人物

色つきの□が付与された名前は、15色の騎士。

エディアール・エス・ライトフォール(Ediar Es Lightfall)

1,341.11.9生, 288歳(見掛け30歳). 身長5'10" 体重191 lbs.

碧の騎士、前天位

魔法部隊長をしていたこともある。ニア・タラスを凌ぐ15色のトップの実力。その自負もあるため、「天位」も「カレン」も魔法部隊長も、自分こそが相応しいと考えている。同意する者も少なくない。ただし、いずれも国王によって定められたものであるため、表立って意見すれば反逆と見なされる。

周囲には隠しているが、成人女性を愛することができない(これは、母が幼い彼に日々暴力を振るっていたことによる)。これまでに娶った二人の妻とは一切関係を持たず、身寄りのない少女を養女として育て、実質的な妻としていた。表の彼は国家のため、民のために精力的に活動し、多くの民からの尊敬を勝ち得ていたため、少女たちも「あの騎士様に望まれた」と、自分が幸運だと信じて疑うことはなかった。

6人目の「娘」が成人して10年、次が欲しいと考えていた彼の前に、一際美しい少女が現れた。彼はひと目見るなり強い欲望を覚えた。

彼女がその容姿に似ず自らに比肩しうる戦士であることに驚き、見かけ通りの歳ではないと判断した(結果的には間違っていなかった)。人を使ってディスペルさせたが効果がなかったため、疑問はありつつ受け入れることにした。ニアラシェールの術が高度過ぎ、並の術者にはまったく解除できなかったのである。何れにしても、彼にとって重要なのはその容姿であり、実年齢は大した問題ではなかった。

その後彼女が15色に入隊するや自分を退けて「天位」に就いたことに当惑し、さらに彼にも与えられていない「カレン」の名を与えられると聞いて逆上したが、危険を伴う挑戦の列には加わらず、表向き丁重に接して策を弄することにした。

彼は権力欲に取り憑かれており、「カレン」になれないことに不満があったし、リーンは国王に相応しくなく、彼自身が取って代わるべきだと考えていた。ニアの唐突な出現と過分な待遇を奇貨とし、彼女に国家反逆罪の汚名を着せることで、それを未然に防いだ彼の名声を高めて権勢を拡大、さらにこの類まれな美少女が自らの所有物になるという、一石二鳥の妙手を思いついた。

彼は投獄後に処刑されることになるが、王国と世界に対する彼の功績が比類なきものであることを知る国王リーン・シルリアは、ニアラシェールに彼の個性に関する記憶を消去するよう懇願した。ニアラシェールはこの願いを聞き入れ、結果彼の行動は「国家の将来を悲観した末」と記録され、その名誉は保たれた。

ただ、エルヴァート世界で少年少女への性愛を「異常」と見る地域は多くなく、せいぜいが「普通ではない」と考える。アマリスやフェルナンドといった文明国であっても、そういった感覚を持つのは都会に住むものだけである。

ニア・タラス(Nia Talath)

きゃらふとにて作成

1,615.1.3生, 14歳(見掛け同じ). 身長4'5" 体重66 lbs.

白虹の騎士、天位、カレン、魔法部隊長

痩身、銀の長髪と淡い色の肌、釣り気味の目に金の瞳を持った、人目を引く美少女だが、容姿と年齢にそぐわぬ恐るべき剣と魔法の使い手。表情が薄く、笑うのは基本的に相手を嘲笑するときだけである。

自ら15色の騎士入隊を希望し、国王リーン・シルリアに認められて空席だった白虹に任じられたばかりか、リーダーである天位となり、「カレン」を与えられ、さらに翌月には魔法部隊長となった。

入隊後、15色を含めた多くの者から挑戦を受け、すべてを退けている。彼女は一度として傷を負わなかった。「何故それほど強いのか」という問いに彼女は、「神々に与えられし力だ」としか答えない。

彼女の正体は、強大なポリモーフを駆使し、1,000年に渡って王国を影から支える刻のアルフ、ニアラシェール・イ・カイルハラス。15色の騎士の創設者その人である。時代時代で15色の騎士、魔法部隊、政府要人、または完全に市井の人であることもあった。

これは秘中の秘であり、国王ですら基本的に譲位式前後以外はニアラシェール自身の手で記憶を封じられてる。今回の大抜擢は、ニアラシェールがリーンの記憶を一時的に解除して、認めさせたものである。

口調はニアラシェールのままであり、年齢を感じさせず、何者にも臆さず遠慮なくものを言う。カレンティシアス王家には礼をもって接するが、それ以外は彼女にとってまったく敬意を払うに値しない存在である。これが元で相手を怒らせたことも一再ではない。相手からすれば、剣と魔法がいかに強くとも、年端もいかない少女に愚弄されたことになるのだから。

ニアラシェール・イ・カイルハラス(Niarasherre y Kilehalath)

548.11.7エルヴァート移住, 1,358歳(見掛け150歳). 身長5'2" 体重105 lbs.

初代白虹の騎士

王国史にその名を残す、15色の騎士創設者である伝説のアルフ。ニアほどではない細身のアルフ女性。腰まで届く長い髪は新雪のように白く、瞳は真紅。

雪のダガー、白き衣、星海の鎧、熾天使の剣、月光の護符、沈黙の防御陣、日照花の冠等、全身をアーティファクトで覆われた無敵の存在。

彼女がわざわざ再び15色の騎士のリーダーとなったのは、エディアールが国王を見る眼に危険な色を認めたからである。王家の存続を自らの使命とする彼女にとって看過し得ぬことであり、ひとまずエディアールを15色のリーダーから強引に外すことにした。

少女の姿を取ったのは、単に行動のしやすさと、彼が自分を侮ればという期待であり、エディアールの嗜好に合わせたのではない(そのような人間が存在することは知っているが、よもや15色の騎士内に存在するとは夢想だにしなかった)。彼の企みを読めなかったため、一旦はその奸計に陥ることになる。

彼女に対抗できるモータルはホーストヘルンの<愚者>、ファーランドのセルミアス・ミルフ、ミア・ラマルクのアリス・リーだけである。ダガーでは超絶技を持つティアンナ・マークレットも、彼女には及ばない。このうち、混沌に堕しているのが<愚者>だけのため、エルヴァートは均衡を保っている。ただし、純粋に剣技、つまり剣闘大会ならば、優勝者は「騎士」レイナルド・ハイエルクである。

過去にセイリアン・ダルスと共に混沌の神を退けたことがある。

ミヤビ(Miyabi)

1,614.3.16生, 15歳(見掛け同じ). 身長4'7" 体重85 lbs.

山吹の騎士

本名セミリ・ミルフ(Semyli Myrph)。セルミアス・ミルフの子で、セイリアン・ダルスの忘れ形見。両親の才を受け継いでおり、幼い頃から非常な魔術の技量を獲得している。ファーランドに住んでいたが、髪の毛を黒く染めた上ミヤビという馬具笊地方の女性名を使っていたため、周囲からはセルミアスの下で魔術の修行をしている子供たちの一人だと思われており、セルミアス自身一切特別扱いしていなかった。彼も自分の立場を弁えており、自分が市長の息子であるとは誰にも告げなかった。

彼の出自を把握しているのはセルミアス、アストラルスター、セルミアスの最側近マリオット・ワトニーの三人だけであり、帝国情報部もその才には注意しつつ、出自までは追っていない。彼が生まれた村の住人たちは、セルミアスの慎重な魔術ですべて記憶を封じられている。

1,630年、カレンティシアス王国15色の騎士筆頭ニア・タラスが、来るべき戦いでの共同戦線を申し入れるために単身ファーランドを訪れた。彼女は増大しつつある混沌の勢力に対し、打つ手を模索していた。とくに、表エルヴァートでは彼女も認める存在だったセイリアン・ダルスが失われて久しいため、彼の弟子であるセルミアス以外に有効な防壁が少なく、力が極端に弱まっていると認識していた。26人衆でもヨセフが数えられる程度であった。

強力な魔術師であるアリス・リーがその力に見合う防壁となることを望めるのは、アリスの治めるミア・ラマルクのあるエストアの森一帯だけであり、それ以外の場所についてはまったく当てにできない。カレンティシアスとファーランドが連携せねば勝機がないと、危機感を募らせていた。場合によっては15色の一部を派遣することも検討事項だったが、15色は歴代最強と言われた碧が退場して(それはニア自身の手によるものだったが)彼女を含め8人しかおらず、よりホーストヘルンに近いカレンティ宮にも余力はなかった。

そのニアの外見に騙されたセミリは「何するものぞ」と彼女に腕比べを申し込み、その驚異的な力に叩き伏せられて呆然とした。彼は本名を明かした上でニアに弟子入りを申し込んだ。セルミアスは、このまま自分の元で学んでもセイリアンはおろか自分すら超えられないのではないかという漠然とした焦燥を持っていたため、ニアに彼を託した。

セミリに才能があることは明らかだったため、カレンティシアスの護りを損なうことなく表エルヴァートにもう一枚防壁を建て得るとなれば、ニアとしても否はなかった。ニアは彼をカレンティシアスへ連れ帰り、15色の騎士の見習いとした。その修行はセルミアスとは比較にならぬほど苛烈を極め、セミリは何度となく落涙し、挫折しかけたが、自分に掛けられた期待は裏切れなかった。彼は数年でモータルとしては最上の魔術師となり、15色の騎士・山吹に任じられた。そして、それと同時に戦士の技を習得するようになった。

次第に濃さを増す混沌からエルヴァートを護る要になることを期待されている。

リーン・シルリア(Riene Syrlia)

1,581.4.8生, 48歳(見掛け同じ). 身長5'4" 体重133 lbs.

第36代国王

1,601年から王座に就く国王。初代ミルテからの血を受け継いでいる。ただし、ミルテが持っていた、死すべき者の手にあまる力は5代で完全に失われており、リーンはごく普通の人間である。ここは同じように神のちからを受け継いだド・トゥ教国の女王家との違いである。ただ、理論的には同様の交配を行えば力を保つことも可能だったが、いずれにしてもうまく行かなかった。トリビッヒがそれを望まなかったからである。トリビッヒは何重にも計画を練って、彼らがそうした交配に至らないようにした。

アンティックゴールドの髪はやや太く、見た目には重い印象を与える。瞳はサルビアブルーで、これは初代からずっと変わらない色である。タレ目気味で、性格的にも穏やかというよりは気弱。繊細で神経質なため、様々な出来事で神経をすり減らし、肌の色は良くない。なにかにつけて波風立てずに穏便に済ませようとする。実際、大過なく国家運営して息子のホロフに受け継ぐことだけを考えている。この国王の性質は国民にも広く知られており、そのために無茶をしたり犯罪に走ったりする者もいる。なにしろ訴えられたとしても国王が争いを望まないからである。リーン自身、今のあり方が正しいとは考えていないが、今更性格を変えることもできず、ホロフに期待する日々である。女児が続いてホロフが生まれるのがやや遅かった(1,614年)ため、この年令まで王位にある。ホロフが15歳になったので、この数年の間に譲位するつもりでいる。伝統的に戦士としての鍛錬はしているものの、体格や身体能力にも恵まれておらずあまり身についていない。それも10年ほど前からは止まってしまっている。

リンド・バレスハウスター(Lindo Bareshouster)

1,528.5.3生, 101歳(見掛け40歳). 身長5'5" 体重113 lbs.

紫雲の騎士

薄葡萄色の長髪と黄土色の瞳を持つ戦士。表情が悪く、あまり良い印象を与えない。性格的にはどちらかといえば善であるが、秩序だった行動は好まず騎士に任じられながらも単独行動を取ることが多い。剣と槍を主な得物とし、魔術は補助魔術が多く攻撃に使うことはあまりない。ただし不得手というわけではない。

普段は城に詰めておらず、一人知人の経営する酒場の用心棒のようなことをしている。この店は彼が20代、まだ各地を冒険していた頃のパーティ仲間が開いたもので、現在の主人はその男の孫にあたる。冒険暮らしだった頃は今と同様組織を好まなかったが、その上相当悪どいことにも手を出していた。その性根を叩き直したのが、創設者ニアラシェール・イ・カイルハラスが変装していた街の少女である。彼は自分の生き方を悔い、少女の言に従って騎士となった。リンドは現在でもその少女が誰なのか知らないし、まして現在彼らのリーダーとなっているなどとは夢にも思っていない(口調が似ていると感じたことはあるが、姿かたちがまったく異なるので同一人物ではないかと考えたことはない)。