スメル大陸

オージャスやホーメルトからは「西方大陸」と呼ばれる巨大な大陸。現在ではその過半をラムサダス帝国が治めている。かつてはほぼ同等の領土をもったスメル帝国が存在した。北東側にあるドール島は、今でこそ巨大な島であるが、かつてはスメル大陸の一部であった。スメル帝国が開発した超大規模魔術兵器の暴発により、現在バックランディア海がある土地が砕け、沈降した。その時の津波はバラカンス方面だけでなく、遠くホーメルトにも伝播した。