アルバート航海王の消息についての一説

フェルナンド王国の半ば伝説的な人物、航海王アルバート。彼は生涯を通じ様々な航海をし、その内7つは、「アルバート王の7大航海」として世に知られている。

その最後の航海、1,259年の航海で彼ははるか東を目指し、そしてついには戻らなかった。彼はどこへ行ってしまったのか。何のために。

最近になって、裏エルヴァートはザードラ王国で、「アルバドの碑」と呼ばれる遺跡が発見された。ここには、遥か西から現われた戦士アルバドが、民を苦しめていた魔法使いを退治し、そして村長の娘と結ばれてその後を継ぎ、強力な軍隊を作って周辺を平定、現在のザードラ王国があると書かれている。

ザードラとは現地の言葉で「西」を意味し、今までは大陸の西はずれにあるのでそうなったと考えられてきたが、この碑文の発見によって、「西」が遠く海を越えたフェルナンド王国を意味するものであるという新説が生まれた。

ザードラ王国公式の歴史書によれば、その発生はティアマト暦1,200年頃戦士エベードによるとされているが、これがアルバートがアルバドへ、そしてさらにエベードへ転じたものと考えられなくもない。無論フェルナンドには、この件に関する資料は現存しておらず、ことの真実は不明である。

アルバート王が、航海を続けるためにロンゲヴィティポーションを多用していたことは知られており、そのため彼の後年の肖像画は1枚たりとも残されていない。歴史家のドミニク・ヴィスカルロスはこの説を支持しており、よってザードラはフェルナンドの同胞であるとし、王国に対して帝国への合併を呼び掛けている。

ところが、この新説はまた新たな新説を生んだ。実はアルバートは1,253年の航海の折、すでにザードラを訪れていたというものである。

それによれば、このとき魔法使いあるいはその類のものを退治し、娘をかどわかしたアルバートは、居住を恒久的なものにするために帰還し、身仕度を済ませて再びザードラへ旅立ったというのである。早晩、邪推に過ぎぬであろうが、6度めの航海日誌が現存していないのは確かである。

とはいえ、このような説が定着しては皇室の名に傷がつくかも知れぬと考えたアーサー現皇帝は、情報部のクラウド・ファルマス元帥に内々に打診、揉み消させることを指示した。


アルバートは元々子を設けるつもりがなかった。25歳て即位した後も独り身を続けた。次の王は弟か、またはその息子が継げば良いと考えていた。しかし後継者を望む重鎮たちの説得で、50歳になって35歳下のベルダ(重鎮であるヘイン伯爵の娘)を女王に迎えた。

しかし、アルバートはベルダの神経質な言動に始終悩まされることになった。航海癖は青年期からであるが、彼女がいる場所に寄り付きたくない心理的な圧迫感が、より拍車を掛けることになった。2年でヘンリーを産み、役目は果たしたとばかりに航海に出るアルバートを重鎮たちはせめてもう一子設けるべきだと諌めた。レオナルドが生まれたのはさらにその6年後である。アルバートはその翌年、シリア王国でやり残したことがあると言って重鎮たちの静止を振り切って出航した。

6度目の航海から帰還した翌年、女王ベルダは流行り病を得て死去する。アルバートは一年の間喪に服したが、その後最後の航海に出る。彼は二度と戻らなかった。ヘンリーによって船に細工がなされたという噂が流れた。船はしばらく進むと船底に穴が開くようになっており、それによってどこかの海で溺死したというのである。

なお、レオナルドは即位した兄を諫めてその逆鱗に触れ、粛清される。


ティアマト暦事柄
1,180アルバート、父王であるさん奪王フィリップの第一子として生まれる。
1,201アルバートの第1回の航海。「5年内には必ず戻る。これは将来についても同様である」とした。
1,202アイオリス王国を訪れ、国交を開く。シュワルナゼ沿岸で盗賊を退治する。
1,203サミ周辺に帰還。
1,209アルバート2度目の航海。イヴァン帝国に赴き、現地の住民と戦闘状態になってしまい、捕虜となる。
1,210アルバート、脱走して逃亡。イルダの港で船を奪って帰還する。父親の死を嘆く暇なく、戴冠式へ。
航海王アルバート(5)即位。
1,219アルバート3度目の航海に出発。陸へあがってジェトールからライトネア付近を旅する。
1,220アルバート、エルスルムを越えて「神の背」に達する。
1,221フィリップの死が、ウィリアムの息子マイケルによるものであることが発覚する。帰還したアルバートは、マイケルとその息子ジェレミーを処刑。
1,237アルバート、ベルダ・ヘイン伯爵令嬢を后とする。
1,238アルバート、4度目の航海。シリア王国へ。シリア山脈中でクラウドドラゴンと対決し、これを破る。現地では、現在でも「ドラゴンキラー」アルバルド(現地での呼び名)の伝説が残っている。
1,239ヘンリー生まれる。
1,245レオナルド生まれる。
1,246アルバート、5度目の航海。再びシリア王国へいき、アイアンハルトの森のアルフたちのところに逗留する。その際、アルフの様式と言葉、そして魔術を学ぶ。
1,253アルバート、6度目の航海。大小バードネルド島・虹の島々付近を旅したと思われるが、何故かこのときの航海日誌のみが残されていない。
1,257アルバート、カルカドネ付近へ帰還。
1,258ベルダ・フェルナンド病死。
1,259アルバート、7度目の航海(新大陸探索行)。バルン海を越えて、遥か東に旅立つ。
1,264アルバート、帰還せず。一説には息子ヘンリーが船になんらかの魔法をかけていたのだともいわれている。
流血王ヘンリー(6)即位。「血の3/4世紀」。