人物

キセノス・ライマルキー(Xenos Lymarkey)

E30 AC-9 ALN hp80 S15 I18 W14 D16 C13 Ch16 Cm17

1,474.3.26生, 155歳(見掛け130歳). 身長5'3" 体重110 lbs.

永世王国26人衆

裏エルヴァート出身と言われているアルフ。実際にはこの国にあるドリュアドの森であるが、一般には知られていない。短い髪は琥珀の色で、さらさらとしているがあまり輝きはない。瞳はテールグリーン。表エルヴァートのアルフたちと比べると、目の形はアーモンド型をしていない。耳はやや長めで、耳たぶから細い六角柱に加工したルビーのイヤリングを下げている。

あまり表の世界には出ないドリュアドの森のアルフたちの中で、自らの意志で飛び出してきた数少ないアルフである。ただ、そうはいっても人間の作り出した仕組みには未だにあまり興味がない。たとえば報酬として宝石や稀少な金属は受け取るが、人間の国家の硬貨を渡され、その使い方をレクチャーされても、しっかりと理解しようという気にはならず、ただの金や銀の塊としてしか認識しない。

武器は標準的なアルフと同様剣と弓の両方を用いるが、どちらかといえば剣を好んでいる。それも、ロングソードのような直刀ではなくシャムシール(シミター)のような曲刀を好む。表情は常に穏やかながら、性格的にはやや無鉄砲なところがあり、そうした刀を持って多数の敵の只中に斬込んで縦横無尽に駆け回る戦い方をする。数で迫る敵を突き崩したり、退路を確保したりといった場面でその実力は遺憾なく発揮される。一人の屈強な敵を相手にすることもできないではないが、好みではない。

その細さに似合わない強靭な顎と歯、そして同じく強靱な胃を持っており、果物類の皮はおろか栗やカシューナッツ等の殻も剥かずに食べてしまう。戦場でも、時折その歯を使って相手の腕に噛み付いたり、革鎧を食いちぎったりすることがあった。

1,615年、トレンサップ湖の湖岸で山ゴブリンの集団を切りにしているところを、たまたまこの地を訪れたティルスティンガー・レーヴィルテノンに目撃され、彼から26人衆への誘いを受けた。彼はランカスト・フォレンディスにおいてイスカンダラス・タルモトスを目撃し、それまで覚えたことのない感情に捉われることになった。ただ、イスカンダラスにとってその思いは理解のできぬものだった。何しろ彼女は、外界で忌み嫌われているブラックアルフである。キセノスは何度か彼女に言い寄ったが、結局その心を変えることはできなかった。参加から5年後、1,620年にイスカンダラスは故郷の近くでかつての仲間たちに殺されることになった。キセノスはこれにショックを受けて宰相サヨコに引退を告げ、故郷ドリュアドの森に帰還した。それ以降、彼は一度として森を出ていない。

サドウィ・ラ・カナス(Sadwi Ra Kanath)

1,587.9.9生, 42歳(見掛け同じ). 身長6'1" 体重174 lbs.

国王

小国でありながらホーストヘルンの強大な軍を寄せ付けぬマウリア王国の国王。1,606年から23年間に渡って在位する。

マウリアがホーストヘルンに対抗できるのは、南のエストメスランドとの交易と、強力な魔法武器の存在故である。表エルヴァートのフレームランチャーに匹敵するほどの超重兵器を所持しており、それらを操る軍は少数精鋭。これらの超重兵器は、エルヴァートではマウリアとアトランティス王国でのみ算出されるオリハルコンという特殊な超金属で作られている。サドウィは王太子時代から常に戦場の最前線に立ち続けている卓越した指揮官である。二人の王子ナバウカ・メ(1,603年生)とポラット・サ(1,607年生)もまた、父と同様に卓越した指揮を採る将軍となっている。

濃い紫色の波打つ長髪、グレーの瞳、そしてしっかりとした筋肉を持つ。直接戦闘することは少ないが、いざというときに遅れを取らぬよう鍛錬は欠かさない。髪より明るい紫のヘアバンドを付け、口髭と顎髭は髪と同じ色。赤銅と銅の色をした金属鎧を身につけ、握りと鞘が黒光りする細身の剣を持つ。当然鎧も剣もオリハルコン製で驚くほど軽い。あたかも普段着でベニヤの剣を持っているかのようである。身につけている間は治癒の力も受ける。剣を振り回したときに生じる衝撃波は地上500mの航空機にも達する。