ルーンワールド地図

全図(ルーン続暦2,214頃)

  1. Al-Lands
  2. Ancient Glory
  3. Border Islands
  4. Caldinia
  5. Empire of Gsbzgrh
  6. Empire of Nightmare
  7. Empire of Raze
  8. Empire of Rune
  9. Empire of Twinkle
    or A-Relum-Crestia
  1. Empire of Zokszgrz
  2. Enclidia
  3. Falsion
  4. Hacienda
  5. Hirist
  6. Japose
  7. Kingdom of Blizzard
  8. Kingdom of Great Dynast
  9. Kingdom of Salius
  10. Kingdom of Vanitaria
  1. Listrict
  2. Macro False
  3. Matriarchy of Silvermoon
  4. North Caldinia
  5. North Coast
  6. Patriarchy of Wedston
  7. Plaster
  8. Principality of Cemplos
  9. Principality of Paltniss
  10. Rist
  1. Runaritia
  2. Rune Land
  3. Runesia
  4. Sardonyx
  5. South Caldinia
  6. St. Limera
  7. The Desert Kingdom
  8. The Elist Peninsula
  9. The Vortexes
  10. Yellow Sapphire
  1. アルランド
  2. 古代の栄光
  3. 境界諸島
  4. カルディニア
  5. グスズグルー帝国
  6. ナイトメア帝国
  7. レイズ帝国
  8. ルーン帝国
  9. トゥインクル帝国または
    ア・リラム・クレスティア
  1. ゾクスズグルズ帝国
  2. エンクリディア
  3. ファルシオン
  4. ハシェンダ
  5. ハイアリスト
  6. ジェイポーズ
  7. ブリザード王国
  8. 大帝王の王国
  9. サリウス王国
  10. ヴァニタリア王国
  1. リストリクト
  2. マクロ・フォルス
  3. シルヴァームーン女長領
  4. 北カルディニア
  5. 北方海岸
  6. ウェドストン教国
  7. プラスター
  8. センプロス公国
  9. パルトニス国
  10. リスト
  1. ルーナリティア
  2. ルーンランド
  3. ルーネジア
  4. サードニクス
  5. 南カルディニア
  6. 聖リメラ
  7. 砂漠王国
  8. エリスト半島
  9. イエローサファイア

ルーン帝国は、8.ルーン帝国を核とし、30.ルーナリティア31.ルーンランドを含めた領域がその版図である。32.ルーネジアも影響下にあり、広義に「ルーン帝国」と言えばルーネジアも含まれる。

ティアンナ・マークレットの家はルーンブロックの中央付近、30.ルーナリティア31.ルーンランドの境界付近の山中にある。


ルーンワールドの星(スファイラ)諸元:

赤道半径6,473m
赤道全周正確に25,272miles
極半径6,439m
子午線全周正確に25,142.4miles
子午線1度1,873.276416m
1海里1,873m

オーリスト大陸中央部

エピソード添付用(不正確)。

嘆きの砂漠(ア・リラム・クレスティア)


1hex=8miles.


クリーンアップは作成途中。現状216miles版までがピクセル単位で、72miles版、24miles版は一部を除きその拡大。

1hex=432miles.


1hex=8miles.

エルヴァートと異なり、ルーンワールドは地球とほぼ同一の大きさにしようと考えたため、緯度60度〜80度あたりを紙ベースと比較して縦に圧縮しています。また赤道方向への拡張はクリーンアップとともに行ないました。今後大陸を増やすつもりはありませんが、島嶼は増えると思います。

上下の暗い部分は緯度75度付近〜90度を便宜的に示しているもので、地図としてはアテになりません。

1hex=216miles.

1hex=72miles.

1hex=24miles.

絶望の砂漠付近は紙ベースで8miles版を途中まで作成していますが、クリーンアップ版を作るかどうかは未定です。


ルーンワールドの人物

ティアンナ・マークレット(Tianna Marclet)

ティアンナ・マークレットの物語参照

マーリン(Merlin)

ルーンワールドおよびモンサルヴァートの預言者。知覚系の魔法を得意とし、<知の化身>とも称される。小柄な老婆ながら、その情報収集・分析能力は他の追随を許さない。これには魔法、非魔法いずれもが含まれる。その知識量はクロビュール・マークレットをも上回る。ルーンワールド・北方海岸にある沼の底にある洞窟が外界へのゲートとなっており、マーリンの家はその外界にある(薄暗い地下空間)。家の向こう側には同様の構造があって、そちらはモンサルヴァートに続いている。なお、マーリンの許可なしに二つの世界を行き来することはできない。沼に入っても、身体に付与している魔術により泥に濡れることはない。ただしこの魔術は自身の意思で自由に解除・再開が可能であり、泥に触れることもできる。再開すると付着あるいはローブに染み込んだ泥は即座に(あたかも元々触れていなかったように)離れる。

光沢のないくしゃくしゃの白い髪が腰ほどまで伸びている。肌は血色が悪く多くの皺が刻まれている。瞳は濃い灰色だが、時折銀色に輝く。身につけているのは粗末な茶色のローブと、同様に粗末な腰布程度。靴は履いておらず、足の裏はとても硬くなっている。

口にするのは自宅の周囲にある畑で採れたものが中心で、動物を殺したり魚を採ったりすることはない(ただし沼の近隣に住む人々が捧げたものや、訪問先で饗されたものは無駄にしない)。

右手に持つ古びた杖は、遠い昔に死んだ師から授けられたものである。マーリンは初心を忘れないようにするため、若かった頃に授かったこの杖を常に手にし、大切に扱っている。一般の民衆が自分の領域に近づかないよう、あたかも杖が様々な攻撃や呪いを発することができるかのように振る舞うが、実際には防御効果とカバー付きのコンティニュアルライト以外とくに何の魔力も持っていない。

「図書館の島」の秘密を知るただ一人の人物であり、ペシフェに至る隠された扉の開き方(宝珠の配置場所)についても、おおよその見当を付けている。解放に必要な宝珠のひとつ(モンサルヴァート)を持っている。

クロビュール、ティアンナの兄妹とは面識がある。クロビュールはマーリンが島の秘密を知っていると確信しているため、何度となくそれを提供するよう求めているが、断られ続けている。マーリンはクロビュールを好いておらず、彼の究極の目標(ティアンナをモータルのままイモータルを超越した存在とする)を危険視している。「人のまま髪の領域を侵すべきではない」と言っている。

クロビュールとティアンナの魔力を持ってすれば、マーリンの口を割らせたり、殺害したりすることは容易い。しかし、マーリンはイモータルと特別な契約を結び、その庇護下にある。マーリンへの加害はすなわち兄妹の破滅に直結する。なお、マーリンは攻撃魔法をあまり得手としておらず、ティアンナらを排除することは不可能である。ティアンナらの台頭もあり、ここ数十年ルーンワールドには滅多に姿を現さない。なお、クロビュールらは3つの宝珠(エルヴァート、ルーンワールド、イル・クレイス)を持っているが、それが鍵であることを突き止めていないため、マーリンが別の宝珠を持っていることは知らない。

マーリンはいつか自分の知識を引き継ぐ者が現れた時は、これ以上の寿命の引き伸ばしはせず死ぬつもりでいる。ただし、それはクロビュールあるいはティアンナではないと考えている。イモータルを目指すなら現在も交渉のあるイモータルがまず確実に後援するし、それは彼女にも解っているが、そのつもりはない。

ゼオン・バーリアン(Xeon Barlian)

ゼオン・アーティアルとも。過去エルヴァートに居住し永世王国26人衆に参加していた。

クリスタル・ジェロード・リシュター(Crystal Jeroad Rishtar)

ルーン帝国全軍総指令、帝国エルヴァート大使、<漆黒の魔法戦士>。


他にヨセフ・マフピオタ、デイジィ・マーシャ・マフピオタがルーンワールド出身。