フェルナンド帝国の軍事

閣僚

閣僚現所在
国防長官 兼 参謀総長デッド・アリヒュート元帥バレラス
最高国防会議議長ヘンリー・スタンベリーバレラス
同副議長アルティア・エーベルト元帥バレラス
国家安全保障会議議長ルイス・ストラウスバレレス
陸軍長官ラインハール・フォン・ハインスリッター元帥フリンキア
海軍長官イェン・ヴェルディ元帥エレイン
空軍長官ジャック・シュナイダー元帥ニーナ

実働部隊司令官

陸軍
第一軍団ラインハール・フォン・ハインスリッター元帥フリンキア
第一師団レミ・ベルジュラック中将フリンキア
第一連隊リヒャルダ・ハイリゲンシュタット少将フリンキア
第二連隊ブルース・リーベリック少将ニーナ
第二師団レノー・ジスラン・ド・ランクル中将エトー
第三連隊ナドリング・ディラック少将エトー
第四連隊ガスター・ワインバーグ少将スロルキア
第三師団カーテローゼ・フォン・ファイゲル中将ヘイワー
第二軍団テール・ドゥ・ヴェール大将バレラス
第四師団エルシート・カムラン中将バレラス
第五師団イジクニフ・ゼドロヴィチ・モストキン中将ギルフォード
第三軍団ゴトリエブ・フォン・ワイトリンク大将エレイン
第六師団チャーリィ・ヨハンバード中将エレイン
第七師団サン・ファルド・ミュルドス中将クルスピリア
第一特殊作戦部隊
(トライフォース)
パラリアーナバレラス

第一軍団:南島北部およびロングッド方面軍、第二軍団:北島軍、第三軍団:南島南部およびセイレイ方面軍

上記以外の連隊以下については未設定。

海軍
Aアーサー・フェルナンド皇帝バレラス
第一機動部隊シルクシア・ムライトルーク元帥バレラス
第一艦隊ハザトフ・ボルネルスキー中将
第五艦隊グレオン・ムライトルーク中将ギルフォード
第二機動部隊イェン・ヴェルディ元帥エレイン
第二艦隊アレフ・ゼロ中将
第四艦隊ゴッド・フルネルソン中将フリンキア
第三機動部隊サルキア・エーベルト元帥クルスピリア
第三艦隊ギリエン・ロイドナード中将
空軍
第一空挺団ジャック・シュナイダー元帥ニーナ
第二空挺団ジョン・ブラント大将フリンキア
第三空挺団ハリー・ラズベルト中将クルスピリア
第四空挺団ソヴァーニュ・ドゥ・オラージュ中将バレラス


陸軍:規模(1,630年)

師団9,834+153連隊
連隊3,268+104大隊
大隊812+54中隊
中隊200+34小隊
小隊48+24分隊
分隊122班(班長の一人が分隊長兼任)。
5+1

+数は幕僚数で、部隊によって異なる(下位部隊での幕僚と兼任も多い)。上記は軍法で規定されている上限値である。


陸軍:第一特殊作戦部隊トライ(魔法部隊)

通称トライフォース。組織的には陸軍の一部隊であるが、国防総省直轄扱いで有機的に活動する。アマリス帝国の白色魔術団のように世界的に名の知られた存在ではないものの、フェルナンドにもまた魔法部隊が存在する。この魔法部隊の原型は、王国復活後のレイアスト解放部隊の中核となった選抜魔術師メンバーである。また通称である「トライフォース」の名称は、その際の作戦名「トライアングル作戦」に由来する。そしてこのトライアングルは、レイアスト男爵家の紋章である赤地に金のトライアングル(楽器)である。同種のものは旧王国時代にも10数名の規模で存在し、そのうち1名が現在のトライにも所属している。あとはすべてアーサーによって王国復活後に任じられた人物である。

現在の長はパラリアーナという名の女魔術師で、かつてホーメルト南島の西端に存在した国家イヴァン帝国の姫である。イヴァン帝国は1,612年に来襲したスメル帝国軍により首都エトーを陥落されて滅亡している。パラリアーナは1,629年にアーサーの親類にあたるアーノルドに焚きつけられ、皇帝アーサーを自分の国を滅ぼした張本人だと信じ込まされた。祖国の滅亡時パラリアーナは18歳であり、本来であれば十分記憶を有していた。しかし様々な条件が重なってアーノルドの言葉を信じてしまったのである。弟でテルトテラン教司祭のドレンアークと共に立てこもったエトーの旧城はアーサーとデッド・アリヒュート(国防長官、魔法長官、参謀総長)らに急襲され、さらに南西のドラゴンマウンテンへ逃げた。しかし、ドラゴンマウンテンの長ナイトフレームは二人およびアーノルドを保護しつつ、その後訪れたアーサーおよびウォーターミラーに事情を尋ねた。ナイトフレームはパラリアーナらを保護対象と見做さないことにし、三人を差し出した。そうしてパラリアーナは降伏した。アーサーは彼らを赦し、魔術師の姉には難航していた魔法部隊の長の任を与え、弟には宮廷付き僧侶隊の一員の役割を与えた(アーサーは自身の信じるエルメラン以外の宗教に比較的寛容であり、改宗を促すことはない)。

一小隊を率いる人物として、マゼール・グラップナッシュがいる。彼の率いる小隊は過去、デッドが率いていたネクロマンサーズという特殊な魔術師団であり、マゼールはそのNo.2だった。アーサーはネクロマンサーズを解体することはせず、そのまま魔法部隊の一隊に編成した。

※かつて先祖のイヴァン10世がナイトフレームと契約を結び、危急の際の助力を約束していたため、ひとまず二人およびその友人というアーノルドを保護することにしていた。


海軍:フェルナンドの艦艇

航空母艦

リストミア級

モルファレイド級(軽空母)

キンメリア級

ライゼル級

ザモラ級(軽空母)

ヘイン級(軽空母)

戦艦

プロマンデン級

ジョージ級

アンドリュー級

バレラス級

ヒューマリア級

ノブル級

エンペラー級

バレラスII級

巡洋艦

イスマイリア級

ソードピーク級

サンクリスト級

レイクベルク級

ザストラーン級

デススター級(イージス)

ホーメルト級(イージス)

駆逐艦

メーヴルロップ級

ヘルツェン級

リューフラウ級

潜水艦

アカイネック級

エンターランド級

フレームステップ級

シークィーン級

補給艦

バーナード級


海軍:フェルナンド帝国次期主要艦船

航空母艦 「ライゼル」級

フェルナンド海軍初の内燃空母。ジアザー帝国(現アマリス帝国)の窈湖(Youko)を中心とする次世代推進研究所との協同で開発した、内燃機関を搭載した空母である。フェルナンド帝国では空母15隻体制をとっており、順次この型に切り替えていく予定となる。その栄えある一番艦は、アーサーが尊敬する祖先の一人で祖父の<再建王>ライゼルの名を冠する。二番艦は第一キングスパーティの一員、混沌戦争でのロウトアー瓦解時、妃や王女たちを脱出させて混沌に飲まれたアーサーの父<獅子心王>リチャードとなる予定。三番艦以降は未定。

なお、元々歴代の王名はジョージ級戦艦(ジョージはフェルナンド建国王)につけられていたが、十一番艦の建造を前に王国が崩壊した。再建したアーサー・フェルナンドはジョージ級を竣工の終わっていた九番艦までで終了とし、ライゼルを新たに建造される空母の名称とした。

ライゼルRizelCVN-11,630年竣工予定
リチャードRichardCVN-21,631年竣工予定
(未定)CVN-3
(未定)CVN-4
(未定)CVN-5
基準排水量973t
満載排水量1,487t
全長392.9m 全幅:14.3m(飛行甲板20.5m)
吃水3.3m
主機A4W/A1G2基/蒸気タービン4基 4軸
出力3,900馬力
速力40ノット以上
兵装シースパロー16連装発射機6基、30mCIWS8基、トマホーク8連装発射機16基、ハープーン8連装発射筒3基
搭載機F-6 4機、F/A-9 4機,EA-6E 2機、A-6E 4機、E-3M 1機、S-3A 2機、SH-3G/H 1機
乗員236名/航空要員 29名

海軍:自動防空システム

フェルナンド帝国の艦隊は、その数自体は少ないが、それぞれを構成する艦数が通常の4倍であることが知られている。これは戦力の局所集中という用兵の根幹にならったものである。もしこれを2つに分割したとしても、なお通常の倍の艦数である。効果的な挟撃作戦の展開も容易である。すでに戦争が航空兵力に移行しつつある現在、これは多少時代遅れに写るかもしれない。しかし、皇帝アーサーはそれほど愚かではない。それぞれの艦隊に最低5隻の正規空母を配備し、それを補う予定である。さらに構成するほとんどの巡航艦クラス、駆逐艦クラスをミサイル装備型にバージョンアップする。

自動防空システムは、これに上乗せされるさらなる計画である。艦隊に3隻ずつ、イージスシステムを搭載した巡航艦を配備する。イージスシステムは一度に60以上のミサイルをロックでき、20発のミサイルを同時に発射して誘導が可能である。もちろんそれ一つ一つの破壊力はたとえばドバヌール王国の超大型砲(48センチ口径)に及びもつかないが、20発のミサイルを同時に、同箇所に命中させることができるのである(撃沈にミサイルを20発も要する艦など、ドバヌールのフリンキア級くらいしかないが)。

これと平行して、フェルナンドではもう一つの自動防空の計画が着実に進んでいる。首都を始めとした主要6都市の上空に、‘エリカの首飾り’と呼ばれる12基の浮遊砲台を設置(打ち上げ)する。それぞれの’ダイアモンド’の武装は、ミサイル発射口4(通常弾32発)、マジックビーム砲1門(53射)である。これある限り、いかなるものも空からその都市を占領することは不可能であると考えられる。フェルナンドは将来的にはさらに多くの都市に配備することを考えている。


空軍:フェルナンド帝国の軍用機

戦闘機

F-1スカイファイター(試作機)1,613
F-2スカイライダー(試作機)1,613
F-3スターファイター(試作機)1,614
F-4レッドフェニックス フォルジャー社1,615
F-5レッドファイター(試作機)1,616
F-6レッドフェニックスII1,617
F-7レッドバード(試作機)1,619
F-8レッドフェニックスIII1,622
F/A-9レッドバードII1,624
F-10スターバード ミニスター社1,626
F-11ストームバード1,629
F-12ゴッドバード1,630
F-13ライトニングソード コンドルジェット社1,630
F-14フルガット フォルジャー社1,630

偵察機

ZSR-70ブラックロード(試作機)1,614
ZSR-71ブラックフェニックス1,615
ZSR-72ストラトフェニックス(試作機)1,617
ZSR-73ブラックウィング(試作機)1,623
ZSR-74シューティングフェニックス(試作機)1,626
ZSR-75グレーターフェニックス(試作機)1,627
ZSR-76スーパーフェニックス1,630

空軍:フェルナンド人工衛星「バレラスサット」

皇帝アーサー・フェルナンドの勅命により、1,624年6月30日に打ち上げられたエルヴァート初の人工衛星である。極軌道に乗せて約99分をかけてエルヴァートを1周りするこの衛星の魔力は、魔術師の目千里眼である。アーサーはさらに赤外線カメラとX線カメラをも付加したかったのだが、これは魔法学的に不可能であった。

ただし「打ち上げ」と言っても、バレラスサットは地球の人工衛星とは異なり、推進力を持ったロケットに乗せて打ち上げたものではない。この人工衛星の総重量はおよそ20tになる。航空機に使用している航空魔法は高度限界があった。通常の物品テレポートでは精度問題に加え、200マイル上空に出現させても重力に捕まってあっという間に落下すると想定された。

これらの問題を解決するため、膨大な研究が行われた。その結果、アマリス帝国白色魔術団の持つ集団性拡張テレポート魔術を応用してマルスから20万km程度の場所へ出現させ、コンティンジェンシー魔術で物体移動魔術を発動、マルスへの突入推力を与えて楕円軌道に載せる手法が確立された。綿密な軌道計算が必要となるが、いったん公転軌道に投入してしまえば、あとはマルス星の重力を利用して半永久的に周回し続ける(監視によって微調整は行っている)。文字通りの打ち上げ方法を追い求めるよりは確実かつエネルギーを消費しない方法である。

ただ、確かに打ち上げには成功し、期待された能力を発揮してはいるが、この衛星の開発には296万ホーメルト(gp)という巨額を必要とし、また打ち上げ時の推進機その他に44万ホーメルトを要した。アーサーの思い描いた4機体制構想を実現するには予算的に折り合わず、裏エルヴァート上空へ投入予定だった2号機の打ち上げは見送られている。地上200マイル程度になると永続化魔術に綻びが生じることが確認されており、耐用年数はおよそ100年と見積もられている。このため原価削減のための研究が常に求められている。

なお、地上でこの衛星から映像を受信するのは、アイスラント製のコンピュータ、PC-88801MRである。これにはジアザー帝国(現アマリス帝国)の窈湖の力がものを言った。フェルナンド技術陣が開発した画像処理・ファイル化ソフトのコアモジュール(受像データを最大24bitフルカラー抽出して圧縮する)は、窈湖の開発である。帝国は現在までにこのツールを使用して約2,000枚の地上写真(?)を保存している。なお、現在はフェルナンド技術陣によりさらに改良を加えられている。

1,630年のPC-99801Az/Skylight対応ソフトウェアもほぼ完成して移行待ちであったが、1,630年年初に発生したイモータルの破砕日によりコンピュータ本体が破壊され、一時大幅な後退を余儀なくされた。バレラスサット本体はイモータルの破砕日の効果範囲よりも上空にあったため影響を受けることはなかったが、コンピュータが修復され、交信が回復するまでその無事は確認できなかった。

バレラスサットの主な使用目的は軍事行動のための表エルヴァート各地の偵察であるが、必要とあれば表エルヴァートのあらゆる場所に対し、800ヤードの精度で毎ターン10分ごとに1発のメテオ・スウォームを落下させることができる(総弾数20発)。

※1:38:57.269。√(GM/(R+r))にM=9.42x1024kg、R=7,966.825km、r=200*1.609344kmを当てはめて31,577.791km/hを得て、軌道円周2π(R+r)を割った(離心率が2.0938E-05と0に近いため真円として計算。近似式を用いれば1:38:57.358)。


フェルナンド帝国の勲章

フェルナンドでは、軍事的に(あるいは政治的に)勲功のあったものに対して、階級を与えるほどのものでないときには勲章が授けられる。

現在のところ勲章には二種類が有り、それぞれグレーターフェニックス、レサーフェニックスと呼ばれる。

1,630年現在、グレーターフェニックスは与えられた者はいないが、クラウド・ファルマス元帥はほぼ確定だと言われる。

レサーフェニックスは現在までにクラウド・ファルマス、ラインハール・フォン・ハインスリッタークラウス・フォン・ローゼンベルクイェン・ヴェルディ、ウィリバール・ヨハン・フォン・メールッツ、デッド・アリヒュートナジャール・グウィンバードゼロス・エルディオレカーテローゼ・フォン・ファイゲルジャック・シュナイダーシルクシア・ムライトルーク、それに友好国国家元首としてジアザー・テレビジョンおよびジアザー・テレビジョン2世に授与されている。