エルヴァートのドルイド

ベースとなっているケルト(およびoD&D®公式ルール)と同様、エルヴァートのドルイドも局所的な存在であり、世界中どこでもいる存在ではない。各大陸にはそれぞれ1〜2のドルイドの集団が存在する。自然に高度に通じた存在高レベルは希有であり、集団の長はその中でも最高である。集団ごとに自然についての解釈の違いはあるが、長の力に明確な差はないと考えられる(つまり、各集団に36レベルのドルイドが一人、マスターレベルのドルイドがルールブックに示される人数を最大として存在していると考える)

ドルイドの集会がある場所は、1,630年現在以下のとおりである。このうち馬具笊方面ではドルイドではなく「修験者」と呼ばれている。修験者も駆け出しから高度な技を持つ者までいるが、全体としての人数は少ない。彼らについては、ラムサダス帝国資料に穂高森のドルイドとして別にまとめている。

スメル大陸

ドール島

オージャス大陸

ホーメルト大陸

エストメス大陸

ズィドラス大陸