イルダ領

錨の画像はArmoria様より

イルダは南ホーメルト島北西端に位置する港湾都市である。フェルナンド帝国に組み込まれる前からの大商業都市であり、国際貿易でファームズやアルカレティアス、馬具笊ギルドと覇を競った。イルダには明確な支配層が存在しない。商工会議は寄合のような組織であり、頭取(商人頭)であるペーター・モーパッサンも尊敬によってその地位にいるだけで、明文化された権限を有しているわけではない。利益は基本的に組織のプールであり、各家は必要な費用(事業費だけでなく食費や生活費、養育費、社交費、安全保障費、各種修繕費用等々)を会計に諮った上で会議の資金から捻出する。それぞれの家に大きな収入はない。頭取ペーター・モーパッサンと三人の副頭取には申し訳程度の役職手当が支給されている。

イルダで商売を始めたいと考える者は、ある程度の条件を満たせばいつでも組織に加入申請することができる。

このような形態のため、皇帝アーサーはイルダに対してのみ帝国の一般的な徴税方式(各家の収入に応じた課税)を適用せず、商工会議からの徴税のみ行うことにした。ただし、とくに大きな有形無形資産を持つと判断された者たちについては、別途加算している例もある。イルダの繁栄を損なうことのないようにとの特例である。イルダの繁栄はイルダの者たちだけで十分に持続可能なものであり、国家主導で国の財政と密接に関連するファームズやアルカレティアスとは異なる。馬具笊ギルドはさらに異なり、国家と商人組織…羅岱が対等な関係で同盟していた(現在はラムサダス帝国に編入され、イルダと類似の形になっている)。

イルダの自治権はヨーンやドルドムラと比較すれば小さい。これは元々イルダが帝国編入前から特殊な都市であったこと、その特殊生が商業面にのみ突出しているからである。商工会議にそれなりの権限を与えた上でその手綱を握れば、都市全体を完全にコントロールできるという判断による。例えば数年に一度、全住民あるいは全商業組合(個人・団体問わず)に対して帝国から調査が行われ、商工会議が協力しているが、どちらかといえば形式的なものになっており、商人にありがちな多少の申告漏れや利潤隠匿があっても、ほとんどの場合不問に付すか商工会議への報告を促す程度で終わっている。帝国が見つけたいのは帝国への叛意の萌芽であり、商業という範囲内に収まるものは重視していない。