貴族

1,630年現在、フェルナンドには貴族は一人もいない。これは1,616年のホーメルト北島統一後、皇帝アーサーが貴族制の廃止を宣言したためである。ただし、アーサーは彼らの爵位や特権を廃止しはしたものの、彼らのいずれかを処罰したり、財産を没収したりすることはなかった。これには複数の意味合いがある。まずアーサーとしては貴族の力を削ぐ必要があったのは当然であるが、一方で今後のホーメルト統一戦争を見据え、必要以上に彼らを刺激することは避けたかった。一方で貴族側としても、王国の滅亡によって後ろ盾が失われ、彼らのみの力で街を治めねばならなくなっており、国家による庇護が必要な状況だった。それなりの力が残っていたため、その時点である程度の資産があったり、自身で何らかの金策が可能なだけの能力のあったりした者はその後も資産家、名家として存続している。この代表例がフェルディナンドやケント、ヘレフォードである。貴族は国内のいずれかの街をひとつ統治していた。現在でも存続している家はその街の名士であることが多い。

設定のある旧貴族は以下のとおりである。公爵も存在していたと考えられるが設定はない(厳密には、ライゼル・フェルナンドによりパーセル・ハードウェルに与えられようとしたがパーセルが辞退した、という設定はある)。

家名爵位現在の状況設定のある個人
カミザ侯爵カミザ混沌戦争で滅亡
無カミザも参照
  • ティルス6世

    「無カミザ」国王。混沌戦争で死亡。

  • ドルトン・デクレア・モリアス

    ティルスの長男。混沌戦争で死亡。

  • カンサス

    ティルスの次男。混沌戦争で死亡。

  • キャサリン・<月光草

    ドルトン、カンサスの妹。混沌戦争で死亡。「無カミザ」時空ではアーサーの妃候補で選から漏れると教会に入って一生を神に捧げることにした。

フェルディナンド侯爵グレーデン名家として存続
グレーデン女子学院経営
  • マルクス

    グレーデン女子学院の創設者で校長。穏やかでかつ学問に熱心。グレース・ティアットを学院に推薦する。

  • ラサール

    マルクスの長男。グレーデン女子学院教頭。

  • カタリーナ

    マルクスの長女。かつてのロングッド王国駐在使節。剣の腕に優れ、現在でもグレーデン女子学院で指導教官。

  • チャールズ

    マルクスの弟。ジアザーに移住し一時ジアザー男爵となったがアイスラント・ノブルランド交換条約で再びフェルナンド民に。

  • ノーマ

    ハイランダー令嬢。マルクスの妻。

  • ローレル

    マルクス、チャールズの父。故人。ライゼル王側近の剣豪。

  • レスリー

    ダント令嬢。マルクスの最初の妻。故人。

  • レナ

    ラサールの娘。混沌戦争で死亡。

<フェルディナンド家系図>
ケント伯爵ホンスル名家として存続
  • キャロライン(キャリー)

    旧貴族に似合わぬ進歩派で身分の違いをまったく考慮に入れない。メアリ・ヘレフォードとは幼馴染みで美少女コンビとして名高い。後のクリスティア・フェルナンドの学友。<グレーデンの3花><グレーデンの5花>。

ストラヴィア伯爵ラスコー名家として存続
  • イルミナ

    父からの厳しい指導もあって誇り高いが、根は純粋で人一倍の努力家。後のクリスティア・フェルナンドの学友。

グレイフィールド伯爵ゲムリハック
  • エリザベス

    ジェフリの妃候補、混沌戦争で死亡。

  • レオナルド・ジェームズ

    伯爵家を抜けロングッドへ。さらにラムサダスに従ってスメル大陸に移住。現在はラムサダス帝国海軍の提督。

メルク伯爵マヴェルキュルス
  • イシュラス

    僧侶。特段設定なし。

ヘレフォード子爵ユトラトピーク名家として存続
  • メアリ

    旧貴族に似合わぬ進歩派で身分の違いをまったく考慮に入れない。キャリー・ケントとは幼馴染みで美少女コンビとして名高い。後のクリスティア・フェルナンドの学友。<眠り姫><グレーデンの3花><グレーデンの5花>。

  • リフシア

    メアリの祖母の妹。市長ヴァネクサル・エリミルの妻。

ハイランダー男爵イエメン名家として存続
  • ローラ

    後のクリスティア・フェルナンドの学友(一学年上)。<グレーデンの5花>。

  • ノーマ

    マルクス・フェルディナンドの妻。ローラの大叔母だが面識はない。

レイアスト男爵レイアスト廃止前に没落したが存続
紋章は赤字に金のトライアングル(楽器、第一特殊作戦部隊の通称トライの由縁)
  • タルキン

    混沌戦争で死亡。

  • ライナ

    タルキンの長女。アーサーの后候補の一人。ネスアハンの魔導師レギール・アド・メルドにさらわれる。

  • フレア

    タルキンの次女。

ダント男爵ダント名家として存続
  • クレモント

    特段の設定なし。

  • ロザリンド

    クレモントの長女。キャリー・ケント、メアリ・ヘレフォード、イルミナ・ストラヴィアらの幼馴染み。

  • レスリー

    マルクス・フェルディナンドの最初の妻。

ローリンクス男爵シクロライト
  • イサベラ

    特段の設定なし。

サキアス男爵サキアス
  • ルート

    特段の設定なし。

ギルフォード男爵ギルフォード混沌戦争で滅亡
  • ローランド

    混沌戦争で死亡。

  • クリストファー・エル

    1,300年代の作曲家。

レキシントン男爵ルヴァル
  • アーサー

    特段の設定なし。「無カミザ」時空では、ルヴァル王国男爵。

デイヴィス男爵セーラン存続
  • オーリック

    「無カミザ」時空では、セーラン王国国王。

ローゼンベルク男爵ロウトアー存続
  • クラウス

    国務大臣。

  • ログラス

    クラウスの父。1,628年死去。

  • マリア

    旧姓リーシュ、クラウスの最初の妻。

  • ミリアム

    クラウスとマリアの娘。

  • シルクシア

    旧姓ムライトルーク。クラウスの二番目の妻にして海軍提督。

ロック男爵フランレイト存続
  • チャールズ

    特段の設定なし。