騎士

ルーファスはその大きな館を見上げ、いくつかの窓にしばし目をこらした。人の気配はなかった。不在だろうか。それとも、ここに住んでいるという情報そのものが誤りだったろうか。住んでいたとしてもそれは過去のことで、既に引き払っているという可能性もあった。館を覆う木々は好き勝手に枝を延ばし、どれも手入れされている様子はなかった。ここは彼がかつて住んでいた街から少し離れた森の中だったが、幼くてあまり街から出ることもなかった彼はこんな館があることも知らなかった。

館を正面にとらえ、玄関に向かって歩みを進めた。金属製と思われる大きな両開きの扉は錆付き、方々にヒビや欠けがあった。ノブに手を掛けようと手を伸ばすと、扉が彼の方へ自動的に開いて来た。両側とも。来訪に気づいた住人が開けてくれたのかと目をこらしてみたが、ホールに人の姿はなかった。研ぎ澄まされた彼の五感を頼っても、そこに誰かが潜んでいる感覚は一切得られなかった。ルーファスは敷居を跨ぎ、ホールを進んだ。すると、小さな音を立てて背後で扉が閉まった。用心のため振り向いてもみたが、やはりそこには誰もいなかった。

「近頃は訪ねてくる人もめっきり減っていたのだけど…どなたかしら?」

二階の暗がりから声が響いた。若く美しい、魅惑的な声だ。ホールの左右に、半円を描きつつ上階に至る階段を認めたが、さすがに上がる気にはなれなかった。扉が勝手に開いたとは言え、そもそもホールまで入って良いとも言われていないのだ。

「私はルーファス・エンヴィオール。サリオン・ドルウィック王に仕える騎士だ。貴女がティアンナ・マークレットか?」

あまり大きな声を出す必要はなさそうだと、抑えた声でルーファスは答え、そして尋ねた。相手が伝説とも称される魔女であれば、彼の存在はとっくに気づかれているし、口にすることすべてがその耳に入ると思った方が良かった。あるいは、心の中までも。

先程の声が答えた。「ええ、そう。ようこそルーファス。どんなご用かしら。」

ルーファスは一呼吸置くと、回りくどいことをせず単刀直入に切り出した。

「貴女の持つスパークリングダガーをお貸しいただきたい」。下手なご機嫌取りは逆効果だと思えた。一瞬だけ愛剣に手を伸ばしておこうかとも考えたが、剣に手が触れた瞬間彼は絶命しているかも知れない。良くて屋敷を強制退去させられることだろう。

「私の分身、ということは知っているのよね?」

「知っている。」

「貸せるものではないんだけど、それでも?」

「そうだ、是非お貸しいただきたい。」

「何故?」

ルーファスはさらに少しだけ間を取った。会話をしてもらえるということは、少なくとも魔女の興味を引くことだけはできたらしいと考え、語り始めた。「私は現在、ある怪物を倒す任務を帯びている。しかしあれは並の剣では傷一つ付かぬ。私の魔剣でつけた傷は、あっという間に塞がってしまった。貴女の高名なダガーであれば、一撃で屠ることができるかも知れぬと考え、ここまで足を運んでいる。」

「その怪物に名はあるの?」

「ア・ヴィーと言うそうだ。」

刹那、小さな可愛らしい笑い声を聞いたように思った。ただの空耳だったろうか。「…良く生きて戻れたわね。運はありそう。でも残念だけど、貴方には無理。諦めなさい。」

「そうは行かぬ。私は必ずやあの化物を倒すと、王と民たちに約束した。騎士に二言はない。敵わぬまでも一矢報い、その牙に掛かって死ぬるのみだ」。魔女が自分を気遣った言葉を口にしてくれたことに内心驚きつつ、反射的に答えてしまった。礼を失しているかも知れぬとも考えたが、後の祭りだ。ここまでだろうか。しかし、魔女の反応は違った。

「これだから貴方たち騎士は。…いいわ、少し待っていて。」

「貸して下さるのか」と、期待に胸を膨らませつつ尋ねたが、話は彼の想像をさらに超えて進んだ。

「貴方には使えないわ。そうじゃなくて、私が貴方と一緒に行くと言ったの。同居人に外出を告げてくるわ。」

「なんと…これは望外の栄誉。伝説に名高い魔女ティアンナにご同道頂けるとは。貴女がいれば百人力、いや千人力を得たも同然だろう。私は必ずや…」

「簡潔に言って。」

「む、では…感謝する」。騎士である自分の発言を遮られたことにいささか気分を害しつつ、ルーファスは相手が相手だと諦めて答えた。

「はい。」

目の前に、濃紺のローブをまとった小柄な人物が突然現れた。6フィートを超える身長を持つ彼からすると、見下ろさざるを得ない背丈だ。フードから覗く髪は噂通りの紫色をしており、肌は雪のように白かった。百歳以上とも聞いていたが、その背格好と大きな瞳の愛らしい容貌は、どう見ても10代前半の少女だった。もしかすると、魔女の娘だろうか? それとも…。

突然、精神が高揚して来るのを感じた。それと同時に、自分の全身が火照っていることに気づいて狼狽した。強烈な渇きを覚え、まるで目の前の少女(?)相手に情欲を感じているようだった。(何故、こんな子供相手に…?) 自分が信じられなかった。眼の前の人物がそれを知ってか知らずか、フードの中でクスッと笑い声を上げ、言った。「行きましょう。」

館から出てすぐに、ティアンナが説明を始めた。「これはね、肉体と精神を強制的に興奮させて、潜在能力を開花させる魔法なの。」

「なんと…?」

「貴方が生き残る可能性を高めるための、ね。」

「貴女の魔術か。道理で何の前触れもなかったはずだ。」

「他の魔法でもいいんだけど、お堅い騎士さまをからかってるの。」

なおも全身は熱かったが、ルーファスは魔女の言葉を聞いていた。

「『子供』に欲情したわけじゃないから安心なさい。」

やはり心を読まれている、と冷や汗。なるほど、私はこの少女のような姿をした魔女の掌の上で転がされている哀れな騎士か。それなら抵抗したり隠したりしようとするだけ無駄だろうと考えた。

「ついでに言っておくと、私はお爺さんのタリウスの頃から貴方の家を知っているわ。」

自分が子供の頃に死んだ祖父の名を突然出され、ルーファスは大いに驚いてその場に立ち止まった。彼の祖父はさして有名な騎士ではなく、どちらかと言えば「落ちこぼれ」と言われた人物だったからだ。だが、魔女が嘘をついていないのは明らかだった。

小さなルーファスは、生真面目な祖父が大好きだった。様々なことを教わった。色々と遊んでもらったり、港町や山あいの牧場へ連れて行ってもらった記憶もある。祖父がある朝ベッドで眠るように死んでいるのを発見した時には、その傍らで泣きに泣いたものだった。

成長するに連れ、生前の祖父の評判が決して芳しいものではなく、この街の男爵や騎士仲間、そして家族にすら疎まれていたことを知った。祖父は騎士とは名ばかりの能なしで、一度も戦で手柄を立てたことがなかった。剣闘試合でさえただの一度も勝ったことがなかった。家族以外の参列がなかった葬儀にも納得がいった。それを知ってから、彼は祖父を思い出さないようにしていた。

立ち止まっていた時間はほんの数秒だった。再び足を動かし始めるとルーファスは口を開いた。「祖父をご存知なのか…。」 少し声が震えていた。

「タリウスは剣が下手だったし、見た目も良くなかった。でも、タリウスはこの街でただ一人の、本物の騎士だった。」

「…それは貴女の本心か?」 いったいどういうことだろうかと、思わずにいられなかった。

「数えきれないほどの死を見てきた私が、彼が死んだと聞いて泣いたのよ。お墓に私の髪と同じ色のお花をあげたわ。」

ルーファスの脳裏に、遠い日の記憶が蘇った。彼は墓地を訪れては冷たい石の下に眠る祖父と会話する日々を送っていた。そこには何の慰めもなかったが、心にぽっかりと穴の空いた少年には他にすることがなかった。

祖父が死んで二週間が経った頃だったろうか。未明から雨が降り続いたある日のこと、全身がずぶ濡れになるのも構わずゆっくりと祖父の墓石に近づいていった少年は、そこに何かが載せてあることに気づいた。鮮やかな色をしたムラサキツユクサの花束が、降り続く雨を受けていた。明らかに死者への手向けの花である、麻紐で縛っただけの束の送り主について、少年に心当たりはなかった。帰宅してからそれとなく何人かの大人に尋ねてみた。思い当たる人物は誰も挙げてくれなかった。「おばあちゃんが来たのかな?」と言う人がいた。もちろんそんなことはなかった。評判の悪い祖父に文句一つ言わなかったという祖母は、彼が生まれる前に亡くなっていたのだ。しまいには「悲しみで周りが見えなくなったお隣さんが間違えたんだよ」などと言う人もいた。

いずれにしても、その小さな紫の花束に、少年ルーファスは少し慰められた気がしたものだった。30年以上経って、心優しいその送り主の館を自らの意志で訪れることになった。運命とは判らぬものだと思わざるを得なかった。心がすっと、満たされて行くのを感じた。

「亡き祖父に代わり、貴女への感謝を表明させていただきたい。大変遅くなってしまったが。そして私からも感謝を。喪失感に打ちひしがれし幼い私は、あの花束に大いに慰めを得た。そして今また祖父が孤独ではなかったと…」

「長いわ。」

「…心より感謝する。」

「はい。」

再び遮られてしまったが、今回は気分を害されはしなかった。30年間心の奥底にしまい込んでいた祖父への敬愛の情を思い出していた。祖父は、人々が言うような人物ではなかったのだ。化物のねぐらへと続く道になお歩を進めながら、ルーファスは思い切って魔女に尋ねてみた。

「若き日の祖父のことを、教えて頂けぬだろうか。」

「貴方のお爺さんでしょう。」

聞くまでもない、自分よりよほど知っているはずだ、と言いたげだった。

「だが私は幼かった。騎士としての祖父がどんな人物だったのか、私は何も知らぬのだ。」

「…昔語りは得意じゃないんだけど。」 彼の真摯な思いに心を揺さぶられたのか、どうやら魔女はその気になってくれたようだ。

ある日、ティアンナがしばらくぶりに街へ買い出しに出たときのことだった。その日は何故か、もう何の不自由もなくなったはずの両脚がうまく動いてくれなかった。飛んで帰ることも、瞬間移動で帰ることもできたが、なぜかその気にもならなかった。あまり目立ちたくもなかった。

荷物を抱えて通りを歩いていると、よろめいてその場に倒れ込んでしまった。左膝に痛みを感じ、見てみると出血していた。何なのかしら、今日はと思いながらしばしその場に留まっていると、「どうぞ」という陰気な声が聞こえた。顔を上げると、片膝をついて右手を差し出す表情も陰気な男がいた。20代半ばの騎士と思われた。ティアンナは兄以外の男に触れることを極端に嫌っていたので「大丈夫よ」と言ってそのまま立ち上がろうとしたが、再びふらついて立ち上がれなかった。さらにいらいらすることになった。「脚がお悪いのですか?」 と、その騎士が言った。ティアンナは不思議な気分になりながら、「ええ、ちょっとね」と返した。

騎士は彼女の膝から血が流れていることに気づくと、背嚢を下ろして小道具を取り出し、黙々とティアンナの膝に治療を施した。こんな傷はものの数秒で治せるのにと内心では思いながら、人に助けてもらうことなど久しくなかったこともあって少し嬉しくなった。やがて清潔な包帯を巻き終えた騎士は言った。「我が背にお乗りください」。ティアンナは歩けるから大丈夫と言ったが、足は相変わらず言うことを聞いてくれなかった。彼は「私は騎士です」と言いながら、半ば強引にティアンナを背中に上げた。魔術に縁の薄い騎士のこと、おそらくは自分を見た目どおりの少女だと考えたのだろう。その時のティアンナは、若さの雫を飲んだばかりで今よりさらに背が低かった。妙なことになったものだわと思いながら、ティアンナは何も言わずに郊外にある館まで背負われて行った。

館の前で下ろされたのでお礼にお茶の一杯も出そうとしたが、騎士は「正式に招かれた訳ではありませんので」と頑なに敷居をまたごうとせず、それどころか「数々のご無礼、平にご容赦戴きたい。賤しき者が煤にまみれた手でレディの肌を汚してしまったことをお許しください」などと言って深々と一礼し、踵を返して足早に離れていった。心なしか慌てていたようにも見えたが、陰気な表情で隠されていた。心を読んでみようと考える前に、ずいぶんな距離になっていた。

…賤しい?レディ?何?ティアンナはらしくもなく混乱した。今はそれなりの館に住み、それなりの生活をしているが、賤しいのは彼女の方だった。彼女は山あいの小さな村に住む貧しい部族の家に生まれた人間であり、国法の上では平民であっても街の人々からは一段格下に見られる存在だった。もっとも彼女の容姿は兄によって作られたものであり、部族の標準からことごとく外れていたが、それでも自分は貴族や騎士と比べられるものではないと思っていた。

しかし、落ちついて来るとその疑問はあっさりと氷解した。あの騎士は、この館を見て彼女が魔女ティアンナだと気づき、自らの大いなるお節介に恥じ入ってしまったのだ。

…タリウス・エンヴィオールは、寡黙な男だった。他の騎士たちとはろくに話もしていなかった。かと言って剣技に優れているかと言えば、その正反対だった。街の人々にまで、騎士に叙勲されたこと自体が、街の支配者である男爵の気まぐれだと言われていた。彼は常に市中にいて、通りを歩く人たちを眺めていた。子供が躓いて転べばそっと手を差し伸べ、重い荷を運ぶ老婆がいれば代わりに運んだ。だが、助けられた者はその場で感謝の言葉を述べこそすれ、風変わりな騎士のことなど大して気にしておらず、ティアンナのような例外を除けば、大抵翌日には忘れていた。決して見目よいと言えぬ陰鬱な容貌も、関係していたろう。中には近づいて来た彼に驚いて逃げ出す者もいた。国には勇敢な騎士がたくさんいて、人々はそんな彼らの勲功をこそ聞きたがっていた。

タリウスも何度かは国境付近の戦場へ駆り出されたことがあった。彼は自分の力量を弁えていたが、一度も命に抗うことなく、普段どおり黙々と支度をして戦地へ赴いた。しかし、彼の無様な剣術で切れるのは眠っている敵兵くらいであり、しばしば味方の足を引っ張る「活躍」をして自軍に混乱を作り出した。期待されていない分重要な地点に配置されることもなかったため、それらは決して深刻なものにはなり得なかったが。戦場で役に立たぬ騎士など百害あって一利なし、彼は司令官に叱責を浴びて送り返されるのが常だった。

ティアンナが再び騎士に出会うことになったのは2年後のことだった。外交上の些細な、しかし深刻な失敗によって険悪になった隣国から、突如魔術師がゴブリンの集団を率いて街を襲撃した。当初、騎士たちはてんでバラバラに戦っていた。突然の襲撃だったために上位の騎士たちまで抜剣して戦うことを余儀なくされ、指揮系統も何もあったものではなかった。また、総司令官であるはずの男爵は城から出て来なかった。

タリウスもまた、力の及ぶ限り戦っていた。だが、如何せん実力が伴わなかった。たかだかゴブリン一匹が相手だと言うのに、防戦一方になっていた。あちこちで煙の上がる街の様子を空から見下ろしていたティアンナは、彼女を助けてくれた自称騎士の無様な姿にため息をついた。だが、彼は傷を負いながら何とか相手を切り伏せた。間抜けなゴブリンは、自分の脚に躓いて盛大に転んでしまったのだ。ティアンナは、今度は安堵のため息をついた。

街の中心付近では騎士たちが統率を回復しつつあった。しかし彼らは間に合わせの防御陣を築くとその背後に集まり、敵の展開状況はどんなものか、どこに戦力を集中して敵を打ち崩すかを話し合うばかりだった。目と鼻の先で敵に襲い掛かられる者たちがいても、ちらと横目にするだけで助けに行こうとはしなかった。彼らにとって犠牲とはやむを得ぬものであり、考えるべきはどれだけ敵を斬ってどれだけ手柄を立てられるか、だった。

タリウスの近くで子供たちの悲鳴が上がった。彼はすぐさま悲鳴の聞こえた方角へ駆け出した。三人の子供たちが腕を振り上げたゴブリンにまとめて薙ぎ払われようとするのを見た彼は、迷わず怪物と子供たちの間に割って入り、子供たちを胸に掻き抱いた。怪物の爪が安物の帷子ごと騎士の背を裂き、鮮血が舞った。騎士は「逃げろ」と言って手を緩め、町外れの方を指さした。子供たちは反射的に走り出した。騎士は逃げる子供たちを敵の目から隠すように立ちふさがった。しかし、不得手な戦闘、しかも深手を負った騎士の消耗は明らかで、構えた剣も自身もフラフラとしていた。さらに別の場所で、一人の騎士が四匹のゴブリンに囲まれて背中をタリウスよりも強く裂かれ、地面に崩折れていた。

ティアンナは当初、この戦いには干渉しないで済ませるつもりだった。ゴブリンなど土くれに等しい存在だったし、先刻から視界の片隅で男爵の城に向かってゆっくりと歩く敵の魔術師すら、彼女や兄にしてみれば赤子同然の未熟者であり、わざわざ遮ろうとはしなかった。功名心に逸り、守るべき人々を守る素振りすら見せようとしない騎士たちが何人死のうと、どうでも良かった。ただし、彼らは少なくとも死を恐れてはいなかった。普段周囲に自分の優秀さと勇敢さを吹聴するのに余念がなかったはずの男爵は、城の奥で延臣たちに囲まれて震えていた。陽光にきらめく鎧を身に纏い、磨き上げたご自慢の剣(ティアンナに言わせればおもちゃだが)を高々と掲げて騎士たちに号令を発する…そんな光景は夢物語の類だった。

そんな連中を助ける義理はなかったし、そもそも彼らに注意を向けること自体気が進まなかった。仮にこの戦いで男爵が殺され、街の支配者が変わろうと、自分たちにはどうでも良いことだった。

しかしそんな中にあって、タリウスだけが違った。彼の心に手柄などという言葉は存在せず、ただ逃げ遅れて見捨てられた弱い人たちを一人でも多く助けることだけを考えていた。誰の目にも止まることなく、慣れぬ剣を手にたった一人で戦っていた。再び運を拾って先ほどのゴブリンを何とか斬って倒した騎士は、背中の激痛に耐えながら、さらに生き残っている者を探してよろよろと歩き出した。自分が助かるつもりがないのは明らかだった。その騎士に、崩れた瓦礫の陰から新たなゴブリンが襲いかかった。最初の一撃は尻もちを付きながらからくも避けたが、そこまでだった。予想外に素早い怪物の動きに反応することができなかった。凶悪な爪が騎士の首筋から胸を切り裂き、騎士は血しぶきを上げて倒れた。ゴブリンは血に興奮したのか、仰向けになった騎士の上に飛び乗ってなおも嬲ろうとしていた。

ティアンナが空中で静観していたのも、そこまでだった。300フィートは離れたゴブリンに向かってすっと指を伸ばすと、怪物は一瞬で塵になってタリウスの上に散らばった。熟練の魔術師が複雑な呪文を唱えて発動させる魔法だが、ティアンナにとっては詠唱の必要もないほど手に馴染んだものだった。彼女は騎士の傍らへ瞬間移動し、強力な回復魔術を行使した。騎士ははっと目を開いて上半身を起こすと、ゴブリンの爪で裂かれたはずのあたりを両手でさすり、次いで自身の傍らに立つ濃紺のローブを着た小柄な人物を見上げた。

「レディ…。」

「あの日の恩返しをしに来たの。だからまだ死なないでちょうだい。」

「ですが、貴女にはただのありがた迷惑だったでしょう。恩を感じてなどいないはずです。」

「それを決めるのは貴方じゃないわ。」

騎士はなおも何か言いかけたが、ティアンナがある方向へ首を巡らせたので、口を閉じて同じ方に目をやった。宝石や装飾品を派手にあしらったグレーのローブを風にはためかせた男が立っていた。魔力を検知する感覚のない騎士は、彼が瞬間移動して来たことに気づくことができなかった。年の頃は50過ぎだろう、不健康そうな肌の色をした不機嫌そうな表情の、禿頭の男だった。

「魔力のうねりを感じて出向いてみれば。魔導を志す娘が父を助けた感動の場面だったかの?」

「…その程度の観察眼で、良くも『国家最高術師』なんてやってるわね」と、ティアンナは呆れたように言った。しかし、男にその声が届くことはなかったようだ。男は街を混乱に陥れている自分に酔っていた。

「騎士を生かしてはおけぬが…」 男の視線が、ティアンナの顔を、次いで身体を捉え、その表情が好色なものに変わった。「どうだ娘。儂の弟子にならぬか。儂が魔導の真髄を授けてやろう」。

その態度に憤慨した騎士が立ち上がった。しかし、一歩踏み出して抗議の声を上げようとした瞬間、ティアンナは再び騎士を向き直ってじっと見つめた。その瞳に「黙って」という思いを載せて。騎士はそれを読み取り、苦悶の表情で言葉を飲み込んだ。ティアンナは彼のいじらしいまでの頑なな騎士道精神に、わずかに感動を覚えた。

そして、ティアンナは魔術師に向き直った。何年後かには…そんな内なる声が溢れるような視線で自分の身体を舐め回す男に嫌悪感を催しつつも、それと同時に憐憫の色を目に浮かべた。実際、半ば本気で彼を憐れんでいた。本来なら自分が相手をする必要もない半端者だった。背が低く幼い容姿の彼女を見た目どおりのひよっ子魔術師だと受け取り、何の疑いも抱いていなかった。彼をおびき寄せるためにわざと広範囲に魔力を拡散させたことも、その魔力の大きさも判断できていなかった。名乗らぬうちから「国家最高術師」と呼ばれたことにも気づいていなかった。彼の視点からでも自分の紫の髪は見えているはずなのに、それでも相手が誰なのか、推量しようともしていなかった。

ティアンナはため息をついた。すぐに終わらせることもできたが、あまりにも憐れなので少しだけ伸ばしてみようと思った。「じゃあ、あなたの力を見せてくれる?」

「良かろう。これから主となる男の、力の一端を感じ取るが良い。」

彼は両手を大げさに振って詠唱を始め、次いで手近な民家を指さした。指先から火炎がほとばしり、対象となった民家を一瞬で炎上させた。彼は自身の力に惚れ惚れしたように笑みを浮かべていた。

「…良く分かったわ。もういいわね?」

「なに?」

ティアンナがふっと息を吐くと、男は両足に焼けるような熱さを感じ、腑に落ちぬ顔で見下ろした。そしてあっと声を上げた。自分が地面を埋め尽くす火蟻の群れの中に立っていることに気づいた。早くも足を伝って登り始めている火蟻もいた。虫が伝うそばから火膨れができた。男は大声を上げると呪文を唱えて右手で足元を一振り、自分にもダメージがあるのも構わず、氷嵐の魔法で火蟻の群れを氷漬けにした。

「一体どこから…」。そこまで言うと、蟻たちが消失し、今度は四方八方からたくさんの火猫が集まって自分を取り囲んでいることを知った。獣たちが一斉に飛びかかってきた。間一髪、再び氷嵐の呪文でそれらを吹き飛ばした。それらがまた消えると、次は空から火の精霊が五体、降りてきた。精霊たちが彼に殴り掛かった。炎の拳で散々殴られ、皮膚を焼かれながら、氷の魔術を駆使してこれも何とか撃退した。

汗を滝のようにかき、荒い息を吐く男が見たのは、街角から近づいて来る三体のイフリートだった。「そんなはずがない!」 これ以上戦えぬ男は脱兎の如く逃げ出した。こんな街からはとっとと退散するに限る。だが、方角は合っているはずなのに、走っても走っても自分が入って来た街外れに辿り着くことができなかった。やがて行く手に現れたのは…真っ赤な鱗を持ち、大きな口からちらちらと炎を噴き出す巨大なドラゴンだった。

単独でその高等生物に勝てるとは、自信家の男もさすがに考えていなかった。彼の実力では万全の体制でも相手にならない。男は立ち止まり、思い出したように瞬間移動の呪文を詠唱した。視界がぼやけた。しかし、何かが干渉して男の転移を阻んだ。男は無様な格好で地面に叩きつけられた。地面に両手をついて上半身をがばっと起こすと、男は顔中砂まみれであるのも構わず狂ったように何度も呪文を唱え直したが、今度は視界さえ変化しなかった。体中汗だくだった。苦し紛れに隠形魔法に切り替えた。しかし、やはり何も起きなかった。魔術が尽く何者かに無効化されている!やがて後ろからイフリートたちが、前からドラゴンが迫って来た。ドラゴンがすっと息を吸い込み、そして吐いた瞬間、男は絶叫した。

「レディ、彼をどうしたのです? 悦に入っていたのに、突然動かなくなってしまった。」

「本物の"火"を見せてあげたの。」

「本物の…"火"?」

「うん。」

あちらこちらで、ゴブリンがキョロキョロと周囲を見回していた。自分がなぜそこにいるのか、分からなかったのだ。しかし、そうしているうちにここにいても仕方がないと考えたか、やがてゴブリンは一匹、また一匹と一方へ歩き出した。生き残ったゴブリンたちは皆、街を去って行った。

ティアンナにそれ以上説明する気がないことを見て取ると、騎士は感謝の言葉を述べた。「言ったでしょう、恩を返しに来ただけだって」と返された彼は、ただ黙って頷いた。

ティアンナは「それじゃ」と言い、騎士は深々と頭を下げた。ティアンナがその場から消えるのを見届けると、騎士は逃げ遅れた人たちの救助を再開した。その後遅れてその場に至った騎士の一人が魔術師を発見し、後ろから一刀の元に切り伏せて勝利の雄叫びを上げた。千里眼でその様子を見ていたティアンナは「おめでたいわね」と呟いたが、とくに何かをしようとは思わなかった。

騎士たちは、自らの力でゴブリンの大群を撃退し、敵の首領を討ち取ったと本気で信じていた。男爵だけでなく、国王も彼らを手放しで讃えた。しかし肝心なときに彼らに合流するでもなく、自分を守るでもなかったタリウスに、男爵は冷たい一瞥を投げただけだった。剣や鎧に血が付着していたことから、彼らもタリウスが戦いに加わっていたことは察したが、大方殴られた痛みで気絶でもしていたのだろうと考えた。タリウスは何も言わなかったし、ティアンナもわざわざ彼を擁護するような性格ではなかった。

「これでお終い。その後も見かけることはあったけどね。」 ティアンナは一旦言葉を切り、ややあって続けた。「騎士たちも、助けられた子供たちももういない。でもね、私だけはタリウスが本物の騎士だったことを覚えてるの。」

彼女の語る祖父の姿は、ほかの人たちの語るそれとはまるで別の存在だった。誰か別の人の話と混じっていないかなどと考えてしまうほどだった。しかしこの小さな魔女に限ってそんな記憶の混乱など無縁だろう。

彼は立ち止まり、ティアンナに向き直って深々と頭を下げ、「貴女に限りない感謝を。」と言った。ティアンナは「そう」と言っただけで、そのまま歩みを続けた。

一瞬、自分を悩ませるこの魔術を祖父に使ったのか尋ねようかと考えたが、すぐに思い直した。先を行くティアンナが、クスリと笑い、振り返りもせず「賢明ね」と言った。騎士は再び冷や汗をかきながら、自分を留めてくれた神に心のなかで感謝の祈りを捧げた。