープライズ(Enterprise)

アマリス帝国白色騎士団、ウォーラス上級大将の旗艦。

エンド・グラッグトン(End Gragton)

フェルナンド王国バレラス盗賊ギルド長。盗賊。1,610年にクラウド・ファルマスにその座を譲る。

エントロピー(Entropy)

  1. 無秩序の領域のこと。
  2. 北ホーメルトにある黒魔術師の都。Overview参照。

エンペドクレス(Enpedcres)

  1. アリーシア帝国貴族。僧侶。
  2. 元アマリス帝国白色騎士団師団長。アラミス・ブルゴーニュの副師団長でそのまま師団長となった。1,623年に引退し最終階級は中将。

エンペラー(Emperor)

フェルナンド皇帝アーサー・フェルナンドの旗艦。高速航空戦艦エンペラー級とよばれる。一隻のみ。アーサーは1,632年竣工の新型艦bIIに替える予定である。

エンペラーズアイル(Emperor's isle)

  1. パルマ(セボ)湖にある島。Overview参照。
  2. ラムサダス帝国で最初に建造された艦艇。

エンペラーズアイル海戦(Battle of Emperor's isle)

  1. スメル帝国史、268年。スメル帝国とシャール王国の海戦。この海戦でシャール王国の艦隊は壊滅し、スメルの覇権を確定した。事実、この3ヶ月後にシャール王国の首都ツバリに全面攻撃が開始され、そしてこのさらに半年後には同市が陥落している。
  2. ラムサダス帝国史、1,619年。アシュラブレイの乱の戦闘のひとつ。

皇帝庭園(Emperor's estate)

リリュー帝国の首都だったソードカイトの北側にある広い土地。皇帝の狩り場とされていたが、1,618年にラムサダス帝国が侵攻し、ここで大規模な戦闘が発生した。

皇帝庭園の戦い(Battle of emperor's estate)

ラムサダス・リリュー戦役終盤の戦い。皇帝庭園において双方の正規軍の大規模な戦いが起こった。アシュラブレイの計略によって、ここ以外の戦いはほとんどラムサダスの一方的勝利に終わったのだが、ただ一つこの戦いだけは、計略の不首尾もあってラムサダス側にも大きな被害が出た。このとき行われたいわゆる「借刀殺人の計」によって、アシュラブレイの冷徹さがクローズアップされる。

オアイ・ラオチェン(Oai Laocheng)

エストール自由都市海上兵団司令。戦士。

オイセル(Oysel)

エストメスランド連邦の一州。州都ウィロフ。

オイゼン(Eusen)

ファームズ帝国、ファームズ王国、キールマン男爵領の街。人口72,000。支配者はフレッド・オイゼン。

王宮のメヌエット(Menuet of palace)

作曲家トールの手による曲である。単純な旋律と和音であり、まただからこそ多くの人に愛されている。1,547年の王宮大演舞会のために作曲された。

オウ国(Oh, states of Oh)

ホーメルト南島の最南にあった国家。都市連合国家で、それぞれの都市の市長が5年任期で交代で統治した。1,617年のドバヌール侵攻で滅亡。最後の統治者はスードレントラント市のアル・セトム市長。

黄金城(Golden castle)

ファンドランド卿スロリクトラ・ドバヌールが、領都トゥルカに建造した広大な城。大きさによる不便さを補うため、各階東西南北にはそれぞれ逆端へのテレポートタイルを敷設してある他、いくつかの部屋から部屋にもテレポートタイルがある。ブラックホースやジアザー・テレビジョン、アレックス・グラント(アーサー・フェルナンド)らはここにそれぞれ大きめの居室を与えられた。堅固な上に防音防湿防汚等の魔法が施されており、快適に過ごすことができる。<イモータルの破砕日>によってこれらの魔法は取り除かれたが、再度調整されている。また巨大露天風呂でも有名であり、ドバヌールは気に入った女性を伴って入ることが多かった(そして王妃リサに殴られた)。

1,615年にアイオリスを「救済」と称して併合すると、多数の魔術師を動員してフリンキアに丸ごと転移させた。1,629年の滅亡によって所有権がフェルナンド帝国に移ったが、皇帝アーサーはひとまずそのままにしており、アレックス・グラントの名で与えられた部屋を今でも私用や側近との会話に使っている。

黄金の獅子(Golden lion)

ラムサダス帝国の詩作戦闘機RFX-001の通称。

黄金のフェニックス(Golden phoenix)

フェルナンド帝国の国旗のこと。あるいは、皇帝アーサー・フェルナンドのあだ名。1,615年の大侵攻で、このような呼び方が生まれた。

黄金の領域(Gold statue)

物質の領域のアーティファクト。

オウ州(Region of Oh)

フェルナンド帝国の一州。かつてのオウ国付近。州都はスードレントラント、州知事はアレクセイ・サドウィ。

王族の接吻(Royal kiss)

バレラス美術館に所蔵されている彫刻家バッコス作の像。アーサーとエリカの姿。第一作はアーサーが「エリカはもっと美しい」と不快感を示して作り直しになった。レオフィアルはこの像を見て本気で両親が石になっていると思い込み、「おのれメデューサ!」と叫んで剣を取って街を飛び出した。

王妃のための協奏曲(Concerto for the Queen)

ミヒャエル・アントニー・エマヌエル・ライドンが1,621年に王妃ヴァミリエのために作曲した協奏曲。

オウル(Awl)

千年王国が退潮期にあった900年代、ハイネルカ山脈西側を暴れ回った族長。後年のオウル氏族国はこの人物の子孫だと称する者たちによる。

オウル氏族国(Clan of Awl)

かつてコルコランドに存在した国家。首都トルク。トルク連邦の盟主でもあった。1,580年の独立時の首都はオウルだったが、翌年トルク連邦を形成した際、ハイネルカ山脈内の3つの街に首都を集めた。

かつてこの地を根城として活動したオウルという族長の子孫だと称する者たちの国だった。

王の書

の書

大井ノ門大井ノ門(Ohi-no-mon)

馬具笊穂高森の修験者(ドルイド)の一門。四門の中では最下位。

大井ノ門円美桔梗(Ohi-no-mon Enmi Kikyo)

馬具笊の駆け出し修験者。修験名を紅来小使という。

大うつけ(Oh-Utsuke)

アーサー・フェルナンド

(King)

馬具笊王国における土地の支配者。複数が併存しており、基本的にはすべて天皇の子あるいは孫。この中から次代の天皇が選ばれた。

大路の学び舎(School in an avenue)

シーリス工科大学

大岱(Ordye)

オーダイ。ラムサダス帝国ドール地方南部(馬具笊地方)の都市。故国馬具笊ギルド帝国の首都で、現在でも大商人が多い。旧馬具笊王国の首都で841年にスメル帝国に陥落させられ、以降1,428年まで総督府が置かれていた。1,428年に独立し馬具笊ギルド帝国となる。

「岱」は山のことであり、この地方では街と同義。ギルドを意味する「羅岱」は、その山に集う人々の網(つながり)を意味する。

大岱の戦い(Battle of Ordye)

スメル帝国史。839年にスメル帝国軍が襲いかかった。正規軍ではこの町を陥落させることができず、2年を経て聖魔術団の力で陥落させた。

大岱珊瑚礁(Ordye reef)

大岱湾に広がる珊瑚礁で、シーアルフが住む。

尾を泥中に曳く(Put tail into mad)

かつて、自失したアーサー現フェルナンド皇帝は、ジアザー帝国首都ノブルにおいてエルメランの教会を建立し、そこで愛する妻エリカとひっそりと暮らしていた。あるとき、ラムサダス皇帝がアーサーのもとを訪れ、自分に仕えて力を貸して欲しいと頼んだ。

アーサーは例え話を出した。「ある亀が、とある国で神と崇められ、甲羅は祭壇に祀り上げられた。はたしてこの亀は幸せか? 生きて泥中に尾を曳いているのとどちらがより幸せだろうか?」

ラムサダスは答えた。「泥中に尾を曳いている方だろうな」と。アーサーは答えた。「では帰るがいい。私は今まさに泥中に尾を曳く亀なのだ」

大番頭(Oh-ban kashira, guards leader)

  1. アマリス帝国の役職の一つ。ホワイトキャッスルの警護等を担う大番組の長。アリフレタ・ルビアン。
  2. 馬具笊ギルド帝国の役職の一つ。

大番組(Oh-ban team, guards)

アマリス帝国でホワイトキャッスル等の警護を担う専門の戦士集団。軍とは別に老中直轄で組織されている。長はアリフレタ・ルビアン。

大目付(Oh-metsuke)

アマリス帝国の役職のひとつ。各貴族の監視を担当する。長はコール・ビッツ。老中直轄で組織されている。

オーカス・カイドネルヴィ(Orcus Kidenelvi)

かつての永世王国26人衆のO。僧侶。

丘の精霊(The spirits on the hill)

1,000年頃、在野の教師パーシヴァル・プロテミアンが作曲した。

オーガルカ族(Orgalka)

バラカンス王国の民族。主に西側に暮らす。

オーガレイス(Orga-reis)

ティリンスの首都とされる街。現在どこに当たるのか不明。

オーガレイスの戦い(Battle of Orga-reis)

メッサルがティリンスを滅ぼした首都の戦い。

オーギャ(Ogya)

モンゴル大帝国ヴァーフェ村長。

オーギャン(Augan)

ド・トゥ教国海軍第一艦隊司令。

オーギュスト・ラマルティヌ(Augusto La Martine)

Who's Who参照。

オクサー(Ocsor)

ラムサダス帝国南部の街。大学で有名。マルシーモ家、トネリ家、ロガッツィオ家が分割支配している。現在の最有力人物はマルシーモのフェルディナンド。

オクサー州(Province of Ocsor)

ラムサダス帝国の州。州都はオクサー。州知事はオクサー支配一族のフェルディナンド・マルシーモが兼任する。

オクサー大学(University of Ocsor)

オクサーにある古い大学。トネリ家の祖先が創設したが、マルシーモ家、トネリ家、ロガッツィオ家の三家とも自身の影響力を高める目的でしばしば援助を行っている。

オクサーナ・メグリカ(Oxana Meglica)

コリント王国イェルト公爵息アンジェロの妻。メグリカ男爵令嬢。

オクサーの乱(Revolt of Ocsor)

スメル帝国史。1,384年。

オクザル(Oksal)

ウイレヌ汗国内の1氏族、マジャヒトの長。

オクソール・ザ・ワイズ(Ocsor the Wise)

ラムサダス帝国、グラスティース魔術師ギルド長。アシュラブレイの乱前後から、皇帝に直接帝国への参加交渉を受け、引き受けた。現在はグラスティース特別区長を兼務する。

オクタイ(Oktai)

ウイレヌ汗国の14代目の大ハーン。マジャヒト族の戦士。現在の大ハーン、エクデルの先代エズケイ(叔父)の父。

オクタヴィス(Octavis)

フレンダーノ辺境王国の前王。ローザネロの父。

オクタコーン(Octacorn)

エルヴァートのみに生息する高位の生物。ジョルツ教の物語の中のみの存在と思われてきたが、近年アルディア山脈に実在することがわかった。

高度に魔法的な存在であり、その瞳からはダンスの効果を持つ赤い光を放ち頭にある8本の角は着脱可能で飛び回り、運が悪いと一撃で死んでしまう。またその角からはそれぞれ別の魔法が照射される。オクタコーンは犠牲者の骨を採集することを好む。オクタコーンと戦って生存した者はほとんどない。

オクティア(Octia)

ド・トゥ教国マンスリーナイトNo.10。

オークランド(Awkland)

アマリス帝国白色騎士団、クリアンストン元帥の旗艦。

オクリオス・マルクス(Ocrios Marx)

ダブリン立法共和国議長ケントの息子。

オークリッジ(Oakridge)

かつて南ホーメルトに存在したオウ都市国家群の指導者。アルトジン市長。僧侶。最後の指導者アル・セトムの前任に当たる。

オクリム(Okrim)

エルメラン教で信奉される神のひとり。時間の領域のイモータル。モータルの頃の名はシャデラク、エルメラン教徒。

オーグリム(Augrim)

  1. インファス山脈の高山。6,448m。
  2. ラムサダス帝国海軍エドワード・カーライル提督の旗艦。

オゴイオ峠の戦い(Battle of Ogoio pass)

ファームズ帝国がファード宗主国を滅亡に追い込んだ戦い。1,049年、ファームズ8世がライトネア勢力を駆逐した直後のことである。ファームズに打撃を与え起死回生を果たそうとして侵出、この峠で決戦を挑んだファードだったが、力及ばず敗走。首都メリクを占領されて滅亡した。なお、国の西側はもともと現在のサリトルの諸侯の地であり、ファームズには編入されずに元の抗争地帯に戻った。サリトルが帝国に併合されるのはファームズ15世の治世、1,341年になる。

オージス(Augis)

ド・トゥ教国マンスリーナイトNo.8。

オージャス大陸(Continent of Orjus)

表エルヴァートの東大陸。Overview参照。

オージャス地方(Region of Orjus)

オージャス大陸の東半分。Overview参照。

オズヴァール・エーヴリング(Oswarl Avering)

アイオリスのエーヴリング族。ヨールトン7世の弟で、マーシャス・ケイダントやイスカルド・アルヘルムスのかつての仲間。1,612年にヨーンのイスカルドを訪ねて決闘し、敗れた。

オスカー(Oscar)

フェルナンド公国パニアゼミナール化学担当。

オスカー・ジョウスリット(Oscar Jousrit)

ロングッド王国ザモラ男爵。キンメリア市長。

オスカー・フォン・ヴェストバルト(Oscar von Westwald)

Who's Who参照。

彼が少女趣味であること、エルザ・シュナイダーに求婚したエピソードは事実である。なお、彼が26人衆に招聘された際にはまだエルザが26人衆であることを知らず、その場にいたマリー・ルーンに手を出そうとして叩きのめされた。エルザとの結婚生活も長くなり、現在は落ち着いたかといえばそんなこともなく、ミストレイ・シャリーに手を出そうとして叩きのめされている。

オスタード(Ostard)

メルガス帝国皇帝ナールザト1世の双子の弟。

オスターラント(Osterland)

コルコランドの地名。1,624年にラムサダスがここで演説をするに際し、反乱分子が、ディレイド・ブラスト・ファイア・ボールによるテロを実行した。

オースティン(Austin)

フェルナンド帝国に住む力ある魔法使い。。

オースト(Aust)

アマリス帝国ヘレネス州の州都。人口220,000。

オーストフラク(Oastfrak)

フォーリパル王国の首都だった街。現在のノース。

オーストフラクの戦い(Battle of Oastfrak)

スメル帝国で204年、フォーリパル王国と戦ったもの。この結果フォーリパル王国は帝国に編入される。

オストミスク(Ostmisk)

フェルナンド帝国に住む力ある魔法使い。

オストラカン(Ostrakan)

イーストフェリア帝国海軍第三部隊長(ポールフェリア)。

オーストン(Auston)

サリトル王国の首都サリトルの本来の名。

オズボーン(Osbone)

活力の領域のイモータル。

オスマイア王国(Kingdom of Osmaia)

かつてドール地方に存在した国家。首都はアヴェナッティ。1,601年にニューソロー河の戦いで敗れ、併合。

オスマー・フォン・オレンハウアー(Osmar von Orenhauer)

かつてのドバヌール王国陸軍師団長。中将。

オスマルドルフ(Osmardolf)

アマリス帝国白色騎士団、ヨークライム大将の旗艦。

オスメリアアルフ撲滅令(Command for extermination of Osmerian alves)

スメル帝国史355年。長期間継続していたオスメリアアルフとの戦争だったが、戦果が挙がらなくなったことに業を煮やした皇帝アスノル1世がこの年「可及的速やかな撲滅」を軍部に指令した。それまで20年続いていた戦争は、軍部が本腰を入れたことで4ヶ月で完了する。それはオスメリア森を燃やし、アルフたちを大量虐殺するという結果になった。

オスメリア焼却作戦(Operation Osmeria incineration)

オスメリアの虐殺

オスメリア森(Forest of Osmeria)

ラムサダス帝国西部の森林。Overview参照。現在クルル、フィルサン、リューネット、ターシュミィという4つのアルフ氏族がこの森に住んでいる。戦闘力に長けた者が多いリューネットがダルジャン湖畔のメイカナス(森の入り口に近い)に、他3氏族がニルセン湖に面したサツカナスに暮らす。ある程度帝国との交流もある。かつてはエルナト湖畔にトゥコリカナスが、メイカナスの対岸にタルゲリカナスが、そこから川を遡上したところにフィフカナスがあり、5つの氏族がメイカナス、サツカナスを含む5つの街に暮らしていた。トゥコリカナス、タルゲリカナス、フィフカナスはいずれもスメル帝国の侵攻で壊滅している。

その始祖は大白妖精の一人クレタミル・フレイセル。フィルサンはフレイセルが時代を経て変化した名前。

オスメリア砦(Fort Osmeria)

ラムサダス帝国内にある砦。340年のオスメリア作戦時に建設された古い砦。355年に作戦が終了し、その後1世紀ほど使われていたが廃棄されている。現在では砦北方の丘陵地帯にいたオークによって占拠されている。

オスメリアの虐殺(Genocide in Osmeria)

スメル帝国史。335年〜355年の20年におよぶオスメリアアルフの虐殺。作戦名はオスメリア焼却作戦。オスメリアアルフは生きたまま焼かれ、あるいは帝国中央へ連行されて奴隷として各種重労働の末に死亡し、絶滅したことになっている。しかしラムサダス帝国になって後の調査で、わずかな者が潜伏して虐殺を生き延び、13世紀の間にある程度の数を回復していることが確認された。

もっとも、オスメリアに生き残りがいることは、その前から知っている者は知っていた。例えば永世王国26人衆のファイナルランダーはオスメリアのアルフであり、宰相を始め数人はそのことを認識していた。またエルスルム王国から来たリンナ・リマーク・エネルスもスメル時代にこの森に入り、住み着くことになった。

かつて5つの街があり、5つの氏族がいたことが賢者には知られているが、現在ではメイカナスとサツカナスの2つ。フィフカナス、タルゲリカナス、トゥコリカナスの3つは前述スメル侵攻時に破壊され、そのままである。

オスメール・フィン(Osmer Fynn)

イルゾニアアルフ。

オズレア(Osrea)

アマリス帝国ローディッヒ州の州都。人口11,000。

オスロー(Othlaw)

フェルナンド帝国テレジーナ州都。人口70,000。ネアー海に面している。かつてはテレジナスアート神聖教国の街で、騎士団の城が残る。

オズワルト・フォン・ブロンシュタイン(Osward von Bronstein)

元ラムサダス帝国陸軍。1,629年に死去。

オチョ(Occho)

アカドリアの軍師。

オットー・ヴェーブル(Otto Webul)

フェルナンド帝国。元シルクシア・ムライトルークの従者。

オットー・ドールザンマン(Otto Dorlsanman)

ファームズ帝国第一艦隊司令。中将。魔術師。

オットー・フォン・ヘーゲル(Otto von Hegel)

アマリス帝国のろし部隊長。大将。

オットー・フレールセン(Otto Frelsen)

アマリス帝国白色騎士団第十三師団長。中将。第一師団長スコット・ウォーラスの娘カローナを妻とする。

オットルフ・ロム・グレダンス(Ottolf Rom Gredance)

ドワーヴンランドに暮らすドワーフ。氏族長ゼックス・バシルドンとは王子時代からの友人。かつてオットー・ロムの名で永世王国26人衆に参加していた。

オットー・ロム(Otto Rom)

オットルフ・ロム・グレダンス

オッフェンアルフ(Offen-alves)

南ホーメルトアルヴンランドに住むアルフたち。

オディイン・ルージュ(Odiin Rouge)

アマリス帝国勘定所所長。

オディン(Odhin)

ド・トゥ教国海軍第五艦隊司令。

オーデルゾーロ(Ordelzoro)

  1. <死の眼光><眠れる死獅>と呼ばれる古えの混沌神の末弟。混沌のプールから直接生まれた(と彼自身は記憶している)無秩序の領域のイモータル。一部では長兄オルクマルドさえ凌ぐと言われるほどの大いなる力を持っている。彼の記憶は<古き者>による記憶の改竄であり、実際には別の宇宙でイモータリティを得た存在。裏エルヴァートではハルパーンとも呼ばれる。
  2. エルヴァートのある星マルスが属する星系の第九惑星。視等級は最大で6.21程度であり、望遠鏡でないと判別できないため、基本的には未発見の惑星である。

男たちのタペストリー(La Tapisserie de beaux)

1,600年過ぎに、アルベール・マルヌが作曲。

オトフリート・フォン・デューリンク(Otfried von Duling)

かつてのドバヌール王国陸軍第2師団長。中将。

オトフリート・ラッサール(Otfried Rassar)

ラムサダス帝国内務尚書。

オトマル・フェルディナント・ルーデンドルフ(Othmar Ferdinand Roodendolf)

ドバヌール王国陸軍第3師団長。ローザランド王国の宰相の息子。ヨーゼフ・アーカイトの弟。ハルジ要塞戦で戦死。最終階級は中将。

オートランス(Auto-lance)

ラムサダス帝国で開発中の魔法兵器。

オドルキン(Odolkin)

ホーストヘルン帝国、北方バリアル王国群、カミアの国王。

踊るダガー(Dancing dagger)

ティアンナ・マークレットのオリジナル魔法。最高48本の魔法のダガーが対象の周囲を高速回転し、滅多斬りにする。

オトレウス(Otoreus)

ライトハイ王国の第一師団将軍。1,619年に任じられた。現在の4王国の第一師団将軍中では最長現役。

オートローインク(Oatroaynk)

ミア・ラマルクの首都(唯一の町)。

オヌゲティ(Onugeti)

タタンで信仰されたとする神。現在そのような神は知られておらず、詳細不明。

オネイロス(Oneiros)

ネム

オバタリアン(Obatarian)

モンゴリアン13世の伯母。国の長老の一人。

オパール・ミルコロス(Opal Milchoros)

1,628年に生まれたクルスクロード・ミルコロスの四女。

オフェーリア・カルメ(Ophelia Carme)

オフェーリア・スタンリー

オフェーリア・スタンリー(Ophelia Stanley)

ラムサダス帝国教育尚書エド・スタンリーの義理の娘、セーラの母。旧姓カルメ。

オメティクレ(Ometicre)

無秩序の領域のイモータル。

オーヤン・クレイユ(Ojan Claile)

ノブルランド〜ジアザー帝国の伯爵。カプルカントのレンクス6世の実弟で首都ミファイエルにあり、革命中は地下に潜伏していた。兄が国の支配権をジアザーに譲ったことが信じられず、ジアザーが父を騙したものと考えて反乱を起こしたが鎮圧され、処刑された。

オヨラ・ハスハント(Oyora Hasshant)

ローランド・ブリュエル

オーライル公杯(Duke Orlyle cup)

ファームズのコートボール(テニス)トーナメント。貴族の中で最初にコートを設営したリンゼイ・オーライル公爵にちなむ。なお、オーライル公爵家は現在は存在しない。

オラカトリス(Orakatris)

リィニー

オラク・ダラン(Orak Daran)

スレイマ魔王国の最高術師(魔術師部隊スレイミールの長)。

オラリス(Olaris)

オリアス

オランド・ダルハッキニー(Orand Dulhakkiney)

シオヌール・ダルハッキニーの祖父。1,532年にスニルナ統一王国を建国し、一代で全島を掌握する。

オラン・レオフィッツ(Oran Leofitz)

アルファ人民共和国海軍第一艦隊司令。

オリアス(Olias)

ミラード教で信奉される神。<空の老人>と呼ばれる。カンスラ密教でも<大気神>オラリスとして信仰される。思考の領域のイモータル。モータルの頃の名はエーリッヒ・カディン。カンスラ密教への導入は1,045年。

オリアルド(Oriald)

Overview参照。

オリアルド州(Oriald)

アマリス帝国の州。州都はオリアルド。現在の州知事はロッティ・リバモア。

オーリエック(Oariek)

エルドレス神国五連王。ヴォーテルジー王国の最後の王。1,590年にソーディッヒのイルレンローエを妃とし、アデリーヌを成す。前王ナメンダスの第一王子でエカトリノ王国王妃ディガンの兄。1,591年即位、1,613年のアイスラント侵攻時に死去。1,570-1,613。

オーリエット(Alliet)

アマリス帝国白色騎士団、メーリンク中将の旗艦。

オーリエン(Aurien)

アマリス帝国リーン州の街。人口120,000。アットレルカ伯爵領の中心都市。現在の支配者はリシウス・アットレルカ。

オーリック・デイヴィス(Orlik Davis)

フェルナンド王国セーラン男爵。現在も存続している。無カミザ時空ではセーラン王国国王。現設定ではセーラン王国自体が存在しなかったことになっている。

オリヴァー・カミングス(Oliver Commings)

ジェトール王国テンプルナイツ。1,611年にエルスルム王国を攻撃したが、ブラックホースに撃退される。このとき魔法の剣である炎の剣を奪われる。フェルナンド・ジアザー連合との戦いで戦死。

オリヴァー・ビーンセント(Oliver Beencent)

ジョージ・フェルナンドの忠臣。闇の王ヴェルツィールを殺害。エクスカリバーの所持者であったといわれるが、直後にヴェルツィールの弟、マンドレギディンに殺される。

オリエックス(Oriex)

カプルカント〜ジアザー帝国でムーゼンを治めた男爵。混沌戦争で死亡。

オリック・ヤルミール(Oric Yarmir)

ファンドランド、ヤルミール氏族長。ウェルリウン・ヤルミールの息子。人間の血が1/4混じっていながら、<大地の妖精王>と呼ばれるほどの魔力を持つ。

オリハルコン(Orichalcon)

アトランティス王国およびマウリア王国で産出される超金属。表エルヴァートでハイメタルと呼ばれる超金属と同質のものが、この二国では天然資源として産出される。アドリル市の三つの門はいずれもオリハルコン製である。

オーリッヒ(Oarich)

エルドレス神国(エカトリノ王国)第一王子。ミールテン教皇の長男でヴァミリエとシャクシャインの異母兄(母はアルペンローゼ)。教義に背いて魔術を志したため破門、王家からも絶縁された。

(Orifice)

無秩序の領域のアーティファクト。漆黒の玉。異なる世界にある兄弟玉との間に、オルターネイトワールドゲートを開く。

オリンピック(Olympic)

1,622年にラムサダス帝国皇帝ラムサダスとジアザー帝国皇帝ジアザー・テレビジョンにより共同提案され、開催が決定した大運動会。本部は永世中立国宣言をしたアルファ人民共和国首都イスロンに置かれている。初代会長はアルファ人のライフル・クレガンスだったが、彼は第二回(1,628年)アマリシアオリンピックの直前に急死した。前年重傷を負って競技を引退した第一回(1,624年)ヤースオリンピックの金メダリストでエルスルム人のリュー・コーネリアスが第二代会長となった。第三回(1,632年)はファームズ帝国のルートクロスが内定している。

なお、小国にとっては選手団の派遣は容易ではないため、なんらかの手段で本部へ連絡があった場合、アマリス帝国の白色魔術団あるいはラムサダス帝国の雷光魔術団が輸送を代行する。無償ではないがその国に無理のない範囲での対価となっている。

オリンピック開催委員会(Olympic Opening Committee)

アルファに本部を置く機関。初代会長はライフル・クレガンス。現在(第二代)会長はリュー・コーネリアス。

オルヴァージュ(Orvage)

ノルアート山脈の山。3,038m。

オルカーナ・スターウェイ(Olcarna Starway)

マーシャス・ケイダントの妻オールティアの母。エルメランの僧侶。

オルガ・カインズ(Orga Kines)

クリームタウン前侯爵エサール・ルシオンの第一妃。

オルガン(Olgan)

ベナン王国海軍第三艦隊長。

オルガンチーノ(Organtino)

フェルナンド王国にいた聖人。様々な慈善事業を行った。皇帝アーサーが「How To Politics」で引用している。「(アーサーの祖先である)かのジョン王は、オルガンチーノの行いに感激してそれを真似ようとし、失敗した。聖者でさえほんのいくつかしかできなかったことが、凡人以下のジョンに真似できるはずがない。また、聖者といってもしょせんは一人の力でできることには限界がある、法によって縛ればより多くのことをでき、多くの人を救える。知恵がない。」と、法の必要性を説く道具にされる。

オルキウス・シャリンダー(Olkius Sharinder)

レインボーフィヨルドのリーダー。クリスタルベイ市長にして工廠長。

オールクニル(Oalcnil)

第一キングスパーティの一員。魔術師。イヴァン帝国皇帝イヴァン24世の弟。現在でもリルガム付近の山中に住んでいるが、老化が激しい。

オルクマルド(Orcmaldd)

  1. <古えのしじま>といわれる古代神。エルヴァート最初のイモータルの一人であり、混沌のプールから最初に生まれた(と彼自身は考えている)無秩序の領域のイモータル。名実ともに最強のイモータルの一柱である。古えの聖魔大戦でラ・リューンに虚無の獄へと幽閉された。これは<古き者>による記憶の改竄であり、実際には別の宇宙でイモータリティを得た存在である。「子供」とされるアルカディル、ラウドロップ、アルドヴェアはオルクマルドがモータルだった頃の実子であり、オルクマルドに続いてイモータリティを得た。
    1,629年、強大な魔術によって復活しかかったが、アンドリュー・フェルナンドやアザワイズ・テレビジョンを始めとしたパーティがルーンワールドを訪れ(実際はセイリアン・ダルスによる召喚だが)、それを阻止している。
  2. エルヴァートの夜空にある星座のひとつ。

オルグレオス(Olgreos)

クリアナの従者で戦士。ライトネア人。彼女とともに恐怖地帯に入り、抜け出せなくなっている。

オルゲイ・ウンハット(Olgei Unhatto)

スニルナ千島帝国第二代皇帝。建国者オランドの懐刀と言われた将軍で、オランドの死去に際し息子ウヌガバスを差し置いて皇帝に選出された。1,609年に死去し、ウヌガバス・が即位したが、スニルナはその翌年からスメル帝国の侵攻に喘ぎ、ウヌガバスはクアンナムの戦いで戦死する。

オルサリア(Olsaria)

テレジーナ聖教で副神(テレジーナの妻)として信奉される神。時間の領域のイモータル。<僧侶神>。カンスラ密教ではオルサリスとして信仰される。カンスラ密教への導入は560年。

オルサリス(Olsaris)

オルサリア

オールス(Orls)

ミティール4世

オールソン(Allson)

  1. エルスルム王国のオールソン氏族の街。人口36,000。
  2. エルスルム王国のアルフ氏族。現氏族長はダヴィードゥ・オールソン。

オルソン・ガリハック(Olson Garyhack)

ジェトール王国テンプルナイツ。剣の腕ではリーダーだったグルマイン・ドラムストスをしのぐと言われた。フェルナンド・ジアザー連合との戦いで戦死したが後に復活し、弟のカイとともに縁の深かったマデイラ・レアルド(王国の伯爵)を頼ってレアルド王国に仕官している。

オールティア・ケイダント(Awltia Kaydant)

ヨーンのエルメラン教会教皇マーシャスの妻。かつての冒険者仲間。旧姓はスターウェイ。

オールティア・スターウェイ(Awltia Starway)

オールティア・ケイダント

オルディナリアン(Ordinarian)

  • ヒューマノイドの1形態。カバ型のトットーとサイ型のアダーがいる。
  • パキダミオン

オルトレー(Altray)

1,614年年初のジアザー(現アマリス)・ファームズ戦争(ファルクラム会戦)の戦後にファームズがジアザーに割譲した土地の総称。ブラックピーク山脈からクレストス方面を含む広大な土地で、産業成熟度などはかなりのもの。

オルトレー国立大学(National college of Altray)

アマリシア帝国で最高位の学府。ジェローム・ル・ミュラもここの卒業生。

オルトレス(Oltres)

ナイトメア連合王国。陸軍第一師団長。戦士。

オルドレスティ森(Forest of Oldresty)

Overview参照。

古い言葉では「地の森」を意味するテリアフィルス。

オルネイオ王国(Kingdom of Orneio)

古代の部族国家。オルネイオは部族としての名前であり、元々は現在のシーラン地方に住んでいた集団である。数十年単位で全体で移動を繰り返し、1,500年以上、様々な者が王となって存在し続けた。B.C.920年頃には現在のアマリス帝国リーン州付近にあり、B.C.906年にアリーシアの船団をアルティオキア(ネアー海)に破ってオージャスから撤退させた。その後北東へ移動、163年に現ファームズ方面を制圧した。その後再び南西へ移動、750年頃には現在のアマリス帝国ブライトン付近のエールヒに移った。761年、エールヒの戦いでライトネアに敗れて滅亡。

オリビエ・ベルーチ(Oliver Berch)

アマリス帝国のブランドの創始者。

オリーボレン(Oliebollen)

ド・トゥ教国史。右大公。アルフミリエル・リンティールの子でメーデールの兄。

オールベック(Albek)

ファームズ帝国、ミュンハイム王国、ローリッヒ男爵領の街。人口40,000。支配者はマイネ・オールベック。

オール・マーシャル(All Marshall)

亡国ロングッド王国で、陸軍第三師団(および第四大隊)長だった人物。大将。

オルモア(Hormore)

ド・トゥ教国史。アルフミリエル・エストールの弟。既に死亡している。

オルモア1世(Hormore I)

1,609年に滅亡する際の、ミストル国王。フレディアの父。

オルラ・モーセネガン(Orla Morsenegan)

アルファ史。ディンロミンナルア1世の妃。ドバヌール王国のアルノ・モーセネガン提督の遠い祖先。AC8年に反乱を起こしたトーリス・リヴェインの恋人だった。

オルラン(Orran)

アマリス帝国ブランジ州の街。かつてはタラステラン王国の首都。

オールレンジスピア(All-range spear)

ラムサダス帝国で開発中の魔法武器。

オーレイン・アルカード(Orlain Arucard)

Who's Who参照。

オーレイン・フェデリオス・ロスティアール・アイアンハルト(Oalain Fedelious Rostiar Ironhalt)

オーレイン・アルカード

オロド・ドライ(Orod Drai)

馬具笊ギルド帝国史。久鞍でスメル帝国から独立しヘル・ドライ王朝の始祖となった戦士。

オワト平原の戦い(Battle of Owato plain)

  1. ヴィデアドがティリンスに攻め込んだ戦い。ヴィデアドは王弟モヨが率いていたが戦死。
  2. メッサル、ヴィデアドがティリンスを二方向から攻めたもの。

なお、オワトはティリンスの呼び方で、ヴィデアドではイング平原。

音楽の国(Land of music)

モクレイン

隠密(Secret commands)

アマリス帝国のものが有名。密命をおびて各地に暗躍する任務をおびた者たち。存在は巧妙に隠されており、普段は下級官吏や一般人であることが多い。アマリス帝国では、現在ハリエット・ジンツァーという17歳になったばかりの少女剣士が隠密頭を務める。

カイア・エルヴィン(Kaia Elvin)

ハマルレアシル・カイドスネスマス

カイア・レアル・ネス・エルヴィン(Kaia Real Neth Elvin)

ハマルレアシル・カイドスネスマス

カイオーン(Kaiorn)

ラムサダス帝国北部の街。古くはヘルメス共和国の首都。パルマ湖を水源とするゴール河と、ミトランド湖を水源とするミトランド河が合流し、サリト河となる地点に存在する。川はローブ海を目指す。

カイオス(Caios)

ローレンス教で信奉される、活力の領域のイモータル。

カイ・ガリハック(Ki Garyhack)

ジェトール王国テンプルナイツ。フェルナンド・ジアザー連合との戦いで戦死したが後に復活し、兄オルソンとともに縁の深かったマデイラ・レアルドを頼ってレアルド王国に仕官している。

カイザー・ホーク(Kaiser Hawk)

アラス流の奥義である強打。アラス自身の命名ではなく、その後の誰かによるものである。ブラックホースは「恥ずかしい名前だ」と行っている。

海上封鎖線(Sea-close line)

テレジナスアート神聖教国が海上に作った封鎖線。

カイスート・ランダム(Kysoot Random)

ヨーン自治区に住む盗賊。トランスの兄。

外政所(Agency of foreign affairs)

アマリス帝国の省庁。所長はブラッディ・ボーグ。

カイゼル・コード(Kaiser Korde)

かつての永世王国26人衆のK。

カイゼルベルク(Kaiserberg)

アマリス帝国白色騎士団、フレールセン中将の旗艦。

海賊の海(Sea of the pirates)

Overview参照。

海底王国

海底王国

カイドセブシ(Caid-Essebsi)

700年代中盤〜後半の千年王国の国王。

カイドス族(Kaidosian)

かつて北ホーメルトの山中に住んでいたとされる、好戦的な部族。既に滅んだとされているが、今でも各山中に住む蛮族たちの中には、カイドス族の末裔を名乗る者たちがいる。

カイナル(Kainal)

  1. アマリス帝国リングコースト州の州都。人口120,000。かつてはカイナル神国の首都。
  2. カイナル神国とその周辺で信仰された神。イモータルとしては存在しない。

カイナル神国(God-land of Kainal)

現在のアマリス帝国カザル半島の北へりに栄えた国。首都カイナルは信奉する神の名。1,614年にジアザー(現在のアマリス)との戦争で併合された。

解放帝(Emperor of liberate)

ラムサダス

ガイラキス草原(Guylukis Steppe)

Overview参照。

ガイラック地方(Region of Guyluck)

アルヴァーナ地方の北。Overview参照。

カイル・ジャクソン2世(Kyle Jackson II)

かつてのフェルナンド帝国最高国防会議議長。引退している。

カイ・ワイナー(Ki Weigner)

Who's Who参照。リッチマン・チャーレンは従兄弟。

カイラー(Kyler)

  1. 闇の女神シルヴァーの持つ武器のひとつ。
  2. 暗黒の女王座α星の固有名。視等級0.77等は全天9番目の明るさ。

カインズ(Kinez)

ドラゴンマウンテンに住む若いドラゴン。アーサー・フェルナンドが訪ねたとき、敵対するわけでもなかったが針路に立ち塞がり、「ウォーターミラーを連れてこい」と言った。

カイント(Kaint)

かつてキルクラクト帝国を脱出した王族の一人で、表エルヴァートに来て1,602年にブランカイント王国を建国した。

カイン・モーサルステット(Kain Morsalstead)

ラムサダス帝国雷光魔術団No.5。魔術師。

カーヴズ・ラグラン(Curves Raglan)

ロングッド王国ラムサダス男爵領からスメル帝国に渡った、尚書の一人。男爵領では陸軍司令官だった。

ガウチッチ(Gauchichi)

モンゴリアン13世の息子。モンゴリアン14世予定の本妻の子ビルトリアンより年上のため、問題がある。

「顔洗ってこいよ、アーサー」('You should better to wash your face, Arthur')

行方不明となったエリカを想って泣き崩れたアーサーに対してブラックホースが発した労りの台詞。アーサーはこれをもって、ブラックホースを真に良い人間であることを認めたという。

火王朝

サーマリ王朝

・パトリッシア(Kaoru Patricia)

アマリス帝国虹の聖騎士団β、緑の将。虹の聖騎士団としての名前はデス・ブルック・ハンブリッシャン。

カカ海(Sea of Kaka)

Overview参照。

科学的経済観察(Scientific economy observation)

ソフィー・シャーロット・ワトキンスが1,621年に発表した論文。

カカ・ササ島(Isle of Kaka-Sasa)

Overview参照。

花霞一矩(Ichikuni Kagasumi)

イットー・カガスミー

花霞一刀斎(Ittohsai Kagasumi)

イットー・カガスミー

鏡(Mirror)

思考の領域のアーティファクト。

カーカラ(Curkara)

ライトネア王国の街。人口150,000。

河岸の大学(Riverside university)

バビロン大学

カクトリン(Kactrin)

カトリス

影騎士

影騎士

カザール(Kazaal)

ホーメルト南島にあった国。首都アルトジン。メッセル王国に滅ぼされた。

カサ・アンシャ(Kasa Ansha)

コリントの古語で「湿原の魔王」。コリントに広がる大湿原のどこかに時折出現しては周辺の街を悩ませていたが、シルヴィア・タランティスに倒される。

カザス(Kazas)

ファームズ帝国サリトル王国の街。カザス家の根拠地。

笠土師徳執(Kasatoshi Tokutori)

馬具笊帝国史。1,590年に不惑斗を倒して馬具笊ギルドの全権を掌握するも、程なくして死亡し、その後嘉那須熱海による統一までの混乱期となった。地方によってはトル・カサトとも。

カザフ(Qazaq)

ウイレヌの10代目の大ハーン。テミル族の戦士。19歳での大ハーン選出は現在でも破られることのない最年少記録であるが、わずか28歳で冷風感症にかかり、病没した。

カザル(Kazal)

バラカンス王国主席魔術師。とはいえ、魔術師としての実力は元帥のヴルチェクの方が上である。

カーサン(Kursan)

クルート連邦で産出される金属。クルート連邦では産出量が豊富で、銅の代わりに硬貨にも使用されているが、他国ではまったくといって良いほど産出されず貴重品であるか、そもそも知られていない。

火山王国

火山王国

カサンドラ・ファームズ(Cassandra Farmes)

ファームズ帝国テセウス男爵の妻。メレアグロス対人長官の娘。ステファニアの妹。

カサンドラ・メレアグロス(Cassandra Mereagros)

カサンドラ・ファームズ

カーシェルツ(Cursheltz)

イーストフェリア帝国・マインフェリア王国軍団長。

カーシャ・ダンクノック(Kasha Duncnoc)

コリント王国ダンクノック公爵グラスリードの娘。

ガシミール・ゴラン(Gashmir Golan)

盗賊団<黒き円卓の騎士団>幹部だった男。

カシム(Kasim)

シリア人。アルバート・フェルナンドの絵を盗み出す。

カズカ・ラーヴェイ(Kazuca Ravay)

シトカ王国前国王。ジュジンカ、マジンカ、ラガルカ、ラーズィの父。ミッツィは第二妃。

カスター・クロスフィールド(Custer Crossfield)

フェルナンド帝国中央情報部次長。大佐。

ガスター・ワインバーグ(Guster Wineberg)

フェルナンド帝国陸軍第二師団第四連隊長。少将。1,620年、モーリンの乱の鎮圧部隊として出撃。

ガストラ(Gastra)

ミラード帝国の街。

ガストラの戦い(Battle of Gastra)

ミラード帝国史。1,431年の皇帝による号令でシェリンヒ討伐を実行していたが、1,434年にガストラの街郊外で敵の待ち伏せに遭い、全軍の6割を失うという大敗を喫する。ミラード軍は総崩れとなり、翌年には首都ミラードが陥落寸前にまで追い詰められた。

カストルミンス(Kastorminse)

クルート連邦海軍第二艦隊司令。

カスパー・フォン・シュミット(Kasper von Shmit)

かつてのドバヌール王国陸軍師団長。上級大将。陸軍総司令。対フェルナンド戦時にはデスクワークになっていたこともあり、戦死を免れている。

カストレー・ワイル(Castlay Wyle)

アマリス帝国。国歌である「君がため鐘を鳴らそう」の作詞。1,592〜。

風の乙女(Maiden of wind)

シルフ

風の神(God of wind)

アルト

風の剣(Sword of wind)

ファームズ帝国ガズローン近郊の谷にある、シルフの集まっている場所にあると噂される古代の魔法剣。

風の村(Village of wind)

ペール

河川神(God of rivers)

テュリス

カゼンタイル山脈(Kazentile mountain range)

サバト山脈の南側。キルクラクト帝国と暗黒の領域を分けている。

カーソルティック(Cursoltic)

ナーガ

カーター・クリムフォード(Curter Crimford)

ラムサダス帝国軍務尚書ジョン・エドワード・クリムフォードの父。スメル帝国崩壊後の民衆蜂起で虐殺された。

カダッシュ・ウッドノート(Kadash Woodnaut)

モクレインに住むドワーフの代表。

カータリー(Kartaly)

かつてホーメルト南島にあったラスアル市国の指導者。戦士。

縣里神醍亀(Katarigami Daiki)

綺屋都の名家縣里神家の当主。中の良かった黒羽凰古人からギルドの危機を聞き及び、ラムサダス帝国による併合後も縣里神家を存続させた。

カダルドス(Kadaldos)

物質の領域のイモータル。地底王国の主人。ドワーフの神のひとりで、モータルの頃の名はボリス・ロックメイカ。「山の神」とも。

カタロニア(Catalonia)

時間の領域のイモータル。モータルの頃の名はレイモント・ミュンハイム(ファームズ14世)。

カッター(Cutter)

イーストフェリア帝国陸軍第七部隊長(マインフェリア)。

カッサン(Kassan)

ド・トゥ教国、ジェミル右大公の息子。ジュリアの弟。次期女王フェイミールの夫。フェイミールが即位するとともに王となる予定。知性は低く暴力的で祖父(メイヤー前右大公)と父の威光を笠に着て威張り散らす。彼らの操り人形であり、フェイミールを自由にできる立場であることに満足している。

ガディ・サーガ(Gaddy Saga)

ノブルランド〜ジアザー帝国の男爵。アンデッド実験を娘エリーに施し、失敗してヴァンパイアを作り上げた。ヴァンパイアはキングスパーティに倒された。

ガディス・ラウル(Gadis Raul)

スメル大陸北部、現在常緑の平野と呼ばれている場所。かつて呼ばれていた「死の荒野」のスメル語名がガディス・ラウル。

ガディス・ラウルの戦い(Battle of Gadis Raul)

第二次コルコランド戦争の折、ジャック・シュナイダー率いるミトランド軍をスメル帝国が大規模挟撃した戦い。シュナイダーは敗北し、重傷を負いながら逃げ延びる。

カティノ地図(Katino maps)

ヨーンの地図商。

カディム・ウル・ハリス(Kadim ul Haris)

レッドシティ前市長。レッドシティ内乱で虐殺される。

カティラ・ラ・フロアレス・ティルノ・レ・ミルハ(Katira Ra Froyless Tirno le Mirch)

ラムサダス帝国にいる力ある女魔術師。言語学者。

カティン(Katinn)

古代神のひとり。思考の領域。ただ<老人>と呼ばれる。人の深い内面を見通すことを得意とする。

カテランレス1世(Katelanres I)

古代ミラルトアメンラー王朝群第29(カテランレス)王朝の初代。B.C.399年に王朝を創始。

カテランレス2世(Katelanres II)

古代ミラルト最後のファラオ。アメンラー王朝群第29(カテランレス)王朝の第2代。BC390年にランドールに降伏する。

カテリーナ・ファルマス(Katherina Falmas)

アーサー・フェルナンド皇帝の妹、クラウド・ファルマス元帥の妻。子供の頃は自由気ままに生きる兄アーサーに対して、あまり良い感情を抱いていなかった。これは弟のジェフリも同じである。しかし、ある時を境に彼らはアーサーに心を開くことになる。ジェフリはその後再びアーサーとあまり会話しなくなって自分の塔に閉じこもりがちとなったが、カテリーナはそのようなことはなかった。アーサーは一の従者であったクラウドとカテリーナを結婚させることにした。

カテリーナ・フェルナンド(Katherina Fernand)

カテリーナ・ファルマス

カドモス・ハーディル(Kadomos Herdil)

アルファ人民共和国陸軍境。41歳。

カタリーナ・フェルディナンド(Katarina Feldinand)

Who's Who参照。

ガーディル・イルナス(Gerdil Irnus)

アルファ人民共和国海軍第四艦隊司令。戦士。

カーテローゼ・フォン・ファイゲル(Katerose von Feigel)

フェルナンド帝国陸軍第三師団長。中将。剣の強さもさることながら、「鉄壁」とも言われる防御の巧みさが高く評価されている。

エルドレス系で生まれは現アマリス帝国のクリームタウン。10歳のときにヘインへ移住し、15歳で陸軍に参加。彼女は剣を好んだが、「防衛司令官」とされて後方勤務を押しつけられた。混沌戦争後にマヴェルキュルスに身を寄せていたが、サミ動乱を起こしたバンドが彼女を勧誘する。このとき彼女はアーサーが死んだと考えていたために新しい王がジェフリだと誤解し、バンドからアーサーのことを聞いてもすぐには信じられずに断った。後にアーサー自らがクラウドを伴って彼女の元を訪れ、王国への参加を決意する。退役したウィリバール・ヨハン・フォン・メールッツの息子ユリウスを夫とし、アルベルトを養子としている。

カート河畔の戦い(Battle of Kirt river)

ダディスがモルフルを滅ぼした戦い。

カート河(Kirt river)

ファームズ帝国北辺を流れる川。現在ではフォルビア河と呼ばれる。

ガードナー・メディール(Gardner Mediel)

テレジナスアート。ローランの祖父で前の前の指導者(テレジーナの僧侶)。次代ヨートンの父。

カート文明(Kirt Civilization)

現在のファームズ帝国の北国境付近を流れるカート河に起こった文明。紀元前9,000年紀。都市国家モルフルはこの付近に誕生した。

カトリス(Katris)

<音響神>として知られる神で、ペンタトニック教ではカクトリンの名で信仰される。「フォーク」と呼ばれ、民の音を司る。カンスラ密教の一柱でもある。思考の領域のイモータル。

カトリネル(Katrinel)

青のラ・リューンのモータルの頃の名。またイスミエルダという名前もあった。ルーンワールドのアルフ僧侶で、ルーンワールドやエルヴァートでは、ラ・メール教という宗教で青のラ・リューンをこう呼ぶ。

カトリン・アミュレール(Cathlin Amurale)

ヨーンの魔法商「フェアリードリーム魔法商」の看板娘の一人。ヴァレールアルフのアミュレール氏族出身。

ガートルード・フィラー(Gertrude Filler)

コリント王国男爵ジュリアス・フィラーの妹。

カトロード・レオフリック(Katroad Leofric)

ミラード帝国皇帝グランバートの弟。

カナヴィット(Kanavit)

ド・トゥ教国史。左大公。アルフミリエル・アルビールの弟。

カナ・グウィンバード(Kana Gwinberd)

フェルナンド帝国元提督ナジャール・グウィンバードの第一夫人。第二夫人サトミの姉。

カナ・リンウッド(Kana Lynwood)

カナ・グウィンバード

カナルガド(Canalgad)

ヘイゼクス王国の首都。人口110,000。

カーネリア・ボリビンス(Carnelia Boribuins)

1,623年に「フェルナンドの平和」を作曲した女流作曲家。

カパック(Qhapaq)

エス・ヘルデナドの前王。1,629年に32歳の若さで死去し、一人娘のインティが12歳で女王として即位した。

カパリ公国(Principality of Khapari)

ハルマヘラ公国群の一国。現在の藩王はハリシャ・カパリ、首都はサーガル。

カーブ1世(Kurb I)

カーブ・ドレックス

カーブ2世(Kurb II)

スメル帝国ドレックス朝第六代皇帝。

カーブ3世(Kurb III)

スメル帝国ドレックス朝第九代皇帝。国内反対派によって暗殺される。

カーブ4世(Kurb IV)

スメル帝国ドレックス朝第十一代皇帝。ホーリックアルフによって暗殺される。

カーブ・ドレックス(Kurb Drex)

スメル帝国ドレックス朝初代皇帝。カーブ1世。草原の騎馬民族より授かった高速騎馬戦術で瞬く間に版図を広げた。イモータル、エルヴェイルとなっている。

ガブリエル・プリンチプ(Gabriel Printipf)

ラムサダス帝国海軍皇帝麾下艦隊(R艦隊)幕僚。

カプルカント王国(Kingdom of Kaplecant)

かつてホーメルト北島に存在した国家。首都ミファイエル。最後の王はレンクス6世で、1,594年に共和制に移行した。ただしレンクス6世は執政官となっただけで、実質的にはあまり変わらなかった。

カプルカント共和国(Republic of Kaplecant)

かつてホーメルト北島に存在した国家。首都ミファイエル。1,594年にカプルカント王国が共和制に移行したものだが、その後アーリン・セーレントゥスによるアンデッド襲撃を受けた。キングスパーティによって解放された後、支配権をジアザー・テレビジョンに委ねてジアザーランドとなった。

家宝の腕輪(Ring of ancestor's treasure)

ラムサダスがはめていた腕輪。イルゾニアアルフの祖、サイアノル・フィンが闇の神ビッボオルゥから授かったもので、真の名は「トローゴル・リング」という無秩序の領域のアーティファクト。生命素を吸い取り、子供が生まれるとそちらに移って親は死に、代わりに子供に絶大な力を与えた。1,000年前にタイムワープしたラムサダスがエルメランの力で破壊してもらっているので、ラムサダスは子供を設けた今も健康である。

トローゴル・リングの制作者はビッボォルゥも知らない。実際には<古き者>が作ったものである。ビッボォルゥは長い探求の末にこれを入手したが、その魔力のすべてを把握すると自身のゲームに用いることにした。

カマルパラ公国(Principality of Kamarpala)

ハルマヘラ公国群の一国。首都はマルケド。

カーマン(Curman)

アルジャストレル帝国皇帝。魔術師。初代皇帝ミズラ・ギールの娘、最後の皇帝プレルビーの母。

カーマントー州(Province of Curmanto)

ラムサダス帝国の州。州都はカーマントー。

神(god)

公式D&D®では「神の腕(Arm of the god)」が「イモータルの腕(Arm of the immortal)」に改められたように、概念としては消失しているが、エルヴァートでは地球でいう「神」と同一の概念として存続している。「イモータル」が多くの戦いや探索・探求の果てに存在する不死の存在であるのに対して、「神」は信仰の対象としての死ぬことのない存在であり、実在しない神もいる。またイモータルすべてに信者がいるわけでもない。

イモータル

獣神(Beast-god)

エルヴァートの創世から生き続ける太古の種。その力は通常の神、つまりイモータルに匹敵するとさえ言われる。銀竜、飛馬の王、金鷺、鳳凰の君などが知られている。計16の獣神がいる。

彼等の性格はすべてニュートラルであるが、虚ろいやすく、いつ混沌となるか、法となるか判らない。

カミア(Camia)

ホーストヘルン帝国、北方バリアル王国群の一国。首都はアミル・ヌーア。国王はオドルキン。

神々の戦い(Battle of Gods)

1,500年代にマルコ・ファストリが作曲。

神々愛でしもの(Beloved of gods)

セルミアス・ミルフ

カミザ頭痛(Kamiza Headache)

カミザ地方で主に流行する病。

カミザ農業専門学校(Agricultural college of Kamiza)

カミザにある専門校。アーサーの従兄弟であるアーノルドが通っている。なお、フェルナンドにおいて「専門学校」とは国の支援を一切受けていない私立の学校を意味する。

カミザ平原の戦い(Battle of Kamiza plain)

テレジナスアートがアリーシア・ローム連合軍を破った戦い。テレジナスアートの北島統一。

カーミ・ズィエンヴァー(Karmi Sehenwahr)

ミア・ラマルクの忍者。

カミュ・サンジェルマン(Camille Saint-German)

アマリス帝国司法所所長。

カミル(Kamille)

聖銀河騎士団の一人。<緑の瞳>と呼ばれる。

神の背(God's back)

アルヴァーナ地方の一部。Overview参照。

神の帳(Curtain of the Gods)

表裏エルヴァートを隔てる壁。Overview参照。上空1,000マイルまで影響する。そこまでの高さであれば、壁を通して見ようとしても視界がぼやけてしまう。中立のイモータルであるヴァンディオームが制作した超巨大アーティファクト。現時点でこの高さを超えるものはメロスらが管轄する「イモータルの目」5基(20,000マイル超)だけである。

上代の世(Ancient rule)

太古、セイレイ大陸にあったアルフ国家のこと。中心地はクリュース。その実態、ノーソリアやヴァンガードの王国(セレドリム)などとの関係は一般的には知られていない。混沌の女神リリスは、モータルの頃上代の世を開いたセントリー・フェルサンの娘だった。

神は救いたもう(Gods save you)

紀元前後、レシュテヌス作曲による賛美歌。

カムノン(Kamnon)

ミラード帝国の街。人口150,000。支配者はダラカン。

カムリス(Kamris)

モルドリウス

カメオ・パスチニ(Kameo Pastini)

モンゴル大帝国やり部隊隊長。

カメト(Kameto)

ティリンスの王。

カメーノ・ガイヤーン(Camano Guyarn)

紀元前、コリント帝国を支配した将軍家の一人。

カーメラデュス(Karmeladys)

ドラゴンマウンテンに棲むシルヴァードラゴンの古龍。気性が荒く、一般的には最強のドラゴンと呼ばれる。

ガヤ(Gaja)

エストメスランド連邦の一州ラドリムの州都。

カーライヒ・イングリス(Karreich Engliss)

スメル帝国の艦隊司令の一人で、大岱方面を管轄した。戦士。剛直で無能、短気、粗野。女性蔑視。大軍で相手を叩くことに執着し、なんら頭を使うことがなかった。このため、彼の部下であって現在ラムサダス帝国の海軍総司令となっているマックス・シュパンなどは、「鼠をチーズの棒で滅多打ちにした」と評している。軍では暴行事件を多数起こしていたが、主に金の力で不問に付されてきた。

妻は酒場で買い取ったリディ(・ヘイスティングス)であるが、奴隷同然の扱いで死ぬまでこき使った。ジョディ・ファリアルとエティスの父であり、シェリー・ミュリエルの祖父。

1,612年に自宅で自殺したとされているが、実際には前年死んだリディの代わりをさせようと娘エティスを寝室に引き入れ、悲鳴を聞いた息子ジョディ・ファリアルに殺害されている。

カラール(Karaal)

ラムサダス帝国のパルマ海沿岸の都市。

カラールの戦い(Battle of Karaal)

スメル帝国史、アルフ人間戦争。966年。

ガラウーダ(Garauda)

モンゴリアン13世の娘。すでに死亡している。

カラス(Crow)

ブラッディ・ボーグ

ガラティス1世(Galatis I)

前アイオリス首長国の統一王。

ガラティス3世(Galatis III)

750年頃の前アイオリス首長国の首長。

ガラティス8世(Galatis VIII)

本名ガルティール・エーヴリング。エーヴリング首長国の首長。

ガラド・アズガグ(Galad Azgag)

ホーメルト南島、ブーランド砂漠のアズガグ族長だった人物。エウグラゼ族との戦いで戦死し、親族の男は皆殺しにされた。現在はエウグラゼの次男が娘婿として継いでいる。

カラドリウス(Caladrius)

思考の領域のイモータル。グリトニルがイモータリティを得た唯一の例。

カラニウス(Karanius)

ナイトメア連合王国陸軍第四師団長(ナイトウィスパー)。戦士。

ガラニシュ・エヴォン(Garanish Evon)

アルファ史。テレンス・ラウディス王子のおかかえ魔術師で、自身を即位させるはかりごとのため、ディンロミンナルア6世に仕えさせた。バラカンス侵攻を献策し、同時にバラカンスにその情報を通達した。なお、テレンスはこのときわざと侵攻に反対し、叱責を受けて後に自身が正しかったことを証明するように画策している。

ラチャ・イリジアロスに率いられた軍はテレンスの意図通りにバラカンス領内で敗れ、遠征は失敗に終わる。テレンスはディンロミンナルア6世に譲位を迫り、引退させている。

しかし、すべてを知っているガラニシュを、ディンロミンナルア7世となったテレンスは生かしておかなかった。即位から1ヶ月と経たず、ガラニシュは皇帝の手のものにより暗殺されている。

カラバル・プレステア・ネスア3世(Calabar Prestea Nesua III)

ネスアハン王国最後の国王。戦士。

ガラフ・ズィーネン(Garraf Zyenen)

かつてのドバヌール王国提督。旗艦はルカードル。

ガラリアル・エルスティ(Galarial Elsty)

前エルスティ氏族長ダニカの第一妃。現氏族長ミルカにとっては育ての母にあたる。

ガーラン・クリスティ(Garlan Christy)

ジアザー・テレビジョン

ジアザー前皇帝の影武者の一人。実際、ジアザー本人がガーランとなって行動していたこともある。

カーランサ(Curransa)

ラムサダス海軍。中佐。

カランハ(Karanha)

イヴァン帝国イヴァン26世の長男。パラリアーナ、ドレンアークの兄。テルトテラン教の僧侶。スメル帝国侵攻によるイヴァン帝国滅亡時に死亡。

カリアシュ・ピアデス(Kariash Peerdeth)

ファームズ帝国ミュンハイム王国の男爵。ライシュの父。

カリアト(Kariat)

ケルマド教国の首都。人口82,000。

カリアロス(Chariaros)

かつてのライトネア王国提督。1,615年に引退。

カリヴァール(Karival)

ミラルト王朝の古王朝レーダニル王が所持していたとされる宝剣で、「一閃竜を屠る」と謳われた。

カリオペ(Cariope)

ルミスデン9天使のひとり。

ガリー首長国(Emirate of Gurrie)

かつてミトランド湖の沿岸にあった国。ミトランド三国同盟の一角。首都ダイーン、最後の支配者はネカリス・ザ・ストロングブロー。第二次コルコランド戦争で滅亡。

カリナ・アウスタローバ(Karina Austarova)

  1. カイ・ワイナー
  2. ミネス国王カールのもと恋人。

カリナ・ドゥ・マシェルラヴィユ(Karina de Masherlavie)

カイ・ワイナー

カーリ・プリヴィティ(Kari-Priviti)

コルコランド東方に残る古流剣術。抜刀を基調とし、その速度と効率とは他の追随を許さない。古くはドール地方、そして海の王国から来たらしい。

カリマ・イオン・アインシュタット(Karima Ion Einstadt)

Who's Who参照。

カリマル・モドラス(Calimar Modras)

ダスト・カルミナのブラックアルフ。イシュタルと同族だが近い親戚ではない。種族としての限界に近いため10年以内には死ぬだろうと言われる。

カリミア・レイフィス(Kalimia Layfis)

Who's Who参照。

カリュース王国(Social kingdom of Kaluce)

かつてホーメルト南島にあった国家。首都カリュース。混沌戦争で滅亡。最後の国王はグレノルブ。

カリュティヌス(Charytinus)

かつてのライトマイ王国将軍。1,614年に任じられ、1,621年に死去。

カリュプス教(Khalyps religion)

古来ライトネアの英雄モルドリウス(カムリス)への信仰。

カリュブディス(Charybdis)

裏エルヴァート、海賊の海付近にいる巨大な海獣。同じ海域にはスキュラという海獣も住んでおり、船はその中央を通らなければならない。

カール(Carl)

  1. メルメトン2世
  2. フェルナンド公国パニアゼミナール気象地学担当。

カール・インファナド(Carl Infanad)

亡国ロングッド王国で、モウル市長を務めた人物、男爵。戦士。また王国第一師団第二大隊長およびその第一中隊長、大将でもあった。メルメトン2世と同じ名であったことで、よく話もできた。混沌戦争で戦死。

カル・エマン(Kul-Eman)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国、ロロー王国の首都。

カルカドネ(Kalkadone)

ホーメルト北島の街で、旧セミルセシア国の首都。Overview参照。

カルカドネの戦い(Battle of Kalkadone)

ホーメルト王国がテレジナスアートを破った戦い。

ガルガンテュア(Gargantua, the mad wizard)

スメル帝国を1,000年にわたって騒がせた魔法使い。最後にはラムサダスによって倒されている。

カル・キルク(Kul-Kilk)

ホーストヘルン帝国、キルクラクト帝国の首都。

カール・クライアン(Carl Cryan)

Who's Who参照。

カール・クルーザス(Karl Krusas)

  1. アイスラント国王ヴィルヘルムの弟。魔術師。
  2. 1,000年代のアイスラント国王。

カールグレン・スティグリッツ(Carlgren Stiglitz)

元コリント王国伯爵。2代前にオージャス大陸ヘレネスから移住。ハレスガード王即位時に不正蓄財の罪により一族郎党国外退去処分となった。

ガルゴールド・ギヌス(Gargold Ginus)

ロングッド王国。戦士。

カール・スルヴァラン(Carl Sulvarant)

フェルナンドの画家。「娼婦たち」(1,581)など。

カール・スロール(Carl Throl)

並行世界ミネス、ミネス王国国王。戦士。

カル・ゼンディ(Kul-Zendi)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国、ゼンドロ王国の首都。

カルチェイ・ヘグダ・テレビジョン(Karchei Hegda Television)

アマリス帝国皇太弟。先帝ジアザーの次男。家族名は忠。1,630年、フェルナンドのアーサーに預けられる。

ガルツィア・ラッチェリーニ(García Lacellini)

シュレーンの支配一族の前当主。1620年に死去している。

カール・デア・グレイメンター(Karl der Gray mentor)

Who's Who参照。

カルティス・スータン(Kaltis Sutan)

ロングッド王国史。995年に首相に選任された。1,007年に南島の征服が完了したことで国民共々歯止めが効かなくなり、翌年にセイレイ大陸のシリア王国に宣戦布告、侵略を開始した。1,012年にヴァルジの戦いで大敗したことが知らされると翌年に首相を解任、最後の首相となるブート・カッシートに引き継がれた。

ガルティール・エーヴリング(Galtil Avering)

ガラティス8世

カルドレア・アサハルデルン(Kaldorea Asahalderun)

Who's Who参照。

カル・ナー(Kul-Kna)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国、ナー王国の首都。

カルナック(Kalnack)

アマリス帝国ブランジ州の街。かつてはスランド王国の首都。

カル・ヌーイ(Kul-Nui)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国、イギル王国の首都。

カールハインツ・マガラス(Karl-Heinz Magalas)

エミーリア・フォン・ルエンカシフォンの夫。元コルコランドの伯爵。

カール・ハルフォード(Carl Hulford)

ロングッドの画家。光を満たしたような美しい絵で知られる。

ガルフダイナー(Gulfdiner)

アマリス帝国で開発中の非魔法ウイングファイターのひとつ。

カルプトン(Calpton)

名前は文鳥。マッツェルの完成バージョンとされ、アマリス帝国主力ウイングファイターのひとつ。

カル・ベイ(Kul-Bei)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国、ペトン王国の首都。

ガルボア王国(Kingdom of Galboa)

スメル帝国史。スメル帝国により1,155年に滅亡している。

カール・マイクロフト(Carl Microft)

ファームズ帝国の公爵で、帝室博士。ファームズ26世の義兄(皇帝の姉アレクサンドラを妃としている)。シルフィン、クロリス、サンガリオスの父。シルフィンは夭折している。

カルマック・スルサーン(Calmac Soulsern)

ヘレネス王国<四面鬼>の一人で、王国に乗り込んできたジアザーやフレイミア・サリスファネルを封じるも、脱出された後にジアザーによって倒された。戦士。

カール・マンハイム(Karl Menheim)

エルドレスにいた鎧職人。

カール・メイトリクス(Carl Maytrix)

ノウンワールドダロキン共和国。フィリップの弟。盗賊。

カル・ヤーン(Kul-Yarn)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国、マズカス王国の首都。

カールライヒ(Carlreich)

キュート国の街。人口220,000。支配者はアルザンヒ。

カルロス・アントニオ・ロペス(Carlos Antnio Lopes)

ラムサダス海軍。少佐。

カルロ・ドーン(Carlo Dawn)

グレイウッド周辺の森に住むアルフの氏族長。

カーレ1世(Carre I)

ミストル王国の建国王。

カレイユ・ロシュフォール(Carale Rochefort)

カプルカント〜ジアザー帝国〜アマリス帝国でシャトルカリムを治めた男爵。アイスラント・ノブルランド交換条約でヘレネスに渡り、リンガルの街を新しい領土とした。

カーレイン・オルマンド(Curlane Ormand)

  1. カーレイン騎士団領の初代騎士団長。
  2. カーレイン騎士団の団長が代々受け継ぐ名前。
  3. マイラス・デーモン、ジョセフ・カスリン

カーレイン騎士団(Curlain knighthood)

ティアマト暦元年のシルヴァー事件の最後に、邪神ティアマトがエルメランらによってハイ湾に面した地に封じられた。その際、エルメランによってこの地を遠い未来まで守護することを命じられた騎士団が、カーレイン騎士団である。以来、その使命が途切れることなく続いていることを示すために、その団長は代々初代の名カーレイン・オルマンドを襲名していた。1,614年に封印は解かれ、ティアマトは解放されることになったが、彼らはその事実を知らず、ティアマトがアルファティウスへ向かい、キングスパーティとの戦いに敗れたことすら知らなかった。その後も3年に渡って騎士団はその地に存在した。

滅亡時の団長はジョセフ・カスリンという名で、64代目にあたる。騎士団はとくに人間だけの集団ではなく、アルフやドワーフ、リアノ、ハーフリングが所属したこともあり、過去にはアルフが団長を勤めた例もある。騎士団では隊長および副隊長3名が「聖騎士」と呼ばれ、他の団員はすべて「騎士」である。

カーレイン騎士団領(Dominion of Curlain knighthood)

シュワルナゼの西端、ハイ湾に面した小領。1,617年のドバヌール侵攻で滅亡。最後の代表は第64代騎士団長ジョセフ・カスリン。タリスを首都としたことからタリス騎士団領とも呼ばれた。現在はフェルナンド・シュワルナゼ州の一部であり、タリスはシュワルナゼ州の州都である。

カレス・ハンドロス(Kares Handros)

亡国ロングッド王国の騎士団第二団長だった人物。

カーレ・ピカルディ(Carre Picardie)

カーレ1世

カレブレーゼ・モーリア(Calebrese Maurier)

ヘンリクス卿ボリス・モーリアの父で、筆頭老中ゴビ・ヘッセンの兄。

カレル・ダンクノック(Karel Duncnoc)

コリント王国ダンクノック公爵グラスリードの子で次代の公爵。

カーレル・ハンス(Currel Hans)

メイスン議長のレカントの子。若くしてスメル皇帝シュメール・シャイダーによって殺され、以後皇帝は彼に変装して共和国内を自由に歩いていたと言われる。

カレン(Karen)

カレンティシアス王国を代表する人物に与えられる称号。同時に二人存在することはなく、また常に存在するわけでもない。

カレンティ(Karenty)

カレンティシアス王国の首都。人口46,800。支配者は国王リーン・シルリア。地上にある街はカムフラージュであり、街の方々にある巨大なテレポーターによって地下世界の同名の街と結合している。これはカレンティシアス王国の他の街(愛と夢と幸福の7都)も同様である。

カレンティシアス王国(Kingdom of Karenticius)

Overview参照。地上世界においては北極大陸の片隅にある氷に閉ざされた島国。地下世界においてはサンレール大陸北方に位置する国。地上の国々には知られていないが、こちらが王国の本体である。

可憐な魔女リル・ミア(Pretty witch Ril Miah)

1,000年頃、当時魔法使いだったリル・ミア(現在イモータル)が作曲した自身を賛美する歌。

ガロギアス(Garogius)

ブラウドルの支配者。戦士。

カローナ・ウォーラス(Carona Wallas)

アマリス帝国陸軍オットー・フレールセンの妻。第一師団長スコット・ウォーラスの娘。

カロネギウス(Charonegius)

イモータル カロンのモータルの頃の名。

カロリーヌ・ザ・スターシンガー(Caroline the Starsinger)

カロリーヌ・フィシス・クリストファー

カロリーヌ・フィシス・クリストファー(Caroline Fisis Christopher)

ファームズ帝国史。ファームズ22世の皇女で、ファームズ1の美少女、美女と呼ばれた。シャルル・フランソワ・トールが王女の誕生に際し「フィシス」を作曲して献上した。クリストファー公爵夫人となり、ライオス・クリストファー現実務長官を産む。占星術師あるいは歌い手としても知られ、「カロリーヌ・ザ・スターシンガー」(星歌いのカロリーヌ)とも呼ばれた。その後イモータルとなりメテオール・リムと名乗っている。

カロリーヌ・フィシス・ミュンハイム(Caroline Fisis Munheim)

カロリーヌ・フィシス・クリストファー

カロン(Charon)

<冥王>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。ニブル教、冥王教の神。モータルの頃の名はカロネギウス。

カロン・エーヴリング(Karon Avering)

アイオリス帝国皇帝セリオード3世の弟。1,551年の部族間抗争で戦死した。

カンサス・カミザ(Kansus Kamiza)

フェルナンド王国。カミザ侯ティルスの次男。戦士。無カミザではティルス6世の次男。

ガンスティール(Gunsteel)

フェルナンド帝国ヴァーン州の街。かつてはガンスティール伯爵国の首都。元々はスティールという名だったが、セルビン・ガンが1,476年に独立するに際して自身の姓を付与して新たな街の名とした。

ガンスティール1世(Gunsteel I)

かつてのガンスティール伯爵国の伯爵。本名ブルトン・ガン。1,476年にサイ王国から独立した。

ガンスティール2世(Gunsteel II)

かつてのガンスティール伯爵国の伯爵。本名セルビン・ガン。

ガンスティール3世(Gunsteel III)

かつてのガンスティール伯爵国の伯爵。本名マクホン・ガン。

ガンスティール4世(Gunsteel IV)

かつてのガンスティール伯爵国の伯爵。本名ソイネン・ガン。

ガンスティール5世(Gunsteel V)

かつてのガンスティール伯爵国の伯爵。本名トルセン・ガン。1,544年に即位したが2年で急死し、弟のルーアンが即位した。

ガンスティール6世(Gunsteel VI)

かつてのガンスティール伯爵国の伯爵。本名ルーアン・ガン。5世とは兄弟。

ガンスティール7世(Gunsteel VII)

かつてのガンスティール伯爵国の伯爵。本名フヴェイン・ガン

ガンスティール8世(Gunsteel VIII)

かつてのガンスティール伯爵国の伯爵。本名ニーヴン・ガン。

ガンスティール9世(Gunsteel IX)

かつてホーメルト南島にあったガンスティール伯爵国の最後の伯爵。本名はライジン。1,617年のフェルナンド侵攻時、父のニーヴン(8世)、息子マイネンとともに戦死した。

ガンスティール大学(University of Gunsteel)

商業に特化した大学。サミの大学が近年様々な学科を扱い始めたのに比べ、こちらは商業のみに特化して深化させている。

ガンスティール伯爵国(County state of Gunsteel)

かつてホーメルト南島にあった国家。1,476年にサイ王国から独立したブルトン・ガン伯爵改めガンスティール1世伯爵が、伯爵の称号のまま国家としていた。1,617年のフェルナンド侵攻で滅亡。首都はガンスティールで最後の伯爵はガンスティール9世。

カンスラ密教(Kansuran esoteric cult)

特定の事物を司る31の神々を信仰する。「〜リス」という名の神々はいずれも他の宗教の神々の借り物である。僧侶は31の神々それぞれから1つずつ(術)を行使する力を与えられる。一人で複数のを操ることも可能だが、神から許しを得ること自体が難しいため、大抵の僧侶が使うことができるのは1つだけである。

世界大戦前の「太陽と月」教団で信仰されていたヴァリスへの信仰が細々と生きながらえ、B.C.1,300年頃にルシ・カンスラスがヴァリスの奇跡を体験したことで始まった。その後、少ない信者の中にヴァリス以外の奇跡を示す者が現れ、そのたびに教義に加えられていった。

勘定所(Agency of counting)

アマリス帝国の省庁。所長はオディイン・ルージュ。

ガンドック・ラーディン(Gandock Lerdin)

ヘレネス王国<四面鬼>の一人。ジアザー帝国のアマリシア奇襲時に死亡。クリームドワーフだった。

願望の玉(Wish balls)

スメル帝国のセイム1世がこれを求めて次元遷移し、地球に至った。セイムはそこで同じく地球へ次元遷移していたジアザー・テレビジョンと出会い、対決して敗死した。当時の歴史書ではセイム1世は「謎の失踪を遂げた」ことになっているが、近年ラムサダスによるスメル帝国の歴史見直しでジアザーの協力を得たことで、初めて真実が明らかにされた。

カンムーリ(Kanmoori)

カンムーリ王国の首都。

カンムーリ王国(Kingdom of Kanmoori)

Overview参照。

薔薇(Qiángwēi)

キュート国に住む半人半妖。挲坏瀝出身。

キエ・アマスタ・テレジア(Kie Amasta Telesia)

アマリス帝国ノルアート州知事。

消えたアルフの島(Isle of the lost alves)

シドリス島

森や周囲の嵐は、ここに住むアルフたちが気候変換の儀式を行った結果である。このアルフたちはかつてシヴィルスクを旅立った者たちだが、消息が完全に途絶えたために故郷では死に絶えたと考えられている。裏エルヴァートに属するために表の世界には知られておらず、また裏エルヴァートでもこの土地を知る者は少ない。このため、アルフの由来を知る数少ない者たちからは「消えたアルフの島」と呼ばれたのである。

機械化の先駆(Mechanized pioneers)

ヴァリウス大学

桔梗(Kikyo)

大井ノ門円美桔梗

キクラーク(Kiklark)

ライトハイ王国の街。人口148,000。

騎士(Knight)

レイナルド・ハイエルク

騎士団(Knighthood)

  1. 王制各国が所有する身辺警護のためのえりすぐりの部隊。呼び方はその国ごとにまちまちであるが、「騎士団」といえばその存在理由は一つである。「近衛」というのはこれの派生であり、王族のみならず要人のガードを目的としたものである。ただ実際のところは近衛も騎士団もあまり変わらない。
  2. ロングッド王国の騎士団のこと。ザ・ナイツの項を参照のこと。

(Kizuna)

馬具笊ギルド帝国天皇の末の姫。綺屋都で暮らす、1,630年現在唯一生存している天皇直系(共に暮らす兄春弥は、白野鮫黒人が入れ替わっている別人である。本人は綺屋都の戦いの折、谷に落下して死亡している)。

ギスレ・ダウス(Guisle Daus)

盗賊団<黒き円卓の騎士団>幹部だった男。

キセノス・ライマルキー(Xenos Lymarkey)

かつての永世王国26人衆のX。アルフ。

貴族連合(Noble union)

キリアン連合

貴族連合軍(Force of the noble union)

キリアン連合軍

北シャイアン洋条約(North Shyan-ocean Treaty)

1,622年、アマリシア軍縮会議によって締結された、協調軍縮を目的とする条約。当初参加国はアマリス、ライトネア、ド・トゥ、ラムサダス。ミラードとクルートが1,629年に戦争を終え、この条約に加盟している。

ラムサダス帝国のラマルティヌ宰相がこの条約に「相互防衛」の条項を盛り込むことを提案、これに各国の同意を得る。1,630年のアルファ国際会議の席上、フェルナンド帝国のアーサー皇帝が帝国のNoSTO参加を発表。

1,630年5月、すでに参加国の大半がシャイアン洋に面していないという理由で改名をしてはどうかという意見をジアザー2世・アマリス皇帝が発する。新名称は現在のところ未定。

北シャイアン洋条約機構(North Shyan-ocean Treaty Organization, NoSTO)

1,622年、アマリス、ライトネア、ド・トゥ・ラムサダスの4か国によって締結された北シャイアン洋条約による協調軍縮体制。ミラードとクルートが1,629年に戦争を終え、加盟している。

北エルド州(Region of North Eld)

アマリス帝国の州。州都はディケイター。州知事はユアン・ハリスペント。アプニーズ男爵領を含む。

キタカン1世(Kitakan I)

ナイトメア連合王国、ナイトダーク王国の国王。サドヴァン4世の長男。

北セイアン王国(Kingdom of North Sayan)

かつてホーメルト北島に存在したセイアン王国連合の一国。首都はシーラルカ。最後の国王はペンデンス1世。

北の手(North hand)

ドール島東端の北側。Overview参照。

北の魔術師(Magician of the north)

ヨアンナ・シュヴァルツェンハウエン

キチワラ公国(Principality of Kihichi-wara)

ハルマヘラ公国群の中の一国。

キトラカ・カグ(Kitraka Kug)

ライトネア史。1,300年代〜1,400年代の著名な魔術師。1,401年にシラカン7世が王国に招くが、留め置くことに失敗する。ファームズの少数民族スヴァーティの出身であり、ロックキープが彼の墓所とされる。127歳で世を去ったと言われる。彼の死によってようやくファームズはスヴァーティの地を平定できた。

ギネヒア・サイルスン(Ginehia Sileson)

ルーンワールド・ルーン帝国のサグ。

「機は熟した」('The time coming')

アーサー・フェルナンド皇帝が、大陸統一へと動くとき、居並ぶ将軍たちに向かって口を開き、言い放ったとされる伝説的な台詞。内治は充実し兵士も精強、まさに「機は熟し」ていた。

貴婦人座(Dame)

エルヴァートの星空に見える星座のひとつ。その姿は古代の大白妖精の女王で、<炎の妖精王>ヴァンガードの母であると言われる。ヴァンガードの母にあたるアルフは、妖精郷ラナラントで王たるセンリニールとともに消滅しており、エルヴァートを訪れたことはない。

貴婦人座α(Alpha Dame)

エル・アルフェン

基本暦(Standard calendar)

アレックス・グラント(アーサー・フェルナンド)の提案した暦。シンプルで、すべての月がまったく同じに表されるというものだったが、ホーメルト暦が定着していたこのとき、鼻にもかけられなかった。

キマリ公国(Principality of Kimari)

ハルマヘラ公国群の一国。首都はキマリ。

キミ・イェルト(Kimi Yelt)

コリント王国イェルト公爵マジュロの娘で、グラスリード・ダンクノック公爵の妻。

キャウマダンシャン(Kyau-madan-shan)

モンゴリアン13世の息子。

キャサリン・カミザ(Catherine Kamiza)

無カミザ国の王女。ティルス6世の姫。<月光草>と呼ばれた。兄二人とともに戦士としての修行も怠らなかった。アーサー・フェルナンドがロングッドのフェルナンド侯爵息だった世界では、キャサリンとわずかながらロマンスがあった。当初アーサーが突然訪ねたときにはブルードラゴンを嗾けられたことがある。アーサーに惹かれたが、かなわぬと知るとエルメランの僧侶となって一生を教会に捧げることにした。

キャシー・トレイル(Kasse Treyl)

アラート・サイクス

キャッキャ(Kyakya)

モンゴリアン13世の娘。

綺屋都(Kiyato)

ラムサダス帝国ドール地方にある街。かつての都でもあり、馬具笊ギルド帝国時代の貴族たちが暮らしている(ラムサダス帝国の政策により、貴族特権はほとんど剥奪されている)。天皇家の住まいでもあったが、1,615年の洲界商人軍の侵攻時に皇子皇女が脱出、天皇は自刃した。

碁盤の目状に整備された町並みは、馬具笊人の故郷である耶甫内の首都秋津をモデルとしたものである。

ギャビン・メレアグロス(Gavin Mereagros)

人間長官シノン・メレアグロスの父。ファームズ23世の皇女フルビアを妻として侯爵となった。

キャミー・ドレスコート(Cammy Dresscourt)

Who's Who参照。

キャメラン(Cameran)

ド・トゥ教国史。初代右大公。ドーズールの弟。

キャラウェイ・ミューアームストス(Caraway Muearmstos)

亡国ロングッド王国の騎士団第一団長だった人物。エルメランの聖騎士。

ギャラクシー3世(Galaxy III)

聖銀河連邦(Union of the Holy Galaxy - U.H.G.)皇帝。エルヴァート世界のある銀河系のうち、約1/10を手中にする星間帝国の皇帝。若くして卓越した戦闘技能を持つに到ったが、最近は政務に追われ、その能力を発揮することは少ない。

キャリー・ケント(Carrie Kent)

Who's Who参照。

無鉄砲な気質はあるがいい加減な性格と言うわけではない。

グレースとは入学の8年前に一度顔を合わせている。グレースの家柄を知って、軽蔑するどころか何もかも知りたいと考え、なかば強引に彼女の友人になる。グレースを侮辱する発言をした者を引っぱたくなど、情にも篤い。

キャルル(Carle)

名前の意味はツグミ。アマリス帝国の初のウイングファイター。1,625年に完成している。

キャロライン・ケント(Caroline Kent)

キャリー・ケント

キャンシー民国(People's state of Cansey)

かつて南ホーメルトにあった国家。首都はドムドルラ。ハイ湾を望む西のハイエール河、東のハイミール河に挟まれた地勢。南はアルヴンランドの森。1,617年のドバヌール王国侵攻で滅亡。最後の支配者はアベル・フォルスター。フェルナンドとドバヌールはこの国と西のシュミンドラスト霊国を分けるハイエール河で南島を二分した。

キャンシーの乱(Revolt of Cansey)

ブート・カッシートによる戦時特税法に反発し、1,019年にキャンシーの地で起こった反乱。これは即座に鎮圧されたが、既に反乱ののろしは各地に飛び火していた。

キュアクラブ(Cure Crab)

ロングッド島の<妖精の入江>にのみ生息する蟹。足を焼いて食べると僧侶が用いる治癒の呪文やヒールポーションなどと同様の効果を得られる。一時の乱獲によって個体数が相当減ったことが確認されたため、現在フェルナンドでは禁漁指定にしている。無論、なればこそその法を犯して商売をする者も後を絶たない。

キュー(Cue)

古代挲坏瀝において、紀元前7,300年紀に起こった国家。

旧ジェトール国群(Former Jetool nations)

かつてのジェトール王国が四分五裂した国々の総称。ジェトール王国はフェルナンドらに滅ぼされた後、どの国もその地を接収しなかったため(その隣国アルセンやライトネアとの摩擦を避けた)、貴族や大商人が自身の街を中心に自らの国家を建てている。最大勢力は、マデイラ・レアルド伯爵がニニムルを首都として建国したレアルド王国。大商人ルンガ・デバルを中心としてヌーフで興したヌーフ連合がそれに続く。

かつての戦いの折、たまたま首都シャルルカを離れて外遊していた第三王子セネカが南部メルメの街で王位継承を宣言、セネカ・ジェトール4世を名乗っているが、賛同者は少なく前述の二者やそれに従う者達からは、「丁重に」無視されている。いずれにしても、レアルド、ヌーフですら大国とはほど遠い存在である。

宮廷虐殺事件(Genocide in palace)

1,603年、ロングッド王国で王太子ルイ・ロングッドが大臣やその配下を10数人殺害した事件。ルイはこれをもって幽閉されることになった。数日後に国王ダクトニアン4世は憤死、第二王子カール改めメルメトン2世の即位となる。

キュート国(State of Cuet)

ラムサダス帝国の北西、フレナリック海に面する民政国家。Overview参照。

キュベット(Cubet)

ラムサダス帝国北部の都市。川の名を取ってキュベットと改称。

キュベット河(Cubet river)

サリール山脈を水源都市、ウィクロック森、セイムズ湿地を流れ、ローブ海に注ぐ大河。河口近くにはキュベットの街がある。

キュベット大学(University of Cubet)

キュベットにある大学。政治学が主。

キュベットの戦い(Battle of Cubet)

1,564年、コルコランド独立戦争の戦いの一つ。今となっては知る者も少ないが、現在のラムサダス帝国前皇帝ラムサダスが参加していた。

キュリビノ・エルシーノ(Queulibino Elseeno)

かつての永世王国26人衆のQ。戦士。

キュロース(Curos)

ライトネア王国の将軍。1,621年に任じられた。

キュロスワッカス(Curoswakkas)

ホーメルト南島の街。かつてはキュロスワッカス王国の首都。

キュロスワッカス王国(Kingdom of Curoswakkas)

かつてホーメルト南島にあった国。首都はキュロスワッカス。1,617年のドバヌール侵攻で滅亡。最後の王はデゾン2世。

キール・ポールソン(Keel Paulson)

ラムサダス帝国雷光魔術団

キールマン2世(Kielman II)

ファームズ帝国第一師団長。大将。男爵。戦士。アースグリムの街の支配者。

ギュンター・リッケルト(Gunder Likert)

かつてのドバヌール王国海軍副指令。大将。旗艦はストリンドベルヒ。ノブル沖海戦にて戦死。

強化有翼魔法中隊(Fortified and Winged Magical Company, F.W.M.C.)

ラムサダス帝国の誇るアルフの実戦部隊。その母体はかつてホーメルトに存在したロングッド王国のアルヴンガードであり、ラムサダスが独立して帝国を持つときに、メルメトン2世から譲り受けた。

狂気の兄弟(Insane brothers)

ヌーゲルマルド、レーノイマドラ

鏡像(Mirror images)

  1. 魔術師の使う分身魔法のひとつ。D&D®由来で触れると消失する。
  2. 別の次元に存在する自身と完全に同質の存在。ただし環境によってたいていの場合性格や実力は異なるものとなる。同じ世界の別の時代に存在していた鏡像が、同じ次元に遷移した結果出会うこともあるし(ジアザー・テレビジョンとセイム一世)、何らかの超魔術で次元を超えた結果出会うこともある(アーサー・フェルナンドとその鏡像(名前未設定))。

恐怖地帯

恐怖地帯

教母フレイア(Godmother Freya)

フレイア

強力タイガー(Powerful Tiger)

アイスラントのマジックコンピュータPC-88801SRで動作するTATUJINの前作にあたるシューティング。その桁外れの難易度は、今なお多くのプレイヤーを虜にしている。

巨艦巨砲主義(Big-ship and cannonism)

スロリクトラ・ドバヌールの海軍の主義思想。小さい飛行機を飛ばすより、巨大な艦砲によって一撃粉砕すべし、というのがドバヌール王の信条であった(王妃リサの言である、というものもある)。アーサー皇帝は、「ハンマーでトンボをつかまえられるか」と嘲笑した。だが数年後には、自らの旗艦としてバレラスII級を建造しているので、アーサーも人のことは言えないのかも知れないが。

極黒の翼(Wing of black of black)

エルヴェイル

ギョーム・クーベルタン(Guillaume Coubertin)

スメル帝国・ラムサダス帝国の技師。ヤース大学の教授。RFX-001の設計リーダーとなったが、自身の天才を疑わなかった彼はひどい失敗を経験して解任されることになる。

ギョームトレック(Gömtrec)

無秩序の領域のイモータル。小悪魔とも。

キリアル河の戦い(Battle of Kirial river)

スメル帝国史、内乱の二世紀。1,062年。タロス・シャイツ軍がファンドリア軍を下した。

キリアン盟約(Killian treaty)

ジアザーランド(現在のアマリス帝国)がノブルランドを併合した際、それを不服とした貴族が盟約を結んでジアザーとことを構えたもの。各貴族の集めた軍をキリアン連合軍と呼ぶ。

キリアン連合(Union of Killian)

キリアン連合軍

キリアン連合軍(Force of the union of Killian)

メルヴィル北東の村キリアンに集結した貴族たちが盟約を結び、結成した軍。貴族連合軍とも。尊厳者だったミュルアン・エルヴィンはキリアン連合に合流しなかったが、その勝利に期待して止めもしなかった。また尊厳者騎士団長のジョージ・ジャクソンは、貴族の軍だけで勝てるとは思えず、参加しなかった。キリアン連合に馳せ参じた貴族のほとんどはミュルアンの復権を目指していたわけではなく、単にジアザー・テレビジョンによる特権剥奪に対する抗議のためであった。ジアザーは被征服国の貴族をすべて残してやるほどお人好しではなく、いったんすべての貴族の権利を停止した上で、素行に問題がなければ帝国貴族として存続を許した。その横暴さに業を煮やした者たちが、キリアンに集結して反旗を翻したである。

連合軍と言ってもそのまとめ役となるほどの人物はおらず、構成はでたらめで理論もなにもない烏合の衆であり、所詮は白色騎士団を擁するジアザーの敵ではなかった。ただ、あまりに弱かったためにジアザーは彼らをある程度泳がせておいた。実際に彼らが解体したのは、ファームズ帝国とのイルビジア会戦後である。ヘレネスを滅ぼしたのはただの誤報または本当だとしても運が良かっただけだと考えて彼らは気にしていなかった。しかし、ファームズ帝国という大国を破ったという情報により彼我の力の差を思い知り、大半が降伏した。

キリエ・レッドヒル(Kirie Redhill)

世界楯山脈の山中に一人で暮らす女戦士。その姿は10歳程度であるが、実際には50歳ほどの、この世で最強の剣士の一人である(彼女の寿命は10倍ほど伸ばされている)。ある魔術師が自身の護衛を作るために人体実験を行なった被験者であり、かつ唯一の成功例である。この魔術師は自身の実験による爆発で既に死亡している。

ギリエン・ロイドナード(Girien Roidnard)

フェルナンド帝国海軍第三艦隊司令。中将。娘のデジリーは八星衆のフレイ・ド・カーテルノーズと交際している。

霧の民(People of the mist)

裏エルヴァートズィドラス大陸ユイタン山脈の山中に住む人々。昔から存在は知られているが、人目に触れることはめったにない。

キルカ(Kirka)

アマリス帝国ハイラーク州の街。人口21,000。かつてはメラルド王国の首都。現在の支配者はノブルランドから渡ったトリフレイデス子爵。

ギル・カールス(Gil Karls)

816年に反乱を起こしてホーメルト朝ファイドリアス王を殺害し、魔導独裁政治を開始した。魔術師。849年にポリマス・ラルクスにより倒される。

ギル・カールスの乱(Revolt of Gil Karls)

ロングッド王国史。816年にギル・カールスによって起こされた反乱。ホーメルト朝ロングッドが滅亡した。

キルカ国立大学(National college of Kirka)

キルカにある総合大学。

キルクザルト民族共和国(People's republic of Kilkzalt)

ブランカイント王国を倒して成立した国家。Overview参照。

キルクラクト帝国(Empire of Kilkrakd)

ホーストヘルン帝国に組み込まれている帝国。首都はカル・キルク。現皇帝はサー・カリオイ。

ギル・シャイダー(Gil Shyder)

コルコランド史。ミンス王国初代国王クレム・ミンスの妃。ミンス王国はスメル帝国の衛星国家であり、ギルは当時の皇帝ファニアンの娘である。

キルナイ(Kirnai)

サイアミル共和国の首都。

ギルファ・サルタ(Gilfer Sullter)

アマリス帝国陸軍第六兵団長。

ギルフォード(Gilford)

フェルナンド帝国ギルフォード州都。人口390,000。ルヴァル内海の港湾都市。

ギルフォード州(State of Gilford)

フェルナンド帝国の一州。州都はギルフォード。州知事はパウエル・メニーヒン。

キルミスター(Kilmister)

思考の領域のイモータル。モータルの頃の名はモク。

<銀河>

<銀河>

銀河暦(Galaxy Calendar, GC)

聖銀河連邦で使用される暦。

銀河連合(Galaxy Union, GU)

コリント戦役の終了後、聖銀河連邦とイスロンが中心となって創設した相互防衛同盟。

キングサーモン(King Salmon)

コルコランド地方、ローブ海でしか採れない大型の魚。

キングスパーティ(Kings Party)

ほとんどの構成員が王族であることから歴史家たちが好んで使う表現。

  1. リチャード(フェルナンド王子)、カール(ロングッド王子、後のメルメトン2世)、オールクニル(イヴァン王弟)、ローリンク(騎士、王族ではない)、ファナス(ヴァレールアルフ氏族長子)で構成される。第一キングスパーティ(FKP)と呼ばれる。本来からの王族が多いため、続く第二に比して行動の自由がなかったようである。
  2. ブラックホース(騎士、王族ではない)、ジアザー(後ジアザー初代皇帝)、ラムサダス(イルゾニア王子、後ラムサダス初代皇帝)、アーサー(フェルナンド王子、フェルナンド皇帝)、スロリクトラ(後ドバヌール国王)、リサ(後ドバヌール女王)で構成される。第二キングスパーティ(SKP)と呼ばれる。
  3. 1,615年にラフィニエルが作曲した、第二キングスパーティを歌った歌。

最近では、第二次の子供たちを指し、第三キングスパーティ(TKP)なる言葉も生まれつつある。が、当人およびその親たちはあまりよく思っていないらしい。「キングスパーティの息子娘なら」と考えられがちだからであろう。

銀水晶

  1. 銀水晶
  2. 800年頃、マイケル・ラーダー作曲による賛美歌(The Silvery Crystal)。

銀の髪のシリル(Cylille the silver hair)

シリル・エンティオリア

銀の精霊(Silver spirit)

ムーンクレア教国の巫女銀の教母に憑依している特殊な精霊。

銀の剣

銀の剣

ラメル・クロイエン

金のラ・リューン(Gold La Lune)

ル・ソレイユ

銀のラ・リューン(Silver La Lune)

ナリス

銀のランス(Silver Lance)

エルヴァートの星空にある星座のひとつ。古代ライトネアの英雄トリアリスの持ち物とされる。

キンメリア(Kimmeria)

  1. フェルナンド帝国ロングッド州の街。
  2. フェルナンド帝国海軍トーリィ少将の旗艦。

キーン・レンドルフ(Keen Rendolf)

かつての永世王国26人衆のK。戦士。

クァドリオン(Quadrion)

イーストフェリア帝国軍団長。

クアンナムの戦い(Battle of Quang Nam)

スメル帝国史、スニルナ史。1,610年にスニルナ本島に侵攻したスメル軍と、皇帝ウヌガバス・ダルハッキニー率いる直属軍が激突した戦い。ウヌガバスが戦死してスニルナは崩壊するかに思えたが、王子シオヌールが支えて守り切った。

クィネス・ディアナ・エルキュン(Qwiness Diana Elcune)

元26人衆ナミー・エルキュンの母。ロングッド王国最後の国王であるメルメトン2世の妃レアの妹にあたるが、両親の離婚によって姉妹は引き裂かれ、お互いを認識していなかった。

クィビナ森(Forest of Quibina)

スメル大陸南端ボース王国の西端にある森。森巨人の亜種であるライメンが守護し、侵入者を迎え撃つ。

クイリアララスタース・ソーティアス・テイル(Quiliararastarse Sorthius Tail)

サスタス森出身のアルフ。氏族長マスカリルヤーンシュ・アカリプスの弟に当たる。外界での通称はクイル・テイル。かつての永世王国26人衆のQ。半神に操られたタムサルスに殺される。

クイル・テイル(Quil Tail)

クイリアララスタース・ソーティアス・テイル

グイン・アプニーズ(Gwin Apnese)

ノブルランド〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の男爵。アイスラント・ノブルランド交換条約発効でエルドレスの地へ渡り、バードランドを新しい領土とした。

クイーンエリカ(Queen Erika)

フェルナンド帝国の豪華客船。

ク・ヴァ(K-Va)

Overview参照。

クウィル(Kwil)

<始めの10者>の3番目。大白妖精の伝説によれば、星の剣の素材となった金属は彼が精製したもの、あるいは彼自身とされる。

クーヴィル・アースシェイカー(Kuhvil Earthshaker)

ルーンワールド・ルーン帝国の賢者。

空中艦隊(Flying fleet)

コリント王国の持つ艦隊。ただしその能力は有しているものの、燃料の枯渇を恐れてここ200年ほどは飛行したことがない。

空中要塞(Flying fort)

  1. テレジナスアートを襲った魔術師の所持していたもの。ブラックホースらによって破壊される。
  2. スメル帝国が使っていたもの。聖魔術団のひとりひとつずつ所持していた。スメル・ロングッド戦役などで出現。ふだんどこへ格納してあったのかは、今もって不明である。
  3. 現在ラムサダス帝国で開発中のセレスティアル・パレス。

空風の妖精王(Alfking of the sky and wind)

  1. ダム・ブラーンシュ
  2. マイエル・ブラーンシュ

クエス・ファーランド(Quess Farland)

僧侶。ファーランド術者都市とは関係がない。1,601-。

グエン・チ・ロウ(Nguyen Chih Rou)

元ジアザー帝国白色騎士団師団長。1,620年に引退し、最終階級は中将。スニルナからの移住者とされる。

クォンリー(Quanry)

南極王国陸軍師団長。戦士。

ククル・ミスト(Kukuru Mist)

フェルナンド在住のハーフリング。

くされアルフ(Depressed alf)

ラムサダス

<愚者>

愚者

孔雀(Kujaku)

馬具座教五中神の一柱。イモータル、マラク・タウスの別名。

グスタフ・エデュアルト・シュペングラー(Gustav Eduald Spengler)

かつてのドバヌール王国陸軍師団長。少将。

グスタフ・ヴォルツォーク(Gustav Volzok)

AC300年頃、「エル・メラト」を作曲した人物。

グスタフ・シュタムラー(Gustav Stamler)

ラムサダス帝国相談役。戦士。

グスタフ・ヒルファーディング(Gustav Hilferding)

ラムサダス帝国商務省書。ムートの支配一族ヌルメラの傀儡になりかけている。

グスタフ・フォン・ベック(Gustav von Beck)

ミトランド地方の画家。

グスタフ・マンシュタインベルク(Gustav Mansteinberg)

ノズミー共和国工部長。

グスティンズ・マルボリッチ(Gustinz Malborich)

ノウンワールドに住む魔術師で、ごく短期間エルヴァートに滞在したことがある。元はプレイヤーK-TANのNPC。

クセルサンドロス(Xerxandros)

かつてのライトネア王国海軍提督。1,617年引退。

クセルニヤコフ(Czerniakow)

かつてホーメルト南島にあったメガデス王国最後の国王。現在は旧首都の北にある港町イルダで、制限はあるものの衣食住の心配のない暮らしをしている。

クッキー(Cockey)

コリント王国グラスター家の守護神。イモータルとしては実在しない。

クート・アル・イマラ(Kut al Imara)

ハルマヘラ公国群の首都。

グナトル・カバス(Gunatol Cabas)

アルセン王国現国王マドラム・カバスの兄。前王フィニアスの長男。王太子だったが1,622年に王国中央の沼沢地に住む部族との抗争で戦死した。

グヌーシャ公国(Principality of Ghunusha)

ハルマヘラ公国群の一国。首都はレドワ。

クヌルアレス1世(Knulares I)

ファームズ帝国史。シラカン4世の子でファームズ帝国へ派遣された。ファームズ7世を殺害して自ら帝位に就く。

クヌルアレス2世(Knulares II)

ファームズ帝国ライトネア朝の王。魔術師。アシャス(ファームズ8世)に殺害される。

グノーイス(Gnoith)

地の精霊ノームの王(神)。物質の領域のイモータル。

ク・フリン(Ku Furin)

フェルナンド王国の伝説。

クベ(Kube Yellow)

馬具笊地方の茶(煎茶)のブランド。

熊策(Kumasaku)

熊策。馬具笊ギルド帝国天皇の子。

グライアロンの戦い(Battle of Graiaron)

アルファ史。フラビオ・ラウディスがアイゴス王国を滅ぼした戦い。

クライエル・ビーンコート(Cryel Beancourt)

イモータル アーグナのモータルの頃の名。史上最高の付与術師と呼ばれる。

クライオン(Cryon)

  1. フェルナンド帝国サーマイト州の街で、州都候補。人口90,000。中海に面している。かつてのサーマイト王国の首都。
  2. フェルナンド公国騎士団の一員。

クライシス・ホワイト(Crisis White)

ノウンワールドダロキン共和国。ハーフリング。ホワイト・フォックスとも。

クライソン・ファームズ(Clyson Farmes)

Who's Who参照。元マンダナグル社の総督。現在は息子テセウスがその任に就いている。

クライド・ウェーバー(Clyde Waber)

ナミー・エルキュンの夫。エルメランの僧侶。

クライフ・ラウディス(Clif Loudis)

ディンロミンナルア8世

クライネ・クルス(Kleine Kruth)

クルス・ヴァンピア

グライユ・マルヌ(Glayle Marne)

グレイリー森林の古名。マルヌはグレイリー森林内にある魔法の金床の名。

クラウスの森(Forest of Claus)

ラムサダス帝国の<常緑の平野>の南にある森。Overview参照。

クラウス・フォン・ルエンカシフォン(Claus von Luencashvon)

ザーネヴィルデ・フォン・ルエンカシフォンの父。

クラウス・フォン・ローゼンベルク(Claus von Rosenberg)

Who's Who参照。

クラウス・リーンフェルン(Claus Leanfern)

Who's Who参照。彼が魔術師だったのは、200年以上昔の話である。スメル帝国に住む非常に力のある魔術師としてその名を帝国中に知らしめた彼も、その寄る年波には勝てなかった。魔法の力を持ってしても。それに数百年の命は、真に不死なる存在であるイモータルにとっては由しき問題である。そこで彼は人間を超えることにした ---

ヴァンパイア、あるいはリッチなどの手もあった。しかし彼はローフルの性格を持っていた。そのようになり、狂気に取り付かれては不死を獲る意味がなくなってしまう。そこで彼は非常に高度な魔術を用いてノスフェラトへと生まれ変わった。

現在、彼は日の光、十字架、聖水などのドラキュラ退治のグッズすべてに対し耐性を持つに至った。

クラウソ・ウィッキューノ(Krauso Wiccuno)

スメル帝国史。オクサー大学の一講師。「スメル国民に告ぐ」著。反逆罪で処刑される。子孫のミゲルは現在、ロニール市の市長になっている。

クラウディア・イングリット・ヒュールベルク(Kraudia Ingrid Huleberg)

ニコ・リーゼロッテ・ヒュールベルクの姉。

雲上王国(Cloud kingdom)

Overview参照。

クラウド・クックーランド(Cloud Cuckooland)

雲上王国の別名。

クラウトハマー(Krauthammer)

アマリス帝国東エルド州サティルス男爵領の街。人口22,000。

クラウトハマー海峡(Strait of Krauthammer)

アマリス帝国エルドレス地方、ハリル湾入り口の西側。東側はサルガン海峡と呼ばれる。ハリル州と東エルド州の州境は中央付近を通るが、海の状況の関係でほとんどの船はこのいずれかを通る。

クラウド・ファルマス(Claude Falmas)

Who's Who 参照。

クラガン(Klagan)

12湖の長。120歳を超す魔術師で、取り立てて強くはないが、人格と経験、そして年齢とで他の11人から尊敬を得ている。占星術や神話にも通じる。

クラーク(Clark)

エルスルム王国の街。人口60,000。

クラーク・モーリア(Clerk Maurier)

アマリス帝国ヘンリクス卿のボリス・モーリア伯爵の長男で、皇帝ジアザー2世の妹シェイファー・アダースと婚約。クリームタウンのマイヨール・ルシオン侯爵の妃コゼットの弟。

クラゲイガイ(Krageigai)

スニルナの地名。Overview参照。

クラゲイガイ熱帯夜戦(Tropic night battle of Krageigai)

1,586年、スメル帝国のスニルナ占領作戦を放棄させるに至らしめた戦い。戦力的には圧倒的なスメル軍が、地の利を活かしたスニルナ軍に散々に悩まされたというもの。しかもこのとき、スメル兵の大多数はマラリヤに冒され苦しんでいたのである。すでに勝てる戦いではなかった。

クラーケン(Kraken)

<海の恐怖>と呼ばれたシルヴァー5悪魔の1柱。無秩序の領域のイモータル。1,614年の混沌戦争時に第二キングスパーティにより倒され、消滅している。マリーナウィザーズは彼の僕。アルファティウスおよび周辺では海の神「バルグーン」と呼ばれるバルグーン教の神であり、またホーメルトでは「人間らしさを捨てる会」という一派も存在し、バルグーンを信仰している。

グラサ(Gratha)

ラーサルディ

グラジアス(Gludius)

聖銀河騎士団の一人。<黄金の体現者>と呼ばれる。

クラス1世(Cras I)

かつてホーメルト北島にあったクラスルテル王国最後の国王。建国者であり彼1代で滅亡した。

グラス・ヴォル・アーバイン(Grass vol Ervine)

アマリス帝国アイスラント州の州知事。屈強な戦士。

グラスティース(Grastiese)

パルマ海に面したラムサダス帝国のもと首都。Overview参照。

グラスティース特別区(Special district of Grastiese)

ラムサダス帝国の旧首都グラスティースの街のみで構成される特別区。人口が多いため行政区分「県」には属さない。魔術師ギルド長オクソール・ザ・ワイズが区長を兼任する。

グラスティース州(Province of Grastiese)

ラムサダス帝国の州。州都はグラスティース。グラスティースは行政区分「県」には属さず、グラスティース特別区という名で管理される。

グラスティース大学(College of Grastiese)

グラスティースの古い大学。かつてはツバリ学問所であり、ラムサダス帝の都市名変更と同時に改称された。

グラスティース大空洞(Great dungeon of Grastiese)

グラスティース地下にある巨大な空洞。さまざまなモンスターたちが俳回していたが、アシュラブレイによって掃討されている。

グラスティース大地震(Earthquake of Grastiese)

1,624年、ヤース遷都直後にグラスティースを襲った。またセボ海からの津波もそれに追い打ちをかけた。多数の死者が出て、ラムサダス皇帝は急遽災害特例法を発布して対策に努めた。

グラスティース地下掃討(Cleaning of underground of Grastiese)

1,616年にアシュラブレイが中心となって行ったもの。グラスティース大空洞に巣食っていたモンスターたちを、フレームランチャーなどをもって根絶やしにしたもの。フレームランチャーはこの直後にグラスティース大司教ケニー・ファン・アイクによって封印を施されている。

グラスティース中心街(Central town of Grastiese)

グラスティースの中心街は南北1マイルほどあり、皇帝の居城、聖魔術団のサンクチュアリ、各国区画、中央工廠、闘技場などがあった。現在旧定刻時代の建造物は、大半が取り壊されるか、あるいは改修が行われている。

グラスマカール(Grasmakar)

コリント王国ダンクノック家の守護神。帝国時代にイモータリティを得たダンクノック家の祖先。

グラスリード・ダンクノック(Glasried Duncnoc)

コリント王国侯爵。国王ハレスガードの実弟。

クラスルテル王国(Kingdom of Crasrootel)

かつてホーメルト北島にあった国家。首都はシュプレン。1,616年のフェルナンド侵攻で滅亡。クラス1世が建国し、そのまま滅亡した。

クラソン(Clason)

ティンフィル共和国の前評議長。評議長としての名はロイ・リービット・ヘンドリクスで、シルメリン共和国のポートソン(ロイ・ハラリオン・ヘンドリクス)の弟。男子がなかったため兄の次男であるフィオドル(ハンス・エレフセン・ヘンドリクス)が次代の評議長となっている。

クラックス(Clacks)

ロングッド王国ホーメルト朝第三代国王。最後の国王ファイドリアスの父。

クラックス(Klux)

ノブルランド〜ジアザー帝国でアルケントを治めた男爵。混沌戦争で死亡。

クラックスの頬髭(Whisker of Clacks)

ヨーン旧市街にある古い酒場。クラックス王の御世から存在するとされ、「ホーメルト最古」を謳う。実際にはミティール王に建てられたものであり、ヨーン最古である。

グラッドヴァーン(Gradvern)

アマリス帝国白色騎士団、トインビー中将の旗艦。

クラナ(Krana)

ヴィディ湖

グラーニシュ・ディリアン(Grarnish Dylyan)

エルスルム王国史。父であり氏族長(国王)ラディッシュの元、クレンドワーフに対して最強硬派だったが、スターヒルにおけるドワーフとの戦闘で戦死した。この後、フォーリッシュ・エネルスを中心とする和平派が主流となる。

クラハス・アットレルカ(Clahas Atrelca)

ヘレネス王国伯爵。現在のオーリエン伯リシウス、前クリームタウン候エサールの妃レイシュの兄。ジアザーによるヘレネス併合に際し、唯一組織的に抵抗を試みた人物。ただし敗北することは彼自身にも十分分かっていた。それでもなお、貴族として自身への期待と王家に対する忠節により、他の道を採ることはできなかった。1,612年の末、アブラート・リーン間の戦いでロビン・クリアンストン率いる白色騎士団5師団および白色魔術団と勇敢に戦い、戦死している。ヘレネス貴族の抵抗はこれで最後となった。ジアザーは彼に敬意を表して伯爵領を安堵し、爵位は弟リシウスが継いだ。

グラハム・グラフ(Graham Graf)

フェルナンド帝国セイアン州知事。

クラファイオン(Clafaion)

ヘレネス王国〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の男爵。ロリンズの街を治める。

クラブエリア(Crab-Area)

フェルナンド帝国の街。砂漠の街でかつてはドーム公国の首都。

クラマイヤス(Cramayath)

1,000年紀のホーストヘルン皇帝。モーラ・バラドンの父モーラ・クラマイヤスとは別人。

クラーマン(Kraman)

ド・トゥ教国の街。人口50,000。ケジェロ公が治める。

グラム(Gram)

グラムタウンを建てたとされる伝説的な人物。グラムタウンを建てた後、島を平定しようとする直前に事故死したとされる。

グラムタウン(Gramtown)

ホゴル王国の首都。

クラムホルト・フォン・ニルスヴァニア(Kramhold von Nirswania)

アマリス帝国白色騎士団第五師団長。中将。

クラリア・ラウディス(Claria Loudis)

アルファ史。フリット・ラウディスの妹。

クラリウス(Claryus)

Who's Who参照。

クラリール・ルール・ブラーンシュ(Clariele Leule Blanche)

クラリウス

クラルカメイコ砂漠(Kralkameiko desert)

Overview参照。

クラルカメイコ州(Region of Kral-kameiko)

Overview参照。モーリア伯爵領、フィルスティ子爵領を含む。

クラロス・ファルティアン(Cralos Faltian)

ラムサダス帝国雷光魔術団ラクナティス・ファルティアンの息子。ラックの兄。ラクナティスの母であるシルヴィア・タランティス(アリエッタ・ホーランス)が息子の様子を伺いに帝国を訪れた際、少しだけ会話している。

グランアース(Gran-Earth)

スメル大陸西部の街。ラムサダス帝国カーマントー州の西にある。かつてのクレーブル王国の街。旧スメル帝国の最大版図のうち、この旧クレーブル王国の地(グランアース〜ブラックトーン)およびロッキルムスター、フリーベル方面はラムサダス帝国に併合されていない。

グランアースの乱(Revolt of Gran-Earth)

スメル帝国史。1,602年、前年帝国に併合された旧クレーブル王国の諸侯を中心にして発生した大規模な反乱。「アルフを森へ」をスローガンとしていた。ここで言うアルフは、帝国支配層だったシュメール・シャイダーである。コルコランドへの懲罰軍派遣を目前に控えていたスメルはその作戦を延期し、反乱を鎮圧した。首謀者の殺害までわずか3日だったが、コルコランドへの侵攻延期は8ヶ月である。

クランクス・ローズフェル(Cranx Rosefel)

フェルナンド王国ロウトアー市長だった人物。混沌戦争で廃墟となったロウトアーで生き延びた数少ない人物の一人。

グラン・クリアンストン(Gran Chrianston)

カプルカント王国〜共和国公爵。現アマリス帝国公爵ロビン・クリアンストンの父。

偉大なる星(Gran Sateliana)

ラメル・クロイエン

グランディス・イ・カイル(Grandis y Kile)

<シーカーズ>の参謀。セイリアン・ダルスの弟子と言われる魔術師。<千里眼>とも。

グランド社(Grand Co.)

ラムサダス帝国の民営軍需生産会社。ラムサダス皇帝の命により、事業拡大して国軍の兵器管理を行っている。

グランドスター(Grandstar)

  1. ラムサダス帝国に仕える一族。
  2. クヴァルト共和国にある星の名前。

グランド・バール(Grand Barl)

スメル帝国海軍艦隊司令。大将。セイレイ、ホーメルトへの侵攻軍となった。シリア王国との戦闘で戦死。

グラントール河(Glanntorl river)

Overview参照。

グランバート・レオフリック(Grambert Leofric)

Who's Who参照。

グーラン・ファイア(Goolan Fire)

エルスルム王国ファイア市長。

グランホールの戦い(Battle of Granhole)

エルスルム王国史。559年、シルヴァニアアルフとクレンドワーフが最初に衝突した戦い。

グラン・レンドルフ(Grand Rendorf)

スメル帝国史の西方諸都市の反乱軍を率いた人物。フェーブル市の市長。

クランロック(Clanrock)

パルマ海の北にある細長い谷間。

クランロック会戦(Battle of Clanrock)

ラムサダス帝国史、1,619年。アシュラブレイの乱の戦闘のひとつ。

クリアナ(Cryana)

Who's Who参照。

クリアンストン兵法(Chrianston tactics)

アマリス帝国公爵、ロビン・クリアンストンがその豊富な戦闘経験を持って編み出した数々の戦術について、それを学ぶ者たちが好んで用いる表現。

クリエンド・ラトルス(Criend Raltos)

亡国ロングッド王国で、海軍第七師団(および第十一大隊、およびその第一中隊)長だった人物。元帥。ロングッド王国では軍はすべて師団の通し番号であり、その七番目が海軍だった。混沌戦争で戦死している。

グリジウム(Grisium)

大出力魔法の生成に使用される特殊な鉱石。なぜかモンゴル大帝国に多く産出する。

グリ・シタ(Gri-Sita)

Overview参照。

クリス(Chris)

  1. アマリス帝国クリーム州の州都。人口40,000。
  2. クリスティア・フェルナンドの愛称。とくに母である皇后エリカがこう呼ぶ。

クリス・アヴォート(Chris Avote)

かつての永世王国26人衆のC。僧侶。フレインの兄。

クリスタル・サーペント(Crystal Serpent)

Who's Who参照。

クリスタル・ジェロード・リシュター(Crystal Jeroad Rishtar)

ルーン帝国全軍総指令、帝国エルヴァート大使。ルーンワールド最高の魔法戦士とされ、<漆黒の魔法戦士>と呼ばれる。

クリスタルベイ(Crystal Bay)

レインボーフィヨルドの中心地。

クリスチーヌ(Christine)

エルメラン教の聖人のひとり。

クリスティア・フェルナンド(Christia Fernand)

Who's Who参照。

クリスティック・ジェイラン(Christic Jaylan)

イルゾニアアルフ。

クリスティーナ・エスリーク(Christina Esreec)

クリスティーナ・リューベック

クリスティーナ・リューベック(Christina Lubeck)

ラムサダス帝国陸軍マードル・リューベックの妻。空軍シオン・エスリークの姉。

クリストファー(Christopher)

フェルナンド公国パニアゼミナール美術担当。

クリストファー・エル・ギルフォード(Christofer El Gilford)

1,300年頃、「アウフェルシュテヘン」を作曲。

クリストフ・エゲルセジ(Christov Egelseji)

フェルナンド帝国ロングッド州知事。

クリス・ネヴィル(Chris Neville)

12世紀のコルコランドの魔術師。リエル・シャンメリーのライバル(と彼女自身は考えていた)。天文学においても素人ではなかったが、シャンメリーの研究量に比較できるものではなかった。また、あまり際立った容貌ではなかったため、その点でもシャンメリーのことを良く思っていなかったようである。しかし、魔術のレベルはシャンメリー以上で、氷水系の魔法を好んでいたことから、<寒き女帝><氷の貴婦人>などと呼ばれていた。

一時は永世王国26人衆にも参加していたが、シャンメリーが26人衆だったことはない。魔術師としての実力では比較にならなかったことがうかがえる。

クリス・ライト・フランソワーズ(Chris Light François)

ノズミー共和国内務部長。

グリトニル(Glitnir)

鳥の里に住む二足歩行の鳥類。過去オスメリアに棲息していたリンシェルも、グリトニルに近い種だと思われる。

クリニテルス(Crinitels)

イモータル・シェレナスのモータルの頃の名。リアノ。

クリーネック・ドゥ・ロシェーリア(Kreenec de Rosherrier)

ロシェール王国王子。

クリ・パスニャ(Kulli P'asña)

エス・ヘルデナドの王家に伝わる魔力。父または母が王位に就いた時点で顕在化し、それまでは完全に眠っている。このため、たとえば降嫁した王の妹の子供たちにこの力が現れることはない。彼らの言葉で「紫の娘」。

グリフィン(Griffin)

アリフレタ・ルビアン

クリフレイデス(Crifreides)

シラカン8世の幼名。

グリマルディ(Grimaldy)

ペンタトニック教で信仰される神。「シング」と呼ばれ、事象の音を司る。イモータルとしては実在しない。

グリミディア王国(Kingdom of Grimydia)

Overview参照。

グリミディス(Grimydis)

グリミディア王国の首都。地方の言葉で「グリミディアの街」の意味。

クリーム海峡(Cream strait)

Overview参照。

クリーム山脈(Cream mountains)

Overview参照。

クリーム州(Regon of Cream)

アマリス帝国の州。クリーム半島の部分。州都はクリス。州知事はツァイド・リッター。クリアンストン公爵領、ルシオン侯爵領、ロットマルト子爵領を含む。

クリムゾン・バスカーヴィル(Crimson Baskerville)

イモータル ヌーゲルマルドのモータルの頃の名。

クリームタウン(Cream town)

アマリス帝国クリーム州。クリーム半島最南端の都市。フェルナンド方面への船も出る。人口66,000。ルシオン侯爵領の中心都市で現在の支配者はマイヨール・ルシオン。

クリームドワーフ(Cream dwarves)

クリーム山脈に住むドワーフの氏族。クリーム山脈に住むドワーフはこの氏族のみ。

クリームの戦い(Battle of Cream)

アリーシア帝国がオージャス大陸に進出したときの戦い。

クリーム半島(Cream peninsula)

Overview参照。

クリムフォード(Crimford)

物質の領域のイモータル。モータルの頃の名はハロルド・エイリアス・クリムフォード。

クリューガー・エネルス(Kluger Enerus)

現エルスルム国王。Who's Who参照。

クリュシッポス(Krusippos)

アマリス帝国白色騎士団A師団幕僚。中将。改変前は師団長。生まれは知られていないが、ライトネアからの移住者とされている。

クリュース(Cluse)

上代の世の中心地だったとされる地。アイアンハルト森内。

クリュセイス・ノーザンコート(Clusace Northerncourt)

リアン・ファームズ24世の愛妾。1,581-1,615。貧家の生まれ。リアンに召し上げられたときクリュセイスは12歳だった。

グリュンヴァルト(Grunewald)

Overview参照。

クーリル王国(Kingdom of Kuril)

現在の海の王国付近に存在した王国。アルファティウス帝国に滅ぼされる。

クリル湖(Lake Kril)

Overview参照。

クーリル諸島(Isles of Kuril)

Overview参照。

クリルタイ(Kurultai)

ウイレヌ汗国におけるハンの議会。毎年正月にハジクタイで定例がある。

クーリルの乱(Revolt of Kuril)

アルファ史および海の王国史。733年にヴァニス・カハストが農民を率いて武装蜂起したもの。わずか3ヶ月程度で鎮圧される。

クリンガー(Klinger)

ファームズ17世

グリンカムビ(Gullinkambi)

思考の領域のイモータル。モータルの頃はズィドラス大陸のロック鳥だった。グリトニル種の創造者。

グリーングラス(Greengrass)

ラムサダス帝国の紅茶のブランド。

クリンドール(Crindor)

クルート連邦、シルメリン共和国の街。人口400,000。市長はフィロンリウル。

クリンドール襲撃(Raid on Crindor)

1,127年に発生した恐怖地帯の怪物たちによる襲撃。当時この地はコリントのペトロメリン公国で、公爵家の男子が多数討ち死にして後の断絶の引き金になった。

グリン半島(Grin peninsula)

Overview参照。

グリーン・ベイ(Green Bay)

  1. ネイサン
  2. シトカ王国が面する湾。

グルアーク・レストール(Gruarc Lestorl)

フェルナンド帝国ロングッド州、ヴァレール森の長であり、レストール氏族長。ラムサダス皇后アルファナの祖父でもある。

クルガ・ラーヴェイ(Kuruga Ravey)

シトカ王国第二王子。ジュジンカとニーベリーの子、ヌザカの弟。

クルート空輸(Aeroflote Clute)

クルート連邦が運営する航空会社。1,619年設立。

クルート連邦(Federal of Clute)

ガイラック地方にある温和な連邦制国家。Overview参照。

クルシオス・ベラタン(Crusios Beratan)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。

クルス・ヴァンピア(Kuruth Vampia)

イモータル・アルゲバルのモータルの頃の名。リンデンヴェイルの女レンジャー。先天性の成長不良で大人になっても身長が130cm程度で、力も非常に弱かった。ただし頭脳は非常に明晰だったため魔法による能力補填に重点を置き、また俊敏さを活かした戦い方をした。少女のような姿からクライネ・クルスやフュルスティン・クルスとも呼ばれた。

クルスクロード・ミルコロス(Cluscrode Milchoros)

Who's Who参照。

クルスピリア(Cruspiria)

フェルナンド帝国シリア州都。人口1,840,000で首都バレラスをしのぐ(セイレイ大陸には、クルスピリア以外の人口密集地は存在しない)。かつてのシリア王国の首都。アラビア風の典型的外観を有する。あまりに巨大な街のため、現在4分割あるいは5分割して特別州とすることを検討されている。

クルト・ヤー(Kurt Yah)

永世王国、マグロニエル騎士団事務長。優秀な薬師で、体力を回復させる非魔法の飲み物を開発した。

クルト・ラーダス(Kurt Lerdus)

アマリス帝国虹の聖騎士団のリーダー、マイケルの兄で、サミの商人。父ヒューバードから、そろそろ業を譲られる予定。マイケルは幼い頃から冒険がちであり、彼は父のような「立派な」商人になるために勉強していたことから、兄弟仲は争うほどではないにせよ、互いを好意的に見てはいない。

クルドリアン(Krudorian)

ライトハイ王国の将軍。1,619年に第一師団将軍となったオトレウスの後任として任じられた。

グルマイン・ドラムストス(Grumine Dramstos)

ジェトール王国テンプルナイツのリーダーだった人物。戦士。フェルナンド・ジアザー連合との戦いで戦死。前任ラオメドーン・エプトがパレスレステナト・ファミリアルに殺されたために急遽引き上げられた。

クルムバッハ(Kulmbach)

ドバヌール王国海軍モーセネガン中将の旗艦。

クールメ(Curume)

フェルナンド帝国海軍フルネルソン中将の旗艦。

クルランダ(Krulanda)

フェルナンド帝国の街。かつてはクルランダ帝国の首都。

クルランダ帝国(Empire of Krulanda)

かつてホーメルト南島でカトゥール台地南側に存在した国家。首都はクルランダ。1,589年にヴィセンザ1世がアイオリス帝国から独立したが、1,617年のドバヌール侵攻で滅亡している。最後の皇帝はアヴォルドリオン1世。

クルワ・ガーメ(Kroix Gammee)

シヴィルスクアルフ・ガーメ氏族長。

クレア湖(Lake Crea)

Overview参照。

グレイア・ヴァーミリオン(Graia Vermilion)

かつてのドバヌール王国海軍艦隊司令。少将。旗艦はニフルハイム。

グレイウッド(Graywoods)

裏エルヴァートにある国家。Overview参照。

クレイオ(Clio)

ルミスデン9天使のひとり。

グレイシルヴァー(Graysilver)

Who's Who参照。

本名はラディスラウス・ヴァイスフロク。家族を皆殺しにされた後、ヴェッド・ハリストークから技を授けられる。

クレイスン(Clayson)

ラムサダス帝国クレイスン州。ドール島西岸の街。かつてドールが半島だったころは、単にクレイスン川のほとりにある街、クレイスン王国の首都だった。大陸軸破壊機の暴発によってバックランディア海が出現した際、直接被害は免れたものの、その後の崩壊で西から海中に没しはじめ、1/3ほどが失われたところで止った。現在では港町に生まれ変わっている。

クレイスン王国(Kingdom of Clayson)

かつてドール地方に存在した国家。首都クレイスン。1,607年にスメル帝国の侵攻を受けるが、このときは度重なる攻撃に耐え切った。というのも、皇帝シュメールは戦果の挙がらないスニルナを埋め合わせようとセイレイ大陸に侵攻して膠着しており、ドール方面に展開していた軍をセイレイ、ホーメルト方面に振り向けたため、ドール地方は手薄になってしまったからである。

スニルナではその後も戦闘を続け、1,610年には皇帝ウヌガバス・ダルハッキニーを戦場で倒すものの、帝国瓦解にまでは至らなかった。

クレイスン州(Province of Clayson)

ラムサダス帝国の州。州都はクレイスン。

クレイスンの戦い(Battle of Clayson)

スメル帝国史。839年。スメル帝国がクレイスンの街を襲った。防衛隊は一瞬で蹴散らされた。

グレイ・バーバリアン(Gray Barbarians)

太古、オージャス地方を荒らしまわった蛮族。ヘレネスやファームズに押され、最後はライトネアに滅ぼされる。

グレイハウンド(Grayhound)

エクサス

グレイマウンド(Greymound)

Overview参照。

グレイランド(Gray lands)

ダスト・カルミナ

グレイリー森林(Forest of Glayree)

Overview参照。

古代の記憶を有するシヴィルスクやイルゾニアのアルフの間では「火の森」と呼ばれる。

クレイ・ロイドナルド(Cray Roidnald)

フェルナンド帝国海軍第四艦隊幕僚。少将。

クレイン(Crain)

アマリス帝国ヘレネス州の街。人口170,000。トリビュート侯爵領の中心都市。現支配者はマイカ・トリビュート。

クレイン病(Klain ill)

バラカンスの病気。

クレオ・メイスター(Creo Meystar)

ノズミー共和国の建国者ヨード・ライガー・ドレスコートの妻であり、現大統領キャミーの母。故人。ヨードがコリント王国にあった頃に妻となった人物で、元はメイスター伯爵家の娘。

グレオール(Greor)

ド・トゥ教国陸軍第二部隊長。

クレオン(Cleon)

かつてのライトネア艦隊提督。1,617年に任じられたが1,624年の軍縮でライトマイに転属となり、ハゼス師団の副将となっている。

グレオン・ムライトルーク(Greon Mreightrouk)

Who's Who参照。

クレーガン(Claygun)

750年代のブラウドル皇国の王。

グレゴリウス(Gregorius)

エルメラン教の聖人のひとり。

グレゴリウス・ファン(Gregorius Fann)

ラムサダス帝国海軍第六艦隊司令。軍級は中将。

グレゴリー・シャイツ(Gregory Shytz)

スメル帝国史。内乱の二世紀の初頭、ファンドリア・シャイダーとともに皇帝メルセット・シャイダーに反旗を翻した。人間側を代表して配下にジェイ・クレスヴィーらを加え、メルセットの敗北後はファンドリアと対立して東スメル帝国初代皇帝となる。

975年に大病を患い、980年に死去したため位は一子クレスが継いだとされるが、実際には彼はここからイモータルを目指している。イモータリティを得るのは1,006年で、タムリスとなっている。

グレゴール(Gregor)

ケルマド教国の街。人口15,000。アマリス帝国との戦闘後、租借される。

グレゴール・ガストフィールド(Gregor Gustfield)

ノズミー共和国兵部長。

グレゴール・ギュメス(Gregor Gumeth)

ラムサダス帝国陸軍。

グレゴール・ミュンリッヒ・ツェンマー(Gregor Munrich Zenmer)

聖テレジーナ騎士団員、元帥。ただし実戦を指揮したことはない。

クレシューン・トルネイオス(Creshune Tolnayoth)

ラムサダス帝国近衛、イアン・トルネイオスの妻。ジャックとピアスの母。1,583〜。

グレース・サウス(Grace South)

ミリアムの双子の姉。魔術師。旧姓レスナー。1,409年に誘拐されたサリトル国王サダシュ・テピシキを救出した一人。

クレス・シャイツ(Cles Sheiz)

東スメル帝国第2代皇帝。グレゴリーの息子。タロスの父。

グレスチ(Gresch)

地球でいうレスリングのこと。ド・トゥ教国やミラード帝国で盛ん。ちなみにプロレスはハードグレスチという。

グレース・ティアット(Grace Tiat)

Who's Who参照。

クリスティアおよびローラ・ハイランダーをあわせた<グレーデンの5花>は皆明るく、良い友人同士になった。家の貧しさを知っても誰も彼女を仲間はずれにしようはせず、むしろ自分たちには想像もできない生活をしながら、自身の努力と才能だけで同じ学び舎に来た彼女を大いに尊敬したものだった。しかし、親友4人を筆頭に評価してくれる友人がいても、心ない言葉を投げつける少女も多かった(4人は彼女に「気にしないでいい」と言って、一緒にできることを探してくれたりした)。親友たちの希望もあり、つとめて対等に付き合おうとしていたが、培われた性格はそう変わるものではなく、彼女はいつも無意識に一歩退いた位置にいた。

5人はいずれもカーテローゼ・フォン・ファイゲル中将の息子アルベルトに想いを寄せた。アルベルトが選んだのは、慎ましく飾らぬ性格のグレースだった。

グレスビ教(Gresibia religion)

シェイズリーを信仰する邪教。

クリストア・パーミナル(Crestore Perminal)

ヘレネス王国〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の子爵。ビルトロフスクの支配者。

クレストス(Crestos)

Overview参照。

クレストス州(Region of Crestos)

Overview参照。ザンドリス伯爵領を含む。

クレスト半島(Crest peninsula)

Overview参照。

グレース・レスナー(Grace Lestner)

グレース・サウス

グレーターフェニックス(Greater phoenix)

  1. フェルナンド帝国の勲章。とくに重要な業績のあったものに授与される。
  2. フェルナンド帝国の試作偵察機。

クレタミソス1世(Kretamisos I)

ライトマイ王国国王。現国王クレタミソス3世の祖父。シラカンの血縁だったリムレス4世を殺害して王位に就く。

クレタミソス2世(Kretamisos II)

ライトマイ王国国王。現国王クレタミソス3世の父。

クレタミソス3世(Kretamisos III)

ライトマイ王国国王。エクサスの伯父。本名イオドシウス。現在イオドシウス・エンテリアノスと名乗って26人衆に参加している。ライトネア内でこのことを知っているのは、シラカン8世を含めた各国国王のみである。

クレタミル・フレイセル(Cretamir Fleyselle)

太古の大白妖精の一人。始めにペルニーナ・エネルスに従ってペリクレナ方面に居を構えたが、すぐに旅路を再開してスメル大陸中部アルフォレストに至り、さらに北西オスメリアアルフの始祖となる。ただしフレイセルの氏族はすでに絶えている。

グレッグ・ノーラッド(Greg Norlad)

ファームズ帝国司法博士リューファイオンの副官。

グレッドマン(Gredman)

ミラード帝国空軍第三飛行士団長。中将。

グレッドロン(Greddron)

無秩序の領域の古代神。現在はすでに力を失っている。

グレーデン(Graden)

ホーメルト北島、バレラスの北にある街。かつてのフェルディナンド侯爵の街。

グレーデン女子学院(Girls college of Graden)

グレーデンにある、創立36年目を数える学校。創立者は元侯爵のマルクス・フェルディナンド。数年後、皇女クリスティア・フェルナンドが入学して学友たちと出会う。その誰にでも門戸は開かれているが、アーサー・フェルナンドによる貴族解体までは実質的に貴族子女のみの園であり、現在でも高額な費用によって多くの人々には手の届かぬ場所である。学院創設以来初の貧民出身者が、グレース・ティアットである。

グレーデンの3花(3 flowers of Graden)

数年後の話で、グレーデン女子学院に咲く3つの花…美しい娘たちのこと。メアリ・ヘレフォード、キャリー・ケント、グレース・ティアット。それぞれ<花海棠><苺><桜草>と呼ばれる。

グレーデンの5花(5 flowers of Graden)

グレーデン3花にローラ・ハイランダー、と王女クリスティア・フェルナンドを加えたもの。クリスティアはこのように、数年後にはすばらしい美少女になる…はずである。グレースを除いた4人が、パブロ・トレンツィーノ伯による名画「アルト」に描かれる。

グレートアイス(Great ice)

Overview参照。

グレートヴァレー(Great valley)

Overview参照。

グレートクリフ(Great cliff)

Overview参照。

グレートジョージ(Great George)

  1. フェルナンド王国の建国者、<征服王>ジョージ・フェルナンドのこと。
  2. ハムート山脈にある、ジョージ・フェルナンドの名をとった高山。4,044m。

グレートドラゴン(Great dragon)

  1. 黄道十二星座の一つ。古代ライトネアの英雄クローヴィスによって倒された。ドラゴン種のなかでも特殊なアースドラゴンだったとされる。
  2. スメル帝国のロングッド侵攻の折、アーサー・フェルナンドと戦った聖魔術団の一人。マジックジャーをルイ・ロングッドに突き止められ、とどめを刺される。

ハーン(Great Khan)

ウイレヌ汗国の支配者の称号。

グレートミラー(Great Mirror)

エルヴァート世界のなかで一番大きな湖。

グレドブ・ブブル(Gredob Bubl)

灰色の君主

クレナイア(Kreneia)

アマリス帝国ハイラーク州ドーペル男爵領の街。人口31,000。

紅の高導師(Maroon Hi-Mage)

セルミアス・ミルフ

クレナモ(Krenamo)

ド・トゥ教国史。南方遠征に失敗したアルフミリエル・メーデールに対し、1,541年に反乱を起こすが、5年後にタムサルスに暗殺される。

クレナンテ・セレネ(Krenante Selene)

ファームズ帝国皇太后。ステイン・ファームズ25世の后。シャーイデニヒ・ファームズ26世の母。黒髪を後ろで束ねた、黒のドレスを好んで着る細いキツネ目の美女だった。黒のドレスを好むのは現在でも同じである。華美を好まず、できるだけ目立たぬように過ごしている。セリナーは彼女の娘ではないが、表向き実の娘として育てられている。

グレノルブ(Grenolbe)

かつて南ホーメルトにあった国家カリュース王国最後の国王。

クレノラン(Crenolan)

  1. エルスルム王国クレンドワーフ、クレノラン氏族の街。人口93,000。
  2. エルスルム王国クレンドワーフ氏族。現氏族長はビフリ・クレノラン。

グレープフィル(Grapefill)

ホーメルト北島イウヅの近隣にある村。

クレーブル王国(Kingdom of Crable)

かつてスメル大陸に存在した国家。首都はブラックトーン。1,601年ヴェスタフィルモの戦いに敗れ、スメル帝国に併合される。

クレマミンス・フィン(Claymamince Fynn)

イルゾニアアルフ。サイアノルの息子。

クレミア・レストール(Cremia Lestorl)

ロングッド「フェアリードリーム魔法商」の看板娘の一人。

クレム・ミンス(Crem Mince)

コルコランド史。ミンス王国の初代国王。スメル皇帝ファニアンの娘ギルを妻に受けて独立自治権を得る。

クレモアヌス(Cremoanus)

ライトマイ王国軍務事所所長。1,626年に任じられた。

クレモント・オッフェンバック(Cremont Offenbach)

アルヴンランドの代表だった氏族長。

クレモント・ダント(Clemont Danto)

フェルナンド王国ダント男爵。

クレリア(Crelia)

アマリス帝国の下着ブランド。アマンダ・クレリアが創始。いまだ下着の概念すら薄い地方も存在するこの時代にあって、いち早く目を付けた。

クレリアス・グラブ・マイルトリアス(Crelius Grab Miletorius)

コリント王国の貴族、ローグランド・デリス・マイルトリアスの弟。ネルマン・ホーランスがヒアナの結婚相手の候補としている。

クレレ・マラカッタ(Crere Marakatta)

モンゴル大帝国投石部隊隊長。

クレール(Claire)

フレンダーノ辺境王国の王子。ローザネロの子。妹のニクスウェントと共に父ローザネロを見限って反乱軍に通じている。

グレン・カートレル(Glen Curtrell)

ラムサダス帝国将軍ロビン・カートレルの弟。ホーメルト地方シーリスの絵画商。

グレン教(Grennic religion)

<法の絶対者>ポラリスへの信仰。

グレン・ダミアス(Gren Dumius)

アーサーがダブリンの商人をつぶすのに使った山賊「ピューマ」の頭。

クレン・シルザンド山地(Kren-Silzand mountains)

エルスルム南部の山脈地帯。Overview参照。

グレンディア(Grendia)

無秩序の領域のイモータル。シャドウアルフが信仰する。

クレンドワーフ(Kren dwarves)

エルスルム王国南部、クレン・シルザンド山脈に住むドワーフ。

グレンマイアー・セガール(Grenmeyer Cegar)

Who's Who参照。

クロイ7世(Croi VII)

ティアマト暦元年頃のミュークロイ王国国王。

クローヴィス(Clovis)

古代ライトネアで巨大なドラゴンを倒した英雄。イモータリティを得てポラリスと名乗っている。黄道十二星座のひとつにもなっている。その巨大なドラゴンが、同じ黄道十二星座のグレートドラゴン座である。

クローヴィス・ジェトール1世(Krovis Jetool I)

ジェトール王国国王。戦士。ヴェルギリウスの父。テンプルナイツのリーダーだったが国王ヘシオドス5世に対し反乱を起こし、首都シャルルカを攻略して王位を簒奪する。本名クローヴィス・ハルドポリ。ハルドポリ王朝という。

クローヴィス・ハルドポリ(Krovis Haldopoli)

クローヴィス・ジェトール1世

クロエ・ゼロ(Chloe Zero)

クロエ・ムライトルーク

クロエ・ムライトルーク(Chloe Mreightrouk)

フェルナンド海軍提督グレオン・ムライトルークの妻。同じ海軍提督のアレフ・ゼロの娘。グレオンとは再婚である。

黒き円卓の騎士団(Black round table knights)

フェルナンド中央部を荒らし回った盗賊団。首領はヴィルジニー・デ・マルル。

黒き風の治世

黒き風の治世

黒騎士(Black knight)

ローランド・ブリュエル

黒き鹿角の王(Black antler king)

ラウドロップ

黒きルーンの都(Black rune city)

エントロピー

クロース・アルブレヒト(Croath Albreht)

ノブルランド〜ジアザー帝国の男爵。混沌戦争で死亡。

黒水晶

黒水晶

クローズドヴァレー(Closed valley)

北ホーメルト島ブラバント地方にある谷。崖のある高地の上が荒れ地になっており、その中に大きな谷がある。南にはトラマイト海峡、トラマイト島がある。

クローディオ・ベラタン(Craudio Beratan)

かつてのヴァレールアルフベラタン氏族長。コーネリアスの前任。

クロード・アドリアン・ディルファーケン(Claude Adrian Dilverken)

アマリス帝国白色騎士団第十四師団長。中将。僧侶。

クロード・アリアドル(Claude Ariadol)

かつての永世王国26人衆のC。エイン・アリアドルの弟だが、技能は知られていない。

グロード・ナルサン(Grode Nalsan)

元26人衆のG。格闘家、魔術師、メロスの信徒。かつてゾーリフとともにエンペラーズアイルを訪れた。皇帝ファニアン・シャイダーが二人を追って竜の洞へ入り、出てきたときには病身だった逸話は有名。

黒の精霊(Black spirit)

ムーンクレア教国の巫女黒の教母に憑依している特殊な精霊。

黒の谷

黒の谷

黒の谷の戦士

黒の谷の戦士

黒の矢

黒の矢

黒のラ・リューン(Black La Lune)

ニルヴァ

クロノワ湖(Lake Cronoix)

Overview参照。

グローバー(Grober)

ド・トゥ教国史。アルフミリエル・メーデールの夫(王)。ロイツル左大公の子。

黒羽凰浅黄水仙瑞稀(Kurohaou Asagizuisen Mizuki)

ミズキ・フリージア・フォーブラック

黒羽凰(Kurohaou Ken)

ケン・フォーブラック

黒羽凰(Kurohaou Sho)

ショウ・フォーブラック

黒羽凰由架梨(Kurohaou Nazuna Yukari)

ユカリ・カプセラ・フォーブラック

黒羽凰白木蓮明日香(Kurohaou Hakumokuren Asuka)

アスカ・ユラン・フォーブラック

黒羽凰藤袴朝美(Kurohaou Fujibakama Asami)

アサミ・ソルーワート・フォーブラック

黒羽凰古人(Kurohaou Furuto)

綺屋都の名家の当主。雅人の子。ラムサダス帝国宰相アシュラブレイの計略を見抜き、黒羽凰家を併合後も存続させることに成功した。

黒羽凰雅人(Kurohaou Masato)

綺屋都の名家。コリントへ移住した黒羽凰(レン・フォーブラック)の兄。

黒羽凰(Kurohaou Ren)

レン・フォーブラック

クロビュール・マークレット(Clobule Marclet)

ティアンナ・マークレットの兄。両親から与えられた名前はクロム。重度の障碍児だったため両親からも見捨てられた妹を育て、膨大な魔術の研究で彼女を健常者以上の存在にした。現在はティアンナとともにルーンワールドに移住している。ユキ・ティルクラマリュボークとも。彼は妹を多元宇宙で最高・最強の存在とすることだけを目的に生きている。幼い頃から魔術の研鑽を重ね、ティアンナの肉体と精神を作り上げ、さらに戦闘能力においてモータル最強の存在とした。彼の最終目的は、ティアンナにモータルのままイモータルを超越する力を備えさせることである。そのために現在ルーンワールドでさらなる魔術の根源を探求している。ティアンナの魔力は特化傾向が強く、魔術全般では彼が上の存在である。

ルーンワールド最強国家・ルーン帝国は当然ティアンナ兄妹の超絶的な力を知っており、何度か西の護りを依頼したことがある。ただし、兄妹が直接これに応えたことはない。南西グスズグルーや北西レイズは兄妹の噂を聞きつけたり、ルーン帝国への侵攻の途上で兄妹の居住域付近を通った。それぞれ数度、文字通りの全滅の後、ルーン帝国方面への侵攻を諦めている(居住域外でも静寂を乱したとして、敵対される)。ほとんどの対応はティアンナ一人で、クロビュールが直接人前に出たのは過去に一度、地域へ侵攻し、攻撃したルーン帝国軍に対してだけである。クロビュールは腕の一振りで数千の軍を壊滅させると、皇帝の城へ直接乗り込み、今後自分たちの生活に干渉せぬことを約束させた。現在この居住域(中心地8マイル四方、不可侵領域として144マイル四方程度)は、ルーンブロック内の空白地帯として扱われている。

ただ、兄妹の住居のある山間部の渓谷地帯は東西の経路のひとつであり、ここを通らないとかなりの迂回となる。ティアンナらも、個人や単に通過する冒険者の一団にはいちいち手を下すことはない。

クロマティックドラゴン(Chromatic Dragon)

アマリス帝国白色騎士団、ウールストンクラフト上級大将の旗艦。

クロマの戦い(Battle of Kuroma)

馬具笊史。1,590年、笠土師徳執不惑斗を破った戦い。

クロム・マークレット(Clom Marclet)

クロビュール・マークレット

グロームス・ガルシス(Groamus Garsis)

ジェトール王国テンプルナイツ。アルセン高地出身のドワーフ。フェルナンド・ジアザー連合との戦いで戦死。

クロムルフ(Krumlov)

ド・トゥ教国の伯爵。妹はハランド前左大公の子サージュの妻リアラ。

クロライン・ミールテル(Croline Mieltel)

シオン・ネクルフィスト・ミールテル男爵の弟。シオンが父に復讐する際、同時に殺された。

クローリアン(Clowrien)

ウラリス

クロリス・マイクロフト(Chloris Microft)

ファームズ帝国公爵カールの娘。

グロワトス(Gorowatos)

かつてのライトネア王国潜水艦隊提督。1,626年死去。

グワダル(Gwadal)

ファームズ帝国ミュンハイム王国の王子。

軍事省(Ministry of military)

アマリス帝国の省庁。大臣は白色騎士団長が兼ねることが慣例。アンドリュー・フェルゼン。

軍師のローブ(Robe of strategist)

白とピンクのローブで思考の領域の大アーティファクト。ファームズ帝国のシア・ランセスが持つ。

軍縮条約(Disarmament conference)

  1. ヤース会談によるLaMiTのこと。<解放帝>ラムサダスが提起し、ジアザーを招いて実現したもの。相互軍縮をうたった。1,620年。
  2. 同じくラムサダスとジアザーが各国に呼び掛けて実現したもの。参加国はジアザー(現アマリス)、ド・トゥ、ライトネアそして主催国ラムサダス。
    この会談は、世界規模の軍縮喚起を確約して解散、4か国によるNoSTO(北シャイアン洋条約機構)を発足させる。1,622年。

グンター(Gunder)

ファームズ帝国の魔術師。生命の研究をしてヴァンパイアとなり、ルートクロス大司教ダン・ザ・ジャッジに破壊される。

グンター・フォン・レイストック(Gunder von Raistock)

ラムサダス帝国陸軍。1,629年死亡。パセオの支配一族レイストック家の出。

軍荼利(Gundari)

馬具座教五中神の一柱。イモータルとしては存在しない。

ゲアハルト・ローラン(Gerhard Rolan)

ローラン王国の王子。ルイーザの弟、デヴィンハルトの兄。

ゲアリー(Gary)

ドルクタル2世

ケイズ(Katez)

<有翼の悪魔>として知られる無秩序の領域のイモータル。サタン教会で信奉され、クルート、ミラードなどに信者がある。

ケイオス(Chaos)

無秩序の領域のイモータルで、シルヴァーの5悪魔の一柱。<混沌の主神>と呼ばれる。シンボルが四本腕のドワーフであることから、モータルの頃はドワーフであったとも思われる。1,614年の混沌戦争時に消滅している。

ゲイザー(Gazer)

アマリス帝国白色騎士団、スタンフォード中将の旗艦。

ゲイス(Gaith)

ミネス王国の衛兵隊長。戦士。

ケイダ(Keida)

ド・トゥ教国の左大公。ノーアトゥーンの街を治める。現女王アルフミリエル・マーデミルの兄。慎重に策謀を巡らす人物。メイヤー前右大公によって左大公に任じられ、ジェミル右大公とともにその陣営に属していると見せかけつつ、裏では彼らの専横を止めるために策謀を練り、失脚したハランド前左大公と連絡を持っている。息子であるノルドン、フラトンにはメイヤー、ジェミルとは表面だけの付き合いとするように厳しく諭している。

ケイ・ティラス・ミス(Kei Tirrus Mis)

アルファティウス帝国末期の騎士団、シルヴィスの結成当時の一員。

魔導門の番人(Keeper of gate)

ヨアンナ・シュヴァルツェンハウエン

ケイト(Kate)

フェルナンド公国パニアゼミナール数学担当。

ケイト・シェリン(Kate Sherrin)

キュベットにすむ花屋の娘にして戦士。ケイト・フローラル(花のケイト)とも呼ばれる。

ケイト・フローラル(Kate Floral)

ケイト・シェリン

ケイト・ホルディング(Kate Holding)

Who's Who参照。

ゲイナー(Gainer)

闇の神リザベルに仕える戦士。1,614年、アマリス帝国において、ラムサダス皇帝と壮絶な戦いを繰り広げて果てる。

ケイモス・リー(Keimos Lee)

ド・トゥ教国陸軍第五部隊長。

ゲイリー・グランドスター(Gary Grandstar)

  1. 雷光魔術団No.53。ラムサダスの変装時の名前。
  2. 雷光魔術団のひとり。かつての東方戦争で重傷を負って長期療養し、表向きは1,617年頃に復帰している。実際には東方戦争で死亡しており、ラムサダスは彼の素性を以降仮の姿として使用している。

ケイン・アラモスキー(Kane Aramoski)

アマリス帝国東エルド州知事。

ケヴィン・フェッティーニ(Kevin Fettini)

アマリス帝国のブランドの創始者。スメル帝国の圧政を父のアントニオと共に逃れて亡命し、ノブルランドで洋服商を始めて成功した。戦士でもある。1,593-。

ゲオルク・ヴィクダジール(Georg Wikdasil)

エルドレス神国ヴィナルト王国でレグスターを治めた男爵。ジアザーによるエルドレス併合に対して反乱を起こし、ヴィナルトへ攻め上ろうとするが騎士団により返り討ちにされ、自決した。ヴィクダジール家は貴族の地位を剥奪され平民に落とされた。

ゲオルク・ヴェストファーレン(Georg Westfaren)

かつてのドバヌール王国海軍艦隊司令。大将。旗艦はホフマンスタール。

ゲオルク・ルエンカシフォン(Georg Luencashvon)

Who's Who参照。

汚れた白(Sullied white)

スレイアーン・ブラーンシュ

撃墜姫(Flying princess)

シャリー・アリス・ミキ

ケジェロ(Kejero)

ド・トゥ教国の公爵で、クラーマンの街を治める。娘はケイダ左大公の妻ナタリア。

ケジェロ・イェルト(Quegerro Yelt)

コリント王国イェルト公爵マジュロの孫。

ケストナー(Kastner)

ロード・ケストナー

ケストナー流(Kastnian Swords)

ロード・ケストナーの弟であるハイス・ケストナーの創始した剣術で、長短2本の剣での連携を得意とする。長剣一本での相手の剣閃殺しも知られる。南ラムサダスにわずかに残る。

ケセル(Kesel)

ホーストヘルン帝国、北方バリアル王国群の主国。首都、国王は王国群に同じ。

ケセロ(Kecero)

エストメスランド連邦の一州マドルスの州都。

気高き鷹(Noble hawk)

アリア・ディファイン

ケダーディ(Keddhady)

ムーンクレア教国の巫女、黒の教母

ゲダーリー(Geddaary)

<破壊の王>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。

「結果良ければすべてよし」('All's well that results well')

ラムサダス皇帝の主義。その方法を問わず(悪しき方法なら別として)結果がよいならそれでいいのではないか、というもの。

月光草

月光草

月光の激流

月光の激流

月光の護符(Moonlight talisman)

物質の領域のアーティファクト。

欠地王(Lost-ground king)

ジョン・フェルナンド

ゲットルニンス(Gettolninse)

かつての永世王国26人衆のG。

月白の獣(Beast of the white moon)

リュア・ランセス

ケッペラン(Keppelant)

アマリス帝国で開発中の非魔法ウイングファイターのひとつ。アロゥミサイルの装備を前帝に開発されている。

毛天路阿久作(Ketero Akusaku)

馬具笊地方の浮世絵絵師。1,499-1,589。

毛天路の戦い(Battle of Keterosaku)

馬具笊ギルド史、ラムサダス帝国史。1,573年に羽田法為が名を成した戦い。

ケナ(Kena)

サッカーのこと。フェルナンド帝国で盛ん。その名称はネスアハンの革命においてケーナ姫の生首を若者が蹴りあったことに由来する。「ケナ・ボール」ともいう。

ケーナ・シーア・アルフレット・ロングッド(Kena Seer Alfret Longood)

メルメトン2世の第二子(正確にはマリー・ルーンを含め第三子)である彼女は、もっぱら「大飯ぐらいの我侭姫」として有名である。幼少から姉のマリアの三倍はたいらげ、しかも体型は標準的だった。世間知らずで、ひとりで勝手に城の外へと出ていっては、王や王妃をはらはらさせていた。

ネスアハン王国のラギット・デル・マリヴ王子へと嫁入りしたが、当初の歓迎はすぐさま消え去り、贅沢三昧で国民から酷く嫌われた。1,615年のネスアハン革命で民衆に捕らえられ、断頭台によって17才の短い生涯を終える(王子の目の前だった。直後に王子も同じ最後を迎える)。

余談だが、このとき転がった彼女の首を、若者達が蹴りあって、スポーツとして楽しんだ。現在でもホーメルト地方ではサッカーのことを「ケナ」と呼ぶ。

ケニー・ファン・アイク(Kenny van Eik)

グラスティース在住。ジョルツ教教皇。ウォーターミラーの友人。旧帝国時代はジョルツ教の司祭のひとりに過ぎなかったが、ラムサダスによる教会改革で首座になった。No.2が現在宮廷内教会司教兼僧団長を務めるフランクリン・マーシャルである。

ケビン・マクニッシュ(Kevin Macnish)

アルファ史。1,615年に反乱を起こした。

地獄の谷(Gehenna valley)

Overview参照。

ケミグリ(Cemigli)

ケミグルス教で信仰される神。平等の精神を説く。シャープ北東のウルゴリン山に住むと言われている。そのためこの山はケミグルス教において聖山とされ、またこの山から流れるエスフィン河は聖河と呼ばれる。イモータルとしては存在しない。

ケミグルス教(Cemigles religion)

ケミグルス人民共和国とその周辺で信仰されていた宗教。現在でもその地域に信者がいる。ケミグリ神を信仰。ケミグルはケミグリの作り給うた民を意味し、その複数形でケミグルスとなる。

ケミグルス国(State of Cemigles)

かつてホーメルト南島にあった国家。首都はシャープ。1,530年に建国し、1,597年に国号をケミグルス人民共和国とする。

ケミグルス人民共和国(People's republic of Cemigles)

かつてホーメルト南島にあった国家。首都はシャープ。1,597年にケミグルス国から改称。1,617年のフェルナンド侵攻で滅亡。最後の首相はセスター・マクビリー。

10,000以上の人口を持つシャープ、ディア、リューフラウ、バーナードの4市、5,000以上の人口を持つ10市、それにケミグルス教の教主の15人による合議制。評決の際はそれぞれ2点、1点、3点を持ち点とし、合計21点で決定していた。

ケムル・トーマスウッド(Kemmle Thomaswood)

アマリス帝国影足組頭領。非公開の役職であり、一般には自治省のいち職員として知られる。

ケリン(Kerin)

ケルマド教国の街。人口22,000。アマリス帝国との戦闘後、租借される。

ケル・アリアノル(Ker Arianor)

アリアノル王国の首都。ノール湾に面している。

ゲルサック海峡(Strait of Gelsuck)

エストメス大陸の西側、2つの半島に挟まれた海。

ケルヒ(Kerch)

ヘイゼクス王国の街。人口40,000。かつてのケルヒ王国の首都。

ケルヒ王国(Kingdom of Kerch)

現在のヘイゼクス王国の南半分を領土とした国家。首都ケルヒ。

ケルマー(Celmarr)

現在のケルマド。10世紀以前はこのように言われていた。

ケルマド教(Celmaddic religion)

ケルマド教国で信仰される戦争の宗教。双子神バトラスとウォーニスを信仰する。双子神への信仰は紀元前から存在していたが、宗教としてまとまったのは1,429年のケルマド教国建国以降であり、それまでは島内の各部族で教義、儀式、身分、呪文などバラバラだった。

ケルマド教国(Holy Celmadd)

Overview参照。

ゲルマニア・パンプストン(Germania Pumpstone)

アマリス帝国陸軍第三兵団長。娘がスコット・ウォーラスの次男に嫁いでいる。

ケン・イ・ドルレアン(Ken y Dorlean)

アルファ人民共和国陸軍第五師団長。スメル方面からの移住者。

賢者(Wiseman)

イモータルの派閥。エステロン、ミミア。

賢者の洞(Cave of the wise)

ロングッド島の南東部にある、入り口の埋もれた洞窟。遠き昔、ジャマイルドラゴンを倒した七賢人を祀った場所であると言い伝えられている。実際には、約800年前に無名の魔法使いが作ったダンジョンであり、内部にはムーンゲイトを使用して入ることができる。1,610年の王兄ルイの事件では、ルイはここに潜伏して様々な災いを生み出した。その後、彼が駆け出しだったブラックホースやジアザー・テレビジョンといった、後のキングスパーティによって倒されたことは、良く知られている。

ケンタイア(Kentire)

フェルナンド帝国アイオリス州の街であり、かつてのアイオリス帝国の首都。エーヴリング族の中心地であったが、エーヴリング族は皇后エリカ(およびロングッドのアヴァロン・アメルフス)を除きすべて死んだため、他の民の街となっている。

ケンダル(Kendul)

アマリス帝国ヘレネス州クレオスト男爵領の街。

ケント・マルクス(Kent Marx)

ダブリン立法共和国の商人頭(議会長)。クラウド・ファルマスの初恋の相手、エリナーの父。

弦那(Genner)

馬具笊に暮らす耶甫内の亡命者。日光の僧侶。

ケン・フォーブラック(Ken Forblack)

コリント王国貴族、子爵。ミズキの父。馬具笊綺屋都からの移住者であり、元の名は黒羽凰

元老院

元老院

小悪魔(Imp)

ギョームトレック

コーイ・コーイ(Quai-Quai)

無秩序の領域のイモータル。

幸運の指輪(Ring of luck)

無秩序の領域のアーティファクト。

航海王(Voyager king)

アルバート・フェルナンド

公爵(The duke)

エルスルム王国のノエル・ノミナルが心を開く数少ない人物のうちのひとり。正体不明。

交戦協定(Battling treaty)

正しくは、「戦争状態突入以前の当事国並びにその他の国家間での調整に関する一般協定」という。1,614年に27か国によって調印された。その後1,622年に発足した国際会議のもとで、第二次交戦協定が採択される。簡単にいえば、「戦争をする前に(十分な余裕を以て)その旨を伝えること」である。表エルヴァートの国々はほとんどがこれに調印している。

1,629年のフェルナンド帝国のドバヌール王国占領が、交戦協定違反ではないかとされ、アンドリュー・フェルナンドは国際会議で激しく弾劾された。

高地の国(Highland)

エス・ヘルデナド

紅茶(Tea)

各国の特産。ラムサダス帝国ではシロンという地方でよくとれ、世界中で愛飲されているようだ。

皇帝庭園(Emperor's estate)

皇帝庭園

皇帝の剣(Emperor's sword)

ラムサダス前皇帝が持つ魔剣。かつてはスメル帝国皇帝の持ち物だった。

皇帝府(Emperor's office)

アマリス帝国の部署。政務および軍事省の提出した戦略の決定を行う。議長はアントニオ・ファーガス。

皇帝報道官(Emperor's spokesman)

アマリス帝国で設けている役職。主にホワイトキャスル内の出来事を、マスコミュニケーションに発表・報道するのが仕事。メルホンデス・アイソトレッチが就任している。

皇帝和親主義(Emperor's friendships)

スメル帝国ラムサダス朝およびそれに続くラムサダス帝国の政治スタイル。皇帝は、実質上の権限は有しているが、通常のものごとにまで関与しない、ということ。アーサーのどちらかといえば「力」による支配に対し、ラムサダスは、対等の付き合いから信頼感を勝ち得るやりかたで統治している。あるいはアルフらしいかもしれぬし、らしからぬかもしれない。

高度魔法兵器開発令(Command of high-magical weapon creation)

スメル帝国シャイダー朝の、ファンドリア・シャイダーの発した勅令。大型魔法をふんだんに使用し、さまざまな兵器が作られた。例として、戦闘機や、空中要塞、さらに地殻爆烈波砲などというものまで開発された。

紅来小使(Korai-shoshi)

大井ノ門円美桔梗

港湾の学び舎(Harbor school)

サミ大学

氷の貴婦人(Ice lady)

クリス・ネヴィル

氷の巻物(Scroll of ice)

時間の領域のアーティファクト。

氷のニコラ(Ice Nicola)

リディア・ニコラ

虚空蔵(Kokuzou)

馬具座教三大神の一柱。イモータルとしては存在しない。

国際会議(International Contacts, IC)

1,622年発足。アマリス帝国の前皇帝、ジアザー・テレビジョンの提言により、国家間で話し合う際の共通の場所が設けられた。ジアザーはかつてのホーメルト会議を念頭に置いていたと言われる。初代議長には帝国北西部シーラン地方の若手政治家、ジェローム・ル・ミュラが選ばれた。混沌戦争時の彼の目覚ましい活動は、帝国のみならず周辺国でも注目されていた。

今までに、ドバヌール王国の<虹の島々>領有宣言やシリア湾危機といった軍事面での会談、また新海海盆の隆起といった自然的な会合も行われた。

とはいえ世界の国々の末端にまでこの存在が知られているわけではなく、中流から下層部にかけてはほとんど知らないのが実情である。こうした民衆に国際会議に関連した事件があることはまず稀なのだが。

国際開発協力機構(International Development Organization)

新興国、発展途上国などに対する国際的な援助団体。国際会議の管理下。

国際天文会議(International Astronomical Contacts)

主に各恒星・星雲星団のデータ保持や、星座の定義などに関しての会議。本部はファームズ帝国の首都ルートクロスに置かれている。実在のそれよりもはるかに規模は小さい。なぜなら、ほとんどの天文現象は神(イモータル)によってなされるものであり、人間が解明できるものは多くないとされているからである。国際会議の管理下。

国際暦法委員会(International Calendar Community)

1,580年ころに組織された「ホーメルト暦法研究会」がその前身。いつのころからかこのように呼ばれるようになった。現在では、国際会議の管轄下となっている。ホーメルト暦が実際には根拠のないものだったことを突き止め、1,614年にティアマト暦を採択、ホーメルト暦を廃止する。

現在は国際会議の管理下。

黒蛇の戒め

黒蛇の戒め

告知者

告知者

国土開発庁(Agency of land developments)

アマリス帝国の省庁。長官はエディ・メル・マックス。

国土管理庁(Agency of land management)

アマリス帝国の省庁。長官はダグ・ボリヴィッティ。

国民院(Nation house)

ファームズ帝国の国民議会。ダグラス・エースが議長を務めていたが、ファームズ26世によって強制解散されている。ヴァン・ファームズ10世の復位で設置され、410年ほど続いた。

黒流髪(Black wind hair)

ブラバント地方で広がる、髪が黒くなり、ウェーブがかかる病気。

孤高の星(Alone Star)

エルヴァートの星空にある一等星のひとつ。視等級0.42等で全天で5番目に明るい(ただし、食変光星でありもっとも暗くなると1.33等になる)。絶対等級は1.44等。国際天文会議においても、固有名としてこの名を登録している。赤色超巨星。位置としては炎の王座の脚、オーク座とモルドリウス座の間にあり、かつて(リエル・シャンメリーの時代)にはモルドリウスの輝く大剣に擬せられてα星となっていたが、様々な経緯により現在の国際天文会議の区分けではどの星座にも属していない)。たとえばライトネアの民間では、いまでもモルドリウス座の星であると考えられているが。

コーサラの戦い(Battle of Coasara)

アルファ史。1,616年。

コーシップ(Corsip)

  1. エルスルム王国のコーシップ氏族の街。人口21,000。
  2. エルスルム王国のアルフ氏族。現氏族長はロビン・コーシップ。

コジモ・パガニーニ(Cosimo Paganini)

ラムサダス帝国陸軍。ナトラムスの支配階層一族出身で現当主ニッコロの弟。軍人でありながら、ヴァイオリンの達人でもある。ナトラムスの楽器製作集団ストゥラセンティのヴァイオリンを愛する。

コジモ・マヴァケリ(Cosimo Mavakeri)

南スメル(現ラムサダス)の政治学者。君主のあるべき姿を理性的に捉え、「最大多数の最大幸福」を念頭においた。この研究及び主義をマヴァケリズムという。ラムサダス帝国宰相であるオーギュスト・ラマルティヌは、大賢者のウォーターミラーのもとで学んだ後、この学説に行きついた。

コズミオ・アンダーシー(Kosmio Undersea)

かつての永世王国26人衆のK。ハーフリング。かつて存在したシーハーフリングという種族。

コスモスの髪(Cosmos' hair)

ティンタクレ・レストール

コゼット・モーリア(Cosette Maurier)

クリームタウン侯爵マイヨール・ルシオンの妃。トリュール、ラシェル、テルナールの母。ヘンリクス卿ボリス・モーリアの娘で、皇室のシェイファー・テレビジョンの許嫁であるクラークの姉。

古代神(Ancient gods)

古代から信仰の対象となっている存在。エルヴァートにおいては、エルヴァートの復興期(B.C.6,000年期)に既に神として認知されていた神を指す。およそ現在のハイエラルクランクのイモータルがこれに当たる。法と混沌のプールから生まれたとされるのは順にル・ソレイユとオルクマルド、メロスとビッボォルゥ、アクセラとシルヴァー、シュヴェルティスとオーデルゾーロの計8柱(彼らは元々別の宇宙でイモータリティを得た存在であるが、<古き者>による記憶改竄でプールから直接生まれたと記憶している)。ル・ソレイユ、メロス、アクセラ、シュヴェルティスは法のプールから誕生した兄弟とも言える。このうちアクセラ、シュヴェルティス、シルヴァーの3柱が女神。

その他のハイエラルクは世界大戦前にイモータリティを獲得し、現在でも消滅していない者たちである。

国家安定法(Law of state stability)

フェルナンド王国史。1,516年にジョージ・ドゥーカスが制定したもの。<再建王>ライゼル・フェルナンドの即位とともに廃止。

国家機密保持機構(Government's Secret Keep Organization)

フェルナンドやアマリス、それに旧スメル帝国などのものが有名。活動内容はまったく呼んで字の如くであり、大変に金と人力のかかる役所である。

国家保安軍(National service)

スメル帝国史。124年にドレム1世によって創設された大規模軍隊の前身。

ゴッドバード(Godbird)

  1. フェルナンド帝国の戦闘機。
  2. ヴァーミリオンバード

ゴットフリート・フォン・レイストック(Gottfried von Raistock)

パセオの大商人。ラムサダス帝国陸軍だったグンターの甥に当たる。

ゴッド・フルネルソン(God Fulnelson)

フェルナンド帝国海軍第四艦隊司令。中将。海の王国出身。

コティナ山脈(Kotina mountain range)

Overview参照。

ゴーディン(Gaudin)

フェルナンド帝国の著名な建築家。大胆さと繊細さの融合を旨とする。

コートフェリア(Coatferia)

イーストフェリア帝国の従属国、ポールフェリア王国の首都。国王サザーランド1世が支配する。

コートボール(Courtball)

テニスのこと。ファームズやド・トゥ、ライトネアで盛んである。とくにファームズではテニスコートの大きさ、美しさでその人の評判が左右されるほど。貴族はなかば競争のように美しいコートをつくるのに躍起になっている。

ファームズの最下位の貴族はコートロード(コートを個人的に所持してよい)であり、次に男爵、子爵が来るが、金銭面や土地事情で常にコートを持てるとは限らない。伯爵、侯爵、公爵ともなれば、体面上所持している。コートを所持していないと、位階が下のものにもさげすまれることさえある。

民衆もコートボールに夢中である。私営のコートやコートロードのコートなどで競って技を磨きあい、また貴族のコートへ出かけることも(その逆も)ある。コートボール憲章によって、「どんな人間でも、コートの上では一人のプレイヤーである」と謳われているのである。このため、最下層の貧民が皇帝と試合をすることもある。

現在の皇帝ファームズ26世は優れたコートボールプレイヤーとしても知られる。

コートロード(Court-lord)

ファームズ帝国の准男爵。テニスコートを持つことを許される。ただ、ここから貴族としての責務を選ばなければ、その人物は単に「民衆の」コート持ちということになる。コートロードになったからといって、男爵(貴族)にならねばならないわけではない。

ゴードン・バクレンドス(Gordon Bakrendos)

かつての永世王国26人衆のG。ドワーフ。

ゴトリエブ・フォン・ワイトリンク(Gotrieb von Weidling)

フェルナンド帝国陸軍第三軍団長。大将。

ゴトリーブ・フォン・シュワルツスタイン(Gottlieb von Schwarzstein)

1,120年、「我が旅」を作曲。

コトロヌス(Kotoronus)

ミラード帝国陸軍第三師団長。中将。

ゴーニッヒ(Gornich)

アマリス帝国東エルド州の州都。人口120,000。ハリル湾の奥にあり、帝国では首都アマリシアに次ぐ帝国第二の軍港を構える。

コーネリアス・ベラタン(Caunerius Beratan)

ロングッド島ヴァレールアルフ・ベラタン前氏族長。現氏族長エサリオスの父。

近衛(Imperial-guards)

王族・要人の身辺警護のための組織。陸軍の一部であることも。

近衛艦隊(Imperial-guards' fleet)

ラムサダス皇帝がもつ艦隊。海軍の一部であるが、指揮権はマクシミリアン元帥がもつ。

コーヒー(Coffee)

アマリス帝国その他の特産品。アマリスにはホワイトマウンテン、ドリアンというブランドがあり、世界中で愛飲されている。

コピー機(Duplicate machine)

ラムサダス帝国の国立図書館に設置されている魔法の物品。8本のコピー・クイルを内蔵し、4本づつがそれぞれ文字と図柄を複写する。1枚複写するのに要する時間は平均で30秒。このマジックアイテムの製作には100万アデレイドほどかかっている。フェルナンドはじめ各国がコピー機のコピーを作成しようとしているが、うまくいったところはない。

ゴビ・ヘッセン(Gobi Hessen)

Who's Who参照。

ゴーファイア(Go Fire)

テルドア山脈の高山。6,229m。

ゴーファン(Gorfan)

ド・トゥ教国海軍第四艦隊司令。

後フェルナンド王国(Kingdom of later Fernand)

1,521年に<再建王>ライゼル・フェルナンドによって再建されたフェルナンド王国。一部の歴史家によるもので、ライゼルを初代とするが、現在フェルナンド帝国が公式に<征服王>ジョージを初代としているため、広まっていない。

コブレイ・ボトフ(Kobrei Botof)

かつてのアリアノル王国国王。現王ウルデルの祖父で前王マステルの父。

コホリン・ドリュー(Cohullen Druith)

  1. 時間の領域のアーティファクト。
  2. ルーンワールドの一地方。

娯楽の集い(Amusement party)

1,600年頃、レイモンド・アメリアスが作曲。

ゴーラッシュ(Gorlush)

ミラード帝国空軍第一飛行士団長。中将。

ゴラド・ドグルマー(Gorado Doglmar)

エルスルム王国史。クレンドワーフの氏族長。フォーリッシュ・ディリアンと密約を交わし、グラーニシュ・ディリアンを罠にかけて戦死させる。

コラフトン攻防戦(Battle of Colafton)

  1. スメル帝国史、内乱の二世紀。935年。
  2. スメル帝国史、内乱の二世紀。937年。
  3. スメル帝国史、内乱の二世紀。947年。

コラフトン浄化戦(Cleaning war of Colafton)

スメル帝国史。第一次大侵攻において、コラフトン(現ヤース)に頑強に立てこもる市民を根絶やしにする意味で、壮大な火攻めを行ったことによってこの名前が生まれた。この戦いでの一般戦死者は8万に登ったともいわれる。

コーラル・ミルコロス(Coral Milchoros)

1,623年に生まれたクルスクロード・ミルコロスの長男。

ゴーランド(Goland)

ファームズ帝国、サリトル王国、ゴーランド男爵領の街。ゴーランド家の根拠地。人口130,000。支配者はバーン・ゴーランド。

コリー・ハーン(Corry Hurn)

アマリス帝国特別開発庁長官。

コリール(Corir)

ティンフィル共和国のかつての評議長。評議長としての名はレンス・イストミン・ヘンドリクス。彼が評議長となったことでティンフィルもヘンドリクス家の支配下に入り、翌年のクルート連邦形成となった。

コリ・スクリプス・ヘンドリクス(Kori Scripse Hendrix)

ホーソン

ゴーリン(Gorlin)

ゴーリン教の神。無秩序の領域のイモータル。<暗黒の空>と呼ばれる。

コリン・アーミンス・トゥビアン(Collin Ermins Tobien)

かつての永世王国26人衆のC。ハーフリング。あだ名はラクス。

コーリン・エル・ミルシェビッツ(Qualing El Mirshevitz)

かつての永世王国26人衆のQ。盗賊。

ゴーリン教(Gorlinar religion)

<暗黒の空>ゴーリンを信仰する。この世の清浄な大気は毒され、生命は滅びるべきだという自滅的宗教。

コリン・クリアンストン(Colin Chrianston)

アマリス帝国公爵ロビン・クリアンストンの次男。

コーリンソン(Callingson)

クルート連邦、ティンフィル共和国の街。人口380,000。市長はエドラスティン。

コリント(Colint)

コリント王国

コリント王国(Kingdom of Colint, Colint the star kingdom)

Overview参照。コリントの母星はマルス星のある銀河の中にある。

コリント沖海戦(Naval war of off Colint)

ド・トゥ教国によるコリント侵攻。艦隊は直前で阻まれ完膚なきまでに撃沈撃滅させられた。賠償額は400万アークライ(gp)といわれる。ド・トゥはコリントと争わぬ道を選び、その後通商条約を結ぶ。

コリント艦隊(Fleet of Colint)

コリントのもつ艦隊は、全艦航空兵力を有し、他国の平均的な艦の倍以上の高速であり、時元潜航が可能で、またある程度の損傷は艦内で修復でき、また自足もできる。一艦で他国の艦船100隻を相手にできるといわれるが、彼らのもつ艦隊は合計でも30隻程度である。

コリント三星家(Colint's star families)

グラスター侯爵家、メイスター伯爵家、デルスター男爵家の3つの家族のこと。特権を伴ったものではなく仲の良さを表すものだが、男爵家にとっては侯爵伯爵との関係を示すものでもあるため、好んで使っている。

コリント星(Colint star)

エルヴァートの主なストーリーの舞台であるマルス星をはなれること3万光年の場所に位置する超高度魔法科学国家である。約5,000年前に宇宙戦争を繰り広げ、そのうちの一部隊がエルヴァートにやってきた。

コリント戦役(War of Colint)

外宇宙生命体アズラドルに占領されたコリントを、聖銀河連合を中心とした連合艦隊が解放するために出陣した戦い。連合艦隊は半数以上を失いながら、コリント解放を果たした。唯一参戦せずに裏切りをはかったイルイオスはこの後滅亡する。

コリント帝国(Empire of Colint, Colint the star empire)

  1. コリント王国の前身。異星人の建てた国家。コリント王国は697年に帝国に対して反旗を翻した六つの公爵家が730年にフラクタンスで建国した国家。
  2. コリント星をおさめる国家。

コリント暦(Colintian Calendar)

  1. コリントが降臨し、メリル・パースゥが初代皇帝として即位したB.C.5,591年を紀元とする暦。帝国時代はこの暦をずっと使用し続けていたが、637年の六公爵家による独立では既に不確かとなっていたこの紀元を廃棄し、新たに元年とすることを決定した。
  2. コリントで六公爵家が同盟を締結し、帝国から独立した697年を紀元とする暦。現在のコリントもこの暦であるが、政治の場ではこれに加えて国際標準として採用されたティアマト暦を併用している。

コリンナ(Korrinna)

エルスルム王国の街。人口21,000。

ゴーリンの目(Eye of Gorlin)

無秩序の領域のアーティファクト。視力と第六感を大幅に増幅できるが、持ち続けるとその瘴気により徐々に健康さを失う。

コリン・ローリッヒ(Corin Rolich)

ファームズ帝国第五師団長。中将。男爵。ノールトードの街の支配者。息子のディートマー・アンゼルムは聖獣騎士団ブラックトートイズのリーダー。

ゴール(Ghool)

<始めの10者>の末弟。B.C.3,851年に大白妖精たちが星の剣を鍛え上げ、光の舞と合わせて封じたとされる。実際にどのような経緯で封じられたかは現時点で未設定。光の舞大白妖精の作ではなく太古からのアーティファクトである。

1,614年にその封印が解かれ、法と混沌の区別なしに沢山の神がその腹の中に収まった。その後この神は次元を越え、エルヴァートには現れていない。

ゴール河(Gohl river)

Overview参照。

ゴール・クリスティ(Gaul Christy)

フェルナンド帝国ヴァーン州知事。旧カリュース王国首都カリュース出身。併合後に自らヴァーン州知事を買って出た。

コルコランド地方(Region of Corcholand)

Overview参照。

東コルコランドの人名にドイツ系が多いのは、かつてコリント帝国の時代にアイスラント方面から多くの強制移住がなされたため。

コルコランド王国(Kingdom of Corcholand)

  1. 1,565年にスメル帝国から独立した後のもの。エルミタル1世の時代。第一王政と呼ばれる。
  2. スメル帝国滅亡後、1,613年に共和国からエルミタル2世が王政を宣言したもので、2年後にラムサダス帝国に吸収される。第二王政と呼ばれる。エルミタル2世は1世の孫。

コルコランド共和国(Republic of Corcholand)

スメル帝国の滅亡によって自由となったコルコランドに1,612年にできた国家。首班はヨハン・ブラントだが当初から安定せず、半年の後にはかつてのコルコランド王国国王エルミタル1世の孫ハント・エルミタルが全権を委譲され、第二王政となる。

コルコランド州(Province of Corcholand)

ラムサダス帝国の州。州都はミトランド。現在の州知事はリュシアン・ローデラー。

コルコランド戦争(Corcholand war)

  1. コルコランド独立戦争
  2. スメル帝国がけしかけ、ミトランド三国同盟を中心とした枢軸を、一時滅亡させかけたもの。空戦の勇者ジャック・シュナイダーの登場で戦局が一変し、枢軸側の勝利に終わる。連合側は戦後枢軸の管理下に置かれる。第一次コルコランド戦争と呼ばれる。
  3. 第一次コルコランド戦争で思惑通りにいかなかったスメル帝国が、今度は自らコルコランドを滅ぼそうとしたもの。グランアース鎮圧により開戦が半年遅れたものの、一時は共和軍を窮地に追いつめる。しかし、再び登場したシュナイダーによって反撃をうけ、帝国軍は逃げもどる。カイオーンの戦いに勝利した共和軍はそのままスメル領内へとなだれこんだが、これは帝国軍の予想済み。コルコランド内で混戦している間、別隊がデイター付近から上陸、スメルへ入った共和軍の後を追って帝国へ「再入場」、当時まだ<死の荒野>と呼ばれていたその場所で、決戦となった。シュナイダーは後背をつかれる危険に思い至ったが、時すでに遅く共和軍はそこで前後から挟撃されて壊滅、コルコランドは占領される。第二次コルコランド戦争と呼ばれる。

現在では単に「コルコランド戦争」といえば後者を指すことが多い。また第二次コルコランド戦争の、スメル領内における一連の戦いは別個スメル戦争と呼ばれることもある。シュナイダーは第一次と第二次の間にメイスン議長の娘・シャーリィと結婚していたが、第二次戦争のあとは彼女とともにミトランドの地下に潜伏して機会をうかがった。数年後にスメル帝国がキングスパーティに打倒されると、地上の生活に戻った。

コルコランド独立戦争(Corcholand revolutionary war)

スメル帝国史、ラムサダス帝国史。1,564年に起こった、スメル帝国に対するコルコランド地方の独立戦争。翌年スメル帝国軍が撤退し、複数の国家が独立を果たした(「コルコランドの年」)。

コルコランドの英雄(Hero of Corcholand)

ジャック・シュナイダー

コルコランドの年(Year of Corcholand)

地球の「アフリカの年」と同じように、コルコランド地方で多くの国が独立を果たした年。ティアマト暦では1,565年にあたる。ここで独立したのは、ミトランド王国、タルカス王国、デランナ帝国などである。

表向き、これは独立を求める各民族にスメルが対処しきれなくなったようにも見られているが、実際には東側の各民族を独立させたことにして、西側の各民族にこれらを監視させようとしたものだった。実際、ここで独立させたアルジャストレル帝国は完全にスメルの傀儡であり、これはそれ以前から独立していたニーチャ市国、ミンス王国と同様だった。さらに自由を謳歌し始めた東側に対してスメルが懲罰を加えようとしたのが第一次コルコランド戦争であり、それは半年間はうまく機能した。ジャック・シュナイダーの登場がこれに狂いを生じさせた。

コルッチョ・チェザーレ(Coluccio Cesare)

かつてのコリント王国子爵。現当主ベリーニとその妹ロネツィアの父。フィラーの財力に目がくらみ、娘を売り込んだ。

ゴールデンレーヴェ(Golden löve)

ラムサダス帝国の国旗候補。以前のスメル帝国の国旗であった漆黒のうえに、王者の証の黄金の獅子をあつらえたもの。何時の頃からか通称となったが、現時点では皇帝の認可を得られていない。コルコランド(ドイツ系)の言語であるから、そちら出身の者が言い始めたと思われる。

ゴールドコール会戦(Battle of Goldcall)

ラムサダス帝国史、1,619年。アシュラブレイの乱における戦いのひとつで、ゴールドコール湖西岸で行われた。

ゴールドコール湖(Lake Goldcall)

Overview参照。

コルハトラス島(Colhatras isle)

アルファ島の中央湖に浮かぶ火山島。

コルビッチ・サーティン(Corvich Sertine)

アマリス帝国老中。

コール・ビッツ(Corl Bitz)

アマリス帝国大目付。

コルヒドラ(Kol Hydra)

ヒドラの上位生物。完璧な自己再生能力を持つ。

コルプト・フォン・シュヴァルツヴァルト(Korpt von Shwarzwald)

かつてのドバヌール王国陸軍師団長。陸軍総司令。大将。

コルベー(Corbet)

スメル大陸北西部にある街。かつてスメル帝国に占領されたことがある。

コレクター

カルドレア・アサハルデルン

ゴーレムファイト(Gorem fight)

ラムサダス帝国発祥のスポーツ。小型ゴーレムに乗って格闘を行う。相手を倒した時点で勝利となる。団体戦も存在する。1,620年代にオージャスへも伝わって人気を博している。

金色の学び舎(Golden school)

フリンキア大学

コンドル(Condor)

ラムサダス帝国の攻撃機。

コンドルジェット社(Condorjet)

フェルナンド帝国の戦闘機製造会社。

混沌戦争(Chaos war)

  1. B.C.5,000年の戦い。通常は聖魔大戦と呼ばれる。
  2. 1,614年、ティアマトの復活によって混沌が濃くなり、ついにはシルヴァーまでが帰還したという事件。第二キングスパーティおよび26人衆によって混沌は駆逐された。
  3. 1,629年、混沌の神たちが<古えのしじま>オルクマルドを復活させ、白のラ・リューンを滅したことにはじまる。第三キングスパーティともいうべきアンドリュー・フェルナンド、アザワイズ・テレビジョン、ブリュンヒルデ・フォン・ドバヌールらの、ルーンワールド行によって解決する。

混沌のプール(Chaos pool)

法と混沌のプール

サイ王国(Kingdom of Sie)

かつてホーメルト南島に存在した国家。首都はルーリ。1,617年のフェルナンド侵攻で滅亡。最後の国王はメアリ・タブリッツという女王。

サイアノル・フィン(Syanor Fynn)

創時の大白妖精のひとり。ヴァンガードに従ってエルヴァートにやってきた。イルゾニアの森にはいり、そこで幸せに暮らしていたが、あるとき<黒の預言者>ビッボオルゥの介入があり、彼が<家宝の腕輪>と呼ぶアイテムを得る。そして、その後彼は子供が生まれた際、呪いによって衰弱死したのである。B.C.4,666-。

ラムサダス皇帝の先祖である。

サイアミル共和国(Republic of Syamir)

Overview参照。

サイ・イェルム(Si Yerrem)

風のエレマスター。

災害緊急復興法(Law of the reconstruction in emergency)

1,624年、ラムサダス皇帝がヤースに遷都した直後にグラスティースを襲った震災と津波に対する復興を目的とし、かつこれ以後の同様の事件に関しても含めた内容のもの。

サイクロン(Cyclone)

ラムサダス帝国の戦闘機。

最高審議議会(Supreme deliberative assembly)

アマリス帝国の意思決定機関で、皇帝、老中、長官および各所長の大臣で構成。議長はハル・コルスティン。

サイゴン(Saigon)

アマリス帝国白色騎士団、ロウ中将の旗艦。

サイス・アトリアン(Sice Attorean)

エルドレス神国(ネルザン王国)〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の伯爵で、エルドレスの陸路の要衝アトリアンの街一帯を治める。エルドレス神国時代は父のシロルが治めた。

サイス・コーネル(Syth Cornel)

ファームズ帝国第四艦隊司令。中将。

サイタース(Sytars)

リリスがイモータルとなって最初に生け贄にしたとされる男の名。

ザイドガ(Zydoga)

旧ジェトール国群に属するブラゲルの支配者。オーガ。

サイノズ族(Sinosian)

エルスルム王国史において、エルスルム内乱の元となった民族。彼らはその際、エグレ族に対する処置を不服としてエルスルムを去り、海を渡ってバラカンスに至った。現在主にバラカンスのサイノサイドの街に暮らしている。

サイ森(Forest of Sie)

フェルナンド帝国ホーメルト南島にある森。エヴァーグランとも。南部はグリュンヴァルトという名前で、アルフの4氏族が住む。

サイモン(Simon)

フェルナンド公国騎士団長。

サイモン・フェルトン(Simon Felton)

ノブルランド〜ジアザー帝国の子爵。アイスラント・ノブルランド交換条約による移住を望まず、そのままノブルに留まってフェルナンド帝国民となり、爵位を失って平民になった。ただし現在でも名家として存続している。

サイラス(Silas)

ド・トゥ教国ジェミル右大公の次男。カッサンおよびジュリアの弟。兄同様に知性が足りず暴力的。兄の腰巾着的な存在。兄に従っていればおこぼれにあずかれ、ゆくゆくは第一王女フェイミールも好きにさせてもらえると考えている他、父が自分に第二王女ピュリアールをあてがって兄弟で姉妹を共有できると信じている。

サイレイン(Sylane)

フェルナンド帝国バレラス州、モービック半島の西岸の都市。

サイレイン会戦(Battle of Sylane)

1,630年のフェルナンド帝国ハインスリッターの反乱において、ハインスリッター本隊を皇帝アーサー・フェルナンドが自ら撃破した戦い。ハインスリッターはここで戦死した。

サイレルン・ベラタン(Cylerun Beratan)

ヴァレールアルフ。

サイレント・ベル(Silent Bell)

アマリス帝国空軍の通称。

ザイン(Sein)

978年にシェリンヒ方面の争乱を逃れてアドリルにたどり着いた男。アドリルの始祖7家族の1つ。

サイン・レイディオ(Sign Radio)

アマリス帝国皇太后アナザーとその妹リプルの母。

ザウランド帝国(Empire of Thauland)

約2,000年前に、南ホーメルト島に栄えた巨大帝国。アリーシア帝国とはよく共存していたが、B.C.1年の暗黒の聖母のシルヴァー神らの介入でともに滅んでしまう。アリーシアが神官の国なのに対して、ザウランドは戦士の国であった。また、どちらも魔法使いを嫌っていた。

ザウランドの厄災(Disaster of Thauland)

ナイトフレーム

サカーカ8世(Sakaka VIII)

1,000年頃のシリア王国国王。

サー・カリオイ(Sa Karioi)

ホーストヘルン帝国、キルクラクト帝国の皇帝。戦士。

ザカリクード・ダンクノック(Zakaricude Duncnoc)

コリント王国第三十代国王。1,498年にイェルト王家から交代。現国王ハレスガードの直系ではない。

サガルマート(Sagalmart)

Overview参照。

伝説の女王(The Queen)

第5次元の存在。イモータルたちの間でしか知られていないといっていい。

ザクサクス(XAXAX)

活力の領域のイモータル。モンゴル大帝国で信仰されるモンゴル大連道倫教の主神。モータルの頃はモンゴリアン・ヒャスターレという名で、モンゴル大帝国皇帝の祖先。

ザクザ冷症(Zaxa cold)

主にドール地方で広がる病気。

雪の下(Saxis)

  1. エルヴァートでの呼び名。
  2. ローラ・ハイランダー

サクソン(Saxon)

キルクザルト民族共和国の議長。戦士。モンデルの長男。ブランカイント王国時代はアルフルトの前任の最高司令官。

サクタニ族(Saktani)

現在のガイラック地方に起こった民族。東南に進出してティリンスを攻撃した。

ザクニシカ王(King Zaknisika)

スメル帝国史。戦士。古代メドロー王国の王で、大遠征を繰り返してドール方面にまで進出した。しかし後継者を定めずに戦死してしまったため、その後王国は分裂した。

サクラ・サルガス・グラバー(Sakura Sargas Glover)

モールド王国国王ファラント・モールドの第三妃。ヒアデス王子の母。

佐倉州(Province of Sakura)

ラムサダス帝国の州。州都は佐倉

桜草

桜草

サクラメス湖(Lake Sakrameth)

Overview参照。

ザクリズル(Zacrizl)

ザクリズル王国の国王であるリッチ。いつからそこにいるのかさえ知られておらず、地上世界の代表的なリッチであるアサノイス・ロデリカノスよりも強力で危険な存在。元々はメルクスター・ヤルミールという名のノーソリアアルフ王だった。地上を追われて地下世界に住み着いた。

ザクリズル王国(Kingdom of Zacrizl)

地下世界暗黒大陸にあるアンデッドの王国。1人のリッチがアンデッドの大軍を率いている。ただし、この存在自体は地下世界の存在以上に知られていない。地下世界の海の女王であるセトリエラ(美しい人魚)でさえ、彼らがひとりの王に率いられているなどとは考えていない。明確な首都はなく、基本的にはバラバラである。

ザクルース州(Province of Zacroose)

ラムサダス帝国の州。州都はエスカフ。

ザクルース王国(Kingdom of Zacloose)

スメル帝国滅亡後にザクルース半島の民族が独立して建てた国家。首都はザクルシオ。スメル帝国ラムダサス朝によって滅亡。

ザクルース半島(Zacloose peninsula)

Overview参照。

ザクルース焼き打ち事件(Barbecue of Zacloose)

1,613年、ラムサダス皇帝は強力な武器を望み、すべてを焼き尽くす業火の兵器「フレームランチャー」を、ロングッドの魔法使いカルドレア・アサハルデルンにつくってもらった。皇帝はその実験として、帝国参加要請に反対し侵攻してきたザクルース王国の首都ザクルシオに対し、艦隊からフレームランチャーによって砲撃、一瞬の内に廃虚と化さしめた。皇帝はこの絶大なる破壊力に懸念を示し、ランチャーの大半を封印状態にした。

サークレット(Circlet)

物質の領域のアーティファクト。

サーコート(Sircort)

イングヴィン山脈の高山。6,518m。

ザ・サードマン(The Thirdman)

フェルナンド帝国情報局高等情報部部長。少将。本名マイスーン・カイセリ・バクルだが記憶喪失により彼自身知らない。ロウトアー盗賊ギルドでは「廃棄物」と呼ばれていた。「ザ・サードマン」はアーサー・フェルナンドによるものである。シリア系。

サザーランド1世(Sutherland I)

イーストフェリア帝国の従属国、ポールフェリア王国の国王。戦士。

サーザン諸島(Surzan isles)

Overview参照。

サザンハイランド(Southern highland)

Overview参照。

サザンハイランド100日戦(100 days battle of southern highland)

スメル帝国史、内乱の二世紀。サザンハイランドでメルセット、ファンドリアの軍が対峙したもの。直接的な戦闘は一度しか発生せず、メルセットが軍を返した。

サザンハイランドの戦い(Battle of southern highland)

スメル帝国史、内乱の二世紀。1,046年、サザンハイランドにてタロス・シャイツがファンドリア軍を下した戦い。

サージェルス(Sergels)

クルート連邦、ポールウォウン共和国、ソクソロス市長。

サージェルド(Sergeld)

聖銀河騎士団の一人。<赤き髪>と呼ばれる。

サージェン(Surgen)

ファームズ帝国、サリトル王国、ゴーランド男爵領の街。サージェン家の根拠地。人口30,000。支配者はマイク・サージェン。

サージュ(Surge)

ド・トゥ教国マンスリーナイトのジェインおよびメイアの父。ハランド前左大公の子。本来であればマーデミルの夫となるはずだったが、メイヤー前右大公の謀略により夫はノードルニとなった。父を陥れたメイヤーを憎みつつ、自ら事を起こす気にもなれずにいる。

サージョン(Surgeon)

ド・トゥ教国の王子。フェイミール、ピュリアールの弟。次期右大公の候補。

ザ・スコーピオン(The Scorpion)

神速の技を持つと噂される剣士。一般的には本名は知られていない。正体はエストメスランド連邦出身の美少女で有名なニケ・レーヴェボルク。1,626年にある盗賊団(クリスタル・サーペント配下)に雇われて馬具笊地方綺屋都の貴族邸宅を襲った際、当時まだ無名だったイルリック・カーサリアンと死闘を演じた末に無傷で取り逃がした。そんな経験をしたことがなかったニケにとってこれはとても衝撃的な事件であり、その後名も知らぬ少女戦士との再戦を密かな楽しみとしている。また、イアン・トルネイオスとも死闘を演じたことがある。

ザスター・パンサルス(Zuster Pansals)

元ロングッド王国男爵。1,545年に男爵に任じられる。フマーランの祖父。

ザス・トラス海(Zas-Toras sea)

Overview参照。

サダクーロ(Sadakuro)

<始めの10者>の4番目。エルヴァートのある宇宙を生成する。

サダシュ・テピシキ(Sadash Tepisiki)

ファームズ帝国史。サリトル王国国王(当時のテピシキ家当主)。1,409年に誘拐された。

サダム・アブドラ・フッサン(Sadam Abdra Fussan)

シリア王国出身の著名な旅行家で、1,622年に地理書「世界地勢大全」を記したことで知られる。1,577年、首都クルスピリア近郊の寒村サイイドで生まれ、20歳の頃から各地を歴訪、40歳半ばで表世界の国々のほとんどを周り、また地理に関する知識を集めた。

1,628年に故郷のサイイドに帰り、数日で息を引き取る。心臓発作とか、肝硬変だとか言われているが、すでに火葬されたため真実は定かではない。

サダム・マリニ(Sadam Marini)

亡国シリア王国海軍艦隊司令官。中将。シリア4世の妹アリザの夫。

サダラン山脈(Sadaran mountain range)

Overview参照。

サタル湾(Satur gulf)

Overview参照。

サタン(Satan)

ド・トゥ教国の公爵。サールニックの街を治める。

サタン教会(Satannic church)

コリント、ミラードなどにある小さな宗教。ケイズやワイルドを信奉する。

サツカナス(Satzkanath)

スメル大陸オスメリア森にあるアルフ街のひとつ。

サックレス(Sacllace)

エルスルム王国の街。人口26,000。

殺人王(Satsujin-Oh)

窈湖のPC-88801MR用最新作にして最後のソフトウェア。縦スクロールの超強力シューティング(インストラクションカードより)である。製作者の窈湖自身、5面以降でミスすると復活は不可能と言っており、その難易度はドラゴンのようだと形容される。一般では、いまだ6面を攻略したという報告は数人しかなされていない。

知られていないが、このゲームの一番の熱中者はファームズ26世である。ジアザー・テレビジョン2世は何度か国際会議等にコンピュータを持参したことがある。彼はこれをゲームのための機械だと説明しており、そのことを証明するために何カ国かの君主たちにゲームをプレイさせたのである。1,630年の国際会議で、ファームズ26世はなぜか最新のこのゲームに極めて引かれ、数時間続けてプレイしていた。機密データが含まれないし、ゲームの機械だと説明した手前、ジアザー2世も無理にそれを止めることはできなかった。

ザッド・アンディル(Zad Undil)

かつての永世王国26人衆のZ。

サティッシュ・ミトラ(Satish Mitra)

海の王国で王家ネールに仕える術師の家系であるミトラの現当主。宰相兼最高術師スワティの父。

サテュロス湾(Saturos bay)

サタル湾

衛星爆撃(Satellite bomber)

フェルナンド帝国の軍事衛星バレラスサットからの攻撃。現在までに実行されたことはない。

(Sateliana)

アルフ

一般にはアルフのこと。もともとはアルフ語(セレドリム語)で、「天空に輝けしもの」とか「照らせしもの」を意味する。転じて創始の光(精霊)を内に秘めたアルフ(ラメル・クロイエンやスレイアーン・ブラーンシュ)のことを意味する。

星の剣(Satelian)

古き大白妖精の鍛えたとされる剣。太古、ゴール神を封じるのに使用された。物質の領域のアーティファクト。大白妖精によれば、素材はこの世界のものではなく、<古き者>クウィル神がもたらした、あるいは神自身とされる。アンドリュー・フェルナンドやグレイハウンドらがルーンワールドにて発見。

サドヴァン3世(Sudvan III)

ライトネア連合王国の前連王。実子がなかったため、はとこにあたるシラカン7世に連絡を取って長男マヤルクサスを養子に据えた。この養子が後のサドヴァン4世。

サドヴァン4世(Sudvan IV)

ライトネア連合王国連王シラカン8世の実兄にあたる。本名マヤルクサス。ライトネア連合王国の連王で前連王サドヴァン3世は実父ではない。魔術師。1,629年の第二キングスパーティの地下世界行にて会見、封印の壺を譲り受けた。

サドウィ・ラ・カナス(Sadwi Ra Kanath)

Who's Who参照。

サトカ(Satka)

  1. ド・トゥ教国の元首都。現在のサンブランド。初代アルフミリエル・サンクラルの母とされる女神の名を冠していた。
  2. 時間の領域のイモータル。ド・トゥ教国初代女王アルフミリエル・サンクラルの母とされる(実際には、サンクラルはサトカ教団の最高司祭)。

サトカの錫杖(Khakkhara of Satka)

ド・トゥ教国の女王に代々伝えられている、時間の領域のアーティファクト。初代アルフミリエル・サンクラルが母とされる女神サトカから授かったと言われる。歴代女王専用の装備。この錫杖を手にすることで女王の即位あるいは譲位が完了し、神性を発現させる。

基本性能はそれほど高くはないが、女王およびその後継者以外の人間が触れると対象を破壊(ディスインテグレート)するために活性化する。どれだけ屈強な戦士や魔術師であっても分解される確率は一般人と同じである。分解の発動は最大で6分間、1秒に1回のペースで行われる。つまり対象者は毎秒分解される危険性が生じるため、逃れることも至難である。対象が分解されるか、100フィート以上逃れるか、または6分間経過するかした後、同じペースで回復する。イモータル級魔術であるため、モータル魔法はウィッシュ以外影響を与えない(それも非活性にするか対象を変えるか程度であり、破壊することはできない)。

サドネ(Sadne)

古代アリーシア王国の首都。現在のセイアン方面にあったと伝わる。

サート・マリドレアン(Sert Marrydorean)

かつての永世王国26人衆のS。魔術師。

サトミ・グウィンバード(Satomi Gwinberd)

フェルナンド帝国元提督ナジャール・グウィンバードの第二夫人。第一夫人カナの妹。

サトミ・リンウッド(Satomi Lynwood)

サトミ・グウィンバード

ザードラ王国(Kingdom of Zerdra)

裏エルヴァートの王国。Overview参照。

ザードラの道(Road of Zerdra)

ザードラ中央部に張り巡らされた太古の道。自然を巧みに利用しているために、一見して道だとは分かりづらい。かつてザードラの地に栄えたヒルカマサルド帝国の、帝都と地方をつないだ道である。

ザードランド帝国(Empire of Zerdland)

かつてのエルヴァート世界大戦の張本人たちの一国。B.C.7,000年頃に勃興。サリシカやマドロニアを滅ぼして大帝国になる。エルヴァート世界大戦の張本人の一国。

サトリアナ(Satriana)

クルートやミラードで信奉される。<白髪の賢者>と呼ばれる時間の領域のイモータル。

サトリル(Satril)

コリント王国海軍提督。大将。魔術師。

騎士団(The knights)

ロングッド王国の騎士団。1,600年からエイミス・カルストリンという人物が騎士団長であったが、1,615年のロングッド興亡戦争で全滅、エイミスは割腹自殺をしている。王族を守護することを絶対の誓いとしていた。

ザナック・エーヴリング(Zanac Avering)

故アイオリス帝国の皇子で、フェルナンド皇后エリカの兄。ロングッド侵攻時に戦死している。エリカと兄が、海水浴に出たときの逸話は、エリカの人間を知ることができる話として有名である。

サナリナ湖(Lake Sanarina)

エストメス大陸東岸付近にある湖。グレートアイスが南に張り出したところであるが、この湖およびそこから流れ出る川は氷結しておらず、その周囲も気温が氷点下になることは稀である。また魚類も豊富であり、ホーストヘルン帝国ではここに漁に来ることも多い。

湖との間にはグレートクリフが存在するが、湖の南東にあるテリオンと呼ばれる場所に巨大な人力エレベータを建設している。ロロー王国の首都カル・エマンに近い。ファームズ帝国はここの使用許可を得ており、テリオンから街道へ出たところにあるリーローという街を実質的に経営している。

サニー・クレッソン(Sunnie Cresson)

Who's Who参照。

ザーネヴィルデ・フォン・ルエンカシュフォン(Sernevirde von Luencashvon)

コルコランド王国・ルエンカシュフォン侯爵の令嬢であったが、スメル帝国皇帝シュメール・シャイダーに襲われて彼の子を宿される。その後後にメイスン議長となったレカント・ハンスの妻となり、カーレルおよびシャーリィの兄妹を産む。カーレルはシュメール・シャイダーに殺害されたが、シャーリィは「コルコランドの英雄」と呼ばれたジャック・シュナイダーの妻となった。

サネカ(Saneka)

ライトネア王国の将軍。1,624年に任じられた。

砂漠の古龍(Wyrm of the desert)

フェラーラ

サバト山脈(Sabat mountain range)

Overview参照。

サファイア(Sapphire)

リトル・ウィッチズ

サファイア・ミルコロス(Sapphire Milchoros)

1,621年に生まれたクルスクロード・ミルコロスの長女。

挲坏瀝帝国(Empire of Sā huài lì)

かつてドール地方の東岸一帯を支配した帝国。中華風の文化圏。スメル帝国史・ラムサダス帝国史に残るものは以下。

  1. 581年、により統一。王朝。618年にによって滅ぼされる。
  2. 618年、に禅譲。王朝。907年にアーロイ王国に滅ぼされる。
  3. 841年、アーロイ王国がスメル帝国に滅ぼされる。アーロイ王国は1,338年に馬具笊により滅ぼされる。
  4. 1,368年、民紹により独立。王朝。1,616年にラムサダス帝国に吸収される。

挲坏瀝文明(Sā huài lì civilization)

ドール地方東岸に起こった文明。紀元前8,500年紀。

サフィール・トリアス・クルル(Surphille Toriath Crull)

オスメリアアルフ・クルル氏族長。

地下世界(Subroam)

エルヴァートの地下に広がる空間のこと。Overview参照。

カレンティシアス王国は地下世界が本体だが、地上にはまったく知られていない。

地下世界会議(Council of Subroam)

イモータルの会議。メロス、ゼルディアン、ル・ソレイユ、ニュークリスト、ビッボォルゥ。

佐保(Saho)

馬具笊ギルド帝国天皇の子。

サーマイト(Sermyte)

フェルナンド帝国サーマイト州の街で、州都候補。人口80,000。

サーマイト州(State of Sermyte)

フェルナンド帝国の一州。セイレイ大陸併合後に作られたもので、州都、州知事とも未定。

サーマイト王国(Kingdom of Sermyte)

かつてセイレイ大陸西岸に存在した国家。スメル帝国来襲に際し戦わずして降伏した。首都クライオン。最後の国王はアンドル・サーマイト。その名は現在でも、フェルナンドの州として残る。

サーマイン(Sermine)

無秩序の領域のイモータル。<魔界の3レディが2>。

サマーソルトキック(Somersault kick)

ラムサダス皇帝の必殺技。空中もしくは地上を近付いて来る敵に対し、ジャンプして空中で一回転しながらキック。近付き過ぎていると左右の足の両方がヒットする。破壊力に優れ、食らったものは大概は後方に吹き飛ばされるのだが、座っていないと出せないという欠点もある。

サーマリ王朝(Sermari dynasty)

火王朝と呼ばれる、挲坏瀝文明早期にあったとされる王国。ただし、直接的な証拠は見つかっておらず、その後におこったタタン(印)王朝の文書にわずかに記載があるだけである。挲坏瀝の名の元になっている。

サマリヨーネ・デプス・ナム(Samarione Depth Num)

魔術師。

サマルドーラ・ラダシス(Samaldora Radasis)

ラムサダス帝国建国の礎の一人。キングスパーティのツバリ奇襲時、民衆蜂起に参加し、兄ドルドヌーラとともに死亡。

サミ(Sami)

かつてのダブリン立法共和国、そしてそれを転覆して成立した新生フェルナンド王国の臨時首都。現在でも商人たちの姿は多いが、フェルナンド帝国による悪徳商法の取り締まりにより、かつてのような悪どい商人の姿はほとんどなくなっている。

サミー・エルキュン(Sammy Elcune)

サミー・ハミール

サミ大学(College of Sami)

<港湾の学び舎>とも呼ばれる大学。商人のお膝元らしく経済をメインとするが、天文、地質、気象などにも手を広げている。商業に限って言えば、近年は南島のガンスティール大学にお株を奪われている。

サミー・ハミール(Sammy Hameel)

元26人衆ナミー・エルキュンの祖母で、母クィネス・ディアナとレア・ロングッド(ハミール)の母。トーリア・エルキュンと結婚したが、クィネス・ディアナとレアを産んだ後に離婚、その後再婚し、娘とともにハミール姓となった。娘はその後カール王子(後のメルメトン2世)の目に留って妃となる。

サミュエル・マースデン(Samuel Mersden)

ラムサダス帝国海軍第二艦隊幕僚。

ザムエル・フォン・ヴィトゲンシュタイン(Samuel von Widgenstein)

かつてのドバヌール王国陸軍師団長。少将。

寒き女帝(Chilly empress)

クリス・ネヴィル

サーム・クリムフォード(Surm Chrimford)

ラムサダス帝国軍務尚書ジョン・エドワード・クリムフォードの長男。

サムドーラ教(Samdorrian religion)

北ホーメルトからライトネア方面で信奉される宗教。冒険者の技能ごとに神がいる。ヘレス(盗賊)、シーラ(僧侶)、アフリン(戦士)、ソグ(魔術師)、ハーンズ(アルフ)、ヤムド(ドワーフ)、ドマルカン(ハーフリング)、シェレナス(全体あるいはリアノ)。

ただし、このうち実在するのはシェレナスただ1柱だけである。シェレナスは自分の信奉者を人間に広めるに当たって、架空の神々を創造してサムドーラ教を作り上げた。個々の神々の恩恵も、実際にはすべてシェレナスが与えている。

サム・ドラッグ(Sam Dragg)

フェルナンド帝国海軍第五艦隊幕僚。少将。

サーム・ファラトン(Surm Pharaton)

1,200年頃、「メヌエット」を作曲。今でも演奏されている古典。

サム・ルード(Sam Lude)

Who's Who参照。

ザモラ(Zamora)

フェルナンド帝国ロングッド州の街。

小夜曲(Selenata)

1,500年代にハイン・ミカエル・セラー・エリンセン2世が作曲。

サヨコ・サララ・イデナリ(Sayoko Sarara Idenari)

Who's Who参照。

1,590年に彼女を宰相候補として当時の宰相に紹介したのは当時の26人衆アーラン・レッドスカイである。アーランはその後1,609年に死亡するが、彼女は自分を見つけてくれたことをとても感謝していた。他の26人衆の死にはランカストで弔辞を読む程度であるが、アーランについては隠遁先の廃屋に彼を訪ね、最後の数日を共にしている。

永世王国の危機の際、彼女は半神の力でメロスの世界へ転送されていた。サヨコにはメロスの作った防御フィールドが働いているが、モータルを対象としたもののためイモータルに乗り移られた半神の攻撃を防ぐことはできない。半神の攻撃があれば、一般人であるサヨコは風圧だけでも即死することは確定であり、半神の一人が乗っ取られる瞬間に彼女を転送した。メロスはこのイレギュラーな対応を収めるため、その際の彼女の記憶を完全に抹消している。

サラ・アズデッド(Sala Azded)

シリア王国初の量産戦闘機。

サラ・カラ・カーラ(Sara Kara Kara)

Who's Who参照。

サラスターヌ(Sarastane)

エルメランの住む外界本界)。

ザラスター・メカ(Zalaster Meka)

物質の領域のイモータル。コリント王国イェルト家の守護神。その出自は星間帝国時代に遡る。モータルの頃の名はダイモス・イェールティア。

サラディーナ・カールス(Saladina Curles)

イモータル・赤のラ・リューンのモータルの頃の名前。アルフ。<長征者>ヴァンガード・クロイエンの息子の一人。

サラディーナ・レストール(Saladina Lestorl)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。

サラトーニ文化(Saratoni culture)

エルヴァート世界大戦以後初めての文化と呼べるもの。

サラノス(Salanos)

ミラード帝国皇帝グランバート・レオフリックの第一皇子、次期皇帝。クルート連邦のヘンドリクス評議長の娘イステニアを妃とした。

サーラ・ヘイソン(Sara Hayson)

ミネス。女王メリルの生みの母。

ザラマンディーア(Salamandeer)

サラマンダーの王(神)である活力の領域のイモータル。同時にリザードマンが信仰する神でもある。

サリィ・トゥルス(Sallie Tulth)

ヨーン自治区に住む園芸家、植物研究者。

サリー・シンプルトン(Sally Simpleton)

Who's Who参照。

サリエール(Sarier)

無秩序の領域のイモータル。1,614年の混沌戦争時に消滅している。

サリオン・ドルウィック(Sarion Dolwick)

現在のフェルナンド王国ヴァーン州にあったドルウィック王国の国王。

サリガー・イェルト(Thaligger Yelt)

コリント王国1,200年紀のイェルト公爵。現在の公爵マジュロの祖先。1,232年、サティス家断絶によりレティシア・ダンクノックを后として登極する(第二十代)。この時点で建国時から家系を保っているのはイェルト、ダンクノックの二家であり、以降交代で王家となる。

サリシカ(Sarisika)

ザードランドに滅ぼされた国家。

ザリシュ・ティアルキ(Zarish Tearki)

コリント王国イェルト家の守護神。帝国時代にイモータリティを得たイェルト家の祖先。星間帝国コリントの艦隊司令官の一人(将軍)だった。

サリト河(Sarito river)

Overview参照。

サリトル(Saritol)

サリトル王国の首都。人口100,000。支配者はヒアンヤ・サリトル。本来の名はオーストンで、オーストン家の根拠地。

サリトル・ハイフォール(Saritor Highfall)

コリント王国第一艦隊司令。大将。ハイフォール家当主マッスルの従弟にあたる。

サリトル王国(Kingdom of Saritol)

Overview参照。

サリナ・ホーランス(Sarina Horlance)

コリント王国ホーランス男爵家。守護戦士ヒアナの妹。

サリュート山脈(Salute range)

Overview参照。

サリール山脈(Sareel mountain range)

Overview参照。

サルヴァトーレ・フランディス(Salvatore Flandis)

コリント王国貴族、伯爵。ティシアラ・ファルティアンの夫。やや派手な格好を好む伊達男。剣士としてはティシアラの練習相手となれる程度には優秀。

ザールヴュッヘの戦い(Battle of Sarwuffe)

スメル帝国史。910年。

サルカ(Saluca)

  1. イモータル・ラナリューンの本界の名。
  2. イモータル・ラナリューンがエルヴァートに持っている海底王国の宮殿一帯の名。

サルガン海峡(Strait of Salgun)

アマリス帝国エルドレス地方、ハリル湾入り口の東側。西側はクラウトハマー海峡と呼ばれる。ハリル州と東エルド州の州境は中央付近を通るが、海の状況の関係でほとんどの船はこのいずれかを通る。サルガンは元々この海峡の西側を形成する島の名前だが、島のことはあまりこの名で呼ばれていない。

サルキア・エーベルト(Salkia Aebert)

Who's Who参照。

ザルスル(Zalsur)

  1. エルスルム王国クレンドワーフ、ザルスル氏族の街。人口60,000。
  2. エルスルム王国クレンドワーフ氏族。現氏族長はボルフール・ザルスル。

サルディ(Thardy)

イモータル ラーサルディのモータルの頃の名。

サルドカトル(Sarudcatol)

ライトネア王国潜水艦隊の提督。1,616年に任じられる。

サルドモーン(Saldomorn)

ライトクル王国の将軍。

ザールドルフ(Sardolf)

アマリス帝国白色騎士団、ブレストフィアンド中将の旗艦。

サールニック(Sarlnik)

ド・トゥ教国の街。人口40,000。サタン公が治める。

サルバス・レイアン(Salbus Layan)

ノブルランド〜ジアザー帝国でロク・バン・ヨリクを治めた子爵。

サルバンの日(Day of the Sulban)

太古の文明ラ・セル・ラミアーノが復活するとされる日。大地の下で朽ちていない肉体がアンデッドとなって復活すると言われる。

ザールベルク(Sarlbelg)

ラムサダス帝国北部、コルコランドの街。かつてスメル帝国に占領され、ラムサダス帝国によって再度併合されている。

ザルメル(Zalmer)

ミラルト帝国で、第一王朝以前の原始王朝でほぼ唯一資料に現れる名前。それ以外の名を記した資料も、ないことはない。

ザールモンド2世(Zarlmond II)

イーストフェリア帝国皇帝。戦士。

サルレイン・ベラタン(Sallane Baratan)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。

ザレア(Sarea)

アマリス帝国アイスラント州の街。人口200,000。ユリウス・エンディール侯爵が治める。

サレス(Sareth)

ライトクル王国の将軍。1,622年に任じられた。

サレスティン・フロルディス(Sarestin Froldis)

モクレインの主席バード。ハーフアルフ。ヒルテミスの街を治める。

サレフビー州(Province of Sarephbee)

ラムサダス帝国の州。州都はサレフビー。現在の州知事はレイ・アドニス。

サレン(Saren)

南極王国陸軍師団長。戦士。

ザレン(Zaren)

ド・トゥ教国陸軍第六部隊長。

ザレンドリア(Sarendoria)

クルート連邦前総評議長、ポートソン(ロイ・ハラリオン)の妻。

サン・アレル・ラ・ヴェルニュ(San Arel La Verne)

アレル・ラ・ヴェルニュ

サン・アンリ・ラ・ヴェルニュ(San Henri La Verne)

かつてのドバヌール王国海軍艦隊司令。少将。1,626年に退役。旗艦はアルヒンビルト。並行世界ミネスからの移住者。かつてのミネスの剣聖でエルヴァートでは最高位に近い剣技を持つ。アマリス帝国のアレルは従弟にあたる。アレルとは異なり剣の道を目指したが、人と関わることが苦手でありアレルと仲は悪かった。ミネスの政変のさなか、イモータルの計画により二人同時に次元遷移させられた。現れた先はファンドランド。しかし即座に口喧嘩が発生したためアレルは彼と離れることにした。

山雨(San-u Aki)

馬具笊ギルド帝国最後の将軍嘉那須塩野の妻。地方によってはアーキ・サンウとも。

サンヴァ・ロー会戦(Battle of Sanva-Row)

スメル帝国史内乱の二世紀。926年。ミンゼ・クレイアンの初陣の場として知られる。

サンガリオス・マイクロフト(Sangalios Microft)

ファームズ帝国公爵カールの息子。男爵。

産業省(Ministry of industry)

アマリス帝国の省庁。民間団体の監視にもあたる。大臣はリヒャルト・シェリンク。

サンクチュアリ(Sanctuary)

スメル帝国ツバリ城の一区画。聖魔術団が使用していた。ここからは12本の強力なウィザードリィ・スタッフなど、強力なマジックアイテムが多数見つかっている。

サンクラー(Suncler)

イーストフェリア帝国陸軍第五部隊長(ポールフェリア)。

サングリア・エリアザル(Sangria Eliezer)

シヴィルスクアルフ、前エリアザル氏族長。

サングリーズル(Sanngríðr)

南ホーメルトにある鳥の里の王。グリトニル。

サンクルス(Sancles)

クルート連邦空軍第三空戦隊長。中将。

三顧の礼(Showing special confidence and courtesy)

皇帝アーサーが、<コルコランドの英雄>ジャック・シュナイダーを帝国に招こうとして、三度訪問して三度目に会うことができた逸話。

サンサ(Sansa)

ライトネア王国の街。人口143,000。

サンジェル・イェルト(Sangel Yelt)

コリント王国イェルト公爵マジュロの次男。

サン・ジョヴァンニ(Saint Geovanni)

テルドア山脈の高山。5,050m。ジョヴァンニが誰のことかは諸説ある。

雷光魔術団(Thunder Wizards)

ラムサダス帝国の魔術師団。団長はロニー・ペンローズ。1,612年にダークマジシャンズとして創設され、与える印象を考えて1,624年に改名された。組織自体の変化はない。旧スメル帝国の魔術師団を母体とし、現副長のラクナティス・ファルティアンも一員だったが、ラムサダス登極後には在野にあった魔術師をも多く取り入れ実践面での経験などから現在ペンローズが主席となっている。

実際の力はアラート・サイクスが一番だが、団長になる気もなく彼はその力を隠している。

サンダーウィング(Thunder wing)

ラムサダス帝国の戦闘機。

サンダージェット(Thunder-jet)

ラムサダス帝国正式採用戦闘機第一号機。

サンダーストーム作戦(Operation 'Thunder-Storm')

1,629年の、フェルナンドの対ドバヌール侵攻作戦のコードネーム。ドバヌール王不在を突いて一挙にフリンキアを陥落させるというもの。作戦は完全な成功に非常に近かったが、唯一海軍のセスラー提督が戦死した。

サンダーソード(Thunder sword)

  • <シーカーズ>のナイトハルトが持つ魔法の剣で、刃が魔法の雷でできている。
  • ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)専用装備で、専用鎧ファンタズムプレートに装着する。

サンダードラゴン(Thunder dragon)

ラムサダス帝国の戦闘機。マイナーチェンジ版のβ、γも存在する。

サンターナ(Santerna)

クルート連邦に信者が多い。<青き泉>と呼ばれる時間の領域のイモータル。

サンタブー(San-ta Boo)

アマリス帝国で人気の的となったスポーツ。古代からエルドレスに伝わっていたもので、イミテーションの爆弾を投げ付け、爆発と同時にその場にいたら負け、という過激な2人対戦バトルである。

サンタベルク(Santabelk)

ファームズ帝国、ミュンハイム王国、フォージ男爵領の街。人口50,000。支配者はファイア・フォージ。

サン・ダーム(Saint Dame)

アマリス帝国白色騎士団、クレール中将の旗艦。

サンダラン(Sandaran)

ミラルト文明の第二王朝群。イムホテップ王で有名。次にアメンラー王朝群が続く。現在のカトラス付近に栄えた。

サンタレン・リカリ(Santerren Wricalli)

コリント王国、ミスティーン・リカリ男爵の弟。ネルマン・ホーランスがヒアナの結婚相手の候補としている。

サンダン(Sandan)

エストメスランド連邦の一州シェンドの州都。

サン・テルトテラン(San Teltotelan)

セイアン1世の友人かつ国王付魔術師だった。イモータル、ラグラステランとなった。

サンド(Sand)

エストメスランド連邦の一州ミンセスの州都。

サンドフォーク(Sand folks)

主にスメル大陸の砂地の近くに暮らす生物。意志をもった砂の塊で、自在にその形を変えられる。色はそれほど広く変えられない。人間の形で人間の街に暮らす者もいる。乾燥に弱く、乾燥しすぎると形を保てなくなり、やがて死に至って普通の砂になる。

ザンドリアス(Zandorias)

ド・トゥ教国史。アルフミリエル・ドーズールの夫。アルビール、カナヴィット左大公、プラガンサの父。

ザントリス(Santoris)

アマリス帝国の伯爵。クレストスの街を治める。前伯爵イナクレスの長男であり、アンヌ・トリビュート前侯爵の夫となったラフィーの兄。

サンドリック河(River Sandoric)

ライトネア連合王国の北部、ライトマイ王国の首都ヘディウスからオールサックへ流れてデュール内海へ注ぐ河。ハイレアール河からヘディウスの街の中で分かれる(ヘディウスの街がこの分岐点に造られた)。この河は自然のものではなく、かつて魔術によって造られたいわば運河である。

ザンドロッチ(Sandroch)

キュート国、ラインベルクの支配者。

サン・ファルド・ミュルドス(San Fald Muldos)

フェルナンド帝国陸軍第七師団長。中将。

ザンブェッソドリー・バンクルワッセ(Zanbwesso-Dorry Banklouwasse)

アマリス帝国虹の聖騎士団β、金の将。虹の聖騎士団としての名前はアブ・ラルダル・ハルク・サブリエル。モンサルヴァート生まれで、魔導師マーリンの意思でエルヴァートへ転移した。

サンブランド(Sanbrand)

ド・トゥ教国の街。人口100,000。ダランダス公が治める。かつてはサトカという名で、首都だった。

サンベック(Sandbech)

ド・トゥ教国史。左大公。アルフミリエル・キルドールの兄。

ザンベルク・ファームズ(Sanberg Farmes)

ファームズ27世となる予定の皇太子。男爵。

サンレール大陸(Continent of Sunlair)

地下世界の大陸の一つ。Overview参照。ほぼ全土がザクリズル王国という名で呼ばれ、ザクリズルというリッチによって統御されている。

ジアザーアッパーカット(TheOther Uppercut)

ジアザーパンチ2〜3回のあと、フライを使った急上昇で相手にアッパーカットを入れる。滞空時間3秒、その間に目標となったものは真の地獄を体験するとさえ言われた。

ジアザースクール(School of TheOther)

現在のノブル大学が、建国当初ジアザースクールと呼ばれていた。現在は、アマリシア国立大学やパニア国立大学などがこう呼ばれることがある。

ジアザー帝国(Empire of TheOther)

現在はアマリス帝国と改称されたオージャス最大の帝国。建国者はジアザー・テレビジョンである。

ジアザー・テレビジョン(TheOther Television)

ジアザー帝国の建国者であり、強力な魔術師。ブラックホースとは少年時代から親友であり、まだロングッド王国時代の1伯爵息だった頃、ゴブリンに囲まれていたブラックホースを助けたことからその友好が始まった。なお、ジアザーはこの後ブラックホースをヨーンの剣豪ラスカッド・オースティンに引き合わせている。ブラックホースとアラス流の出会いはここである。

アーサー・フェルナンド皇帝やラムサダス皇帝とあわせて、キングスパーティと呼ばれる。一代で白色騎士団白色魔術団などの強大な国力を築き上げ、繁栄の度合いからいけばフェルナンド帝国以上かもしれない。変装時の姿としてガーラン・クリスティ(実在する人物で、お互い入れ替わる)およびシーナ・サーパスがいる。シーナ・サーパスは自身が気づかぬうちにロングッド王国滅亡の引き金になった。

1,629年、帝国を襲った未曾有のモンスターを封じるため地下世界へ赴いて封印の壷を入手し、モンスターを封じて自らも力尽きる。エルメランが降臨して彼の遺体を天上界へと運んだ。

ジアザー・テレビジョン2世(TheOther Television II)

Who's Who参照。

ジアザー・テレビジョンの呪文書(TheOther Television's spell-book)

実にさまざまな呪文が記されており、いまだ大いなる力を持たない魔術師が垂唾する一冊となっている。

「ジアザーは悲しみの涙を流した」('TheOther makes some tears of sadness')

ジアザー・テレビジョンの伝説的なセリフ。

ジアザーパンチ(TheOther punch)

ジアザーの繰り出すパンチのこと。肉体に与えるダメージはさほどないが、精神的ダメージの巨大さは他の追随を許さない。この最初の犠牲者は島流しにされた後、魔術師となってジアザーに復讐する機会を狙っていたが、1,622年、イリオン、シャイアンらが彼を倒してしまう。

ジアザーランド(TheOther-land)

  1. アマリス帝国の東、バルン海に浮かぶ島。Overview参照。
  2. ジアザー(現アマリス)帝国の前身となった国。首都ミファイエル。カプルカント共和国がアンデッド軍(実はアリーシアのリッチであるアーリン・セーレントゥスによる)に悩まされた時、ロングッドから彼らの要請に応じたキングスパーティがそれを救った。旧支配者層はブラックホースに統治を委ねようとしたが、彼はこれを拒否、代わりにジアザーを推薦した。このときジアザーは、いまだロングッドに伯爵領を持っていたが、すでにその土地を必要とはしていなかった。

シーア・セトック(Seer Sseddog)

Who's Who参照。

シア・ランセス(Schia Lances)

Who's Who参照。

時にロエリア・キャシディ・ハーゲンベックという名で軍師となり、時にリョン・キョンファという名でヴァイオリニストとして活躍している。どちらも正体がシアだとは知られていない(ただしリョンのみ、セリナーに知られてしまっている)。

シァルリューリ流(Sword of Cial-Luli)

名前の意味はわかっていないが、ティンフィル共和国に残る美しい剣術。攻めの型が少なく、防御に徹して相手の剣を殺し、その隙を衝く戦術。

シアンセーラ・セイン(Siansera Sein)

ティアマト暦元年頃のコリント帝国の女帝(コンピュータの代理皇帝)。フェルドンナ・セインの祖先。

シヴァ(Siva)

ウォーターミラー

シヴィリアン(Sivilian)

シヴィルスクアルフ

シヴィルスクアルフ(Sivilian alves)

シヴィルスクの森に住むアルフたち。魔術に長け、また現在までの自分の姿のうちどんな年齢にでも見せ掛けることができる能力を持つ。

現在の代表はブラーンシュ氏族のダム。ブラーンシュは太古の大白妖精マイエル・ブラーンシュ(一部スレイアーン・ブラーンシュ)の子孫たちである。

シヴィルスク王国(Kingdom of Sivilsk)

992年から1,313年までオージャスに存在した王国。現在のシヴィルスク森とその周辺。ブラーンシュ氏族の氏族長が国王となり、森の周辺を含め自らの領土と宣言。1,115年から断続的にヘレネスと戦闘状態にあった。1,313年に時の国王マルキール・レスポール・ブラーンシュがヘレネス王ロメルに協議を持ちかけ、以降シヴィルスク内外は互いに干渉しないことを条件に王国の範囲に入ってよいことを申し出た。

これによりヘレネスは広大な土地を支配するようになり、ロメルは自らの功績として自らを絶対王であると宣言、ヘレネス1世と号した。

シヴィルスク州(Region of Sivilsk)

Overview参照。

シヴィルスクタウン(Sivilsk town)

Overview参照。

シヴィルスク森(Forest of Sivilsk)

アマリス帝国にある森。Overview参照。

亦均(Jiu Yi Jun)

挲坏瀝帝国王朝が1,616年にラムサダス帝国に滅ぼされた際の最後の皇帝。

民紹(Jiu Min Shao)

スメル帝国史。1,368年に反乱を起こし、スメルから独立して挲坏瀝帝国王朝を建てた人物。大陸ではショーシュとも呼ばれる。

民紹の乱(Revolt of Jiu Min Shao)

スメル帝国史。挲坏瀝地方で1,368年に起こった反乱。民紹はベジンで皇帝を名乗った。

ジェイ・アーノルド・クレスヴィー(Jay Arnold Cresvie)

スメル帝国内乱の二世紀の人物。943年にホースーンで挙兵し、ロテナインの戦いで勝利する。その後同じく挙兵したグレゴリー・シャイツに合流し、彼の指揮下に入る。元はカラール司教。

シェイズリー(Shazrey)

グレスビ教で信奉される無秩序の領域のイモータル。カオスドワーフの神でもある。

ジェイド・パウルセン(Jade Poulsen)

ファームズ帝国マンダナグル社の女副総督。総督テセウスに好意を示しており、これもあってテセウスの現地妻との噂もある。実際には男女の関係はいっさいなく、少なくともテセウスにそのつもりはない。

シェイファー・アダーズ・テレビジョン(Sheifer Adders Television)

アマリス皇帝ジアザー・テレビジョン2世の妹。先帝ジアザーの次女。家族名は忍。ヘンリクス伯ボリス・モーリアの長男クラーク・モーリアと婚約中。姉のラヴァニー、妹のデミアとともに「ご意見シスターズ」を結成しており、皇帝である兄ジアザー・テレビジョン2世(アザワイズ)にもの申す。甘いものが好きなこともあり、すらりとした兄や姉に比べて少し肉付きが良い。感情豊かで勝ち気。許婚のクラークは彼女の押しの強さに些か疲れを感じてもいる。ただそれでも、自身で選んだわけでもないシェイファーと誠実に向き合って他の女性を希望しないのは、父親たるボリスの性格を受け継いでいるからでもある。

髪は姉と比べて明るくキャラメルのような色をしている。瞳は同じ青。幼い頃は父親の使っていた魔術に多少興味はあったものの、窈湖がもたらした科学技術を知るとそれに圧倒されてしまい、今では窈湖を「先生」と呼んでいるほどである。窈湖は彼女の興味を好ましく思っており、基礎の算術を教えて始めている他、興味を掻き立てそうな技術話を開陳することもあり、シェイファーは確実にその道を進み始めている。新種の薔薇「シェイファー・アマリシア」をつくる。

シェイファー・アマリシア(Sheifer Amaricia)

アマリス帝国の皇女シェイファーの品種改良による薔薇。純白というより、透き通るような白といえる。観賞用としてもてはやされている。

ジェイン(Jane)

ド・トゥ教国マンスリーナイトNo.1。正義感溢れる優秀な戦士。メイアの姉。ケイダ左大公に惹かれている。

ジェームズ・リッチモンド(James Richmond)

アマリス帝国陸軍第一兵団長。中将。

ジェームス・バンド(James Band)

フェルナンド帝国最高情報部長、中将。

ジェームス・フェルナンド(James Fernand)

フェルナンド王国第八代国王。<冒険王>と呼ばれ、<航海王>アルバートと並び称される冒険家。前王チャールズがアイアイア熱で死亡したため即位する。

ジャストア・アマロン1世(Justore Amaron I)

かつてホーメルト北島にあったアマロン王国国王。1,596年の建国者であったがそのまま最後の国王になった。フェルナンド侵攻によるテレジナスアートの降伏後、一戦交えることなく進んで降伏した。そのためジャストアもその子供たちも命を長らえることができ、現在はアマロンで一市民として暮らしている。

ジェットコンドル(Jet condor)

ファームズ帝国の戦闘機。

シェトラルカ(Shetralca)

ラムサダス帝国コルコランド州の街。かつては北西にあるシェトラ森がもっと南東にも広がっており、この街は森の中にあった。その頃の住人はアルフだった。現在、この地域にまとまったアルフは住んでいない。

ジェトール王国(Kingdom of Jetool)

  1. かつてアルセン王国の北西にあった国家。首都シャルルカ。ヒューマノイド軍を組織してエルスルム王国を攻撃したが、エクスカリバーを持ったブラックホースに撃退された。その後ジアザー、フェルナンド、ドバヌール(およびラムサダス皇帝個人)との戦争で首都が壊滅し、滅亡する。最後の国王はブルータス・ジェトール3世。その後どの国もこの地を併合していないため、現在は王国の大貴族や商人が独立し、街や地域単位で国を名乗って争っている。これらの国家群のことを「旧ジェトール国群」と呼ぶこともある。現時点でアルセンやライトネアはこの地を併合しようとは考えていない。
  2. ジェトール王国滅亡後、第三王子セネカが南部の街メルメで即位し、ジェトール王国の継続を宣言したもの。旧王国の実力部隊テンプルナイツのサブリーダーだったパレスレステナト・ファミリアルが従っており、全土の正当な支配権を主張しているが、勢力範囲は実質的にメルメの街だけであり、その声はむなしく響く。

シェナ(Shenna)

南極王国の第一王女。およそ20年前に臣下ブリーズと駆け落ちして、行方不明になる。ブリーズとともにラナリューンの城にいたが1,628年にブリーズが死去、悲しみに塞ぎ込む。翌年ブリュンヒルデが同じように城に来て、話し合ううちに祖国が気になり始めている。

シエネ(Siene)

シリア王国海軍ウル・アッディン提督の旗艦。

ジェノヴ・キーンタール(Jenov Keentarl)

元ジアザー帝国白色騎士団師団長。1,627年に引退し、最終階級は大将。

ジェフ・アントラー(Jeff Antler)

ラムサダス帝国陸軍。

シェフィールド(Shefield)

リトル・ウィッチズ

シェフラン(Scheffran)

聖銀河騎士団の一人。<白き輝き>と呼ばれる。

ジェフリ・フェルナンド(Geoffry Fernand)

アーサー・フェルナンド皇帝の弟で魔術師。バレラス近郊に建てた塔で暮らしている。独身であり、結婚をする気はないらしい。こと国家に関しての兄の政策には完全に賛意を示してはいないようで、皇帝に冷たい視線を送ったりすることもある。昔から「兄さんには分からないでしょうね」などの言葉を発することもある。

ただ、労務や民政に対する知識をもっているので、アーサーとしてはできれば閣僚に加わって欲しいと考えていることも、事実である。

ジェミリア・リンドル(Jemilia Rindol)

かつての永世王国26人衆のJ。戦士かつ吟遊詩人。吟遊詩人としての方が有名で、「ラティミール」や、「憧れのカレンティ」などで知られる。伝説のアルフの11弦琴を弾きこなしたといわれる。

ジェミル(Jemir)

ド・トゥ教国の右大公。メイヤー前左大公の息子で、現国王ノードルニの弟。次期国王カッサンの父。マンスリーナイトNo.7 ジュリアの父。アントゥーンの街を治める領主だが、実質的に教国のトップ。。陰湿な権力指向者。ジュリアはダランダス公爵の息子に嫁がせるつもりでいる。

フェイミールとカッサンのため、第二王女ピュリアールは排除するべきだと考えているが実行できずにいる。彼女の優れた力と人気が表向きの理由だが、本心はなんとか彼女を自分のものにしたいと考えているためである。これを止めているのは(同じく姪を自分の妃として殺されることになった)ヒュリン右大公の故事による。

根っからの女好きであり、伯父バイロンと彼が籠絡した前女王エストールが暮らす山間の町サールニックにしばし通っていた。現在は、気に入った町娘を自分の屋敷で強引に働かせては手を付けるのを繰り返している。

シェラリーフ・イェルト(Scheralief Yelt)

コリント王国の前国王、リスク・ザ・ワイズの第二王女。姉ラリエが産褥後にみまかったためハレスガード・ダンクノックとの婚儀も持ち上がったが、ダンクノックは断った。彼女はこの後、未婚だったミルファス・グラスター侯爵に嫁ぐことになる。

ジェラルド・マクミラン(Gerald McMiran)

ラムサダス帝国最高裁判所所長、バビロン大学教授。ロングッド王国ラムサダス男爵領でも尚書だった。

シェリー・ミュリエル・イングリス(Shelly Muriel Engliss)

Who's Who参照。

シェリダン・ネスア(Sheriddan Nesua)

カラバル・プレステア・ネスア3世の后。ラギットの母。

シェリンガー・レストール(Sheringer Lestorl)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。

シェリンデル(Schelinder)

ゼルアンド神国の最後の教皇。ファティランス教皇の後任。ジアザー帝国との戦争に敗れ自決。

シェリンヒ(Sherinch)

ミラード帝国シェリンヒ侯爵領の街。人口610,000。現在の支配者はアイスバード・グードセン。クルート連邦との国境に近い。シェリンヒ王国時代はテオディヒシュタットという名だった。

シェリンヒ王国(Kingdom of Sherinch)

かつて存在した国家。1,618年にミラード帝国に併合され、シェリンヒ侯爵領となる。

シェル王国(Kingdom of Shael)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国の主国。連合王国としての首都、国王はシェル王国に同じで、それぞれシャン・カル・マザド、ナーダス。

ジェルバン(Jerbann)

アナーティア教で信奉される無秩序の領域のイモータル。

ジェルメ(Jelme)

1,000年頃のファード宗主国の支配者。

シェレナス(Sherenus)

物質の領域のイモータル。リアノに信仰される。モータルの頃はクリニテルスという名のリアノだった。サムドーラ教では全体を司る神とされるが、実際にはシェレナスのみが存在し、他の6柱はすべてシェレナスが作り出した教義上の存在である。。

ジェレミー・サンレム(Jeremy Sunrem)

亡国ロングッド王国で、陸軍第四師団(および第六大隊)長だった人物。大将。

ジェレミー・ドレスコート(Jeremy Dresscourt)

コリント王国伯爵。ドレスコート伯。ノズミー共和国大統領キャミーの叔父にあたる。

ジェレミー・フェルナンド(Jeremy Fernand)

フェルナンド王国史。ウィリアム・フェルナンドの孫。

ジェローム・ル・ミュラ(Gérôme le Murat)

Who's Who参照。

シェン・アラス(Shen Arace)

アラス流剣術創始者、ランディ・アラスの直系の子孫。ランディの剣をもっとも良く伝えたとされる一人。ブラックホースの師、ラスカッド・オースティンの師である。

シェンド(Shend)

エストメスランド連邦の一州。州都サンダン。

シェントリス(Shentris)

ルドニーク

ジェンドリン(Jendrin)

かつての永世王国26人衆のJ。

シェンロイム(Shenroim)

アマリス帝国リーン州の街。人口70,000。現在の支配者はボン・ロートルニヒ子爵。

シオヌール・ダルハッキニー(Sionoor Dulhakkiney)

Who's Who参照。

シオノ・ヨシュニス(Shiono Yoshnis)

嘉那須塩野

シオン(Sion)

フェルナンド公国パニアゼミナール政治倫理担当。

シオン・エスリーク(Zion Esreec)

Who's Who参照。

シオン・ネクルフィスト・ミールテル(Sion Neclefist Mieltel)

ノブルランド〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の男爵。高位のネクロマンサーで館はアンデッドの巣窟となっている。アイスラント・ノブルランド交換条約発効でジアザーに従って父祖の地トウィルドランドを離れ、現在はハティナスを新しい領地としている。

彼がネクロマンサーになったのは、トウィルドランドの屋敷内の土地が突如隆起し、太古のネクロマンサーの部屋が出現したことによる。シオンはその部屋にあった高度な魔術書を読みふけった。なお、ネクルフィストは「黒い手」であって本来は名前ではない。

シーカーズ(Seekers)

有名な冒険者の一団。レオナー・ザ・ジャスティス、イェナンス・オブ・テシアス、グランディス・イ・カイル、ナイトハルト・シェリンク、ロードリアス・カイル、リスティル・エル・ブラーンシュ。

ジギスムント・フォン・フィヒテ(Sigismund von Fihte)

ラムサダス帝国海軍第一艦隊司令。軍級は上級大将。十六武将の一人。旗艦はフォーゲルヴァイデ。

ジギスムント・ヨアヒム・ライマールス(Sigismund Joachim Reimahls)

かつてのドバヌール王国陸軍師団長。中将。

直訴箱(Direct-box)

ウィッシュボックス

ジークフリート・フォン・エルムラント(Siegfried von Ermland)

かつてのドバヌール王国陸軍師団長。中将。

ジークムント・フォン・オッペンハイマー(Siegmund von Oppenheimer)

元ラムサダス帝国陸軍。1,629年に死亡している。

時雨一刀斎(Shigure Ittohsai)

時雨景村

時雨景村(Shigure Kagemura)

神幻一刀流第十五代継承者。イットー・カガスミーの師。

時雨鴇村(Shigure Tokimura)

神幻一刀流第十四代継承者。時雨景村の師であり父親。若きゼルディス・シュレーディンガーに影響を与えた。

次元潜航(Sub-dimensional)

物体の3次元方向の長さをなくし、代わりに4次元軸に投影する高度魔法。この技術の応用が次元潜航挺である。

次元潜航挺(Sub-dimension ship)

次元潜航技術を搭載した艦艇。実用化されているのはコリント王国においてのみである。

始源の光(Light of the beginning)

ラクス

始源の骨(Bone of arche)

リザードマンの聖宝(アーティファクト)。制作者はザラマンディーア。接触により治癒効果を発揮し、またリザードマンの持つ力(肉体的あるいは精神的)をゆっくりと強める効果がある。エストメスの最大部族が本物を所持している。オージャス大陸その他にある同名の聖宝は、過去にシャーマンが作ったコピーであり、本物ほどの力は持たない。

次元湾曲装置(Dimension warp unit)

いわゆるワープを可能にするものであるが、つまりテレポートエニィオブジェクトである。

地獄の谷

地獄の谷

シーサー(Seasar)

ティアル2世

シーザー・カルト(Cesar Kult)

シーザー・シュナイダー

シーザー・シュナイダー(Cesar Schneider)

Who's Who参照。シーザー・カルトの名で知られている地方もある。

シサダ・ヨニッタ(Sisada Yonitta)

市佐田黄泉太

市佐田黄泉太(Shisada Yomita)

地方によりシサダ・ヨニッタとも。馬具笊ギルドで大岱を設計し、つくった人物。洲界の商人や建築家を動員し、大岱の独特の街並みを作り上げた。

シザドリア(Syssadria)

エルスルム王国のアルフ氏族。シザドリンに集う。現氏族長はブリアニス・シザドリア。

シザドリン(Syssadrin)

エルスルム王国シザドリア氏族の街。人口54,000。

地震石(Stone of earthquake)

物質の領域のアーティファクト。

ジズ(Zîz)

アポカリプスという教団で信仰される三柱のひとつ。イモータルとしては実在しない。

シスリー・シャウラ・サムルン(Cicely Shaula Samrung)

モールド王国国王ファラント・モールドの第一妃。リルル・カノープス・モールドの母。既に他界している。

地蔵(Jizou)

馬具座教三大神の一柱。イモータルとしては存在しない。

シータ湖(Lake Theta)

ファームズ帝国ランセス男爵領にある湖。ブラックピーク山脈を水源とするトラヴィス河が注ぐ。清水として有名な他水産資源も豊富であり、冬にはスケートやワカサギ釣りの名所となる。湖岸には世界最大級のひまわり畑があり、その面積は100haほどになる。なお、初漁のワカサギは例年皇帝に献上される慣例である。

自治省(Ministry of home affairs)

アマリス帝国の省庁。大臣はニコラス・ジェファソン。

ジーチャ(Jeecha)

モンゴリアン13世の息子。

漆黒の盾(Black shield)

無秩序の領域のアーティファクト。

疾風怒濤(Strum und Drang)

1,615年にアレクサンドル・フレネルスキーが作曲。

「実力でどうぞ」('Attack us, by your own abilities')

ネスアハン共和国武力侵攻に対するホーメルト会議での各国の批難を浴びたアーサー王はこう答え、高笑いとともにその場を去ったという。アーサー王の伝説的なセリフのひとつである。

シディル海(Sydilian sea)

Overview参照。

熾天使の剣

熾天使の剣

自動防空システム(Self-air-defense system)

フェルナンドで一部実用化されている戦闘システムで、イージス艦あるいはエリカの首飾りをいう。

シトカ王国(Kingdom of Sitka)

Overview参照。

シド・グリミディア(Sid Grimydia)

Who's Who参照。

シトス(Sitos)

ラムサダス帝国西部の街。

シドリス島(Sidris isle)

Overview参照。

シーナ・カミザ(Seena Kamiza)

無カミザ王国ティルス6世の妃。魔術師。混沌戦争で死亡。

シーナ・サーパス(Seena Surpass)

ジアザー・テレビジョン

<死神>

死神

死の海(Sea of death)

フェルナンド帝国の東方、ファンドランド付近の海をいう。Overview参照。

死の海病(Ill of the sea of Death

死の海で顕著であるだけで、世界中の海で症例がある。死の海を渡る船乗りが掛かると言われる病気。手足の先から痺れが発生し、その状態で放置しておくと2週間で腐食し始める。さらに2週間で全身が腐食し死に至る。軍船のような大型船では滅多に発生しないため、船自体の構造と老朽化の問題と考えられている。実際には海中の混沌生物から発するオーラによるものである。

死の兄弟(Brotherhood of Death)

混沌の神で構成される一団。ビッボォルゥ、アルドヴェア、アルカディル、シルヴァー、デモス、ロサ・プリソール、ケイズ、リリス。

死の荒野(Death barren)

現在の常緑の平野は、神々の力によって再生されたもの。スメル名はガディス・ラウル。以前、スメル皇帝アシュレール・シャイダーによって破壊され、コルコランドではこう呼ばれていた。スメル語ではガディス・ラウル。そのとき用いられたのは地核爆裂破砲という超魔術兵器である。

死の氷原(Ice cap of death)

アイスラント中央平原。Overview参照。

死の森(Forest of death)

Overview参照。

シノン・メレアグロス(Sinon Mereagros)

ファームズ帝国の侯爵で、対人長官。母はファームズ23世の皇女フルビア。父はギャビン・メレアグロス侯爵。

支配者の島

支配者の島

シー・バスターズ(Sea Busters)

アマリス帝国海軍の通称。

ジハード・ボフォレフォン(Gehhard Boforefon)

エルメランの僧侶。アンドリュー・フェルナンド皇太子の友人。

シーハーフリング(Sea halfling)

かつてデュール内海のショーイング諸島(ドランダス諸島)付近にいた海底で暮らすハーフリングの種族。その一族の最高の魔法戦士にして最後の一人が、26人衆に所属したコズミオ・アンダーシーである。

ジブリール(Jibril)

「赤き瞳の天使」と呼ばれる時間の領域のイモータル。ジブリール教の神。モータルの死の直前、少年または少女(死する者の指向に基づく)の姿で現れ、苦しみを取り除いてその世界(楽園)へ連れていくとされる。

ジブリール教(Religion of Jibril)

「赤き瞳の天使」ジブリールを信仰する宗教。南スメルからスニルナにかけて信者が多い。

死への腕輪

死への腕輪

司法所(Agency of justice)

アマリス帝国の省庁。所長はカミュ・サンジェルマン。

島流し(Exile)

アマリス帝国では、政治犯は締め付けの頭飾りを付けられ、沖合い数マイルの島へ流された。

四万張虎凛(Shimabari Korin)

嘉那須熱海に仕えた七人の忍者(七針)の一人。1,604年に死を偽装してイモータリティ探求を開始したが、1,619年に怪物との戦いで戦死。

ジミー・マクレディ(Jimmy MacCready)

スメル帝国史。600年前のラムサダスの冒険に同行。僧侶。

シミライト・テレビジョン(Similight Television)

アマリス帝国皇帝ジアザー・テレビジョン2世の祖先。ロングッド王国史においてメルメトン1世とともに反乱を起こした。

シモン(Simon)

アスカラス1世

シャーロット(Charlotte)

リトル・ウィッチズ

シャーロット・アーディス(Charlotte Erdys)

1,617年に「ハロルド・ゴドヴィンソン」四部作を作曲。

シャーロット・オークリー(Charlotte Oakley)

フェルナンド帝国在住、「ある東方の事件」の主人公の少女。父親探しの旅が、やがて帝国の追う謎に絡んでくる…はずである。

シャイアン洋(Shyan ocean)

ラムサダス帝国北西の海。Overview参照。

シャーイデニヒ(Shaidenich)

ファームズ26世

小閃妹(Xiao Shan Mei)

マリーン・セーレーン

シャオリー・エドリテナス(Shaory Edritenus)

ヴァレール出身のアルフ。ラムサダスと同い年。混沌戦争で死亡している。

社会秩序維持機構(Social Balance Keeping Organization)

スメル帝国史。皇帝直轄で国家の治安維持を統括した部署。

社会党(Socialist Party)

ノズミー共和国の政党。

ジャガトジート・ススマン・ハルマヘラ(Jagatjit Susuman Halmahera)

300年代後半のハルマヘラ公国群の君主。

シャクシャイン(Shakshain)

エルドレス神国(エカトリノ王国)の第二王子。ミールテン教皇の次男でオーリッヒ・ヴァミリエの弟。エルドレス教僧侶。1,613年のアイスラント侵攻時に死亡。

シャクセー(Shaxae)

十字座α星の固有名。視等級は1.28等で全天では15番目に明るい一等星。

シャクティ・ガリヴァレ(Shakhti Gallivare)

かつてホーメルトに存在したローレント共和国連邦最後の支配者。

赤銅のエミリア(Emilia the Red-copper)

エミリア・ディリアン

シャクトラ(Shakhtra)

ルドニーク

ジャクモ1世(Jakmo I)

400年頃のミューファロイ王国国王。

ジャコメッティ(Giacometti)

アマリス帝国ソミルヘン州の街。人口42,000。現在の支配者はブラン・ジャコメッティ男爵。

シャゼーレ帝国(Empire of Shazele)

エルモイゼル・ヘンにある帝国。フェルナンド皇帝アーサーはかつてここへ転移させられ、現在の皇后エリカと初めて出会った。

ジャードル4世(Jerdol IV)

アトランティス王国国王。僧侶。

ジャック(Jack)

  1. フェルナンド王国のジョン・フェルナンド王が、聖者オルガンチーノの事績に感動して慈善事業をするために使った名前。
  2. フェルナンド公国パニアゼミナール生物学担当。混沌戦争を生き延びザレアで余生を送っている。

ジャック・サミュエル(Jack Samuel)

セイリアン・ダルス

ジャック・シュナイダー(Jack Schneider)

Who's Who参照。

ジャック・トルネイオス(Jack Tolnayoth)

ラムサダス帝国イアン・トルネイオスの子。ピアスの兄。1,601〜。

ジャック・ランバード(Jack Runbird)

アマリス帝国空軍第二空挺団長。中佐。

ジャックリー・ジョーカー(Jackrie Joker)

ラムサダス

ジャッジスコア(Judge score)

地球で言うフェンシング。コリント王国で盛ん。

ジャッハーン・ハンス(Jahhan Hans)

かつてセイレイ大陸に存在したハンス国の最後の太守。

ジャッフール・ウル・アッディン(Jaffur ul-Addin)

亡国シリア王国海軍艦隊司令官。少将。レッドストーム作戦でフェルナンド帝国軍第一次攻撃隊の雷撃を受け、旗艦シエネと運命を共にする。

シャデラク(Shudur-Aku)

エルメラン教徒。イモータル・オクリムのモータルの頃の名。聖ステファヌス。

シャドウアルフ(Shadowalves)

影のようにゆらゆらするアルフの一族。テルドア大山脈のシャドウランドに生息する。バサ・ディヒルールという独自の王を立てる。周辺からは邪悪な民と言われているが、平均的には外界とそこに住む者たちへの興味は希薄である。「皇帝の命を狙っている」という話も、実際にはただの噂である。まれにこの枠から外れる者が領域を出て外界を旅することがあり、こうした者たちの所業によって現在の評価が生まれた。初等レベルの魔術は彼らにまったく影響を与えないが、光の呪文だけは例外である。また、外界の者の影に入る能力を持つ。

影騎士(Shadow Knight)

エルスルム王国の王家に代々仕え、その身を守る剣聖。しかしその実体は知られておらず、暗躍している。アルフの言葉では<ヴィルム・アスロン>、あるいは<ニベル・アスロン>。当代はワイエス・ディリアンが務める。歴代の影騎士でも1、2を争う剣技を持ち、イットー・カガスミーやニアラシェール・イ・カイルハラスなどと比肩する。

シャドウランド(Shadowland)

テルドア大山脈のスルタン洋がわの一部。Overview参照。

シャナ(Schanna)

Overview参照。

ジャニ・アル・アッブール(Jani al-Abbur)

亡国シリア王国海軍艦隊司令官。大将。レッドストーム作戦にてフェルナンド帝国の雷撃にさらされ、総旗艦アシュラーハンと運命を共にする。

ジャネット・レイファイア(Janet Layfire)

ノズミー共和国司法部長。

シャノン・クレア・アムリタ・バドエル(Shanon Crea Amrta Badoer)

ファームズ帝国ランセス男爵領に住む吸血鬼の少女。ただし吸血鬼とはいっても、特殊な事情で精神が混沌に犯されておらず、生前のものを保っている。怪力があること、血を欲すること、直射日光や聖印が弱点であることは吸血鬼的だが、心臓は動いており全身に血が巡っている(このため皮膚は青白くない)。コウモリにもなれず、エナジードレインもできない。彼女は自分を「出来損ない」だと考えているが、信仰するシュテルンフルスの情けによって学習能力が飛躍的に向上しており、戦士、魔術師、盗賊、バードの技を身につけている。血の代わりにトマトを食べている。

シャーハン教(Sherhanic religion)

<夜の女王>リリスを信奉する宗教。人は欲望のまま邪淫に、婬靡になるべきだとする。

シャープ(Sharp)

ホーメルト南島にある街。かつてはケミグルス人民共和国の首都だった。

シャブリ・フランセール(Chabris Franserre)

アマリス帝国の男爵。ブリューンの街の支配者。窈湖と結婚した。

シャーフル公国(Principality of Shahr)

ハルマヘラ公国群の一国。

シャーベル・タイラー(Charvel Tylor)

シオン・ネクルフィスト・ミールテル男爵の執事。シオンの復讐後、唯一彼の元に残った。

ジャマイルドラゴン(Jamile dragon)

813年、ノルドライク峰から出現してロングッド王国を混乱に陥れたドラゴン。2年後に北島からの7賢人によって倒される。

シャマトル山脈(Shamator Mt. range)

セイレイ大陸を形作る山脈。

ジャマニ二刀流(Jamani two swords)

ミラード方面に伝わる剣術。

ジャミウス(Jamius)

モールド王国の首都。

ジャラム(Jaram)

ミラード・レオフリックの軍師。

シャラライト・ティアナック(Sharalite Tianac)

グリュンヴァルトアルフ、ティアナック氏族長。

ジャラン(Jaran)

ベナン王国海軍第四艦隊長。

シャリー・アリス・ミキ(Charrie Alice Miki)

Who's Who参照。

彼女の対空絶対防御力は、彼女の周囲に浮遊する二体のシルフ(気の精霊界の住人)によるものである。双子で名前はリズとピズ。シルフは基本的にはエレメンタルより少し上位の存在であるが、彼女たちはかなり強力な個体でインヴィジブル・ストーカー(スハイ)と同等のステータスを持ち、さらに中程度の魔術師と同じだけの魔法を使うことができる。さらに彼女は、現在のエルヴァートでは他に例を見ないシルフィード(シルフの神)の僧侶であり、その特典により一日に三度姉妹とは別のシルフを召喚できる。加えて彼女は双子の力を借りることで一回の召喚につきさらに二体のシルフを同時に召喚する(計三体、三回召喚すれば九体+双子)。

また<撃墜姫>というあだ名には、一部の者が影での会話に用いるもう一つの意味がある。それはつまり、「ベッドでの」撃墜王ということである。彼女は美形(男性が主だが、女性も対象)が大好きで、目を付けたらあの手この手でその精神を追い詰めて「落とす」ことを生きがいにしている。17歳にして数百機の撃墜数を誇る。

シャーリィ・シュナイダー(Shirley Schneider)

フェルナンド空将軍ジャック・シュナイダーの妻。かつてのメイスン民主主義共和国議長レカント・ハンスの娘。第一次コルコランド戦争時にジャックと出会ったときは、まだ12歳だった。戦後1,602年にジャックと結婚した。第二次コルコランド戦争でジャックが敗北しミトランドへ帰ると、ともに地下へ潜って抵抗運動を続けることになった。父のレカントは処刑された。

後年スメル帝国が崩壊し地上生活に戻り、ジャックとともに慎ましやかに生活していた。そこへ現れたのが、アーサー・フェルナンド皇帝である。彼はジャックの噂を聞きつけて帝国へスカウトしようと考えていた。ジャックは二度断ったが、三度目でついに折れ、フェルナンドへ渡ることになった。シャーリィもそこに同行した。

シャーリィ・ハンス(Shirley Hans)

シャーリィ・シュナイダー

シャーリィ・ランゴルト(Shirley Langolt)

亡国ロングッド王国の陸軍第一師団第二大隊第二中隊長だった人物。中将。名前のとおり女性である。

シャリオット・フィン(Shariotte Fynn)

イルゾニアアルフ。

シャリス(Sharis)

シャリル

シャーリース・ディファイン(Shirleys Difine)

シルヴァニアアルフ、ディファインの聖宝守護者。「星の巫女」と呼ばれる。氏族長アリアの姉。

シャリル(Sharil)

カンスラ密教では<海洋神>シャリス、アディン聖印教では<大海を統べるもの>アディンの名で信奉される時間の領域のイモータル。モータル時代の名はヴォルティース・リムペット。当初リム教という形で信仰されていたが、カンスラ密教に組み込まれた582年頃には衰退し現在は残っていない。

シャーリン河の戦い(Battle of Sherlin river)

1,574年、ヘレネスとファームズの戦い。知名度は低いがラムサダスがファームズの1兵士として戦っている。

シャル(Char)

シャーロット・オークリー

シャール王国(Kingdom of Sharl)

スメル帝国に滅ぼされた国。首都ツバリ。

ジャル(Jal)

名前の意味は白鳥。アマリス帝国で窈湖を中心に極秘開発されている、非魔法(魔法不使用)ウイングファイター一号機。白鳥はアマリスの国鳥であり、期待の高さが伺える名である。

ジャル II(Jal II)

ジャルの量産型。

ジャルダーニュ(Jardagne)

ブラックピーク山脈の山。4,635m。

シャルマーニュ(Charmagne)

アマリス帝国白色騎士団、フェルゼン元帥の旗艦。

ジャルマナ・フォン・メーデルシロップ(Jarmana von Madelsirop)

元ラムサダス帝国陸軍。1,628年に引退している。

シャルルカ(Sharoroca)

亡国ジェトール王国の首都。キングスパーティの面々との戦闘で廃墟と化し、国王ブルータス・ジェトール3世や、第三王子セネカを除く王族も死亡した。

シャルル・ドゥ・ミューレ(Charles de Mulait)

著名な天文学者。自らサミその他に天文台を築き、数多くの人たちに親しまれている。小さな天文台は、メルヴィルの他数箇所にある。サミの天文台の望遠鏡は、その中でも口径20cmの大型である。若い頃から星を見上げるのが大好きで、20才頃初めて作った望遠鏡(R=60、f=600?)で、後のM42星団を発見する。また、34〜5才ころからは本格的にカタログ制作に没頭し、1,629年に49才の若さで没するまで、M1〜53、IA1〜20、X-1星(パルサー)、U-1天体(ブラックホール)、D1〜54(二重星)などの記録、S-1(超新星)の発見、外惑星(ハルマダ=ゼルディアン、バルボーン=スノーヒル)の観測、黄金竜座流星群の観測など、幅広い観測結果を残している。

M46星雲は、肉眼でも確認が可能な明るく、濃い系外星雲である。位置は闇の女王座の左足首裏にある。IA天体とは、判別ができなかったM天体である(Inable-Analyze)。ただしこの内IA-6、19、20は、単に2つ以上の星が重なっているのを見間違えたものである。彼の、晩年の大病を思えば、無理からぬことであろう。

シャルル・フランソワ・トール(Charle François Thauor)

ファームズ帝国の有名な作曲家。ミストルからの客人である。「王宮のメヌエット」、「フィシス」「美しき人へのパヴァーヌ」など美しい旋律の曲を多数作曲。幼い頃、アントン・マイクロフト伯爵にピアノの手解きを受け、教会音楽を多数作曲している。ファームズ22世に認められ、宮廷作曲家にまで登り詰める。

しかし、彼はふとしたことで皇帝を怒らせ、追放を命じられる。彼は言われるままに宮廷を後にし、ノルアート山中でひっそりと余生を過ごしたとされる。

皇帝は同時に彼の曲を聴くことを全国民に禁止し、それはファームズ24世の即位まで続いた。因みにファームズ22世は、彼を追放した翌年突然の脳卒中で死亡している。

シャルロッテ・アーディス(Charlotte Erdys)

シュワルナゼ沿岸都市の作曲家。「ハロルド・グドマンドソン」を作曲。

シャルロット・レストール(Charlotte Lestorl)

ヴァレールアルフ。

シャールン(Sherlun)

エルスルム王国の人間の街。現市長はアダム・シャールン。

シャロウイング(Sharrowing)

ムーンクレア教国の首都。その名はこの地を流れる河川シャロウ河にちなむ。

シャロン・シュル・マルヌ(Charon sur Marne)

Who's Who参照。

シャロン・グレイリー(Charon Glayree)

シャロン・シュル・マルヌ

ジャワティ・ワシール(Jawati Washir)

ハルマヘラ公国群ワシール公国の藩王

ジャワッド王国(Kingdom of Jawad)

Overview参照。

シャン・カル・マザド(Shan-Kul-Mazad)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国およびその主国シェル王国の首都。

ジャン・ジェン・ジェマエン(Jean Jaen Jaemaen)

中世トムティナの魔術師。1,066年、迫りくるファンドリア・シャイダーの軍勢にただ一人で切り込み、ファンドリア・シャイダーを殺害する。その後ファンドリアの弟であるファニアンの手によって殺される。26人衆のひとりだった。

ジャン・ジョレーン(Jean Jeorene)

ラムサダス帝国海軍中佐。

ジャンダル王国(Kingdom of Janderl)

地下世界の一国。首都はムランカラス。国王はアドヴィリス2世。現在フレッドジャー王国との不和が高まっている。

シャンティ(Shanty)

アマリス帝国の化粧品ブランド。マルティーユ・シャンティが創始。香水が起源。皇太后アナザーや、ラヴァニーのお気に入りブランド。

ジャン・テグミール・ブラーンシュ(Jean Tegmir Blanche)

1,000年頃のシヴィルスク王国国王。ブラーンシュ氏族長。

ジャンドル・ガス(Jundle Gas)

バラカンスに亡命中のリリュー帝国軍第三部隊将軍。

ジャンヌ・ファームズ(Jeanne Farmes)

ファームズ25世の愛妾。平民出身。ジャンヌ・ロール。

ジャンヌ・ロール(Jeanne Roal)

ジャンヌ・ファームズ

ジャン・バルド・ブルックリー(Jean Baldo Blookrey)

パーム・ラブリエル

ジャン・ブレスト・マーヴェリー(Jean Bresto Marvery)

アマリス帝国の作曲家。国歌「君がため鐘を鳴らそう」の作曲。1,583-。

ジャン・ポール・オリオール(Jean Paul Horiaur)

元ジアザー帝国白色騎士団師団長。結成メンバーの一人だったがシーラン戦争にて戦死し、大将を諡号。

シャンメリー(Shammerry)

アントニン・リエル・ハリエット・シャンメリー

シャンメリーの48星座(Shammery's 48 constellations)

中世期スメルの天文家、アントニン・リエル・ハリエット・シャンメリーの定めた星座。ほとんどは古代ライトネアで使われていたもの。ちなみに現在の星座の数は66。

ジャン・リーデマン(Jean Liedeman)

スメル帝国史。現在駆逐艦の名前になっている。

ジャン・レール(Jean Raile)

亡国ロングッド王国の陸軍第一師団第一大隊第二中隊第一連隊長だった人物。少将。

(Mantra)

カンスラ密教で与えられる特殊な力。28神からそれぞれ与えられる。

シュヴァルツノイマン(Schwarzneumann)

ファームズ史。1,105年からファームズ帝国を実質的に支配したエルドレス系の家系。アシャスに仕え、クヌルアレス2世によるライトネア支配を覆して彼を帝位に就けた(ファームズ8世)。その後タクスチャートを完成させるなどしたが、ファームズ9世の治世において主君を事故死させ、全軍を掌握して帝国全土を支配下に置いた。ただし彼らが国王・皇帝を名乗ることはなく、ファームズ帝国は皇帝も国王も不在だった(ミュンハイム王家は存続しており、ヴァンはその王家出身である)。名目上はプルレタリア朝の一部であり、首都はそのままセピアス。

シュヴェルティス(Shveltis)

  1. 古代神。「彼方の女神」「最果ての老婦人」と呼ばれる物質の領域のイモータル。この領域で知られている中ではもっとも古い神の一柱。法のプールから生まれた、と彼女自身は記憶している。これは<古き者>による記憶改竄であり、実際には別の宇宙でイモータリティを得た存在である。ドラゴン種の創造主。
  2. エルヴァートの星マルスが属するセシオス星系の第三惑星。マルスのひとつ内側を回っている。視等級は最大で-5.01になり紀元前から認識されていた。自転は速いが、大きさや重力加速度はマルスに近い。

宗教戦士

宗教戦士

十字座(Cross)

エルヴァートの星座のひとつ。α星で一等星のシャクセーを頭として、中央を含め4つの二等星で形作られており、非常に見分けやすい。星空では黄金のドラゴン座の脚の間に位置する。

獣神

獣神

自由党(Liberal Party)

フェルナンドにあった政党のひとつ。アーサー王に解散させられた。

ジュウラ(Juula)

シリア王国シリア3世の后。

シュー・クリック・ヴォルテジア(Shu Click Voltesia)

ジュリア・エンディーナ

シュークレスト(Shoocrest)

フェルナンド帝国の街。クレスト半島の先端に位置する。かつてはシュークレスト王国の首都。

シュークレスト王国(Kingdom of Shoocrest)

かつてホーメルト北島にあった国家。首都シュークレスト。1,616年のフェルナンド侵攻で滅亡。最後の国王はテミル・アタスキ。

修験者(Shugenja、Ascetic)

ドルイドの馬具笊方面の呼び名。安荼留北にある穂高森とその西方の山脈を中心に活動する。

修験四門(4 gates of Shugen / Ascetic)

穂高森の修験者の、4つの族。格が高い方から月咲ノ門玉城ノ門薬師ノ門大井ノ門

<守護者>(Keeper)

ファイナルランダー

ジューコフ(Jukhov)

エルヴァート史上最大最悪なドワーフ。一言でいえば、「エロドワーフ」である。故郷のテルドアからの追放の理由は強姦罪であり、それからも1,625年の死亡までさまざまな場所で女性を襲っている。

1,624年にモーデンケルンの反乱計画に参加、その際アルフのリフレリアを媚薬で隷属化させた。反乱の未然鎮圧後にこのことが発覚して逮捕されながら、牢屋の鉄格子に小便をかけて腐食させ逃走する。結局捕らえられて島流しにされるが、ドバヌール王国の調査団に発見され王国へ。ドバヌール王の知己を得て第13艦隊に勤務、黄金城の露店風呂の使用をも許可される。しかし、1,626年の東ソロモン海での演習時、軍艦同士の接触事故で海に投げ出され、そのまま見つからなかった。ドバヌール王は彼の死を大いに悲しみ、国民すべてに3日間喪に伏すように命令した。なお、実際に喪に伏したのがドバヌール王のみであったことは言うまでもない。なお、リフレリアはその後冒険者をやめ、教会の中で一生を過ごす決意をする。

ファーストネームは、ドオルギーである。

シュザンクレルヒ(Susancrerch)

キュート国の街。人口200,000。支配者はスロット・ペイ。

ジュジンカ・ラーヴェイ(Jujinca Ravey)

Who's Who参照。前王カズカ、その第二妃ミッツィの長男。マジンカ、ラガルカ、ラーズィの兄。ヌザカ、クルガの父。曾祖父が王朝の創始者ヤザルガ。

ジュストリン(Justrine)

クルート連邦の次期評議長。ハンス・ミュラー(ファセラス)の息子。ミラード帝国の姫ディアナを妻とする。

ジュゼッペ・プレニーニ(Giuseppe Prenini)

かつての永世王国26人衆のG。僧侶。

ジュゼッペ・ラッチェリーニ(Giuseppe Lacellini)

南東ラムサダスの港町シュレーンの支配一族当主フィリッポの長男。

シュタルアルフ(Star alves)

ラムサダス帝国中部、シュタルハイムに住むアルフたち。その長はアストラルスターと呼ばれる賢者。星と強く結びついており、夜間星から力を得て日中の魔力を倍加する。元26人衆のタムサルスがシュタルアルフの一人であり、またイモータル・アステリアはタムサルスの姉である。

全体で1氏族であり、外界からはスター氏族あるいはシュテルン氏族などと呼ばれるが、彼ら自身にはこれに相当する語がない。強いていえばエレンデュア(星の使徒)である。

シュタルハイム(Starheim)

シュタルアルフの都。ラムサダス帝国中部にある。Overview参照。

ジュディス・ジェファーソン(Judice Jefferson)

Who's Who参照。

シューティングフェニックス(Shooting phoenix)

フェルナンド帝国の試作偵察機。

シュテファン・ローレンツ(Stephan Lorentz)

ノズミー共和国陸軍第三師団長。

シュテルン氏族(Stern clan)

シュタルアルフ

シュテルンフルス(Sternfluß)

エルドレス教で信奉される神。思考の領域のイモータル。カンスラ密教では<星辰神>エトリスとして信仰される(エトリスはエルドレスから付けられたと考えられる)。モータルの頃の名はレオンハルト・シュトラスベルク。ファーザーズ・ファイヴの貴族。パトロンはカティンでAC788年にイモータルとなった。カンスラ密教への導入は961年。

ジュニス(Junice)

ド・トゥ教国マンスリーナイトNo.6。

ジュピター(Jupiter)

ミトランドの英雄ジャック・シュナイダー専用戦闘機。シュメール・シャイダーのプレアデスに敗れた。

シュプレン(Shupren)

フェルナンド帝国の街。かつてはクラスルテル王国の首都。

シュマイン教(Shminist religion)

愛と豊穣の女神ミアンを信仰する。愛こそが世界を救うという教義。副神はリィニー。

シュマイン・ヘレネス(Shumain Herenes)

ヘレネス13世

シュマ・ナスク(Shuma Nask)

かつてコルコランドに存在したナスク公国の公王。元はデランナ帝国の公爵。1,588年に独立、1,591年に死去し息子のパークが公王となった。

シュミンドラスト霊国(Spiritual aristocrat of Schmindlust)

かつてホーメルト南島にあった国家。首都は聖都ヘイワー。1,617年のフェルナンド侵攻で滅亡した。フェルナンドと同時に侵攻したドバヌールは、この国の東端であるハイエール河を持って南島を二分した。

現在フェルナンド帝国八星衆となっているエーニア・リッツバーナ・リーバインは最後の王エル・ミンヤの第四王女であり、王族唯一の生き残りである。

シュメール・シャイダー(Shmel Shyder)

スメル帝国最後の皇帝。かつてはコルコランドを蹂躙したように無敵の存在と思われた。しかし遠くセイレイに手を伸ばしたことが躓きの始まりである。苦労した末にスニルナ千島帝国から撤退を余儀なくされたことで遠方に目を向けたが、シリアへの侵攻は無謀にすぎた。

ロングッドのメルメトン2世の策でキングスパーティがツバリを奇襲し、ブラックホースとの一騎打ちに敗れて沈んだ。その後コルコランドで復活しジアザー・テレビジョンと対決して再び倒される。

シュー・メルディオン(Sch Meldion)

コリント王国で信仰される神。帝国時代に神格化された人物で、イモータルとしては存在しない。

シュライサー(Shliser)

アマリス帝国のハリエット・ジンツァーの使っていた魔剣。殺人鬼ミゴルとの戦闘で砕け散る。

ジュラ・カーサ(Jula Carsa)

永世王国26人衆バンドラゴン・グレッドリィの妻。

シュラーク社(Schlark Co.)

ミトランドにある航空機会社。1,616年にラムサダス帝国に接収される。

ジュリア(Julia)

ド・トゥ教国マンスリーナイトNo.7。ジェミル右大公の娘。マンスリーナイトに所属するまでは父の行動に何の疑問も抱いていなかったが、騎士になって他のメンバー、とくに失脚したハランド前左大公筋のジェインやメイアとふれあううちに疑問を抱くようになり、ケイダ左大公の陣営側に親近感を持つようになっている。

ジュリア・エンディーナ(Julia Endina)

アマリス帝国虹の聖騎士団β、青の将。虹の聖騎士団としての名前はシュー・クリック・ヴォルテジア。

ジュリアス・ザ・ブラックメイジ(Julius the Blackmage)

ユリウス・デア・シュヴァルツマギア

ジュリアス・フィラー(Julius Filler)

コリント王国貴族。男爵。美男として名高いが、小心者で人の評判が気になって仕方が無い。

シューリムル(Shuerimle)

エストア森に住むアルフ氏族。元々はリンデンヴェイルの氏族であり、アルフとしては珍しく髪が黒い。ただし近年では、森を出て他の氏族と交わるものも多く、混血も誕生している。

シュリンデール(Srindele)

Who's Who参照。本名ヨッヘン・ヴィーラント・ローゼンタール。父はハーフリング。非常に背が小さいが魔法で大きく見せかけている。彼は位階が上がるに従って自分を偽っていることを後悔するようになっている。

シュール(Shule)

セイレイ大陸西南部にある湖の多い地形。Overview参照。

シュレジェリンナ(Shregerinna)

ラムサダス帝国、クラウスの森に住む小集団アルフの一人。ラムサダス帝国参加要請を受け交渉中。

シュレンディア・ベラタン(Shurendia Beratan)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。フォーミル・レストールと恋仲。

シュワルナゼ1世(Shwalnaze I)

かつてホーメルト南島に存在したシュワルナゼ大公国の大公。本名モルジフ。戦士。

シュワルナゼ2世(Shwalnaze II)

かつてホーメルト南島に存在したシュワルナゼ大公国の最後の大公。本名ニコライ・イオシフ。戦士。

シュワルナゼ沿岸都市群(Coastal cities of Shwalnaze)

現在のフェルナンド帝国シュワルナゼ州付近。特定の首都を持たず、沿岸にある都市がそれぞれ独立しながらも同盟していた。1,617年のドバヌール王国の侵攻で併合される。最後の代表はタラス市のミスラダ・ハルゲイナ。

シュワルナゼ州(State of Shwalnaze)

フェルナンド帝国の一州。州都はタリス。州知事はデニス・ミッシェル。かつてカーレイン騎士団領や、シュワルナゼ沿岸都市群があった。

シュワルナゼ大公国(Grand Duchy of Shwalnaze)

かつてホーメルト南島にあった、東のシュワルナゼ沿岸都市群から首都のクラスレットを中心とした複数の都市が独立した国家。カトゥール台地の北西に位置した。首都はクラスレット。1,617年のドバヌール侵攻で滅亡した。最後の大公はシュワルナゼ2世。

シュワルペ(Shwarpe)

ミトランドの英雄ジャック・シュナイダー専用戦闘機。ただし実戦使用されなかった。

ジュンデル王国(Kingdom of Jundel)

Overview参照。

小アルケイナ

アルケイナ

尚書(preminister)

  1. ラムサダス帝国の大臣のこと。
  2. 旧ロングッド王国ラムサダス男爵領の大臣。このうちの幾人かは後ラムサダス帝国に志願している。カーヴス・ラグランやエイモス・キャンベルなどが有名である。

常雪地帯(Permanent blizzard zone)

アイスラントの中央平原。死の氷原とも。Overview参照。

ジョウセット・メディソーンズ(Jouset Medisorns)

馬具笊ギルド帝国の副将軍。外国人だが嘉那須に代わって実質的な支配者だった。病を得て挲坏瀝佐倉に隠棲したが、1,616年のラムサダス帝国による馬具笊ギルド侵攻と時を同じくして病死。

ショウ・フォーブラック(Sho Forblack)

コリント王国守護戦士ミズキの弟。本名黒羽凰

情報局(Intelligence agency)

各国が持つ情報収集機関のこと。

勝利の鍵(Key of Victory)

かつてアイオリスの一部族に過ぎなかったエーヴリング族が入手した、物質の領域のアーティファクト。<勝利の女神>テシアスの作。戦闘において味方を鼓舞し、敵を萎縮させる力を持っていた。戦闘につぐ戦闘でその力は徐々に失われ、アイオリスはクラスレット方面を攻略した後進出を控えることになった。1,400年代には完全に力が失われている。然るべき方法でチャージすれば再度使用可能であるが、その方法は伝わっておらず、現在はケンタイア城の廃墟に埋もれている。

勝利の女神(Goddess of the victory)

テシアス

常緑の平野(Evergreen)

ラムサダス帝国中央部の北側にある肥沃な大地。毎年のその収穫量は世界のトップレベルである。Overview参照。

ジョウリン・ザ・ワイズ(Joulin the Wise)

ジョウリン・フェデイラ

ジョウリン・フェデイラ(Joulin Fedeira)

400年頃のコリント帝国皇帝。コンピュータ支配の代理皇帝。

ショウンティ(Shownty)

イーストフェリア帝国陸軍第一部隊長。

ジョー・カリヴァン(Joe Currivan)

アマリス帝国老中。娘のマライアは国土開発庁長官エディ・メル・マックスの妻となった。

ジョージ(George)

  1. ミティール2世
  2. フェルナンド公国魔法部隊の一員であり体育担当。現在グレーデン女子学院。

ジョージ2世(George II)

ミティール3世

ジョシアス・ラフィマ(Josius Lafuma)

ジョシー・ラフィマ

ジョージ・エージェンド(George Agend)

ヨーンの鍛冶・大工でブラックホースの育ての親。ヨーン大炎上時(1,605年)にセイリアン・ダルスから救出されたブラックホースを譲り受けた。ブラックホースにフェルナンド王にあやかってリチャードと名付けた。彼は1,609年に死亡し、ブラックホースは家と大工道具など、すべてを売り払って冒険用具を取り揃えた。

位階は低かったが、エルメランの僧侶でもあった。

ジョージ・ケナン(Geroge Kennan)

フェルナンド帝国下院議長。

ジョージ・シャイアロック(George Shiarock)

元ジアザー帝国白色魔術団長。1,628年に引退し、元帥号も持つ。

ジョージ・ジャクソン(George Jackson)

アマリス帝国男爵。元ノブルランド、尊厳者騎士団長。マウナロアの侯爵。国を併合したジアザー帝国に恨んだ。キリアン連合には参加しなかったが、新生フェルナンド王国に帝国打倒の援助を願い出た。アーサー・フェルナンドは当然これを無視し、ジアザーにその旨を連絡した。ジアザーとアーサーが友人であることを考えれば、この申し出にはそもそも無理があった。結果彼は復讐を諦めざるを得なかったばかりか、ジャクソン家は男爵へと格下げされた。その後ジアザーに兜を脱ぎ、一階級戻して子爵とされている。アイスラント・ノブルランド交換条約でヘレネスへ渡った後、プリツビークの支配者となった。

ジョージ・ドゥーカス(George Ducus)

フェルナンド王国の汚点。欠地王ジョンに取り入って地位を獲得し、国政を壟断した。その後彼はジョンを弑逆し、自らの亡き妻の名前を取って、ホロリィと名づけた王国を建国。しかし、1,520年に重鎮と頼んでいたパーセル・ハードウェル大将に殺害される。

ジョージ・フェルナンド(George Fernand)

フェルナンド王国の建国王。<征服王>と呼ばれた。闇の王ヴェルツィールと戦った。

ジョージ・モリスン(George Morison)

ラムサダス帝国陸軍軍人だった。スメルスタンの戦いで戦死した。

ショーシュ(Sho-shu)

民紹

ジョシー・ラフィマ(Josie Lafuma)

ヘレネス王国〜ジアザー帝国〜アマリス帝国でノル・テスを治める男爵。1,610年に父バースキールが突然死し、祖父ミハエラから男爵位を継ぐよう指示された。本名来はジョシアス。ただし本名で呼ばれることはめったにない。幼い頃女の子のようだとジョシーと呼ばれるようになり、それが今に続いている。少年以降は美男子として有名になった。ノル・テス近辺はヴェルモットの醸造で有名であり、父や祖父は言うに及ばず、ラフィマは代々<ヴェルモット卿>と呼ばれる。ジョシーは執事のモリス・ハッセルマンからヴェルモットづくりの知識を伝えられ、彼と二人で毎年傑作づくりに熱中した。1,622年にモリスが亡くなってから、ジョシーはその頃を超えるヴェルモットを生み出せていない。妻はドローワル男爵の娘ニッコラ。

ジョージ・ロークス(George Lorks)

ロングッド王国史。718年、既に有名無実化していたアストール朝に代わってホーメルト朝を創始した人物。カミザ地方出身。

ジョスリン・レオフリック(Joslin Leofric)

ミラード帝国皇帝グランバートの弟。

女性販売組合(Co-op of woman buyer)

旧ロングッド王国の地下的な組織。

ジョセフィン・スティーラーズ(Josephine Steelers)

ラムサダス帝国陸軍ブジュンブラの妻。

ジョセフ・カスリン(Joseph Cuslin)

かつて南ホーメルトに存在したカーレイン騎士団領の最後の代表(第64代カーレイン騎士団長)。1,593年、前任マイラス・デーモンの引退に伴って就任した。1,617年のドバヌール侵攻で併合された後、割腹自殺している。

ジョセフ・ドーペル(Joseph Doapel)

ノブルランド〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の男爵。アイスラント・ノブルランド交換条約発効でエルドレスの地へ渡り、クレナイアを新しい領土とした。

ジョセフ・パークスヴィル(Joseph Parksville)

ファームズ帝国の男爵、大元帥。ヤンゲルの街を治めたが1,604年に殺人鬼ミゴルに殺され、子供がなかったために男爵領は解体された。1,540-1,604。

ジョセフ・リーキンJr.(Joseph Leekin Jr.)

フェルナンド帝国高等軍事会議海軍部会長。

(Shotty)

  1. エルヴァートでの苺の呼び方。
  2. キャリー・ケント

ジョディ・ファリアル・イングリス(Jody Farial Engliss)

Who's Who参照。

ジョー・ディフィトン(Joe Difiton)

アマリス帝国空軍長官。

ジョナサン(Jonathan)

ティアル1世

ジョナサン・エドワーズ(Jonathan Edwards)

ジアザー帝国初代労働省大臣。

ジョナサン彗星(Jonathan's comet)

メアリ大彗星の別名。馬具笊方面では彗星。

ジョナサン・ライマール(Jonathan Limarl)

スメル帝国時代の天文学者。1,426年に長周期彗星を発見した(過去の記録から周期性を確認し、次の回帰を予言した)。オージャスおよびホーメルトでのメアリ大彗星は、スメル大陸ではジョナサン彗星として知られる。発表はほぼ同時期、2ヶ月弱メアリが早かっただけだが、現在国際天文会議ではメアリ彗星の名を公式に使っている(主に国際天文会議がファームズ主導だったためである)。馬具笊方面では叙那讃と書かれる。

ジョニー・オーウェン(Jonny Owen)

かつてラムサダスがロングッド男爵だった頃、領の司法尚書に任命した人物。

ジョニス(Jonice)

ド・トゥ教国陸軍第三部隊長。

ジョニー・フォン・モーデンケルン(Jonny von Mordenkern)

近衛のティナ・フォン・モーデンケルン(旧姓カレーン)の夫。コルコランド侯ラインハルトの弟であったが、次男の気軽さでそうそうに見切りをつけてラムサダスへ移住した。現在は帝国陸軍の一兵士。レオポルトという息子がいる。

1,624年に兄が反乱を企画して鎮圧されると、何らかの沙汰があるのではないかと妻とともに覚悟したが、結局何もなかった。兄弟の縁が切れて久しいことをラムサダスは知っており、わざわざ問題とするようなこともないと考えたのである。

ジョー・ビッグフォレスト(Joe Bigforest)

ラムサダス帝国に住む魔術師。「最強に近い設定」の人物だが詳細未定。そもそも彼が強い人物であることを知っているのがイモータルだけなので、誰も戦おうとしていない。

ジョー・メンダー(Joe Mender)

かつての永世王国26人衆のJ。

ジョリア(Jolia)

ミラード帝国の第二皇子。

ショリス(Shoris)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国、ペトン王国の国王。

ジョルジュ・ジョーカー(George Joker)

ラムサダス帝国陸軍人。同じ陸軍人のジャックリー・ジョーカーの弟。コラフトン(現ヤース)生まれ。妻はなく大きめの屋敷に一人で暮らしている。ラムサダスの変装時の名前ジャックリー・ジョーカーは彼の兄ということになっている。

ジョルジュ・モリスン(George Morrison)

元ラムサダス帝国陸軍師団長。スメルスタン会戦で戦死。

ジョルツ(Jorts)

ジョルツ教で信奉される活力の領域のイモータル。モータルの頃の名はジョルツ・シャイダー。スメル帝国の守護神でもあった。

ジョルツ教(Jortian religion)

ラムサダス帝国で最大の信者を誇る。個人至上主義ではあるが目的を持った仲間同士が結託することを奨励してもいる。

ただし例外がアルフである。ジョルツはもともとアルフに敵意を向けるホーリック谷のダークアルフであったため、アルフだけは仲間とは見なさない。例えば攻撃的な呪文はダークアルフに対して常に最低ダメージ、アルフに対して常に倍のダメージを与える。

ジョルツ・シャイダー(Jorts Shyder)

旧スメル帝国のホーリック谷のダークアルフ。イモータルとなってアルフに対するいやがらせのような教えを授けている。よって、現在ラムサダス帝国で信者が多いといえどもアルフの信徒は一人もいない。

ショールティ(Shorlty)

ミア・ラマルク第二自警団隊長。リンデンヴェイル人。

ジョルディ・マコーネル(Jordy McCornell)

Who's Who参照。

ジョン・エドワード・クリムフォード(John Edward Crimford)

Who's Who参照。

ジョン・クレイアー(John Clayer)

Who's Who参照。かつては奴隷であり、妹のミレナとともに奴隷商人アブドゥル・アル・ムスリの商品だった。1,603年にこれを買い上げたのがセイリアン・ダルスであり、その後26人衆に加わった。

ジョン・ハスガン(John Husgan)

ファームズ帝国、ミュンハイム王国、ハスガンの支配者。

ジョン・フェルナンド(John Fernand)

フェルナンド王国第10代国王。様々な失策をし、また無能ではないにしろ野心多きものを登用して大権を与え、看す国政を左右された。フェルナンドの最大の汚点でもあるが、後世への教訓の意味でもみ消されたりなどせずに記録が残っている。

ただし、歴代国王の名をつけたフェルナンド帝国の戦艦ジョージ級では、他に不名誉な記録の残る王もいる中で唯一、10番艦のみが欠番とされている。

ジョン・ブラント(John Brant)

フェルナンド帝国空軍第二空挺団司令。大将。妻は20歳年下のマタレーナ・タピオヴァーラ。ヘンリクの父。元バレラス大学非常勤講師。

ジョン・マーカス(John Marcus)

亡国ロングッド王国海軍の提督。安定した艦隊運用で名将とも呼ばれた。ロングッド興亡戦争においてそれまでの第七師団(海軍)第十一大隊第三中隊長(中将)から師団長、大将に昇進、同時に元帥号を授与され、王国防衛最高司令官に任じられた。第七師団長はラトルス元帥が混沌戦争で死亡した後、第二中隊マイエルセン中将が臨時で務めていたが、女王マリアに「フェルナンドのヴェルディ提督を相手にできるほどの実力はない」と告げられた。ヴェルディ艦隊を相手に良く持ちこたえたが、南からのドバヌール艦隊の突撃を受けて敗退、戦死した。

ジョン・ローディンソン(John Lawdinson)

聖テレジーナ騎士団員、家令。

ションロール(Shonrol)

ミラード帝国海軍第二艦隊司令。中将。

シーラ(Siela)

サムドーラ教の僧侶の神。実在はせず、何らかの問題で実際に助力が必要な場合は、大抵サンターナが務める。

白樺館(White-birch house)

アマリス帝国首都アマリシアにある高級旅館。対フェルナンド会議がここで開催されたことで知られる。

シラカン1世(Cyrakan I)

シラカン8世の祖先で、ライトネア王国を興した。本名シルカニウス。

シラカン3世(Cyrakan III)

シラカン8世の5代前の祖先で、イモータリティを得てツィルハンビルトと名乗っている。

シラカン8世(Cyrakan VIII)

Who's Who参照。本名クリフレイデス。

シラハン(Cilahan)

アルファ人民共和国の街。人口6,800。

シーラン戦争(Seelan war)

1,615年に、ロングッドと戦争を開始したジアザー帝国に対しファームズとライトネアが共同して攻めこんだ戦争。シーラン地方がおもな戦場となったことからこう呼ばれる。劣勢であったジアザーはライトネアとファームズ分離を企図してこれに成功、危機を逃れた。

シーラン地震(Earthquake of Seelan)

1,587年3月12日にシーラン地方を襲った大きな地震。

シーラン州(Region of Seelan)

ハイレアール河とクラムス河に挟まれた地域。Overview参照。エルヴェ男爵領、リックス男爵領を含む。

シーラン地方(Seelan region)

シーラン州

シリア3世(Syria III)

シリア王国の国王。最後の国王シリア4世の父で国軍の強化を命じ、スメル帝国の来襲に際し(知られているなかで)最強の戦闘機であるエル・シリアを生み出し、撃退した。

シリア4世(Syria IV)

シリア王国の最後の国王。フェルナンドに併合され、1市民として暮らしている。

シリア王国(Kingdom of Syria)

セイレイ大陸の覇者であった。しかし、フェルナンド帝国に対抗するためにホーストヘルン帝国の<愚者>を受け入れたことが、この国の運命を定めた。帝国艦隊の半数を壊滅させた<愚者>はその後も王国に居座り、数人の小アルケイナとともに好き放題に行動した。シリア4世は、あろうことか自身が敵対したはずのアーサー皇帝に<愚者>を追い払うよう依頼する。アーサーはシリア4世が「なんでもする」と言ったため、それを誓約書に書かせた上で署名させ、ファーランドのセルミアス・ミルフ市長や八星衆、クラウドの協力でバレラス城で<愚者>と対決、これを撃退する。

アーサー皇帝はその後「約束どおり」シリア王国を占領、即時その周辺小国へ宣戦し、電撃的にセイレイ大陸を掌中にする。諸国には介入する暇さえ与えなかった。

シリア州(State of Syria)

フェルナンド帝国の一州。セイレイ大陸併合後に設定された暫定。旧シリア王国の領土および南部を一州としている。州都クルスピリア。州知事は未定。

シリア湾(Syrian gulf)

かつてのシリア王国の入り口の大きく開いた湾。Overview参照。

シリア湾海戦(Naval war in Syrian gulf)

  1. 1,617年、イェン・ヴェルディ中将に率いられたフェルナンド艦隊100隻は、シリア湾入り口でエル・ファリド中将率いるシリア艦隊60と戦闘。アーサー皇帝は勝利を疑わなかったが、虎の子の「エル・シリア」の援護を受けたシリア艦隊は強力であった。皇帝は艦隊損害が1割に達した所で撤退を決意、以後12年間のフェルナンド・シリア戦争の幕開けとなった。第一次シリア湾海戦。
  2. 1,629年、フェルナンドはシリアの宰相カディムに内通して離反させ、前回以上の大艦隊でシリア王国へと攻め込む。しかしそこに待ち受けていたのは<愚者>であった。フェルナンドは艦隊の半数を失って再び敗走する。第二次シリア湾海戦。その後バレラス城における直接対決を経て<愚者>がホーストヘルンへ帰還すると、アーサーは直前に交わした「約束」により王国を併合してしまう。

シリア湾危機(Syrian gulf crisis)

ドバヌール王は1,624年、シリア湾入り口ギリギリに王国艦隊を派遣し、シリアはそれに応えるように艦隊をロッツ島北側に集結、一触即発の状態に。国際会議が招集されたが、ドバヌール王はみずから撤退宣言を発するとまるで何事もなかったように艦隊を引き揚げさせた。

シリエ・ハーフィエル(Silje Hafiell)

かつてのライトハイ王国将軍。1,620年に任じられ、1,627年に引退した。若い風貌に似合わぬ卓越した魔術師として知られた。外国人で将軍になった者は他にもいるが、外国人かつ女性で任じられたのは彼女だけである。

シリカ・ナンキロス(Sirica Nanquiros)

モクレインの街ネヒルの支配者。

シーリス(Sielis)

フェルナンド帝国ブラバント州の港街。

シーリス(Sieris)

<森林神>として知られる古代神。ドリュアドやトレントといった森に棲む精霊も信仰している。カンスラ密教の一柱でもある。物質の領域のイモータル。

シーリス工科大学(University of Sielis institute of technology)

<大路の学び舎>とも呼ばれ、フェルナンドロード(かつてのノブルロード)から直接入ることができる。各種工学が専門。

シリニス(Cilinith)

古代神。太古の法の神で古の聖魔大戦の折にビッボォルゥに倒された。

ジリバルディ・メンデル(Giribaldi Mendel)

ジュンデル王国で反乱を起こし、メンデル共和国の前身となるラボルデ共和国を建国した人物。

シリル・エンティオリア(Cylile Entioria)

「銀の髪のシリル」と呼ばれるドールアルフの一人。感情が欠落しており、依頼された狩りは内容を問わず確実に遂行する。

シリンシオーネ(Cirincione)

ホゴル王国の第三王妃。

ジーリンチ(G.Linth)

活力の領域のイモータル。

シールアップ・イモータル(Seal-up Immortals)

魔封波と呼ばれる高度呪文。封印の壺を用意し、イモータルなどの超生命体を封印する。ただしその代償はほとんどの場合術者の命である。この呪文を唱えて命のあったものは、いまだセイリアン・ダルスしかいない。

シルヴァー(Sylver)

<美しき女悪魔><白銀の闇>と呼ばれた混沌の女神。混沌のプールから直接生まれた(と彼女自身は記憶している)無秩序の領域のイモータル。並外れた美貌を持っていた。混沌戦争の折り、ゴール神に食べられる。彼女の記憶は<古き者>による記憶の改竄であり、実際には別の宇宙でイモータリティを得た存在。

シルヴァーアルフ(Silver alves)

シルヴァナルフェン

シルヴァー峠(Silver pass)

Overview参照。

シルヴァナルフェン(Silvanalfen)

シルヴァーアルフとも。裏エルヴァート・シルヴァーピークに住む魔法的な存在。肉体を魔術で改造している。魔法にも物理攻撃にも屈強さを誇る肉体を持つ。髪と肌は銀色に輝き、瞳は7色の宝石のいずれかの色。生殖、成長すらすべて魔術によってなされる。魔法を直接用いることは少なく、すべて魔法の物品からである。彼らの生きる目的は個人としての強さあるいは不死性の獲得であり、対外的な野心はない。

シルヴァニアアルフ(Sylvannia alves)

シルヴァニア森のアルフ、つまりエルスルム王国のアルフ。

シルヴァニア森(Forest of Sylvannia)

エルスルム王国の大半を覆う巨大な森林。Overview参照。

シルヴァーピーク領(Silverpeak dominates)

裏エルヴァートにある自治領。Overview参照。

ナリム・スィトゥランは1,199年の建国以降にミッドショールで生まれた人物。議員の任期は4年だが再選の制限はなく、建国時から5人がずっと議員のままである。

シルヴァナルフェンは支配層であり、その下に下層民として人間、通常のアルフ、ドワーフ、リアノなどがいる。シルヴァナルフェン自体が肉体を酷使する戦闘や重労働を旨とする民族であることもあって、下層民という呼ばれ方とは裏腹になんら奴隷的な立場には置かれていない。被選挙権がないことを除けばほとんど扱いに差はなく、婚姻も可能である(ただしシルヴァナルフェンが生まれるのはシルヴァナルフェン同士だけである)。

シルヴァーピークの戦い(Battle of Silverpeak)

ファームズ帝国ディザン・エルニッヒ朝の最後の生き残りであるアシャスがライトネア王朝のクヌルアレス2世を殺害したことにより起こった戦争。1,042年の戦いであり、現在まで続くファームズ・ライトネア戦争の発端となったものである。

シルヴァームーン(Silvermoon)

ギルフォード湾のシーアルフキング。

シルヴァレスト・マクラレン(Sylvarest McLaren)

Who's Who参照。

銀の剣(Sylvianna)

ラメル・クロイエン

シルヴィア・タランティス(Silvia Talantis)

Who's Who参照。

かつてはアリエッタ・ホーランスという名だった。スメル帝国に住むラクナティス・ファルティアンの母である。1,607年、彼女は事故でロンゲヴィティの泉へ落ち、赤子になってしまった。たまたま通りかかった名も無い騎士に拾われなければ、消滅していた可能性もある。騎士は「赤子の親類」を探したが見つからず、そのまま自分の子として育てることにした。8歳頃から徐々に記憶を取り戻し、10歳を過ぎると魔力も完全に取り戻した。アリエッタとして過ごしたハーネアスにテレポートして夫の死と息子の移住を確認すると、さらにグラスティースにテレポートして息子の無事を確認した。

その後、自分を若返らせたロンゲヴィティの泉を探したが、途中でカサ・アンシャという古い魔物を倒し、国王ハレスガードから直々に報奨を得た。彼女はそこで、甥の娘であるヒアナが守護戦士の一人になっていることを知った。守護戦士入りも打診されたがこれは断り、彼女は自らの意思でヒアナを護るようになった。なお、彼女はロンゲヴィティの泉を無事発見し、さらに10歳ほど若返って今の姿になっている。この泉を彼女は秘密にしている。

シルヴィス(Silvis)

アルファティウス帝国末期に存在した騎士団。ディンロミンナルア7世の命で結成された。帝国を見限るのをよしとせず、最後まで帝国軍とともに戦い抜いた若者たちであり、主にダガヤンの村の出身者で構成されていた。シルヴィスは「シルヴァーの騎士」といった意味あいであるが、実際彼らがシルヴァーを信仰していたわけではない。

個人的技量はリーダーのステッドをはじめ素晴らしいものがあったが、所詮は近代装備と数においてまさる新政府軍には対抗しえなかった。ウィンスゲイルの戦いで壊滅した。

現在でも、途中から戦線を逃れた数人は生き残っている。例えば、ラムサダス帝国海軍のセオドア・ドライアー退役中将などがそうである。また若干だか、共和国に居残って新政府に仕官したものもある。

シルヴェーヌ・シルヴァプラナ(Silvene Silvaplana)

ジェトール王国テンプルナイツに所属したアルフ。フェルナンド・ジアザー連合との戦いでは首都を離れていたため難を逃れている。現在は故郷であるヨーダ森に帰り、王国時代のことは忘れたように生活している。

シルカニウス(Cyrkanius)

シラカン1世

シルキー・リー(Silky Rie)

ミア・ラマルク女王アリス・リーの長女。1,610年、妹のセルマリアが生まれた直後に死んでいる。

シルクシア・フォン・ローゼンベルク(Silxia von Rosenberg)

Who's Who参照。

シルクシア・ムライトルーク(Silxia Mreightrouk)

シルクシア・フォン・ローゼンベルク

シルサダス(Silsadas)

フェルナンド帝国ロングッド州の街。ロングッド島の中央を走るロングッド山脈の東側に位置する。

シルサンナ(Silsanna)

ラムサダス帝国、ドール島北東岸の街。

シルサンナ王国(Kingdom of Silsanna)

スメル帝国崩壊後、ドール半島の北岸に興った小国。だが独立し得たのは短期間であり、1,616年にはラムサダスが直接指揮する新帝国艦隊によって併合されている(ノーラント海戦)。トリオはこの後すぐに陸海および近衛に分隊される。

なお、帝国統一に至る一連の戦いにおいて、ラムサダスが艦隊を率いて直接指揮した戦いはこの戦いのみである。

800年代にも同名の王国が存在していたが、地名だけのつながりであり王家に関連はない。

シルサンナ州(Province of Silsanna)

ラムサダス帝国の州。州都はシルサンナ。

シルスマリア・ドレスコート(Silsmaria Dresscourt)

コリント王国ドレスコート伯爵ジェレミーの娘。

ジルセット・リー(Jilset Lee)

ミア・ラマルク女王アリスの妹。アリスに取って変わろうとし、魔法の林檎を使ってアリスを眠りに就かせた。ペトロ・クラリーノが冒険者を引き入れてアリスの眠りを解かせたことで、追放された。

シルドン・クレイバー(Sildon Claver)

ジェトール王国テンプルナイツ。フェルナンド・ジアザー連合との戦いの折には王国におらず、難を逃れているが、もとより王国に未練もなく放浪の魔術師となっている。

銀水晶(Silver crystal)

思考の領域のアーティファクト。ムーン二神教における聖宝のひとつ。

シルバーディスク(Silver Disc)

アマリス帝国の酒。すっきりとしたのどごしで知られる。

シルバードラゴン(Silver dragon)

ドラゴンマウンテンに棲んでいると言われている特殊なドラゴンで、エルヴァートのドラゴン族では最強と言われる(実際にはこれは、色彩金属宝石の中でのことである)。

ジルヒャー・ジョンカープ(Silcher Joncurp)

コリント王国貴族、子爵。ハレスガード王即位時に国外退去となった前子爵ダグリスの長男で、密かに王を恨んでいる。

シルフ(Sylph)

風の精霊。「風の乙女」とも呼ばれるが、男性も存在する。元々の住処である精霊界では、比率はほぼ1:1である。

シルフィード(Sylphid)

「翡翠の蝶」と呼ばれるシルフの女王(神)である思考の領域のイモータル。元々はルーンワールドの存在であり、エルヴァートには精霊界を通じて伝わった。

シルフィン・マイクロフト(Sylphine Microft)

ファームズ帝国公爵カールの娘。7歳で病没している。「風の女王の名をもらって、風のように逝ってしまった」と言われた。

ジルフェリア(Jilferia)

イーストフェリア帝国の従属国、マインフェリア王国の首都。国王ロードン2世が支配する。

シルメリン(Silmerin)

クルート連邦およびシルメリン共和国の首都。リューザー湾内にあって、海からの攻撃はまず不可能。古くはコリント王国ペトロメリン王朝の首都。

シルメリン共和国(Republic of Silmerin)

クルート連邦の中核を成す国。首都および支配者は連邦と同じ。

シルレル(Schiller)

イモータル メロスの本界

ジレフ(Jiref)

ウイレヌ汗国内の1氏族、テキル族の長。

試練の塔(Tower of Ordeal)

メンデル共和国首都メンデルにある高い塔。ジュンデル王国に反旗を翻したジリバルディ・メンデルが捕らえられ、幽閉された場所。メンデルは脱出して民衆を糾合、この地を首都としたラボルデ共和国の建国を宣言した。

ジロー・カーメル(Guirott Carmel)

シヴィルスクアルフカーメル氏族長。

白き翼(White wing)

エルリス

白き剣(White sword)

  1. 白き剣
  2. エクスカリバー
  3. アレックス・トリファー

白き衣(White cloth)

ハーフガウンの形をした物質の領域のアーティファクト。強力な魔法を施された武器を用いない限り、着用者にはまったく傷を付けることができない。また強力なリジェネレーション能力も備える。

白き姫(White princess)

ダム・ブラーンシュ

白きルーンの都(White rune city)

ファーランド

白の神(White goddess)

アルゲバル

白野鮫季助(Shironosame Kisuke)

馬具笊ギルド帝国の商人頭だった人物。1,615年のラムサダス帝国侵攻で戦死している。息子黒人綺屋都決戦で死亡したと言われているが、実際には天皇の子春弥と入れ替わって綺屋都で存命である。

白野鮫黒人(Shironosame Kuroto)

馬具笊ギルド帝国の商人頭だった白野鮫季助の息子。1,615年のラムサダス帝国侵攻時、綺屋都で戦死したとされるが、実際には存命である。黒人はその前にギルドが綺屋都を占拠した際、供(拝堂寺雷太)を一人連れて皇子たちを追いかける役を父から申し渡されていた。しかし彼はそれを承服していなかった。両親と祖母をいっぺんに亡くした子供たちの命まで取る必要があるのだろうか、と。綺屋都北西の山中、先を急いでいた彼は悲鳴を聞いた。崖を覗き込むと二人の少年が滑落して行くところだった。崖の上には、途方に暮れた二人の子供(およびその背に背負われた小さな子)がいた。二人は近づいてくる黒人に気がつくと、彼を「春弥兄様!」と叫んで駆け寄った。戸惑う彼にくっついた少年と少女は「手櫛兄様が、兄様が」と泣き続けた。それは綺屋都で自刃した天皇の子供たち、佐保熊策、そしてだった。崖に落ちたのは彼らを導くべき兄二人、春弥手櫛だった。黒人はたまたま春弥と容貌が似ていたため、二人は兄が生きて戻って来たのだと誤解したのだった。黒人は彼らを不憫に思い、雷太を説得してこのまま三人とともに行くことを承知させた。そして彼らを率いて山道を抜けた。その後は雷太を使って綺屋都の様子を逐一報告させ、綺屋都が帝国軍と黒羽凰の元で平穏を取り戻すのを待って戻った。

白のラ・リューン(White La Lune)

ルナ教、ムーン二神教の一柱。物質の領域のイモータル。モータル時代の名はレミリアーサ・アファール・レルトゥル。1,629年に一時復活したオルクマルドにより消滅させられた。

白の指輪(White ring)

時間の領域のアーティファクト。

白薔薇園

白薔薇園

白魔法の館(white magic house)

ノブル大学に併設された魔法学校。

白妖精(White alf)

アルフ

ジローラモ・チェザーレ(Girolamo Cesare)

かつてのコリント王国子爵。現当主ベリーニの曽祖父。事業を失敗させ、子爵家の財力を一気に傾かせた。

シロル・アトリアン(Sirol Attorean)

エルドレス神国〜ジアザー帝国の伯爵でアトリアンの街を治めた。引退し息子のサイスに家督を継がせた後、死亡している。

シロル・ロゼッタ海(Sea of Siror-Rosetta)

ホーメルト南島とセイレイ大陸の間の海。Overview参照。

シロル・ロゼッタ海戦(Naval Battle of Siror-Rosetta)

フェルナンド帝国によるレッドストーム作戦(対シリア王国戦)の緒戦。

シロン(Sironn)

ラムサダス帝国の紅茶のブランド。皇帝ラムサダスも愛飲する。

新海(New sea)

スメル大陸とオージャス大陸の間の海。Overview参照。

新海海盆の隆起(Hive of sea-hills in New-sea)

1,620年代に興った深海海盆の隆起とそれによる海流の変化を示す。国際会議が開かれた。地上の人々には知られていないが、これは海底下にある巨大空洞内からの放熱の上昇によって海底(空洞から見れば天板)そのものが隆起したものである。また海盆中央(アルファの西の海)に巨大な裂け目が現出し、海水を循環して熱水を作るようになっている。空洞そのものは呼吸可能な空気を伴ったものであり、火の精霊界への恒久ゲートがあるため火の属性を持つ生物たちが棲んでいる。主は巨大な赤龍である。

針海樹

針海樹

真空斬り(Sonic blade)

高速で繰り出す剣と、空気の間にできる真空状態を利用した遠距離攻撃法。通常フェルナンドの八星衆、ダルス・ゴッドリィの技のことをいうが、ラムサダス皇帝の使う「ソニックブーム」のことを指すこともある。

神幻一刀流(Sword of Shingen-Ittoh, God-illusion)

かつて耶甫内から馬具笊にもたらされた古流派剣術。伝承者は絶えたとされている(実際にはイットー・カガスミーが伝えており、ハリエット・ジンツァーにも受け継がれている)。突きが主な戦術であるが、その極意にいわく、「神の如く幻を操り、一刀を以て敵を突く」。

真古派(True-antiquity Aracian)

アラス流剣術諸派のうち、もっとも創始者の剣を受け継いでいるとされる一派に対する、近年の呼び名。以前はただ「正統派」などと称した。攻防のバランスを重視し、心理的な駆け引きも多い。反面持久戦になることも多い。ブラックホースは当初、真古派に属する剣豪から教えを受けた。ハインスリッター元帥もこれに属する。

シンシア・ケイダント(Cynthia Kaydant)

シンシア・サマディ

シンシア・サマディ(Cynthia Samady)

アルバート・サマディの妻。旧姓ケイダント。現エルメラン教皇マーシャス・ケイダントの娘。

シンシア・ピーターソン(Cynthia Peterson)

フェルナンド帝国農務長官。弟は画家のフランツ。

真朱のイヌワシ

真朱のイヌワシ

神聖学院(Holy school)

ドルドムラ大学

シンディ・サリヴァン(Sindy Sullivan)

ラムサダス帝国雷光魔術団

神王(God king)

1,596年にスペン・カーティサンが発表した書。

シンパルム(Sympalmn)

ウラディミスク帝国キスロカン湖のほとりにある遺跡。コリント王国セイン王朝時代の都。

ジンブルカス(Jimblkus)

ミラード帝国陸軍第四師団長。中将。

シーン・ロットマルト(Siene Rotmalt)

ヘレネス王国〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の子爵。マルフェッジの街を治める。

王朝(Sui dynasty)

581年に挲坏瀝地方を統一した王朝。初代皇帝は。首都堯薩。618年に王朝によって滅ぼされる。

翠応天使(Suiou-Tenshi)

月咲ノ門土踏維途里

水上の学院(Water academy)

ノブル大学

ズィドラス大陸(Continent of Zydlus)

裏エルヴァートの南の大陸。Overview参照。

水盤(Water basin)

<青き泉>サンターナの作である時間の領域のアーティファクト。水面に未来が映る。

ズィルバーブリッツ(Silber Blitz)

ファームズ帝国の戦闘機。

スヴァーティ(Sverti)

ファームズ帝国に住む少数民族。キトラカ・カグはこの部族の出身であり、彼の墓所とされるロックキープを聖山として崇める。

スヴァングル(Svangle)

ファームズ帝国ミュンハイム王国の王女。

スヴィンダル(Svindal)

ド・トゥ教国史。アルフミリエル・アルビールの夫。キャメラン初代右大公の子。

スヴェン・ファームズ(Sven Farmes)

ファームズ帝国皇帝ファームズ26世の祖父でファームズ王国の国王。先帝ステイン、その弟リューファイン、クライソン、ティルソンの父。1,601年に死去し、ステインが後を継いだ。ステインはさらにその後1,603年に皇帝となる。

スカーミッシュ・ルーン(Skirmish Ruin)

ラムサダス帝国の南部にある丘陵地帯を言う。Overview参照。

洲界(Sukai)

ラムサダス帝国の馬具笊地方にある港町。大商人(ギルド…現地では羅岱)が集まる商業の中心地。馬具笊ギルド帝国の嘉那須熱海は、この地の商人たちの力を借りたからこそ北の天政田佐宗との戦いを制し得たとも言われる。馬具笊ギルド帝国末期には大きな力を握り、大岱の将軍家を滅ぼすに至ったが、ラムサダス帝国の侵攻により降伏、武装解除された。

スカイシャーク(Sky shark)

ラムサダス帝国の爆撃機。

スカイス・クレイディ(Skais Creidy)

アルファティウス帝国末期の騎士団、シルヴィスの結成当時の一員で、最年少だった。

スカイパイソン(Sky python)

ファームズ帝国の戦闘機。

スカイパレス(Skypalace)

シヴィルスクにある空中都市。この森の氏族長たちの多くはここに住んでいる。見た目がどのようなものかは、D&D®GAZ5を参照のこと。

スカイファイター(Sky fighter)

フェルナンド帝国の試作戦闘機。

スカイライダー(Sky rider)

フェルナンド帝国の試作戦闘機。

スカイローズ(Sky rose)

コリント王国イェルト公爵家の家紋であり、守護神ザラスター・メカの紋章。巨大な破邪の力を秘めている。コリント本星の花であり、エルヴァートにももたらされたが、土壌に馴染まず絶滅した。現在イェルト公爵の城にあるものは魔術で作られたイミテーション。

スカルティウス(Skultius)

ナイトメア連合王国陸軍第二師団長。戦士。

スカルハンター(Skull-hunters)

ホーストヘルン帝国の主力戦闘機。

スキッドロウ(Squid Law)

物質の領域のイモータル。ドワーフの神の一人で元々はボリス・ロックメイカに率いられてエルヴァートを訪れた大黒妖精で、ボリスの兄リーデル。

ズギューン!!(Zugyuun)

窈湖のPC-88801MR用シューティングシリーズ。見た目のハデさを強調したもの。難易度は比較的低い。

スキュラ(Skylla)

裏エルヴァート、海賊の海付近にいる巨大な海獣。同じ海域にはカリュブディスという海獣も住んでおり、船はその中央を通らなければならない。

スゲート・アングリ・テピシキ(Sgete Angri Tepisiki)

ファームズ帝国サリトル王国テピシキの支配者。

スコット・ウォーラス(Scott Wallas)

アマリス帝国白色騎士団第一師団長。上級大将。現在の白色騎士団では、師団長フェルゼン元帥を除き唯一の結成時のメンバー。

スサの戦い(Battle of Susa)

ヴァルジ会戦

シリア側の呼び名。

スーザン・アルトロヌス(Susan Antronus)

ロングッドに住む女性。男好きで相手を挑発するような服を好んで着る。戦闘能力はない。リル・ミアの熱烈な信者。

スーザン・カルストリン(Susan Kalstrin)

ロングッド王国の騎士団長だったエイミス・カルストリンの妻。騎士団のレクソウィー・シロクの娘。夫の割腹自殺の後を追って自殺。

スーザン・シロク(Susan Sirok)

スーザン・カルストリン

スサンス(Susanse)

表向きドラゴンマウンテンの長となっている古龍。真の長は2,500歳のナイトフレームであるが、スサンスもおよそ1,800歳で通常考えられる限界を超えた古龍であることに変わりはない。

スージー・シュナイダー(Susie Schneider)

スージー・ラズベルト

スージー・ブルーターレス(Susie Bluetares)

ラムサダス帝国海軍。

スージー・ラズベルト(Susie Rusbert)

フェルナンド空将軍ハリー・ラズベルトの妻で、上官ジャック・シュナイダーの長女。

<銀河>

ヤミカ・ミゼルニヤコノヴナ・モストキン

スターバード(Starbird)

フェルナンド帝国の、サンダーストーム・レッドストーム作戦時における海軍主力戦闘機。空軍ではレッドフェニックスIIIが主力。

スターヒル(Starhill)

エルスルム王国。王国南西部のドグルマーに至る渓谷の先。

スターヒルの戦い(Battle of Starhill)

エルスルム王国史。クレンドワーフとシルヴァニアアルフの最後の戦い。フォーリッシュ・エネルスとゴラド・ドグルマーの密約により強硬派だったグラーニシュ・ディリアンが戦死し、フォーリッシュが即位したことでドワーフと和解した。以降表だった戦いは起こっていない。

スターファイター(Starfighter)

フェルナンド帝国の試作戦闘機。

スタイン・テレマルク(Stein Teremark)

かつてのメイスン民主主義共和国第五代議長。1,592年選出。

スタイン島(Stein isles)

Overview参照。

スター・ウォッチャーズ(Star Watchers)

メテオール・リムへの信仰。メテオール・リム自体が最近のイモータルであり、歴史はない。ただし近年馬具笊にも信者が現れ始めており、こちらでは宗派名、神名とも星見人と呼ばれている。

スタニアアルフ(Stania Alves)

紀元前2,000年頃から、スメル大陸のスメルスタンに住んでいたアルフ。国王アサリアムは元々、現在のドールにあるペルサン森にいた。

スタル氏族(Star clan)

シュタルアルフ

スタント(Stant)

ド・トゥ教国史。前々右大公。メイヤー前右大公およびエストールの夫バイロンの父。レストラルの弟。

スツガルド(Sutsgald)

1,621年にフレデリック・フランソワ・シュネルが作曲。

スティーヴ・モース(Steve Mose)

アマリス帝国老中。

スティーヴ・ルカサー(Steve Loucather)

ラムサダス帝国雷光魔術団

スティーヴン・スティルバード(Steven Stilbard)

<欠地王>ジョン・フェルナンドの登用した大臣。与えられた権利を存分に使って私腹を肥やしていたのが発覚し、解雇される。しかしジョンはこれを教訓とすることなく、直後にジョージ・ドゥーカスを登用する。そしてドゥーカスは主君ジョンを弑逆してホロリィ王国建国を宣言、フェルナンド王国を一時中断させる。

スティーブン(Steven)

フェルナンド公国パニアゼミナール国語担当。

スティグリッツ(Stiglitz)

アマリス帝国リーン州、アルスヴィッツ男爵領の街。

スティーラーズ(Stealers)

ファーランド術者都市自衛軍の前将軍。老練な戦士だが戦略眼はない。武器の殺傷力を増加させる魔術を用いる。

ステッド流(Steadd)

アルファに残る剣術の流派。アルファティウス帝国末期にあった騎士団シルヴィスのリーダーは、イェーガー・ステッドという名で、本来なら次期当主となるはずだったが、新政府軍と戦って戦死している。

ステファニア1世(Stephania I)

300年代後半のアリーシア王国の女王。

ステファニア・ファームズ(Stephania Farmes)

ファームズ帝国アレイス男爵の妻。メレアグロス対人長官の娘。病弱で20歳までは生きられないと言われた。イオレを産む。

ステファニア・フォン・ハインスリッター(Stephania von Heinslitter)

フェルナンド帝国のラインハール・フォン・ハインスリッターとラフィニエル(エリン)の娘。

ステファニア・メレアグロス(Stephania Mereagros)

ステファニア・ファームズ

ステファヌス(Stefanus)

エルメラン教の八大聖人のひとり。

シャデラク

ステファン・アンドリュース(Stefen Andrews)

  1. ラムサダス帝国陸軍。
  2. アマリス帝国の富豪。エリー・アンドリュースの兄。1,593-1,616。

ステファン・コネティカット(Steven Connecticut)

アマリス帝国労働大臣。

ステファン・ダグラス・リー(Stephan Douglus Lee)

ラムサダス帝国行政局局長。

ステファン・マイクロフト(Stephan Microft)

ファームズ帝国史。公爵。男爵だったがリアン・ファームズ24世の姉メルヴィナを妃としたことで公爵になった。現公爵カールの祖父。画家。

ステファン・モリス(Stephan Morris)

聖テレジーナ騎士団員、将軍。ただし実戦指揮したことはない。

ステファン・ラクルフ(Stefan Rakrv)

ヨーン自治区に住む富豪。ロングッド王国時代に築いた富でなんとか体裁を保っている。

ステラ・エルヴィン(Stella Elvin)

アマリス帝国首相ハマルレアシル・カイドスネスマスの妻。フランシスの母。

ステラーダ・オーストン(Stellada Auston)

ステラーダ・サリトル

ステラーダ・サリトル(Stellada Saritol)

ファームズ帝国サリトル王国の王妃。ヒアンヤの妃。

ステリス(Steris)

シュタルアルフの一人で元26人衆タムサルスの姉。イモータル・アステリアとなった。

ズデンティ(Zdenty)

無秩序の領域のイモータル。1,614年の混沌戦争時に消滅している。

ストゥラセンティ(Storacenti)

南ラムサダス、ナトラムスの楽器製作集団。とくにヴァイオリンが有名。創業者はリスト・ストゥラセンティ。

ストダート・マスキス(Stodart Masquis)

マスキス王国最後の国王であり、クルート連邦による併合後のマスキス共和国の初代評議長。

ストームバード(Stormbird)

フェルナンド帝国の戦闘機。

ストラトフェニックス(Strat phoenix)

フェルナンド帝国の試作偵察機。

ストーリア・デラ・シッタ(Storia della citta)

1,400年代にシヴィルスクアルフのエール・ブラーンシュが作曲。

ストリンドベルヒ(Strindberg)

ドバヌール王国海軍リッケルト大将の旗艦。バルン海海戦で撃沈。

ストルドサンド(Stoldsand)

ミラード帝国首都ミラードの街の支配者。

スードレントラント(Sood-lent-lant)

  1. フェルナンド帝国オウ州の州都。Overview参照。
  2. 旧ドバヌール王国超弩級戦艦フリンキアの2番艦。

スニルナ解放同盟(Snilna releasing union, SRU)

混沌戦争で滅んだスニルナ千島帝国の皇子、シオヌール・ダルハッキニーが組織した同盟。アン・サロニンのスニルナ統一連合(SUU)と争うが、ラムサダスによるスニルナ保護域宣言を受けて和解、連合政権を樹立する。

スニルナ艦隊(Snilna fleet)

  1. ラムサダス帝国のスニルナ駐留艦隊。ラムサダス皇帝が1,626年に組織したもので、このため国際会議も開かれている。帝国は連合およびエストール自由都市から安全保証税を受けている。
  2. スニルナ連合のもつ艦隊。ラムサダス帝国のそれとは比較にならない。

スニルナジャングル(Snilnian jungle)

Overview参照。

スニルナ諸島(Snilna isles)

ラムサダス帝国(スメル大陸)の南に散在する数千の島々。Overview参照。

スニルナ千島帝国(Empire of thousand isles of Snilna)

1,561年にスニルナ統一王国から改称した国。度重なるスメルの侵略で弱体化し、混沌戦争で滅んだが、スメルはここを完全な支配地とする前にキングスパーティの襲撃で滅んでいる。1,610年のスメル帝国侵攻で皇帝ウヌガバス・ダルハッキニー(建国者オランドの子)が戦死し、以降は王子シオヌールが支えたが、アイスラントによる進駐を経て各地は寸断され、1,613〜4年頃には瓦解する。

スニルナ島(Snilna isle)

Overview参照。

スニルナ統一王国(United Kingdom of Snilna)

1,532年にオランド・ダルハッキニーが建国した王国。1,560年にアルフアイルを征服し、一代で全島を統一した。翌年スニルナ千島帝国と改称。

スニルナ統一連合(Snilna unification union, SUU)

混沌戦争で滅んだスニルナ千島帝国の侍従長息アン・サロニンが組織した同盟。シオヌール・ダルハッキニーのスニルナ解放同盟(SRU)と争うが、ラムサダスによるスニルナ保護域宣言を受けて和解、連合政権を樹立する。

スニルナ連合(Union of Snilna)

旧千島帝国の首都ルーナカルトにできた新興国。Overview参照。

スノウ・エルヴェ(Snow Elve)

ファームズ帝国〜ジアザー帝国〜アマリス帝国男爵。ナインパークの街を治める。ハーフアルフであるとされる。イルビジア会戦の後、シーラン地方がジアザー帝国に割譲され、その中にある彼の街はジアザーの領土となった。当初皇帝ファームズ25世は、彼を別の街に転封しようとした。しかし彼は領民との別れがつらいと言って敵対行動を取らないことを条件に国替えとなった。なお、これは表向きの理由である。スノウは既にファームズの将来に見切りをつけており、むしろ外的な理由で何もせず大帝国の庇護化に移れることを歓迎していた。無論当初はスパイを疑われようが、それは追々晴らせば良いと考えたのである。

彼の持つ私兵は小数ながら帝国軍以上に訓練されており、それは公爵侯爵以外では極めて珍しい。

スノーヒル(Snowhill)

  1. 古代神。「銀世界」あるいは「永遠の銀世界」と呼ばれる時間の領域のイモータル。この領域では知られている中でもっとも古い神の一柱。アイスラント方面からデュール内海沿岸にかけて信者が多い。スノーヒルの本界は、すべてが雪と氷に閉ざされた世界である。別名をアドリルと言う。ランス半島にある街アドリルは、かつて戦禍を逃れた信者のために彼が作った街である。
  2. エルヴァートのある星マルスが属する星系の第八惑星。視等級は最大で-0.52等になり紀元前から認識されていた。ホーメルト地方ではバルボーンと呼ばれる。

スパイラ(Sphaera)

またはスファイラ、スフィア(Sphere)。η ∑φαίρα。ルーンワールドがある星の名前(イモータルの呼び名)。

スパークリングダガー(Sparkling dagger)

物質の領域のアーティファクト。振るたびに閃光が舞い、敵の目を眩ませて急所を確実に突く。また所有者には行動の迅速さや絶対的な防御能力をも与え、投げれば手元に戻る。ティアンナ・マークレットの主武器であり、この剣により「二剣要らずのユリフィア」という伝説の存在ともなった。

スパッド(Spad)

魔法具の光の剣。ダメージは通常のスォード+1であるが、実体がないので破壊されることはなく、代わりにディスペルされると一定時間使用が不可能になる。開発はラムサダス帝国で、技術はコレクターであるカルドレアから手に入れたもの。実用化しているのはラムサダス帝国の強化有翼魔法中隊のみ。

スパトリー(Spatley)

ド・トゥ教国史。初代左大公。アルフミリエル・ドーズールの弟。

スーパーフェニックス(Super phoenix)

フェルナンド帝国の偵察機。ZSR-76。

スーパーフライ(Super-fly)

高度航空魔法のひとつ。3.3mph≒4,000km/hまでのスピードを得ることが可能。有名なのはアーサー・フェルナンド皇帝の持つもの。

スフィア(Sphere)

  1. カプルカント王国〜共和国のレンクス6世の姫。革命時に捕えられ、レンクス付の僧侶だったメイザースを筆頭とした者たちの慰み者にされた。メイザースは革命前から彼女に欲望を募らせており、自ら捕えて年来の望みを果たした。ルヴァルで亡命政権を立てて時期を見定めていたレンクスが統治の意欲を失った原因は、同時に捕えられて処刑された王子トーヴァスと、彼女のことを伝え聞いたからに他ならない。その後アンデッド騒動発生時に死亡した。暴虐な日々の中で衰弱したり死亡したりした彼女を治癒できる者が革命政府にはメイザースしかおらず、そのメイザースがアンデッドとの戦いのさなかに死亡したためである。
  2. スパイラ

スフラー(Shfra)

古代ミラルト古王国のファラオ。

スプランドゥール(Splendeur)

シュタルハイムのアルフたちの最長老。およそ2,200歳。

スプリングレイク(Spring Lake)

ファームズ帝国、サリトル王国、ミルトン男爵領の街。ミルトン家の根拠地。人口70,000。支配者はファン・ミルトン。本来の名はミルトン。

スペリアル(Sperial)

アナーティア教で信奉される無秩序の領域のイモータル。

スペン・カーティサン(Spen Curtisan)

ファームズ帝国の思想家。1,596年に「神王」を発表。

ズムワルト(Zumwalt)

12湖の一人。ズムワルトはファミリーネームであり、本名はクラガンとタンサーしか知らない。ドラゴンスレイヤーとして名を馳せた聖騎士だったが、クラガンに心服して従い、彼自身が賢者と呼ばれるに至った。

スメリア湖(Lake of Smelia)

スメル大陸西部オスメリア森の西の山中にある湖。この名前は、オスメリアとスメルの中間の形を今に伝える、つまり2つが元々同じ言葉だったことを示すものとして歴史学者には注目される。ただし一般人にとっては山中の清い湖という程度である。水棲生物がほとんどいないことが知られる。

スメル王国(Kingdom of Smell)

B.C.395年ころに興ったスメル帝国の前身。スメル帝国初代皇帝カーブ・ドレックスは、37年に生まれたこの国の王子。だが王位継承権はさほど高くなかった。カーブは兄や従兄を巧みに暗殺し、61年に国王となる。帝国となるのは106年。カーブが69歳のときである。

「スメル国民に告ぐ」('To Smeli')

スメル帝国史。オクサーの一講師クラウソ・ウィッキューノによって著された、帝国の圧政に対抗して欲しいという呼び掛けの書。クラウソは帝国軍に拉致監禁され、拷問を受けて死亡している。

オクサー大学ではいまもこの書のコピーを保管している。また孫本がヤース図書館にもある。

スメル山脈(Smeli mountain range)

Overview参照。

スメル山脈大掃討(Cleaning of Smeli mountain range)

ラムサダス帝国で、アシュラブレイが指揮した国家事業のひとつ。スメル山脈に住むオークなどのモンスターを掃討し、ドワーフ集落などから感謝された。

スメルスタン(Smellstan)

スメル民族が生まれたとされる場所。Overview参照。

スメル戦争(Smell war)

コルコランド戦争

スメル大陸(Continent of Smeli)

表エルヴァートにおける二大陸のうち、西方のもの。Overview参照。

スメル帝国(Empire of Smell)

ラムサダス帝国の前身となった巨大帝国。版図はほとんど同じである。ホーメルト地方へ侵攻し、ロングッド・フェルナンド・ジアザーという大国を敵に回して戦う。この戦いで壊滅的打撃を被り、さらに首都に対するキングスパーティの直接攻撃によって、滅亡に追い込まれる。

スメル帝国史(History of Empire of Smell)

ラムサダス皇帝が指令して編纂させたもの。スメル帝国の歴史を、その善悪を抜きに資料が現存するだけ集めた。

スメル帝国シャイダー朝(Shyderian dynasty of Empire of Smell)

スメル帝国の3つの王朝のうち中のもの。最後の皇帝はシュメール・シャイダーであり、キングスパーティのブラックホースとの一騎討ちで敗れる。

スメル帝国ドレックス朝(Drexan dynasty of Empire of Smell)

カーブ・ドレックス(カーブ1世)によって建国された最初のスメル帝国で、そこから300年続いた王朝。第14代ブリンド2世を最後に、シャイダー朝の黒き風の治世に取って代わられる。カーブ・ドレックスはその元となったスメル王国の王子だった。

スメル帝国秘史(Secret history of Empire of Smell)

スメル帝国史以前の伝承的記録をもとに作られたもの。スメル帝国史と同時に作成が開始された。スメルスタンの繁栄と没落の記事もこの中にある。

スメル帝国ラムサダス朝(Ramthadan dynasty of Empire of Smell)

滅亡したスメル帝国を復興すべく、ロングッドからやってきたラムサダス男爵によって建国。翌年ラムサダス帝国と正式に変更される。

スメルドワーフ(Smeli dwarves)

スメル山脈に住むドワーフの氏族。「最悪のドワーフ」と呼ばれるドオルギー・ジューコフはスメルドワーフ出身。

スメル暦(Smeli Calendar)

1年18ヶ月、1月20日で構成される。ティアマト暦で6月1日が1月の1日になる。

スメル猛高熱(Smeli burning fever)

スメル大陸(ラムサダス帝国)で50年に一度くらいの頻度で猛威を振るう、猛熱を伴った病気。放っておくと数日で死に、看病しても普通一週間と持たない。

スモークディスチャージャー(Smoke discharger)

ラムサダス帝国で開発中の煙幕製造機。

スラ・テル・アルディン(Sura Tel Uldin)

シリア王国の戦闘機。

スラフニキ(Slafniki)

12湖の一人。

スランクレイン(Slancrain)

フェルナンド帝国の街。かつてはドルクタル王国の首都。

スランド王国(Kingdom of Sland)

かつてブランジ島に存在した国家。首都カルナック。1,613年のアイスラント侵攻で滅亡。

スリザブ(Srizab)

ライトハイ王国の街。人口80,000。

スルー・ウィンザー(Through Windsor)

地下のダンヒル皇国の王。魔人。

スルーバック(Throughback)

アマリス帝国白色騎士団、コーラス中将の旗艦。

ズルフィカール(Dhulfiqar)

<赤き瞳の天使>ジブリールによって鍛えられたアーティファクト剣。知性を持ち、指令により自動で戦うこともできる。現在は<騎士>レイナルド・ハイエルクが所持している。

スルタン洋(Sultannic ocean)

スメル大陸南西の大海。Overview参照。

スレイアーン・エドリテナス(Slayern Edritenus)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)No.9。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。

スレイアーン・ブラーンシュ(Slayern Blanche)

暁の戦士達のひとり。妖精王センリニールの息子。兄弟であるラメルと、妹のアリテュリアルミィをめぐって対立。B.C.4,009年、現在のデュール内海の上空で激しい魔法戦を繰り広げる。結果、アリテュリアルミィは死に、彼は混沌神ビッボオルゥの囁きで無秩序を目指すようになってしまう。それは光の子であるアルフにとっては、なににも勝る罪悪であったが、かれはこの一件で「憎悪」というものを覚えてしまっていた。

その後、<魔界のプリンス>と呼ばれる魔人ノルヴァに見出され、<汚れし白>と自らを呼び、イモータル・フォーメイムとなって現在に至る。

もともと彼の出生には謎があり、一説、母親はデックアールヴであるとさえ言われている。

スレイマ(Slaima)

スレイマ魔王国の首都。

スレイマ魔王国(Sorcery kingdom of Slaima)

Overview参照。

スレイミール(Slaimir)

スレイマ魔王国の国王直属魔術師団。

スレム教(Sremic religion)

オージャス大陸からホーメルトまで、広く信仰される古い宗教。ハドラムを信仰する。

スレン1世(Sren I)

スメル帝国ドレックス朝第二代皇帝。カーブ1世の子。ティアマト暦123年に突然病死している。

スロウズ(Throws)

アマリス帝国リングコースト州の街。人口80,000。クラウス・リーンフェルン男爵が治める。

スロウハンド(Throw hand)

地球で言うバスケットボール。クルート連邦で盛ん。

スロス・マンネンホルト(Rhtors Manenhold)

アドリルの自警団団長。

スロット・ペイ(Slot Pay)

キュート国、シュザンクレルヒの支配者。

スロリクトラ・ドバヌール(Throrictra Dovanool)

Who's Who参照。

スロル(Throl)

クルート連邦海軍第一艦隊司令。

スロルキン(Srolkin)

ミラード帝国海軍第三艦隊司令。中将。

ズワーフ(Zwarf)

ロングッドにあった国。ローム帝国に滅ぼされる。

スワティ・ミトラ(Swati Mitra)

海の王国宰相兼最高術師。国王ハルシャの娘プージャを妻としている。

セイアン1世(Sayan I)

ヤルノ・セイアン

セイアン6世(Sayan VI)

セイアン連合王国の最後の国王。東セイアン王国国王。

セイアン7世(Sayan VII)

セイアン6世の王子で次代の王となる予定だったがフェルナンド侵攻で国家が滅亡した。

セイアン王国(Kingdoms of Sayan)

かつてホーメルトで栄えた、東西南北4つの王国で構成された連合国家。代々の王は、それぞれの息子たちから選ばれ、女王は別の王家の娘から選ばれていた。最後の国王は東セイアン王国のセイアン6世。

セイアン州(State of Sayan)

フェルナンド帝国の一州。州都はミルル。州知事はグラハム・グラフ。

セイアン半島(Peninsula of Sayan)

北セイアン王国(セイアンの4つの王国は、それぞれ東西南北であった)のあったところ。ナリア湾とヴィンテス湾を分ける。

聖エムロンド1世(St. Emrond I)

ムーンクレア教国の建国者。1,551年に司祭バルカルによって創始されたムーン二神教を国教とした国家を建国した。本名はハミルス。現君主聖エムロンド2世は甥にあたる。

聖エムロンド2世(St. Emrond II)

Who's Who参照。本名はユーイン。

聖騎士(Paladin)

パラディンとは現実世界では基本的に「上級騎士」の意味で使われる語。エルヴァート(およびその周辺世界)では「教会騎士」の意味で使われることも多い。現実世界でも「ローマ教皇の配下」という意味で使われた時代があったが、それと類似した存在である。これらの世界がoD&Dreg;のルールを根底に構築されて来たためである。ブラックホースやアシュラブレイなどTRPG時代から存在する人物のいる宗教、つまりエルメランやジョルツ、マグロニエルなどの聖騎士は、そのまま「教会騎士」の意味合いで残存している。

セ・イギル(Ce-Igir)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国、イギル王国の国王。

聖銀河騎士団(Knights of the Holy Galaxy)

聖銀河連邦皇帝の側近となる騎士たち。現在(G.C.381年)には17人いるとされる。

聖銀河連邦(Union of the Holy Galaxy)

略称UHG。エルヴァートのあるマルス星から数百光年のところにある星間国家の集合体。現在の支配者はギャラクシー3世。首都星はホーリネスと呼ばれる。同一星系にハビタブル惑星が2つあり、この2つの国家の争いが長く続いた後、一方の皇子と一方の皇女が結婚し、皇女の星が首都星となった。

これらの星々に住む人々には様々な種族がいる。エルヴァート同様に同居している星もあれば、アルフしか存在しない星もある。

聖獣騎士団(Knights of the saint beasts)

ファームズ帝国皇帝直属部隊。ファームズ最強の戦士たちでありアマリスの虹の聖騎士団やライトネアのドラゴンナイトに匹敵する存在とされる。ただし全貌は知られていない。ヴァーミリオンバード、ホワイトタイガー、アズールドラゴン、ブラックトートイズの4隊。全体のリーダーは現在ヴァーミリオンバードのリーダー、アストラッド・ファームズ男爵(リューファイオン・ファームズ公爵の長男)が兼務する。

聖処女

聖処女(Holy maiden)

青年(Von der Jugend)

1,400年代にウィーン・アザンクールが作曲。

聖杯(Grail)

時間の領域のアーティファクト。ウィッシュの力を持つ。

聖宝(Holy treasure)

各宗教における教義上の宝。ムーン二神教では白水晶黒水晶

西方諸都市の反乱(Rebels of the west cities)

内乱の2世紀の最終盤で起こった反乱。中央の内乱によって廃れた治世に嫌気が刺し、国民が反乱を起こした。指揮したのはフェーブル市長グラン・レンドルフ。かの軍師アレックス・デヴィッドソンは危機を予知してタロスに進言したが、連勝に気を良くしていたタロスはそれを公然と無視、逆にアレックスを軟弱者呼ばわりまでした。反乱軍はツバリ(現グラスティース)を強襲し、タロス・シャイツの軍激戦になる。アレックスは絶望的な気持ちで出陣、戦死を遂げる。

激戦を制したのは装備の勝ったタロスだったが、軍はその3/4が戦死した。アレックス戦死もあってすでに戦意は完全に喪失しており、強行軍でツバリに至ったファンドリア軍を押しとどめる気力はもはやなかった。ここに内乱の2世紀が終結する。

西方大陸(Western continent)

スメル大陸

聖魔術団

聖魔術団

セイム1世(Same I)

スメル帝国ドレックス朝第四代皇帝。アルス・セイム。<願望の玉>を求めて異空に飛び、地球にて自分の鏡像であるジアザー・テレビジョンと出会ってしまう。そして彼らは決闘し、ジアザーの勝利に終わる。

ドレックスおよびシャイダー王朝の帝国史においてこの事件は、「謎の失踪」としか記されていない。時代が移りラムサダス帝国となって、ジアザー前皇帝の協力によって初めて事態が判明し、「スメル帝国史」に記されることになったのである。

セイムズ湿地(Saymus swamp)

Overview参照。

セイモン公国(Principality of Ceimon)

ハルマヘラ公国群の一国。首都はモワド。

セイリアン・ダルス(Saylian Dalse)

全ワールドで最高の魔力を持つとされる存在。人間であるが、その力は神々のそれと比肩し得る。フェストア・アーミナル、ジャック・サミュエル、メイラリア、パラハルトス、エムルスなど、さまざまな名をもつ。出生、そして魔力を手にするまでの経緯は不明であるが、魔術を志すものであれば、<赤き超導師>の存在を知らぬものはない。年齢は少なくとも500才以上であろう。

もし…彼と出会ってしまったなら、彼が別れの挨拶をいうまでは、一切余計なことをしてはならない。万が一機嫌を損ねでもしたらどうなるか知れない。逆に彼を喜ばせたり、関心させたりすることができればしめたものである。彼は、これから幾度となく助けてくれる強力な味方となろう。

エルヴァートでの彼は、1,613年死亡、となっている。なお、別のワールドではなお存在している場合もあるが、現時点でエルヴァート最強はニアラシェール・イ・カイルハラスであり、全ワールド最強はルーンワールドで大いなる力を手にしたティアンナ・マークレットである。

精霊(Elemental, Spirit, Plasm, Fundamental)

  1. 四大精霊に代表される精霊界の住人たちの総称。魔術師の呪文や魔法具、自然の魔導門(ウォームホール)から主物質界に出現する。エレメンタルの他、スピリット、プラズムなどと呼ばれる。
  2. 精霊界主物質界を結ぶヴォーテクスの中で生まれる半精霊的な存在。こちらはファンダメンタルと呼ばれる。エレメンタルのように呪文に因らずとも主物質界に出現するが、エレメンタルほどの精霊力を有するものは稀である。
  3. 精霊
  4. ムーンクレア教国の巫女に憑依している特殊な生命体。銀の精霊および黒の精霊。

精霊の守り(Talisman of Spirit)

ヨーンのコレクター、カルドレア・アサハルデルン作の魔法の物品。微弱ながら護りの魔法が掛けられており、闇や混沌を退け悪運を遠ざけるとされる(悪運を遠ざけるのは宣伝文句であるが)。同様のアイテムとして「人魚の涙」もあるが、効果が強い分それなりに高価なため、一般庶民が購入するのは精霊の守りである。

セイレイ山脈(Saylay Mt. range)

大陸のほとんどを覆っている山脈。Overview参照。

セイレイ大陸(Continent of Saylay)

ホーメルトの南にある大陸のこと。Overview参照。

セイレイ地方(Saylay region)

セイレイ大陸を、こう呼ぶことがある。

セイレイ峠(Saylay pass)

セイレイ大陸東端の山間部。

セイレン・アックレルヒ(Salen Achlerch)

かつての永世王国26人衆のS。魔術師。インギー・ランスフェールとは親友同士。ミルファリン・オルドレスティとミルカ・エルスティのブラッドリンガー退治に同行した。

聖魔術団(Saint wizards)

スメル帝国の誇った大魔術師団。黄道十二宮の名を持つ。すべての軍団は彼等の管轄下でありその総合戦力は想像を絶していた。第二キングスパーティにより各個撃破された。

12星座

ゼウス(Zeus)

スメル帝国最後の皇帝シュメール・シャイダーの乗機だった特製戦闘機。ミトランドの英雄ジャック・シュナイダーの新機体タイタンを空戦で破った。ジャックは二度連続で、シュメールに敗れている。エルヴァートで馴染みのないこの名を帝国がどう付けたのかは不明。

ゼウニヤ・メリアン(Zeunia Merian)

396年、ロングッドに王国を建国し、メリアン朝を創始した人物。

セオジーヴァ(Theodiva)

ファームズ帝国史。1,200年代のフレイム正教教皇。

セオドア・ドライアー(Theodore Dryer)

元ラムサダス帝国海軍の幕僚。1,623年に引退、相談役になる。このとき特進して中将。

元アルファティウス帝国の騎士団シルヴィスであり、混沌戦争やマクニッシュの乱で戦っている。1,616年に離脱してヤースへ移住。

ゼオン・アーティアル(Xeon Ertial)

ゼオン・バーリアン

ゼオン・バーリアン(Xeon Barlian)

かつての永世王国26人衆のひとり。ゼオン・アーティアルとも。ルーンワールド在住であり、過去エルヴァートに居住し永世王国26人衆に参加していた。

世界基本スメル帝中央機構統一促進勅令(Imperial command of promote unify the world standard Smeli emperor central organization)

非常に長い名詞であるが、要するに世界はスメル帝国皇帝を中心にして存在し、かつスメル帝国皇帝によってのみ統治されるという、皇帝の理念を実現するために出された勅令。1,145年にシュメール・シャイダーによって出された。

世界基本令(Command of world standard)

世界基本スメル帝中央機構統一促進勅令

世界教育科学国際基金(World Educational and Scientific International Fund, WESIF)

ジアザー前皇帝が提唱して設立された、世界の子供たちの教育レベルを上げようという団体。地球におけるUNESCOのようなもの。

世界考古学研究会(World Archaeology Research)

国際会議の副機関のひとつ。

世界楯山脈

世界楯山脈

世界地勢大全(World Gazetteer)

「世界地理案内書」と訳されるが、馬具笊地方ではこう呼ばれている。世界中の地勢、山脈、河川、主な都市などについて詳細な記述がある(ただし表のエルヴァートのみで、裏エルヴァートに関してはほとんど記述はない)。

シリア王国の旅行家、サダム・アブドラ・フッサンの手になるものである。1,622年出版。

世界美術保存会(World Art Preservation Party)

国際会議の副機関のひとつ。

セカティ・トーリング(Sekaty Thorling)

クルート連邦マスキス共和国の評議長ルヴァンディの兄。

セガナ森(Forest of Segana)

スメル大陸南端ボース王国の中程にある森。首都ボースはこの森の南側にある。森巨人の亜種であるハルギツタイが守護し、侵入者を迎え撃つ。

セグリール・エリアザル(Cinglir Eleazar)

シヴィルスクアルフエリアザル氏族長。剣と弓と魔法のいずれも特異とする凄腕のレンジャー。

ゼグルス・アッハ(Zeglus Akh)

表エルヴァートのリザードマンのことを、裏エルヴァートのリザードマンはこう呼ぶ。意味は「龍族に似たもの」。

ゼグルス・ジビル(Zeglus Sibil)

裏エルヴァートのリザードマンが自らをこう呼ぶ。意味は「真の龍族」。

セシオス(Cecious)

  1. マルス星の太陽。始めの10者の長兄の名前である。その昔、エルヴァートとなるプレーンは3つだった。それをつなげあわせるために、このセシオスが配置された。つまり、この世界はプレーンという観点ではほぼ中央に位置していることになる。
  2. <始めの10者>の長兄。B.C.100,000にル・ソレイユが誕生したとき、既に<古き者>だった。モータルは「セシオス」を太陽の名としてだけ知っており、直接彼の存在を知っているわけではない。これは太古の魔術師が、神々に太陽の名を問うた時に得られた答えである。セシオス自身が太陽神というわけではない。

セシル・クラファレスト(Cecil Clapharest)

Who's Who参照。

セシル・クレア(Cecil Crea)

ヨーン自治区にある宿屋の女主人。少しだけ魔法も使える。

セスター(Sester)

アマリス帝国ソミルヘン州の州都。人口50,000。

セスター・マクビリー(Sester McBirry)

かつてホーメルト南島にあったケミグルス人民共和国の最後の首相。戦士でもあり、1,617年のフェルナンド侵攻時には自ら剣を手に戦った。多勢に無勢であっさりと破られたが、その戦いぶりにはフェルナンド軍からも賞賛の声が上がった。併合後にはシャープの自警団を統率する一方、ヴァーン州議会に名を連ねてゴール・クリスティ知事を補佐し、この地の地位向上にも努めている。

セセリ(Seseri)

モクレインの王モク・ネリド8世、女王レイン・ラス8世の妹。知能に先天性の障碍を持つ。

セセリン(Seserin)

カレンティシアス王国の街。人口32,500。

セゾン1世(Sezon I)

スメル帝国ドレックス朝第五代皇帝。

セゾン2世(Sezon II)

スメル帝国ドレックス朝第十二代皇帝。

セダル・エーヴリング(Cedal Avering)

セリオード2世

ゼックス・バシルドン(Zex Basildon)

ドワーヴンランド氏族長。1,616年のフェルナンド侵攻で抵抗したため氏族の者が多数死亡し、意気消沈してしまった。かつてけんか別れしたオットルフ・ロム・グレダンス(オットー・ロム)を呼び戻したのもそのためである。

摂政(Regent)

アマリス帝国において、皇帝が成人するまでの間政治を代行する役職。ジアザー2世が成人するまでは、ジョン・クレイアーが就いていた。

セッポ・ヌルメラ(Seppo Nurmela)

ラムサダス帝国ムートの支配一族の当主。プルの長男。

セトソウル(Setsoul)

クルート連邦陸軍第三師団長。中将。

セトリエラ(Setriera)

Who's Who参照。

キングスパーティが伝えた彼女の存在は本物であり、誰かが変装したものではない。寿命はちまたで言われるとおり1,000歳ほどで、彼女は800歳に届くほどの年齢である。現在の地球で一般的にイメージされる「人魚」とはやや異なる姿をしている。古代ギリシャのセイレーンからの流れになる、中世以前の英国のそれ(尾が2本の姿)である。端的に言えば、スターバックスコーヒーのロゴをイメージすると良い。

セトレス(Cetres)

ミア・ラマルク第三自警団隊長。

元老院

ホーストヘルン帝国の統治機構。メルガス帝国に属する。数百人の魔術師による合議制で、皇帝に意見具申する。ホーストヘルン内の最上位国家はホースト王国であるが、政治的な実権はメルガス帝国(あくまで皇帝ナールザト1世ではなく、元老院)が握っていると言っても過言ではない。

セボ湖(Lake Sevo)

パルマ海

セーナー・ススマン・ハルマヘラ(Sena Susuman Halmahera)

700年代中盤のハルマヘラ公国群の君主。

セネガー・ヨークライム(Senegar Yorklime)

アマリス帝国白色騎士団第二師団長。大将。

セネカ・ジェトール(Seneka Jetool)

メルメにて復活したジェトール王国の国王。旧ジェトール王国最後の国王ブルータスの第三王子で、首都シャルルカが灰になった際にたまたま街を離れていて助かった。テンプルナイツサブリーダーだったパレスレステナト・ファミリアルが仕えているが、セネカの能力的に王国の復権は考えられず、独立したマデイラ・レアルド、ハリステレス、ルンガ・デバルらからは「丁重に」無視されている。

二人の兄レオニダスとニコスはシャルルカ戦で死亡している。

ゼネシア・セミスキアレス(Zenecia Semiscareless)

かつての永世王国26人衆のZ。魔術師。ヴィクトリア・レスティンの同性パートナーで現在ファームズ帝国に暮らす。

ゼネラル・エンタープライズ(General Enterprise)

ラムサダス帝国の航空機制作の会社。

ゼバスティアン・ユーゲン・シェーンベルク(Sebastian Jugen Shönberg

かつてのドバヌール王国海軍艦隊司令。上級大将。海軍総司令。旗艦はマルメラードフ。王国海軍長老であり、旧アイオリス帝国海軍からの生き残り。フェルナンド帝国のサンダーストーム作戦において、タラス沖夜戦で戦死。

ゼフェル・マレイリー(Zefel Malayree)

フォジア・マレイリーの弟。

ゼブ・ライトニング(Zeb Lightening)

ラムサダス帝国の若手技師。RFX-001の設計に携わり、主任クーベルタンに秘して脱出装置を搭載した。これによりパイロットだったシオン・エスリークは九死に一生を得た。ラムサダスはこのことで、ライトニングに恩賞を与えた。1,592-。

セプティン(Septin)

ド・トゥ教国マンスリーナイトNo.9。

セーフ・ラッフルズ(Safe Raffles)

ラムサダス帝国外務尚書アーク・ラッフルズの長男。1,611年の民衆蜂起に巻き込まれて死亡。

ゼマイティス(Zemaitis)

クルランダ帝国最後の皇帝アヴォルドリオン1世の遺児。

セーマ・オーストン(Desoto)

ファームズ帝国サリトル王国の王女。

セミルセシア国(Semir-Sessia confederation)

かつてホーメルト北島に存在した国家。首都カルカドネ。1,615年にフェルナンド王国に併合される。最後の君主はアデン・イッサ。

セーラ・スタンリー(Sara Stanley)

ラムサダス帝国教育尚書エド・スタンリーの長男ラファエルと妻オフェーリアの娘。

セラディス王国(Kingdom of Seradis)

かつてセイレイ大陸に存在した国家。ハーミナル王国から独立したが、30年ともたずシリア王国に滅ぼされた。

セーラ・トーニィ(Sara Torny)

かつてアンドリュー・フェルナンドとの仲を噂された令嬢。

熾天使の剣(Seraph blade)

物質の領域のアーティファクト。あらゆるモータルの物質を粉々に破壊する能力を持つ他、打撃を受けた者に施された魔術を強制解除する能力も持つ。

セラヤ(Zelaya)

12湖の一人。

セーラン(Salan)

フェルナンド帝国セイアン州の街。

セーラン(Swearun)

フェルナンド帝国ロングッド州の街。

セーラン王国(Kingdom of Salan)

かつてセーランの街を中心に栄えた王国。ただし現在の歴史では無カミザと同様にセーラン王国自体が存在しなかったことになっている。最後の国王はオーリック・デイヴィス。

セランディ王国(Kingdom of Serandi)

かつてセイレイ大陸にあった国家。ブラウドルから独立したが、再併合される。

セーランの戦い(Battle of Salan)

  1. ホーメルト史。550年。テレジナスアートに対する反乱。これによりホーメルト王国ができる。
  2. フェルナンド王国史。1,102年にフェルナンド王国がカミザ国を滅ぼした戦い。

セリア(Seria)

セルミアス・ミルフ

セリアクロス(Seriacross)

フェルナンド帝国セリール州都。人口150,000。かつてはセリアナリクト国の首都。セリアス教徒の都市として、800年代に信仰の中心セリアス山脈の麓に作られた。大半がセリアス教徒だが、それ以外の人たちも多く暮らしている。

セリアス教(Serias religion)

<魔界のプリンセス>セリアナリクトを信仰する宗教。北ホーメルトの一部で信仰され、中心地はセリアス山脈である。セリアナリクト国は女神セリアナリクトを信仰していた。セリアス山脈の麓に作った街、セリアクロスを首都とした。

1,433年にフェルナンド王国によって併合された後、その支配下において暗黒神への崇拝は禁じられていた。セリアクロスの仮神殿は破壊され、セリアス山脈中にある本神殿も閉鎖され、封を施された(本神殿を破壊することは、神の怒りに触れるのではないかと考えられた)。しかし、信徒たちは地下や洞窟で代々信仰を継続していた。1,614年の混沌戦争で王国が崩壊すると、彼らは女神の国の復活を宣言し、セリアクロスの神殿を再建し始めた。

翌年、アーサー・フェルナンドが王国を復活させ、その後半年程度でセリアクロスは再び占領されることになった。

セリアナリクト(Serianalict)

  1. <魔界のプリンセス>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。
  2. かつてホーメルト北島に存在した国家。イモータル・セリアナリクトを信仰していた。首都セリアクロス。1,433年、フェルナンド王国に滅ぼされる。
  3. 1,614年の混沌戦争によるフェルナンド滅亡後、セリアクロス周辺の者たちが復活させた国。翌年の新生フェルナンド侵攻であっさりと再併合される。

セリア・メイス(Seria Mace)

かつて「聖処女」と呼ばれた人物。聖処女自体はルミスデン教で5年ごとに選ばれる無垢な少女に与えられる名であるが、その中でもセリア・メイスは突出した存在であり、神々に愛されて数々の奇跡を起こしたとされる。故にルミスデン教徒以外の人にとっては通常「聖処女」と言えば彼女のことである。

セリール州(State of Ceriel)

フェルナンド帝国の一州。州都はセリアクロス。州知事はジム・オースティン。

セリエ・ディヴァール(Celier Divar)

アマリス帝国のブランドの創始者。

セリオード1世(Celiord I)

かつてのアイオリス首長国(アイオリス帝国の前身)の1,200年代の王。本名セリス・エーヴリング。エリカ・エーヴリングの祖先にあたる。長命の条件が王族の血を引いていることであるのを認識した上で、ケンタイアの街で100人を超える女性に自身の子を産ませた。ケンタイアの民はその後の400年、この庶子たちとの交わりを続け、王族の血を引いていないものはほとんどいなくなっていた。

セリオード2世(Celiord II)

本名セダル・エーヴリング。アイオリス首長国の首長。

セリオード3世(Celiord III)

故アイオリス帝国皇帝。ヨールトン7世の父。本名セロン・エーヴリング。ライゼル・フェルナンド皇帝とともにホーメルト会議を組織した。

セリス・エーヴリング(Ceris Avering)

セリオード1世

セリナー・ファームズ(Selinor Farmes)

Who's Who参照。

セリナ・フォーゲルバーグ(Selina Forgerburg)

アマリス帝国虹の聖騎士団、グレンマイアー・セガールの妻。

ゼルアンド(Zeruand)

ゼルアンド神国で信仰されていた神。現在でもアマリス帝国ハリル州には信者がいる。イモータルとしては実在しない。

ゼルアンド教(Zeruandian religion)

ゼルアンド神国で信仰されていた宗教。ゼルアンドを信仰する。

ゼルアンド神国(State of Zeruand)

かつてエルドレスの東端にあった王国。首都メステル。ジアザー帝国との戦争により併合された。

ゼルヴィス王国(Kingdom of Zelvis)

バルン海沖にある島国。Overview参照。

セルゲイ・ニルヴィッチ(Sergei Nirvich)

キングスパーティのツバリ奇襲時、コラフトン(現ヤース)の軍港を預かっていた人物。その時点でスメル海軍の実質的なNo.1だった。後にラムサダス海軍司令となるマックス・シュパンが大岱方面から帰還してコラフトンを襲撃、拘束された後に処刑された。

ゼルディアン(Xeldian)

  1. 活力の領域のイモータルで、この領域で知られているもっとも古い神の一柱。ハルマヘラ公国群を中心に信仰され、<象神>と呼ばれる。ド・トゥ方面では<星海の老人>と呼ばれる存在であり、他にも<パキダミオンキング>、<先史神>など。モータルの頃はパキダミオンだったと言われ、パキダミオンの信仰する神である。ハルマヘラではリンフート(アルカディル)と対峙する存在として描かれる。ファーザーズ・ファイヴの開闢神としてはデュシャン。
  2. エルヴァートの星マルスが属するセシオス星系の第七惑星。星系最大の惑星。直径はマルスの8.5倍、重力加速度は5.5倍になる。35の衛星を持つ。<星界の老人>ゼルディアンの名を取っている。視等級は最大で-3.26になり紀元前から認識されていた。ホーメルト地方ではハルマダと呼ばれる。

ゼルディアン騎士団(Xeldian knights)

ハルマヘラの宮廷騎士団。

ゼルディス・シュレーディンガー(Zeldis Schrödinger)

かつての永世王国26人衆のZ。魔法戦士。同じ26人衆のアイアン・トリスとは恋人同士とみなされ、その連携は他の追随を許さず「ペアダンスのようだ」と評された。青髪青鎧で、赤髪赤鎧のアイアンとの組み合わせは「青と赤の剣士」と呼ばれた。

セルドア・アルジーヴァ(Seldore Alsieva)

ジェトール王国テンプルナイツ。フェルナンド・ジアザー連合との戦いで生き残ったが、その後分裂した小国のいずれにも従う気にならず、越境してアルセン王国に仕官し、その情報部に配属されている。無用な危険は可能な限り避けるタイプの盗賊。

セルナ(Selna)

  1. エルヴァート世界から見える2つの月のひとつで、明かりの月。地球の月に似た特性を持ち、地球から見た月と同等の大きさに見えるが、セシオスが地球の太陽よりも大きく見えるため日食は常に金環食となる。朔望月は30.041、自転周期27.728。
  2. ナリスの別名。銀のラ・リューン。

セルナの光(The Selna light)

紀元前500年頃、アリーシア王国で作られた賛美歌。エドワル・ヘドリアヌス作曲と言われる。

セルバント(Selbant)

ダクトニアン4世

セルビン・ガン(Selbin Gun)

ガンスティール2世

セルフィール・エネルス(Celfir Enerus)

ペルニーナ・エネルスの孫、ハリモールの子。

セルフスク岩(Selvsk rock)

ロングッドの南にある、東西1マイル程の島。Overview参照。

セルマリア・リー(Celmaria Rie)

ミア・ラマルク女王アリス・リーの娘。次女。長女のシルキーは1,610年、セルマリアが生まれた直後に死んでいる。容姿は母アリスとほぼ同一である。

セルミアス・ミルフ(Selmyath Myrph)

Who's Who参照。過去、彼女はシリア商人アブドゥル・アル・ムスリの雇われ魔術師であった。セイリアンが呼んでいた「セリア」は彼女の本名であり、セルミアスは「魔法のセリア」を意味するセイリアンにつけられた名前である。またミルフは「大いなる力」を意味する古い言葉。セイリアンはかの商人から奴隷娘とその兄を買い取ったのだが、彼女が美形であるのを隠していたことに気づいた商人が、セイリアンを追いかけてきた。アブドゥルはセイリアンにセリアをけしかけるが、にべもなく撃退される。セリアは降伏、逆上したアブドゥルはセリアを殺そうとし、セイリアンに殺された(実際にはミレナよりもセリアのほうが美人であったのだから、商人は二重に間抜けなのである)。

行き場をなくしたセリアと兄妹はセイリアンの庇護の下に入ることになる。なお、このときの兄妹は、現在アマリス帝国の要職についているジョン・クレイアーとその妹ミレナである。ジョンはこの後セイリアンの介在で26人衆に在籍することになる。

本当の彼女はひどく臆病で、怖がりである。皇帝アーサーによる<愚者>迎撃の助力依頼も、できることなら断って嵐が過ぎ去るのを待っていたいと考えた。しかし、師であり「兄様」と呼んだセイリアン・ダルス亡き今、彼女がやるしかなかった。現在のエルヴァートで最強の人物は(カレンティシアスのニアラシェール・イ・カイルハラスを除けば)ミア・ラマルクのアリス・リーである。セルミアスに単独で<愚者>を撃退する力はない。それでも、自身が<愚者>の攻撃を引き受ければ勝機はあると考え、依頼を受けることにした。なお、イモータルからの要請によりティンコアミアに出向くこともある。

ファーランドの市長になる前、1,614年にセイリアンの子を産んでいるが、ごく近しい人物以外には知られていない。これは自分を超える魔術師になるであろう息子を、その時まで邪悪な勢力の目から遠ざけておくためである。

もっとも得意なのは中和系の魔法であり、攻撃魔法は専門ではない。

セルラント・レオフリック(Selrant Leofric)

ミラード帝国史。シェリンヒ討伐令を発令した皇帝。しかしガストラの戦いで大敗し、首都陥落寸前まで追い詰められた。これを撤退させたのは、セイリアン・ダルスの魔術である。

セレイウス王国(Kingdom of Celeius)

かつてスメル大陸に存在した国家。1,163年にファンドリア・シャイダー親征で滅ぼされる。

ゼレー(Zereh)

クリル湖

セレスティア・フェルナンド(Celestia Fernand)

1,632年に誕生するとされる、クリスティア・フェルナンドの娘。

セレスティアル・パレス(Celestial palace)

ラムサダス帝国で建造を進めている巨大空中要塞。仕様書によれば、全長1kmを超えるその城内には多くの空中艦艇や戦闘機を格納できる。また内部の菜園によって完全自給自足が可能である。その動力中枢は文字通り中心部に位置するため、これをディスペルすることは実際問題として不可能と見てよい。ただし、現状ではまだ艦艇を空中に浮かせるほどの魔法技術を持っているのはコリントだけであり、それも新たに作り出す知識は失われている。

セレドニア(Cerednia)

アルセン王国の紅茶のブランド。

セレドリム王国(Alven kingdom of Celedrim)

<炎の妖精王>ヴァンガードが創始したアルフ王国。第二代が彼の息子サラディーナ・カールス、第三代がフィルソルスである。現在のアイスラントの南グラム島を中心にして栄えた。中心地はフィンスティモール。ここから、彼の弟や親類たちが、それぞれの縁者を率いてエルヴァート各地へ散った。ラメル・クロイエンは西のガイラックへ、マイエル・ブラーンシュは南東シヴィルスクへ、フォルスター・ヤルミールはファンドランドへ、セントリー・フェルサンはセイレイ大陸へ、ペルニーナ・エネルスは現エルスルムへ、クレタミル・フレイセルはオスメリアへ、エクサナトル・ファリオン・エンティオリアはドールへ。

セレドリム美術(Ceredrian arts)

セレドリムを中心に栄えたアルフ美術。人間にも伝播したが、その繊細な域を究めることは遂に無かった。

ゼロス・エルディオレ(Zeros Eldiole)

かつてのフェルナンド帝国海軍艦隊司令。エカトリノの生まれで、フェルナンド公国の魔法部隊長に抜擢されたことでフェルナンドとのつながりができた。1,615年のサミ動乱の後、ホーメルトに移住する。この後ブラバントから移住してきたナジャール・グウィンバードと出会い、彼らは即座に打ち解けて無二の親友となった。

娘のアイネスは、同じ海軍のウルヴィヒ・セスラーの妻となった。

セロン・エーヴリング(Celon Avering)

セリオード3世

前アイオリス首長国(Emirate of Pre-Aioris)

エーヴリング族がケンタイアを中心に建てた国家。当時は自らを「エーヴ・バラド」と呼称した(エーヴリング族の名前自体が、ここから生まれた)。ヴィラノーヴァ王国による中断の後、他のアズガグ、エウグラゼ、ハラド、リドルを屈服させた後、アイオリス帝国となる。

仙境

上代の世

閃光のイリオン(Irion the Flash)

イリオン・フェイト

先史神(Prehistoric god)

ゼルディアン

戦時特税法(Law of wartime special taxation)

ロングッド王国史。肥大化した戦費をまかなうために、1,017年にホーメルト南島全土にのみ発布された法律。これが各地の反乱の引き金となる。

潜水艦隊(Silent service, Undersea fleets)

  1. ライトネアの誇る艦隊。すべてが潜水可能である。
  2. 各国のもつ潜水艦隊のこと。アンダーシーボートの軍団である。

戦争行為と恒久平和(Article about the war and permanent peace)

ジェローム・ル・ミュラが1,625年に発表した著述。

「戦争行為と諸国民の平和について」(Article about the war and people's peace)

スメル帝国史。1,506年にコルコランドのフリードリヒ・フォン・クラインゲルトによって発表された書。クラインゲルトは即座に逮捕処刑され、書は燃やされる。同時に他の反戦共和主義者への弾圧も強まった。この書は現存していない。

センダー・モーパッサン(Sender Morpassant)

イルダ領商人頭ペーター、その弟リガールの弟。

戦闘機(Fighter)

マジックアイテムの飛行機。フェルナンド、ラムサダス、ホーストヘルンやミラード、かつてのスメル帝国などが所有しており、中でもシリアの主力機「エル・シリアMk-II」は世界最強の誉れ高かった。

アマリス帝国は、ジアザー帝国であった頃にも一時所有していたが、ジアザー皇帝の航空兵力廃棄令ですべて破壊され、長らく所持していなかった。その間、皇太子アザワイズは極秘の研究を重ね、半魔法の戦闘機であるウィングキャリーを完成させた。ジアザーはこれを察知していたが、ジョン・クレイアーの助言で見てみぬふりをすることにした。

セントリー・フェルサン(Sentry Felsan)

太古の大白妖精の一人で、セイレイ大陸へ渡って上代の世を開いた。リアリティリス(イモータル・リリス)は彼の娘に当たる。

ゼンドロ王国(Kingdom of Zendro)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国の一国。首都はカル・ゼンディ。国王はラザル。

千年王国

千年王国

センリニール(Cenrinir)

ラナラントの妖精王。古えの聖魔大戦において<黒の預言者>ビッボオルゥによって滅ぼされる。

ソイネン・ガン(Soinen Gun)

ガンスティール4世

ソヴァーニュ・ドゥ・オラージュ(Sovagne de Orage)

フェルナンド帝国空軍第四空挺団司令。中将。「フェルナンド空軍にその人あり」とも言われる質実剛健な武人。彼は本名を嫌っており、常にこの名で通している。妻はアルマーナ。

ソヴェリューアルフの地(Land of Sovelue alves)

ドール山脈山中にある土地。周囲の山が深く、外界からは見えない。馬具笊にいた忍者たちはこの地に身を隠している(忍者の里)。

ソヴェリュー森(Forest of Sovelue)

ソヴェリューアルフの地にある森。実際にはアルフはこの森に住んでいる。

総議会長(Charmaster)

クルート連邦の支配者の職名。現在の総評議長はハンス・ミュラー・ヘンドリクス。

創始

創始

ソウリン・ジョーン・ディリアン(Soulin Jone Dylyan)

ティアマト暦元年頃のペリクレナ王国国王。

ソーカンリー神魔国(Goddemos land of Sorcanry)

かつてホーメルト南島にあった国家。首都はズオウ。1,617年にフェルナンド帝国によって滅ぼされた。最後の国王はレグス・ザ・ヴァイオレット。フェルナンド王国史、<流血王>ヘンリーの二度目の王妃ヴァリアナはこの国の姫。

ソクソロス(Soxoros)

クルート連邦、ポールウォウン共和国の街。人口130,000。市長はサージェルス。

ゾ・ソ森(Forest of Zo-tho)

メルガス帝国にある森。中にカンムーリ王国がある。

ソグ(Thog)

サムドーラ教の魔術師の神。実在はしない。何らかの問題により実際に助力が必要な場合、大抵はブラックモウがその役を務める。

ゾクヴァルオン(Zokvaluon)

無秩序の領域のイモータル。1,614年の混沌戦争時に消滅している。モータルの頃の名はアジェンド・ウル・ネルヴィ。海の王国の国王だった。

ソーディッヒ(Sordich)

アマリス帝国オリアルド州の街。かつてはソーディッヒ王国の首都。

ソーディッヒ王国(Kingdom of Sordich)

かつてのエルドレス神国、南の王国。首都ソーディッヒ、最後の支配者はライス。

ソードカイト(Swordkyte)

ラムサダス帝国最南部にある、亡国リリュー帝国の王都。Overview参照。

ソートス州(Province of Sortos)

ラムサダス帝国の州。州都はソートス。ソートス支配一族のユース・リューベックが州知事を兼ねる。

ソードピーク(Swordpeak)

南ホーメルト、インファス山脈にある高山。3,495m。形状が剣先に似ていると、この名が付いた。

ソドリアヌス(Sodorianus)

旧アリーシアの神官。紀元前後の邪神軍襲来に際して、ファーザーズ・ファイヴの神官王レイミュハイムと力を併せて神性介入を行い、息絶える。

ソニックブーム(Sonicboom)

一般的には高速なものが過ぎ去るときにできる空気のみぞ。あるいは高速な空気のかたまり。ラムサダス皇帝のもつ<皇帝の剣>(旧スメル帝国皇帝のシュメール・シャイダーのもの)を高速に降り降ろすと、空気のかたまりが生成され、殺傷力のある飛び道具となる。この剣の特殊能力のひとつである。

ソフィア・ラムサディ(Sophia Ramthady)

フラニオス皇帝の姉、フロレンティナの妹。オーソドックスな金髪が肩下まで伸びている。多少カール気味。快活でおしゃべりそうな可愛らしい顔立ちにはライトグリーンの瞳が輝く。母や姉の影響で父とその仲間達を尊敬しており、人間的思考が大きい。ただし冒険をするつもりは今のところなく、ただ魔法には興味を持っている。

まだ幼すぎるため、今後どのような性格に育つのかは不明だが、大好きな姉と同様のソプラノは歌を歌うときにその美しさが遺憾なく発揮される。またピアノにも興味を抱いており、しばしばピアノを弾きながら歌っている姿が見受けられる。シェリー・イングリス曰く「姫様にしとくのもったいない」。姉とともに歌うことが好きであるが、最近はイスタニアも混ぜて三人で歌いたいと考えるようになっている。イスタニアは可愛くて仕方がないらしく、しょっちゅう抱きしめて頭を撫でている。

ヤース初等校に入学中。近年人気の少女歌手ニコ・リーゼロッテ・フォン・ピュールベルクに憧れているようである。

ソフィー・シャーロット・ワトキンス(Sophie Charlotte Watkins)

ファームズ帝国の経済学者。1,621年に「科学的経済観察」を発表。

ソマリア(Somaria)

ニュートラル教の一柱である時間の領域のイモータル。<法の緩化者>と呼ばれる。1,614年の混沌戦争で消滅している。

ソミルヘン州(Region of Somilhen)

アマリス帝国の州。州都はセスター。州知事はヤンチェ・ドゥマーク。ジャコメッティ男爵領、クラファイオン男爵領を含む。

ソミルヘン森林(Somilhen forest)

Overview参照。

<空と瑠璃の巫女>(Medium of Sky BLue and Lapiz-Lazuri, SBLL)

ヴァ・ラグレス

空の神(God of sky)

エルリス

空の歩行者(The Sky Walkers)

イモータルの団体。ランナスク、エルリス、ヨーフォルマ、オリアス、ハイリアン、ローフヌス。

ソラムカ(Solamca)

ガンスティール9世の后。1,616年のフェルナンド侵攻時に死亡。

ソラリオス・ベラタン(Solarios Beratan)

ヴァレールアルフの神官長。アルヴンメイジ。

ソラリス(Solaris)

ソル

ソラリス・サーティ・レストール(Solaris Serty Lestorl)

ヴァレールアルフのツリーキーパーだった者で、イモータリティを得てソルとなった。

ソリア・ギース(Solia Geese)

バレラス郊外に住む純真な女性。1,606-。

ソリア・ドゥ・ラ・ヴェルニュ(Solia de La Verne)

並行世界ミネスのラ・ヴェルニュ女王。

ソリアノス・フィルスティ(Solianos Firsty)

ヘレネス王国〜ジアザー帝国〜アマリス帝国でクライバーを治める子爵。

ゾーリフ(Zoriv)

Who's Who参照。

エルヴァートではなく異星トゥルーリの生まれ。その星の人間は肌の色以外マルス星の人間と差異はなく、彼は異形の存在だった。魔術のないその世界で彼は迫害に次ぐ迫害に遭い、暗黒の日々を送っていた。不憫に感じたイモータル・メロスが星を管轄していたトリビッヒに申し出て、マルス星へと誘った。スメル帝国史において、彼とグロード・ナルサンがエンペラーズアイルの竜の洞を訪れたくだりがあるが、これはメロスが「ここに希望がある」と彼に言ったためである。そこで彼はシャドウウィルムに喰われ、グロードおよびテヴィアス・アイスが戦った。ゾーリフはシャドウウィルムの皮膚を食い破って生還した。彼が「おなかがすいた」などととぼけたことを言ったためテヴィアスは吹き出してしまい、グロードを含めた三人は親友となった。

なお、ゾーリフの名がスメル帝国史に記されているのは、ファニアン・シャイダーがゾーリフの名とその姿を呟いていたためである。彼がゾーリフの名を知り得たのは、グロードとテヴィアスがそう呼びかけていたから。

ソリム・ファス・エリオ・クタ(Solim Fas Elio Kuta)

エルヴァート周辺の並行世界のひとつ。強力な魔術師はいない。

ソル(Sol)

ソラリス、ソルウとも呼ばれる太陽教の神。物質の領域のイモータル。モータルの頃の名前はソラリス・サーティ・レストール。ヴァレールはそれまで主にティアルを信仰していた。ソル自身は現在でもティアルに忠実であるが、ヴァレールアルフたちは森出身の大英雄であるソラリスを「森を照らす太陽」と崇め、ティアルへの信仰は彼がイモータリティを得てからの10世紀の間に失われた。これはソルの望んだものではなかったが、他ならぬティアル自身が「子どもたちの意思」を理由に不干渉を選択すべしとした。

ゾルイン島(Zoluin isle)

Overview参照。

ソルウ(Soluw)

ソル

黒蛇の戒め(Zor Vangdr)

古の聖魔大戦で、ラウドロップがエルヴァートに用いた大呪

ゾルガーラ・ガハン(Zolgara Ghahagn)

グレートウェイストの族長。バンダーラの兄。父ガルドヤードの後を継いだが弟の裏切りで殺される。

ソルシャトル(Solchatle)

グレイリー森林

ゾールツール(Zor-Tur)

リッチ

ソルティウス(Soltius)

ナイトメア連合王国海軍第二艦隊司令。戦士。

ソルティウス森(Forest of Soltius)

クルート連邦の南の国境に沿って広がる森。太古の昔、大白妖精の一人ラメル・クロイエンがここに至り、自身の守備範囲の中心とした。現在は少なくともモルディミュー氏族が住んでおり、ティアル神(ラメル)を信奉しているが、ラメルとの血のつながりは知られていない。

ソルトフォール(Saltfall)

ノズミー共和国の街。人口50,000。

ソレル・リミリン(Sorel Rimilin)

メルガス帝国リミリン伯爵家の当主。

ゾロハイド・マーカー(Zolohyde Marker)

アマリス帝国クラルカメイコ砂漠の太守で、クラルカメイコ州の州知事もつとめる。

ソロモン海道(Solomon sea)

ホーメルト南北島の間、ロングッドのある海道。Overview参照。

尊厳者

尊厳者

秀梅(Song Xiumei)

かつての永世王国26人衆のS。神聖術師。

ソーン・ソレイン(Sorne Solain)

かつての永世王国26人衆のS。ハーフリング。

タイ・アイバニーズ(Ty Ibanez)

ノズミー共和国兵部総司令。

ダイアモンド・ヴォルケイノ(Diamond volcano)

ラムサダス中部にある休火山。Overview参照。

大アルケイナ

アルケイナ

第一特殊作戦部隊トライ(Special Forces Operational Detachment 1-Tri)

トライフォース

大解放出兵(Great liberation troops)

ラムサダス皇帝の行った派兵のことで、バーバリアンやバンデッド、果てはオークやジャイアントといった、モンスター達に脅かされていた旧帝国支配地域の人々を救うためのものである、らしい。

大黒妖精

大黒妖精

大賢者(Grand sage)

  1. セイリアン・ダルス
  2. シヴァ・ウォーターミラー
  3. アストラルスター
  4. クラガン

その他地域的に<大賢者>と呼ばれる者は多い。

大賢者セイリアン(Grand sage Saylian)

1,618年にメリアス・ムーザーが作曲。

大白妖精

大白妖精

大侵攻(Great send troop)

  1. 305年にドレックス朝カーブ3世の行ったもの。クランロック、ホースーンをはじめコラフトン(現ヤース)、オスメリアにも出兵する。355年にオスメリアを征服し、アスノル1世が終結宣言を行った。第一次大侵攻と呼ばれる。308年のコラフトン攻めに関しては、その火攻めの大がかりさから「コラフトン浄化戦」とも呼ばれる。
  2. 1,105年、東西スメルを制して安定を図ったファンドリア・シャイダーが行ったもの。規模において第一次大侵攻をはるかに凌駕している。フェルミオン、バビロンを陥落させ、ウィンバルク・テアドール国などを制圧、1,204年のコルコランド併合にいたるもの。第二次大侵攻と呼ばれる。ファンドリアは途中マリコロフ河畔の戦いでトムティナの魔術師ジャン・ジェン・ジェマエンによって倒されており、この後第四代ファニアンが即位する。

タイタス3世(Titus III)

700年代中盤のフリーゼル王国の王。

タイタン(Titan)

ミトランドの英雄ジャック・シュナイダー専用戦闘機。シュメール・シャイダーのゼウスに敗れた。

大地神(God of earth)

ファリス

大地の歌(Das Lied von der Erde)

1,400年代にユリアン・ミレーが作曲。

大地の胎動

大地の胎動

大地の妖精王(Alfking of the land)

  1. オリック・ヤルミール
  2. ラメル・クロイエン、ティアル

大帝王(Great emperor)

  1. アーサー・フェルナンド皇帝のこと。
  2. 1,624年にマリウス・メイル・ラグランジュが作曲した、アーサーを歌った曲。

ダイナスト(Dynast)

  1. テルドア山脈にあるエルヴァート世界第二の高峰。公式では8,203+mとなっている。帝王は旧スメル帝国皇帝シュメール・シャイダーのことだとも言われる。
  2. 山座α星の固有名。山座自体がダイナスト峰を天空に映したものとされる。

ダイハン(Dihan)

イーストフェリア帝国陸軍第二部隊長。

大藩王

大藩王

タイフーン(Typhoon)

ラムサダス帝国の戦闘機。

タイムスリップ(Time-slip)

時間遡行のこと。ラムサダス前皇帝が体験している。

タイモン(Thaimon)

かつてのライトハイ王国将軍。1,626年死去。

ダイモス・イェールティア(Dimoth Yeltia)

ザラスター・メカ

ダイヤの海(Diamond sea)

エストメスランドにある巨大なダイヤモンドの塊。大きすぎるため大規模な魔術がない限り運ぶことはできない。運ぶことができたとしてもそれだけの大魔術を展開するために要する金銭に比して、得になるとは言えない。

ダイヤボール(Diaball)

地球でいう野球のことで、ルールはほとんど同じ。フェルナンドやアマリス、ド・トゥで盛ん。

大洋(Great ocean)

Overview参照。

太陽教(Sunny religion)

ホーメルト、ヴァレールアルフのみの宗教。太陽神ソルを信仰する。他のアルフたちのようにタキウスやティアルといったイモータルを信仰はしておらず、それどころか大半のヴァレールアルフはこれらの神々を知らない。

太陽光収束投射砲(Sunshine convergence and projection canon)

スメル帝国史。アシュレール・シャイダーによる超魔術兵器の一つで703年に開発。

太陽と月(Cult of Sun and Moon)

古代エルタニア帝国にあった教団。僧侶の兄妹・夫婦であるヴァリス、ナリスがイモータリティを得る前後に発生し、彼らを信仰した。世界大戦で教団自体は滅んだが、民間にわずかに残ったものが大戦後に再び彼らを神として崇め始めたのが馬具座教の原初である(馬具座教という形は、その後耶甫内人が馬具笊の地に入ってから作られた)。また、別にヴァリス単体を太陽として崇める一団がカンスラ密教を形作り、後にファリスやナリスを加えて行った。

太陽の島(Isle of the Sun)

レクサカン島

大陸間弾道弾(Intercontinental Ballistic Missiles, ICBM)

魔法の照準によって特定地域に向けられているミサイル(魔法兵器)。

大陸軸破壊機(Continental-shaft destroyer)

スメル帝国で開発された魔法兵器。アシュレール・シャイダーの硬度魔法兵器開発令(400年)による。

大陸を司っている基軸(地方によっては地龍)を破壊して巨大地震を誘発し、地上のすべてのものを破壊してしまうもの。

1,612年、ディンロイデ付近にあったこの兵器は暴発してドール山脈の地核を破壊、ドール半島は分断されて現在のように島になる。

大陸統一計画(Project of continent unification)

むろんさまざなま統一計画があるが、有名なものは1,615年にラムサダス皇帝の出したものである。常緑の平野やドール方面の併合を果たし、軌道に乗った国土再興運動を持続し、スメル大陸を統一しようという意気込みを表したもの。

アシュラブレイの反乱によってその士気が削がれたこともあって、皇帝はその後99ヶ年無戦闘宣言を発して国土の拡張を行っていない。そして帝位は息子フラニオスに譲られている。だが、彼らの寿命からすれば99年という年月はほとんど時間の浪費にはならない程度である。この宣言が失効する1,718年、ラムサダスがこれを再度実行に移すのかどうかは不明ではあるが。

大流星雨事件(Case of great meteoric shower)

ロングッド王国史、809年。ヨーナスト周辺では3万人の死傷者が出たと言われる。

大老(Tairou)

アマリス帝国の役職名。臨時の役職で、現在までまだ設置されたことはない。

ダイーン(Dyeen)

かつてミトランド湖の沿岸にあったガリー首長国の首都。

ダヴィードゥ・オールソン(Daviedu Allson)

エルスルム王国オールソン氏族長。

ダウラン・サラス(Daulan Saras)

キュート国中央評議会長。フラドの兄。1,584〜。

鷹狩りの神(Falcony god)

リベローク

ダカール(Dakar)

ホーメルト南島、ブーランド砂漠の1部族ハラドの中心地。

ダガヤン(Dagayan)

アルファ人民共和国の村。アルファティウス帝国末期の騎士団シルヴィスのメンバーは、リーダーのステッドをはじめ多くがこの村の若者だった。

タキウス(Thakius)

活力の領域のイモータルで、<炎の妖精王>。フレイム正教の神のひとり。モータルの頃の名はヴァンガード・クロイエン。

タキウスの炎(Flame of Thakius)

活力の領域のアーティファクト。火炎系の呪文が多々内包されている。

タキオンウィング(Tachyon wing)

ラムサダス帝国の戦闘機。

タキオンジェット(Tachyon jet)

ラムサダス帝国の戦闘機。

タキオンセイバー(Tachyon savior)

ラムサダス帝国の戦闘機。

タク(Tak)

無秩序の領域のイモータル。<魔界の3レディが3>。1,614年の混沌戦争時に消滅している。

ダークアシュ(Dark-ash)

ファームズ帝国、サリトル王国、ワイズメル男爵領の街。ワイズメル家の根拠地。人口80,000。支配者はマーティ・ワイズメル。本来の名はワイズメル。

ダークアルフ(Dark alf)

ラムサダス帝国西部、ホーリック谷の地下に住む邪悪なアルフ。肌は濃緑色で髪は白い。かつてのスメル帝国シャイダー朝の皇帝はダークアルフだった。外界の人間からはホーリック人と呼ばれることもある。種族的な能力として透明化することができる。

暗黒大陸(Dark continent)

サンレール大陸

ダークスワンプ(Dark swamp)

Overview参照。

タクスチャート(Tax chart)

1,070年にファームズで制作された、世界最初の近代的税台帳。その後の各国の模範となっている。

ダクトニアン1世(Ductonian I)

ロングッド王国メルメトン朝第三代国王。本名はロバート。

ダクトニアン2世(Ductonian II)

ロングッド王国メルメトン朝第九代国王。本名はフレビィ。

ダクトニアン3世(Ductonian III)

ロングッド王国メルメトン朝第十三代国王。本名はフレデリック。

ダクトニアン4世(Ductonian IV)

ロングッド王国メルメトン朝第一六代国王(メルメトン2世の父)。本名はセルバント。音楽家であったことも知られており、「ヨーンの明かり」は地方で有名。

ダークドワーフ(Dark dwarf)

ホーメルト北島ブラングの地下に住むドワーフ氏族。ボリス・シールドブレイカーが氏族長。混沌耐性が高い以外に、他のドワーフと顕著な違いはない。

ダグ・バートン(Doug Burton)

フェルナンド王国復活時、ギルフォードを支配していた人物。かつてはギルフォード駐屯部隊の中隊長だった。ギルフォードはデヴィッド・アッテンボローの策によって陥落、バートンは処刑された。

<紺の宝石>(Dark blue gewel)

フォーミル・レストール

ダグ・ボリヴィッティ(Doug Borivitty)

アマリス帝国国土管理庁長官。

ダークマジシャンズ(Dark Magicians)

現在のラムサダス帝国雷光魔術団の、創設当初の名称。「印象が暗い」ということから現在の名前に変更された。組織構成や人員などに変化はない。

ダグラス・エース(Douglus Ace)

Who's Who参照。

ダグリス・ジョンカープ(Duglith Joncurp)

元コリント王国貴族、子爵。ハレスガード王即位時に不正蓄財の罪を問われて国外退去処分を受け、亡命先のアナーティア王国で客死した。

ダークルーシャン美術(Darkruciani arts)

ド・トゥや南ラムサダスに残る、くずれた楕円や螺旋を基調とする美術。

ダザル2世(Dazzal II)

ヴィラノーヴァ王国占領期のアイオリスの首長。ロングッドからの独立を果たした(とされる)トゥルーノ3世の父とされている。本名不詳。

ダスト・カルミナ(Dust Calmina)

ドール島のバックランディア海に面した土地。Overview参照。

タズラード(Tazrahd)

フェルナンド帝国に住む力ある魔法使い。

タタル(Thatal)

ウイレヌ汗国内の1氏族、テミル族の長。戦士。母はサリトルのムーティ・フロノイの再従姉妹。

タタン(Tatan)

エルヴァート最初の神権国家。既にどんな宗教であったかもわからないが、多数の寺院跡が見つかっており、強力な神権があったことを物語っている。始祖はイエローエンペラーと呼ばれる。オヌゲティを信仰したと言われる。B.C.8,450年ころ勃興と思われるが、その後起こったリン王国と争い、B.C.7,800年ころにモー河畔に敗れて滅亡。挲坏瀝の字(漢字)では「印」。

ダッキニ(Dakkini)

アルセン王国の首都。

タッシー(Tassie)

エリナー・マルクス

タッタス王国(Kingdom of Tattas)

現在のゼルヴィス王国の前に存在していた国家。

ダッド公国(Principality of Dahd)

ハルマヘラ公国群の一国。

ダディス(Dadis)

最初に鉄器を有効活用した国家と言われる。首都イェメ。紀元前8,400年紀に勃興し、1世紀の間にモルフルを滅ぼしている。ダディスは地域を統一(現在のファームズ王国の半分程度)し、初の大きな領土を持った国家になった。その後起こったヴィデアドとアシャドリアの連合に破れ、滅亡する。

タデリー(Taddelie)

シュミンドラスト霊国最後の国王エル・ミンヤの妻。エル・リリエ(エーニア・リッツバーナ・リーバイン)の母。

ダニー・クライヴ(Danny Clive)

ヘレネス王国〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の男爵。ブライトンの街を治める。初代皇帝府長ロバートの兄。

ターニヒ(Ternich)

地下世界での最初の国家。詳しいことは一切わかっていないが、おおよそ現在のイーストフェリア帝国付近に出現したと考えられる。

ダニー・フック(Danny Hook)

  1. 白色騎士団第七師団の一員。ジアザー・テレビジョン2世とは初等学校から同級。父ジアザーにとってのガーラン・クリスティ。
  2. ジアザー・テレビジョン2世の影武者。互いに相手に変装することができる。

ダニエル・ウェブスター(Daniel Webster)

ラムサダス帝国第五艦隊司令。軍級は中将。

ダニエル・ピアズ(Daniel Pears)

フェルナンド帝国イヴァン州知事。かつてアマロン王国の王室補佐官の一人で、名ばかりとはいえ男爵だったが、その勤勉さと有能さをアーサーに買われた。同じアマロン出身で現在アマリス帝国にいるレイア・ザウバディのことは、生まれたときから知っている。アマロン男爵アンソニー・ピアズの息子。パシューズの父。

ラムサダス帝国史のリビエラ・ピアズとはとくに関係がない。

ダニカ・エルスティ(Danica Elsty)

ミルカ・エルスティの父で前氏族長。

タニ要塞(Fort Tani)

ラムサダス帝国、エミル湖岸にある要塞。

ダバダ(Dabada)

1,623年に開発されたアマリス帝国ウィングキャリー第一号。改良型のダバダβ、γ、δも存在する。

タビ(Tabi)

思考の領域のイモータルで、コリント王国で信仰される神。その出自は星間帝国時代に遡る。

タフミ(Tafmi)

Who's Who参照。

本名は多富美。ドール山中に棲んでいる。

ダブリン立法共和国(Legislative republic of Dublin)

ホーメルト地方で、かつてモービック半島を領土として存在した国家。共和国とは名ばかりの、商人の支配する国家だった。混沌戦争後にラインハール・フォン・ハインスリッターらが首都サミでクーデターを起こし、フェルナンド王国を復活させた。最後の支配者(商人頭)はケント・マルクス。

ダブルデザート(Double desert)

Overview参照。

ダブルドラゴンズ(Double Dragons)

エルヴァートの並行世界のひとつ。強力な魔術師はいない。

ダブルプロテクションブランケット(Double protection blanket)

ジアザー・テレビジョンが、アーサー・フェルナンドとエリカ・エーヴリングの婚姻に際して製造した魔法の道具。要するに二人で入れるようにしたプロテクションブランケット。

ダマール・オニクス(Damarl Onyx)

Who's Who参照。

玉城ノ門(Tamashiro-no-mon)

馬具笊穂高森の修験者(ドルイド)の一門。

ターマン王国(Kingdom of Turman)

ターマン島にかつて存在した国家。ラムサダス帝国に併合される。

ターマン州(Province of Turman)

ラムサダス帝国の州。州都はヴェルザンド。

ターマン島(Turman isle)

Overview参照。

ダーム(Dahm)

ホーメルト北島で信仰されるダーム教の神だが、イモータルとしては存在しない。

ダーム一刀流(Dahm Ittoh)

テレジナスアート周辺に見られた剣術。ダーム教の秘術とされている。ハインスリッター元帥がある程度会得していたが、反乱で戦死している。

ダーム教(Dahmic religion)

ホーメルト北島で信仰される宗教。ダームという神を信仰する。ダーム一刀流はこの宗教で伝えられていた剣術。

タムサルス(Tamtharus)

三代前の26人衆。シュタルアルフ。優れた弓勢の一人とされた。ド・トゥ教国史において、反乱を起こしたクレナモ女公を暗殺している。しかし1,613年の永世王国危機では精神的な脆さを衝かれて操られてしまい、クイル・テイルおよび引退していたメモル・モルニスを殺害、さらにアクレス・シュトースに襲いかかった。半神に取り付いたイモータルがセイリアンとキングスパーティによって倒されたことでどちらも生き延びたが、彼は混沌に乗じられたこと、味方を殺めてしまったことを恥じて26人衆を引退した。

フレイミア・サリスファネルが入隊した後唯一心を開いた存在であり、現在フレイミアは定期的にシュタルハイムを訪れて仲を深めている。

ペルニーナ・エネルスの8代目の子孫。

タムセス(Tamses)

古代ミラルト末期王朝のファラオ。

ダム・ブラーンシュ(Dame Blanche)

Who's Who参照。

タムリス(Tamris)

物質の領域のイモータル。<色彩神>。モータルの頃の名前はグレゴリー・シャイツ。シャイツ家の守護神であり特定の宗教とはならなかったが、東スメル帝国は三代で滅んだものの皇弟モーリー・シャイツが生き延びた。1,112年にはカンスラ密教の一柱にも加えられている。

ダーム・ルートヴィヒスバーグ(Darm Ludwigsberg)

Who's Who参照。

ダラカン(Darakan)

ミラード帝国、カムノンの支配者。

タラス(Taras)

フェルナンド帝国の街。フリンキア湾に面する。

タラス沖海戦(Naval war of off Taras)

サンダーストーム作戦最後の戦闘。この戦闘によってドバヌール艦隊は壊滅し、フェルナンドは首都フリンキアまでの海路の障害を完全に取り除いた。

タラス・オルデクレトス(Taras Oldecretos)

フェルナンド帝国に住むリッチ。

タラステラン王国(Kingdom of Tarrusteran)

かつてブランジ島に存在した国家。首都オルラン。1,613年のアイスラント侵攻で滅亡。

タラタ渓谷(Tarata valley)

セイレイ大陸にある渓谷。

タラタ渓谷の戦い(Battle of Tarata valley)

タラタ渓谷において、ハーミナル王国軍をシリア王国軍が壊滅させた戦い。これによってハーミナル王国は滅び、シリア王国に吸収された。

タラダス(Taradus)

エストメス大陸・クラナ湖の南にあるリアノの王都。

タラディーン・エドリテナス(Turradean Edritenus)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。

ダランダス(Darandas)

ド・トゥ教国の公爵で、サンブランドの支配者。

ダリィ・ヒックマン(Darry Hickman)

ヘレネス王国〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の男爵。フレイム正教の僧侶。ブリッジスの街を治める。

タリウス・エンヴィオール(Tarius Envior)

現在のフェルナンド王国ヴァーン州にあったドルウィック王国の騎士。ティアンナ・マークレットの知り合いで、ルーファスの祖父。

ダーリクプタ(Dahli-Kupta)

古代ハルマヘラのダーリヤッサ王朝第八代国王。

タリス(Taris)

フェルナンド帝国シュワルナゼ州都。人口50,000。かつてはカーレイン騎士団領の首都。

タリス騎士団領(Knighthood of Taris)

カーレイン騎士団領

タリス・ボク(Taris Bok)

ノズミー共和国神祇部長。

ダリック(Daric)

ド・トゥ教国のディラック流剣豪。かつてラムサダスが教えを請うた。なお、ラムサダスが再度剣の修行をしようと訪れた際は、「剣術の神髄を悟れ」とだけ語ったと言われる。ラムサダスが帰途に就いた直後に死去する。

ダーリマユラ(Dahli-Mayura)

古代ハルマヘラのダーリヤッサ王朝建国王。

ダーリャ(Darya)

ライトクル王国の街。人口70,000。

ダーリヤッサ(Dahli-Yassa)

ハルマヘラに存在した国家。ダーリマユラが紀元前772年に建国したとされ、紀元前550年頃にダーリクプタ王がいたとされる。

タリン(Tarin)

ベナン王国海軍第一艦隊長。

タルカス1世(Tarcus I)

かつてコルコランドに存在したタルカス王国の王。1,565年にスメル帝国から独立。1,580年に死去。

タルカス2世(Tarcus II)

かつてコルコランドに存在したタルカス王国の王。1,580年即位、1,600年に第一次コルコランド戦争敗戦によって息子に譲位。

タルカス3世(Tarcus II)

かつてコルコランドに存在したタルカス王国の最後の王。

タルカス王国(Kingdom of Tarcus)

かつてコルコランドに存在した国。首都ブルフストス。最後の国王はタルカス3世。

タルキン・レイアスト(Talkin Layast)

フェルナンド王国レイアスト男爵。混沌戦争で死亡。

ダルクノール(Dulcnorl)

ダンクノック

タルサニ(Talsani)

ラムサダス帝国の街。

ダルス・ゴッドリィ(Dalse Godrie)

Who's Who参照。

タールミシア(Terlmicia)

南極王国の首都。

タレイア(Thalia)

ルミスデン9天使のひとり。

タレアス(Thareas)

ライトネア王国潜水艦隊の提督。1,617年に任じられた。

タロス・シャイツ(Taros Shytz)

クレゴリィ・シャイツの孫。東スメル帝国第3代皇帝。アレックス・デヴィッドソンを登用する。元来は善良な人間であったようだが、次々ともたらされるアレックスによる戦勝の報告に我を忘れ、最後はアレックスの進言をよしとせずにファンドリアに敗北して戦死する。弟のモーリーが生き延びたので、シャイツ家が絶えることはなかった。

>(The 'Tower')

ネスハリアス・クランツマーゼル

ダンウッド(Danwood)

フェルナンド帝国ホーメルト北島、ベレク湖を囲むようにして存在する森。かつてはアルフたちが棲み、「水の森」を意味するマーキロイアと呼ばれていた。その地下には巨大な宮殿跡が残されている。外部の者を拒む様々な魔法はいまだに存在しており、そのうちの一つの発動結果として氷付けにされた僧侶がいる。ここは少し深い階層だったために<イモータルの破砕日>の対象外であった。

王朝(Tang dynasty)

618年、王朝から禅譲されたにより開かれた挲坏瀝の王朝。首都堯薩。907年にアーロイ王国に滅ぼされる。

ダンオーギュ・ストギ(Dann-Orgue Stogi)

かつてコルコランドにあった国家ヘルメス共和国の最後の首相。1,600年、コルコランド戦争での敗戦濃厚となったため第二代ベントン・ロメインが解任され、選出された。

ダンギス・ラーディン(Dhanguis Lerdin)

ヘレネス・クリーム山地にあるドワーフ氏族ラーディンの王子。無カミザでアーサーとキャサリンがドラゴンに追われたおり、彼の持つ小屋に逗留していたことがあるが、歴史が変わった現在ではアーサーのみが知る事実である。

アーサーはどうしてもこの時の礼がしたいと言って王子を尋ね、当惑するダンギスを尻目に一方的に感謝の言葉を述べた。

ダンクノック(Duncnoc)

  1. コリント王国二公爵家のひとつ。かつてはダルクノールといった。当主はグラスリード。国王ハレスガードの弟。
  2. コリント王国の街。国王ハレスガード・ダンクノックもかつてここに住んでいた。

タンサー(Tunsor)

12湖の一人で一番おとなしく気弱。虫と鉱物を愛する。「よくそれで生き残って来たものだ」と言われることもある。しかし、実際にはエルヴァートの魔術師たちの中の最強の一角であり、12賢人でもっとも魔術に精通し、もっとも多くの研究を行っている。

ダン・ザ・ジャッジ(Dan the Judge)

ファームズ帝国ルートクロスのフレイム正教大司教。ヴァンパイア化したグンターを破壊する。

タン・シェズラン(Tang Shezrun)

エストール自由都市海上兵団司令。

タンジャハッド(Tanjahad)

ホーストヘルン帝国、タンジャハッドの中心地。

タンジャハッド森(Forest of Tanjahad)

Overview参照。

ダン首長国(Sultanate of Dhan)

ホーストヘルン帝国内にある砂漠の国。首都はネダド。現在の首長はバライ。

タンタラス海峡(Strait of Tantalus)

エストメス大陸アリ・ヘル湾入り口にあるアリ・ヘル島の東側。西側はアリ・ヘル海峡と呼ばれているが、航行可能な幅の関係から船舶は基本的にこちらを通る。

タンティウス(Tantius)

クルート連邦陸軍第四師団長。中将。

ダント(Danto)

  1. フェルナンド帝国バレラス州、モービック半島の街。
  2. フェルナンド帝国海軍リューゲン准将の旗艦。

ダンド(Dandd)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国、マズカス王国の国王。

ダントの戦い(Battle of Danto)

フェルナンド王国史。1,099年にフェルナンド軍とヴェルツィール軍が戦ったが勝敗は付かなかった。

タンドラス・アミュレール(Tandrus Amurale)

かつての永世王国26人衆のT。アルフの聖騎士。

ダンヒル海峡(Strait of Dunhill)

Overview参照。

ダンヒル皇国(Imperial land of Dunhill)

フェルナンドの北端の荒れ地。Overview参照。

地上の国家としては1,615年のフェルナンド侵攻で滅亡したことになっているが、国王スルー・ウィンザーは闇の眷属とともに地下で健在であり、フェルナンドへの復讐の機会をうかがっている。ただ、現状ではフェルナンドの持つ軍が強力すぎるため、今はことを起こす時ではないと考えている。アーサーの寿命が伸びていることを魔物は知らないため、数十年後にアンドリューが即位してからが反抗時期だと考えている。

時折地上に抜け出して、退治されてしまう魔物もいる。これらは野良モンスターだと認識されており、ダンヒルとの関係を疑う者はいない。それを最初に疑うのはルシール・ウィンフリーである。

ダン・ホーランド(Dan Horland)

ジアザー帝国の子爵。

ダン・ロードリック(Dan Loadric)

中世バビロンの伯爵であり、バビロン大学を創設して初代学長となった。

チー(Thih)

エストメスランド連邦の一州。州都ペペ。

小さな朝の歌(Eine Kleine Morgensieg)

1,620年にヴァリアス・アンドレ・メツァートが作曲。朝のけだるい中でも、声を出して家族と幸せになるために作曲したと言われる。

チェースター・ダレス(Chaster Dulles)

フェルナンド帝国運輸長官。

チェーン3世(Chane III)

300年代後半のカザール王国国王。

チェルフェ(Cherufe)

モクレインの守護獣の一頭。ルビードラゴン。

地核爆裂破砲(Earthcore explosion wave canon)

スメル帝国史。アシュレール・シャイダーによる超魔術兵器の一つで708年に開発。

地下世界

地下世界

チキンカツランチ(Chicken cutlet lunch)

アマリス帝国の兵舎付属食堂で一番人気のメニュー。

地上会議(Council of Outer)

イモータルの会議。メロス、ブラックモウ、ナリス、ハドラム、オーデルゾーロ。

「父上は甘い!」('Dad is too lenient!')

現アマリス帝国皇帝ジアザー・テレビジョン2世が、航空兵力の一掃を決定した父ジアザーに対していった台詞。彼は即位後、航空兵力を復活させる。これは父の廃棄決定の直後から彼が部下とともに極秘開発していたものであった。

チチパウナ・チョウミニ(Chichi-pauna Chou-mini)

モンゴル大帝国弓矢部隊隊長。

地底王国

地底王国

血塗られた剣

血塗られた剣

血の3/4世紀(Bloody three quaters century)

フェルナンド王国史。<流血王>ヘンリー・フェルナンドの即位1,264年からの70年。ギルフォード市民2,000人を国家反逆罪で虐殺、実弟レオナルドを獄死、ヘイン市民1,000人をでっちあげの罪で殺戮、祈祷師ヴァンバドグルの勧めで王妃ヒルダを惨殺。最後はヴァリアナにより睡眠中に殺される(1,334年)。

地の神(God of earth)

ファリス

<知の化身>(Incarnation of the acknowledge)

マーリン

血の申し子(Child of the blood)

ブラッドサン

チハヤ・エヴィン(Chihaya Evin)

チハヤ・クリアンストン

チハヤ・クリアンストン(Chihaya Chrianston)

アマリス帝国公爵ロビン・クリアンストンの第一妃。旧姓エヴィン。1,585年に12歳で結婚したが、子を成すことなく1,599年に26歳で死去している。なお、エヴィン男爵家はキリアン連合で貴族軍に与して廃嫡となっている。

チャガン(Chaghan)

700年代後半のファード宗主国の支配者。

チャダス(Chadas)

スニルナ特産のコーヒーのブランド。アマリス帝国のジアザー2世が、時折口にする。

チャチャウ(Chachau)

モンゴリアン13世の息子。故人。

チャック・ファイザー(Chack Fizer)

アマリス帝国ブラックピーク州知事。

チャトラパティ・ススマン・ハルマヘラ(Chatrapati Susuman Halmahera)

ティアマト暦元年頃のハルマヘラ公国群の君主。

茶の矢

茶の矢

チャーハル(Charhal)

カナルガド近郊の村。ウェイク・トラックスの出身地。

チャパル・ボトフ(Chapar Botof)

アリアノル王国第19代国王。現国王ウルデルの先代かつ従弟。

チャプリ(Chappri)

名前の意味は十姉妹。キャルルの完成形と言われ、アマリス帝国の主力ウイングファイター。偵察用に高速化した機体も存在する。

チャーリー・マクラッド(Charlie McCrad)

スメル帝国史。謀略で政敵レイ・ワトキースを追い落とすが、後に完全な冤罪であることが発覚、死を賜る。

チャーリィ・ヨハンバード(Charlie Johanbard)

フェルナンド帝国陸軍第六師団長。中将。

チャールズ・ウォーレン(Charles Warren)

フェルナンド帝国経済勧告委員会会長。

チャールズ・ザ・グレイメンター(Charles the Graymentor)

カール・デア・グレイメンター

チャールズ・フェルディナンド(Charles Feldinand)

ジアザー帝国の男爵。フェルナンド王国のマルクス・フェルディナンドの弟でジアザー帝国に移住した。その後ノブルランドの地がフェルナンド王国の所領になったため、再び王国民となった。

チャールズ・フェルナンド(Charles Fernand)

フェルナンド帝国第七代国王。<止血王>と呼ばれる。<流血王>ヘンリーの弟、レオナルドの息子。

チャールズ・ロック(Charles Rock)

フェルナンド王国フランレイトの男爵。

チャンダリ海峡(Strait of Candari)

ハルマヘラ公国群のあるローズササン半島の北東に隣接するネルヴィ島(ネルヴィ公国)南側と、ローズササン半島から突き出したチャンドラ半島との間の海。

中央エルド州(Region of Central Eld)

アマリス帝国の州。州都はエカトリノ。州知事はヨス・パルスチァ・ダークロン。ロークヒート男爵領を含む。

中央台地(Central plateau)

ラムサダス帝国中央部、パルマ海の周囲を大きく囲う台地の呼称。地上から平均100フィートほどせり上がっており、全体が急斜面である。上部に上がる道は2つだけであり、北西から出て北のローブ海に注ぐゴール河(サリト河)か、東から出てバックランディア海に注ぐバッカス河、いずれかの脇を切り通した道だけである。これらは浸食の影響もあって比較的傾斜が緩やかになっているが、それでも体力のない者にはつらい道である。

中海(Middle sea)

スニルナとホーメルトとの間にある海。Overview参照。

中海海戦(Middle sea naval war)

アルファ史および海の王国史。

  1. 第一次中海海戦。1,401年にアルファティウス帝国が、独立した海の王国を再度併呑するために艦隊を遣わした。しかし荒れ狂う海で艦隊の半数が失われ、残りの指揮も高くはなかった。満を持して襲いかかった王国艦隊に対し、帝国艦隊はなすすべ無く叩かれ、撤退に追い込まれた。
  2. 第二次中海海戦。1,420年、再建を果たして再度海の王国へ侵攻したが、既にこの動きを察知していた王国艦隊に奇襲されて壊滅する。帝国に帰還を果たしたのは1/3にも満たなかったという。帝国はこの敗戦をもって、クーリル再併合を断念した。

中渡夏事件(Case of Chutoka)

馬具笊ギルド史、ラムサダス帝国史。1,582年、西のウッティ帝国へ兵を進め、国内統一に近づきつつあった羽田法為が、賀来河畔での夜営中にブラックアルフのラナガール・キルセックに襲われて殺害された事件。首謀者は腹心だった不惑斗であるとも言われる。不惑斗はもう一人の腹心笠土師徳執に倒される。

チュート(Chute)

挲坏瀝地方の茶(杜仲茶)のブランド。

チュナニサン川水上騎馬戦(Naval battle of Chunanisan river)

スメル帝国史、922年。

チュナニサン川氷嵐戦(Ice battle of Chunanisan river)

スメル帝国史、927年。ミンゼ・クレイアンが軍を指揮しファンドリアに対して圧倒的勝利を収めた。

チューヒ(Thuch)

無秩序の領域のイモータル。1,614年の混沌戦争時に消滅している。

超国家情報網(Superior internationalized intelligence-network)

現在の超大国たるフェルナンド帝国、アマリス帝国、ラムサダス帝国等は、それぞれで独自の情報網をはり巡らせている。これらは全世界に「足」が存在するため、このように呼ばれることがある。

超重力砲(Super gravity canon)

スメル帝国史。アシュレール・シャイダーによる超魔術兵器の一つで703年に開発。

長征者

長征者、ヴァンガード・クロイエン

長征者ヴァンガード(Vanguard the Longmarcher)

1,500年代にイオドシア・マーティンが作曲。

長老会議(Council of Elder)

イモータルの会議。メロス、アクセラ、ル・ソレイユ、シュヴェルティス、オーデルゾーロ(オルクマルド代理)。アクセラおよびシュヴェルティスがエルヴァートへの関心を薄めているため、ここ1,000年は開催されていない。

勅令(Royal command)

  1. 皇帝、王またはそれに準ずる地位と権力を持つ者の出す指令のこと。
  2. ラムサダス皇帝が1,629年から出し始めた政策の根幹となる勅令。現在出されているのは「勅令その1」(機関改変及び一時帝位委譲)のみであるが、ラムサダス皇帝は現在すでに5ないしそれ以上、用意していると言われる。

チョケス・サーヨ(Chokes Sayo)

紀元前後に存在したオルネイオ王国の国王。

「塵が山になることはない」(Dust not make mountain)

ラスケット教の神パーティクル(カンスラ密教の一柱ムーリス)の教え。

地裂(Split)

ジアザー・テレビジョンの特殊呪文。瞬間的に地面を割る。

チワース(Chiwasu)

モンゴリアン13世の息子。モンゴリアン14世予定の本妻の子ビルトリアンより年上のため、問題がある。

多富美(Chin Tafmi)

タフミ

沈黙の防御陣(Silent defence-field)

時間の領域のアーティファクト。着用者の周り広範囲の声や音を吸収し、また着用者に向けられたウィッシュを除くあらゆるモータル魔法をも吸収する強力な結界を張ることができる。

ツァイド・リッター(Zaido Litter)

アマリス帝国クリーム州知事。

ツィルハンビルト(Tzirhanbild)

闇の神の一柱。無秩序の領域のイモータル。アルファナやエリカをさらったことで知られる。モータルの頃の名前はシラカン3世。1,614年の混沌戦争時に消滅している。

ツインショット(Twin shot)

ハリエット・ジンツァーの使う剣技のひとつ。唯一名前をつけている。下からの超高速の二閃で、相手に逃げ道を与えない。

ツヴェン(Tven)

クルランダ帝国の第二皇子。フィルミスト(最後の皇帝アヴォルドリオン1世)の弟。クルランダは元々アイオリスから独立した国家だったが、弱体化したアイオリスに対して優越感を感じており、自分が求婚すればエリカは当然自分のものになると考えていた。しかしエリカにはまったくその気がなかったためヨールトン7世ははぐらかして時間を稼いだ。ちなみにツヴェンはエリカより5つも年下だった。

その後アーサー・フェルナンドが現れた。アーサーは「ホーメルト1美しい」エリカを后にすべく活動しただけだったが、当のエリカがひどく乗り気だったためヨールトン7世はアーサーに一任した。アーサーを相手に相打ち覚悟の戦いをしたがアーサーは脱出、一方的に自滅した。本来なら国際問題であるが、この決闘の目撃者が神々を除けばクラウド・ファルマスのみであるため、ツヴェンは滅亡後まで「行方不明」だった。

月(Moon)

エルヴァートのあるマルス星のまわりには、2つの月がまわっている。すなわち、白いセルナと黒いニルヴァである。セルナは30日、ニルヴァは45日の周期(朔望月)である。この2つの月齢は<ムーンゲイト>へと投影され、それによりムーンゲイトはほぼ90の行き先をもつ。

月咲ノ門(Tsukisaki-no-mon)

馬具笊穂高森の修験者(ドルイド)の一門。四門の中では最高位。現在の修験者の長は月咲ノ門草結沙耶佳

月咲ノ門草結沙耶佳(Tsukisaki-no-mon Kusamusubi Sayaka)

Who's Who参照。

月咲ノ門土踏維途里(Tsukisaki-no-mon Tsuchibumi Itori)

馬具笊穂高森の前修験者長。沙耶佳の父。修験名は翠応天使

月咲ノ門霊郷賀来谷(Tsukisaki-no-mon Reigou Kakuya)

馬具笊穂高森の修験者で沙耶佳の弟。まだ姉には及ばぬながら、若さに似合わぬ大きな力を持つ。

月の落とし子

アルフ

月の仲間(Fellowship of the Moon)

イモータルの団体。ナリス(銀のラ・リューン)、赤のラ・リューン、青のラ・リューン、白のラ・リューン、緑のラ・リューン、アーダルジェット、ニルヴァ。

月の門

ムーンゲイト

月読(Tsukuyomi)

馬具座教最高神の一柱。ナリスの別名。日光とは兄妹かつ夫婦であるとされる。これは馬具座教の原型となった「太陽と月」(世界大戦前の宗教)に因み、ヴァリスとナリスはモータル時代から兄妹かつ夫婦であった。

詰吉坊長滝(Tsumekichibo Nagataki)

嘉那須熱海に仕えた七人の忍者(七針)の一人。1,610年死去。

ツバメ(Tsubame)

ファームズ帝国サリトル王国の街。ツバメ家の根拠地。現在の支配者はユリ・ツバメ。

ツバリ(Tubari)

旧スメル帝国の首都。アルフ人間戦争時はファンドリア・シャイダーの帝国首都。南北約8マイルの巨大な都市であり、さまざまな国家専用区画もあった。ラムサダスの即位後、都市名改変令によって名称はグラスティースへと変更され、また国家が使用していた土地のほとんども開放された。元々はスメルに滅ぼされたシャール王国の首都でティアマト暦270年に遷都。

ツバリ学問所(School of Tubari)

グラスティース大学の改称前の名前。

ツバリ持久戦(Protoracted battle of Tubari)

スメル帝国史内乱の二世紀。925年。ファンドリアはツバリを陥落させ得ず撤兵した。

ツバリ襲撃(Surprise attack to Tubari)

ツバリ奇襲とも。1,611年の、第二キングスパーティによる奇襲。一度は皇帝に捕らえられながらもイアン・トルネイオスら後のラムサダス帝国の重鎮たちの助力で脱出して革命派と合流。出直して魔術師たちを一掃すると(ここには、聖魔術団は含まれていない)、見かねた皇帝シュメール・シャイダーが登場。これをブラックホースが迎え撃って一騎討ちし、勝利する。聖魔術団は瓦解しかけた帝国軍を何とか維持し、翌年のロングッド侵攻となる。そして対シリア王国戦でのエルク空戦の完敗、ロングッド・ジアザー・フェルナンド・ドバヌール連合との西ソロモン海戦の敗戦によって、帝国は崩壊する。

なお、このとき城のなかで、聖魔術団によって施されていたティアマトの封印をドバヌール男爵が薄くしてしまい、のちのカーレイン騎士団領におけるティアマト復活となる。

この旅は本来、ホーメルトから半年以上かかる船旅となるはずだった。しかし、永世王国がこれに加担したため、一行はセイリアン・ダルスの魔術で半月ほどでスメル大陸に到達している(10回を超える船旅とテレポートの連続)。これは敵の虚を突くためでもあり、またスメル艦隊との鉢合わせを避けるためであり、密偵に足跡を追わせないようにするためでもあった。

ツバリ内乱(Inner war of Tubari)

スメル帝国史、内乱の二世紀。メルセット・シャイダーが出撃中に首都ツバリで発生した内乱。

ツム・シュヴァーネン(Zum Swanen)

ラムサダス帝国海軍提督だったイグナッツ・トライチュケの旗艦。

ツヤシ(Tuyash)

エルヴァート各地に自生する草。

テア・サンタラ(Tea Santala)

26人衆T。聖騎士。

ティア(Tiar)

レイン・ティア7世

ディアーク・エドリテナス(Diarc Edritenus)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)No.7。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。イルメリア・ベラタンの伴侶。

ディアゴナス(Diagonas)

ミラード帝国シェリンヒ侯爵領の街。人口190,000。支配者はボードロク。

ディアッサン・ロークヒート(Diassan Roakheat)

アマリス帝国の男爵。ロークヒートの街を治める。エルドレス神国〜ジアザー帝国では父のフォスターが治めた。

ディアナ(Diana)

  1. クルート連邦ジュストリン(評議長ハンス・ミュラーの子)の妃。
  2. ティアンナ・マークレット

ディアナ・レオフリック(Diana Leofric)

ディアナ

ディアボーン(Dearborn)

Overview参照。

ティアマト(Tiamat)

約1,600年の昔、暗黒の女神シルヴァーに率いられてその姿を現した、シルヴァー5悪魔の一柱。世界の基本暦法であるティアマト暦は、この事件を元年とする。ティアマトもまた混沌の女神であり<空の神竜>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。エルメランら光の神々によって力を押さえ込まれ、カーレイン騎士団領の地下深くに封印されていたものが、ファイアウィザーズの主導で1,612年に復活した。ただし、ティアマトをはじめとしたシルヴァー5悪魔は、1,600年の間封じられて力を付けることができなかったため、古代神に連なるものでありながらその力は当時と同じだった。人間への復讐を試みたが、今度はエルメランの助力を得た神でさえない第二キングスパーティにより倒され、その後本界において光の神によって消滅させられている。

カーレイン騎士団領の封印は500〜600年に一度薄くなっている。ラムサダス前皇帝自身が語らないために知られていないが、615年にもこの封印は外れかけたが、タイムワープしてきたラムサダスによって再封印されている。

エルヴァートの星空で星座にもなっている。アルファおよび周辺では「ンド・ヴァージュ」と呼ばれる。

ティアマト暦(Tiamatic calendar)

ティアマトが最初にエルヴァートに現れた時、この神はアリーシア、ザウランドという2大帝国を滅ぼした。その時からの数え年がティアマト暦である。正確には今年は(ルーン続暦2,214年とする)ティアマト暦1,630年ということになる。1,612年にICCが採用。現在では表エルヴァートの半分ちかくの国が使用している。ICCが制定したその年にティアマトが復活しているが、これは偶然である(採用が先)。

1月から順に、アルリー(Arley)、シャンスリー(Shansley)、クレイリー(Crailey)、タルフリー(Talfley)、ランクリー(Lankley)、エラトリー(Eratoley)、シロンスリー(Sironsley)、ライトリー(Riteley)、ハランサリー(Haransthaley)、フィーミリー(Feamiley)、エルンリー(Ernley)、ロースリー(Rawthley)。

ティアル(Tial)

<緑の森の教え>で信奉される物質の領域のイモータル。モータルの頃の名はラメル・クロイエン。アルフの他、ドリュアドも信仰している。

ティアル1世(Tial I)

ロングッド王国メルメトン朝第四代国王。本名はジョナサン。戦士。

ティアル2世(Tial II)

ロングッド王国メルメトン朝第十代国王。本名はシーサー。戦士。

ディアルゴ帝国(Empire of Dialgo)

かつてスメル大陸南部に存在した大国。アカダルとの20年戦争で知られる。

ディアルン・レストール(Diarn Lestorl)

Who's Who参照。

ティアレンス・フォレストゲイト(Teerrence Forestgate)

かつての永世王国26人衆のT。

ティアンクル(Tiancle)

南極王国海軍提督。戦士。

ティアンナ・マークレット(Tianna Marclet)

かつての永世王国26人衆のT。伝説ともされる女魔術師。エルヴァート生まれだが、ルーンワールドのどこかにあるとされる<偉大なる書>ペシフェを手に入れるために兄クロビュールと共に移住した。なお、彼女はまだペシフェを発見していない。移住前にはエルヴァートで現在の<愚者>にやや劣る程度の力を持つ存在だったが、ルーンワールドで巨大な力を得るに至り、ルーンワールド最強(つまりエルヴァートを含む周辺世界で最強)の魔術師となっている。最も得意なのは各種攻撃魔法。彼女の移住は、アリス・リーやセルミアス・ミルフが産まれる前であり、彼女らとの面識はない。セイリアン・ダルスだけは共に26人衆だったこともあってお互いの存在を知っていたが、それでも直接顔を合わせたことはない。

フェルナンド帝国皇帝アーサー・フェルナンドがまだ王国の王子だった頃、ティアンナの使いによってルーンワールドへ赴き、出会ったことがある。そのときティアンナが相対していた相手がアーサーの鏡像となる存在であったため、ティアンナはアーサーに倒してもらうのが今後を考えると一番良い選択だと考えたのである。10代の容姿を持つ彼女を見たアーサーは、本当に10代だと信じて疑わなかった。彼女の若さは、若さの水(ロンゲヴィティポーション)の多用で維持されている。

彼女の周囲には常に二重三重の防御陣が張られている。様々な防御魔術が希界で常時活動状態で展開しており、彼女の意思ひとつで瞬時に主物質界に転送され、敵をなぎ払う。このため、彼女があえて剣士として活動するとき以外、その絶技を目にする機会はそう多くない。実際にアーサーは不用意に彼女に近づいたため、その魔術の一つ(「踊るダガー」と呼ばれる魔法武器の乱舞)で瞬殺され、彼女自身の手で蘇生されている。

比類ない魔術とともに、並の剣豪が足下にも及ばぬ剣技を持っている。<二剣要らず>の異名を持つユリフィア・ティルクラマネイトとして知られている地方もある(ダガー専門であるが、実際にはダガー以外の軽い武器もいくつか使っていた)。「ホーリーダガー」「スパークリングダガー」「ハリケーンダガー」という名の三つ振りのアーティファクト武器を持つ。ティルクラマネイトは、Tianna Marcletの逆読みである。ディアナやエリリーヌという名でも知られている。

生まれたときは両腕と左脚、それに左の眼球を欠損し、口唇も裂けた重度の障碍児だった。精神もとても弱く言葉も出なかった。紫の髪や赤い瞳とも相まって、彼女は「悪魔の子」と呼ばれて住んでいた村の住民だけでなく両親からも忌諱された。兄クロム(クロビュールの本名)だけが彼女を見捨てずに育てた。あるときクロムはティアンナを連れて家を出、魔術を勉強し始めた。膨大な研究の末に彼女の腕や脚を編み上げ、また希薄だった精神も増幅させた。

ディヴァール(Divar)

アマリス帝国の装飾品ブランド。セリエ・ディヴァールが創始。先帝ジアザーが愛用していたのがこのブランドのイヤリングだったことが知られている。

デイヴ・タルトランド(Dave Taltoland)

アマリス帝国白色騎士団第十二師団長。中将。父はエリシャ。

ディエゴ・ポルタレス(Diego Poltares)

ラムサダス帝国海軍幕僚。少佐。

帝王(Dynast)

ヨーン盗賊ギルドの名称。アヴァロン・アメルフスが長を務める。

帝王剣(Blade of lords)

エクスカリバー

ディオドトス(Diodotus)

かつてのライトハイ王国将軍。1,614年に任じられ、1,628年に死去。

ディオーネ・アミュレール(Dione Amurale)

Who's Who参照。

ディオーネの赤い髪は、ヴァレールアルフの祖先の一人であるティンタルレ・レストール(イモータル ラノレスト)の先祖返りである。とくにソルとは関係がない。

ディオニス(Dionis)

亡国ロングッド王国において、陸軍第一師団第一大隊第一中隊長だった人物。中将。

ティカ湖(Lake Tikka)

Overview参照。

ティカ・ハイフォール(Tica Highfall)

コリント王国貴族マッスル・ハイフォール侯爵の令嬢。レナードの姉。

ディガン(Digan)

エルドレス神国教皇(エカトリノ王国国王)ミールテンの妃。ヴォーテルジー王国国王オーリエックの妹。ヴァミリエとシャクシャインの母だが、第一王子オーリッヒは別の女性アルペンローゼの子である。1,613年のアイスラント侵攻時に死亡。

ティカン公国(Principality of Tikan)

ハルマヘラ公国群の一国。

ディーク・ジグダ・テレビジョン(Diek Sigda Television)

アマリス帝国皇太弟。先帝ジアザーの四男。家族名は

ディクトス海峡(Dictos sound)

スメル大陸バッカス河の出口、フォートアイルの北側。南側はバッカス海峡(あるいはバッカス河とも)。

ディクトス河(Dictos river)

ディクトス海峡

ディケイター(Decator)

アマリス帝国北エルド州の州都。人口29,000。

ディザン・エルニッヒ朝(Dizzan Ernich Dynasty)

ファームズ帝国の最初の王朝。首都トーリンク。ファームズ1世の元の姓と王妃ヘルタの姓エルニッヒから。途中ライトネア王朝という中断はあったが、772年にはじまり、1,105年まで約330年間続いた。なお、ライトネア王朝になる際にクヌルアレス1世がトーリンクを破壊したため、復活したファームズ8世の時点では同じ王朝名ながら首都はミストロン(ライトネア王朝の首都)である。

ティシアラ・ファルティアン(Ticiara Faltian)

Who's Who参照。

デイジィ・マーシャ・マフピオタ(Daisy Marsha Mafpiota)

Who's Who参照。

名前は正確には「リス・デイジソリナ・マーシャ・フェル・マフピオタ」と言う。ルーンワールドからの移住者。

ティジット(Tidit)

ローラン王国レディンゲン州の街。1,579年にティジット盟約が結ばれる。

ティジット盟約(Covenant of Tidit)

ローラン王国のエルドレスからの独立を見据えた3属州(ローラン州、レディンゲン州、オストマルク州)の盟約。1,579年。

帝示也法典(Teijiya law)

馬具笊最初の法典。中央集権国家の基礎となった。ティジヤとも。

ディス(Dis)

ド・トゥ教国マンスリーナイトNo.12。

ディズィー(Dizee)

シヴィルスクに住むピクシーで、フレディアの友達。

ディストリア・アフラ(Distoria Afra)

アスリアノル4世

v

ディース・ルーフ(Dis Loof)

アフター・バーナーの妻。

帝政ロングッド(Imperial Longood)

ロングッド史。980年頃から1,034年に至る間のことを、こう呼ぶ場合がある。公式には民主制となっているが、首相の絶大な権力と軍の強大化、支配地域の広大さを考えるとカルティス・スータンやブート・カッシートはさながら皇帝であるこということである。

ディセンジャー(Dissenger)

デイトナ連合州の首都。かつてはディセンシャイア(またはディセンシャー)という名前だった。

ディセンシャイア(Dissenshire)

ディセンジャー

ティダス2世(Tidas II)

ティアマト暦元年頃のミューファロイ王国国王。

ティタニア・ディオン(Titania Dion)

フェルナンド帝国中央情報部長、少将。

ディックス(Dix)

ライトクル王国の街。

ティディン(Thidin)

預言者の森陸戦隊(森の守護者たち)隊長。戦士。

ディテクトバージン(Detect virgin)

アーサー・フェルナンド皇帝が皇太子時代に開発した呪文。花嫁探しのためと称してかなりの女性に対し使用したらしい。要するに、その女性の処女性を検知するもの。

デイトナ連合州(United shires of Daytona)

Overview参照。

ディートマー・アンゼルム・ローリッヒ(Dietmar Anselm Rolich)

ファームズ帝国聖獣騎士団ブラックトートイズのリーダー。コリン・ローリッヒ男爵の息子。

ディートリンデ・イリーネ・ヒュールベルク(Dietlinde Jiline Huleberg)

ニコ・リーゼロッテ・ヒュールベルクの姉。

ティナ・カレーン(Tina Carane)

ティナ・フォン・モーデンケルン

ティナ・フォン・モーデンケルン(Tina von Mordenkern)

ラムサダス帝国の近衛、僧団のひとり。アンナの妹。ホーメルト地方のミファイエル(当時はカプルカントの首都)の生まれだが、姉とともに帝国へ移住した。同じく帝国へ移住した元コルコランドのモーデンケルン侯爵家の次男ジョニーと結婚した。姉はその後近衛のマクシミリアンと結婚した。

ルミスデン教司祭。戦いは好まず、無辜の者が殺されそうになっているのを護るような場合でなければ、戦おうとしない。

1,624年のモーデンケルンの乱では、夫の兄が反乱を企て、姉の夫がそれを鎮圧するという立場だった。彼女は類縁ということで皇帝から何らかの沙汰があるものと覚悟したが、結局何も言われることはなかった。乱を起こしたラインハルト・フォン・モーデンケルンと彼女の夫であるジョニーは、兄弟ではあっても既に縁が切れて何年も経過しており、問題にするような関係ではないとラムサダスは考えた。

ティナ・リーン(Tina Lean)

フェルナンド帝国に住んでいた駆け出し魔法使い。セイリアン・ダルスが死んだ後にアーサー・フェルナンドを「兄の敵」と挑戦した。無論アーサーに敵うはずもなく、あっという間に打撃を受けて気絶した。アーサーがその記憶をたどると、遡るほど整合性が取れなくなった。実際にはヘレネス(現アマリス)のリーンの街を治めるエリーザ・リーンの姪にあたり、10年ほど前に両親が亡くなり、セイリアンに引き取られてしばらくの間育てられただけだった。

ティーニ・ヌルメラ(Tyyni Nurmela)

ラムサダス帝国ムートの支配一族当主セッポ・ヌルメラの妹。

ディバイヤード(Dibyard)

グレートドラゴン座γ星の固有名。視等級1.50等。

ディファイン(Difine)

エルスルム王国のアルフ氏族。ディフィアに集う。現氏族長はアリア・ディファイン。

ディフィア(Difia)

エルスルム王国ディファイン氏族の街。人口41,000。

ディープス・スレッデンス(Deapse Sleddense)

かつての永世王国26人衆のD。

ディミナ(Diminna)

南極王国の第二王女。姉のシェナが駆け落ちして行方不明のため、実質的に国王フェリルの後継者であるが、わがまま三昧のため求婚する者とて無く、父を嘆かせる毎日である。

ティミル・アンダーソン(Timil Anderson)

ロングッド王国にいるバード。周辺にバードはいないため、彼女がどのようにその技を身につけたのは一般的には知られていない。彼女の両親は裏エルヴァート・モクレインに住んでおり、彼女は父マーヴィンからその技を得た。しかし人間が好きだった彼女は大自然の中に暮らすモクレインでは満足できず、国を出ることにした。一番好きなもの、尊敬するものは自分である。機械は生理的に受け付けない他魔法も好きではない。1,599-。

ディーム・スティーン(Deem Steen)

クルートに信者が多い。<創造と破壊>と呼ばれる活力の領域のイモータル。

ディーム・スティーンの矢筒(Quiver of Deem Steen)

活力の領域のアーティファクト。

ディライア・シュローミン(Delaya Shrormin)

ロングッド島、沼アルフシュローミン氏族長。沼アルフは単一氏族である。

テイラー・グラハム・シュムペーター(Taylor Graham Schumpeter)

元ジアザー帝国白色騎士団師団長。結成メンバーの一人。ケルマド戦争に参加。1,623年に引退し、最終階級は上級大将。

勅入(Teiri)

馬具笊ギルド、嘉那須熱海による王朝。テーレ朝とも。

ディリアン(Dylyan)

  1. エルスルム王国の街。人口38,000。ただし、一般には存在しないことになっている。
  2. エルスルム王国、シルヴァニアアルフの1氏族。クレンドワーフとの戦後処理で断絶している。強硬なドワーフ撲滅論と苛烈な戦闘でドワーフから蛇蝎のごとく嫌われたグラーニシュ・ディリアンの氏族を消し去ること、それがドワーフたちの出した和平条件の一つだった。
    実際にはドワーフ内にも穏健派がおり、ドワーフ氏族が一つも滅んでいないのにアルフ側の氏族を滅亡させるのはやりすぎだとの声があった。彼らはアルフの代表らと秘密裏に会合を持ち、ディリアン氏族の処遇を決めた。表向き全員を獄死とし、実際に命を取るのはグラーニシュの親族のみとした。ただし、他の者を無罪放免としたわけではない。表向き消滅させたことにする彼らの街以外では、氏族の紋章その他の印と氏族名を使用できないことになった。現在彼らは、街の外では主にエネルスを名乗っている。
    なお、王に仕える<影騎士>は本来シルヴァニアの各氏族が持ち回りだったが、このとき同時に変更され、ディリアン氏族のもっとも優れた戦士が担当することになった。

ティリカ(Tirika)

ロングッド・北ノルトランド湖の南岸沼沢地の地下にある沼アルフの中心地。

ティリンス(Tilins)

古代アルセンの地に起こった民族。首都オーガレイス。東に進んでヴィデアドなどと戦うが、メッサルの侵入を受けて滅亡する。

ディルゴ(Dirgo)

ライトネア連合王国およびライトネア王国の首都。人口1,600,000。螺旋を基調とした優美な建物が多い。

ディルゴの和(Peace of Dirgo)

国際会議の仲裁によって停戦したミラード帝国・クルート連邦の、停戦条約締結の舞台。この後、ミラードとクルートは揃ってNoSTOに参加する。

ティルス6世(Tilce VI)

元フェルナンド王国カミザ侯爵。戦士。キャサリンとドルトン、カンサスの父。無カミザの時空ではカミザ王国国王。

ティルスティンガー・ゲーリッツ(Tilstinger Garitz)

ティルスティンガー・レーヴィルテノン

ティルスティンガー・レーヴィルテノン(Tilstinger Laviltenon)

かつての永世王国26人衆のT。戦士、呪術師。ミストル王家に仕えていたこともあり、そのときはティルスティンガー・ゲーリッツと名乗っていた。

ティルソン(Tilson)

ファームズ史。エストメス大陸のアイスホード海岸、ランドニューオン海岸を発見したとされる人物。

ティルソン・ファームズ(Tilson Farmes)

ファームズ帝国の伯爵。ファームズ25世の弟。自身には能力があるのに皇帝になれず、しかるべきポストさえ与えられていないと考えている。皇帝を弑逆してセリナーを妻とし、皇帝となることを妄想し、計画を立てているが皇帝には筒抜けになっている。彼には能力も組織力も人望もないので、皇帝は彼を好きにさせている。

ディルタイ(Dirtai)

フェルナンド帝国海軍ロイドナルド准将の旗艦。

ティルド・ナイスゲイト(Tildo Nicegate)

ロングッド史。7賢人の一人。

ティルナ湖(Lake Tirna)

Overview参照。

ディルフィア・フィン(Dirfia Fynn)

イルゾニアアルフの王。

ティローム派(Tiroam Aracian)

アラス流剣術諸派のひとつで、トラーティ派からの分派。シリアに伝わるムアタズィラ流の攻めを取り入れたもの。

ディーン・アティソン(Dean Uttison)

フェルナンド帝国郵政長官。

ティンコアミア(Tincormyr)

  • カレンティシアス王国の街。人口14,200。
  • エルヴァートの並行世界のひとつ。

ディーン・ザードル(Dean Zerdoll)

かつての永世王国26人衆のD。戦士。

ティンタルレ・レストール(Tintarre Lestorl)

創時の大白妖精のひとりでヴァレールアルフの祖。<コスモスの髪>と呼ばれ、現在のディオーネ・アミュレールと同じ髪色をしていた。

ティンダラス(Tindaras)

クリアナの従者で盗賊。彼女とともに恐怖地帯に入り、抜け出せなくなっている。もとはエルスルムにいたとか、シルサンナにいたとかいわれているが定かではない。

ティントレイル・セイン(Tintrail Sein)

コリント王国第九代女王。母のフェトキトナが早世したため6歳で即位した。

ティンフィル(Tinfyl)

ティンフィル共和国の首都。

ティンフィル共和国(Republic of Tinfyl)

クルート連邦4共和国のひとつ。首都はティンフィル。現在の支配者はフィオドル(ハンス・エレフセン・ヘンドリクス)。

デインミア・フェルナンド(Dainmire Fernand)

フェルナンド王国建国王ジョージの第三子。1,107年に死亡し、闇の王ヴェルツォールの呪いと言われた。

ディーン・ラスク(Dean Lusk)

フェルナンド帝国建設長官。

ディンリット・フィン(Dynlit Fynn)

イルゾニアアルフ。

ティンロイデ島(Dinroide isle)

Overview参照。

ディンロミンナルア(Dinro-Minnalua)

アルファ語で「王」。代々の王は公式にこう呼ばれている。最後の王はディンロミンナルア8世。

ディンロミンナルア1世(Dinro-Minnalua I)

アルファティウス帝国初代皇帝。本名はフラビオ・ラウディス。闇の女神シルヴァーに気に入られ、この地を支配するために特別な力と長寿を与えられる。アイゴス王国を滅ぼしてアルファティウス帝国の建国を宣言。亡国の姫だったハイアス・アイゴシアおよび平民の娘オルラ・モーセネガンを妃とする。なお、後にアスリアノル1世とされたのはハイアスでもオルラでもなく、名が伝わっていない第二代マルセロ・ラウディスの母である。

公式には242年に死去となっているが、実際にはその後も生存し、イモータリティを獲得している。

ディンロミンナルア2世(Dinro-Minnalua II)

本名はマルセロ・ラウディス。彼は公式に知られるディンロミンナルア1世の二人の妃、いずれの子でもない。オルラもハイアスも、いずれも彼と同年代である。彼は父であるフラビオがアルファティウスを建国するより前に誕生していた。弟であるライビオ・ラウディスを暗殺する。

ディンロミンナルア3世(Dinro-Minnalua III)

本名はエミット・ラウディス。王子だった頃にナイクルソンの乱が起こった。叔父(ただし年下)であるピラチトが戦死した後、首都で反乱軍を迎え撃ち、完膚なきまでに叩きのめした。彼の即位中には帝国500年祭があり、またクーリル諸島を領有したりして華やかだったが、ヴァリク・ウルディンを宰相に登用したことが、すべてを台無しにしている。後にヴァリクの子孫が国政を牛耳るようになったためである。

ディンロミンナルア4世(Dinro-Minnalua IV)

本名パレージ・ラウディス。魔女ディストリアを妃とし、新たに「アスリアノル」の号を作る(シルヴァーに祈って、認められた)。

ディンロミンナルア5世(Dinro-Minnalua V)

本名ルメット・ラウディス。ウルディン一族の専横に悩まされた上、クーリル諸島の反乱によって精神を病んだ。海の王国の独立を受けて寝たきりになり、2週間で病床に没する。

ディンロミンナルア6世(Dinro-Minnalua VI)

本名レイハル・ラウディス。治世のはじめにモロサス・ウルディンの暗殺があってウルディン一族は弱体化したが、海の王国には二度の海戦で敗れ、モンゴル遠征にも失敗する。しかし、独自の戦闘機を開発させ、成功したのも彼である。

治世の最後に息子テレンスの魔術師だったガラニシュを登用し、彼の献策に従ってバラカンスへ侵攻した。これは、テレンスが反対するバラカンス侵攻をレイハルが強行、失敗することでその権威を失墜させることを目的とした、テレンスの策だった。バラカンス派遣軍が黒の谷の戦士に敗れると、テレンスはレイハルを強制的に退位させた。

ディンロミンナルア7世(Dinro-Minnalua VII)

本名テレンス・ラウディス。若い頃から陰謀家として知られ、実の父であるレイハルを陥れて帝位を譲らせる。1,611年に騎士団シルヴィスを結成。しかし、1,614年の混沌戦争でシルヴァーがゴール神に食われると即座に力を失い、アスリアノル7世とともに塵になった。

ディンロミンナルア8世(Dinro-Minnalua VIII)

本名クライフ・ラウディス。1,614年のシルヴァー消滅時、彼は69歳だったために消滅を免れた(父親のテレンスは400歳だった)。しかしマクニッシュの乱とそれに続くセルナンデスの革命によって玉座を追われた。彼は投獄され、その後1ヶ月で長男フリットを除く一族すべてが処刑されている。フリットはこの投獄に先立って国外へ脱出し、アナーティアへ落ち延びている。

ディンロミンナルア9世(Dinro-Minnalua IX)

フリット・ラウディス

デヴァス教(Devas religion)

イモータル ロリスを信仰する宗教。当初ロリスはアキピテリウスを名乗っていたが、カンスラ密教への導入の後自ら神名をロリスに改めた。

テヴィアス・アイス(Tevius Ice)

かつての永世王国26人衆T。ゾーリフの親友となったが、その5年後に戦死する。下ってコルコランドに誕生したメイスン民主主義共和国の初代議長ローマン・アイスは彼の子孫にあたる。

デヴィッド・アッテンボロー(David Attenborough)

フェルナンド帝国陸軍師団長だった人物。1,628年に出奔した。1,630年のハインスリッターの乱でハインスリッター軍に参加したが、サイレインの戦いの後、再び行方をくらませている。「歩く情報事典」と言われることもあるほど情報収集能力と記憶力に長け、その力は中位の情報部員にまさるとも劣らない。

デヴィッド・オーニスク(David Ornisk)

フェルナンド王国のカミザ市長。

デヴィッド・スタンフォード(David Stanford)

アマリス帝国白色騎士団第四師団長。中将。

デヴィット・デューラー(David Dürer)

ラムサダス帝国国民議会議長。

デヴィット・トムサースン(David Tomserson)

キャンシー民国の首相だった人物。〜1,614。

デヴィッド・ヘンソン(David Henson)

聖テレジーナ騎士団員、将軍。ただし実戦指揮したことはない。

デヴィッド・マクスウェル(David Maxwell)

フェルナンド帝国商務長官。息子に皇帝と同じアーサーの名を付けた。

悪魔(Devil)

魔界(混沌の外界)に属する眷属のうち上位層。イモータル。これに対し「デーモン」は魔物全般のことで、モータルの存在も含まれる。

悪魔>(The 'Devil')

大アルケイナの一人。モニカ・ウールストンクラフト。

デヴィンハルト・ローラン(Devinhard Rolan)

ローラン王国の王子。ルイーザ、ゲアハルトの弟。

テオディヒシュタット(Theodihstadt)

ミラード帝国シェリンヒ侯爵領の街シェリンヒの古名。

テオドール・ロジュンベルク(Theodore Rosenberg)

1,000年頃のシェリンヒ帝国皇帝。

テオドルシュタット(Theodorstadt)

キュート国の街。人口80,000。支配者はマイクル・アスト。

テオバルト・ファン・アイク(Theobald van Eik)

ジョルツ教皇ケニー・ファン・アイクの兄。アルディア山中の塔に住む魔術師。

デガス(Degus)

ハン王国の首都。イアワッドとジャワッドに分かれた際、コザトル河を挟んだ北側はジャワッドという名になり、南側はイアワッドという名になった。

デカール(Dekaal)

シトカ王国の有力貴族の一人。国王ジュジンカの妹ラーズィを妻としている。

テキル(Tekir)

ウイレヌ汗国内の1氏族の国。支配者はジレフ。意味は「真なる者」。

手櫛(Tegushi)

馬具笊ギルド帝国天皇の子。

テクトテティカン王国(Kingdom of Tektotetican)

スメル大陸西方の島国。Overview参照。

デゴノス(Degonos)

ラムサダス帝国中央部、パルマ海の北側にある都市。

デゴノスの戦い(Battle of Degonos)

  1. スメル帝国史、内乱の二世紀。1,054年。タロス・シャイツ軍がファンドリア軍をに完勝した。
  2. ラムサダス帝国史、1,619年。アシュラブレイの乱の戦闘のひとつ。

デザート・アイズ(Desert Eyes)

アマリス帝国陸軍の通称。

デザン・オニクス(Dezan Onyx)

かつての永世王国26人衆のD。戦士。

テシアス(Tesias)

テシアス教で信奉される物質の領域のイモータル。<光をもたらす者>。勝利の女神としても知られる。リアノの中にも信仰する者がある。エーヴリング族の長命の鍵でもあるアーティファクト「勝利の鍵」は彼女の作。

テシアス教(Tesiasic religion)

<光をもたらす者>あるいは<勝利の女神>として知られる女神テシアスへの信仰。

テシウス(Tesius)

ナイトメア連合王国海軍第一艦隊司令。戦士。

テシオス(Tesios)

ミラード帝国陸軍第六師団長。少将。

テシュリン・イ・サニ(Teshrin I Sanni)

ラムサダス帝国海軍皇帝麾下艦隊(R艦隊)幕僚。軍級は少将。

デジリー・ロイドナード(Desiree Roidnard)

フェルナンド帝国海軍ギリエン・ロイドナード提督の娘で、八星衆フレイ・ド・カーテルノーズの恋人。彼女はフレイの秘密を知ってなお、彼女を愛するようになった。

デジル(Dejir)

イモータル・パンのモータルの頃の名。バラカンス1世。

テス(Teth)

レイン・テス3世

死神>(The 'Death')

大アルケイナの一人。ローラ・ウールストンクラフト。

デスヴァレー(Death valley)

Overview参照。

テスカコアトル(Teskacoatl)

Who's Who参照。

デスナイト(Death knight)

デスヴァレーに住むヒューマノイド。かなり強力なモンスター。同族に上位のヘルナイトが存在する。同じように地獄の谷でみられる。

デススター(Deathstar)

ロングッドにある都市。フェルナンドがロングッド侯爵だった歴史の中では、ここは要塞都市となっている。その後歴史改変によりフェルナンドがロングッドと関係のない王国になったので、ここはただの都市に変更。アーサーはここを自分の知る歴史通りの姿に作り替えることも考えたが、現在ではここを要塞とする意味が薄いために取りやめている。

デストラーダ・フェイズ(Destrada Faize)

フェルナンド帝国宰相バークレオ・フェイズの妻。混沌戦争で死去。

デスブリンガー(Death-bringer)

ホーストヘルン帝国の偵察機。

デス・ブルック・ハンブリッシャン(Death Blook Humblisshan)

・パトリッシア

デスマーン(Desmern)

スメル大陸北西部の街。かつてスメル帝国に占領されたことがある。

デスモンド・レミー(Desmond Lemy)

ドバヌール王国海軍大佐。魔術師。バレラス大学に学び、リッケルト大将の主席幕僚と勤め、バルン海海戦で彼と同時に戦死。1,595-1,629。

テスラ(Tesra)

アルファ人民共和国の街。人口1,000。

テスラの戦い(Battle of Coasara)

アルファ史。1,616年。残る帝国軍がテスラに籠城し、最後の抵抗を試みた。共和国軍はおよそ2ヶ月をかけて兵糧攻めにし、降伏させた。

デスロウル(Deathroll)

テルドア山脈の山。3,353m。

テスロン(Tethlon)

フェルナンド帝国の街。

テセウス・ファームズ(Theseus Farmes)

ファームズ帝国クライソン侯爵の息子。男爵。マンダナグル社の総督にして兵練博士フィア・ランセス男爵の副官。

デソト・オーストン(Desoto Auston)

ファームズ帝国サリトル王国の王女。

デゾン1世(Dezon I)

かつてホーメルト南島にあったキュロスワッカス王国の王。1,615年に死去し息子デゾン2世が継いだが、2年後のドバヌール侵攻で滅亡している。

デゾン2世(Dezon II)

かつてホーメルト南島にあったキュロスワッカス王国最後の王。1,615年に即位し、1,617年に王国が滅亡。

大黒妖精(Døkkálfr)

太古のドワーフのこと(ローケンハイムに住まう妖精)。デックアールヴとも。上つ世、妖精郷ラナラントでの呼び名。現在でもファンドランドアルフなどが、ドワーフのことをこう呼んでいる。

テッサリア(Tessaria)

アルファ史。トーリス・リヴェインの乱の根拠地となった街。帝国軍の爆撃で壊滅し、現在は残っていない。

デッド・アリヒュート(Dead Arihute)

Who's Who参照。皇帝アーサーも知らないが、永世王国26人衆の先代Dでもある(ごく短期)。

テッド・ボリス(Ted Boris)

アマリス帝国老中。

テテマケダ・ジャマル(Tete-makeda Jamal)

モンゴル大帝国棒術部隊隊長。

テドアール王国(Kingdom of Tedoearl)

かつてスメル大陸に存在した都市国家。ファンドリア・シャイダーが直接指揮し、1,139年にスメル帝国により滅亡。

テドアール国(Tedoearl)

かつてスメル大陸に存在した都市国家。テドアール王国の一部が独立したもの。1,117年にスメル帝国により滅亡。

デニス・ミッシェル(Denis Michelle)

フェルナンド帝国シュワルナゼ州知事。かつてカーレイン騎士団に属していたことがある。

テーネ(Thene)

  1. ミラード帝国のフェーベのかつての名。ミラルトのアメンラー王朝群は、この街の周囲に栄えた一連の王朝。
  2. ミラード帝国のコーヒーのブランド。

テーネの戦い(Battle of Thene)

ランドールがミラルト最後の王朝(カテランレス王朝)を滅ぼした戦い。

デビアス・アルヴトレイン(Davius Alvetrain)

アマリス帝国老中。

テピシキ(Tepisiki)

ファームズ帝国サリトル王国の街。ヒトトビ砂漠内にある。テピシキ家の根拠地。現在の支配者はスゲート・アングリ・テピシキ。

テフラ(Tephra)

かつてのライトネア王国海軍提督。外国人。1,616年に引退。

デペリール・エクレール(Depelir Eclair)

シヴィルスクアルフエクレール氏族長。

天政田佐宗(Temasada Samune)

馬具笊ギルド史。地方によりムナ・ティマサダとも。嘉那須熱海と南北朝時代を生きた王。安荼留の戦いに敗れて戦死した。

デミア・マレーズ・テレビジョン(Demia Malayse Television)

アマリス帝国皇帝の妹。先帝ジアザーの三女。家族名は恵。1,630年、フェルナンドのアーサーに預けられる。

デミトロフ(Dmitrov)

アマリス帝国白色騎士団、ケレンツキー上級大将の旗艦。

テミル(Temil)

預言者の森の中心地。アントラリア河の中州にあり、その中心は預言者ヴァ・ラグレスの神殿。

テミル(Temir)

ウイレヌ汗国内の1氏族の国。現在の支配者はタタル。

テミル・アタスキ(Temir Attaski)

かつてホーメルト北島にあったシュークレスト王国最後の国王。

デム湖(Lake Dem)

ホーメルト北島、オルドレスティ森林内にある大きな湖。ハムート山脈を水源とするデュール川の中流域にあり、アルマトレイン川と合流してバレラス湾に注ぐ。

オルドレスティおよびエルスティにとっては特別な場所のひとつであり、とくに北岸を除いた3方向は神聖視されている。オルドレスティ森林は基本的にフェルナンド帝国領内であるものの、こうした特別な区画は帝国議会での決定を経ないかぎり人間は立ち入ることができない。

デモス(Demos)

<魔界の帝王>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。アナーティアとともにアナーティア王国を建国した。

デモステネス(Demosthenes)

かつてのライトマイ王国第一師団将軍。1,618年に死去し、第一師団将軍は王弟ヒュギリピデスとなった。

デーモラ公国(Principality of Dehmolla)

ハルマヘラ公国群の一国。

悪魔(Demon)

魔界(混沌の外界)に属する眷属、魔物全般のこと。モータルまたはイモータル。これに対し「デヴィル」はその上位層で全員がイモータルである。

デモンスレイヤー(Demon slayer)

物質の領域のアーティファクト。

デヤエル(Deyael)

ライトハイ王国の街。人口130,000。

テュアス(Tuath)

イーストフェリア帝国海軍第四部隊長(ポールフェリア)。

デュアリス・フルニカ(Dualis Furnika)

無秩序の領域ユスディレイルのモータルの頃の名。パレージ・ラウディス(ディンロミンナルア4世)の元で参謀を務めた魔術師。かつて自身を追い詰めた剣士を憎むあまり、この世から剣類をなくそうと考えていた。それはイモータルとなった今でも変わっていない。

デューク・ストック(Duke Stock)

アマリス帝国虹の聖騎士団β、橙の将。虹の聖騎士団としての名前はドンガ・ラガッシャン。騎士団一の筋肉を誇り、「人間山脈」の異名を取る。

デュシャン(Duchan)

ゼルディアン

デュートン(Duton)

名前の意味はウグイス。アマリス帝国のウイングファイターのひとつ。偵察用に高速化した機体も存在する。

テュフォー(Tuffore)

ライトマイ王国王弟ヒュギリピデスの妃。ロマノス、メナンドロス、エクサス(グレイハウンド)の母。魔術師。エクサスに魔術の素質がまったくなく、野蛮な(とライトネアの上級民が考えている)剣に生きているため、テュフォーもエクサスも互いを子、母と考えていない。しかし現実としてはエクサスは彼女の実の子で間違いない。テュフォーは後悔から自身に不都合な記憶を無意識に封じてしまっている。

デューム・デクラー(Dume Decler)

1,600年頃のフェルナンドの作曲家。パーセル・ハードウェルを歌った「パーセルのバラード」を作曲。

テュラス(Turas)

アルファ人民共和国の街。人口2,500。

テュリス(Turis)

ローレック教の神で、カンスラ密教の一柱。時間の領域のイモータル。ローレック教では川と湖の神。カンスラ密教では<河川神>。ロングッドでは「水の神」とも。

デュリファス・デ・ナウル・イ・カザムロッツ(Durifus de Naul y Kazamroz)

13世紀のスメル大陸の4高導師の一人。風の魔術師、<天駆ける者>と称される。リエル・シャンメリーに求婚したが断られ、以来彼女にむごたらしい死をもたらすことだけを目標に生きていたが、強靭な体力を驕って戦士と格闘、敗死するという前半生からは想像出来ないくらい嘆かわしい死に方をした。ド・トゥ出身とも。

デュリファス・エドリテナス(Durifas Edritenus)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。

デュール内海(Dulian inner sea, Inner sea of Dule)

ガイラックとオージャスを分ける、ライトネア北方の巨大な湾。Overview参照。

デュール内海海戦(Naval war in the Durian inner-sea)

1,588年、ファームズとミストルがデュール内海で戦ったもの。開戦直前にミストルの総大将ルネ・ダントヴィル提督が死亡し、ミストルは戦える状態ではなくなった。ファームズが勝利し、ミストルの弱体化は避けられぬものとなった。実際にミストルが滅ぶのは、1,609年のザート湾の戦いである。

デューン(Dune)

フェルナンド公国パニアゼミナール現代社会、地理担当。混沌戦争を生き延びパニアで生存。

テラドナ島(Isle of Teradona)

Overview参照。

テラド・ヨシュニス(Terado Yoshnis)

嘉那須寺戸

デランナ帝国(Empire of Deranna)

かつてコルコランドに存在した国家。首都デラン。

テリアフィルス(Terriaphils)

オルドレスティ森林、エルスティ森林

デリィ・ライン・カールセン(Derry Line Carlsen)

ラムサダス帝国雷光魔術団No.3。軍級は中将。十六武将の一人。

テリオン(Terrion)

Overview参照。

デリー・コーン(Derry Corn)

アマリス帝国陸軍第四兵団長。

テリーザ・ワッシュバーン(Theresa Washburn)

元26人衆Dドラゴン(マティアス・ユリ・シュテルテベーカー)の妻。故人。

デリス(Deris)

ラクパル

デリット(Derit)

ティンフィル共和国評議長フィオドルの妻。

テリー・ホーガン(Terry Hawgun)

ファームズ帝国、サリトル王国のホーガンの支配者。

デリャンキル(Delyankir)

エドワード・ライネルが使う5'の大剣。氷の魔法を宿す。

テリンゲン(Telingen)

スニルナ千島帝国の伝説の名将。1,550年、ラスカー島・ヤック島を同時に攻略した。

テリントン(Telinton)

ファームズ帝国、ミュンハイム王国の首都。人口180,000。支配者はハイムゼル。

テール(Tele)

かつての永世王国26人衆のT。少年の姿をした戦士で、力が強すぎるために全力で戦うことができず、穏やかな顔をしながら常に心を満たす何かを求めていた。

1,623年に永世王国から「全力を振るえる案件がある」とランカストへ招待され、その年のエリックドーン事件に派遣された。地下から出現したダークアルフをすべてなぎ倒し、満足して死んだ。

テール・ドゥ・ヴェール(Terre de Vert)

フェルナンド帝国陸軍第二軍団長。大将。ドゥ・ヴェールは生来の名ではなく、自身の性格、鎧や魔法剣の効力から名乗り始めた。

テルスリート(Telthlete)

ホーメルト北島、テレジーナ州の港街。かつてはテレジナスアート神聖教国の街で、騎士団の城が残る。

テルスリート大学(College of Telthlete)

フェルナンド帝国の大学。歴史、民族、地質学が主。かつてはテルスリート文化学舎といった。

テルスリート文化学舎(Telthlete cultural school)

テルスリート大学

テルドア大山脈(Teldoor Mountain range)

Overview参照。

テルドアの闇事件(Case of Teldoor's dark)

1,618年の年末におこったテルドア山脈の一部が暗黒に染まった事件。

テルトテラン教(Teltotelanic religion)

知識の神ラグラステランを信仰する。「仁」の心を至高として修行に励む。知識を持つことも奨励される。テルトテランはラグラステランのモータル時代の名。

テルドール湖(Lake Teldoorl)

サクラメス湖

テルトノール(Tertnorl)

ベスワルプ山脈の山。3,838m。

テルナール・ルシオン(Telnarl Lucion)

クリームタウン侯爵マイヨール・ルシオンの次男。

デルフィーヌ(Delphine)

ペンタトニック教で信仰される神。「ヴァサル」と呼ばれ、宮廷人の音を司る。イモータルとしては実在しない。

テルプシコラ(Terpsichore)

ルミスデン9天使のひとり。

デルボスケ(Delboske)

ド・トゥ教国史。第三代女王アルフミリエル・ヘルツールの夫とされる人物。

テルラムント(Terramund)

かつてのラムサダス帝国海軍ヘルムート・フォン・マイネッケの旗艦。

テルリック・テルスリート(Telric Telthlete)

かつての永世王国26人衆のT。テレジーナの僧侶。テルスリートは出身地であり、姓ではない。

テーレ(Thele)

勅入

テーレイス・マソリー(Therais Mathory)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。1,629年の第二期入隊。

テレジーナ(Teledina)

<僧の父><白き癒し手>と呼ばれる法の神の一人。時間の領域のイモータル。エルメランの友でもある。魔法的な力を信用しないように、というのが、他の宗教との最大の違いである。地上ではテレジナスアート神聖教国の僧達が代々その代弁者であり、体現者であった(ただしテレジーナ教自体は、一部オージャス大陸にも伝わっている。たとえばアルセン王国のテンプルナイツは、元は当地のテレジーナの騎士団だった)。1,616年の教国滅亡の際、なぜ彼の子供たちに救いの手をさしのべなかったのかは不明だが、彼はより高みをめざすため、自分の信者をアーサーに一掃させたのかもしれない。

テレジーナ州(State of Teledina)

フェルナンド帝国の一州。州都はオスロー。州知事はマーク・アンカー。

テレジーナ聖教(Religion of holy Teledina)

テレジナスアートにのみ信者のある宗教。徹底した法の遵守と、魔法の否定には定評?がある。フェルナンドに吸収された現在でも、なお多くの信者がいる。

テレジーナ聖地興亡戦(Battle of Teledina highland)

1,616年、地方統一に燃えるフェルナンド帝国に対し、テレジナスアートが最後の反撃を行った戦い。すでに兵士たちもその大半が失われ、勝敗の帰趨はだれの目にも明らかだったが、ローラン・メディール総主教はグリフィン、ゴールドドラゴンなどを召喚して対抗した。

しかし圧倒的兵力、そして魔力をもったフェルナンド帝国軍には、やはり焼け石に水でしかなかった。明らかに遅すぎたが、総主教は残った者たちに降伏するようにいい、みずからは自殺して果てたと伝えられる。

テレジーナ高地(Teledina highland)

Overview参照。

テレジーナの癒し(Heal of Teledina)

時間の領域のアーティファクト。ムーンゲイトをくぐったどこかにあるといわれる。つまりエルヴァートの地上のどこかにある、ということである。製作者はテレジーナ。あらゆる病、傷害をたちどころに癒すが、その力を使用できるのは、まったき善なるものだけであるといわれている。

テレジナスアート神聖教国(Sacred state of Teledina's art)

<僧の父>テレジーナの教えを世に広めるべくして、ティアマトの事件直後にたてられた。神官王は1,000年の齢を得られるといわれ、敗戦時に総主教だったローラン・メディールは、900才程度であったと言われる。すでに死亡しているので、モータルに確かめるすべはない。

1,616年、フェルナンドの起こしたホーメルト統一戦争の折り、よく持ちこたえたが敗北、滅亡した。

テレビジョン(Television)

テレビジョン家に伝わるマジックアイテム。水晶球のようなものだが、平面の部分に像があらわれる。

テレビジョンスクウェア(Television Square)

アマリス帝国の首都アマリシアの中心に位置する自由広場。南北に延びるのがホワイトアヴェニューであり、東西がヘレネスストリートである。

テレビジョンのダガー(Dagger of Television)

ロングッド王国史。テレビジョンの乱の際、シミライト・テレビジョンが使っていたとされるダガー。真の名はラグラステランのダガーで、活力の領域のアーティファクト。シミライトはブート・カッシートに対してメルムート・ヴァルサー(メルメトン1世)と共に反乱を起こしたが、途中ブートの暗殺者に襲われ、このアーティファクトの力を発動して敵もろとも死亡した。

1,629年の第二キングスパーティの地下世界行のとき、封印の壷の代わりにといってサドヴァン4世が要求した。

テレビジョンの乱(Revolution of Television)

ティアマト暦1,028年、ロングッドで独裁政治を行っていたブート・カッシート内閣に対して起こった革命。ジアザー・テレビジョンの祖先シミライトがその中心人物。その同行者が後のメルメトン1世であるメルムート・ヴァルサー。テレビジョンが暗殺によって倒れたのち、ヴァルサーは残された民衆を率い、カッシートを倒し、王朝を建てる。メルメトンはシミライトの功績を称え、この争乱を「テレビジョンの乱」と称するとともに彼に伯爵号を贈った。

日照花(Telemir)

  1. エルヴァートに咲く花で、万病の薬とされる(実際にはその葉を薄く煎じたものがヒールポーションになり、また温めた葉を傷口に当てると数時間で傷が塞がる、という効果である。濃い液体を飲むと逆に激しい腹痛に襲われる)。深い山々の、さらに谷の斜面にしか繁殖せず、手に入れるのは難しい。
  2. ロングッド王国第十八代国王(最後の女王)、マリア・テレミール・アルフレット・ロングッド。ホーメルト(主に北ホーメルト)では王女が生まれると草花の名前を副名として与えるのが習わしであった。マリアは即位に際し、これを使用したのである。

日照花の冠(Telemir crown)

日照花の花冠を模した、物質の領域のアーティファクト。着用者に強大な物理防御能力を与える。

テレリ(Teleri)

テレリスタール・クウェンディ

テレリスタール・クウェンディ(Teleristar Qwendy)

預言者の森、クウェンディ氏族のひとり。テレリと呼ばれる。預言者の森のヴァ・ラグレスの理解者。

テレンス・ラウディス(Telense Loudis)

ディンロミンナルア7世

テレンダム・エス・ラ(Terrendum Es-La)

水のエレマスター。

天位(Divine class)

カレンティシアス王国に仕える15色の騎士たちの最高位。

天下一武闘会(Battle of top of the world)

ジアザー帝国で毎年開催される武闘会。前皇帝ジアザーによって第一回が開催され、このときにはラムサダスやジアザー自らも出場した。

武闘会とはいえ素手と素手の戦いだけではなく、剣対魔法、魔法対魔法、そしてトリック合戦など、さまざまな戦いが見られる。寸止めが原則で負傷も可能な限り手当てされ、死亡した場合にも即座に白色僧団により蘇生される。

知名度を得たが、オリンピックの開始によってあまり流行らなくなっている。とはいえ、スポーツのみであるオリンピックには飽きたらない人物たちは今でも毎年参加しているようである。

天界の皇子イリオン(Irion the prince of the heaven)

イリオン・フェイト

天界の美王(Celestial beauty)

ハイリアン

天空騎士団(Knighthood of the Universe)

マグロニエル騎士団

天空図

天空図

天空の覇者(Ruler of the sky)

モーゼット

天空の都(City of the sky)

ランリュート

天使(Angel)

  1. エルメラン教、ペンタトニック教、ジョルツ教などの教義に現れる神の御使い。人に神の言葉を伝え、また行動を促したりする。双方とも本来は無性であるが、宗教画ではジョルツ教では美しい少女、エルメラン教とペンタトニック教では小さな子供として描かれることが多いようである。両者とも光り輝く存在であるのは一致する。
  2. ルミスデン教では、ルミスデンあるいはハイリアンの伝言を人間に伝える9人の天使が教義に説かれる。クレイオ、エウテルペ、タレイア、メルポメネ、テルプシコラ、エラト、ポリュヒュムニア、ウラニア、カリオペ。全員が成人以降の姿をした女性。これらはイモータルとしては存在していない。
  3. シュマイン教の教義にあるもの。エルメラン教やルミスデン教の天使とはかなり趣が違う。シュマイン教では実質的に男性が優位になっており、そのひとつの現れがこの天使である。天使は常に天上界におり、汚れを知らぬ処女である。そして、現世で善行を積んだ選ばれた男性のみが、彼女たちを抱くことを許される。彼女たちは交渉を終えると、神の御前に行き、すると再び汚れを知らぬ体となる。
    無論これは教義の上でのことであって、現実に死んだ人間の魂にこのような儀式が訪れるわけではない。また、シュマインの教えの元となったミアン・ハラホーンがこのような世界を説いたわけでもなく、1,600年の間にそのように変化したものである。イモータルであるミアンはこの男性優位を快く感じてはいないが、成り行きに任せて介入を控えている。
  4. ジブリール教の主神、<赤き瞳の天使>ジブリール。
  5. ムーン二神教ではセルナ・ニルヴァの下に4人の智天使という存在が説かれる。赤、青、緑、白のラ・リューンがこれに当たる。
  6. 馬具笊地方のドルイド(修験者)を束ねる長のランクに与えられる修験名。
  7. エンジェルウィッチ

テンセス・リューイ(Tences Lewy)

レッドシティの戦士隊隊長であり、ファーランド魔法部隊長ナーサの兄。アルフ。

伝説の女王

伝説の女王

天槍(Cerestial Spear)

署聞

天帝の使い(Messenger of the lord of the heaven)

リンチェン

天皇(Tenno)

馬具笊ギルド方面で権威のある人物。対外的には国家元首。1,615年のラムサダス帝国による併合前にギルドとの戦闘中に自決している。馬具座教最高神官でもある。

天の神(God of celestial)

ラクス

天の轟雷

天の轟雷

テンプルナイツ(Temple knights)

ジェトール王国の実戦兵団の長達。元々はこの地に広まっていたテレジーナ教の支流の騎士たちであり、聖堂に由来するが、リーダーだったクローヴィス・ハルドポリが反乱を起こして王位を宣言してからは単なる王国騎士団の呼称になっていた。

トリアート・アメルフィーグ、オルソン・ガリハックといった、実力あるものたちが集められていた。1,613年の対フェルナンド・ジアザー連合戦で壊滅した。何人かは首都にいなかったため戦死を免れ、また何人かは復活した後旧ジェトール国群のいずれかに仕え、一人はアルセン王国に移住して仕官している。

天覧寨硝硯(Tenransai Shoken)

嘉那須熱海に仕えた七人の忍者(七針)の一人。安荼留の戦い後すぐに忍者の里へ帰還し、翌年死去。

典礼庁(Agency of ceremony)

アマリス帝国の省庁。長官はヨード・フランシア。

<塔>

ドーヴァー・カール・グルホリーテ(Dover Karl Gruhorite)

ローランド・ブリュエル

トーヴァス(Torvus)

カプルカント王国〜共和国のレンクス6世の王子。革命が発生した際、捕えられて処刑された。

トゥア・ランセス(Tor Lances)

ファームズ帝国ランセス男爵の次男。聖獣騎士団ブラックトートイズの一員。「オックス」と呼ばれる。

ドーヴェ(Dubhe)

<死の告知者>として知られる無秩序の領域のイモータル。カオスドワーフの神でもある。1,614年の混沌戦争時に消滅している。

東西朝時代(Age of east-west dynasty)

スメル帝国史。内乱の二世紀の後半。ファンドリア・シャイダーの西スメル帝国と、シャイツ一族の東スメル帝国の並立時代。

ドゥサイ可汗国(Khaganate of Dhsai)

ウイレヌ汗国の前身となった国。1,368年にエルドレスから独立し南下、草原の覇者となった。ハガンと呼ばれる王に率いられた。1,486年にバルタン・マジャヒトがウイレヌ汗国を宣言、氏族が徐々にウイレヌ傘下となることを宣言したことで自然滅亡。ウイレヌで信奉されるネス・アリアノル神はドゥサイで大ハガンとなった人物であり、ドゥサイ・ウイレヌを通じ唯一の女性の大ハーンである。

盗賊の街(City of the thieves)

ファンダー

トゥハビナ・フルスタレフ(Tuhabina Khrustalev)

ファームズ帝国マンダナグル社の元副総督。現地採用のシトカ人。

東方大陸(Eastern continent)

オージャス大陸、エストメス大陸

トゥハ・エーヴリング(Tuha Avering)

トゥルーノ3世

トゥビス・エーヴリング(Tubis Avering)

トゥルーノ4世

トゥルカ(Turuca)

フェルナンド帝国ファンドランド島の街。ロングッド王国時代はドバヌール男爵領の都でもあった。

トゥールーズ超大陸(Supercontinent Toulouse)

太古のエルヴァートにおいて、オージャス大陸の東半分とズィドラス大陸が陸続きだった頃の名前。またホーメルトおよびセイレイ大陸も一つになっており、現在のクリーム海峡・ダンヒル海峡に細い地峡があった。

トゥルーノ3世(Turuno III)

本名トゥハ・エーヴリング。エーヴリング首長国の初代首長でロングッドからの独立を果たしたとされる。

トゥルーノ4世(Turuno IV)

本名トゥビス・エーヴリング。エーヴリング首長国首長。アーティファクト「勝利の鍵」を入手したときの首長とされる。

トゥルーリ(Trulli)

永世王国26人衆・ゾーリフが元いた惑星の名。主物質界でエルヴァートとは同一の宇宙だが別の銀河にあるためマルスから直接観測することはできない。文明レベルは中世以前。魔法はごく一部にしか存在せず、一般には知られていない。同一銀河内に他天体に進出を果たした文明は存在しない。

遠当て(Shot)

バラカンス人の持つ特殊能力。手のひらから気合いの玉を射出して攻撃する。加減を調節して防御に用いることも可能。その力は個々人の力量に拠る。才能でベースの大小は決まるが訓練によって補うこともできる。

遠矢湖(Lake Toya)

かつてドール地方にあった巨大な湖。1,612年の大陸軸破壊機の暴発によってドール地方が分断され、バックランディア海になったためにこの湖も消滅した。

ドオルギー・ジューコフ(Doolgie Jukhov)

ジューコフ

ジューコフの本名であるが、知っている人間は両手で事足りる。

トカゲ(The lizard)

ロメオ・エルマー

トーガ・フレンキン(Toga Flenkin)

トリビュート侯爵領私兵団長。

トーキスイヒ(Torkswith)

Overview参照。

刻のアルフの森(Forest of the Chrono-alves)

Overview参照。

時空の旅人(Traveler of the time)

ペルニーナ・エネルス、アストルリーク、ラッセル・バリノーフ

トーキルス(Tokirus)

かつてのライトクル王国将軍。1,615年ミヤカランザの戦いの主将。1,620年引退。

特別開発庁(Agency of special development)

アマリス帝国の省庁。長官はコリー・ハーン。

ドグルマー(Doglmar)

  1. エルスルム王国、クレンドワーフドグルマー氏族の街。人口61,000。
  2. エルスルム王国、クレンドワーフ氏族。現氏族長はボーラ・ドグルマー。

ドーザック・マット・テン(Dorzak Mat Ten)

並行世界イル・クレイスの魔術師。リジレイルの父。

ドシオラデモス(Dosiorademos)

かつてのライトネア王国潜水艦隊提督。1,618年引退。

都市名変更令(Command of cities' name-changing)

ラムサダスが、スメルのイメージを一掃するために打ち出した政令。首都周辺の都市の名前を変更してしまうというもの。これによりツバリはグラスティースに、コラフトンはヤースへと変更された。

図書館の島(Isle of the library)

ルーンワールドの赤道直下にある島。「百万の星の図書館」がある。ただ、島民も皆自分たちの島をこう呼んでいるが、どこにもそれらしき建物はなく、由来も知らない。島民は粗末なかやぶき屋根の小屋に住んでいる。

図書館の出現には、ルーンワールドおよび周辺世界に散らばる、その世界を表す12の宝珠を集め、島内の所定の場所に配置する必要がある。クロビュールとティアンナはこのうちエルヴァート、ルーンワールド、イル・クレイスで入手した3つを所有しているが、それが図書館への鍵であることはまだ知らない。<知の化身>マーリンはモンサルヴァートの宝珠を持っている。過去には10まで集めた人間もいた。宝珠は所有者が死ぬと自動的に元の世界に戻り、その星のどこかに隠れて再び時を待つ。

ドスティン(Dostin)

キュート国情報処理部長。

ドーゾール(Dohzohl)

<始めの10者>の6番目。リンとともに<法と混沌のプール>を作ったと言われる。

トーソン・アルマドリス(Torson Almadoris)

かつての永世王国26人衆のT。僧侶。

ドッシャゴーナ(Dossha-gona)

モンゴル大帝国の村。人口9。村長はマーシェフィル。

トットー(Totto)

カバ型のヒューマノイド。パキダミオンのひとつ。

ド・トゥ教(Religion of D-tho)

ド・トゥ教国の国教。「ド・トゥ」とは女神サトカがサンクラルに与えた力のことで、「生命」や「活力」「光」を意味する。

ド・トゥ教国(Matriarchy of D-tho)

Overview参照。

ドナルド(Donald)

フェルナンド公国魔法部隊の一員。混沌戦争を生き延びイェン・ヴェルディの艦隊に所属。

ドナルド・プルート(Donald Plute)

ヨーン自治区の画商。

ドニア・モートン(Donia Morton)

ラムサダス帝国空軍総司令ウィリアム・モートンの長女。

トニカ・リューベック(Tonica Lubeck)

ラムサダス帝国陸軍マードル・リューベックの長女。

トーニャ・レンドル(Tonya Lendl)

アマリス帝国国土開発庁長官エディ・メル・マックスの養女。ヨーン生まれだが実の両親は混沌戦争時に死亡している。ユロス・ノワール男爵息パトリスの妃となった。

ドネル・トネリー(Donel Tonerey)

ジアザー帝国を創始したジアザー・テレビジョンがロングッドの伯爵息だった頃、教育を任されていた老人。ジアザーは「じいや」と呼んでいた。家令レイディオ家の遠縁に当たる。

ドバヌール(Dovanool)

第二キングスパーティのスロリクトラ・ドバヌールのこと。アーサー皇帝が好んでこう呼んでいたため、いつしかブラックホースやラムサダスらもこう呼ぶようになった。

これについて、次のような逸話が伝えられている。すなわち、ロングッドでの園遊会の折りにドバヌール男爵と出会ったアーサー皇太子(当時)が、「ドバヌールという姓はいいな。汚物を思わせる。だからこれから僕は君のことをそう呼ぶ。」というようなことを言い、失神するほど怒るドバヌールを余所に高笑いとともに去っていた。この話が事実かどうかは不明。

ドバヌール4強(4-greats of Dovanool)

ドバヌール王国の4人の強力な軍人たちのこと。具体的には国王ドバヌール(彼は大元帥として第一師団、第一艦隊を率いた)、アルティア、サルキアのエーベルト兄弟、そしてシルクシア・ムライトルーク。現在シルクシアとサルキアはフェルナンドの軍人に、アルティアは最高国防会議に名を連ねている。

ドバヌール王国(Kingdom of Dovanool)

キングスパーティの一人であるスロリクトラ・ドバヌールが、1,613年にロングッド王国より独立して建てた国。実際には妻であるリサ・アーミンにそうさせられたのであり、独立後も実権はリサの手中にあった。ファンドランドで独立し、当初の首都は領都だったトゥルカだが、ロングッド滅亡後にロングッド島の東半分を掌中にした。その後混沌戦争とロングッド戦で疲弊したアイオリス帝国を瞬く間に併合し、1,617年までにはホーメルト南島の東半分をもその領土とした(西半分はフェルナンド帝国が併合)。ここで首都をフリンキアに移転。

ホーメルト統一を目指してホーメルト北島を攻略し、南島に手をかけていたアーサー・フェルナンドにとっては正に「目の上のこぶ」であり、ドバヌール王とは一応友人であった彼は何度となく平和的合併を勧めるも拒否され、またドバヌールの将軍であるシルクシア・ムライトルークやエーベルト兄弟の存在が戦端を開くことを躊躇させた。

その後シルクシアは退役してフェルナンドへ移住した。1,629年、再び第二キングスパーティの旅(地下世界行)があり、ドバヌール王国はがら空きとなる。ここでアーサーは息子アンドリューに後事を託した。アンドリューは速攻をもって王国を滅ぼす。

ドバヌールの剣(Sword of Dovanool)

かつてのドバヌール王国首都フリンキアの城壁にある長距離兵器。フェルナンドのサンダーストーム作戦の折、フリンキア沖海戦でヴェルディ艦隊に対し使用された。しかし、装填時間が非常に長かったために次射が間に合わず、戦局を逆転させるには及ばなかった。

トボーン(Toborn)

モンゴリアン13世の息子。モンゴリアン14世予定である本妻の子ビルトリアンより年上のため、問題を抱えている。

トーマス(Thomas)

フェルナンド公国パニアゼミナール選択外国語担当。

トーマス・ウールストンクラフト(Thomas Wolstonecraft)

ホーストヘルンに仕えるアルケイナの一人、<魔術師>の本名。ドラゴンとも称される。

元ジアザー帝国白色騎士団師団長を結成時から務め、ヘレネス戦役からロングッド戦役にまで参加した。1,618年に上級大将のまま引退し、その後ホーストヘルンへ移住している。

トマス・コークス(Thomas Corks)

フェルナンド帝国最高裁判所長官。

トーマス・バインツェル(Thomas Weinzell)

ノブルランド〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の男爵。アイスラント・ノブルランド交換条約発効でジアザーに同行し、アブラートを新しい領地とした。現在は息子のブレークに位を譲っている。

トーマス・ファストフォード(Thomas Fastford)

ラムサダス帝国陸軍に所属する屈強な戦士。ファーランドに住む僧侶であるリノの兄。

トーマス・ムーア(Thomas Moor)

ファームズ帝国の経済学者。「エーゲリアン」を著す。

トーマス・モーガン(Thomas Morgan)

ラムサダス帝国財務尚書。かつてロングッド王国ラムサダス男爵領でも税務尚書をしていた。

トマソ・サガラット(Thomaso Sagarat)

元ジアザー帝国白色騎士団師団長。1,627年に引退し、最終階級は中将。

トマト投げ(Throwing Tomato)

ラムサダス帝国で盛んなスポーツのひとつ。

ドマルカン(Domalcan)

サムドーラ教の神。イモータルとしては実在せず、何らかの事情で助力が必要なときは大抵スキッドロウが担当する。

ドミニク・ヴィスカルロス(Dominic Viscarlos)

フェルナンドの歴史家。

ドミニコ(Dominico)

エルメラン教の聖人のひとり。

ドミニコ・アランフェス(Dominico Aranfes)

ファームズ帝国の画家でありアディン聖印教の僧侶。カロリーヌ王女を愛し、彼女だけで100枚近く作品をあげている。王女も彼を気に入り、肖像は彼にしか描かせなかった。1,531-1,591。

ドーム公国(Principality of Dorm)

かつてホーメルト北島、クラブエリアの街を中心に存在した国家。1,615年にフェルナンド王国に併合された。最後の君主はユーバー・グレイブセンド。

トムティナ(Tomtina)

ラムサダス帝国南部、ベイズ森の南にある街。

ドムドルラ(Domdorra)

フェルナンド帝国ホーメルト南島にあるハイ湾に面した街。かつてはキャンシー民国の首都。テレジナスアートのドルドムラと同じ名を付けようとしたが、伝える途中で誤解が生じ、似て非なる名前になってしまった。

ドームランダン(Domelandan)

かつてホーメルト北島にあったブラックモアの国を治めた魔術師。混沌戦争後の混乱のさなかに死亡。

ドラ(Dora)

かつての統一国家モルフルの首都とされる場所。カート河畔にあったとされるが正確な場所は不明。

トラース・ゼグダ・テレビジョン(Trrace Zegda Television)

アマリス帝国皇太弟。先帝ジアザーの五男。家族名は稔。

トラーティ派(Tulerty Aracian)

アラス流剣術諸派のひとつ。突きを多用することで知られ、ラムサダスがイルゾニアを出て身につけた剣術もこれに属する。

トラーム(Tlarm)

アルファ人民共和国の街。人口8,800。

トライア山脈(Traia range)

Overview参照。

トライアングル作戦(Operation Triangle)

新生フェルナンド王国の初期作戦の一つで、レイアスト解放作戦の名称。この名称はレイアスト男爵家の紋章である赤字に金のトライアングル(楽器)に由来する。また、この作戦の中核を担った選抜魔術師部隊は後に帝国魔法部隊である第一特殊作戦部隊の母体となった。またこのため、魔法部隊は通称トライフォースと呼ばれる。

ドライデラ山(Mountain Dreidera)

Overview参照。

トライフォース(Triforce)

正式名称第一特殊作戦部隊。フェルナンド帝国の魔法部隊。この通称は王国復活時のレイアスト攻略作戦名「トライアングル」に由来する。

トライレックの戦い(Battle of Trirek)

アルファ史。1,616年。

ドラカン(Drakan)

イーストフェリア帝国海軍第五部隊長(マインフェリア)。

トラキスト(Trakist)

フェルナンド帝国ロングッド州の街。アマリス帝国皇帝ジアザー・テレビジョン2世はここで産まれた。

ドラグリフ(Dragriph)

ドラゴンとグリフィンのキメラ。エルヴァートのオリジナルモンスター。

ドラゴ(Drago)

Who's Who参照。

ドラゴン(Dragon)

  1. エルヴァートにはさまざまな特殊ドラゴンが存在する。例としてエメラルドやカッパー、ブラス、アイアン、フロスト、スカイ、クロム、シルバー、ファイア、トパーズ、アメジスト、フォレスト、シー、サンダー、ダース、ミスト、ダスト、アースクウェイク、ピンク、イエロー、アースなどである。ほかにルーンドラゴン、レインボードラゴン、ヒドラゴンなどの個体も存在する。詳細はドラゴン種を参照。
  2. アズールドラゴン
  3. クロマティックドラゴン
  4. トーマス・ウールストンクラフト
  5. マティアス・ユリ・シュテルテベーカー

ドラゴンオーブ(Dragon orb)

ジアザーの制作したマジックアイテム。スモールブルードラゴンを自動的に制御し、またミディアム、ラージサイズでも同様の効果を受ける可能性がある。

ドラゴンクロー(Dragon's Claw)

挲坏瀝地方の茶(烏龍茶)のブランド。アマリス帝国のジアザー2世が好んでいる。

ドラゴンナイト(Dragon-knights)

ライトネアの特別兵団(通常軍団とは別の存在)。連合王国ではなく、ライトネア王国直属である。5人の将軍(五竜将軍)に仕える各500人の戦士たちで、合計2,500人と言われている。全員がドラゴンをかたどった鎧をまとっているが、その実体は広く知られていない。

近年、ラムサダス帝国の強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)に対してドラゴンのイメージを盗用したと批難するものもあるようだ。

実体は人間の兵団ではない。彼らはライトネアの特別な魔術師によって育てられ、肉体を強化されたリザードマン、ホブゴブリン、トロール、オーガ、ミノタウロスの戦士たちである。全員に人間同様の知性があり、性格は基本的にニュートラル。ライトネア語で会話する。ライトネア王から竜をあしらった専用の鎧を下賜される。それぞれの兵団で一番優れた者が五竜将軍となる。ただしリザードマンのみ、シディス沼の優秀な戦士を多く含んでおり、将軍は沼の大王レガス・フーシュ・オブ・ブラッドクロウの元側近である。

ドラゴンマウンテン(Dragon mountain)

南ホーメルト、インファス山脈にある高山。この山とその周辺には大きな洞窟が多く、そこここにドラゴンが棲んでいる。かつてアーサー皇帝がここを訪れたことがある。現在の表向きの長はスサンスという名の古龍だが、真の長はナイトフレームというさらなる古龍。

トラザー(Trather)

300年代後半〜400年代のフレンダーノ辺境王国の王。

ドラフ・オトラク(Doraph Otoraque)

スメル帝国史にその名を表す軍師。ファンドリア・シャイダーに仕えた。955年のフォートアイル攻略戦が有名。

トラナイヒ(Traneich)

クルート連邦、マスキス共和国の村。

トラナイヒの戦い(Battle of Traneich)

ミラード帝国、クルート連邦史。1,625年のミラードによるクルート侵攻の、最初の戦い。

トラマイト海峡(Tramight strait)

北ホーメルトブラバント地方とトラマイト島の間。

トラマイト島(Isle of Tramight)

北ホーメルトブラバント地方の南にある大きな島。

ドランカー(Drunker)

イーストフェリア帝国陸軍第四部隊長(ポールフェリア)。

トランキスター(Trankister)

アルファ人民共和国の街。人口3,400。

ドランクホエール(Drunk Whale)

アマリス帝国の酒。辛口。

トランジスタ・レイディオ(Transistor Radio)

アマリス帝国皇太后アナザーとその妹リプルの父。レイディオ家は過去300年弱に渡ってテレビジョン家の家令を務めた家柄。

トランス・ランダム(Transe Random)

バレラスに住む盗賊。カイスートの弟。

ドランダス諸島(Drundas Archipelago)

ショーイング諸島

ドーランド(Dorland)

ボース王国国王。丘巨人の魔法戦士。

ドラン・バフルカス(Doran Bafflecus)

バラカンスへ亡命しているリリュー帝国軍の第一部隊将軍。

トーリア(Torlia)

かつてスメル大陸にあった都市。スメル帝国の侵攻を受け、1,166年に廃墟と化した。

トリアイデ島(Triaide isle)

Overview参照。

トーリア・エルキュン(Torlia Elcune)

元26人衆ナミー・エルキュンの祖父で、母クィネス・ディアナとレア・ロングッド(ハミール)の父。

ドーリアス(Doriath)

  1. エストメスランド連邦の首都であり、ベドロイ州の州都。
  2. エストメスランド連邦の紅茶のブランド。首都の名を冠する。

トリアート・アメルフィーグ(Triart Amelfeeg)

ジェトール王国テンプルナイツ。アシュレルク森出身のアルフ。フェルナンド・ジアザー連合との戦いで戦死したが後に復活した。旧王国では男爵息で貴族の一員ではあったが、アルフであることもあって大貴族とはそりが合わなかった。このため、マデイラ・レアルドやハリステレスではなく商人につくことを決めた。現在はアリューク・エッセンドルトと共にヌーフ連合の守護役となっている。

トリアノクレトス(Trianocrethos)

ライトハイ王国の将軍。1,622年に任じられた。

トリアリス(Thoriaris)

エルヴァートの星空にある星座のひとつ。古代ライトネアで巨大な毒蛇を銀のランスを用いて倒したとされる英雄。星座としては、銀のランスが隣にあるが、ランスのほうが巨大な姿になっている。ランスは蛇座を貫くように描かれる。

ドリアン(Dorian)

アマリス帝国のコーヒーのブランド。創始者はヨハン・ラドルコーファー。

ドリィ・クオールナルド(Dorry Qualnald)

カプルカント〜ジアザー帝国でショーロムを治めた男爵。

トリオ(Trio)

ラムサダス帝国の宮廷騎士団として編成された。強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)がアルフの軍隊であるのに比べ、トリオはすべて人間で構成されていた。1,614年の東方戦争などで活躍。

トリオとは、構成している3隊長のことであり、第一隊長マクシミリアン、第二隊長クリムフォード、第三隊長シュパンの3人である。1,616年に肥大化したトリオを収拾・再編するため、アシュラブレイは陸海分別を行う。マクシミリアンを近衛の隊長とし、クリムフォードを陸軍の司令に、シュパンを海軍の司令に、である。内部の構成は彼らの力量に任せ、統制のとれた軍制が実現する。

トリオンフ(Triompf)

ミア・ラマルク第一自警団隊長。リンデンヴェイル人。

トリカス・ヘレネス(Torikas Herenes)

ヘレネス3世

トリカッセス(Tricasses)

フレンダーノ辺境王国で反乱軍を統率する将軍。以前は正規軍の副将だった。生まれたのは並行世界アスティニアであり、イモータル白のラ・リューンによって赤子のときにエルヴァートに連れて来られた。

ドリガル湖(Lake Drigul)

Overview参照。

トリス(Toris)

  • ニエブラ
  • ゼルディス・シュレーディンガーがアイアン・エクストレームに与えた名で、「清らかな酒」を意味する。

トリスタン・ラトリアル(Tristan Ratorial)

エルメラン教前教皇。1,610年に大司教から教皇となり、このときマーシャス・ケイダント司教が大司教を叙階した。そしてちょうど10年後に死去し、マーシャスが教皇となった。

トーリス・リヴェイン(Torris Revain)

アルファ史。AC8年に反乱を起こすが、帝国軍に圧倒され戦死する。彼の恋人であったオルラ・モーセネガンはその後ディンロミンナルア1世の后の一人となる。

ドリセット(Drisett)

アルファ人民共和国の村。反乱に失敗したライガース・ハインドがここで自決した。

トーリッシュ・エネルス(Torlish Enerus)

ミーソルの息子。クリューガーの叔父、ハーリックの父。

鳥の里(Bird's home)

Overview参照。

ドーリ・ハラド(Dorli Harad)

ホーメルト南島、ブーランド砂漠ハラド族長だった人物。ラフィア・エウグラゼの奸計で命を落とす。根っからの悪党だったため、その死に同情するものは少なかったという。

トリビッヒ(Tribich)

ニュートラル教の一柱。時間の領域のイモータル。<時の管理者>。カレンティシアス王国の建国に関わっているほか、ゾーリフの生まれた星トゥルーリを管轄している。

トリブーナ(Tribuna)

西コルコランド地方に原生する植物。50年に一度、二色の花弁を持つ花がごく僅かに咲くと言われ、この花を見つけられた者はあらゆる願いが叶えられるとされる。滅亡したアルジャストレル帝国の国旗に描かれる。

トリフレイデス(Trifreides)

ノブルランド〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の子爵。アイスラント・ノブルランド交換条約発効でジアザーに従い、エルドレス領へ渡ってキルカを新しい領地とした。

トリュール・ルシオン(Trule Lucion)

クリームタウン侯爵マイヨール・ルシオンの長男。

ドリュアドの森(Forest of Dryad)

Overview参照。

トリューチ・クリューセント(Treuch Crewsend)

アドリル市の自警団副団長。

トリレーユ(Trilail)

アマリス帝国白色騎士団、オリオール大将の旗艦。

トーリン2世(Thoring II)

フレッドジャー王国の支配者。

ドリン・アズガグ(Dorin Azgag)

ホーメルト南島、ブーランド砂漠のアズガグ族長息。エウグラゼとの戦いで族長である父が戦死し、その後処刑された。

トーリンク(Torrink)

ファームズ帝国にある廃墟。ファームズ帝国ディザン・エルニッヒ朝の首都だったが、ファームズ7世がライトネアのクヌルアレス1世により殺害された後、徹底的に破壊された。

ドール(Dorl)

Overview参照。

ドール海(Dorlian sea)

Overview参照。

トル・カサト(Tol Kasato)

笠土師徳執

ドールキン(Dorlkin)

ファームズ帝国、ファームズ王国の街。人口90,000。現支配者はドン・フリードマン。

トルク(Tolk)

ラムサダス帝国コルコランドの街。かつてはオウル氏族国、トルク連邦の首都。

ドルクタル1世(Dorktal I)

ドルクタル王国建国者。戦士。

ドルクタル2世(Dorktal II)

ドルクタル王国最後の国王。戦士。本名ゲアリー。

ドルクタル王国(Kingdom of Dorktal)

かつて南ホーメルトにあった国家。首都スランクレイン。最後の王はドルクタル2世。騎士団長だったベイル・エルストン・モーリンは、王子レークを擁して1,620年に反乱を起こし、鎮圧された。

トルク連邦(Tolk Confederation)

コルコランドのミード、ナーン、オウルの連合国家。第一次コルコランド戦争では枢軸国となり、各種生産の中心地として機能した。第二次コルコランド戦争で滅ぼされた。

トールコート(Torlcourt)

地球でいう卓球。クルート連邦で盛ん。

トルセイア海峡(Strait of Tolseia)

北ホーメルト西側、クレスト半島の西の海。この先にあるトルセイア島から付けられた。

トルセイア諸島(Isles of Tolseia)

北ホーメルト西側、トルセイア島の沖にある島嶼群。かつて「トルセイア」という名でこの2つの島(と島々)が発見され、近年これらが別物であると証明されたが、一度つけられた名前を変えることもできず、両方ともこの名で呼ばれることになった。

トルセイア島(Isle of Tolseia)

北ホーメルト西側、クレスト半島の先にある島。半島とこの島の間をトルセイア海峡とも呼ぶ。

トルセン・ガン(Tolsen Gun)

ガンスティール5世

ドル・ディラック流(Dol Dirac)

ド・トゥ教国方面に伝わる剣術の流派。円運動を基調として相手の剣をそらす。ラムサダスが一部を修めており、帝国で使い手はラムサダスだけである。ド・トゥでも修めている者は多くない。

トールド・グウィンバード(Toald Gwinberd)

フェルナンド帝国の元提督ナジャール・グウィンバードの次男。ナジャールがフェルナンドへ移住する前年の1,614年に混沌戦争で混沌軍に襲われて死亡した。

ドルドヌーラ・ラダシス(Doldonoora Radasis)

ラムサダス帝国建国の礎の一人。キングスパーティのツバリ奇襲時、民衆蜂起に参加し、弟サマルドーラとともに死亡。

ドルドムラ(Doldomura)

ホーメルト北島の街で、かつてのテレジナスアート神聖教国の首都。神殿を中心とした円形都市。人口150,000。現在はドルドムラ管区となっている。

ドルドムラ管区(Diocese of Doldomura)

Overview参照。

ドルドムラ大学(College of Doldomura)

<神聖学院>とも呼ばれる大学。民族、歴史、文化人類学、心理学、心学、宗教学。

ドルトン・デクレア・モリアス・カミザ(Dolton Declair Morias Kamiza)

フェルナンド王国カミザ侯爵の長男。無カミザではティルス6世の長男。

トルネード(Tornade)

アマリス帝国白色騎士団、マッキィヴァー中将の旗艦。

トルネードブリンガー(Tornade Bringer)

  1. 活力の領域のアーティファクト。
  2. アーサー・フェルナンド皇帝のメイスの銘。

トルーパー森(Forest of Trooper)

Overview参照。

ドールハルト・ローラン(Doolhard Rolan)

ローラン王国第二代国王。現在の国王ベルンハルトの父。

ドール半島(Dorl peninsula)

現在のドール島。スメル帝国の大陸軸破砕機により大陸と分断された。

ドールファド(Battle of Dorlfad)

ミラード帝国史。1,288年。武装蜂起したミラード・レオフリックが大敗した。

ドルーム国(State of Droom)

かつてセイレイ大陸西岸に存在した国家。スメル帝国来襲に際し戦わずして降伏した。

トルールイ(Trului)

フェルナンド帝国ヴァーン州都。人口100,000。シロル・ロゼッタ海に面する港町。

ドレスコート家(Dresscourt family)

コリントの貴族家のひとつ。現当主の兄が、ノズミー共和国の大統領キャミーである。

ドレッド・スコット(Dredd Scott)

ラムサダス帝国海軍。

ドレフスタン・ヘルデューク(Drefstan Helduke)

メルガス帝国ヘルデューク伯爵家の当主。

ドレム1世(Drem I)

スメル帝国ドレックス朝第三代皇帝。国家保安軍を創設。実験中の爆発事故で死亡。

ドレム2世(Drem II)

スメル帝国ドレックス朝第八代皇帝。ドレム・アッブール。

ドレム3世(Drem III)

スメル帝国ドレックス朝第十三代皇帝。ホーリックアルフによる皇帝暗殺が続いていたため、ホーリック谷の大破壊を行うが、完璧になり得ず自身も暗殺される。

ドレム・アッブール(Drem Abbur)

ドレム2世

トレレーサ(Tréráða)

長寿のグリトニルの頭に角が生える現象。

ドレンアーク(Drennarc)

Who's Who参照。

トローゴル・リング(Trogol ring)

家宝の腕輪

ドローワル(Drawal)

ヘレネス王国〜ジアザー帝国〜アマリス帝国の男爵。レイナーの街を治める。娘のニッコラはジョシー・ラフィマ男爵の妻。

ドロップ・マクシミリアン(Drop Maximilian)

Who's Who参照。

ドロシィ(Drothy)

フェルナンド公国騎士団の一員。混沌戦争を生き延びイェン・ヴェルディとともにホーメルトへ。現在は陸軍第二師団所属。

ドロス・ナインランド(Doros Nineland)

アルファ人民共和国陸軍第二師団長。

トロスの乱(Revolt of Levian)

共和国樹立後にトロスで起こった旧貴族の反乱。数日で鎮定される。

トロデール(Trodale)

スメル大陸北西部にあった街。スメル帝国に占領され、壊滅した。

ドロニク・ウルディン(Doronik Urdin)

アルファ史。ディンロミンナルア4世の外戚。王子イスミト・ラウディスを冤罪で自害させる。

ドワーヴンランド(Dwarvenland)

かつて南ホーメルトにあったドワーフ国家。1,617年のドバヌール侵攻で滅亡。ゼックス・バシルドンが現在でも氏族長。

ドワーフ(Dwarf)

エルヴァートやその周辺世界に住むドワーフは元々その世界生まれではなく、外界のひとつバラッツにあるローケンハイムという星の生まれである。エルヴァートにドワーフを引き連れて来たのはボリス・ロックメイカという大黒妖精(イモータル カダルドス)。

暁の旅人(Twilight traveler)

ペルニーナ・エネルス

ドンガ・ラガッシャン(Donga Raggashan)

デューク・ストック

ドンガル(Dongal)

ブランカイント王国で第二守備隊長だった人物。

ドングル(Dongle)

旧ジェトール国群に属するオークの王国あるいはその中心地。現在の支配者はボザス。合わせて5,000ほどのオークがいくつかの集団に分かれて暮らしている。

トーンダス半島(Tonedus peninsula)

Overview参照。

トーンレディン山脈(Toneredin mountains)

Overview参照。

ドンバラス(Domvaras)

ドンバラス教で信奉される戦士の女神。カンスラ密教の一柱<戦士神>ヴァドリスでもある。物質の領域のイモータル。カンスラ密教への導入は1,376年。

ドンバラス教(Domvaras religion)

戦士の女神ドンバラスを信仰する。ドンバラスはカンスラ密教の<戦士神>ヴァドリスでもある。元々はホーストヘルン方面で信仰されていたが、キルクラクト帝国から脱出したカイントらによってブランカイントにもたらされ、そのままキルクザルトでも信仰されている。

ドン・ファン(Don Fan)

ノウンワールドのキャラクター。

ドン・フリードマン(Don Freedman)

ファームズ帝国、ファームズ王国、ドールキンの街の支配者。

ナイトメア次元(Nightmare dimension)

5次元世界のこと。このマルティヴァースのすべての事象は5つの次元要素で作られており、一般に「ナイトメア」といえば、人間の同位体でありながら、その構成要素が3,4,5次元の存在であるものを指す(人間の構成要素は、1,2,3の各次元である)。ディアボラスや、サッキュバシイ(インキュバシイ)などが有名である。

ディアボラスに関してはWrath of the Immortalsの説明を参照のこと。

ナイクルソン・モンレ(Nicleson Monre)

アルファ史。243年に「革命執政官」となる。英才と言われたライビオ・ラウディスの一番弟子と自称していた。同年イスターニャスの戦いで帝国軍を破り、皇子ピラチトを戦死させる。しかしその年の最後にエミット・ラウディス率いるイスロンの戦いで戦死する。

ナイザー・コッフル・ジャフト(Nizer Coffle Jaft)

フェルナンド帝国技術陣のひとり。

ナイトウィスパー王国(Kingdom of Nightwhisper)

ナイトメア連合王国の一国。首都はないとハウラー。国王はペリオイ1世。

ナイトシティ(Nightcity)

地下世界、ナイトメア連合王国およびナイトメア王国の首都。国王サドヴァン4世が支配する。

ナイトストーム(Nightstorm)

ナイトメア連合王国、ナイトダーク王国の首都。国王キタカン1世が支配する。

ナイトダーク王国(Kingdom of Nightdark)

ナイトメア連合王国の一国。首都はナイトストーム。国王はキタカン1世。

ナイトハウラー(Nighthowler)

ナイトメア連合王国、ナイトウィスパー王国の首都。国王ペリオイ1世が支配する。

ナイトハルト・シェリンク(Neidhardt Scheling)

<シーカーズ>の戦士。<千人力>と呼ばれる。サンダーソードという魔法剣を持つ。1,579-1,610

ナイトハルト・シュトリンゼー(Neidhardt Stringdzee)

かつてのドバヌール王国陸軍師団長。中将。

ナイトフレーム(Night-flame)

ドラゴンマウンテンの真の主である古龍(ヒュージレッドドラゴン)。「赤の伝説」「ザウランドの厄災」と称された伝説的な古龍。ザウランド帝国が栄えたB.C.500年頃、ホーメルト南島を荒らしまわった。この頃の悪名もあり、表向きドラゴンマウンテンはスサンスという(彼に比べれば)若い古龍を長と見せている。現在でも力は非常に強いが、もう飛ぶことはできない。

かつてイヴァン10世と交わした契約によってパラリアーナとドレンアークを保護し、アーサー・フェルナンドがウォーターミラーとともに会見したことがある。アーサーも「ザウランドの厄災」については知識としては知っていた。ナイトフレームはアーサーの言うことが本当かウォーターミラーを交えて検討し、これが真実だと分かるとパラリアーナ、ドレンアークが今回は保護対象ではないと判断、アーサーに差し出した。それには、アーサーが二人を殺すことはないというウォーターミラーの見立ても関係している。

ナイトメア王国(Kingdom of Nightmare)

ナイトメア連合王国の筆頭国。首都ナイトシティ。国王はサドヴァン4世。

ナイトメア大陸(Continent of Nightmare)

地下世界の大陸のひとつ。ナイトメア連合王国の存在が著名であることからこう呼ばれる。Overview参照。

ナイトメアの最も深きダンジョン(The deepest dungeon of Nightmare)

ナイトメア連合王国にある、地下世界で一番深いといわれるダンジョン。首都ナイトシティから見ると、ほぼ北東ネメトケンナ山脈内にある。第二キングスパーティは1,629年にここに来てテレビジョンのダガーを手に入れた。

ナイトメア連合王国(United kingdoms of Nightmare)

地上にあるライトネア連合王国と同じ王族によって治められている国家。Overview参照。首都はナイトシティ。支配者はサドヴァン4世。ナイトメア王国、ナイトダーク王国、ナイトウィスパー王国で構成される。

ナイム・ハレスト(Nime Harrest)

アマリス帝国ヘレネス州知事。

内乱の二世紀(2 centuries of civil war)

旧スメル帝国に於いて、約2世紀の間内乱に明け暮れていた時代があった。ティアマト暦では904年から1,058年(学説によっては1,063年)にかけての期間である。はじめに皇帝であったメルセット・シャイダーに対して甥のファンドリアが反旗を翻す。それと呼応して人間のグレゴリー・シャイツとジェイ・クレスヴィーが蜂起する。戦いは数十年続き、最後には反乱軍が勝利を収めた。「フォートアイル」も参照。

この後、帝国の支配権を巡ってファンドリアとグレゴリーが対立する。グレゴリーはコラフトンを首都に、ファンドリアはツバリを首都にしてそれぞれ東西スメル帝国を宣言(東西朝時代とも)。その後シャイツは三世代に渡ってファンドリアと戦い続けた。ファンドリアはついにこの戦いにも勝利し、「黒き風の治世」はさらに6世紀続くことになる。

ナインパーク(Ninepark)

アマリス帝国シーラン州の街。人口38,000。アルドリット湖に面する。名前のとおり、七つの公園が町中にある。スノウ・エルヴェ男爵が治める。

ナインハルト・コルザック(Neinhard Corsac)

ナインハルト・ローラン

ナインハルト・コルザック・フォン・ローラン、ナインハルト・コルザック・ローランも同じ。

ナインハルト・ローラン(Neinhard Rolan)

ローラン王国の建国者。現在の国王ベルンハルトの祖父。元々はローラン属州の戦士長かつ神官長であり、一時期は教皇代理とも呼ばれる存在だったが、本国の教皇庁との教義の見解を巡るいさかいから独立を宣言、総督を本国へ逃げ帰らせた。本名はナインハルト・コルザックだが独立後に改名した。

ナウアイ熱(Nauai fever)

ゼルヴィスの病気。

那依弩釜主(Naedo Kamanushi)

嘉那須熱海に仕えた七人の忍者(七針)の一人。ラムサダス侵攻前に忍者の里へ帰還、1,618年死去。

ナー王国(Kingdom of Kna)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国の一国。首都はカル・ナー。国王はベジャ。この国の国民は、亜人種のナー。とくにベジャは巨体と高い知性を誇る。

ナーガ(Naga)

シルヴァーの5悪魔の1柱。<活火山の支配者><闇のサラマンダー>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。永世王国危機の際に第二キングスパーティとセイリアン・ダルスにより倒され、消滅している。アルファティウスおよび周辺では「カーソルティック」と呼ばれる。リザードマンもカーソルティックの名で信仰する。

娜雅郷の地(Nagasato lands)

Overview参照。1,605年まではここに耶甫内国があった。<愚者>による超規模爆撃によって壊滅し、生き残りは各地へ散った。今でもわずかに人が住んでいるが、グレートアイスにより極寒の地となっているためにホーストヘルンは放置している。

ナカタル・ヘレネス(Nakatal Herenes)

1,000年期のヘレネス王国国王。最後の国王だったヘレネス13世との血のつながりはない。

ナキア・ヨハナン(Nakia Yohanan)

ド・トゥ教国マヤの街に住むサンドフォークの少女。

ナグ・ケルシュ(Nag Kersh)

コリント王国アーグラス家の守護神。イモータルとしては実在しない。

ナクリアン・レストール(Nacrian Lestorl)

ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)。かつてロングッド王国アルヴンガードの一人であり、ラムサダスのスメル行に従った。

嘆きの壁(Wailing wall)

白亜の崖

ナーサ・リューイ(Nartha Lewy)

Who's Who参照。

ナザレ(Nazare)

ホーストヘルン帝国、北方バリアル王国群、ランゼルの国王。

ナジャール・グウィンバード(Najarl Gwinberd)

かつてのフェルナンド帝国海軍司令。1,628年に退役している。ブラバント地方メルヴィルに生まれたノブルランド〜ジアザー帝国の男爵だったが1,615年にフェルナンド王国に移住した。その翌日にゼロス・エルディオレと会い、すぐさま肝胆相照らす仲となった。ピアノ、ハープの教師でもある。

ナスカ(Naska)

ド・トゥ教国史。アルフミリエル・キルドールの弟。

ナスカ・エーヴリング(Nasska Avering)

ナスビル2世

ナスク公国(Principality of Nask)

コルコランド史。首都ノールド。最後の支配者はパーク・ナスク。元はデランナ帝国の公爵だったシュマ・ナスク(パークの父)が独立した。

ナスク半島(Nask peninsula)

Overview参照。

ナスビル2世(Nasbill II)

本名ナスカ・エーヴリング。エーヴリング首長国の首長。

ナズル(Nazul)

ファームズ帝国ミュンハイム王国の王女。

ナーダス(Nadas)

ホーストヘルン帝国、マザド7王国およびその主国シェル王国の国王。

ナーダス山脈(Nerdas mountains)

Overview参照。

ナダスル(Nadasul)

ネーザル2世

ナタナエル・ファームズ20世(Nathanael Farmes XX)

ファームズ20世

ナタナエル・ミュンハイム(Nathanael Munheim)

ファームズ20世

ナーダラム(Nerdaram)

キュート国治安維持局長。

ナタリア(Natalia)

ド・トゥ教国ケイダ左大公の妻。ケジェロ公爵の娘で、ノルドンおよびフラトンの母。

ナターリヤ・チマシェーンカ(Nataliya Timoshenko)

ローム人。エルメラン教の信徒でかつて教義で説かれる七つの美徳とピアノの7音、そして虹を関連付けた。エルメラン教圏ではこの学説が自然に受け入れられている。

ナダルカ(Nadalca)

ネーザル1世

ナッサ海(Nassa sea)

Overview参照。

ナッシュ・ハイフォール(Nosh Highfall)

コリント王国ハイフォール侯爵家の祖。ティカの祖先。フィラル・サティス王により貴族に列せられた。

ナッポア(Nappoa)

かつてミトランド湖沿岸にあった国。ミトランド三国同盟の一角。第二次コルコランド戦争で滅亡。

ナトコ(Natko)

リルリット・マシェジョールの妻。バードネルド島出身で、彼が島を脱出するとき船に密航していた。彼女の死はリルリットに深刻な影響を与え、26人衆引退の契機となった。

ナドリング・ディラック(Nadoring Dirac)

フェルナンド帝国陸軍第二師団第三連隊長。少将。祖先はド・トゥ教国に住んでいた。ドル・ディラック流は彼の祖先が創始した剣術であるが、継承はしていない。

ナートルシュ・ディリアン(Nartolsh Dylian)

ペリクレナ王国国王。ファルコーシュの息子。

ナバウカ・メ・カナス(Nabauca Me Kanath)

マウリア王国第一王子。サドウィの息子でポラット・サ・カナスの兄。

ナフカ(Nafka)

アマリス帝国白色騎士団、ドブロリューボフ少将の旗艦。

ナミー・エルキュン・アダミス(Nammy Elcune Adamis)

Who'sWho参照。亡国ロングッド最後の女王マリアの母であるレアの妹、クィネス・ディアナの娘であり、マリアにとっては従姉妹にあたるが、彼女の両親は彼女を産んだその年末、ヨーン大炎上事件で死んでおり、当人はこのことをまったく知らない。

ナミリ(Namiri)

モクレインの女王レイン・ラス8世およびセセリの妹。

ナメンダス(Namendus)

エルドレス神国ヴォーテルジー王国国王。最後の国王オーリエックと、エカトリノ王国ミールテンの妃ディガンの父。1,550-1,591。

ナヤ・アジーラ(Naya Ajeera)

海の王国の民が自分たちの島々を表すときに使う名前。国名と言うこともできるが、王国外では知られていない。

ナラ・グリーン(Nara Green)

馬具笊地方の茶(緑茶)のブランド。アマリス帝国のジアザー2世が好んでいる。

ナラダリン(Naradalin)

イーストフェリア帝国・ポールフェリア評議会長。

ナラリサル・マレイリー(Nalariel Malayree)

マレイリー前氏族長ルヴェラの妃。フォジア・マレイリーの育ての母。

ナーランダー・ウル・ネール(Nalanda ul Nehru)

クーリル諸島に漂着したタンジャハッド人のリーダー。支配者だったアルファティウス帝国に対し抵抗運動を組織し、1,386年に海の王国を建国、初代国王となる。

ナリアネイト・セルミオス(Narianeit Selmioth)

かつての永世王国26人衆のN。

ナリア湾(Narian gulf)

Overview参照。

ナリス(Naris)

ルナ教やムーン二神教で<銀のラ・リューン>として信仰される月の女神。<月明神>。思考の領域のイモータル。またの名をセルナといい、馬具座教最高神月読でもある。モータルの頃は世界大戦前のエルタニア帝国に住む僧侶。同じカンスラ密教の<太陽神>であるヴァリスの妹であり妻であった。ともにイモータルとなりエルタニアを中心に「太陽と月」と崇められた。カンスラ密教の一柱でもある。

世界大戦後に最初に崇められたのは兄のヴァリスであり、カンスラ密教には当初ナリスへの信仰はなかった。<大地神>ファリスがイモータルとなったのはナリスの後だが、ヴァリスの次に教義に加えられたのはファリスである。その後にナリス、シーリス、テュリスと続く。カンスラ密教の神は紀元前から紀元後のエルリスに至るまで、800年以上この5柱だけだった。

セルナはオージャス大陸を中心とした月の名であり、ナリスがイモータルとなると同時にその名も受け入れた。

ナリルキリス(Narilkyrith)

フェルナンド帝国の街。かつてはナリル神王国の首都。

ナリル神王国(God-kingdom of Naril)

かつてホーメルト南島にあった国家。首都はナリルキリス。1,617年のフェルナンド侵攻で降伏、滅亡している。最後の王はロコスポロタ2世。この国は王家を始めとして「アトランティスの子孫」を自称する者が少なからずおり、八星衆の一人となっているルイス・サッチャもその一人である。

名吏和良(Nariwara)

馬具笊地方で歌の神として信仰される神。モータルの頃の名はモータルの頃の名は多加裡。カンスラ密教<形状神>レイアリス、リベローク教の鷹狩りの神リベロークと同一。880年にイモータリティを獲得、カンスラ密教への導入は1,277年。

ナール(Narr)

無秩序の領域のイモータル。<アルフの天敵>と呼ばれ、偏執的にアルフの殺害を好む神。

奈流芳五十鈴(Naruka Isuzu)

久鞍に住む武術の達人、于龍のパートナー。

ナールザト1世(Narlzhad I)

ホーストヘルン帝国、メルガス帝国の皇帝。

ナルシッサ(Narcissa)

かつてのライトネア王国海軍提督。女性。1,614年に引退した。

ナルフィア・リフィウス(Narfia Lifius)

フェルナンド帝国高等情報局次長。大佐。

ナルミーサ・クローリアン・シロリア(Nalmiesa Clowrien Sirorea)

ウラリス

ナルナスド(Nalnassed)

クルート連邦マスキス共和国付近の地名。

ナレル・セルドフィン(Narrel Celdfin)

アルファ人民共和国海軍第二艦隊司令。

ナーロンの戦い(Battle of Nurlon)

スメル帝国史、内乱の二世紀。1,052年。タロス・シャイツ軍がファンドリア軍を下した戦い。

ナーン国(State of Narn)

かつてコルコランドに存在した国家。首都ノース。第二次コルコランド戦争で滅亡。

南極王国(Kingdom of Antarctic)

Overview参照。

南極半島(Antarctic peninsula)

Overview参照。

ナン・サロニン(Nan Salonin)

スニルナ千島帝国の侍従長の息子。皇子シオヌールに誤って殺されてしまう。これが、その後のシオヌールとナンの弟アンとの戦いの発端となる。

ナンシー・テイズ・オニール(Nancy Dayes O'Neill)

アマリス帝国対外軍事政策庁長官。

「汝が欲するものを得よ」(Get it you most wants)

ジョルツの教え。厳密に言えば「本当に欲するものを探せ」という意味であるが、神官の専横もあってよいように解釈されているのが現状。近世でこの意味を正確に理解し得たのは、おそらく今は亡きアシュラブレイくらいであろう。

ナンネル・ルエンカシフォン(Nannel Luencashvon)

ゲオルク・ルエンカシフォンの姉。ある貴族と死別して家に戻ったが、ラムサダス帝国の平等化政策で家が没落した後、遊郭に身を売った。そこで得た病が元で死んだ。

南氷洋(Southern ice sea)

Overview参照。

南北戦争

ホーメルト南北戦争

ニア・タラス(Nia Talath)

ニアラシェール・イ・カイルハラス

ニアラシェール・イ・カイルハラス(Niarasherre y Kilehalath)

ホーストヘルン帝国内にある刻のアルフの森の住人同様、エリモイゼル・ヘンからの移住者。1,000年前にカレンティシアス王国に現れて15色の騎士を創設し、その初代白虹の騎士となった。1,000年にわたってカレンティシアス王国を影から支えている。ただしその存在を知る者は世界でも極めて稀である。時代時代で強力なポリモーフを用いてある特定の人物を演じ、あるときは15色の騎士、あるときは魔法部隊、あるときは一般兵、あるときは政府の一員、あるときは街の賢者であったりする。完全に一般市民であることもある。男性になることもある。王国で彼女の存在を知る者は歴代国王のみであるが、その国王すら譲位する直前まで、ニアラシェール自身の手で記憶を封じられている。

熾天使の剣、沈黙の防御陣、日照花の冠等、全身をアーティファクトで覆われた無敵の存在。過去から現在に至るまでエルヴァートで最強の人物。なお、故郷であるエリモイゼル・ヘンで最強となる前にエルヴァートに移住したため、エリモイゼル・ヘンにおいては最強ではない。

現在ではニア・タラスを名乗っており、身長135cm程度の、10代前半の細身の少女の姿をしている。その容姿に似合わず、ニアは15色の騎士の当代リーダー(天位)、魔法部隊長、カレン(名誉称号)という重責を兼任している(これだけの地位をひとりの人物が占めることは非常に珍しい)。普段持てる力のすべてを使っているわけではないため、国王の任命とはいえなぜ彼女のような者が…と当惑を覚えたり、反感を抱く者もいる。ニア・タラスとして15色の騎士に参加したのは、リーン・シルリア王に対して反乱を画策した碧の騎士エディアール・エス・ライトフォールを捕えるためである。

なお、この事件によってニアラシェールが現実の存在かつ存命であることが周辺に知られるようになった。ホーストヘルンの<愚者>はこれを重く受け止め、セルミアス・ミルフおよびフェルナンドへの復讐を当面諦めることにした。

ニーヴン・ガン(Nieven Gun)

ガンスティール8世

ニエヴァルク(Nievalk)

<魔界の参謀>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。

ニエブラ(Niebula)

「霧の民」が信仰する霧の神。時間の領域のイモータル。カンスラ密教の一柱<霧神>トリスでもある。カンスラ密教への導入は1,422年。

ニオス(Nios)

レイン・ラス8世の兄。影のモク。

ニオル河(Nior River)

Overview参照。

ニカノル・オスナ(Nikanor Ozuna)

アナーティア王国正規軍第二部隊長。

ニクスウェント(Nixvento)

フレンダーノ辺境王国の王女。ローザネロの娘。ふだんはドレスに身を包んだ愛らしい少女だが、その実体は国内指折りの剣士。兄クレールとともに父を見限って反乱軍に通じている。

ニグレグライ(Nigre-gray)

黒の谷(ブラックヴァレー)

ニグレグライ流(Nigre-gray swords)

バラカンスの山賊が持つ剣術。「1攻め2攻め」と言って修行を行うように、攻めの強さは他の追随を許さない。反面防御が薄く、受けに回ると一方的に敗北することも多い。

ニケ・レーヴェボルク(Nike Löweborg)

エストメスランド連邦出身でコルコランドに住む少女。エルヴァート世界では屈指の美少女とされる。ザ・スコーピオンの正体。

ニコス・ジェトール(Nikos Jetool)

滅亡したジェトール王国の第二王子。レオニダスの弟でセネカの兄。シャルルカ戦で死亡。

ニコライ・イオシフ(Nikolai Iosiv)

シュワルナゼ2世

ニコライ・ドリロヴィチ・アナトルスキ(Nikolai Drirovich Anatorski)

亡国ロングッド王国で、陸軍第四師団第七大隊長だった人物。大将。

ニコラス・ジェファソン(Nicolas Jefferson)

Who's Who参照。

ニコラス・ネーグル(Nicolas Nagle)

元テレジーナ騎士団長。混沌戦争で戦死。

ニコ・リーゼロッテ・ヒュールベルク(Nico Lieselotte Huleberg)

Who's Who参照。

ニコル・アーテスト(Nicol Artest)

アマリス帝国ハイラーク州知事。

ニコルテスケス(Nikolteskes)

かつてのライトネア王国海軍提督。1,619年死去。

西庄

西庄

西セイアン王国(Kingdom of West Sayan)

かつて北ホーメルトに存在したセイアン王国連合の一国。最後の国王はエリスタ・ペルニス。

西ソロモン海(Western sea of Solomon)

ソロモン街道

虹の島々

虹の島々

虹の聖騎士団

虹の聖騎士団

ニストル森(Forest of Nistor)

Overview参照。

ニーチャ(Neecha)

ラムサダス帝国北部、ニーチャ湖に面した街。

ニーチャ市国(City state of Neecha)

かつてコルコランドに存在した都市国家。ニーチャ市およびその周辺。1,204年にスメル帝国の衛星国家として建国されたうちの一国(他方はミンス王国)。最初の市長はヤーヴ・ニーチャ、1,605年の滅亡時の市長はワン・ニーチャ。ワンはヤーヴの子孫であるが、国名にもかかわらず世襲とは定めず、途中でニーチャ以外の市長も数多く出ている。

日光(Nikkou)

馬具座教最高神の一柱。ヴァリスの別名。ナリスの別名である月読とは兄妹かつ夫婦であるとされる。これは馬具座教の原型となった世界大戦前の「太陽と月」に由来する。この太陽と月は現在のヴァリスとナリスのことであり、彼らはモータル時代に兄妹かつ夫婦だった。

ニッコラ(Nikkola)

アマリス帝国男爵ジョシー・ラフィマの妻。同じく男爵であるドローワルの娘。

日照花

日照花

ニッセン海峡(Nissen strait)

スメル大陸北東部、ヘイゼクス王国と沖合のゾルイン島の間。

ニード・ウェッセルン(Nead Wesselen)

アルファ人民共和国海軍第三艦隊司令。

ニーナ(Niena)

フェルナンド帝国ロングッド州都。人口60,000。かつてはロングッド王国ファナス男爵領の領都であり、当時はアルフ中心だったが、フェルナンドによる接収後、ヨーンが独立自治区になったこともあり人間が集まった。

ニーナスト(Nienast)

ロングッド、ニーナの古名。

ニーナストの戦い(Battle of Nienast)

ローム帝国がズワーフを滅ぼした戦い。

ニーニアン(Vivian)

クレン・シルザンド山地の山。3,561m。

ニニムル(Ninimur)

レアルド王国の首都。マデイラ・レアルド王が治める。

ニネヴィ・チューブ(Gninevey Tueb)

Who's Who参照。

ニブル教(Nibulian religion)

カロンを信仰する宗教。元々は冥王教の一派。

ニフルハイム(Nibulheim)

ドバヌール王国海軍ヴァーミリオン少将の旗艦。

冥府(Nibulheim)

深い混沌の並行世界。闇の神々の眷族が住む世界のことを一般的に呼ぶが、イメージとしてはやはり「霧の国」である。

ニブルヘルとも。

ニーベリー(Niberi)

シトカ王国国王ジュジンカ・ラーヴェイの妃。ヌザカ、クルガの母。有力貴族の一人ネクトカリスの娘。

ニベル・アスロン(Nibel Athlon)

影騎士

ニムロン(Nimron)

アルファ人民共和国の街。人口5,400。

ニャウダッチャ(Nyau-daccha)

モンゴリアン13世の娘。

ニャットラ(Nhattora)

ラムサダス帝国陸軍ブジュンブラの長男。

ニュア・レリー(Nue Lalliet)

スメル山脈にあるエルヴァート世界第三の高峰。8,033m。

ニュカス(Nykas)

ブラックモウ

ニュークリスト(Newcrist)

物質の領域のイモータル。ファーザーズ・ファイヴ開闢神としての名はイル。

ニュートラル教(Neutralize religion)

「万物に対し中庸なれ」を教義とする宗教。ヴァンディオームやソマリアといった、中立の神々を信仰する。

ニューマス(Neumas)

ミノタウロス座α星の固有名。視等級0.44等は全天6番目の明るさ。絶対等級は-6.96等。

ニュー・メイ・リン(New May Lin)

亡国ロングッド王国で、陸軍第四師団(および第八大隊)長だった人物。大将。

ニーリアン(Neerian)

南極王国海軍の提督。戦士。

ニルヴァ(Nirva)

  1. エルヴァート世界から見える2つの月のひとつで、闇の月。視直径は明かりの月セルナの半分程度。全体がイモータル級のコンティニュアルダークネスで覆われており、一切の光を反射しない。日中は空に穴が開いたように見え、夜間は基本的に肉眼では見えない。このため近世までは、昼間に現れる不思議な穴だと思われていた。朔望月45.062、自転周期40.049。
  2. <混沌の月>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。黒のラ・リューン。

ニルス・ジャクソン・ジュニア(Nils Jackson Jr.)

アマリス帝国子爵ジョージ・ジャクソンの父。マウナロア侯。1,604年の流行病で死去。

ニルダ・コエントロ(Nilda Coentro)

アナーティア王国国王リカルドの末娘。

ニルブランド(Nyrbrand)

ド・トゥ教国の首都。人口400,000。街としての支配者はメイヤー前右大公。1,500年代に建設し1,509年に遷都した。それまでの首都はサトカで、同時にサンブランドに改称している。

ニールラント(Nielland)

アマリス帝国白色騎士団、ニルスヴァニア中将の旗艦。

ニンキ・ナンカ(Ninki Nanka)

モクレインの守護獣の一頭。エメラルドドラゴン。

人魚の涙(Mermaid tear)

人魚の涙を象ったとされる、美しい水晶のマジックアイテム。ヨーンの魔法商カルドレア・アサハルデルンが作ったもの。護りの魔術が施されており、安価ではないものの人気アイテムとなっている。かつて王女マリアがこのアイテムを欲しがり、ブラックホースに買ってもらったことがある。それなりに値が張るため、一般庶民はこれの下位アイテムとも言える「精霊の守り」を購入することが多い。

人間山脈(Man-Mountains)

デューク・ストック

人間らしさを捨てる会(Meeting of discarding humanity)

ホーメルトでわずかに信仰されている。ペル・ルシフェルとバルグーン(クラーケン)を信仰。すべての人間は獣のように生きるべきだとする悪魔教。

ニンジャ(Ninja)

肉体の現界に挑戦するものたち。エルヴァートでは馬具笊とミア・ラマルクに存在する。かつてジアザー帝国でもその実用化が期待されたが、ロングッド興亡戦争の折り全滅した。かれらは独特の「忍者刀」をもち、「鎖帷子」を着る。また、「忍術」という魔法を使用する。

アマリス帝国では現在もニンジャの育成にかなり積極的であり、その成功例がクレイアー元帥であり、ジンツァー隠密頭である。これは耶甫内を個人的に研究したジアザーのもたらしたものであり、馬具笊とは関係がない。

忍者の里(Village of ninja)

ドール山脈山中ソヴェリューアルフの地にある村。馬具笊の地にいた忍者たちが隠れ住んでいる土地。外界とは二度と関わらないことにしている。

ヌーアルの反乱(Revolt of Nual)

1,568年、挲坏瀝帝国の反乱。現在のラムサダス帝国建国帝ラムサダスが、この反乱を鎮圧して賞を受けている。

ヌアレス(Nuares)

ライトマイ王国軍の将軍。1,615年、シーラン戦争終盤のミヤカランザの戦いで戦死。

ヌヴァイ・レクスチェル(Nevai Lexchelle)

アマリス帝国リーン州知事。リーンの街をエリーザ・リーン男爵とともに共同統治する。

幣区(Nusaku)

馬具笊王国で、唯一の貿易窓口とされた街。現在の大岱西側。

ヌーゲルマルド(Noogelmald)

無秩序の領域のイモータル。レーノイマドラとあわせ<狂気の兄弟>と呼ばれる。モータルの頃の名はクリムゾン・バスカーヴィル。

ヌザカ・ラーヴェイ(Nuzaca Ravey)

シトカ王国第一王子。ジュジンカとニーベリーの子、クルガの兄。

ヌーフ(Noof)

旧ジェトール国群の一国、ヌーフ連合の中心地。ルンガ・デバルを代表とした商人連合が支配する。ヌーフは東をティロンス森、北と西をヤズダー・ラウル山脈、南をゴイディオス荒地に囲まれた、天然の要害である。

ヌーフ連合(Noof union)

旧ジェトール国群の一国。大商人ルンガ・デバルらがヌーフの街を中心として成立した商人連合国家。テンプルナイツだったアリューク・エッセンドルトおよびトリアート・アメルフィーグが守護役となっている。

沼アルフ(Swamp alves)

ロングッド島の北ノルトランド湖の南岸から南ノルトランド湖の南岸にまで広がる湿原(スティル沼またはノルトランド沼)に棲息する特殊なアルフ。魔法を使うものは稀である。かつてはヴァレールアルフだった一族が沼にかかっている魔力により変貌したもの。シュローミンという単一氏族であり、氏族長はディライア。

単独で子孫を残すことができない。彼らは定期的に外へ出てヴァレールのアルフ(他の種が見つかればそちらを、稀にアルフ以外も)を誘拐し、一定時間監禁する。その間徐々に沼アルフへと変貌する。そしてある程度沼アルフ化した時点で生殖が行われる。その子もまた沼アルフとは言えないが、成長するに従って完全体になる。

ヌミノーゼ(Numinöse)

かつてファームズや北部ライトネアを騒がせた魔女。既に死亡しているが、その精神は娘のメディアに移植されている。

ヌルガリエフ(Nurgaliyev)

12湖の一人。赤銅色の肌、禿頭の魔術師兼武闘家。80歳を超えるが30前後の肉体を持つ。小動物や草花を愛でる人格者だが、動植物を傷つける者があれば秘めた力を解放する。全身の筋肉が膨張し、手足や胸は倍ほどになる。

ネアー海(Sea of Nare)

ライトネアと北ホーメルトの間にある海。Overview参照。

ネアグスト・ホープ(Naregust Hope)

アマリス帝国リングコースト州知事。フェルナンドから移住してプリツビークに暮らす内、信望を集めて市長となり、ジアザー2世の目に留った。

ネアヒルズ(Narehills)

Overview参照。

ネーヴェ(Neve)

無秩序の領域のイモータル。<愛の破壊者>として知られ、ミアンと対抗していたが1,614年の混沌戦争時に消滅している。

ネイサン(Nathan)

ズィドラス大陸の国家、シトカ王国の首都。表エルヴァートでは、ファームズ帝国での通称である「グリーン・ベイ」が用いられる。

ネイピア・ド・ロシェーリア(Napier de Rosherrier)

かつてのロシェール王国国王。ダークアルフの罠に掛かって水を絶たれ、枯死した。その後、女王だったエリエールが国を治めている。

ネイル(Neil)

クルース山脈の高山。4,883m。

ネヴィル・アランドー(Neville Arandow)

元テレジーナ騎士団元帥。混沌戦争で戦死。

ネヴュリアルス(Nevulears)

アストラルスター

ネウトロシウス(Neutrosius)

ローレンス教の神。思考の領域のイモータル。<審判者>。

ネカリス・ザ・ストロングブロー(Nekaris the strong blow)

コルコランドに存在したガリー首長国最後の首長。1,598年に選出。1,606年、第二次コルコランド戦争終結後に処刑。

ネクス・クレファトス(Necs Crefatos)

カミザ国(無カミザではなく、フェルナンド王国の前にあった国)の宮廷天文観望官。パンドロ・ネクスと呼ばれることもあった。パンドロは「黄金の目」を意味するソーカンリーの言葉であり、彼がソーカンリー方面の出身であったことを伺わせる。

セルナ・ニルヴァの正確な観測記録をもって870年、太陰暦であるホーメルト暦を制定する。現在のティアマト暦の閏(2年に一度)、除閏(300年に一度)は、ホーメルト暦からの引き継ぎである。魔術師として、観測家としてはまずまずであったが、暦法の発案者としてはそれほどでもなく、ホーメルト暦の元年には何の根拠もないことが1,614年に明確になった。ホーメルト暦はその役割を終え、シルヴァーら邪神軍襲来の年を紀元とするティアマト暦に変更された。ティアマト暦とホーメルト暦との差は1,611年という中途半端な値になった。ホーメルト暦偶数年だった閏はティアマト暦では奇数年になり、さらにホーメルト暦で300で割り切れる年の除閏は「111を足して300で割り切れる数」という分かりづらい値になった。

ただし彼の算出した朔望月は現在でも通用するほど現実の値に近く、国際天文会議もそのまま採用し、ティアマト暦もカレンダー自体はまったく同じものを使用している。

ネクロマンサーズ(Necromancers)

かつてヘレネス王国に仕えていた死霊使いの集団。デッド・アリヒュートがその長をつとめている。王国がジアザー帝国に滅ぼされたので帝国の傘下に入ったが、早々に見切りをつけたアリヒュートは、かれらを連れてフェルナンド帝国へ。現在でも彼等は帝国でかなり重要な地位にいる。

ネーザル1世(Nezal I)

クルランダ帝国皇帝。ヴィセンザ1世の長男。本名ナダルカ。1,595年に即位し、1,603年に弟に譲位した。

ネーザル2世(Nezal II)

クルランダ帝国皇帝。ヴィセンザ1世の次男でヴィセンザ2世の父。本名ナダスル。1,603年に即位し、1,611年に死去。

ネージュ(Neige)

青い鳥座α星の固有名。視等級0.70〜0.76等(脈動型変光星)で全天で8番目に明るい。絶対等級-5.63等で青白く輝く。青色超巨星。

ネス(Neth)

ネスハリアス・クランツマーゼル

ネスアハン王国(Kingdom of Nesua Han)

フェルナンド王国の北西部、リョーケンの街を首都として存在した王国。約200年の歴史があった。文化的にはスペイン的か。1,613年、王子ラギット・デル・マリヴにロングッドの王女ケーナが嫁入りした。可憐な姫君の国民への人気は上々、王家は安泰かと思われた。このとき国王カラバル・プレステア・ネスア3世は、「おお、なんという愛らしい天使か! これで我が国も安泰じゃ!」と叫んだという。だが、ケーナの究極的な贅沢・我侭が暴露されたときから国民の反応は一変した。しかし王子はそんな彼女を溺愛し、その結果大規模な民衆反乱を引き起こすことになる。

ただし、王国の地理的な観点からいけば、反乱が起ころうと起こるまいとアーサー・フェルナンドの侵攻の第一の的となるのは免れぬところであった。

ネスアハン革命(Rebellion of Nesua Han)

1,615年に起こったネスアハン王国国民の、王家に対する反乱。見事王族を断頭台によって処刑するが、その最中侵攻してきたフェルナンド軍によって民衆は大量に殺害され、鎮静化された。

ネスアハン侵攻(Troop-sending to Nesua Han)

フェルナンド王国軍の第一征服出兵。革命勝利の余韻によって混乱していた国民はなすすべなく逃げ惑い、あっさりと占領された。この侵攻で総指揮をとったのが当時まだ23才のラインハール・フォン・ハインスリッター中将(現元帥)である。

ネス・アリアノル(Nes Arianor)

アリアノル霊界教の一柱。思考の領域のイモータル。ウイレヌやアリアノル王国で信奉される。<草原の冷気>。モータルの頃の名はネストル。

ネスヴィス(Nesvis)

エルヴァートに太古から生息する巨大な海竜。時間の領域のイモータルのひとりであり星座にもなっている。

ネストリ・アルホニエミ(Nestori Alhoniemi)

ミスカスの騎士。故人。メルヤの子でウリヤスの兄。元26人衆テア・サンタラの母違いの兄で、かつての恋人。

ネストル(Nestol)

ウイレヌ汗国の前身ドゥサイ可汗国で大ハーンとなった女ハーン(厳密にはドゥサイではハガンと発音する)。この二国を通じて女性の大ハーンは唯一彼女だけである。イモータリティを獲得してネス・アリアノルを名乗っている。

ネストール(Nesthorl)

ライトクル王国の将軍。1,623年に任じられた。

ネスハリアス・クランツマーゼル(Nethharius Kranzmaazel)

かつての永世王国26人衆のN。ネスと呼ばれた。ホーストヘルンに渡り<>となった。

ネダド(Nedhad)

ホーストヘルン帝国、ダン首長国の首都。

ネバク公国(Principality of Nebak)

ハルマヘラ公国群の一国。

ネヒル(Nehir)

モクレインの人間の街。人口8,900。シリカ・ナンキロスが治める。

ネム(Nem)

<眠れる美女>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。馬具笊では「合歓」とも。別名はオネイロス。邪悪な存在ではなく、彼女はすべての生物の眠りを司り、夜の安らかな眠りと休息を提供する。悩めるイモータルに深い眠りを提供することもある。彼女のスリープは強力で、モータルは問答無用で眠りに落ちる。イモータルでさえ、抵抗の意思がなければ同様である。眠っている間、傷病が通常の5倍の速さで回復する。ウィッシュの魔法を除いて目覚めさせる手段はなく、完全に回復するまで眠り続ける(ダメージに関係なく最低で2〜12日眠る)。

ただし、本人がほとんどの時間を寝て過ごしているため、祈りが聞き届けられることは少ない。その眠りを妨げる者は全力で叩き潰し、大抵はしかる後再び眠りに就く。気まぐれで気難しい性格のため、もめ事や気に入らない存在、敵対的な存在も眠らせて解決することが多い。モータルの頃は馬具笊地方の魔術師で音夢という名だった。

音夢(Nemu)

イモータル・ネムのモータルの頃の名前。

合歓(Nemu)

ネム

ネムツォフ(Nemtsov)

1,000年頃のクラヴィカ王国国王。

眠れる美女(Sleeping beauty)

ネム

ネメア(Nemea)

かつてのライトマイ王国将軍。1,615年のシーラン戦争(ミヤカランザの戦い)で戦死したヌアレスの師団の副将で、戦闘中にそのまま将軍を引き継いだ。1,622年引退。

ネメトケンナ山脈(Nemetocenna mountain range)

地下世界の山脈。ナイトメア連合王国の首都ナイトシティの北西から南東へ延びる。

ネラ(Nera)

ナイトメア連合王国海軍第四艦隊司令(ナイトウィスパー)。僧侶。

ネラス(Nerace)

グレイリー森林の中心地。人口8,000。

ネリエール・ヘレネス(Nerier Herenes)

ヘレネス11世

ネリド(Nerid)

モク・ネリド8世

ネリール(Nerriele)

空中楼閣ランリュートに住むアルフの一氏族。はるか昔に人間との関わりを捨て、独自の生活をしている。その姿はアルフよりもさらに木々に同化するようになっており、「精霊」とも呼ばれる。また昔語りで精霊とされることもある。

ネルヴァピウス(Nervapius)

700年代中盤のフレンダーノ辺境王国の王。

ネルヴィ公国(Principality of Nelvi)

ハルマヘラ公国群の一国。首都はゴンダーニ。

ネルウィー・ロングフェロー(Nervii Longfellow)

元26人衆のゼルディス・シュレーディンガーとアイアン・トリスの冒険者仲間。二人を庇ってダストドラゴンの鉤爪に倒れる。

ネルク(Nelk)

ブランカイント王国で第四守備隊長だった人物。

ネルゲス(Nelges)

イーストフェリア帝国海軍第二部隊長。

ネルザン(Nelsan)

現在のアマリス帝国東エルド州。アトリアンとゴーニッヒの間にあった街。かつてのネルザン王国の首都だったが、1,613年のアイスラント侵攻時に廃墟と化した。

ネルザン王国(Kingdom of Nelsan)

かつてのエルドレス神国、東の王国。首都ネルザン、最後の支配者はマルクヴァルト。

ネルポーザ(Nelposa)

ド・トゥ教国史。アルフミリエル・キルドールの夫(王)。オリーボレン右大公の子。

ネルマン・ホーランス(Nelmann Horlance)

コリント王国貴族、男爵。ヒアナ・ホーランスの父。

ネルヤ・ネレヘス(Nelya Herenes)

ヘレネス王国最後の国王シュマインの第二王子。1,612年のジアザー帝国侵攻時に死亡したとされている。

ノア(Noah)

ペリウス座α星の固有名。視等級-0.31等で全天で3番目に明るい。絶対等級は-7.02等。

ノーアトゥーン(Nortone)

ド・トゥ教国の街。人口190,000。ケイダ左大公が治める。

ノイエ・リュート(Neue Reud)

キュート国の首都。人口360,000。

ノイズマ諸島(Noisma isles)

デュール内海にある島嶼群。スレイマ魔王国の沖合200〜300マイルほど。太古の昔、の戦いでラメル・クロイエンとスレイアーン・ブラーンシュが放った大呪が、当時東西地続きだったこの地を裂いた、その残滓である。

ノイル(Noile)

ミラード帝国ノイル男爵領の街。人口960,000。首都ミラードにほど近い。支配者はイスト・ノイル2世。

ノーヴァ(Nova)

ド・トゥ教国マンスリーナイトNo.11。

ノーヴィア(Norvia)

コリント帝国の辺境宙域。マルス星(エルヴァート)もこの中にある。聖銀河騎士団のアスフォールはここで遭難しかけながらも、マルス星を発見している。

ノーヴィ・タックス(Norvi Tax)

852年、ロングッドで民主国家を建国した人物。民主制だったが軍事優先になり、ホーメルト南島を制圧してさらにセイレイ大陸にも派兵、そこでシリア王国に敗れたことで瓦解が始まり、1,034年にメルムート・ヴァルサーにより終わりを告げる。メルムート・ヴァルサーが後のメルメトン1世である。

ノーヴィッド王国(Kingdom of Norvit)

かつて南ホーメルトに存在した国家。首都メローナ、最後の国王はルドリア。ルーザンベルク1世が反乱を起こして乗っ取り、ルーザンベルク大王国とした。メローナは現在のルーザンベルク。

ノーヴィット山脈(Norvit mountain range)

Overview参照。

農民の日(Day of the farmer)

ホーメルトの祝日で、エラトリー(夏の月の2月、通6月)の18日にあたる。王族、商業者、軍人などを問わず、日頃食料を与えてくれる農民と神々に感謝をする一日である。

諸国乱立の時代には、国によりこの日に限って農民への犯罪に対する刑罰が倍加することもあった。現在のフェルナンド帝国ではこのような特例はない。

ノーエスク王国(Kingdom of Nauesk)

かつてスメル大陸に存在した国。首都ノーエスク。スメル帝国に滅ぼされる。

ノエル(Noel)

フェルナンド公国パニアゼミナール美術担当。

ノエル・ノミナル(Noel Nominal)

エルスルム王国ノミナル氏族長。公式の場にほとんど姿を見せない秘密主義者。

ノクターンの秘薬(Potion of Nocturne)

時間の領域のアーティファクト。

北の果て(Northern reach)

Overview参照。

ノース(North)

ラムサダス帝国中央部、パルマ海北東岸の街。

ノースの戦い(Battle of North)

スメル帝国内乱の二世紀。タロス・シャイツの最後の勝利となった戦い。翌年からの西方諸都市の反乱軍にツバリを急襲され、軍師アレックス・デヴィッドソンが戦死。ファンドリア・シャイダーがツバリを奇襲してタロス・シャイツを殺害、内乱の二世紀は終わりを告げる。

ノース・ファドリード(Norse Fadlied)

アルファ人民共和国陸軍第三師団長。

ノズミー共和国(Republic of Nozmy)

もっとも民主的といわれる国家。OVER-VIEW参照。

ノーソリア(Northoria)

上つ世、ヴァンガード・クロイエンに率いられたアルフの一人であるフォルスター・ヤルミールが、ファンドランド島の森に辿りついて居を構えた。セレドリムや「上代の世」と分離する形でノーソリアという名前の王国を建てた。都はファンドランド湖のほとりに建設され、ノーシアと呼ばれた。しかし、ティアマト暦1,340年頃、突如としてこの王国は消滅する。かれらがどこに行ってしまったのか、現在知るものはいない。

かれらはこのとき、偶然にもラナラントの一部に通じるゲイトを発見したのである。その場所の森は、古の戦火を免れて生きていた。かの時ほどの力こそ無かったが、それでもかれらはそちらを選んだ。現在のファンドランドアルフは、エルヴァートの方を選んだ数少ないものたちである。

ノック・バンドシャッター(Nock Bandshutter)

かつての永世王国26人衆のN。ドワーフ。

ノーディック・ジェライン(Nordic Jerain)

かつてのイルゾニアアルフ。

ノード・ミッション(Node Mission)

アマリス帝国クレストス州知事。優れた才覚を持つ大商人であり、帝国の流通の半分をその手に握っているとも言われる。アマリスとフェルナンドの交易の大半は、彼の手による。

ノードルニ(Nordolni)

ド・トゥ教国アルフミリエル・マーデミルの夫(王)。メイヤー前右大公の子で、ジェミル右大公の兄。本来であれば王はエストールの弟ハランド左大公の子であるサージュであったが、サージュはメイヤーの謀略によって退けられた。善人だが極めて意思が弱く、父と弟の言いなりになっている。

ノードン(Nodon)

ド・トゥ教国海軍第三艦隊司令。ケイダ左大公の息子。

ノードン・マードック(Nordon Murdock)

かつての永世王国26人衆のN。盗賊。

ノービス・クルーストリ(Nobis Croostolli)

かつてのジェトール王国テンプルナイツフォーマル・クルーストリの兄。混沌戦争で死亡。

ノブル(Noble)

古くはノブルランドの首都。ジアザー帝国の首都を経て、フェルナンドに。現在もバレラスに次ぐ第二の繁栄を誇る。Overview参照。

ノブル襲撃事件(Case of Noble)

聖魔術団によるノブル襲撃のこと。皇帝ジアザーおよび義妹リプルが迎え撃った。1,613年。

ノブル条約(Noble treaty)

アイスラント・ノブルランド交換条約

ノブル大学(University of Noble)

旧称はジアザー・スクール。<水上の学院>とも。ジアザー帝国初代皇帝ジアザーが、国民の教育レベル向上の一環として建築させた。気象学、海洋学、論理学、教育学、そして魔法力学がおもな内容である。バレラス大学に次ぐレベルで、毎年倍率は30倍を越えるといわれる。隣には「白魔法の館」という魔法学校が併設されており、魔法力学の講師はここの者たちである。

ノブルランド(Nobleland)

ジアザー帝国(ジアザーランド)が併合した貴族支配の国。この併合に関して貴族はキリアン盟約を結んでジアザーに対したが、やはり白色騎士団白色魔術団を擁するジアザーの敵ではなかった。またその後、支配者だったミュルアン・エルヴィンが反乱を画して息子のカイア・エルヴィン(ハマルレアシル・カイドスネスマス)をたきつけたりもした。

ノブルロード(Nobleroad)

ノブルランド時代に築かれた大型道路。ノブルランド・カプルカント2国を直通していた。見た目は万里長城を思わせる。完全なる安全が保証されていて、通行料として一街につき1gpがかかった。

この地がフェルナンド帝国領となってからは、この道路は北島各地に延伸された。この結果ノブルとバレラスは多くの道路が交差するようになった。現在これは「フェルナンド・ロード」といわれる。

ノーマ・ハイランダー(Norma Highlander)

ノーマ・フェルディナンド

ノーマ・フェルディナンド(Norma Feldinand)

グレーデン女子学院学長マルクスの妻。旧姓ハイランダー。

ノミナル(Nominal)

  1. エルスルム王国のノミナル氏族の街。人口23,000。
  2. エルスルム王国のアルフ氏族。現氏族長はノエル・ノミナル。

ノモス(Nomos)

ライトマイ王国の将軍。1,622年に任じられた。

ノーラン・クリストファー(Nolan Christopher)

ライオス・クリストファーの父。ファームズ22世の皇女カロリーヌ・フィシスを妻とし、公爵となった。

ノーラント海戦(Naval battle of Norlant)

1,616年、ラムサダス帝国艦隊がシルサンナ王国艦隊を破った戦い。ラムサダス帝国の領土拡大において、唯一ラムサダスが直接指揮した戦い。

ノーリ(Norri)

裏エルヴァート、アズ・ズフリ砂漠の神。<流砂神>。カンスラ密教の一柱ノーリスとしても信仰される物質の領域のイモータル。カンスラ密教への導入は902年。

ノーリ・エイミエール(Nauri Aimierr)

26人衆。エルスルムアルフということになっているがただし身長は彼らより少し低く、また肌は緑色に近い。エルスルムのアルフたちは武器に興味を示す者の多い。しかしその中で彼は(ある意味他の同族のように)魔術師として名を馳せており、剣の腕はからきしである。ただし26人衆にはリーダーであるエール・ブラーンシュやフレイミア・サリスファネルと言った剣と魔法のいずれも得意とする者達がいるため、彼の存在はやや薄れがちである。

彼はエルスルムアルフではなく、その北東にあるゴグレン森の出身である。ゴグレンのアルフはふだん外界とはまったく関わりを持とうとせず(実際、周囲に人間の集落はひとつもない)、古代の生活を続けているが、彼は興味が高じて森を出て、南のシルヴァニア森に至った。

ノーリス(Norris)

ノーリ

ノリスタ王国(Kingdom of Norista)

かつてスメル大陸に存在した国家。1,130年にスメル帝国に吸収される。

ノーリ・バファスフィクス(Nori Ballasfix)

エルスルム王国クレンドワーフ、バラスフィクス氏族長。

ノルアート山脈(Norl-art mountains)

Overview参照。

ノルアート州(Region of Norl-art)

アマリス帝国の州。州都はノル・マシュ。州知事はキエ・アマスタ・テレジア。ラフィマ男爵領、ドローワル男爵領を含む。

ノルヴァ(Nolva)

<魔界の貴公子>と呼ばれる無秩序の領域のイモータル。ファーザーズ・ファイヴ開闢神としての名はボーラ。

ノールカップ(Nourtcap)

北極大陸の高峰。7,949m。

ノール・タムタム(Norl Tam-tam)

羽田法為

ノルディス・フィン(Nordis Fynn)

イルゾニアアルフ。サイアノルの息子。

ノルド・カミアン(Nord Kamianm)

ダブリン立法共和国の商人頭。ケント・マルクスの前任。-1,614。

ノールトード(Norlthorde)

ファームズ帝国、ミュンハイム王国、ローリッヒ男爵領の街。人口60,000。支配者はコリン・ローリッヒ。

ノルドライク(Noldlike)

ロングッド山脈にある高峰。

ノルドン(Nordon)

ド・トゥ教国ケイダ左大公の息子。海軍艦隊司令で知勇兼備との誉れ高い。

ノルベルト・ローゼンタール(Norbelt Rosenthal)

ケルマド教国教皇シュリンデールの育ての親。

ノル・マシュ(Norl-mash)

アマリス帝国ノルアート州の州都。人口40,000。シヴィルスク森に入る公式の道が通っている。

ノル・マシュ条約(Treat of Norl-mash)

イルビジア峠の会戦の後に締結された講和条約。シーラン地方(ナインパーク、マイアード)の割譲が決まった。

ノルマン・アルテンベルク(Norman Altenberg)

永世王国26人衆アルデラ・モルディンの夫。26人衆入りを巡って諍いを起こし、離婚した。

ノール・ラッフルズ(Nole Raffles)

ラムサダス帝国外務尚書アーク・ラッフルズの次男。1,611年の民衆蜂起に巻き込まれて死亡。

のろし部隊(Beacon Commanders)

アマリス帝国での情報伝達部隊。もちろんもっと近代的なものも用意されてはいるが、すべての地域にこれを行き渡らせることは実質的に不可能なのでのろし部隊の活躍の場は意外に多い。

ノワール(Noir)

アマリス帝国でシヴィルスク周辺で醸造されている酒。口の中に痛みを覚えるほどの強烈な刺激性があり、よほどの酒好きでも敬遠するが、慣れてしまうと他の酒では満足できなくなる、とも。依存性が強いとして、帝国では司法所を中心として麻薬と同じ扱いにすることを検討している。

ノントール(Nontorl)

物質の領域のイモータル。ハーフリングの神でもある。

ハイアス・アイゴシア(Haias Aigocea)

ディンロミンナルア1世の后。アイゴス王国の姫。ライビオを生む。

ハイ・アメリーム(Hi Ameream)

エルヴァートのもととなったのひとつ。

ハイ・アリメーム(Hi Arimaim)

エルヴァートのもととなったのひとつ。

灰色の神(Gray god)

マグロニエル

灰色の神々(Gray gods)

ニュートラルの性格をした時間の領域の神々の一部。法(白)と混沌(黒)に対応して灰色と呼ばれる。

ハイエール河(High-ale river)

ホーメルト南島にある大河。

ハイエロファント(Hierophant)

  1. 教皇あるいは秘技の継承者の意味。アマリス帝国白色騎士団、ロードベルトス大将の旗艦。ハイエロファントは一般で言われるようにエルメラン教皇のことではなく、彼の出身国であるソーカンリーのレグス・ザ・ヴァイオレットのことである。
  2. ホーストヘルン・ワールドオブタローのアルケイナの一人。

ハイ・カロウス(High Carous)

ロングッド山脈の山。2,651m。初の登頂者の名を取ってマルサスとも。

ハイク・ヘンシル(Hyke Hencil)

フェルナンド帝国ヘイワー州知事。かつてはシュミンドラスト霊国の王室付き養育係を任じられていた人物。1,617年のシュミンドラスト滅亡を生き延び、アリカシェイで暮らしていた。

最後の王エル・ミンヤ、そしてエル・ミンヤの7人の子たちにも教育を施した人格者。ただし最後の子であるエル・リリエは幼かったこともありほとんど教えていない。彼は子供たちがすべて死んだと考えているし、エル・リリエ…現在八星衆の一人であるエーニア・リッツバーナ・リーバインは名前も記憶していないため、実際に顔を合わすでもしない限り彼がかつての養育係だと気づくことはない。

バイケルン(Bikern)

名前の意味はトビ。アマリス帝国のウイングファイターのひとつ。

ハイス・ケストナー(Heis Kastner)

ケストナー流剣術の創始者で、バックフォール辺境伯ロード・ケストナーの弟。

バイスト(Baist)

ブランカイント王国で王の執事だった人物。国王ブランカイント2世にフェルナンド皇帝アーサーの暗殺を託され、計画段階で挫折した。彼はこの計画が表沙汰になることを恐れ、軍司令官アルフルトと計って王国を転覆させた。この革命によって主君ブランカイント2世が自決すると、その後を追った。

ハイゼル13世(Haiser VIII)

亡国リリュー帝国の最後の皇帝。ラムサダス帝国による侵攻で、首都ソードカイトの戦いに敗れた後、混乱に乗じて脱出し、現在はバラカンスで捲土重来を図っている。

ハイツール1世(Hitoul I)

メルガス帝国皇帝。ナールザト1世の曾祖父。

ハイツール2世(Hitoul II)

メルガス帝国皇帝。ナールザト1世の父。

パイデラスフィア(Piderra-Sphere)

ライトマイ王国の将軍。1,625年に任じられた。

ハイデルラーディアン・ダルトンソース(Hiderlardian Daltonsource)

かつての永世王国26人衆のH。戦士。ウラシティアの兄。ジョン・クレイアーの妹ミレナを妻とする。

ハイデン・エルキュン(Heiden Elcune)

ナミー・エルキュンの息子。

拝堂寺雷太(Haidouji Raita)

馬具笊ギルド帝国の商人頭白野鮫季助の部下で、その息子黒人に従って天皇家の子供たちを追いかけた。黒人は彼らを見つけたが、逃がすことにした。雷太も彼らを殺すことを良しとすることはできず、黒人に従った。黒人が本当の天皇の子春弥と入れ替わったことを知っているただ一人の人物。

ハイト湾(Hyte gulf)

Overview参照。

ハイネルカ山脈(Hinelca range)

Overview参照。

ハイパー(Hyper)

ジアザー・テレビジョンの超呪文のひとつ。ハイパーオブジター、ハイパーオブプーペラ、ハイパーオブヘリポという3つのかけ方が可能である。

ハイパーフライ(Hyper-fly)

最高度航空魔法。アーサー皇帝の所持するものはウルトラスーパーフライと名付けられている。最高速度はほとんど光速である。

ハイミール河(High-meal river)

ホーメルト南島にある大河。

ハイムゼル(Heimsel)

ファームズ帝国、ミュンハイム王国の国王。父のイングヴァルはステイン・ファームズおよびリューファイオン・ファームズ指揮の下、マンダナグル社で実績を上げた副総督であり、リアン・ファームズ(ミュンハイム)24世の死去に伴ってステインが帝位に就いたとき、イングヴァルを新しい王に据えた。混沌戦争で死去した父の後を継いで王となった。

ハイムダル(Heimdal)

人間のこと。リュースアールヴに対してこう呼ばれた。

ハイ・メアリーム(Hi Maeream)

エルヴァートのもととなったのひとつ。

ハイメタル(High Metal)

ラムサダス帝国でのみ製造加工が可能なエルヴァート最高硬度の金属。帝国ではフレームランチャーと戦闘機に使用されている。

フェルナンドではハイメタルの加工が不可能なため、独自に開発したフィル合金を使用している。

ハイラーク州(Region of Hilarche)

アマリス帝国の州。州都はマイン。州知事はニコル・アーテスト。トリフレイデス子爵領、ドーペル男爵領を含む。

パイラックス(Pylux)

12湖の一人。

ハイランド・サザーン(Hiland Susserrn)

かつての永世王国26人衆のH。戦士。アイルの双子の弟。

ハイランドの大虐殺(Genocide of Highland)

スメル帝国史。310年。ポリネルキの会戦のあと投降者や捕虜を一斉に殺害したもの。当時も今も人道的見地からカーブ3世最悪の所行とされる。なお、カーブ3世は男をこうして殺害しておいて、残った女の中から美女・美少女を選んで後宮を設営している。

ハイリアン(Heilian)

<天界の美王>と呼ばれるルミスデン教の神。思考の領域のイモータル。モータルの頃の名はラインフェルト・クレオ・エクレストン。

パイリス(Piles)

ホゴル王国の第二王妃。

ハイリール王国(Kingdom of Highreal)

かつてハイリール諸島南側の10数島にあった国家。首都ウラカスト。1,613年にアイスラント侵攻で滅亡。

ハイリール諸島(Highreal keys)

Overview参照。

ハイルブロン(Hailbron)

キルクザルト民族共和国の街。旧ブランカイント王国首都ブランカイント。モデルシティとして様々な実験が行われ、ハイルブロン特別政治都市と呼ばれる。

バイロン(Biron)

ド・トゥ教国アルフミリエル・エストールの夫(前王)。マーデミルとケイダ左大公の父。スタント前々右大公の子で、メイヤー右大公の兄。魅力溢れる屈強な戦士。メイヤーの策謀の駒とされてエストールを籠絡し、その判断力を失わせた。現在はエストールとともに隠居している。

ハインツ・ゲシュラム(Heintz Geßram)

ローラン独立戦争当時のローラン属州総督。ナインハルトがローランの街を陥落させる前後に本国へ逃亡した。

パインフォール(Pinefall)

ノズミー共和国の首都。人口420,000。市長はレッド・サリファン。

ハイン・ミカエル・セラー・エリンセン2世(Hein Michael Selar Errynsen II)

聖テレジーナ騎士団員。1,500年代に「小夜曲」を作曲。当代一のピアニストとしても著名だったが、混沌戦争で戦死している。

ハインリヒ・エアハルト(Heinrich Erhard)

ラムサダス帝国治安局局長。

ハインリヒ・エルツベルガー(Heinrich Ertzberger)

ラムサダス帝国海軍。

ハインリヒ・リッペントロップ(Heinrich Ribbentrop)

Who's Who参照。

ハインリヒ・ルチャナルスキ(Heinrich Ltchanarski)

ラムサダス帝国海軍中佐。アナトールの弟。

ハイン・ルートヴィヒ・フォイエルバッハ(Hein Ludwig Feuerbach)

かつてのドバヌール男爵領陸軍師団長→王国海軍艦隊司令。中将。旗艦はメイエルソン。ドバヌールがファンドランド男爵となった直後に創設した私設軍で師団長になり、その後の王国軍の中核となった。ドバヌールはあまり陸の軍人を好まなかったようで、ヴィンデルヴァルトとフォイエルバッハは王国独立時に海軍少将とされて中将どまりであり、唯一陸軍のままだったシュティルナーも中将のままだった。

ハーヴェイ・モズライト(Harvey Mosrite)

ファームズ帝国聖獣騎士団アズールドラゴンのリーダー、ラグリオン・モズライトの兄。トーリンク付近を根城とする盗賊団の頭。

パウエル・メニーヒン(Pauel Meniehin)

フェルナンド帝国ギルフォード州知事。

バウディの搭(Tower of Baudi)

ヤース市の住民区の中央にある、地上約18メートルの搭。リベラの建築家ルシアノ・バウディの設計による。平和の象徴とされている。ヤース川から引く運河の中に作られているが、市壁を柵を通して通り抜けており、船で入ることはできない。

パウラッタ(Pauratta)

モンゴル大帝国に自生する熱帯性植物。細いが硬いまっすぐな枝が特徴で、矢に加工される。

パウル・ア