ジアザー vs. ラムサダス

ジアザー皇帝は普段の彼らしくもなく逆上していた。目の前で自分の民が、何十人と一瞬のうちに殺されたのだ。そしてそれは、普段彼の仲間であるラムサダス皇帝の所業であった。

ラムサダスが操られていたかどうかなど、この際問題ではなかった。彼らの仇を討つ、それだけだった。

「覚悟しろ、ラムサダス…。」

ジアザーは、ほとんど聞き取れないようなか細い声で宣告した。

「待て、ジアザー。状況の把握はできるはずだ。私は…。」

「問答無用だ!」

なだめようと必死なラムサダスをよそに、ジアザーは右手を上げ、呪文を形作るイメージを心に描き、それをラムサダスへと投影した。詠唱が始まる。

「エーレー・アルト・ルシラニス!」

「くっ!」

呪文が具現化する前に、ラムサダスは横っ飛びに逃げた。それが<雷撃>であることは、同じく魔術を操る彼にも分かる。

直前まで彼の立っていた場所が、凄まじい電撃を受けて黒ずんだ。岩の破片を避けながら、彼は叫び続けた。

「ジアザー!こんなことをしても無駄だ!彼らは生き返りは…。」

「ノール・ディアス、メンテール・ロール・ダイン、サル・テルタ・ダリア・ミルラール!」

ジアザーはすでに次の呪文行使を開始していた。しかし、今度のラムサダスの反応は違った。

(どうした、ジアザー。普段ならこんな馬鹿げた呪文は使わない!)

「ラ・ガルド・サール・タキウス、エル・メネン・トール・ミルファ!」

ジアザーの眼前に、巨大な石の壁が出現した。ジアザーはこれを倒そうとしたのだ。ラムサダスはそれを察知し、さらにこれからジアザーが唱えようとする呪文の効力を、先に完成させようとしたのだ。

「フッ、甘いな。貴様にこの壁は動かせん。」

ジアザーはラムサダスの行動を予知していたかのようにつぶやいた。

「な…なぜだ!?」

驚愕の表情で叫ぶラムサダス。確かにそれはピクリともしなかった。次の瞬間、彼は混乱していたのが自分の方であることを、今更ながらに回復した理性によって知った。彼の<念動力>は、壁を動かせるほどに巨大なものではないのだ。

だが、それをいうなら壁の向こう側で勝ち誇る魔術師にも同じことではないか?壁を動かせるほどの力は、よほどの術者でなければ持ち得ない。

「どういうつもりだ、ジアザー。」

ラムサダスの問いには答えず、彼の呪文の失敗を待っていたジアザーはゆっくりと詠唱を開始した。

「アル・フェレスディアル・ミル・エルファール…」

聞き覚えのない呪文が魔術師の口から流れ出た。ジアザーの生み出した独自の呪文であろう。彼はそうした魔術を数多く持っており、仲間であるラムサダスですら、その全貌は計り知れぬのだ。周囲の重力場が揺らぎ、目前の壁が震え始めるのがラムサダスにも判った。

「な…に…?」

突嵯に対応策を見出せぬラムサダス。方やジアザーは、このままこの呪文がうまく発動することをほとんど確信していた。まだ実験段階であり、完成してはいない。危険ではあったが、いつもの冷静さを欠いていた彼には何のためらいもなかった。

呪文は成功したかに見えた。壁はゆっくりとラムサダスの方に傾き始めたのだ。しかしその直後、いずれの術者にも予想し得なかったことが起こった。壁はまるでコンニャクかなにかのようにたわむと、呪文を唱えたジアザー自身の方へと勢いついて倒れ込んだ。高密度の魔力空間でラムサダスの<念動力>が停滞してしまい、それがジアザーの未完成の魔力と干渉・暴発してしまったのだ。

ジアザーには、まったく別の「何か」がラムサダスに力を貸したかのように思えたが、そんな考えも一瞬にして消えた。

壁は、その作り手であるジアザーの上に倒壊した。

「陛下!」

ラムサダスの背後から声がしたのはその時だった。ジアザーの断末魔は破壊音に掻き消されたが、背後へと飛び来たる存在をラムサダスは感じた。

「陛下!主なる父よ、この迷えし魂を今一度その肉体へと宿らせよ。然るに彼は主のためにならんことを。汚れない肉体を望むものなり。」

白色僧団であった。ジアザーが死亡するのを見ると、一分一秒を争うかのようにその脇へとひざまづき、エルメランへの祈りを捧げた。

「済まない…。こうするしかなかった。」

ラムサダスは心から懺悔した。だが僧侶は顔を上げ、やわらかく微笑んで見せた。その微笑みは、彼の心の波を穏やかにさせる何かを持っていた。

(これが、僧侶の力なんだな)ラムサダスは思った。

「いえ、大丈夫です。父は、陛下をそう簡単に御許へ連れていっては下さらぬようですので。」

「ゴホ!ゴホ!」

ジアザーが息を吹き返した。<蘇生>の神力だろう。何度見ても、僧侶の技とは驚嘆と賞賛に値する、とラムサダスは感じた。我が国にも、これほどの神格を持つものがいれば…。彼の帝国も、決して文明化されていないわけではない。しかし少しでも都から離れた場所では、未だに困窮しているものも数多いのだ。

「陛下!ご気分は如何ですか!?」

「ジアザー!大丈夫なのか!?」

ジアザーは、己を覗き込む顔を見つめた。そして…。

「ラムサダスよ、勝負は決着したわけではない。私を諦めさせたくば、彼を殺して然るのち私を殺すことだ。」

厳然と言い放ち、ジアザーは地面から浮かび上がった。彼は<飛翔>を恒久的(パーマネンス)にその体に持っているのだ。ラムサダスは思い出した。

「やめてくれ、ジアザー!もう罪もない人を殺すのはごめんなんだ。」

「その甘さが命取りになるかもしれないぞ。」

「陛下!おやめ下さい!勝負はつきました!」

「だまれ!これは私とラムサダスの戦いなのだ!」

僧侶の必死の嘆願も聞き入れずジアザーは戦おうとしている。僧侶に怒鳴るとすぐに両手を下にして詠唱した。

「カート・ミンス。アーリ・エ・ダイネス・ラール!」

再びラムサダスの記憶にない呪文がほとばしった。だが高度の魔法戦では、一瞬の躊躇が命取りとなる。

足下の大地が激しく揺れる。そして彼の真下の地面が消えた ------ 左右に割れたのだ。

「サン・メーデル!テル・ウィン・ユス・アルト!」

間一髪、危機を脱した。<飛翔>が高度魔法であったのなら、確実に間に合わなかった。だが直撃ではないにしろ、右足に影響が出たようだ。彼はそれを無視して安全圏と思われる場所まで上昇し、次なる攻撃を見極めようとジアザーを探した。

だが、<飛翔>は彼の命を数秒延ばしたに過ぎなかった。ジアザーはいつの間にか彼の背後数フィートに迫っており、更なる呪文を詠唱していたのだ。

「…リル・フィール・ラノリス・アルト!」

(まずい!)

思ったところで間に合うはずもない。ジアザーが、思う場所へと彼をおびき出すため、<地裂>を使ったのだと悟ったのも、同じ瞬間であった。

右足が<地裂>を受けた痛みに喘ぎ、彼は最も初級の呪文すら唱えることができなかった。

彼は空しく<氷嵐>に巻き込まれ、その激しい苦痛に喘いだ。彼にその方法は判らなかったが、ジアザーは嵐の魔力を倍くらいに上乗せしたらしい。持つまい。

その思いが、ラムサダスに脅威的な力をもたらした。その手を延ばすと、勝ち誇ったジアザーの首根っこをつかんで手繰り寄せた。

「なっ!?」

驚愕の表情を浮かべるジアザーだったが、手遅れだ。彼は自らが生みだした<氷嵐>へと引きこまれ、即死した。彼の方が体力がなかったためだ。

ラムサダスも、それとほとんど同時に絶命した。何と長い<氷嵐>だろうと感じていたが、その魔法が高々10秒程度で消滅することは、彼にも分かっていた。