ティアマト暦カレンダー

以下が、ティアマト暦で使用するカレンダーである。12月のみ、奇数年には31日となる(ただし111を足して300で割り切れる年は除閏である(後述))。1週は7日だが、ロースリーの最後の4日(奇数年3日)は、次の年に持ち越されることはない。アルリー1日は常に日曜日である。毎月の呼び名は、フェルナンド帝国で統一化しているものに準拠する。なお、ホーメルト暦でも同じカレンダーを使用する。

アルリー(夏の月3月) Arley
1SNNN234567
8Sf9101112Nf1314
1516SF1718192021
2223SlNF2425262728
2930
シロンスリー(冬の月3月) Sironsley
1SNNN2
345678Sf9
101112Nf13141516SF
17181920212223SlNF
24252627282930
シャンスリー(秋の月1月) Shansley
1SN234Nl5
678Sf9101112
13141516SFNN171819
20212223Sl242526
27Nf282930
ライトリー(春の月1月) Riteley
1SN234Nl567
8Sf91011121314
1516SFNN1718192021
2223Sl24252627Nf28
2930
クレイリー(秋の月2月) Crailey
1SN23
45678SfNF910
111213141516SF17
1819Nl2021222324Sl
252627282930
ハランサリー(春の月2月) Haranthaley
1SN2345
678SfNF9101112
13141516SF171819Nl
2021222324Sl2526
27282930
タルフリー(秋の月3月) Talfley
1SNNN
2345678Sf
9101112Nf131415
16SF171819202122
23SlNF242526272829
30
フィーミリー(春の月3月) Feamiley
1SNNN23
45678Sf910
1112Nf13141516SF17
181920212223NF24Sl
252627282930

ランクリー(冬の月1月) Lankley
1SN234Nl56
78Sf910111213
141516SFNN17181920
212223Sl24252627Nf
282930

エルンリー(夏の月1月) Ernley
1SN
234Nl5678Sf
9101112131415
16SFNN171819202122
23Sl24252627Nf2829
30
エラトリー(冬の月2月) Eratoley
1SN234
5678SfNF91011
1213141516SF1718
19Nl20212223Sl2425
2627282930
ロースリー(夏の月2月) Rawthley
1SN23456
78SfNf910111213
141516SF171819Nl20
212223Sl24252627
282930(31)SNNN
XXYY:
XX はSN:セルナの新月(Selna new moon)Sf:セルナの三日月(Selna first quarter)
SF:セルナの満月(Selna full moon)Sl:セルナの後三日月(Selna last quarter)
YY はNN:ニルヴァの新月(Nirva new moon)Nf:ニルヴァの三日月(Nirva first quarter)
NF:ニルヴァの満月(Nirva full moon)Nl:ニルヴァの後三日月(Nirva last quarter)

曜日の呼び名

日:ダイン(Dine)#1:マター(Matter)
月:レイト(Rate)#2:エナジー(Energy)
火:ファル(Fal)#3:ソウト(Thought)
水:メモル(Memor)#4:タイム(Time)
木:マール(Mar)#5:ヴォイド(Void)
金:ノール(Nole)#6:メア(Mare)
土:ダウン(Down)
例)12月25日は、ロースリー・タイムマール(Rawthley TimeMar)とする。

ホーメルト地方での、統一的休日
アルリー1日正月New year's day
エラトリー18日農民の日Farmer's day
ロースリー30(31)日終日Close day

セルナとニルヴァの月齢周期と除閏について

ティアマト暦のベースは、9世紀の宮廷天文観望官であるネクス・クレファトスにより作成された太陰暦、ホーメルト暦である。セルナ・ニルヴァの位置が1年前と比較してやや西にずれることはネクスの時代にも既に知られており、2年に一度の閏は一般的であった。ただ、それでも厳密には合わないため、時の王や教皇によって適当に日を飛ばして合わせる運用が続いていた。

ネクスは2年ごとの期待位置と現実の位置の差を30年に渡って観測、記録し続けた。彼が得た値はセルナで0.08度、ニルヴァで0.53度強であり、150倍すればいずれも平均運動(日)に等しい。ネクスはそれこそが神の摂理だと考え、300年に一度閏を除くようにした暦を作成したのである。ネクスの暦は現在でも国際天文会議がそのまま採用するほど正確であり、ティアマト暦にもそのまま引き継がれている。南半球での策定のため、1月が夏で7月が冬となっている。

ただし、1,614年のティアマト暦採用時にある問題が生じた。今まで偶数年に行っていた閏の挿入を奇数年とすることに異論はなかった。しかし、ネクスの取り入れた除閏をどうするかで悶着があった。最終的には「ホーメルト暦÷300で余り0の年」がそのまま引き継がれることになり、「(ティアマト暦+1611)÷300で余り0の年」、つまり「(ティアマト暦+111)÷300で余り0の年」となった。次回の除閏は1,689年である。