マジックコンピュータ

エルヴァートには、現実世界のノイマン型パーソナルコンピュータと類似の機能を持った機械が存在する。一般的には、滅亡したアイスラント王国で作られたことになっている。これらは現在アマリス、ラムサダス、フェルナンドが1台ずつ保有し、各種データの蓄積と計算、それに画像処理に用いられている。例えばフェルナンドにおいては、軍事偵察衛星バレラスサットにおいて撮影した地上写真を魔術的に地上の基地へ転送し、コンピュータで画像として再現することに成功している。ソフトウェアはすべてリムーバブルディスクによって提供され、固定ストレージはない。

限られた国家の限られた人間しか扱わないためGUIはあまり発達しておらず、ネットワーク(インターネット)に当たるものも存在しない。アマリス帝国の窈湖を始めとした技術者は、データ管理の補完・効率化、多重性、耐障害性等の観点から各国のコンピュータを魔術的に接続(ネットワーク)し、データを安全な場所で一元管理することを進言しているが、現状国家機密の集積が主な用途ということもあり、どの国も否定的見解を示している。

実際には、このコンピュータはアイスラントで作られたものではない。かつてコリント帝国(現コリント王国)がこの星の多くの地域を支配下に置いていた頃、教育用に作られたコンピュータである。そのうち破壊されずに残っていた4台をアイスラントの魔術師団が発見し、魔術で解析した後部分的に修正をした。このため魔術師団も機能の全容や動作原理を把握できていたわけではない。その性能を十全に発揮するようになるのは窈湖によって解析が試みられて以降である。4台のうち1台はパニアへの攻撃で破壊され、アイスラント戦で戦った三国が残りの1台ずつを接収した。このコンピュータはPC-88801SRと呼ばれた。

窈湖は解析結果を元に様々なソフトウェアを開発し、各国で共有されている。それにはゲームソフトも含まれる。ゲームソフトは窈湖の趣味もあるが、一方でその攻略のために頭脳が活性化されるという側面もあり、ほぼ1年に1本の割合で新作を発表している。1,622年には窈湖が性能アップの目処がたったとして一旦各国の持つPC-88801SRを回収、処理速度の向上とメモリ空間拡張という改良を加えた。これをPC-88801MRと呼ぶ。

1,630年年初のいわゆる「イモータルの破砕日」において、地上にある魔術の大半が破壊されたことで、これらのコンピュータも影響を受けて使用不能になってしまった。ただし駆動系がほぼすべて魔術である一方で記憶媒体への記録方式そのものは物理法則に基づいたものであったため、破壊を免れた。窈湖は各国の所有する3台を回収し、半年をかけて再生に成功した。このとき窈湖が心がけたのが、多くの部品を純粋な物理法則によるもの(非魔法の)に切り替えることである。「イモータルの破砕日」ほど大規模でなくても、魔術師による魔力破壊への耐久性を高めるのがその目的である。ただし部品によっては魔術による性能を物理法則で実現するには至らず、修復したコンピュータは最初のものから数割の性能劣化を余儀なくされた。最終的には内部機構はすべて物理法則によるものに切り替え、魔術は外部衝撃からの防御のみにしたいと考えている。そのため、窈湖は残りの魔術部品の解析と、性能を犠牲にしない物理法則部品とを同時に研究テーマとしている。

1,630年には改良版にあたるPC-99801Azというコンピュータを製造し、自国の他フェルナンドおよびラムサダスに提供している。PC-99801Azは固定ストレージを搭載している。「イモータルの破砕日」においてPC-88801MRが使用不能になっている間のことであり、各国は当座をこれでしのぐことになった。PC-99801AzはPC-88801MRとの後方互換性を維持した設計のために多少無駄が存在する。SmallSoftは、この新しいコンピュータのために開設したというソフトウェア研究所である。その最初の製品はSkylight30という名で、GUIを用いたオペレーティングシステムである。窈湖は、PC-99801Azネイティブなソフトウェアは今後Skylightとその後継のみであり、通常ソフトウェアはすべてSkylight上で動作する形になることを宣言している。これは通常のソフトウェアを窈湖の元で育った技術者たちに一任し、窈湖自身は核となるSkylightの開発に注力するという宣言でもある。Skylight用ソフトを開発するためにVisual Workspaceという名の専用開発環境も提供している。

PC-99801Azの後方互換性はハードウェアレベルであり、PC-88801SR/MR用ソフトウェアはそのままでは動作しない。業務系ソフトウェアは今後Skylight専用の後継版開発が宣言されているが、それは今後数年かけてのことである。またゲーム系は移植しないと名言もされている。窈湖はこの問題の解消のため、888boxという名のSkylight用ソフトウェアを開発・提供した。これはSkylight上で動作するPC-88801SR/MRエミュレーションソフトである。ただし、誤作動を防ぐ目的でREAS-888は意図的に動作させないようにしている他、実用上支障がないことを目的としているためいくつかのソフトウェアは完全に同じ動作はできていない。

PC-88801/99801とは別に、AM-Citiesというコンピュータの開発が1,625年からラムサダス帝国において進められている。当初は既存のものとの互換性を捨ててまったく新しいアーキテクチャによるクリーンな機械を目指したが、技術的な問題により開発は遅々として進まなかった。当初AM-Citiesは、PC-88801MR同様OSなしか、あるいは専用OSを同時開発するつもりだった。しかし、1,620年代前半に窈湖の指導を受けて独自のワープロソフトの開発に成功しているとはいえ、ラムサダス技術陣にとってそのハードルは非常に高いものだった。窈湖を招聘すれば可能ではあったろうが、この計画自体が極秘で進められていたものだった。

実現可能性が高まったのは1,630年になってからである。技術陣が苦悩する中、突如アマリスからSkylightが発表され、その思想は彼らに衝撃を与えた。設計水準の高さを認識した彼らは自分たちが目指すコンピュータ像が果たして正しいのかと、すべての設計をストップして考え直した。そして最終的に、下層レイヤーの設計を大胆に変更、Skylightのためのハードウェアとする方がむしろ実現可能性が高いという結論に至ったのである。加えてこのアプローチであれば、今後自国のみならずSmallSoft、そしてフェルナンド帝国で開発されるすべてのソフトウェアが相互利用可能になり、ノウハウも共有でき、各国にとってメリットが大きい。皇帝フラニオスは一も二もなくこの提案を了承した。

AM-Citiesは、構成要素はともかく設計上からラムサダス帝国オリジナルであり、コリント帝国とは関係がない。

なお、永世王国宰相サヨコ・イデナリもPC-88801MRを1台所持している。これは26人衆のフレイミア・サリスファネル、ジョン・クレイアーを通じてジアザー・テレビジョン2世に正式に貸与を依頼し、永世王国内で複製したものである。永世王国でソフトウェアを開発する予定はない。またアマリスがPC-99801Azを提供する予定も今のところない。

コリント帝国(およびフレンダーノ辺境王国)の遺産は、基本的には該当の占領地を抛棄する際に粉砕魔術によって破壊することになっていた。しかし個人の判断や管理・確認ミス、執行者が役目を果たせず死亡したりして、現実としては世界各地に埋没して残ってしまっている。マジックコンピュータも、単純な管理ミスである。これらは現在のコリント・フレンダーノには記録として残っていないものであり、それらがかつての自分たちの遺物という認識がない。国際会議でジアザーが「接収した品」として各国首脳にも紹介したが、コリントのハレスガード王でさえそれがかつて自分たちの祖先が作ったものだとは考えなかった。従って、今後国家として破壊することはない。

ハードウェア構成

名称PC-88801SRPC-88801MRPC-99801AzAM-Cities
CPUZ880AZ880Hi-99386i-99286
クロック400MHz800MHz5GHz1GHz
メモリ64MB64MB+512MB2GB(最大8GB)2GB
FDCμPD7654AμPD7654ACμPD7654A
リムーバブルディスク2(最大4)2(最大4)2(最大3)
同メディア容量1MB、1.2MB、2MB、2.4MB
固定ディスク01(最大64)1
同メディア容量-1GB〜128GB4GB〜16GB
音声TM22203TM22608TM22608TM22612
グラフィックチップSALUXGDCμPD77220CityMUX
通信チップなし
OSなしSkylight(CityOS)

以下にソフトウェアを示す。アイスラント製は知られているもののみ。コリント時代のソフトウェアは見つかっていない。

アイスラント製

名称はすべて窈湖による(アイスラントでは付与されていなかったため)。

発表年ソフト名称環境概要
1,563REAS-888PC-88801SRアセンブラ
1,569BegriffSternワードプロセッサ

窈湖

発表年ソフト名称環境概要
1,613JET-88801APC-88801SRワードプロセッサ
NUTS&STUNディスク解析ツール
1,614強力タイガー縦スクロールシューティング
Prophecyデータベース
YFファイルユーティリティ
1,615GROTIUS横スクロールシューティング
A-B-C表計算ソフト
1,616Picturグラフィックエディタ
TATUJIN縦スクロールシューティング
1,617Dissolve縦スクロールシューティング
HORSE WARS競馬
1,618REAS-888Yアセンブラ、窈湖による拡張版
SOUND-888サウンドエディタ
Yzロールプレイングゲーム
1,619BRASS ALPHA縦スクロールシューティング
1,620HEART RANK縦スクロールシューティング
1,621GROTIUS II横スクロールシューティング
1,622Refite縦スクロールシューティング
Pictur IIPC-88801MRグラフィックエディタ
1,623AUTO ZORN非強制縦スクロールシューティング
1,624(無名)画像解析ツール、バレラスサット用
1,625LIDEEN縦スクロールシューティング
1,626PAROTIUS横スクロールシューティング
1,627GROTIUS III横スクロールシューティング
1,628ズギューン!!縦スクロールシューティング
1,629殺人王縦スクロールシューティング
1,630Skylight30PC-99801Azオペレーティング・システム
Visual WorkspaceSkylightソフト開発環境、Skylight専用
88boxPC-88801SR/MRエミュレーションソフト、Skylight専用
1,631予定Skylight31PC-99801/21Azオペレーティング・システム

SmallSoft製

いずれもSkylight専用。

発表年ソフト名称環境概要
1,630予定X-XPC-99801Az縦スクロールシューティング
1,631予定ConnectPC-99801/21Azデータベース
未定(未定)表計算ソフト
(未定)ワードプロセッサ・DTP
(未定)グラフィックエディタ・ドローエディタ
(未定)サウンドエディタ

ラムサダス帝国製

発表年ソフト名称環境概要
1,622エーカラPC-88801SRワードプロセッサ
1,626B1PC-88801SR/MR

フェルナンド帝国製

発表年ソフト名称環境概要
1,627(無名)PC-88801SRバレラスサット用画像解析ツール
1,630(無名)PC-99801Az〃、Skylight専用

注)上記ハードウェアおよびソフトウェアの名前はすべて現実世界のもののパロディである。