人物

アイアン・トリス(Eienne Toris)

1,545.4.19生, 1,608.4.28死去, 享年63歳(見掛け50歳). 身長4'9" 体重84 lbs.

永世王国26人衆

肩程度までの軽い赤髪、赤い瞳を持った、整った容姿を持つ聖騎士。その鎧も赤く染めていた。青髪青鎧のゼルディスとの組み合わせは「青と赤の剣士」と呼ばれた。

生まれはロスバウム(当時スメル帝国、この後コルコランドの年にアルジャストレル帝国となったときにデイターと改名される)で家は伯爵家だった。本名はアイアン・エクストレームである。アイアンはずっと一人っ子で、厳格な両親の元で女であることを否定され、男として育てられた。幼い頃から力強さを求められたし、何人もの師範を招いて剣術も習わされた。仲間内ではそれなりの実力者と見做されるほどだった。ところが17歳になって弟が生まれた途端に、両親は彼女にお前は女だ、女に戻れと言い始めた。爵位を継承する本当の男子が生まれたことで名ばかりの後継者が不必要になり、そこで初めて女子には政略結婚の道具という利用価値があることに思い至ったのである。

しかし、それまで期待に応えることで両親に満足してもらうだけの生き方しかできなかったアイアンの反動は大きく、その心は大きくねじ曲がってしまった。自分が適齢期の女だという話が広まるが早いか、両親の横面をハンマーで叩くような行動に出始めた。男たちが集まる場所に出入りして衣服を脱ぎ捨て、「金さえ払えば好きにして良い」と言うようになったのである。彼女が伯爵家の者であり、その強さも知っていた男たちは、はじめは畏れ多さや混乱等で何もできなかったが、怖いもの知らずが心に生じた欲望を実行に移すと、あとは雪崩を打つようだった。彼女は両親に対する倒錯した優越感や愉悦感を得ていたが、最初の日から一ヶ月を待たずに両親の知るところとなり、親子の縁を切られて放逐された。

それからも彼女は同様の生活を続けた。幼い頃からやることやらないことを厳しく管理されていた彼女には今更「自分は何をしたいか」を考えようとなど思わなかった。生まれ持った容姿のおかげで客の寄り付かない日がなく、食うに困ることもなかったなら尚更である。裕福な商人など何人かには愛人契約も持ちかけられたが、断った。中にはモーデンケルン家の者と名乗った男もいた。本当にそうであれば家門に傷が付くことを恐れて名乗りなどしないだろうし、いじらしい嘘だと内心でせせら笑ったが、実際にはどうでも良かった。

そうして2年が経ったある日、ある安宿で一人の男と出会った。特徴的な青い髪をした寡黙な男で、剣と魔術を生業としているとだけ言った。彼女はいつものように男に同衾を持ちかけたが、にべもなく断られた。曰く、自分にはそうした行為は必要ないとのことだった。代わりに彼は、彼女に祝福を授けた。それはとくに神の名を借りたものではなく、誰にでも口にできるような類のものだったが、アイアンにとっては雷を受けたような衝撃だった。両親に連れられて行った教会の僧侶が儀式的に唱えていたものとは明らかに異なる、心からの言葉であるためか。それが深く閉ざした彼女の心にじわりと染み行って来た。彼の手から放たれる魔法によるオレンジ色の光は、ただ暖を提供するだけのものだったが、あたかも神の光のようだった。アイアンの心は底の底から激しく揺さぶられた。幼い頃から枯れていた涙があふれ、止まらなくなった。そして彼、ゼルディスに対して、額を床につけながら教えと許しを与えて欲しいと願った。

ゼルディスは戦士であると同時に魔術を含む学問の教師でもあり、剣の腕もさることながら教師としての一面、つまり教え導くことにも長けていた。まず、ゼルディスはアイアンに新しい名を与えた。トリスは彼の故郷であるスロンにおいて「清らかな酒」を意味する言葉である。剣はアイアンも幼少から鍛えていたし、とくに嫌だと思ったこともなかったが、何しろ家を出てから一度も握っていなかったため、身体はすっかり鈍っていた。翌日から修行がはじまった。ゼルディスが自分の属するパーティに彼女を紹介し、他の二人の剣士たちも交えてアイアンの剣を叩きあげることにした。アイアンは初めて、自分の指導官たちの教え方が優しいものだったことに気づいた。両親の威光だったか、自分が女であることを知っていたか、あるいは本当に優しい人間たちだったかは判らなかったが。そして教えられた剣術が初歩だけだったということも。とは言え、素地が作られているといないのとではやはり違うものである。ゼルディスの指導も良かったし、アイアンの才や抱いていた思いも手伝ったのだろう、数年後にはゼルディスを唸らせる力を持つまでに至った。実際荒野での戦いでもゼルディスたちを十分に助けられる存在になった。

ただそれでも、アイアンには物足りなさがあった。剣で彼を助けるだけなら誰にでもできるだろう、そうではなく自分にしかできない、唯一無二の存在になりたいと考えていたのである。そこで、パーティにいる術師、ネルウィー・ロングフェローに技を教えて欲しいと言った。ネルウィーはアイアンの1つ歳下で、バトラスの使徒であり、そしてアイアン同様にゼルディスを振り向かせたいと考えていた長く淡い桃色の髪を持った女性だった。ゼルディスが彼自分を伴って来たときに彼女が激しくざわついていたことをアイアンは知っていたし、アイアンの思いもすでにネルウィーは知っていた。それでも二人は友人同士となっていた。ネルウィーはアイアンの正気を疑い、またアイアンが有利になることをするはずがないとも言ったが、その真剣さは判っており、最後には折れた。代わりに自分にも剣を教えて欲しいと言って。アイアンはネルウィーとともにバトラスの神殿へ赴き、入信した。

二人がお互いの持つ技を磨いたことで、彼らのパーティの総合力が増したことは確かである。ネルウィーはバトラスの恩恵で様々な術を行使する一方、アイアンは回復術とその補助術に特化して技を磨いたことで、回復術はネルウィーに匹敵するまでになった。ネルウィーが剣を覚えたら自分たちのすることがなくなると、純粋に剣一本を頼りにして来た男たちも真剣になっていた。だが、そのために彼らはより危険な旅…破滅への道を旅することにもなった。1,569年、アイアンは24歳になっていた。ある日、彼らはサリール山脈にある活火山の火口近くに棲み付いた魔物の噂を聞きつけ、挑戦することにした。

だが、数々の怪物を叩き伏せながら進んだ山道の先で彼らを待っていたのは、「魔物」などという生易しい存在ではなかったのである。最初はただ、分厚い鎧に身を包んだダークアルフに見えた。そこで「たしかに魔物だ」と言いながら三人の剣士は駆け出した。しかし、近づいた彼らを一瞬で包み込んだ魔力の大きさ、闇の深さは、明らかに死すべき者が持つそれを超えていた。その真の姿は、混沌の龍だった。先行していた三人はその姿に圧倒されて棒立ちになり、なすすべもなく鉤爪に引き裂かれて宙を舞った。アイアンは、自分の前を歩んでいたネルウィーが詠唱を始めながら振り返り、悲痛な表情で自分を突き飛ばすのを呆然と眺めていた。ゼルディスの胸に衝突したアイアンは我に返ったが、直後に揃って黄色い半透明の球体に囲まれた。友人の意図を悟ったアイアンは彼女の名を叫んだが、どうしようもなかった。二人の前で、ネルウィーの背中を邪龍の鉤爪が襲い、胴体と左腕は別々の方向に飛んだ。アイアンには叫ぶことしかできなかった。それでもネルウィーは、強烈な意思の力で集中を途切れさせず、詠唱を続けた。後ろからゼルディスの呪文の詠唱が聴こえはじめた。血反吐を吐き、そして二人の方を見ながら微笑んだまま動きを止める友人の姿を、絶望的な無力感に押しつぶされそうになりながら、それでもアイアンは目に焼き付けようとした。数秒後、視界がぼやけた。

次の瞬間、二人は火口への山道を登る前に作ったベースキャンプの脇に立っていた。アイアンは「どうして」とだけつぶやくとその場に崩折れ、その身を犠牲にして自分たちを救ってくれた友人を思って泣いた。隣にいる男は気丈にも崩れることはなかったが、二人を包む空気が明瞭に伝えてくれた。小刻みに震え、泣きながら、心で許しを乞うていることを。

それからの3年、二人は死にものぐるいで強さを求めた。友人たちの敵を討つために。とくに、二人は共通する力である剣術を高め、常に互いが互いの死角をカバーする、そのような戦い方を身に着けた。無論、ゼルディスの魔力、アイアンの回復術を磨くことも怠らなかった。二人はお互いを大切な存在と感じていたが、男女の関係となることはどちらも考えていなかった。そんな二人の前に、一人の魔術師が現れた。彼はウェルナー・ケインと名乗り、邪龍退治の手助けをさせて欲しいと言った。ウェルナーは自身の持つ魔術の一端を見せた。それはゼルディス使う剣闘をサポートするための魔術ではなく、純粋に自身の魔力だけでどのような事態にも対処できるという自信を持つ、完璧な魔術師のそれだった。二人は助力を願い、ともに3年前のあの場所へ向かった。ウェルナーはアイアンに指輪を渡し、回復呪文を蓄えるように言った。そんな魔法の品が存在することなど知らなかったので驚きつつも、独力で回復術を使えないゼルディスにとって大いなる助けになるであろうことはすぐに分かった。ウェルナーの超高度魔術をサポートに得た二人は、後に「アイスダンスのようだ」と評されることになる見事な連携を持って邪龍を追い詰め、邪龍はついに地響きを起こしながら大地に倒れ、動かなくなった。

戦いの後、ウェルナーは自身が永世王国の26人衆だと告げ、彼らを迎えに来たのだと言った。二人は申し出を受けてランカストへ飛び、当時の宰相であるレイトン・インスレーによって即座に26人衆に任命されることになった。彼らはどのような任務でも受けるが、基本的には二人一緒に参加させて欲しいとだけ言った。相手が遠く離れた地で命を落とすのは耐えられないと。二人の剣の特長を知っていたレイトンは、もちろんこれに同意した。その後アイアンは1,588年まで26人衆を勤め上げたが、体調の不良によって引退することになった。二人は26人衆に属している間にカナルガド(現ヘイゼクス王国首都、当時はケルヒ王国の港町)に家を持っていたため、アイアンは引退後ここで過ごした。ゼルディスは1,592年に引退したが、アイアンより先に1,606年に死去した。アイアンはゼルディスの死によって生きる気力を失い、2年後にやせ細って死去した。二人は最後まで、お互いを求めなかった。最後まで、二人の心にネルウィーの存在があった。

ウェイク・トラックス(Wake Tracks)

国王

F29 AC-6 hp118 ALCG S18 I12 W17 C16 Ch16 Cm11

1,591.12.9生, 38歳(見掛け同じ). 身長5'2" 体重169 lbs.

カナルガド近郊の村チャーハル出身。幼少から力自慢の抜きん出た存在で、周辺では有名だった。漆黒のもじゃもじゃ髪、同じく漆黒の瞳、眉毛は太く、かつ外側がふさふさとしている。口髭、顎髭も豊か。大きめの口から発される怒号は、隣町にも届くと言われたほどである。

濃い色をした鍛えた肉体は革鎧に匹敵するとも言われ、斬った剣の方が砕けたなどという噂までまことしやかに広まっているほどである(事実は木剣が砕けたのだが、噂には尾ひれが付くものである)。身長に比して体重が重く、現在は問題ないが歳を取れば確実に負担になる。

左腰に2本、右腰に1本の魔法剣を差しており、右腰の剣は左手で持って防御に使う。曰く「盾より使いやすい」。

1,609年に村を出たとき、彼の所持品は先祖伝来という一本の剣だけだった。それは現在右腰に差しているものであり、つまり普段攻撃には用いていない。それからの冒険で得た2本の剣(炎の剣と氷の剣)を、使い分けている。しかし、それは2本の剣が最初の剣に勝るからではない。その逆であり、一番の強さを持っている。彼は2本の剣では対峙し得ない相手のときだけ、この剣を右手に持って振るう。この剣には相手を粉々に分解する魔法や雷を召喚する魔法、そして持った者の速度を倍にする魔法が宿っている。

およそ5年に渡ってスメル大陸北部を暴れまわった後、5人の従者とともに彼はカナルガドを攻撃した。カナルガドはそれなりに大きな街ではあったが、自警団は隊長以外、素人に毛の生えた程度の戦士でしかなかった。ウェイクはほとんど何の抵抗も受けずに街を占領した。カナルガドを支配していたケルヒ王国の首都ケルヒは、その2年後に占領した。

ウェイクは、従者だった5人のうち1人を将軍に据え、街から徴兵した者たちを鍛えさせた。大きな街を占領するごとに、従者に与えて太守とした。こうして現在の5都とその太守が揃ったのはゾルイン島を支配下に置いた1,626年である。その後は北のウラディミスク等の状況を注視しつつ、次の街の選定を進めている。

ただし、いかに兵が精強でも、数万の軍を擁する南のラムサダス帝国を敵に回せるほどではない。それくらいのことはウェイクにも理解できる。このため、キュートやノズミーといった国家を巻き込んで大同盟を組むことも考えている。1,627年のノズミーとの条約締結はその先鞭である。

ゼルディス・シュレーディンガー(Zeldis Schrödinger)

1,532.10.3生, 1,606.12.14死去, 享年74歳(見掛け60歳). 身長5'6" 体重134 lbs.

永世王国26人衆、教師

インディゴブルーの髪を持つ魔法戦士。赤髪赤鎧のアイアンとの組み合わせは「青と赤の剣士」と呼ばれた。寡黙で自分のことをあまり語ろうとしないタイプだった。

コルコランド南方、スロン地方の湿原に面した小さな村に生まれた。村人は自分たちをウンデラッハと言い、それは表向きは呼ばれればどこへでも出向く道化師集団のことだった。しかし、彼らには知る人ぞ知る裏の顔があった。彼らは、大陸中の様々な者たちが敵を排除するのに利用する正体不明の暗殺者集団と同一の存在だったのである。ゼルディスは幼い頃から知識欲旺盛で手先も器用、剣術が得意だったし、加えて流れの魔術師から魔術を教わってその飲み込みも良かったので、12歳頃には一人前の道化師兼暗殺者として活動していた。しかし、それは周囲の大人たちが望んだように行動しているだけであり、暗殺者としての顔は彼自身の意志では決してなかった。彼の心は、一人殺すごとに深く傷ついていった。

1,549年、16歳のとき、彼はひとりの人物と出会った。その人物は、一振りの剣を手にすべてを斬り伏せ、守るべきものを守る存在だった。彼は時雨鴇村と名乗った。剣を自身の欲望を満たす人殺しのためでなく、守るために使っている時雨の存在は、ゼルディスに衝撃を与えた。ゼルディスは時雨に本心を言った。「もう金持ちのための人殺しなどしたくない」と。時雨は「おのが手で鎖を断ち切れ」とだけ言って去っていった。それから数ヶ月、ゼルディスは時雨の言葉の意味を考え、そして最後にひとつの答えにたどり着いた。彼は村を出ることを宣言し、年長者たちによって幽閉されると脱獄、剣を奪い、数人を殺害して逐電した。数年間はコルコランドを中心に様々な場所を一人で旅した。子どもたちに読み書きを教えたり、酒場の用心棒をしたり、荷運びをしたりと、主に困っている人たちの助けになることをしていたのは、自身がこれまで犯してきた罪のつぐなう道ではないかと考えていたためだった。そのような気持ちから出た行動だったため、まともに対価を取ろうとも考えておらず、踏み倒されても文句ひとつ言わなかった。常に懐は寒く、食うに困ることも多かったし、ずっと故郷からの暗殺者の影に怯えてもいた(実際には、ゼルディスが村の秘密を口外しない確信を持てたため、故郷の者たちは2年ほどで彼の存在を忘れることにしたのだが、ゼルディス自身は知らなかった)。

そうした生活を14年続け、訪れていたフェーブル市で行きあったのが、僧侶ネルウィー・ロングフェローらの一行である。1,562年のことだった。ネルウィーらには少し前までサリール山脈地下洞窟から外界へ出てきたドワーフがともに行動していた。彼は唯一の魔術の使い手であったが、重傷を負って故郷へ帰還してしまったため、ネルウィーらは彼らとともに戦ってくれる魔法の使い手を探している最中だった。ただし、ネルウィーだけは違った。彼女は静かで人を寄せ付けぬ雰囲気を持つゼルディスをひと目見ただけで、強烈に恋い焦がれてしまったのである。ネルウィーは一度思いをゼルディスに打ち明けが、すげなく断られた。ただ、「他人からの愛を受けられるようなまっとうな人間ではない」などと言われてしまったことで、ネルウィーは諦めるどころかゼルディスを呪縛から解き放ちたいと考えるようになった。彼らとともに行動するようになったことで、ゼルディスが故郷からの追っ手という幻から解放された。しかし、自分が罪深い人間であるという思いからはついに解放されなかった。

さらに2年後にゼルディスはアイアン・トリスと知り合い、彼女を一行に迎えてほしいとネルウィーらに頼んだ。このときのアイアンはゼルディスにとって、親の愛を知らずに育った憐れむべき女性であった。そして、彼女を救うことが自身の贖罪につながると考えた。ネルウィーとアイアンは仲の良い友人同士となり、ともに修行に励むことでパーティの力は格段に増した。

1,569年のある日、彼らはサリール山脈に住み着いた魔物退治に出た。ゼルディスはまだ早いのではないかとも言ったが、強く反対もしなかった。ネルウィーらは同じサリール山脈に住んでいる知り合いのドワーフを訪ね、一行に加えたいと言った。彼は怪我の悪化によりすでに他界していたため、当初の予定どおり6人での旅となった。ドワーフの墓所で祈りを捧げ、一行は一路火口へ向かった。道中にはプラズム、サンダーヘッドというそれなりの強敵もいたが、彼らが苦戦するほどでもなかった。最後に彼らを待っていたのがただのダークアルフ一人だった(と見えた)ことで、上機嫌だった戦士たちが「これでラストだ」と駆け出して斬りかかったのも無理はあるまい。ダークアルフは南方ホーリック谷に住んでいることが知られる種族で、闇の魔法を得意とする。たしかに厄介な相手ではあったが、一人だけなら今の彼らの敵ではなかったのだから。しかしこのダークアルフはゼルディスでさえ怯むほどの圧倒的な魔力を放出して戦士たちにぶつけるとその形を崩しはじめ、姿は大きくなった。そして巨大な龍の姿になり、鉤爪を先行した戦士たちに向かって振り下ろした。ゼルディスは相手の力が自分たちを上回ること、同時に3人の前衛を救う手段はないことを悟った。それならせめて、ネルウィーとアイアンだけは逃したいと考え、呪文を口にしはじめた。

次の瞬間、ゼルディスでさえ予想しなかったことが起こった。ネルウィーが呪文を詠唱しながら振り返り、アイアンを自分に向かって突き飛ばしたのである。それは普段の彼女からは考えられぬほどの力強さだった。しかし、その呪文からして彼女が何を考えているのかはすぐに分かった。ゼルディスはネルウィーに対して行使しようとしていた呪文の対象を、彼女の作り出した半透明の球体に切り替えるしかできなかった。どのみち、この球体の中からその外にいる人物に効果を及ぼすことはできないのだから。邪龍がネルウィーのすぐ後ろに迫り、詠唱中の無防備な背中を一閃した。通常であればそのような攻撃を受ければ、精神集中が乱れて術は失敗する。しかしネルウィーは、片腕を引きちぎられながらも驚異的な意志の力で術を完成に導いた。アイアンの絶叫が耳をつんざく中、ゼルディスはあふれる涙を抑えるなどという無駄なことは考えず、自身の魔法を唱え上げた。瞬間移動魔術を。

4人の復讐戦を心に誓った2人は、それからはただひたすら強さだけを追い求めた。「青と赤の剣士」の異名は、この後の戦いによる。3年後にウェルナー・ケインの助力を得て復讐を果たすが、彼らの心は晴れなかった。ウェルナーの誘いで26人衆に参加し、数々の任務をこなすことで周囲からはただの仲の良い恋人同士に映っていたが、二人の心には常にネルウィーの姿があった。仮に死後の世界の彼女と会話できるとしたら、おそらくは「はやく結婚して」と言われるだろうとも思っていたが、それでも二人にはできなかった。アイアンが1,588年に引退する一方でゼルディスは1,592年まで在籍した。宰相レイトン・インスレーの引退と同時であり、新宰相サヨコの元では任務に当たっていない。1,606年、26人衆に参加して後に二人で購入したケルヒ王国カナルガド(現ヘイゼクス王国首都)の家で、静かに息を引き取った。ゼルディスの死によってアイアンはこの世になんの感情も抱けなくなり、2年後に同じ家で餓死した。