フェルナンド帝国の近衛「八星衆」

皇帝アーサーを守護する強力な剣士である。それぞれが独自の剣法をもつ。以下序列は任命順である。各人の説明は人物のページを参照。

「真空斬り」

「噛み砕く剣」

「音使い」

三日月アルペジオ様フリー素材(髪と瞳、肌の色を変更)、背景:TEDDY PLAZA様フリー素材

画:長次郎

ダルス・ゴッドリィ(Dalse Godrie)

1,626.03.21任命 男 Fighter 30LV ALNG 32歳

レガレイラ(Legareila)

1,626.03.23任命 女 Thief 33LV ALC 25歳

イスマイル・カルバラー(Ismail Karbala)

1,626.04.28任命 男 Cleric 32LV ALN 41歳

「音速剣」

「流星」

「居竦み」

王国興亡記様フリー素材、背景:TEDDY PLAZA様フリー素材

画:長次郎

ジョルディ・マコーネル(Jordy McCornell)

1,626.07.25任命 男 Fighter 32LV ALCN 28歳

ラファエル・カルネイロス・バレアレス(Raphael Carneiros Baleares)

1,626.09.09任命 男 Fighter 28LV ALCN 24歳

ルイス・サッチャ(Luis Sacha)

1,627.01.18任命 男 Fighter 28LV ALNG 37歳

「天の御手」

「千手斬り」

画:花兎*

エーニア・リッツバーナ・リーバイン(Ehniah Ritzburna Levine)

1,627.03.21任命 女 M-User 26LV ALN 19歳

フレイ・ド・カーテルノーズ(Flay de Curtelnose)

1,627.08.07任命 男 Fighter 29LV ALLN 18歳


八星衆の8の由来について、時折第8代冒険王ジェームズに由来すると言われることもある。しかし、これは八星衆を組織した皇帝アーサーを良く知らぬ者の思いつきであって事実ではないし、この噂を信じているのも、同様にアーサーという人物を大して知らぬ者だけである。アーサーが尊敬すると語ったことがあるのは初代<征服王>ジョージや第5代<航海王>アルバート、そして第11代<再建王>ライゼルを筆頭とする5〜6人であり、ジェームズについては一般的な事績に触れたくらいしかない。

8つの星は、エルメラン教の教義に現れる8人の熱心な信徒(聖人)を示している。これらの信徒たちは全員が星になり、現在でもエルメラン座の周囲にあって主を護っているとされる。それらがどの星のことを指しているのか、そしてどの聖人がどの星なのかは教義にはなんら示されておらず、教会でも統一的な想定問答は存在しない。学者や市民の間でも議論の分かれるところである。同様に八星衆の誰がどの聖人に当たるか、とくにアーサーは意識しなかったし、それ以外の誰も考えていない。

なお、イモータルの知る事実としては、聖人8人のうち1人は存在自体が同世代の人物による創作であり、2人は事績が脚色されている。輝かしい事績と力を持つに至ったのはこの中の3人〜聖ステファヌス(シャデラク)、聖マルティウス(メシャク)、聖アリアヌス(アベデネゴ)だけであり、彼らはエルメランの後を追ってイモータリティを探求し、そしてエルメラン自身の手でそれを授けられている(順にオクリム、マクリム、ラクリム)。なお、8人の中に第3代<神聖王>ウィリアムは入っていない。