モンゴル大帝国の軍事

モンゴル大帝国における軍隊構成

モンゴル大帝国では、選りすぐりの若者4人を頭とし、総勢26名で構成される。ただし軍隊とはいっても、その他の国家を相手に戦うわけではない。モンゴルは基本的に外界とは隔絶されている。一番多いのが、島に巣くうモンスターたちを排除する仕事である。カメオ・パスチニは12レベルのファイター島一番の戦士であり、それなりの戦闘力を持っている。全員が武器を扱う戦士であり、魔術師は存在しない。

やり部隊

隊長:カメオ・パスチニ

隊員:9名

ピピロの木を細く削った5フィート程のやりを投げつける。

弓矢部隊

隊長:チチパウナ・チョウミニ

隊員:4名

ポペイタの蔓でつくった弓とパウラッタの枝でつくった矢で攻撃する。

投石部隊

隊長:クレレ・マラカッタ

隊員:6名

そこらの石を投げる。

棒術部隊

隊長:テテマケダ・ジャマル

隊員:3名

ピピロの木を太さ1.6インチ程に削った棒で攻撃する。