無カミザ

現在のエルヴァートの設定には存在していないが、かつて「カミザ国」という民主国家があった。現在のフェルナンド帝国バレラス州の中央付近にあった国である。首都ロウトアー。民政党という政党の党首エール・ハミルトス委員長がその元首だった。1,607年まではティルス6世の治めるカミザ王国という専制君主の国だった。ティルスが大型間接税を導入しようとした際、民衆はこれに強く反発した。ハミルトスは彼らを扇動、民衆革命が発生した。ハミルトスらはロウトアー城を包囲してティルスに降伏勧告した。3日後、ティルスらは降伏し一家は処刑されることになった。この処置はティルスの友人だったロングッド国王メルメトン2世の取りなしですんでのところで回避され、ティルス家はカミザの街で存続を許されることになった。

無カミザ時空におけるティルス一家は以下のとおりである。

ティルス6世シーナ・カミザドルトン・デクレア・モリアス・カミザカンサス・カミザキャサリン・<月光草>・カミザレサヴァン

国王王妃第一王子第二王子王女専属魔術師
戦士魔術師戦士戦士戦士⇒僧侶魔術師

無カミザ時空においてアーサーが妃を探し始めたとき、旧王国の王女であるキャサリンもその候補に上がった。最初はアーサーが突然訪ねたため、キャサリンは青竜をけしかけて追い返したことがあった(これがキャサリンのペットだったかどうかは未設定)。アーサーはフライで逃げる途中に、ジアザー率いる白色魔術団に助けられた。また交際を開始してから、二人で別のドラゴンに襲われたことがあった。アーサーはキャサリンとともにクリーム山脈のドワーフ氏族の王子ダンギスの元に身を隠した。その後アーサーがキャサリンを候補から外すと、キャサリンは「になります」といってエルメラン教会に入り、一生を教会で過ごすことにした。

カミザ国が存在した時空において、リチャード・アーサー親子はロングッド王国ザモラ候とその息子だった。第二キングスパーティが永世王国の危機を救った際、「自分の力が及ぶ範囲で願いを叶える」という半神ヴェダイとヴィドワに「フェルナンド王国が欲しい」と願った。その願いは叶えられ、アーサーらはその時空から現在のエルヴァートの時空に移った。王国はカミザ国とその周辺に建てられ、侯爵だったアーサーの父リチャード・フェルナンドがその国王に据えられた。代わりにティルスはカミザ侯爵になった(なお、現在の時空では第一キングスパーティのメンバーはリチャードであるが、この時空においてはティルスであった)。

他に例えばルヴァル王国という国もあったが、これも現在の時空ではフェルナンド王国に組み込まれ、アーサー・レキシントン男爵という設定もそのままフェルナンド王国の男爵となった。セーラン王国国王オーリック・デイヴィスもセーランの男爵となった。

元の時空の歴史を知っていたアーサーはハミルトス委員長を危険視し、「帰還」するとすぐに国家反逆罪の疑いにより彼を逮捕、死罪を申し渡した。弁明の余地を与えぬ恐るべきものだった。同時に他の政党もすべて解散させた。続けてアーサーは、クリーム山脈にダンギスの元を訪れて礼を言っている。もちろん、現在の時空のダンギスはアーサーのことなど知らなかったため、終始きょとんとしていた。

家族関係や人物の性格などの設定は、基本的には現在の時空でも同一である。しかし、ティルス一家は全員1,614年の混沌戦争で死亡している。このためアーサーによる王国復活時点でカミザは主のいない街となっていた。レサヴァンについては国王付きとなった歴史が存在しないため、在野の(名の知られていない)単なる1魔術師であり、同じく混沌戦争時に死亡している。