エルヴァート国際会議

1,622年8月9日、ジアザー・テレビジョン元皇帝の発案により、国際会議が発足する。 同12日、35才の若手政治家、ジェローム・ル・ミュラが、初代議長に選ばれる。任期は未定だが、1,630年の総会で引退が発表された。現在後任は未定。

国際会議の目的は、国家をまたいだ諸問題に関する討議とその解決である。ただし解決を必須とはしていないし、問題の発生そのものを未然に抑止することもない。「交戦協定」という宣言によって戦争開始前の手続きについて規定はしても、戦争を否定はせず、また解決手段も提供しない(国際会議軍のような組織は存在しない)。あくまで当事国間で、そして他国と意見を戦わせる場を提供するだけである。

国際会議は毎年1月4日に総会を開く他、なんらかの議題が参加国からもたらされ次第開催される。基本的には対面だが、通信魔術を用いた言わばオンライン開催も可能。総会は毎年すべての首脳の出席が原則とされている。ウイレヌのように自国で移動魔術を確保できない場合は、総会開催国の魔術師による送迎が行われる。開催国はあらゆる手段を使って各国首脳の身の安全を図る。幸いこれまでのところ危険が迫ったことはない。ただし、1,630年のアルファ総会はイモータルの破砕日翌日となったことで各国の混乱が大きく、スレイマやロシェールのように参加を見送った国もいくつかある。

1,630年現在の参加国一覧(表エルヴァートの大多数の国である)

国際会議発足前の第一次交戦協定(1,613)に調印した国で、現在残っていないもの

注)ジアザー帝国(Empire of TheOther)は現在のアマリス帝国(Empire of Amaris) (1,629〜)

注)フェルナンド王国(Kingdom of Fernand)は現在のフェルナンド帝国(Empire of Fernand) (1,615〜)


現在までの主な活動

1,622年8月9日発足。総本部をジアザー帝国の首都アマリシアに置く。
9月30日フェルナンドとエルスルムのミストフェアルカ島事件の調停。双方和解。
1,623年1月4日初会合。アマリシア総会開催
1,624年1月4日バレラス総会開催。
8月1日常任理事国選出。フェルナンド、ライトネア、ラムサダス、ジアザーの4国。
1,625年1月4日総会開催。
12月14日スニルナ対立問題討議。
1,626年1月4日総会開催。

6月
7月
25日
8日
新海暖流の高温化と、その原因とみられる新海海盆の異常隆起について討議。「とりあえず、様子をみるほかない」というラムサダス皇帝の言により閉会。
11月15日ラムサダス皇帝によるスニルナ「保護地域」化問題。ラムサダス皇帝の「内政干渉をするつもりはない」との言により一応の解決。
1,627年1月4日総会開催。
4月2日ドバヌールの’虹の島々’領有問題。「領土および領有宣言に関する協定」採択。
6月9日各参加国専門家による、「エルヴァート史」の編纂を決定。
10月
16日
19日
ドバヌールによるシリア湾艦隊派遣。それに伴うシリア王国の臨戦体勢(シリア湾危機)について討議。ドバヌール王の撤退宣言により閉会。
11月20日「第二次交戦協定」可決。すべての参加国による調印。
1,628年1月4日フリンキア総会開催。
1,629年1月4日総会開催
8月2日ドバヌール、ジアザー、フェルナンド、ラムサダスの首脳、元首脳の謎の失踪による緊急総会。それぞれの思惑が絡み、効果はまったくなかった。
10月20日ジアザー2世の呼び掛けで対フェルナンド会議開催(アマリシア)。
1,630年1月4日アルファ総会開催。この席で、コリントはフェルナンドとの通商条約の締結受諾を発表。