26人衆

永世王国の騎士団と言うべき存在。AからZの26文字に擬せられた、強力な力を持った最大26人の軍団である。その力は世界最強とも言われる。1,630年現在の26人衆は以下のとおり。

1,626年〜、リーダー

1,615年〜

1,627年〜

画:秋川ひぐらし

カスタムキャストにて作成

1,617年〜

1,611年〜

1,578年〜

Factory for Avatarにて作成(ただし瞳の色を変更)

Factory for Avatarにて作成

カスタムキャストにて作成(ただし耳を加工)

欠員

1,621年〜

1,628年〜

Petalica様にて着色。

1,617年〜

1,602年〜

欠員

Vカツにて作成

欠員

1,626年〜

1,617年〜

画:ナスビン

欠員

欠員

1,620年〜

とくだ屋様フリー素材、背景:TEDDY PLAZA様フリー素材を使用

1,614年〜

1,629年〜

1,625年〜

欠員

1,626年〜

欠員

1,616年〜

1,616年〜

画:hashiya


過去の26人衆

「26人衆に所属した」設定がある者の一覧。メロスが26人衆を組織したのはA.C.16年であり、これまで1,000名弱が存在したと考えられる。

名前職業在任勧誘種族・備考
Aエイン・アリアドル(Aine Ariadol)盗賊
アルテュ・ドゥ・ミューレ(Arthu de Mulait)僧侶シャルルの祖先
アッジャール・ザンドルディン(Assahr Sandordin)戦士
エイドリス・ケンプファー(Adoris Kempfer)魔術師
アクレス・シュトース(Acres Shtorse)戦士1,6041,615サヨコ
アルデラ・モルディン(Alderra Moldin)僧侶1,6171,625ウラシティア
エール・ブラーンシュ(Aile Blanche)魔法戦士1,626アルフ、ダムの弟
Bビエルケ・オーリアン(Bjelke Åhlén)
ベン・ロードン(Ben Rohdon)戦士ドワーフ
ブレイズン(Blazon)魔術師1,5551,612レイトン
バンドラゴン・グレッドリィ(Bandragon Greadly)戦士1,613オットー、エルザ
ブラッドサン(Bloodson)戦士1,615サヨコ本名メイシー・ソルレディ、アシュラブレイの弟
Cクリス・アヴォート(Chris Avote)僧侶フレインの兄
クリス・ネヴィル(Chris Neville)魔術師1,1341,177<氷の貴婦人><寒き女帝>
クロード・アリアドル(Claude Ariadol)
コリン・アーミンス・トゥビアン(Collin Ermins Tobien)戦士、盗賊1,5891,611タムサルスハーフリング
シーザー・シュナイダー(Cesar Schneider)聖騎士1,6111,625アーランマリー・ルーンの夫、エルザの兄、<アルケントの獅子>
シャリー・アリス・ミキ(Charrie Alice Miki)僧侶1,627<ミストレイ>、<撃墜姫>
Dデザン・オニクス(Dezan Onyx)戦士
ディープス・スレッデンス(Deapse Sleddense)
ディーン・ザードル(Dean Zerdoll)
ドラゴン(Dragon)戦士、訓練師1,6061,615本名マティアス・ユリ・シュテルテベーカー
デッド・アリヒュート(Dead Arihute)ネクロマンサー1,615サヨコフェルナンド帝国参謀総長
デイジィ・マーシャ・マフピオタ(Daisy Marsha Mafpiota)僧侶1,617サヨコルーンワールドから移住、ヨセフの妹
Eエスベルト・コードア(Esbert Cordoa)僧侶
エイミ・サンロルカス(Eimi Sunrolcus)聖騎士815817ロングッド七賢人、現在イモータル
エリッヒ・シェルザート(Erich Sherzard)戦士
アーマン・ドロシィ・ティルセイン(Ermann Dorothy Tirsane)盗賊
アイアン・トリス(Eienne Toris)聖騎士1,5721,588ウェルナーゼルディスのパートナー、本名エクストレーム
エルザ・シュナイダー(Elsa Schneider)僧侶1,611フォン・ヴェストヴァルト、オスカーの妻、シーザーの妹
Fフレイン・アヴォート(Frain Avote)僧侶クリスの弟
フィーントリオ・ローリス・シューリムル(Feantrio Lhoris Shuerimle)魔法戦士1,3021,431アルフ、<無色の戦士>
フレッド・ラルキンセン(Fred Rulkinsen)戦士
ファイナルランダー(Finallander)魔術師1,5251,561グロード本名ラクシュール・ウェルカー・クルル、アルフ、<守護者>
フレイミア・サリスファネル(Flaymire Sarisfannel)魔法戦士1,578セイリアンアルフ、<碧の剣聖>
Gゲットルニンス(Gettolninse)
ジュゼッペ・プレニーニ(Giuseppe Prenini)戦士
ゴードン・バクレンドス(Gordon Bakrendos)神官戦士ドワーフ
グロード・ナルサン(Grode Nalsan)格闘家、魔術師、僧侶他1,1991,628テヴィアス
Hハイランド・サザーン(Hiland Susserrn)戦士アイルの双子の弟
ハール・レッシェル(Herl Lesshel)魔術師1,5771,604アイアン、ゼルディス青のハール、ハール・ブルーアイズ
ハイデルラーディアン・ダルトンソース(Hiderlardian Daltonsource)戦士1,6051,616サヨコウラシティアの兄、ジョン・クレイアーの義弟
ヘディ・リーヴン(Headdy Leaven)戦士1,621サヨコドワーフ、本名ハズルガグ
Iアイル・サザーン(Ille Sussern)戦士ハイランドの双子の兄
インギー・ランスフェール(Ingy Lancefale)僧侶1,3721,411
イスカンダラス・タルモトス(Iscandras Talmotos)魔法戦士1,5851,620ウェルナー本名イシュタル・モドラス、ブラックアルフ
アイゼル・シェルスキー(I'sel Schelsky)魔術師1,6221,626シーザー、レイナルド
イルリック・カーサリアン(Ilric Cursarian)聖騎士1,6261,628本名フェデリカ・カーサリアン、現在マリオット・ワトニー
イオドシウス・エンテリアノス(Iodosius Enterianos)魔術師1,628サヨコ、エールライトマイ国王クレタミソス3世
Jジェミリア・リンドル(Jemilia Rindol)戦士、バード
ジャン・ジェン・ジェマエン(Jean Jaen Jaemaen)魔術師1,1551,166スメル帝国史
ジョー・メンダー(Joe Mender)
ジェンドリン(Jendrin)
ジョン・クレイアー(John Clayer)盗賊、忍者1,6061,613セイリアン、フレイミアアマリス帝国軍事司令官
ヨセフ・マフピオタ(Joseph Mafpiota)魔術師1,617サヨコルーンワールドから移住、デイジィ・マーシャの兄
Kキーン・レンドルフ(Keen Rendolf)戦士
カイゼル・コード(Kaiser Korde)
コズミオ・アンダーシー(Kosmio Undersea)魔法戦士最後のシーハーフリング
カイ・ワイナー(Ki Weigner)魔法戦士1,602リッチマンハーフリング、アウスタローバ、マシェルラヴィユとも、リッチマンの従妹
Lリンダ・アーミナル(Linda Arminal)盗賊
レオニア・リューイ(Leonia Lewy)魔法戦士8851,144アルフ、テンセス、ナーサの祖先
レッド・アラルコン(Led Aralcon)戦士
リルリット・マシェジョール(Lilrit Mashe-jour)盗賊1,4721,490グロード<蒼き弓聖>
リンダ・タルシス(Linda Talsis)魔術師1,6061,613セイリアンエピクレシアス、ペリクレスの妹
Mマリアン・ウェルノール(Marian Welnorl)
モーリス・ファイネル・アンドレアス(Maurice Fynell Andreas)聖騎士
メモル・モルニス(Memorr Mornis)盗賊1,5981,612クイル<4つ目のメモル>
マリー・ルーン(Marie Rune)聖騎士1,6131,629セイリアンシーザーの妻、マリア・ロングッドの双子の妹
Nノック・バンドシャッター(Nock Bandshutter)戦士ドワーフ
ノードン・マードック(Nordon Murdock)盗賊
ナリアネイト・セルミオス(Narianeit Selmioth)
ネスハリアス・クランツマーゼル(Nethharius Kranzmaazel)魔術師1,5801,586アルケイナ<
ナミー・エルキュン・アダミス(Nammy Elcune Adamis)僧侶1,6121,626ゼネシア
ノーリ・エイミエール(Nauri Aimierr)魔術師1,626フレイミアアルフ
Oウーリウス・レストール(Oolius Lestorl)魔法戦士アルフ
オーカス・カイドネルヴィ(Orcus Kidenelvi)僧侶
オットー・ロム(Otto Rom)聖騎士1,5911,617ドワーフ、本名オットルフ・ロム・グレダンス
オスカー・フォン・ヴェストバルト(Oscar von Westwald)魔術師1,617サヨコエルザの夫
Pポリマス・ラルクス(Polymath Ralkus)ポリマス820852ロングッド史、現在イモータル
パルサニア・ハルマヘラ(Palsania Halmahera)戦士1,5891,602ゼルディス
パード・レーサー(Pardo Lacer)戦士ハーフリング
ポリマス・ラルクス(Polymath Ralkus)定命写像1,6151,628メロスロングッド史、イモータル
Qコーリン・エル・ミルシェビッツ(Qualing El Mirshevitz)盗賊
キュリビノ・エルシーノ(Queulibino Elseeno)戦士
クイル・テイル(Quil Tail)魔法戦士1,5591,613アルフ、本名クイリアララスタース・ソーティアス・テイル
クウェント・グストリアーニ(Quent Gustoriani)盗賊1,6191,627ヤミカヤミカの夫、元大盗賊
Rラッセル・バリノーフ(Russell Barinorpf)僧侶415418ロングッド七賢人
リル・ミア(Ril Miah)魔術師1,0041,009現在イモータル
リアン・クレアン(Rian Crean)盗賊
リチャード・キーマン(Richard Keyman)聖騎士
リッヒ・レーゼン(Riche Lasen)僧侶
ランドル・アーシェビン(Randor Ershevin)魔術師アルフ
リッチマン・チャーレン(Richman Charlen)戦士1,5881,614ランドルハーフリング、カイの従兄
レイナルド・マッキィヴァー(Raynald Mackeyver)戦士1,620マリーアマリス帝国白色騎士団レオナルドの弟
Sソーン・ソレイン(Sorne Solain)戦士ハーフリング
セイレン・アックレルヒ(Salen Achlerch)魔術師1,3721,405
サート・マリドレアン(Sert Marrydorean)魔術師、戦士
秀梅(Song Xiumei)神聖術師
セイリアン・ダルス(Saylian Dalse)魔術師1,4281,613メロス<赤の賢者><赤き超導師>
シーア・セトック(Seer Sseddog)魔術師1,614メロス神造人間
Tテヴィアス・アイス(Tevius Ice)魔術師1,1441,295
テルリック・テルスリート(Telric Telthlete)僧侶テレジーナ聖教
トーソン・アルマドリス(Torson Almadoris)僧侶
タンドラス・アミュレール(Tandrus Amurale)聖騎士アルフ
ティアレンス・フォレストゲイト(Teerrence Forestgate)戦士
ティアンナ・マークレット(Tianna Marclet)魔術師、戦士1,5211,544クロビュール<二剣要らず>ユリフィア・ティルクラマネイト、ルーンワールドへ移住
タムサルス(Tamtharus)魔法戦士1,5441,613アルフ
ティルスティンガー・レーヴィルテノン(Tilstinger Laviltenon)戦士、呪術師1,6131,621ゲーリッツとも
テール(Tele)戦士1,623アイゼル
テア・サンタラ(Tea Santala)聖戦士1,629レイナルド
Uユスレイン(Usrain)戦士
アーラン・レッドスカイ(Urlan Redsky)戦士1,5821,607
ウラシティア・ダルトンソース(Ulacitia Daltonsource)聖騎士1,6131,617ハイデルラーディアンハイデルラーディアンの妹
ユーリンゲル(Ueringel)僧侶、戦士1,625
Vヴェッド・ハリストーク(Ved Harristalk)戦士、盗賊、暗殺者アルフ
ヴィクター・ランドマン(Victor Landman)戦士
ヴィクトリア・レスティン(Victoria Lestin)戦士1,6041,613ゼネシアのパートナー
Wウェスタル・ミーンディア(Westal Meandia)
ウィンドラス(Windrus)神官戦士1,1781,199
ウェルナー・ケイン(Welner Kane)魔術師1,4781,613リルリットリーヴンとも
ウェルリウン・ヤルミール(Welriun Yarmir)魔術師、戦士1,6141,620エルザアルフ
ワイズ・ドリアバード(Wise Doriabard)魔術師1,626サヨコ、マウレリアスレッドシティNo.2
Xゼオン・アーティアル(Xeon Ertial)戦士バーリアンとも
キセノス・ライマルキー(Xenos Lymarkey)魔術師1,6151,620ティルスティンガーアルフ
Yヤンカーズ・ヨードルレイ(Yankars Yordolray)聖騎士/バード1,4271,454本名家数陽斗
イズレド・ガルゴム(Ysled Gulgom)魔術師
ユミア・フェミューラ(Yumia Femmura)戦士1,6021,614パルサニア、コリン
ヤミカ・ミゼルニヤコノヴナ・モストキン(Yamica Mizerniakonovna Mostkin)盗賊1,616ヨウコクウェントの妻、ティバーサティンから移住
Zザッド・アンディル(Zad Undil)
ゼルディス・シュレーディンガー(Zeldis Schrödinger)魔法戦士1,5721,592ウェルナーアイアンのパートナー
ゼネシア・セミスキアレス(Zenecia Semiscareless)魔術師1,6081,615ヴィクトリアのパートナー
ゾーリフ(Zoriv)魔術師1,616テヴィアス、グロード異星人

26人衆の選定その他

メロス、当代の26人衆のいずれか、あるいは稀に宰相がエルヴァート各地で目を付けた者が候補者である。当代または宰相が折を見てその候補者に接触を計り、ランカスト・フォレンディスへ招待する。永世王国のこと、26人衆のこと、そしてその候補になったことを本人に伝えるタイミングは、接触を図った者に一任される。ランカストへの移動には基本的にメンバーの持つマジックアイテムが使われる(メロスのイモータル級テレポートをチャージ化してある。アイテムの形状は当人の希望あるいはランダム)。ランカスト行きも26人衆への参加も強制ではないので、辞退する者もいる。一度断ったとしても、死んだり力を失ったりしない限りは同じ人物が何度か招待される可能性がある。

どの席になるかの基準は名前の1文字目である。これにより、同じアルファベットの者が既に在席している場合は偽名、変名を用いなければその時点で正式採用とはならない可能性もある。自身が変名での参加を願ったり(例えばイオドシウス・エンテリアノス)、宰相などから変名を促されることもある。ただし本人があくまで現在の名での参加を希望する場合は、いずれかを選ぶことになる。同時に複数人が就任することはない。この際、他のメンバーや宰相、稀にメロスが意見を言い、そのとおりになることもあるが、最終的な解決は基本的に二人に委ねられる。当代の方が優れている場合は候補者はいったんそこで諦め、時期を待つことが多い(例えばメモル・モルニスに対するマリー・ルーン)。いずれかが実力勝負を願えば、実際に両者が戦って決着を付ける(例えばアイゼル・シェルスキーに対するイルリック・カーサリアン)こともある。当代が勇退してあっさりと決まる場合もある(例えばアクレス・シュトースに対するアルデラ・モルディン)。すべてが自由意志であるため、解決経緯は様々である。

その後宮廷において宰相から26人衆についての詳細な説明がなされ、本人の最終意思を確認、問題なければメロスの来訪を請う。到着したメロスは最終確認を行い、力を与えて正式メンバーとする。その後どれだけの期間26人衆に参加し、どのような形でどれだけ協力するか、いつ引退するかも自由である。メンバー同士、メンバーとそれ以外との私的な交流もとくに制限されない。ジョン・クレイアーは赴任先での婚姻を機に自らの意思で引退を届け出、ティアンナ・マークレットは無通知でルーンワールドへ移住した。こうした際の登録解除処理は、宰相に委ねられる。無論、死亡して蘇生されなければその時点で登録は抹消される。

例外的だったのが<赤き超導師>セイリアン・ダルスである。彼はメロス自らが見出し、来たるべき混沌との戦いのために他のメンバーよりも大きな力を与えた人物で、その力を他のメンバーにも提供していた。王国危機(1,613年)においてセイリアンが死亡した後、同じ力を与えられた者はいない。セイリアンは生前、この力を使ってルーンワールドに自身の分身を作り、後の(1,629年)オルクマルド復活への備えとした。500年におよぶ生の中で作った分身はこれ以外にもあるが、本体が死亡した後に活動できたものはこれ一つである。他の世界に現れたセイリアンは本体だったり分身だったりであり、何れにしても本体の死亡と同時に消滅している。ルーンワールドの分身は、本体が死亡した後も混沌との戦いのために生きていなければならないと考えていた。それが、最近になってティアンナ・マークレットがルーンワールドで強大な力を得ていることを知ったため、オルクマルド復活阻止の後は寿命を伸ばさずにそのまま死ぬことにしている(その後エルヴァートにおけるニアラシェール・イ・カイルハラスの存命も明らかになり、いよいよ自分の役目は終わったと考えるようになっている)。

メロスは法の神々に属しながらも基本的に中立を重んじる古代神である。26人衆はその性格を反映したもので、決して勧善懲悪の集団ではない。その行動原理は世界のバランスの維持である。古代の魔物など、エルヴァートで過大な力を持つのは邪悪な存在であることが多く、結果的に善なるものに肩入れしているように映るが、善なるものの勢力が著しく増進するようであればこれを挫く側に回る。多くは半神や宰相、当代のリーダーの判断であるが、メロスの意向が何らかの方法で伝えられることもある。必ずしも現時点での力関係に拠らない。ある人物が力を持つこと、それが世界のバランスを崩してしまうほどであることが想定される場合に、力を持つ前に排除を決めることもあり得る。ただし、26人衆には強力な力があるが、決して全知全能ではない。行動に効果がないこと、バランス調整に失敗して逆サイドに大きく傾いてしまうこと、一時的に勢力を削いだように見えても結果的にさらに強めてしまうことなどもある。

任務に就く際は26人衆が中心となって動きつつ、必要に応じてそれ以外の人物のちからも借りる。そこでの協力によって26人衆に推挙されることや(コリン・アーミンス・トゥビアン)、最初から推挙する予定で協力を仰ぐこともある(ゼルディス・シュレーディンガーとアイアン・トリス)。なお、過去同時に26人全員が揃ったことは1,300年代前半に一度あったきりである。そのため、善に肩入れしているように映ることと合わせ、「26人衆の人数は時代の闇の濃さを反映する」と言う者もいる。

26人衆の束ね役である宰相もまた、同じように当代が候補者を見出してランカスト・フォレンディスへいざない、宰相によって決定される。宰相に戦闘能力はまったく重要視されず、もっぱら識見や観察眼、調整能力、安定感により選ばれる(過去には宰相兼26人衆リーダーという強力な人物もいた)。宰相は時間の神であるメロスの力により肉体的な変化を停止されることで長く職責を担うことができるようになるが、次代が見つからないことで精神的に不調になってしまうこともある。次代を決めぬまま宰相が引退したり死亡したりする(宰相は不老なだけで不死ではない。他の者たち同様、外傷や病魔などにより死亡する)と、26人衆は機能不全に近い状態になることもある。前宰相レイトン・インスレーは次代が見つからぬ焦りと疲労感から精神を病む寸前まで追い詰められた。