地獄の帝国図

オルクマルドリンディアリスシルヴァービッボォルゥオーデルゾーロアルカディルニエヴァルクアル土ヴェアラウドロップセリアナリクトデモスノルヴァベルゼバブミジャリエルカロンレーノイマドラフォーメイムシェイズリーゲダーリーヌーゲルマルドヴァルカナロサ・プリソールラザールブラックモウケイオスアナーティアネーヴェライナーメザップドーヴェミザールアルコルボストリムロナールロンロールヴァームベルトヤンゲルナップコーイ・コーイムスタルギルフペル・ルシフェルゴーリンリッチナーガティアマトクラーケンンディアナサーマインタクスペリアルヨブルワグリカーヤベネトナーシュエルヴェイルモヴリスチューヒズデンティバンギョームトレックツィルハンビルトゾクヴァルオンユスディレイルHyttpalpoイヴェリタルヴオメティクレジェルバンフィリニオンベヒモスベリアルサリエールリザベルピュセルリヴァイアサン

デモス以下の十二柱は魔界の十二将軍あるいは十二使徒といわれ、皇帝オルクマルドの重鎮である。以前(B.C.5,000年頃まで)はラザールとブラックモウが名を連ねていたが、ラウドロップが人の子エルヴァートに倒され(相打ちになった)、さらに弟のブラックモウが闇を裏切って光に味方したため、ラウドロップの一の従者であったラザールはその地位を追われた(このこともあり、ラザールはブラックモウに対し並々ならぬ憎しみを抱いている)。代わりに十二将軍となったのがヴァルカナであり、12席目はしばらくの間空席だった。それがB.C.3,314に「魔界のプリンス」ノルヴァに見いだされて大白妖精、スレイアーン・ブラーンシュ(「汚れた白」と呼ばれる)がイモータル・フォーメイムになると、突如オルクマルドはそのフォーメイムを十二席目にするよう、獄の中から指令を出した。これはもちろん大抜擢で、冥王カロンや、海の獣王リヴァイアサンなどが反抗したが、皇帝たるオルクマルドの命令とあれば、その戟を収めぬわけにはいかなかった。

知られている無秩序のイモータルのうち、オルクマルドの地獄帝国に名を連ねないのはフロステッド・イリス、マンドレップス、メーメンダール、ヘロン、ニルヴァ、グレンディア、合歓、ラクパル、マドロモヴス、ケイズ、ワイルドである。

赤い文字で示してあるのは、既に死亡(消滅)しているものをあらわす。ラムサダスが戦った闇の騎士ゲイナーは、<美しき毒蝶>リザベルの将軍の一人。各デーモンはこのような不死に近いものを最低3人、多いと1,000人ほども所持している。