音楽の歴史

当初は人間の間に確立した音楽はなかった。もっぱらアルフたちの奏でる音楽を心の拠り所としていたようである。

ティアマト暦
楽器
音楽
-5,000
アルフの11弦琴

アルフのワイン(Le Vin de la Alfen)

-3,000
アルフの8弦琴

フィロソファーの物語(L'histoire de Pholosopher)

B.C.1,000年前後から人間の間にも楽器が作られ、吟遊詩人たちの歌に華やかさを加えていく。アルフたちがそれをどう思っていたか、ともかくも人間は独自の音楽を発展させ、芸術の親であるアルフたちのそれすら遙かにしのぐ広がりを持つに至る。しかし、やはり心に深く語りかける、アルフの魔法的な「ちから」を持つ音楽には到底及ばないのである。

-800
ハープ、タンバリン、シンバル

セルナの光(The Selna light) エドワル・ヘドリアヌス

B.C.500年以降には、アリーシア帝国の全盛期となり、それに応じて神々をたたえる音楽、つまり賛美歌がもてはやされるようになる。

1

神は救いたもう(Gods save you) レシュテヌス

300
リコーダ、木琴

エル・メラト(El Merato) グスタフ・ヴォルツォーク

800
ホルン、トランペット、フルート、鉄琴

銀水晶(The Silvery Crystal) マイケル・ラーダー

1,000
ギター、チェロ、バイオリン

丘の精霊(The spirits on the hill) パーシヴァル・プロテミアン

可憐な魔女リル・ミア(Pretty witch Ril Miah) リル・ミア

1,131年にライン・ローダーによってグランドピアノが開発されると、それまであまりもてはやされなかったピアノソロ曲が一挙に氾濫する。それは現代にまで続き、バイオリンコンチェルトなどは衰退してきている。

1,200
ピアノ、コントラバス

メヌエット(Menuet) サーム・ファラトンn

1,220
クラリネット、ファゴット

我が旅(My journey) ゴトリーブ・フォン・シュワルツスタイン

ウルリヒト(Urlight) ハロルド・リンカシャー

1,300
トロンボーン、チューバ

ポニア(Ponia) アドルフ・フィルソル

アウフェルシュテヘン(Auferstehen) クリストファー・エル・ギルフォード

1,400

アルフ(alfr) イオニッヒ・ビーチャウゼン

青年(Von der Jugend) ウィーン・アザンクール

ストーリア・デラ・シッタ(Storia della citta) エール・ブラーンシュ

メルヒェン(Marchen) エミドリアヌス

大地の歌(Das Lied von der Erde) ユリアン・ミレー

1,500

小夜曲(Selenata) ハイン・ミカエル・セラー・エリンセン2世

エレメンタールフィル(Elementarlfil) アントン・マイクロフト

美しき人へのパヴァーヌ(Pavane for beauty) シャルル・フランソワ・トール

神々の戦い(Battle of Gods) マルコ・ファストリ

長征者ヴァンガード(Vanguard the Longmarcher) イオドシア・マーティン

悪霊(Teufelchen) ヘルマン・フォン・ヴァースベルク

1,600

幻の貴婦人(Lady Illusia) ベン・キャニオン

娯楽の集い(Amusement party) レイモンド・アメリアス卿

パーセルのバラード(Ballad of Parsel) デューム・デクラー

男たちのタペストリー(La Tapisserie de beaux) アルベール・マルヌ

ヨーンの明かり(The lamp of Yorn) セルバント・ダクトニアン4世

1,615-

キングスパーティ(Kings Party) ラフィニエル

疾風怒濤(Strum und Drang) アレクサンドル・フレネルスキー

バレラス、光の都(Barelus, the Light City) ラフィニエル

ハロルド・ゴトヴィンソン(Harold Godwinson) シャーロット・アーディス

大賢者セイリアン(Grand sage Saylian) メリアス・ムーザー

港(Port) ウルリッヒ・フェアドスキー

小さな朝の歌(Eine Kleine Morgensieg) ヴァリアス・アンドレ・メツァート

王妃のための協奏曲(Concerto for the Queen) ミヒャエル・アントニー・エマヌエル・ライドン

スツガルド(Sutsgald) フレデリック・フランソワ・シュネル

フェルナンドの平和(Pax Fernandia) カーネリア・ボリビンス

大帝王(Great emperor) マリウス・メイル・ラグランジュ