フェルナンド帝国政治機構

帝国

              皇 帝─────────情報部─────────最高情報部
               │
              皇太子
               │
  ┌────────────┼─────────────┐
<司法部>        <行政部>         <立法部>
  │            │             │
最高裁判所         宰 相          (帝国議会)
  │            │             │
高等裁判所────┐     │            上 院
  │      │     │             │
地方裁判所  家庭裁判所   │            下 院
  │            │
簡易裁判所          │
               ├─政調部──┬───政策運営・予算局
               │      │
               │      ├───最高国防会議
               │      │
               │      ├───経済勧告委員会
               │      │
               │      ├───国家安全保証会議┬───中央情報部
               │      │           │
               │      │           └───憲兵隊
               │      │
               │      └───緊急計画局
               │
               └─省庁部──┬───国務省─────────高等情報部
                      │
                      ├───財務省
                      │
                      ├───国防総省────┬───陸軍部
                      │           │
                      │           ├───海軍部
                      │           │
                      │           └───空軍部
                      │
                      ├───司法省
                      │
                      ├───内務省─────────各州知事
                      │
                      ├───農務省
                      │
                      ├───商務省─────────金利監査局
                      │
                      ├───労働省
                      │
                      ├───厚生省
                      │
                      ├───建設省
                      │
                      ├───運輸省
                      │
                      ├───郵政省
                      │
                      ├───文部省─────────各種学校
                      │
                      ├───魔法科学技術省─────開発局
                      │
                      ├───宣伝省
                      │
                      └───エネルギー省

1,630年時の各ポスト

皇帝アーサー・フェルナンド
皇太子アンドリュー・フェルナンド
帝国宰相バークレオ・フェイズ
情報局局長クラウド・ファルマス元帥
最高情報部部長ジェームス・バンド中将
上院議長ウィリアム・ジェファーソン
下院議長ジョージ・ケナン
最高裁判所長官トマス・コークス
政策運営・予算局局長アーネスト・ラフィーヴァー
最高国防会議議長ヘンリー・スタンベリー
経済勧告委員会会長チャールズ・ウォーレン
国家安全保障会議議長ルイス・ストラウス
緊急計画局局長アルベルト・シーラッハ
中央情報部部長ティタニア・ディオン少将
憲兵総監ハインリヒ・リッペントロップ
国務長官クラウス・フォン・ローゼンベルク
高等情報部部長ザ・サードマン少将
財務長官ロバート・グウィネル
国防長官デッド・アリヒュート元帥
陸軍長官ラインハール・フォン・ハインスリッター元帥
海軍長官イェン・ヴェルディ元帥
空軍長官ジャック・シュナイダー元帥
司法長官マルキス・グロティウス
内務長官リチャード・ハリスン
農務長官シンシア・ピーターソン
商務長官デヴィッド・マクスウェル
労働長官フランツ・フォン・ハーヴェン
厚生長官エヴァ・デーニッツ
建設長官ディーン・ラスク
運輸長官チェースター・ダレス
郵政長官ディーン・アティソン
文部長官エドウィン・ホーリー
魔法長官デッド・アリヒュート元帥(国防長官兼任)
宣伝長官パウル・ヨーゼフ・ハイドリヒ
エネルギー長官ウェスリー・ギブスン

フェルナンドの長官に法制上の上下はない。ただ、人が集まれば常にそうであるように、力関係は自然にできあがる。現在では国務長官のローゼンベルクが第一と目されており、続いてデヴィッド・マクスウェル、そしてマルキス・グロティウスとなる。

上院は各州から2人ずつ選出され、計32人で構成される。任期は10年である。下院は各州から比例で選出され(5つの自治領からも1人ずつ)、計167人で構成される(各州の人数は人口を参照。任期は5年である。上下院とも島嶼部、および1,629年に併合されたセイレイ大陸からの選出は決まっていない。旧シリア王国を暫定でシリア州としたことで、バレラス州を超える人口を持つことになってしまった。現在の比率をそのまま敷衍すれば、33名の下院議員が1行政単位の代表として加わることになる。クルスピリアの街だけでもバレラスを超える人口を集めており、どのように扱うべきか課題となっている。現在4分割あるいは5分割して特別州とすることを検討されている。


              州知事
               │
  ┌────────────┼─────────────┐
<司法部>        <行政部>         <立法部>
  │            │             │
地方裁判所────┐    副知事      (州議会 州により一院制も)
  │      │     │             │
簡易裁判所  家庭裁判所   │            上 院
               │             │
               │            下 院
               │
               ├─各委員会(数や内容は州による)
               │
               ├─会計監査官
               │
               ├─各郡長(数は州による)
               │
               └─州兵(有無は州による)

フェルナンドのその広大な領土は、州(State)という区分で分割される。現在16ある州はさらに郡(Country)に分割され、さらにこの下に各都市がある。帝国では加えて5つの自治領や3つの魔術師の街、そして直轄地(島嶼群)が存在するが、ここでは割愛する。

各州の知事は帝国の組織構成上内務省の配下にあるが、これは任命権が帝国にあることを示している。州知事選挙は各州での立候補や推薦に基づいて行われ、また州内における権限も帝国から独立している(実態に即しているかは知事による)。州ではそれぞれ副知事、会計監査官が州知事により任命され、組織として州議会、司法府(地方裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所)および各委員会が存在する。また州によっては州兵を組織していることもある(副知事と会計監査官は必須であるが、委員会や州兵は存在しない州もある)。これらはいずれも州知事の下に配されて州知事によって任命されるものであり、帝国とは基本的に独立している。ただし、地方裁判所は国法によって高等裁判所の指揮下にあることが規定されており、現時点ではクリーンな組織図とはなっていない。これは各地方において司法を形作るための過渡期の条項であり、皇帝アーサーおよび司法長官マルキス・グロティウスは、今後各州の組織の成熟度合いに応じて州単位でこの指揮系統を解除するつもりである。

立法府は存在するものの、「州法」というものはない。州で必要になった法律は、特定州のみ適用とするとした条項を第一条とする形で州議会で議決された後、帝国議会に報告される。そして帝国議会上院下院での審議(各最低1日ずつ、時に10分程度)の後に皇帝の裁可をもって準国法として成立する。帝国議会での審議は形式的なもので否決されることはないが、皇帝には拒否権がある。この帝国議会を経由する立法もまた、今後解除されて各州議会で直接立法が可能となる。ただし皇帝の拒否権はそのまま残る予定である。州議会は当初帝国に合わせて二院制が規定されたが、その後半数近くが必要な人員の確保が難しいことを理由に、議会での審議を経て一院制に移行している。

1,630年現在の州知事は人口を参照。

帝国の州は、大小の国家を併合した後に帝国によりそれぞれの領域を再編されたものであり、かつての国家と同一ではない。多くの境界はかつての国境と同一であるが、一部引き直されたところもある。また、それぞれの統治機構も帝国によって再編されたものである。一部には被征服国の組織がそのまま残っている場合もあるが、初代の州知事はすべて帝国による人選である。

同様に郡、都市にもそれぞれ長と議会が存在する。ただし都市になると実際には市長や町長のみということもある。