アルフの道

上つ世、炎の妖精王ヴァンガードの御世。アルフたちは力にあふれていた。彼らは地上にも地下にも属さない独自の道を作った。それは別のを通る道だった。セレドリムの力あるアルフたち…大白妖精にしてみれば、そんなことは造作もないことだった。

しかし、時は下り、次第に人間が増え、空気がうすくなってきた。人間の吐く息はこの世の空気を破壊する。かれらはその手で緑を、水を破壊し、呼吸によって火と空気を破壊する種族なのだ。

アルフたちは、神が何故このような者達をつくりたまわったのか、いぶかしんだ。その器が、闇から作られているのだ。アルフには、人のなかに神と魔物が同居しているようにみえた。

アルフはその空気によって創始の力を失いはじめた。今、少しなり上世の力を残しているのは、イルゾニアのアルフと、妖精王たちだけだ。しかし、彼らとて新たなる道を作るのは不可能である。そして、開かれていた道も長きにわたり、使われなかったので、そのほとんどが自然と閉じてしまった。多分、今生きているアルフたちのなかで、道の入口を知っているものすらいないだろう。アルフは、それとともに亡びゆく種族なのかもしれない。

上つ世の妖精郷の常春の その日溜の輝ける石

今聞こし召せ君の子の 呼びを届けよ白き聖石

風の鳴る夜の奥津城に 火と地の交じる水の音

四つちからもてわれ申す 聞こし召せ君遠き王

センリニールの名もちて 我呼びつらむ古き王

この再びの闇の夜 降り下りて来しこの場所へ

これは、遠き星の王センリニールに対して捧げられる哀悼の詩である。アルフたちはこの詩を歌うたい、将来の幸福を願う。現在でもヴァレール以外のアルフはほとんどセンリニールと、その息子達(ヴァンガード、ラメル、フォルスター、ペルニーナ、マイエル)を奉じている(スレイアーンに関しては、闇にそまってしまったのでこの限りでない)。