イルゾニア森(Forest of Illusonia)

エルヴァート第二期より存在する古き力ある森。第二キングスパーティ・ラムサダス(ラムサロース・フィン)の生まれた森。古えの聖魔大戦の際、ビッボォルウに倒された妖精王センリニールがその残る力すべてを使い、ラナラント(妖精郷)の森の一部を丸ごとここに転移させた。そして、その空間重複による魔法的融合のエネルギー(約9.37×1023Eボルトと推測される)をラナラントに転化し、自らを、そしてその地自体を滅ぼし、さらにビッボォルウの力を半減させた。

エルヴァートの森となって以降最初の、そして森が開放されるまでの唯一の訪問者は、センリニールの長子ヴァンガード・クロイエンによる長征の後、「家宝の腕輪」と呼ぶ腕輪に導かれた大白妖精の一人サイアノル・フィン、その伴侶たるエステリア・ニヤーミャ、そして彼らの一族である。この二集団が森へ入ってから、森の中心部は外界と隔絶されることになり、誰も入ることはできなかった。

身につければ無類の強さを得られるこの「家宝の腕輪」は、(サイアノルの記憶からは消えていたが)ビッボォルウに手渡されたアーティファクトであり、本来は「死への腕輪」という名である。「死への腕輪」は、腕から取り外すことができなくなる代わりに、着用者に圧倒的な力を与える。しかし、着用者が子を生むと、リングは子が10歳になるまでの間に自動的にその腕に移り、そしてその子が腕輪の力に耐えられるよう、元の着用者から急激に生素を吸収する。そのため元着用者は病弱になり、ほとんどは3年以内に、長くても50年以内に死亡する(アルフは本来もっと長寿)。いわばカースドアイテムである。この腕輪は、取り外すのにイモータル級の莫大な力を要する計15,000PP(イモータルズルール参照)が必要であり、破壊にはさらに35,000PPを要する。モータルにはウィッシュを含む如何なる方法でも取り外すことができない。

リングは1,613年にラムサダスはティアマトを封じに1,000年前にタイムトラベルした際、エルメランによって解除・破壊された。エルメランはこのために莫大な力を収集した。エルメラン自身のの力8,000PPに加え、封じられたティアマトより手にいれた力7,000PP、腕輪自体の力5,000PP、そしてエルメラン教の下位神3神、ミアン、テレジーナなどからの力30,000PPである。彼らは使用した力PPを取り戻すのに約200年かかっている。

とはいえ、ビッボォルウの力をもってすれば、エルメラン級の力をもつイモータルが10人集まろうと彼らすべてを倒すことができる。彼を恐れさせるような存在といえば、長兄オルクマルドを除けばル・ソレイユやメロスくらいのものであり、それですら既に大した敵ではないと考えている。彼の本当に恐れるもの、それは彼自身まだ見たことのない存在、「古き者」だけなのである。

※実際には、ビッボォルゥは「古き者」に出会ったことがある。しかしこの記憶は失われている。多元宇宙関係の資料を参照のこと。


前述のように、サイアノルとエステリアが森に入ってからの数千年、この森の中心地付近には外からはまったく入ることができず、周囲の者達はこの森にアルフが棲んでいることをまったく知らなかった。逆に解放前にこの森から外へ出られた者もごくわずかしか存在しておらず、知られているのはラムサダスと、そしてラムサダスより前に出たレイサラス(レイサリアース・ニヤーミャ)くらいである。1,614年の混沌戦争の後、この森を封じていた力は徐々に弱くなり、1,620年頃には完全に失われた。そのためラムサダスの義弟であるフレリシア・ニヤーミャは現在自由に森を出入りして、人間の街へ出かけるようになっている。

現在では既にその価値は半減しているが、レイサラスが脱出したのは、「アルフの道」によってである。フィンの北、ニヤーミャの西に小さな小池がある。この小池は地下深くまで続いており、その壁面にまた小さな穴が開いている。同様の構造がフレーム草原東部にも存在する。この水中の二点を連結しているのが「アルフの道」である。これは大白妖精の誰かが作ったものではないため厳密には「アルフの」道とは呼べないが、同じ効果を持っている。レイサラスは(彼以前に森を出た者と同様に)完全な偶然でこの「道」を発見した。その後彼は誰にもこのことを言わなかったし、現在でも秘密にしている。

イルゾニア森には住んでいたのは、サイアノル、エステリア以降数千年間彼らの2氏族だけであった。森が開かれたため若干のマレイリーやエルスティ、オルドレスティ、そしてヴァレールのアルフも移住し始めているし、人間にも多くの場所が開放されているが、それでも大半はこの2氏族であり街も2つしかない。

フィン氏族の先代氏族長はラムサダスの父アイヴォリウスであり、ラムサダスが森を出た直後に妻と共に死んでいる(ラムサダスが51歳のときであり、「死への腕輪」の元着用者としては長く生きた方である)。その後ラムサダスの妹であるフロリアーナが氏族長を継いだ。フロリアーナがニヤーミャのフレリシアの妃となってフィン氏族から離れることになったため、アイヴォリウスの弟(ラムサダスの叔父)レスティリアスが継いでいる。レスティリアスには三人の男子がおり、次代の氏族長はおそらく長男だと思われる。

ニヤーミャの現氏族長はフレリシアである。父は既に他界しているが母は存命である。フレリシアには弟がいるが、彼はラムサダスが森を出てから生まれたため、ごく最近まで会ったことがなかった。

イルゾニアアルフは身長が高いなどの点で創始の大白妖精の形質を残している種族であるが、寿命は他のアルフと大差ない。魔力は他のアルフよりも強いが、それでも太古の大白妖精とは比較すべくもない。