ファームズ帝国の軍隊

実働部隊

兵練博士:フィア・ランセス中将/男爵

マンダナグル総司令官:クライソン・ファームズ大将/侯爵

ファームズ王国軍

陸軍海軍
第1師団キールマン2世大将アースグリム第1艦隊オットー・ドールザンマン中将オイゼン
第2師団アントン・ボフハウゼン中将ファスハイム第2艦隊ハンス・グレイン中将マルシェ
第3師団フィア・ランセス中将フィードランド
第4師団ウルサ・ツヴェイル中将ムルクヤップ

ミュンハイム王国軍

陸軍海軍
第5師団コリン・ローリッヒ中将ノールトード第3艦隊ファイア・フォージ中将オイゼン
第6師団ライシュ・ピアデス中将ヒラージュ第4艦隊サイス・コーネル中将セピアス

サリトル王国軍

陸軍
第7師団バーン・ゴーランド中将ゴーランド
第8師団ファン・ミルトン中将スプリングレイク
第9師団マーティ・ワイズメル中将ダークアシュ

マンダナグル方面軍

陸軍海軍
第1特別師団クライソン・ファームズ大将マンダナグル第1特別艦隊(未決)マンダナグル
第2特別師団テセウス・ファームズ中将マンダナグル第2特別艦隊(未決)マンダナグル
第3特別師団(未決)マンダナグル第3特別艦隊(未決)マンダナグル
第4特別師団(未決)マンダナグル第4特別艦隊(未決)ポートアール
第5特別師団(未決)ポートアール第5特別艦隊(未決)ポートアール
第6特別師団(未決)ポートアール第6特別艦隊(未決)トラヤン
第7特別師団(未決)ポートアール
第8特別師団(未決)トラヤン

陸軍の将軍はすべて土地付男爵。海軍は特任であり、ミュンハイムのフォージを除いて土地付男爵はいない。

ミュンハイムは歴史的に海に接していた時代もあって海軍を持つが、内陸であるため任地サリトルは諸侯乱立の国で基本的に対外戦には興味が薄く、海軍を擁していない。と分断されている。

マンダナグル方面軍は、裏エルヴァートのフィンディル大陸、シトカ王国内マンダナグル地方と、その西方ザート湾岸領に駐屯している部隊である。現地での商業活動保護の目的で設立された小規模な部隊が、現在では陸軍が8師団10万人規模、海軍が6艦隊180隻にまで増強されている。これはシトカ王国軍を上回る規模である。本国と異なり実質的な戦闘が絶えず発生していることもあり、その練度は本国の数段上である。将軍の一人は現地徴用された人物である。1,609年以降は現地で解体されたミストル王国の軍人も吸収している。

なお、マンダナグルとは単体テレポーターで接続されており、10秒に一人ずつながら瞬間的に行き来することができる。声だけであればエコー装置があって会議には支障がない。


戦闘機

番号名称ロールアウト生産数現配備数備考
F-1(なし)1,59920初の制式戦闘機
F-2(なし)1,60240F-1改良型
F-3(なし)1,610120
F-4ブリッツ1,614160
F-5ズィルバーブリッツ1,61520F-4改良型
F-6ヴィント1,62062
F-7スカイパイソン1,6222020ファームズ王国主導初の戦闘機
F-8ジェットコンドル1,62666

現状ルートクロスに28機が配備されている。基本的に首都防衛用と考えられており、実戦に投入される例は限られている。また将軍たちも古典的な戦闘を好んでいる。イルビジア峠の戦いでもランセス男爵の発案で2機のF-3が投入されているが、1機が未帰還となっている。