エルヴァートのイモータル(地上および地下世界)一覧

イモータルとは、旧D&D®ゲームシステムにおける神のような存在である。超人的な冒険や試練の果てに、先達のイモータルの力によってイモータルの仲間入りをする。すべてのイモータルはかつてモータル(死すべきもの)だった。エルヴァートはモータルについてはD&D®ゲームシステムを離れることにしたが、イモータルについてはそのまま残している。

イモータルのヒエラルキー


補足

エルヴァートおよびその周辺世界でのイモータルは、非常に多く存在することになっている。上記はあくまで設定がある存在の一覧である。なお、Immortals Rule setでは高位のランクに同時に存在できる人数が決まっていたが、Wrath of the Immortalsでこの制限が撤廃されているため、エルヴァートもランク36を除いてそれに従っている。

ダガー(†)の付いているイモータルは既に消滅している存在である。1,614年の混沌戦争において、シルヴァーをはじめ多くの混沌の神がエルヴァートの地上に姿を現していたため、<古き者>ゴール神によって数多く消滅することになった。対して法・中立の神々は顕現した数が少なく、エルメランは一時的に力を失ったが消滅したのはソマリア、フォンダーオルフ、モルドリウスの3柱に留まった(本界以外で倒されたイモータルは、相手がイモータルあるいはモータルであれば自動的に本界に転送され、身体を作り直すことができるが、<古き者>に倒された場合はその限りではない、としている)。ラ・リューン、シリニス、ラウドロップの三柱は古の聖魔大戦で消滅した存在。白のラ・リューンは1,629年のオルクマルドの一時復活で消滅した存在。

エルヴァートのイモータルは、成長速度の点で公式ミスタラのイモータルよりも遅い(ミスタラのイモータルは、イモータリティを獲得してからの年数をそれほど考慮していないように見える。たとえばラドは200年弱でエンパイリアルまで成長している)。これはエルヴァート付近を監視する<古き者>の考え方によるもの、としている。

エルヴァートのイモータルが誕生(イモータリティを獲得)した年代はおおむね以下のようになっている。ただしイモータルの性格により高低はあり得る。