エルヴァートにおける軍縮の推移

1,620ラムサダス皇帝のヤース宣言。軍縮を発表し、フレームランチャーの封印を決定。
1,621ラムサダス、陸軍10個師団を9個に。
1,622アマリシア軍縮会議。参加国はラムサダス、ジアザー、ド・トゥ、ライトネア。
北シャイアン洋条約機構(NoSTO)の結成。
フェルナンド皇帝、「軍縮?勝手にやればいい」と発言。
ジアザー、航空兵力の一斉放棄。
ラムサダス、老朽艦解体令発布。
1,623ラムサダス、海軍10個艦隊を9個(8個+近衛)に。
ライトネア、14個艦隊を10個に。
1,624ジアザー、フレームランチャーの解体。
ラムサダス、陸軍9個を8個に。
1,625ド・トゥ、陸軍14個師団を10個に。
1,626ド・トゥ、中距離戦略兵器を50%に削減。
ラムサダス、海軍9個を8個(近衛、スニルナ艦隊含)に。
ジアザー、中距離戦略兵器を50%に削減。
1,627ラムサダス、陸軍8個師団を7個に。
ジアザー、中距離戦略兵器を全廃。
ライトネア、10個艦隊を6個に。
1,628ラムサダス、陸軍7個師団を5個に。
ラムサダス、海軍8個艦隊を7個に。
ライトネア、中距離戦略兵器を50%に削減。
ライトネア、航空機を50%に削減。
ド・トゥ、海軍10個艦隊を6個に。
ド・トゥ、中距離戦略兵器を全廃。
ジアザー、白色騎士団改革に併わせ、21個を15個に。
1,629ド・トゥ、航空兵力を50%に削減。
ラムサダス、航空機を50%に削減。
ジアザー、ミサイル艦艇を50%に削減。
ライトネア、中距離戦略兵器を全廃。
NoSTOにミラード帝国とクルート連邦が加盟。
ジアザー、白色魔術団200名を130名に。
クルート、陸軍8個師団を6個に。
クルート、海軍5個艦隊を4個に。
ラムサダス帝国のラマルティヌ宰相、条約に「相互防衛」条項を盛り込むよう提案。各国は協調の趣き。