マンダナグル社

ファームズ帝国が1,600年に裏エルヴァート、ズィドラス大陸のシトカ王国内に設立した交易会社。マンダナグルは最初にその社屋を置いたザス・トラス海(イシュ・ヴォー)に面した街の名であり、現在はその西方、ラーザルヒ湾の奥に建設した街ポート・アールに社屋を移している。この組織の設立を強く牽引したのが先帝ファームズ25世、当時若干22歳だったステインである。彼は弟で18歳だったリューファイオンを現地に派遣し、総督としてその地の全権に近い権限を与えた。なお、最初にズィドラスに至ったミストルも同様にマンダナグルに組織したが、これはよそ者を一箇所に集めておきたかったシトカ王国側の事情である。本国が滅亡した後、現地のミストル人は無益な争いを起こそうとは考えなかった。守備隊はファームズ軍に、商隊は同様にファームズの商隊に組み込まれた。結果として故郷への帰還を願った者や現地で一般住民となることを選んだものを除き、大半の人員がファームズ側に引き継がれた。唯一の例外が、ランス・スピール率いる300人程度で、彼らはファームズに組み込まれるのをよしとせずに傭兵団を設立し、現在は東のフレンダーノ辺境王国に雇われている。

帝国はこの方面で産出される紅茶や香辛料、貴重な鉱物資源や動物の毛皮、魔法物質などを表エルヴァートで売り、逆に表エルヴァートの物品を運び込むことで莫大な富を築くに至っている(エストメス大陸通行許可の契約としてホーストヘルン側にも物資を提供している他、エストメス大陸側の物資もまた表エルヴァートへ送られている)。ステインはこの功績により本国で人気絶大となり、皇帝リアン(ミュンハイム王家)の娘婿でもあった彼が次の皇帝になることが絶対視されるに至った。なお、リューファイオンが現地に伴ったミュンハイムの公爵イングヴァルが副総督となり、リアン亡き後にステインの命でミュンハイム王となる。現ミュンハイム王ハイムゼルは彼の長男であり彼に代わって副総督となった。

1,606年にさらに弟のクライソンが18歳になると、今度は彼を総督としてリューファイオンを本国へ呼び戻した。リューファイオンは兵練博士でもあり、テレポータがあるとはいえ本国にいた方が良いとの判断もあった。現在はさらにクライソンの長男テセウスが総督の地位にある。

混沌戦争でイングヴァル王が死に、ハイムゼルが本国へ戻って王となると、次にステインの長男で現皇帝のシャーイデニヒがごく短期間、クライソンの元で副総督となっている。ただし彼もステインの急死に伴って帝位に就くことになったため、半年強で本国へ戻った。彼の後の副総督はトゥハビナ・フルスタレフという現地採用の男である。同じく現地採用のウフララ・ポリノールの後にテセウスを挟み、テセウスが現地採用したジェイド・パウルセンという女性に至る。テセウスの現地妻という噂もあるが、テセウスには一切その気はない。

本国とは比較にならないほど精強な自衛軍を擁する。

なお、ホーストヘルンからエストメス大陸内の自由通行権を得るに際し、ステインとリューファイオンは交易に関する先述の2つの条件の他、もうひとつ条件を飲んでいる。当時の皇帝リアンも知らないまま死去した。それは、将来ホーストヘルンが表エルヴァートへ進出した際、ファームズ帝国内にその拠点を置くことを承諾する、というものだった。当時のステインらにとってそれはまだまだ先の話であると判断したのが最大の理由であるが、ホーストヘルンとの戦闘を避けたことでその真の力(とくにアルケイナの存在)を知らなかったため、それまでの本国の防備を固めれば良いだろうし、外敵となれば一国では抗し得なくてもライトネアやヘレネス、そしてエルドレスなども連合するだろうと踏んでいたからである。このため、1,629年のフェルナンド・シリア戦争にホーストヘルンが加わっていたと聞いたリューファイオンは、内心ぎくりとしていた。

総督

  1. リューファイオン・ファームズ 1,600-1,606
  2. クライソン・ファームズ 1,606-1,626
  3. テセウス・ファームズ 1,626-

副総督

  1. イングヴァル 1,600-1,601
  2. ハイムゼル 1,601-1,614
  3. シャーイデニヒ・ファームズ 1,614-1,615
  4. トゥハビナ・フルスタレフ 1,615-1,625
  5. ウフララ・ポリノール 1,625-1,626
  6. テセウス・ファームズ 1,626
  7. ジェイド・パウルセン 1,626-