エルヴァートの12星座

エルヴァートの空も、我々のそれと同様沢山の星々が瞬き、そこに住む人たちの目を楽しませてくれる。そして同様に、星を見上げる人たちはそこに様々な英雄や怪物の姿を形作って、「星座」と呼んでいる。エルヴァートの全天には現在66の星座があり、そのうち12は「黄道12星座」と呼ばれている。

エルヴァートの12星座は以下の通りである。地球での誕生12星座は、その開始日および終了日が20〜24日と覚えるのが多少面倒であるが、エルヴァートのそれは、一律16日〜次の月の15日である。もちろん太陽が正確にその場所にあるわけではないのだが、覚えやすいので親しまれている。

66星座のうち48は、12世紀の天文学者であり、錬金術師であり、魔法使いでもあったアントニン・リエル・シャンメリーのいわゆる「シャンメリー48星座」で定義されたものであり、残りの18が13〜15世紀に作られたものである。48星座のうち20程(もちろん黄道12星座も含まれている)は、古代ライトネアより使用されてきたものであり、これらのほとんどは、黄道のまわりに集中している。また、もちろん48星座に含まれなかったものも数多く存在する。

1,629年に国際天文会議は、会員であり、多大な研究成果を残したシャルル・ドゥ・ミューレの死を悼み、「ミューレ座」を新たに付加することを検討した。しかし、今でさえ総数66星座と多く(地球では88星座あるが)、また数の多さはどうにしろ、67という数字はいかにも歯切れが悪い。そういうわけで、会議での進行は、さらに3つの星座が必要とされるまで「ミューレ座」は差し置き、という方向になっている。ミューレが空に昇るのは、あと数十年はかかりそうである。

以下が黄道12星座の一覧である。漢字あては、馬具笊および挲坏瀝方面での訳され方である。

星座地球では
4蛇女(メデューサ・Medusa)牡牛(タウルス・Taurus)
5巨龍(グレートドラゴン・Great Dragon)双子(ジェミニ・Gemini)
6猫(キャット・Cat)蟹(カンサー・Cancer)
7青い鳥(ブルーバード・Bluebird)獅子(レオ・Leo)
8地獄の番犬(ケルベロス・Cerberus)乙女(ヴァルゴ・Virgo)
9風の首領(ジン・Djinni)天秤(ライブラ・Libra)
10魚(フィッシュ・Fish)蠍(スコルピウス・Scorpius)
11楯(シールド・Shield)射手(サジタリウス(Sagittarius)
12銀の槍(シルヴァーランス・Silver Lance)山羊(カプリコルヌス・Capricornus)
1戦士(クローヴィス・Clovis)水瓶(アクエリウス・Aquerius)
2至高(メロス・Meross)魚(ピスケス・Pisces)
3巨鳥(ロック・Roc)牡羊(アリエス・Aries)

フェルナンド帝国でいうなら、アルリー13日生まれはシルヴァーランス座、シロンスリー20日ならブルーバード座生まれ、ということになる。また、これらの星座をそのまま用いて、「戦士の月18日」といっている地方もある。ただし、このカレンダーがティアマトカレンダーとは15日のずれがある、ということをお忘れなく。「戦士の月18日」は、ティアマト暦でいうシャンスリー(2月)3日なのである。

星座の概要は以下。

メデューサ:

グレートドラゴン:古代ライトネアの英雄クローヴィスによって倒された巨龍。

猫:

青い鳥:主にファームズ帝国で語られる伝説の鳥。エルリス神やアーダルジェット神、ラクス神、それにアルト神の使いあるいは化身と言われている。

ケルベロス:

ジン:

魚:

楯:

銀のランス:古代ライトネアで巨大な毒蛇を倒した英雄トリアリスの用いたランス。星座としてもトリアリス座が手に持っていて、さらに蛇座を突き刺した形になっている。

クローヴィス:古代ライトネアで巨龍を倒した英雄。「竜殺し」などと呼ばれる。クローヴィスはその後イモータリティを得た。倒された巨龍もグレートドラゴン座となっている。

メロス:<永遠の炎><永劫の炎>として知られる古代神。外惑星の名前にもなっている。

ロック:古代のロック鳥グリンカムビの姿とされる。


恒星図

(1,600年分天。正弦波は黄が太陽セシオスの黄道、白がセルナの白道、黒がニルヴァの黒道。現時点では二等星以下は暫定)