エルヴァート・その名の由来

その御世、大海にたつねやが如く、遥かなる時空間隙にあり。ひと、そを妖精郷、アルフハイムとよばむ。光の神がみの護りたるところなり。白妖精黒妖精、あまたなる半神、そこに住まふをゆるされつ。創時のころより、白妖精、センリニールをきみと頂きて栄ふ。

さかのぼりしこと数万年の永き時間上流に、やみの眷族の長オルクマルド、光の神がみを亡きものにせむと、あらそひおこすことありしに、白妖精ヴァンガード・クロイエン、人の子エルヴァートとともに、冥府へと下りきたりて、闇の長子<黒き鹿角の王>ラウドロップとあい対す。エルヴァート、ラウドロップをほふるも、自らも命失ひてふたたび光のぞむことかなはず。

ビッボオルゥ、アルフハイム汚し、センリニールをほふる。しかれどもオルクマルド、月のラ・リューンによりて虚無の底の底へと封ぜらる。<死の竪琴の弾き手>ブラック・モウ、闇より光にはしる。混沌その持てる域の多くを失ひて敗す。

ヴァンガード、アルフハイムを出で、人の子エルヴァートの世界にまかりこしたり。ヴァンガード、その大いなる力を持ちてその地をエルヴァートと名づく。これ「エルヴァート」の名のはじめなり。

<偉大なる書>二十三篇、三十三節「エルヴァート」より

ペシフェは、現在ルーンワールドの「百万の星の図書館」にあるといわれている。


エルヴァートのある宇宙は、<始めの十者>の一人サダクーロによって200億年ほど前につくられ、主物質界に配置された。通常「エルヴァート」と呼ばれる惑星マルスは48億年ほど前、マルスが周回する恒星セシオスは50億年ほど前に形作られた。この太陽系の構成における古き者やイモータルの力の介在はそれほど多くなく、大半はこの世界と同様の物理現象によるものである。

サダクーロは宇宙を生成するにあたり、主も一切の生命も失われた3つの外界を練り合わせ、次元を落とすことでそのエネルギーの大半を供給した。これらのはハイ・メアリーム、ハイ、アメリーム、ハイ・アリメームという名前が付けられており、消滅して久しい三兄弟のイモータル(ル・ソレイユやオルクマルドらよりもずっとずっと古い存在である)によって作られたものだった。イモータルの力は、を作成するのみである。しかし古き者には破壊したり改変したりすることが可能である。