ペシフェ

遥か時の始源、この世には全き3つの光しかなかった。青、赤、緑の色の光である。その恒常は、永遠のものと思われた。<1なる者><始源の管理者>のふとした気紛れが、その恒常を破った。彼の者の心に、二つの部分が現れ、分離したのである。それを、<法>と<混沌>という。

法は自らの理性の赴くまま、色を混ぜ併せて白虹を作った。対して混沌は感性の赴くままに、全き黒耀を作った。その二極は、色の中から自らの防を紡ぎ出し、ついで領土を紡いだ。そして、混沌はそこに住まう木偶を作り、法も対して作った。二人は闘争に明け暮れ、次第にその力が木偶へとうつり始めた。そしてある時、木偶は結託して自らの主の眠りを無期限のものとし領土の主権を勝ち得た。

自らを神と名乗り、かつて主たちがそうしたように、新たな領土を創造、そこに住まう木偶を作った。木偶は様々な分化を遂げたが、あるとき、光の神々が新たな珠(魂)を形作った所へ闇の神が現れ、その珠を奪い去った。

混沌はその気紛れから考えたのだ。「闇の殻をもって、光の珠を封ぜしめたなら、いかなることになりや?」

やがてハイムダル(人間)が生まれた。闇の神の戯れは、まったくに異常なる存在を生み出すこととなった。法と混沌、相争う異なる2つの種にある1つだけ共通なもの、すなわち「神々の摂理」に、従わない個が現れたのである。その確率は50に1である。

混沌はこの予期せぬ出来事に驚喜した。かつての彼らの主を、ついに超越したのである。法は当惑し、その力をもって人間の「摂理」への誤りを修正することにした。しかし、莫大な数に増殖してしまった人間のすべてを修正することは、神々でさえ骨のいる仕事であった。さらに、修正し終えたはずの人間が子を為すと、また50に1つの確率で誤りが検出された。

法は、自らの敗北と破滅を予期した。いずれ力を増した人間は、混沌に与して敵対するであろう。そこで法は、自らの存在に関わる重大な決定をした。人間に、ある逃れ得ぬ宿命を与えたのである。即ち「死」と「老い」という名の宿命である。これ程までに混沌を驚喜させることは他にない。法が自らの存在理由である「定常」を破ったのだから。とはいえ混沌の驚喜は長くは続かなかった。法が失点を取り戻すべく、人間にある一定の力を与え始めたのである。将来の敵対を防ぐためである。

さしもの混沌もこれには怯んだ。そこで彼らも同じように、人間の一部に強力な力を与え、加えて見込みのあるもの(誤差により)に不死性を与えるようにした。今度は法が怯え、同様の不死性を与えることになった。

やがて数百の世代が過ぎ、人間はその誤差によって寿命を格段に延長することに成功した。さらに大きな誤差には、神々に力を与えられずとも、生来(あるいは突然に)力を持った者たちが現れたのである。

当初、この誤差を喜ばしいものとしていた混沌もさすがに鼻白んだ。このままでは、いつか自分たちの力をすら凌駕するものたちが現れる。法と混沌とは、無意識に、だが半ば共同して人間界の破壊を決定した。そして、1つの世界が消滅した。

だが、誤差はここにも現れた。人間の一部が、次元間の壁を破って別世界へと移っていたのである。偶然か、彼らは何の力も持っていなかった。神は彼らを「強制」し、戦いを休止することにした。

そして人間は再び増殖を始めた。「強制」されたはずが、子供は「強制」されていない。気の遠くなるような時間の後に、神々は再び人間界の破壊を目指して戦いをはじめる。これが何千回と繰り返された。

その途上、神々の戦いの主題が逆転してしまった。あまりに遅いペースで変化したため、法の神々すら気付かなかった。つまり人間の世界を破壊するという目的からではなく、さしたる理由もないままに戦いをはじめ、人間界を巻き込むことになったのである。神々は、それぞれ「理性」と「感性」によって戦いを起こすようになったのである。


今はもう忘れ去られたイモータルによって記された書物。すべてのページは太古に失われた別世界のルーン文字で記載されているため、読むことすら容易ではない。敢えて誤読を招きやすいように書かれた文体もまた、解読を妨げる。上記はその一節を訳したものであるが、これが正確かどうかを知る者はすでにイモータルの中にもいない。

始めの10者の名はもちろん、法と混沌のプールについても記載されている。プールはモータルにとって見出すことはまず不可能であるが、そこに飛び込めばイモータルの介在無しにイモータルに転生する。ノウンワールドにおけるレドリアンやラドらと同様である。

従って、クロビュールとティアンナが仮にペシフェに辿り着き、仮にその解読に成功し、仮にモータルを超越する存在になれたとしても、彼らはただ自分たちが超えようとした存在と同じものになっただけであること、そしてイモータルの上にまた超越者が存在することを発見するだけである。二人はまだ、<古き者>を知らない。

なお、ゴール神と直接相対したことのあるブラックホースらもまた、強力なイモータルだとしか考えていない。