ラムサダス帝国の軍事

1,629年8月21日の皇帝勅令による軍事構成

    (直属僧団)──────┬──────────皇 帝─────────────────(情報局)
               │         フラニオス            イアン・トルネイオス元帥
               │           │
              近衛団         軍務尚書
                           │
                           │
                         統合作戦本部
                           │
                           │
                          十六武将
                           │
                           │
     ┌─────────────────────┼──────────┬─────────┐
     │                     │          │         │
  強化有翼魔法中隊                最高司令官      雷光魔術団       R艦隊
   (F.W.M.C.)                   │
                           │
     ┌─────────────────────┼────────────────────┐
     │                     │                    │
   陸軍総司令                 海軍総司令                空軍総司令
     │                     │                    │
     │                     │                    │
   第1〜5師団                 第1〜5艦隊                第1〜3空戦隊
                        スニルナ駐留艦隊
軍務尚書ジョン・エドワード・クリムフォード元帥
近衛団団長、最高司令官、十六武将主席ドロップ・マクシミリアン元帥
統合作戦本部長パウル・アウグスト・ラウテンベルク元帥
強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)隊長ディアルン・レストール大将
雷光魔術団団長ロニー・ペンローズ大将
陸軍総司令エド・クリストフ上級大将
海軍総司令マックス・シュパン元帥
空軍総司令ウィリアム・モートン上級大将
直属僧団団長フランクリン・マーシャル

情報局は組織図上では宰相下の内務省に属するが、取り扱う情報や皇帝の意思により皇帝直属扱いとなることもある。


1,629年8月21日の皇帝勅令による帝国軍通常戦力

国軍は、それ自体では武力を有しておらず、民営のグランド社が生産/管理している。有事の際には皇帝は国費から賃貸料を捻出し、国軍に与える。つまり、各軍港は国家所有であっても、そこにある船舶はすべて国家のものではない。

軍服は陸軍が黒あるいは濃緑、海軍が白あるいは灰色、空軍が水色あるいは青。下士官、一般将兵にはそれぞれ別の色が割り当てられている。

帝国陸軍

1.ロール・アレルスン上級大将
2.ロビン・カートレル大将
3.マードル・リューベック中将
4.ブジュンブラ中将
5.クルスクロード・ミルコロス中将

1師団規模は8,000人強である。

帝国海軍

R.皇帝フラニオス
1.ジギスムント・フォン・フィヒテ上級大将
2.ローザ・ヘルベルト・オルバッハ大将
3.エドワード・カーライル大将
4.グレゴリウス・ファン中将
5.ダニエル・ウェブスター中将
S.フェルナンド・グレー大将

R艦隊は皇帝直属艦隊として組織された艦隊であり、旗艦を含めても4隻。通常艦隊の1/4程度の規模である。その頭文字は前皇帝であるラムサダスに由来するが、現在ではラムサディの略とされる。現在は統合作戦本部(十六武将)直轄という位置づけ。

S艦隊はスニルナ駐留特別艦隊。1,626年にスニルナ全域を保護域化するに際して組織した。大小30隻前後で構成。

帝国空軍

1.シオン・エスリーク大将
2.エリック・ブラント中将
3.ピーター・ジョセフ・アレルスン中将

強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)

第一期

LVAChpSTINWIDECOCH
1.ディアルン・レストール10-241131612151113
2.イルメリア・ベラタン-4391510181015
3.ロークドリス・レストール-23314151313
4.フォーミル・レストール4413141310
5.モルトマルク・レストール-142161516101115
6.ディアーク・エドリテナス45141814111517
7.リニューイット・レストール8-239131610151211
8.スレイアーン・エドリテナス41161711131016
9.デュリファス・エドリテナス31151410813
10.ヒュール・レストール(死亡)-11416811715
11.ライナルト・エドリテナス-334161515171013
12.ユーリクス・ベラタン48141413161614
13.ピュリナウェイ・レストール371316121112
14.シュレンディア・ベラタン-2141514131014
15.プルファクトス・エドリテナス-125131211517
16.シェリンガー・レストール-24117151010
17.ナクリアン・レストール-338131415161315
18.イセリア・エドリテナス-2331613141118
19.ミサルディア・ベラタン39141312131016
20.ユマリーク・レストール-32816151116715
21.アーロエン・フォーパイル30151613914
22.マシェラス・レストール351714121013
23.クルシオス・ベラタン-2401416131312
24.タラディーン・エドリテナス37111311
25.サラディーナ・レストール-439151512181115
26.メートルクライン・エドリテナス-345141410161016
27.エルサリス・レストール-233151617151213
28.サルレイン・ベラタン-343141410171510
29.エアリアン・レストール-1391514111018
30.ルリティア・レストール-24715131114139

第二期(1,629)

31.リクスナル・リュア・レストール-4401812151013
32.テーレイス・マソリー37141510131215
33.アンデュイナ・ストール-5391612161414
34.ヴァストラダン・クレミアン321213131017

ラムサダス帝国最強の魔法実戦部隊がこの強化有翼魔法中隊である。かれらはもともと、ロングッド王国で編成された第一師団内のアルブンガード中隊と呼ばれる存在であった。それを、現ラムサダス皇帝がロングッドから離脱する際、友好交易と相互防衛を条件にメルメトン2世から譲り受けたものである。もともとかれらはラムサダス男爵を好いていたし、荒廃した帝国を救うというのは、かれらの性分にも合致していた。そんなわけで、かれらは新帝国軍の第1部隊となり、帝国復興に大いに寄与した。現在では、帝国軍特別部隊とされている。

かれらは、ヴァレールアルフのなかでも、とくに抜きん出た存在である。よって、かれらの能力値は、以下のように決定する。これから先、強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.)の人数を追加するようなとき、また、欠番の穴埋めのとき参照されたい(ただし最高値である18をこえることはない)。

ストレングス2d4+9
インテリジェンス1d8+12
ウィズダム2d6+6
デクスタリティ2d4+8
コンスティテューション4d4+1
カリスマ1d6+1d4+8

また、かれらの出生地については、以下の表を参照のこと。

1,619年01〜45レストール
46〜79エドリテナス
80〜99ベラタン
00その他
1,620年〜01〜40レストール
41〜60エドリテナス
61〜70ベラタン
71〜85マソリー
86〜95クレミアン
96〜99ストール
00その他

1,620年からの3つの氏族(マソリー、ストール、クレミアン)については、スメル大陸のアルフ達である。これらの他、最近では極少数であるがシュタルハイムのアルフ達も志願してくるようである(もちろん、これらはかれらの習性から考えれば、例外なのであるが)。以下に、かれらが普段着用している武装を示す。

1,614年時

武器アルヴンソード(以下参照)
ダガー+1
クロスボウ+1
シルバーアロー ×20
プレートメイル+1
ミドル(またはカイト)シールド+1
指輪プロテクション+1

1,629年時

武器アルヴンソード
ダガー+1
クロスボウ+2
シルバーアロー ×20
プレートメイル+3
ミドルシールド+2
指輪プロテクション+1
特殊フレームランチャー(以下参照)

アルブンソードとは、ヴァレールアルフの種族的武器で、自分以外のものが触れると、その魔力は失われてしまう。とくに、アルフ以外の、ローフルでないものが一触れでもすると、瞬時に枯れてしまうので、かれらは普段もち合わせるのを避け、自分以外に知らない特別の場所に保管していることも多い。戦闘では、ダメージについては通常のソードとして扱うが、魔法+1の武器でしかダメージを与えられないモンスターに対しても命中を与えることができる。

クロスボウやシールドは結成当時から魔法が強化されており、より正確に敵を射貫き、より相手の剣戟を防ぐことができる。

因みに表は、1,614年時のもので、現在はACがこれよりさらに3下がり、レベルが2ずつアップしている。その他、DMがのぞむなら、新たに武装を付け足してもよい。

フレームランチャーは、1,613年、皇帝ラムサダスが、ロングッドのカルドレア・アサハルデルンに頼み込んで作成した超火炎兵器である。その銃身は、エルヴァートで作成可能な重合金の内、最高の硬度をもつ物質「ハイメタル」でつくられ、魔法を用いても一撃で破壊することは不可能である(遅発火球、バリア、メテオスウォームなどの魔法を積み重ねることでダメージ合計250ポイントで破壊可能)。十本あれば、30分で大都市を焦土と化すことができる(事実皇帝は1,613年のラムサダス・ザクルース戦役において、ザクルースの首都ザクルシオを灰にしている=ザクルース焼き討ち事件)。皇帝はこの威力に懸念を示し、アイスラント戦役で使用して以来、3本を残して残り10本を封印状態にし、その3本も1,620年の「99か年無戦闘宣言」と同時に封印されている。DMは、これを厳重に管理し、PCが悪用しないよう注意する(これをシナリオソースとしても良いが、PCが入手することはないようにする)。また余程のことがない限り、帝国が再びこれを使用することはありえない。前皇帝ラムサダス自身がこの兵器には否定的なためである。

なお、建国間もなかった帝国にはこの製造費をカルドレアに支払う能力はなかった。カルドレアは即金を求めたため、ジアザー帝国がこれを肩代わりし、ラムサダスはその後15年掛けてこれを完済した。ジアザーが利息を要求しなかったため、ラムサダスは感謝の意味でフレイムランチャーを一本そのままジアザーへ贈った。


雷光魔術団

1.ロニー・ペンローズ
2.ラクナティス・ファルティアン
3.デリィ・ライン・カールセン
4.エディ・シモンズ
5.カイン・モーサルステット
6.スティーヴ・ルカサー
7.マイク・スレイアー
8.エリック・シェンカー
9.シンディー・サリヴァン
10.リック・ギルバート
11.キール・ポールソン
12.ベッキー・ルクソニア・ハッカビー
15.リーグニッツ
18.エメリー・ヴァギ
22.アラート・サイクス
53.ゲイリー・グランドスター
79.シェリー・ミュリエル・イングリス

上記以外のメンバーは現在設定がないが、1,630年現在100名以上は存在している。入団条件は魔術の才があること、指揮に従うことだけであり、実力はまちまちである。


航空機

戦闘機
制式番号名称説明ロールアウト
RFX-001試作機。式典にて墜落。1,614.03
RFX-002航空力学上から再設計して作られる。1,615.02
RF-002サンダージェット1,615.05
RFX-0031,616.08
RF-003サンダーウィング1,616.09
RFX-0041,618.11
RF-004サンダードラゴン1,619.02
RF-004bサンダードラゴンβ1,622.08
RFX-0051,624.01
RF-005プラズマホーク1,624.02
RF-006タキオンジェット1,625.11
RF-004cサンダードラゴンγ配備数最高1,626.01
RF-007タキオンウィング1,626.01
RF-005bプラズマホークβ1,627.02
RFX-0081,627.11
RF-008サイクロン1,628.01
RF-007bタキオンセイバー1,629.02
RF/A-009タイフーン攻撃機両用 耐久力高し1,629.05
爆撃機
制式番号名称説明ロールアウト
RBX-0011,616.12
RBX-0021,617.09
RBX-0031,620.10
RB-003スカイシャーク1,620.11
RBX-0041,625.02
RBX-0051,627.03
RB-005エアタイガー1,627.08
攻撃機
制式番号名称説明ロールアウト
RAX-0011,615.01
RAX-0021,615.12
RAX-0031,617.03
RA-003ピューマ1,617.05
RA-003bピューマβ1,617.09
RAX-0041,620.01
RA-004ラット1,622.03
RAX-0051,627.03
RA-005ホーネット1,627.04
RAX-0061,628.12
RA-006コンドル1,629.02
RA-004bラットβ1,629.04

制式番号

戦闘機RF
爆撃機RB
偵察機RE
攻撃機RA
輸送機RC
練習機RT
対潜哨戒機P

これに試作機ならXがつく。

番号は開発発注順に001からつけていく。派生機は番号の後ろに古代ライトネア文字(ギリシャ文字)をつけて区別する。

例:

3番目の戦闘機RF-003
7番目の爆撃機の試作機RBX-007
4番目の戦闘攻撃機の改良型RF/A-004C

RFX-001

ラムサダス帝国空軍最初の試作機であり、最初の失敗作。それまでスメル帝国時代の戦闘機を使っていた空軍が、帝国建国一周年式典で記念飛行をさせるべく、開発した機体。試験飛行のパイロットには、帝国一のパイロットと名高いシオン・エスリーク少佐(現中将)が選ばれた。

見栄えの良いとても美しい機体であったが、空力設計の面から見ると明らかな欠陥機で、皇帝を招いての試験飛行にて墜落。エスリーク少佐は、間一髪で脱出に成功した。(ラムサダス帝国の脱出装置は現在でも高性能と評判である)

この失敗は教訓となり、RFX-002において成功し、空軍初の戦闘機RF-002として採用される。

全幅:8.45m 全長:12.75m 全高:4.28m

発動機:RE-014G×2

固定武装:なし(試作機のため) ハードポイント:4


軍用機メーカー

ミトランド

ヤース

グラスティース

バビロン

軍用機開発史

1,613.03.29ラムサダス帝国建国
1,613.06.国産戦闘機の開発を指示
RFX-001開発スタート
1,614.03.24RFX-001 1号機ロールアウト
1,614.03.29建国1周年式典
RFX-001墜落
1,614.04.RFX-002開発スタート
1,614.05.01RFX-001の失敗を機に軍用機の開発を民間企業に競争させるようになる
帝国開発局の新技術を必要時に民間企業に提供する制度が成立
1,614.08.ノースエンペリックRFX-003とサウスロップRFX-004の開発スタート
1,614.12.08ローイングRC-001Aの開発スタート(旅客機ローイング613の改良)
1,615.12.28コルコランド併合
1,615.??.??メルクーアRFX-005とシュラークRFX-006の開発スタート
1,615.01.11RC-001Aを制式採用
1,615.02.17RFX-002 1号機ロールアウト
1,615.02.24RFX-002初飛行に成功
1,615.03.13RFX-002をRF-002Aとして制式採用
複座機をRF-002Bとして制式採用
1,615.05.23RFX-004 1号機ロールアウト
1,615.05.30RFX-004初飛行に成功
1,615.06.07RFX-003 1号機ロールアウト
1,615.06.11RFX-003初飛行に成功
1,615.06.28RFX-004をRF-004Aとして制式採用
1,616.02.02RFX-005 1号機ロールアウト
1,616.02.14RFX-005初飛行に成功
1,616.05.12RFX-006 1号機ロールアウト
1,616.05.16RFX-006初飛行に成功
1,616.06.08RFX-005をRF-005A、RFX-006をRF-006Aとして制式採用
RF-002は順次退役(総生産73機)
1,616.08.12RF-004の退役決定(総生産47機)
1,624.07.10ヤース遷都
1,629.08.18シリア王国滅亡
シリア王国の技術者を保護
1,630.01.01現在

隠し軍隊

ラムサダス帝国には、一般に公表されている軍隊以外に、幾つかの部隊がある。

この隠し軍隊のために、ヤースおよびフォートアイルの地下に演習場、空港、軍港などが設置され、効率の良い運用を可能にしている。隠し軍隊は、通常は地下の演習場で訓練を行ない、数ヶ月に一度一般の軍隊と入れ替えることによって、地上での演習不足を補っている。

隠し軍隊の規模は、師団、艦隊、空戦隊各2個であり、有事の際には通常軍の指揮下に組み入れられるようになっている。

隠し軍隊については国家最重要機密として関係者を除いて巧妙に隠されている。他国の情報網に知られないように、隠し軍隊の司令官は、通常軍の幕僚などとして登録されているほか、1兵卒に至るまで身分を隠すように考えられている。

最近、新たに地下世界への侵攻に際して、この軍隊を使用することが決定されている。首尾よく運べば、帝国で最も実戦経験のある軍隊となるはずである。

軍名司令官表向きの役職
裏第1師団ファンノルカ・リューネット中将陸軍総指令部参謀長
裏第2師団ラザール・ドゥ・クラーメル中将陸軍総指令部参謀
裏第1艦隊レオナルド・ジェームス・グレイフィールド大将海軍総指令部参謀
裏第2艦隊ウィリアム・クラーク中将海軍総指令部幕僚
裏第1空戦隊
裏第2空戦隊

旧帝国時代の軍備

ラムサダスが国をもったとき、なおスメル帝国の艦隊はかなりの数が健在だったが、ラムサダスの新帝国に加わったのはごくわずかである。混沌戦争で壊滅したものもある他、一部はシルサンナ王国に流れていた。

シュパンがフォートアイル奇襲のために使えたのは小型艦や老朽艦であり、攻略時に沈んだものも多かった。残存艦艇でヤースからパルマ海まで遡上可能な艦艇はなかったため、シュパンらは陸路ツバリヘ入った。これらの艦艇はフォートアイルにそのまま残された。

グラスティースにあったラムサダスの元に永世王国から複数の艦艇が譲渡され、一応の海軍を持つに至った。その後東方戦争を挟んでラムサダスはフォートアイルを接収、シュパンの旧艦艇も海軍に組み入れた。

その後老朽艦解体令で、旧帝国時代の艦艇はその役目を終えた。

航空機に関しては、大半の兵力をシリア・ホーメルト方面に充てていたため残存機体は多くなかったが、スニルナ戦線に派遣されていた機体がそれなりの数残っていた。このため、RF-002が規定数就役するまでは、それらが一線であり続けた。


スメル皇帝最後の乗機

スメル皇帝専用機だったプレアデスはツバリ工廠内で分解された状態で発見されたが、最後の乗機ゼウスの所在は1,630年現在も不明である。

エル・シリアの空戦性能には及ばなかったと考えられる他、その後の技術水準の向上によりラムサダス帝国の機体でも多くの面で既にゼウスを凌駕していると考えられることから、技術的には発見する意味は薄くなっている。ただ一つの噂を除いて。

ゼウスは現在ラムサダスが継承しているスメル皇帝の巨大な魔法剣、いわゆる「皇帝の剣」を機体に搭載にして始めて真の力を発揮する(そのため量産できない)と、いつからか言われるようになった。クーベルタンを始めとする旧帝国の技術陣はこの噂を否定しているが、例えば皇帝が聖魔術団にのみ命じ、機体を改修させた可能性は残されている。仮にゼウスが現存して誰かの手元にあり、その人物が秘密を知っており、かつ皇帝の剣を入手するか、あるいはそのコピーや代替品を手に入れることができたら…と、想像を拡げることも可能である。

この件についてはイアン・トルネイオスを筆頭とした情報局の特命チームに委ねられている。イアンはアーサーおよびフェルナンド情報局を経由してジャック・シュナイダーにも情報提供を依頼した(ジャックはコルコランド戦争時、皇帝の乗機に二度までも単独で撃破されている)。しかし、ジャックは皇帝の乗機が信じられぬほどの加減速や回避性能を見せたことは認めた一方で、それは単に皇帝の技倆が自分に勝っていたと考えていると、剣の力の話は聞いたことがなく、少なくとも外部にそれらしいものを視認したこともないと語った。