キルクザルト革命の真相

以下は賢者院議長、旧貴族委員長、公安委員長、内務委員長、外務委員長、財務委員長のみの機密事項であり、国体元首であっても探知されてはならない。

1,627年、ブランカイント国王ブランカイント2世は、執事バイスト卿にフェルナンド皇帝暗殺を突如命じる。バイスト卿は国王の懐刀であり、卿は国王を諌めたが、国王が他に命じることによって事が公になるのを恐れ、命令を承知する。卿はまた、事の重大さから、国王に大規模増税を進言し、受理されることで布石を敷く。この年、急な重税により一気に政情不安となる。

暗殺計画は2年がかりで慎重に運ばれていたが、段取りに失敗が生じたため計画を断念。以後証拠隠滅工作に最大限の努力を払うことになる。国王は実兄の事件の記憶から、事件発覚を恐れて乱心する。バイスト卿は、発覚がフェルナンド帝国にとって祖国への侵攻の口実を与えることになると危惧し、暗殺計画の失敗の責任をとり自らをブランカイント王国とブランカイント2世に殉ずる覚悟を決める。自らの命とブランカイント王国の命運とを引き替えに、祖国を守る最後の手段をうつ。

1,629年、バイスト卿は王国最有力軍事指導者であるアルフルト提督と密談、市民革命を企想する。これを成功させることで政権を交代し、帝国に祖国侵攻の口実を与えるのを防ぐ旨を告げ、協力を要請、提督の賛同を得る。

翌1,630年2月26日、市民デモ隊と衛兵とが宮廷前広場で衝突(国内動乱そのものは、1,627年の重税の直後から生じていたが、すべて鎮圧されている)、それにアルフルト提督の軍勢が合流し、宮廷を包囲した。同年3月3日、ブランカイント2世は自決して果て、バイスト卿もその後を追った。宮廷は翌日開城され、5日には前宮廷前広場にてキルクザルト憲章が発布され、ここにキルクザルト民族共和国は成立した。