モンゴル大帝国の概要

国名モンゴル大帝国
面積佐渡島程度
酋長モンゴリアン13世
王子ビルトリアン
酋長の妻マダムヤン
人口300人強
貨幣pp ルペス
gp ガロス
ep エプス
sp サパス
cp チェルス
宗教モンゴル大連道倫教
建国1,206年

中海に浮かぶ、非常に小さな島である。大帝国(Empire of Great Mongor)などとたいそうな名がついているが、文明とはほとんど無縁な生活を送る、素朴な住民たちである。というより、外界とほとんど隔絶されているために、自分たちが世界では遅れた民族であるなどということは、想像すらしていないのである。

モンゴルは、その島のまわりを巨大な渦潮が囲んでいる。ごく一部の緩衝海域を絶妙な舵裁きで踏破しない限り、船舶での往来は不可能である。モンゴルを作ったイモータルによるものであり、モータルによる魔法ではこの渦潮をとどめることはできない。唯一、慎重に唱えられたウィッシュによって3ターンの間無効にできる程度である。

モンゴルはイモータル・ザクサクスが自身の箱庭として作った土地であり、文明レベルはかなり低く抑えている。海を大地の終わりと考えており、その向こうに広大な土地があることを知っている住民はいない。巨大な渦潮により、ザクサクスの許しを得た者以外が近づくこともなく、逆に海に漕ぎ出した住民は例外なく死んでいる。この国の存在自体があまり知られていないが、東のホーメルト地方を統べる大国フェルナンドはバレラスサットからの映像により島の存在だけは知っている。ただし皇帝の目が現在東を向いているため、当面調査する予定はない。