セレドリム

セレドリム王国は、太古の大白妖精の一人であり、炎の妖精王あるいは<長征者>などと呼ばれたヴァンガード・クロイエンが創始したアルフ王国である。現在のアイスラントの南、グラム島を中心にして栄えた。当時この地にはすでにコリント帝国の勢力があったが、最初の出会いが不幸な形でなかったことも幸いし、森と沿岸部とで棲み分けが進んだ。コリント人は大白妖精が自分たちとは異なる魔術的な存在であることを認識したし、大白妖精もまた支配を主体とするコリント人とは積極的に交わるべきでないと判断した。もともと大白妖精は深い森を住処としている種族であり、お互い干渉しないことにするのに何の問題もなかった。むろん、双方にも物好きな個人は存在したし、中央も問題を起こすことがない限りそれらが交流することをわざわざ止めようとはしなかった。

中心地はフィンスティモール。ここから、彼の弟や親類たちが、それぞれの縁者を率いてエルヴァート各地へ散った。ラメル・クロイエンは西のガイラックへ、マイエル・ブラーンシュは南東シヴィルスクへ、フォルスター・ヤルミールはファンドランドへ、セントリー・フェルサンはセイレイ大陸へ、ペルニーナ・エネルスは現エルスルムへ、クレタミル・フレイセルはオスメリアへ、エクサナトル・ファリオン・エンティオリアはドールへ。こうした第一世代のうち、イモータリティを獲得したのはヴァンガード(タキウス)、マイエル(エルリス)、スレイアーン(フォーメイム)、ラメル(ティアル)らである。

第二代サラディーナ・カールスはヴァンガードの息子であり、ヴァンガードから王位とともに「炎の妖精王」の称号も引き継いだ。この頃になると、コリントをはじめ周囲の人間たちと度々問題が発生することもあった。一度は人間たちの王が連合してサラディーナを罠にはめようとした事件も発生している。

サラディーナの息子のフィルソルスは彼らほどの高い魔力を持たず、また火の精霊界からの特別な加護もなかった。このため、フィルソルスはサラディーナに続いてセレドリム王とはなったが、「炎の妖精王」の称号を引き継ぐことはできなかった。これが、その後サラディーナが2,000年以上にわたってイモータリティ獲得を遅らせた原因である。世界中から後継者を探した。残念ながら後継者はついに見つからず、彼は失意とともにイモータルの一人赤のラ・リューンとなった。第二世代以降でイモータリティを獲得したのは、他にティンタルレ・レストール(ラノレスト)、リアリティリス・フェルサン(リリス)らが知られている。

B.C.4,489の「黒の矢退治」は、大白妖精のラメル・クロイエン、スレイアーン・ブラーンシュ、そして人間のアストルリークによる。アストルリークは周囲からはコリントの民と思われていた。実際には時間旅行者であり、はるかな未来から訪れた者でコリントとは関係がない。

なお、セレドリム王国はその後エルヴァートの外で生まれた大白妖精がすべてイモータリティを獲得したか、世を去ったことで自然消滅した。フィルソルスに子供はなく、またイモータリティを得ることもなかった。

現在オージャス大陸の西側がアルヴァーナと呼ばれているのは、この頃多くのアルフたちがこの方面に移り住み、近年までさまざまな森に住んでいたことから、「アルフの地」という意味合いでそう呼ばれるようになったものである。

センリニールには知られている限り二人の妃がいた。クロイエン氏族の娘とブラーンシュ氏族の娘である。ヴァンガードを長兄としてスレイアーン、ラメル、アリテュリアルミィが、現在資料の残っている(設定のある)センリニールの子供たちである。

B.C.6,700センリニール生まれる。
B.C.4,838ヴァンガード・クロイエン生まれる。
B.C.4,822マイエル・ブラーンシュ生まれる。
B.C.4,777スレイアーン・ブラーンシュ生まれる。
B.C.4,751ペルニーナ・エネルス生まれる。
B.C.4,726ラメル・クロイエン生まれる。
B.C.4,698フォルスター・ヤルミール生まれる。
B.C.4,697セントリー・フェルサン生まれる。
B.C.4,683アリテュリアルミィ・クロイエン生まれる。
B.C.4,677サラディーナ・カールス生まれる。
B.C.4,652古えの聖魔大戦起こる。エルヴァートがラウドロップと相殺する。センリニールがラナラントを滅する。
B.C.4,600ヴァンガードがエルヴァートを訪れる。
B.C.4,524セレドリム王国ができる。初代国王ヴァンガード・クロイエン。
B.C.4,489ラメル、スレイアーン、アストルリークの黒の矢退治。
B.C.4,009の戦い。デュール内海ができる。アリティ死亡。
B.C.3,982フィルソルス・ディファイン生まれる。
B.C.3,851アルフたちが星の剣を鍛える。光の舞とあわせてゴール神を封じる。
B.C.3,883マイエル・ブラーンシュらがシヴィルスク森に至る。
B.C.3,876ラメル・クロイエンがソルティウスの森に至る。
B.C.3,785サラディーナ・カールスがセレドリムの第二代国王となる。
B.C.3,705ヴァンガードがブラックモウの助力でイモータル・タキウスとなる。
B.C.3,704セントリー・フェルサンがアイアンハルト森に至り、「上代の世」を建てる。
B.C.3,635マイエル・ブラーンシュがアルトをパトロンにイモータル・エルリスとなる。
B.C.3,622フォルスター・ヤルミールがファンドランド森に至り、ノーソリア王国を建てる。
B.C.3,538フィルソルス・ディファインがセレドリムの第三代国王となる。
B.C.3,479ラメル、ハドラムをパトロンに得る。
B.C.3,401ラメル、イモータル・ティアルとなる。
B.C.3,314スレイアーンがノルヴァに見出され、イモータル・フォーメイムとなる。
B.C.3,295セレドリム王国が消滅する。
B.C.3,006ペルニーナ、ペリクレナ王国内に居を構える。エルスルムの前身となる「ペリクレナ王国」はこれを紀元とすることが多い。
B.C.2,527ペルニーナ、現界を逸脱する。
B.C.723サラディーナがゼルディアンをパトロンとしてイモータル赤のラ・リューンとなる。