第一キングスパーティの秘密

皇帝アーサーの父リチャード(リオン)、ロングッドのメルメトン(カール)、ファナス、ローリング、そしてオールクニルの、いわゆる第一キングスパーティ(FKP)による最後の冒険である「光の殿堂の探索」(ライトクエスト、1,592年)として知られる〜の最終盤で、ローリングがカオス・ドラゴンとの戦闘に斃れるのは、ホーメルトの民なら誰でも知っている英雄譚である。

1,618年、ある情報がフェルナンド情報網に匿名でもたらされた。それによれば、実際にはローリングはこのときには死なず、その後に殺害された、というのである。

彼の謀殺は実に不名誉なことである。これが民間にでも知られれば、かなりの動揺が予想される。また、ドバヌールやシリアといった列強との戦いを前にして、軍を動かすわけにもいくまい。

そんないきさつから、皇帝であるアーサーは自ら調査を開始する。まず信用が置け、口が堅く、また勇気と誠実さをあわせもつ、部下のクラウドを選び、そして…。

魔術師のオールクニルに関しては、南島のリルガムの山中の小屋で、ひっそりと余生を送っていることがすぐにわかる。60歳を越し、頭は完全に真白くなっており、また痴呆が進んでいるので、情報を引き出すのは難しいだろう。

M30 AC8 hp35 #AT1(拳) D1-2 S6 I17 W16 D9 C9 Ch13
プロテクションリング+3 ヒールリング(5ラウンドに1ポイントずつヒットポイントを回復する)

シナリオソースとして作りかけたもので、当時ローリングがどのようにして死亡したのかは考えていなかった。現在の設定(史実)では、世間で知られているとおりカオスドラゴン(創始の混沌竜ラ・ドラコの茶の矢)に倒されたということで落ち着いている。