<古き者>に関する追加設定

<古き者>への昇格

oD&D®の公式設定には、イモータルとしての生を二度繰り返す、再びモータルとなりさらにイモータルとなる、などと言われている…とは示されているが、古き者への昇格に関する確かなものはない。

エルヴァートでは以下のような断片的な設定を考えている。フルハイエラルクとして十分に経験を積んだイモータルの元(本界)に、ある日突然<古き者>が来訪する。<古き者>はイモータルに<古き者>への昇格準備が調いつつあることを告げる。そして、今後何をして待てば良いかを説明するとともに、もはやイモータルとしての力を維持するのに信者を必要としないことをも告げる。それを説明し終えると、<古き者>はいったんイモータルの元を去る。このとき<古き者>はイモータルから邂逅の記憶を削除するが、それ以外の記憶は残っているのでイモータルは身辺整理を始める。自ら信者を根絶やしにするべく、モータルに働きかける者もいる。

さらにイモータルがとくに(<古き者>にとっての)問題を起こさずに一定の期間が過ぎると、<古き者>はイモータルを再訪して「その姿を脱ぎ捨てる時が来た」と告げる。そして、イモータルは自身がイモータルとなった時のように、あるいはこれまでモータルを昇格させるときにそうして来たように、<古き者>によってその顕現形態から真体をくり抜かれる。顕現形態は風に流される砂のように消えてゆく。そして<古き者>はイモータルを多元宇宙の彼方へと誘う。

同時にこのとき、現存するすべてのイモータルからはそのイモータルの記憶が削除される。そんな存在など、最初からいなかったかのように。ただしモータルにとってはその限りではない。その時点で残っているモータルの信者は、もはやいくら祈っても神から何の反応もなく、何の力も得られないことに気づく。彼はその状態のまま戦い続けるか、他の神に改宗するかを選択することになる。

公式世界ミスタラとの行き来

ミスタラは別の多元宇宙に属し、その間には途方もない数の外界が存在するため、イモータルの力でも直接行き来することはできない(可能だが、外界の彼方に別の多元宇宙が存在することを知らないし、知覚できない)。このふたつのを行き来する・させることができるのは<古き者>の力だけである。イモータルはこれらの世界を行き来した者がいることに気づいているが、ほとんどの者は深奥にある未探索の外界のひとつからであろうと考えている。

<古き者>の住居

<古き者>は、超多元宇宙空間のどこにでも、イモータルやモータルに一切知覚されることなく移動し、存在することができる。イモータル同様、空気も食糧も必要としておらず、寿命もなく、イモータル級以下の毒までも影響はない。基本的には(他の<古き者>による策略がない限り)どんな空間でも生きられる。また、その絶大な力のため多元宇宙のどこにでも望む大きさの世界を創り出すことができるが、そうすることは稀である。より高次元の存在となるべく時間をも操るため、自身のいる特定の場所を創り出す必要性すら感じない。

<古き者>による戦闘

イモータルが<古き者>によって殺された場合、その場所が本界かどうかに関わらず、その存在は消滅させられる。これはイモータルがモータルを殺したときと同様である。<古き者>が相手の消滅を望まなければ、イモータルの真体本界へ戻る。元々本界であれば、単純に蘇生する。

<古き者>は<古き者>あるいはさらなる上位者によってしか殺せない。ただし<古き者>によって殺された<古き者>は、真体に受けたダメージの大きさに応じた時間の後、自動的に蘇生する。上位者によって殺された<古き者>は、<古き者>によって殺されたイモータルと同様である。

<古き者>の力の源泉

イモータルの力の源泉は、基本的にはモータルの信仰心である。モータルの信者の数やその信仰心の高さの総合計によって、イモータルが発揮する力の大きさを左右する。ただし位階を上げてゆくと、徐々に下位のイモータルによる領域への奉仕からも力を得られるようになる。ハイエラルクはモータルの信仰心を一切必要としない。無駄にはならない程度である(力の総量に占める信仰心の割合は、イニシエイト1の87.5%から2.5%ずつ下がり、ハイエラルク6ではほぼ0%となる)。

<古き者>もまた信仰心を必要としない。彼らはイモータルによる奉仕に加え、多元宇宙の深奥にある力を自らの力として行使することができる。<古き者>は、それによってイモータルという存在と隔絶し、ハイエラルクのイモータルが束になって掛かってもほとんど揺るがせることのできない存在となる。この多元宇宙の力は、イモータルでもハイエラルクランクになるとわずかながら利用している(ハイエラルクはエターナル以下から見て数段上の存在となる)。ただし、それを自覚し、仕組みを理解するのは<古き者>へ昇格して後となる。