人物

サクソン(Saxon)

1,582.9.15生, 47歳(見掛け同じ). 身長5'1" 体重134 lbs.

国民会議初代議長

現在のキルクザルトの最高機関である国民会議の初代議長を務める。憲章上、国民会議議長は国民会議より選出された革命評議会で前年議長となった者が就任するが、1,630年はキルクザルト元年であり、前年は存在しないため、直接選出されている。同様に、国民会議の最初の仕事である革命評議会の補充要員選出および議長選出も、行われていない。

深紫色のざんぱら髪と琥珀のような色の濃い肌、漆黒の瞳を持つ人物で、戦士としての力量もそこそこである。

キルクザルト前身であるブランカイント王国において、王国・共和国を通じて最高司令官であるアルフルトの前任だった。アルフルトは甥(二つ下の弟の息子)でもある。即位2年目のブランカイント2世から1,614年に最高司令官に任じられ、1,625年まで務めている。サクソンの前任は彼の父モンデルである。父や甥を含む親族とともに、カイント(ブランカイント1世)の率いる移住組としてこの地へやってきた。故郷であるキルクラクトにおいては、貴族であった。

前年、執事だったバイストとアルフルトが共謀していることを本人から聞かされた当初、サクソンはその計画に反対した。ブランカイント2世の身から出た錆であるとは言っても、それによって王族を排して彼ら自身が権力を握るのが正しいかどうか、すぐに判断がつかなかったからである。しかし、アルフルトから革命の一翼を担って欲しいと直接口説き落とされ、年をまたぐ前には覚悟を決めていた。革命の主力は確かに民衆となるが、彼らは容易に烏合の衆となり得る。これをとりまとめるには、やはり軍隊のようにしっかりとした組織にいた人間が必要になろう、ということである。アルフルトがその立場上、国家転覆後も実働部隊の長にとどまることは明白であり、政治の側に誰かが立つ必要があった。サクソン自身に政治的な経験はなかったが、そこはしっかりとした見識を持つ人物を取り立てれば良いと考えた。

最高司令官として培ってきた人心掌握術を駆使するが、地の性格は人から「割と身勝手だ」と言われることがある。彼自身、とくにそれを否定することはない。それでも、革命の立役者の一人として国民の人気は高い。