遠き星々 銀の剣の章・草稿

ラメル「兄上…。」

ヴァンガード「ラメルか…。どうした? わざわざ…。」

ラメル「お判りでしょう。」

ヴァンガード「…悪かった。しかし…。いや、確かに放置しておいてよい問題ではないのだが。」

ラメル「は創始の竜。その力は強大無比。我々アルフにしたところで、奴に及ぶのかどうか…。」

ヴァンガード「うむ。ことに人の子には致命的な存在だ。」

ラメル「やはり今、倒しておくべきでしょう。これ以上犠牲者を出さぬうちに。」

ヴァンガード「言うは易し、とよく言ったものだ。だが私は民を統べるものだ。ここ離れるわけにはいかない。」

ラメル「わかっています。」

ヴァンガード「…王族のおまえが行くというのか。だが、おまえにもしものことがあれば…。アリティはどうなる? それに…。」

ラメル「ええ。ですから、スレイアーンを連れていくつもりです。」

ヴァンガード「なに…? 彼がおまえに力を貸すと思うか。」

ラメル「この際私的なものごとを混同してはなりません。混沌相手となれば彼も協力してくれるでしょう。」

ヴァンガード「…わかった。必要なものは何でも言ってくれ。」

ラメル「ありがとうございます。」


スレイアーン「結構だ。喜んでご同道させて頂こう。」

ラメル「…まだ何も言っていないが…。」

スレイアーン「黒の矢を倒しにゆくのだろう? それだけで充分だ。」

ラメル「わかった。風の保持者であるおまえが力を貸してくれるとあれば、万事がうまくゆくだろう。」

スレイアーン「(フフ。なかなか上等のお膳立てではないか、ラメル。ご親切極まりないな。)…やめろ!」

ラメル「…どうした?」

スレイアーン「い、いや。何でもない。気にしないでくれ。」

ラメル「そうか。それでは明後日。」

スレイアーン「ああ、ではな。 …どうしたと言うのだ、私は。日に日にラメルの死を望むようだ。アルフにとって死がいかなる意味をもつか、分かっているのに…。この内なる声はなんだ。…ばかな。彼は私の弟であり、良き友であり、また良き恋敵。なぜ彼の死を望む? ばかな…。」


ビッボオルゥ「くくっ…くっ‥くっくっくっ。」

シルヴァー「我が兄上にしてはひどくご機嫌のようだが?」

ビッボオルゥ「くくっ。我が妹どのか。見てくれ、このアルフの若僧を。」

シルヴァー「ほう…。彼の者の属性には似合わぬ、ひどい混乱ぶりだな。どうしたというのだ?」

ビッボオルゥ「いや。少々『憎しみ』というものを植え付けてな。」

シルヴァー「ふむ。それは白妖精にはつらかろう。法の神は彼らにそんな感情は一切与えなかったからな。」

ビッボオルゥ「兄上のいぬ間のささいな愉しみとして始めたのだが…。見ていろ、あと一月とないうちに、奴は我々の軍門に下るぞ。心を闇に蝕まれたアルフか。くっくっく…。」

シルヴァー「なかなかに興味深いの。ふふ…。」