王墓の宝剣

1.

「つかぬことを伺う。貴殿は勇者ブラックホース殿にあらせられるか。」

街中で突然声をかけられ、ブラックホースは立ち止まって振り返った。身なり正しい騎士然とした男が、彼に歩み寄ってきた。男の服装は粗末ではあるがこぎれいで、身分を示すような物は見あたらなかった。軽装の厚革鎧が見える。頭髪は健康的な茶色で短め。隠し武器はなさそうだ。年齢は25といった所か。

殺気は感じられない。だが油断はできない。

「違う。」

ブラックホースは答えた。男は多少驚いたような、いぶかしむような表情をすると、立ち止まって質した。

「違う、とな。その漆黒の金属鎧に身を包んだ長身、見まごうことあるまい。」

ブラックホースはゆっくりと、だが油断なく男に向き直り、簡単なことと言うように、

「オレは自分のことを『勇者』だなんて思ったことはない。」

男は納得したように微笑んで返した。

「…なるほど、では騎士ブラックホース殿にあらせられるか。」

丁重に表現を変えられ、さすがのブラックホースも否定する気にはなれない。

「そうだ。」

それなら、と言った様子で男は緩やかにおじぎをすると、

「私は、ミトランドより参りましたゲオルク・ルエンカシフォンと申す者。突然にてまことに失礼ながら、是非お手合わせ願いたい。」

またか、といった表情のブラックホース。各地であてもなく探検を繰り返し、有名になったせいかこういった挑戦が相次いでいた。そのほとんどは、街で勇名を馳せた程度の連中であり、彼に一太刀浴びせるなど夢のまた夢というレベルであった。

「元侯爵家のお坊っちゃまか?名乗る前にかかってきてくれてよかったんだがな。」

言ってからブラックホースは気づいたかのようにつけ加えた。

「…というのも無理な注文か。メルヴィンの聖戦士とくれば。」

相手はいささか驚いたようである。

「よくお分かりですな。」

「さっきオレに礼をしたろ。あの時、多分無意識だと思うが右手のひらを胸に当てていたからな。」

「…さすがに注意深くていらっしゃる。」

男はブラックホースの鑑識眼にますます感服した様子だった。だが、それでも勝負はしたい様子で、剣を抜くそぶりを見せる。やれやれ、といった表情のブラックホース。だが彼は、若者の手がそのままの位置で止まり、左足を大きく引き、上半身をまわして完全に後ろ向きになったのを見て表情を改めた。「抜き」の構えだ。ある程度の腕を持った剣士でなければ、熟練の剣士相手にこの構えは取らない。さらにブラックホースが修得したアラスにはこの構えがない。他流試合は今までにいくらでもあったが、抜刀を含む流派とは未だ対戦したことがない。

(なかなかできる)

ブラックホースは瞬時に相手の力量を見て取った。そして彼自身は剣を抜いた。抜刀相手に体術だけで勝利を収めようと思うほど、彼は自惚れていなかった。目の前に立つ相手の構えには、スキがないのだ。先に剣を抜いておかねば対応できないと判断したのである。

男はブラックホースが構え終わるのを待って、じりじりと間を詰めた。やがて両者の間は15フィートといった距離になった。そして…。

ゲオルクと名乗るその男は、突然加速したように間を詰めた。彼の足は一歩しか出ていない。さすがのブラックホースもタイミングをずらされた。ゲオルクはさらに抜剣の加速をも上乗せした剣を左から右へと滑らせる。すんでの所でそれを後ろ飛びによけたが、胸の部分を薄く切られる。もちろん鎧が防いでくれる接触だが、ブラックホースは冷や汗をかいている自分に気づいた。だが機敏に反撃し、飛び際相手の左わき腹に剣の鞘を突き入れた。一撃にかけていたというようにゲオルクの剣は大きく右後方まで跳ね上がっている。自身は加速でブラックホースの突きを避けきれず、鞘をもろに喰らった。直後にごふっと血糊を吐くと、倒れた。

勝敗は、まさに一瞬で決まった。

2.

気がつくとゲオルクは、暖まった部屋でベッドに寝かされていた。彼はすぐにことの成りゆきを思いだした。負けた…。まさかあの疾歩をよけられようとは。

「気分はどうだ?」

となりにブラックホースがいた。あのまま打ち捨てられても文句は言えぬ立場だったはずである。だが彼は無礼な挑戦をした自分をどこかの家屋へ運んでくれたのだ。物音から察するに、町の宿屋であろう。さらに気がつくと、剣束で強打されたはずの脇腹の痛みがない。上半身が裸だったので見ると、小さなあざが残っているだけだった。

「強すぎたようで、膵臓を破裂させたからな、すぐにエルメラン神の力を借りたんだ。」

なんでもない、といった表情で語るブラックホース。彼は剣の実力に続き、力量の差をも認識することになった。

「…完敗です。やはり私程度の腕では、あなたに適うはずもなかった。」

がっくりと頭を垂れるゲオルクだったが、

「いや、そんなことはないな。最初の踏み込みが届いていたら、今ごろベッドにいたのはオレの方だったろう。正直アレには驚いたよ。一体どこの流派の技だ?」

ゲオルクはかしこまると、

「ミトランドの古流派、カーリ・プリヴィティです。」

その神秘的な響きに、ブラックホースは心当たりがあった。源流をドール半島北部に求める流派であり、かつては殺人剣法として恐れられていたという。

「すごいな、目の当たりにしたのは初めてだよ。お前の修練がもっと進んでいたら、適わなかっただろうな。」

「今度は、せめて剣を合わせることのできるようにはして参りますゆえ、是非再度の挑戦をお許し頂きたい。」

真摯な表情で請願するゲオルク。滑稽といえば滑稽ではあったが、ブラックホースはだんだんとこの生真面目な青年を好きになっていた。今まで自分に打ちかかってきた、馬鹿な荒くれ共とは違い、純粋に真剣勝負を望む若者。騎士の称号は、オレなんかより彼のような人物にこそふさわしいはずだ。

そこへ突然、宿屋の主人が血相を変えて飛び込んできた。

「た、大変です!ト、トロールが街中まで!」

ほう、とブラックホースは思った。リューブルクの街は確かに山岳に近い。だが、かといってトロールが下りて街中まで来ることはない。曇天だから日光の心配はないようにみえるがいつ晴れ間が覗くか分からないのだ。いかに愚鈍な種族といえども、その程度の判断はできるはずだった。だとすれば、なにかを取り返しにきた可能性が高いか。あるいは、取り返そうと「思い込んでいる」可能性か。魔術師に操られたトロール達を相手にしたことは一再ではない彼だった。

「誰かいないのか。」

主人に訊ねるブラックホース。だが彼を戦士と見込んで部屋へやってきたことから、街に剣士がいないのは明白であった。主人は気弱に首を横に振るだけである。ブラックホースは煩わしげに頭をかくと、

「何匹だ。」

「じゅ、10匹以上。」

やっぱり相手は魔術師だな、とブラックホースは判断した。魔術師に操られでもしなければ、トロールがこれだけの群れをなして行動することはない。そうすると、一刻の猶予もない。ブラックホースは手早く身仕度をして、街を救おうと外へ出ようとした。すると、

「私も参ります。」

ベッドから起き上がったゲオルクが彼を追うように言った。

「好きにしろ。お前なら自分の面倒は見れるだろうからな。」

そして二人急ぎ足で外へ出た。

トロールはすでに街に入りはじめ、暴虐を開始していた。無力な人々が襲われ、血を流している。商店が荒らされ、食糧が散らかっている。トロールは人間の食糧に興味はないのだ。彼らの食糧は、人間の体なのだから。

もう一刻の猶予もない。二人は近場から切りかかった。そして切りながら街の人々に向かって叫ぶ。

「火を用意しろ!火なら小さくてもいい!こいつらは剣じゃ死なないんだ!」

そしてブラックホースは、今度は剣に向かって、

「アイヴ・ルオール・サルト!」

突然炎が剣を包んだ。彼が前回の冒険で手にいれた魔法の品である。余り魔法に頼りたくはなかったが、今回ばかりはしかたない。見るとゲオルクも抜きの構えは取らず、剣に炎をからめている。魔法の炎ではないな、と思ったが、原理までは判らなかった。メルヴィンの加護かもしれない。

ブラックホースはトロールの大振りなフックを軽くかわすと、その怪物の顔めがけて炎の剣をたたき込んだ。確かな手ごたえがあり、炎のくすぶる音とともに醜悪な臭いが漂った。トロールのもつゴムのような肌が焼かれたのである。

第三節へ